詳細検索はこちら

栗山 健一

所属部署名精神医学講座
職名准教授
 
 
更新日: 18/03/30 10:38

研究者基本情報

氏名

    栗山 健一

所属(マスタ)

  • 精神医学講座 准教授

学歴

  • - 2003年東京医科歯科大学 精神行動医学
  • - 1999年筑波大学 医学部

学位

  • MD(筑波大学)
  • PhD(東京医科歯科大学)

所属学協会

    日本精神・神経学会 , 日本睡眠学会 , 生物学的精神医学会 , 時間生物学会

研究活動情報

研究分野

  • 情報学 / 認知科学
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 内科系臨床医学 / 精神神経科学

研究キーワード

    睡眠 , 生体リズム , 記憶 , 学習 , ストレス , 精神疾患

論文

  • Sleep dissolves illusion: sleep withstands learning of visuo-tactile-proprioceptive integration induced by repeated days of rubber hand illusion training.
    Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kim Y, Kuriyama K
    PloS one 9(1) 2014年01月 [査読有り]
  • Sleep-independent offline consolidation of response inhibition during the daytime post-training period.
    Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
    Scientific reports 5 2015年05月 [査読有り]
  • Effects of Bedtime Periocular Warming on Sleep Status in Adult Female Subjects: A Pilot Study.
    Sakamoto I, Igaki M, Ichiba T, Suzuki M, Kuriyama K, Uchiyama M
    Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM 2017 6419439 2017年 [査読有り]
  • COMT genotype is associated with plasticity in sense of body ownership: a pilot study.
    Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
    Psychological research 2017年03月 [査読有り]
  • Neuroticism relates to daytime wakefulness and sleep devaluation via high neurophysiological efficiency in the bilateral prefrontal cortex: a preliminary study.
    Yoshiike T, Kuriyama K, Honma M, Ikeda H, Kim Y
    Psychophysiology 51(4) 396-406 2014年04月 [査読有り]
  • Self-awakening improves alertness in the morning and during the day after partial sleep deprivation.
    Ikeda H, Kubo T, Kuriyama K, Takahashi M
    Journal of sleep research 23(6) 673-680 2014年12月 [査読有り]
  • Memory suppression trades prolonged fear and sleep-dependent fear plasticity for the avoidance of current fear.
    Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
    Scientific reports 3 2013年07月 [査読有り]
  • Valproic acid but not D-cycloserine facilitates sleep-dependent offline learning of extinction and habituation of conditioned fear in humans.
    Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
    Neuropharmacology 64 424-431 2013年01月 [査読有り]
  • Increased cerebral blood flow in the right frontal lobe area during sleep precedes self-awakening in humans.
    Aritake S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Hida A, Mishima K
    BMC neuroscience 13(1) 2012年12月 [査読有り]
  • Alpha activity during rem sleep contributes to overnight improvement in performance on a visual discrimination task.
    Suzuki H, Uchiyama M, Aritake S, Kuriyama K, Kuga R, Enomoto M, Mishima K
    Perceptual and motor skills 115(2) 337-348 2012年10月 [査読有り]
  • Perceptual and not physical eye contact elicits pupillary dilation.
    Honma M, Tanaka Y, Osada Y, Kuriyama K
    Biological psychology 89(1) 112-116 2012年01月 [査読有り]
  • Establishment of a microplate-formatted cell-based immunoassay for rapid analysis of nucleotide excision repair ability in human primary cells.
    Nishinaga M, Kurata R, Onishi K, Kuriyama K, Wakasugi M, Matsunaga T
    Photochemistry and photobiology 88(2) 356-362 2012年03月 [査読有り]
  • Disturbances in equilibrium function after major earthquake.
    Honma M, Endo N, Osada Y, Kim Y, Kuriyama K
    Scientific reports 2 2012年 [査読有り]
  • [Sleep medicine for the prevention of prolonged stress and posttraumatic stress disorder].
    Kuriyama K
    Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica 114 136-143 2012年 [査読有り]
  • An N-methyl-D-aspartate receptor agonist facilitates sleep-independent synaptic plasticity associated with working memory capacity enhancement.
    Kuriyama K, Honma M, Shimazaki M, Horie M, Yoshiike T, Koyama S, Kim Y
    Scientific reports 1 2011年 [査読有り]
  • Effect of D-cycloserine and valproic acid on the extinction of reinstated fear-conditioned responses and habituation of fear conditioning in healthy humans: a randomized controlled trial.
    Kuriyama K, Honma M, Soshi T, Fujii T, Kim Y
    Psychopharmacology 218(3) 589-597 2011年12月 [査読有り]
  • Effects of sex differences and regulation of the sleep-wake cycle on aversive memory encoding.
    Kuriyama K, Mishima K, Soshi T, Honma M, Kim Y
    Neuroscience research 70(1) 104-110 2011年05月 [査読有り]
  • Diurnal fluctuations in subjective sleep time in humans.
    Aritake-Okada S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Watanabe M, Hida A, Matsuura M, Uchiyama M, Mishima K
    Neuroscience research 68(3) 225-231 2010年11月 [査読有り]
  • D-cycloserine facilitates procedural learning but not declarative learning in healthy humans: a randomized controlled trial of the effect of D-cycloserine and valproic acid on overnight properties in the performance of non-emotional memory tasks.
    Kuriyama K, Honma M, Koyama S, Kim Y
    Neurobiology of learning and memory 95(4) 505-509 2011年05月 [査読有り]
  • Sleep deprivation facilitates extinction of implicit fear generalization and physiological response to fear.
    Kuriyama K, Soshi T, Kim Y
    Biological psychiatry 68(11) 991-998 2010年12月 [査読有り]
  • Time estimation during sleep relates to the amount of slow wave sleep in humans.
    Aritake-Okada S, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Kuriyama K, Matsuura M, Takahashi K, Higuchi S, Mishima K
    Neuroscience research 63(2) 115-121 2009年02月 [査読有り]
  • Right prefrontal activity reflects the ability to overcome sleepiness during working memory tasks: a functional near-infrared spectroscopy study.
    Honma M, Soshi T, Kim Y, Kuriyama K
    PloS one 5(9) 2010年09月 [査読有り]
  • Emotional memory persists longer than event memory.
    Kuriyama K, Soshi T, Fujii T, Kim Y
    Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.) 17(3) 130-133 2010年03月 [査読有り]
  • Sleep deprivation influences diurnal variation of human time perception with prefrontal activity change: a functional near-infrared spectroscopy study.
    Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K
    PloS one 5(1) 2010年01月 [査読有り]
  • Dreaming during non-rapid eye movement sleep in the absence of prior rapid eye movement sleep.
    Suzuki H, Uchiyama M, Tagaya H, Ozaki A, Kuriyama K, Aritake S, Shibui K, Tan X, Kamei Y, Kuga R
    Sleep 27(8) 1486-1490 2004年12月 [査読有り]
  • Sleep accelerates the improvement in working memory performance.
    Kuriyama K, Mishima K, Suzuki H, Aritake S, Uchiyama M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 28(40) 10145-10150 2008年10月 [査読有り]
  • Time estimation during nocturnal sleep in human subjects.
    Aritake S, Uchiyama M, Tagaya H, Suzuki H, Kuriyama K, Ozaki A, Tan X, Shibui K, Kamei Y, Okubo Y, Takahashi K
    Neuroscience research 49(4) 387-393 2004年08月 [査読有り]
  • Diurnal fluctuation of time perception under 30-h sustained wakefulness.
    Kuriyama K, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Ozaki A, Aritake S, Shibui K, Xin T, Lan L, Kamei Y, Takahashi K
    Neuroscience research 53(2) 123-128 2005年10月 [査読有り]
  • Sleep-dependent learning and motor-skill complexity.
    Kuriyama K, Stickgold R, Walker MP
    Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.) 11(6) 705-713 2004年11月 [査読有り]
  • Circadian fluctuation of time perception in healthy human subjects.
    Kuriyama K, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Ozaki A, Aritake S, Kamei Y, Nishikawa T, Takahashi K
    Neuroscience research 46(1) 23-31 2003年05月 [査読有り]

MISC

  • 【睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策】 高齢不眠症患者への非薬物療法
    角 幸頼, 栗山 健一
    Pharma Medica 35(3) 35-38 2017年03月
  • 【不眠の背後にある疾患】 ストレス因関連障害および不安障害に併存する不眠
    河村 葵, 長尾 賢太朗, 栗山 健一
    ねむりとマネージメント 4(2) 49-53 2017年09月
    <Points>ストレス因関連障害や不安障害には高率に不眠が併存する。ストレス因関連障害や不安障害と併存する不眠の背景病態に共通性が高い。ストレス因関連疾患や不安障害自体の治療が不眠を改善し、かつ併存不眠の治療が原疾患の改善に寄与する。(著者抄録)
  • 【新薬展望2017】(第III部)治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 睡眠薬
    栗山 健一
    医薬ジャーナル 53(増刊) 458-462 2017年01月
    2014年に上市されたデュアルオレキシン受容体拮抗薬スボレキサント以降,新たに上市された睡眠薬はない。スボレキサントの臨床効果における特徴が徐々に明らかになりつつある。本稿では,国際的な臨床試験の結果を中心に,新規オレキシン受容体拮抗薬の開発状況を含めて,オレキシン受容体拮抗薬の臨床治療上の位置づけに関し,概説する。(著者抄録)
  • 高度なるいそうをきたした神経性無食欲症の1例
    車井 祐一, 角 幸頼, 山本 彬, 吉村 篤, 栗山 健一, 山田 尚登
    精神神経学雑誌 119(9) 696-697 2017年09月
  • 認知症と不眠、睡眠薬との関連
    栗山 健一
    日本心療内科学会誌 20(別冊) 70-70 2016年12月
  • 急性リチウム中毒に対して持続的血液濾過透析が行われたうつ病の症例
    松田 有史, 山本 彬, 藤井 勇佑, 栗山 健一, 山田 尚登
    精神神経学雑誌 119(9) 699-699 2017年09月
  • デュロキセチン投与後に急激な低ナトリウム血症をきたし、薬剤性SIADHと診断された高齢発症うつ病の1例
    西 泰孝, 吉村 篤, 藤井 勇佑, 栗山 健一, 山田 尚登
    精神神経学雑誌 119(9) 699-699 2017年09月
  • 【認知機能と睡眠】 恐怖・情動記憶と睡眠
    栗山 健一
    ねむりとマネージメント 3(2) 58-63 2016年09月
    <Points>情動記憶の強化・般化促進に睡眠が重要な役割を果たす。REM睡眠が情動記憶処理過程に強く関与している。不安障害・PTSDの発症・遷延に、合併する不眠が影響を及ぼす可能性がある。(著者抄録)
  • 児童思春期精神保健における医療福祉連携の滋賀県での実情
    稲垣 貴彦, 伊藤 祐康, 田中 恒彦, 栗山 健一, 山田 尚登
    日本社会精神医学会雑誌 26(3) 259-259 2017年08月
  • 展望 睡眠と記憶および感情調節機能
    栗山 健一
    精神医学 58(6) 468 2016年06月
    非言語的な身体動作を伴い再現される手続き記憶において、睡眠中の神経プロセスが記憶定着・強化のために働いている証拠が多く示されている。また、一部の不安障害や心的外傷後ストレス障害の病理と密接に関係する情動記憶も睡眠中に何らかの処理が行われていると思われる。睡眠と記憶の関係について、1)陳述記憶は睡眠中に定着する、2)陳述記憶と手続き記憶、3)睡眠中の手続き記憶強化、4)REM睡眠中の情動記憶処理、に分けて述べた。
  • 不眠を主訴に来院した患者の適切な診断と睡眠薬処方に関する検討
    都留 あゆみ, 亀井 雄一, 大沢 知隼, 綾部 直子, 栗山 健一, 三島 和夫
    不眠研究 2016 31-32 2016年09月
  • うつと不眠 生体リズムの関連性について理解を深める 睡眠中の神経可塑性がうつ病病態へ及ぼす影響
    栗山 健一
    日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集 14回・17回 242-242 2017年07月
  • 【精神医学と睡眠学の接点】 大災害と不眠
    中林 孝夫, 栗山 健一
    精神医学 59(6) 559-565 2017年06月
  • 不登校の児童に適切な精神医療は用意されているのか
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 丸川 里美, 田中 千賀, 守澤 絵里香, 松木 葵, 中林 孝夫, 栗山 健一, 山田 尚登
    日本社会精神医学会雑誌 25(3) 248-248 2016年08月
  • 【睡眠薬の適正使用】 適正使用の観点から 依存・耐性
    吉池 卓也, 栗山 健一
    クリニシアン 63(7-8) 730-738 2016年08月
  • 睡眠における記憶と脳機能
    栗山 健一
    Depression Strategy 6(1) 5-8 2016年03月
  • 【脳と時計-睡眠リズム障害を中心として-】 精神・認知に宿る体内時計機能
    栗山 健一
    BIO Clinica 31(9) 916-920 2016年08月
    体内時計は代謝・内分泌機能や自律神経機能を、24時間周期の生活環境に同調させる重要な役割を果たすが、精神・認知機能においても重要な役割を果たしていることが推測されている。時間認知は脳の基礎活動と深く関連し、精神機能の根源をなす意識とも関連している。時間認知は恒常条件下では体内時計機能と密にリンクしていることが観察されており、健康な精神機能を24時間環境に適応させるうえで重要な役割を果たしており、うつ病などの精神疾患病態の背景に体内時計機能の障害も推測されている。(著者抄録)
  • 滋賀医科大学医学部附属病院精神科思春期外来における不登校に対する治療成績の開示と、そこから得られる知見
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 栗山 健一, 山田 尚登
    日本児童青年精神医学会総会抄録集 57回 101-101 2016年10月
  • 滋賀医科大学医学部附属病院精神科思春期外来における不登校に対する治療成績の開示と、そこから得られる知見
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 栗山 健一, 山田 尚登
    日本児童青年精神医学会総会抄録集 57回 101-101 2016年10月
  • 10代発症の特発性過眠症における臨床神経生理学的検討
    栗山健一, 中村元昭, 黒田裕子, 桜井新一郎, 中村真人, 田中陽子, 内山真, 西川徹
    東京精神医学会誌 19(1) 5-10 2001年12月
    15歳女.小学5年頃より日中の眠気が悪化し,授業中の居眠りのために進級困難となった.ナルコレプシーとの鑑別を念頭において社会環境因子・心理因子の影響を評価し,カタプレキシーを欠くこと,multiple sleep latency testにおいて睡眠潜時が短縮していたことより,特発性過眠症と診断した.入院し長時間睡眠を確保したことで日中の過剰な眠気は軽減したが,実際の社会生活での継続は困難であったため,methylphenidate 20mgの内服を開始した.その結果,日中の眠気はほぼ改善し,授業中の居眠りはなくなり学業にも積極的に取り組めるようになった
  • 高照度光療法の不安障害への臨床応用と作用機序の解明
    吉池 卓也, 中里 容子, 岡田 晋, 中村 元昭, 栗山 健一
    先進医薬研究振興財団研究成果報告集 2015年度 76-77 2016年03月
  • うつ病にとっての睡眠の意味 うつ病における不眠と身体不安
    吉池 卓也, 中里 容子, 栗山 健一, 中村 元昭
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 112-112 2016年07月
  • 睡眠障害とその治療 睡眠障害の治療指針
    内山真, 田ケ谷浩邦, 栗山健一, 亀井雄一
    脳21 5(1) 61-67 2002年01月
  • 【精神神経疾患の新しい治療薬の展望】 D-サイクロセリンおよびバルプロ酸による恐怖再燃の予防効果
    栗山 健一
    日本生物学的精神医学会誌 26(3) 161-167 2015年09月
    NMDA受容体部分作動薬であるD-サイクロセリン(DCS)およびHDAC阻害剤であるバルプロ酸(VPA)は恐怖記憶の消去学習を促進することが動物研究で確かめられている。我々はヒトにおけるDCSおよびVPAの消去学習促進効果を、視覚刺激と指先電気刺激を条件づけるパラダイムを用い検討した。さらに、恐怖記憶学習は睡眠中に強化・固定化プロセスが促進されることから、DCSおよびVPAの消去学習促進効果と睡眠依存性記憶強化プロセスとの交互作用を検討した。DCSおよびVPAのいずれも、恐怖消去の即時学習に影響を及ぼさなかったが、消去学習翌日の学習効果に有意な差が生じた。特に、再強化刺激として指先電気刺激を再曝露した直後の恐怖再燃反応において、対照群に比し有意に低い反応が示された。また、DCSは恐怖条件づけ消去学習に続く覚醒区間中の遅延学習を促進したのに対し、VPAは睡眠中の遅延学習を促進した。本結果は、恐怖回路障害の曝露型認知行動療法に併用することで治療者・患者双方の負担を減じ、治療効果の増強を示唆する。さらにDCSとVPAは異なる作用機序、時間生物学的作用点を有することを示唆している。(著者抄録)
  • 睡眠中の記憶・情動処理と精神疾患 睡眠中の情動記憶消去学習
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 151-151 2016年07月
  • 恐怖・情動記憶と睡眠 (特集 認知機能と睡眠)
    栗山 健一
    ねむりとマネージメント = Sleep and management 3(2) 58-63 2016年09月
  • 神経精神疾患治療のEBM エビデンスに基づく神経精神疾患の治療戦略 睡眠障害 (1)
    亀井雄一, 金圭子, 栗山健一, 尾崎章子, 山崎英明, 田ケ谷浩邦, 内山真
    脳の科学 24(9) 877-882 2002年09月
    原発性不眠症の薬物治療として,benzodiazepine(BZ)系薬物が有効であるというエビデンスが示されていた.しかし,不眠のタイプや重症度,評価があいまいであり,いずれの研究においてもBZ系薬物の選択についてのエビデンスはなかった.BZ系睡眠薬の長期投与に関するエビデンスはなく,いつ薬物療法を減量,中止したらよいのか現段階でのエビデンスに基づいた指針はなかった.一方,認知行動療法(CBT)が原発性不眠症に対して有効であるエビデンスは示されていた.高齢者や副作用の出やすい原発性不眠症患者に対しては,今後はより積極的にCBTを活用していくべきと考えられる
  • 複雑性悲嘆の報酬系と注意の協調に基づく神経機能異常
    吉池 卓也, 池田 大樹, 大村 英史, 中島 聡美, 栗山 健一
    日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 37回・45回 165-165 2015年09月
  • 不眠症の代替薬物療法としての向精神薬の位置づけ 現状と問題点、解決すべきアジェンダ 不安障害の不眠治療はいかにあるべきか
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 184-184 2016年07月
  • 夜間睡眠中の時間認知
    有竹清夏, 栗山健一, 鈴木博之, TAN X, 渋井佳代, 亀井雄一, 大久保善朗, 田ケ谷浩邦, 内山真
    脳と精神の医学 13(3) 317-323 2002年09月
    健常男を対象とし,夜間睡眠に影響を与える日中の活動量・睡眠を厳密に統制した上で,夜間睡眠中の覚醒試行を行い,睡眠中の時間認知について検討した.時間認知比は睡眠の前半から後半にかけて減少した.時間認知比は段階3+4出現率と正の相関を,段階REM出現率と負の相関を示した.時間認知比に最も影響を与える要因は覚醒させた時刻,即ち時間経過であった.睡眠障害のない健常成人では,夜間睡眠の始めから朝になるにつれ主観的には実経過時間より短く時間を見積もることが判明した
  • 「こころの時間」の臨床神経心理学 マクロおよびミクロなスケールにおける時間の知覚
    栗山 健一, 本間 元康, 今泉 修, 弘光 健太郎
    日本心理学会大会発表論文集 79回 SS(25)-SS(25) 2015年08月
  • 不眠症治療におけるリラクゼーション・体温調節の科学的効果
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 208-208 2016年07月
  • PTSDとその周辺をめぐって PTSDの生物学的研究病態生理 PTSDと睡眠
    栗山健一, 田ケ谷浩邦, 内山真
    臨床精神医学(2002年増刊) 90-97 2002年12月
  • 健康なヒトにおいてCOMT Val158Met多型は性別と相互作用し恐怖の条件付けと消滅に影響を及ぼす(COMT Val158Met polymorphism interacts with sex to influence fear conditioning and extinction in healthy humans)
    栗山 健一, 吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(28) 253-253 2015年08月
  • 睡眠は平衡感覚機能の遅延学習を促進する
    本間 元康, 吉池 卓也, 池田 大樹, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 215-215 2016年07月
  • 睡眠医学と精神科医療の関連における新規視点 ストレス性障害・不安障害の認知行動療法効果促進のための睡眠・認知改善薬
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 40回 116-116 2015年07月
  • 指示忘却と睡眠が恐怖記憶に及ぼす神経学的メカニズムの検討
    池田 大樹, 吉池 卓也, 本間 元康, 大村 英史, 野添 健太, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 215-215 2016年07月
  • 【脳と時計-睡眠リズム障害を中心として-】 精神・認知に宿る体内時計機能
    栗山 健一
    BIO Clinica 31(9) 916-920 2016年08月
    体内時計は代謝・内分泌機能や自律神経機能を、24時間周期の生活環境に同調させる重要な役割を果たすが、精神・認知機能においても重要な役割を果たしていることが推測されている。時間認知は脳の基礎活動と深く関連し、精神機能の根源をなす意識とも関連している。時間認知は恒常条件下では体内時計機能と密にリンクしていることが観察されており、健康な精神機能を24時間環境に適応させるうえで重要な役割を果たしており、うつ病などの精神疾患病態の背景に体内時計機能の障害も推測されている。(著者抄録)
  • 【不眠と睡眠の科学】 睡眠を科学する 睡眠と記憶・学習
    阿部 又一郎, 栗山 健一, 内山 真
    こころの科学(119) 48-52 2005年01月
  • 高照度光による手続き記憶強化プロセスの検討
    吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 217-217 2016年07月
  • 不登校の児童に適切な精神医療は用意されているのか
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 丸川 里美, 田中 千賀, 守澤 絵里香, 松木 葵, 中林 孝夫, 栗山 健一, 山田 尚登
    日本社会精神医学会雑誌 25(3) 248-248 2016年08月
  • 睡眠障害の診断・治療ガイドラインを用いた臨床的実証研究 長時間睡眠の臨床的検討と治療
    内山 真, 田ヶ谷 浩邦, 尾崎 章子, 金 圭子, 渋井 佳代, 譚 新, 栗山 健一, 鈴木 博之, 有竹 清夏, 木下 郁美
    厚生労働省精神・神経疾患研究委託費研究報告集 平成14年度 216-216 2003年06月
  • 成人男性に対する就寝前の眼周囲及び後頸部への蒸気温熱適用による睡眠効果検討
    井垣 通人, 阪本 一朗, 市場 智久, 鈴木 正泰, 栗山 健一, 内山 真
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 261-261 2016年07月
  • 【睡眠薬の適正使用】 適正使用の観点から 依存・耐性
    吉池 卓也, 栗山 健一
    クリニシアン 63(7-8) 730-738 2016年08月
  • 【脳と時間】 精神疾患のリズムと時間体験
    栗山 健一, 内山 真
    Brain Medical 15(2) 142-149 2003年06月
    ヒトの概日リズム(サーカディアンリズム)研究が活発になって以来,精神疾患と概日リズムに関する多くの研究がなされ,それに基づく病態仮説が示されてきた.これに加え精神疾患の主観的時間体験に古くから興味が持たれている.精神疾患の時間とリズムについて,時間生物学的観点から概日リズムと精神疾患の関係についてこれまでの仮説を取り上げ,主観的時間体験の観点から精神疾患における時間認知について展望した
  • 睡眠学の進歩がもたらす精神医学への貢献 睡眠とアミロイドβ代謝 睡眠薬と認知症の関連性
    栗山 健一
    精神神経学雑誌(2016特別号) S447-S447 2016年06月
  • 精神保健研究の現状と課題 概日リズム睡眠障害について
    内山真, 田ケ谷浩邦, 尾崎章子, 亀井雄一, 渋井佳代, TAN X, 栗山健一, 鈴木博之, 有竹清夏
    精神保健研究(16) 121-126 2003年03月
  • 自己覚醒習慣と関連する睡眠習慣の調査研究
    池田 大樹, 栗山 健一, 吉池 卓也, 大村 英史, 金 吉晴, 林 光緒
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 40回 252-252 2015年07月
  • 統合失調症回復期の患者に対してアリピプラゾールの変薬が患者満足度の向上をもたらす要因の検討
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 丸川 里美, 栗原 愛, 眞田 陸, 藤井 勇佑, 中村 英樹, 栗山 健一, 山田 尚登
    精神神経学雑誌(2016特別号) S613-S613 2016年06月
  • 向精神薬のエビデンス:その読み方・使い方 エビデンスの使い方:睡眠障害
    亀井雄一, 田ケ谷浩邦, KIM K, 栗山健一, 尾崎章子, 渋井佳代, 有竹清夏, 内山真
    臨床精神薬理 6(8) 1035-1047 2003年08月
    睡眠障害は極めて多様である.睡眠障害国際分類では77の睡眠障害が取り上げられている.症候からみても,不眠を呈するもの,過眠を呈するもの,睡眠スケジュールの異常を呈するものと多様である.したがって,睡眠障害に対する適切な医療を行うために,エビデンスに基づいた治療指針が求められている.そこで,代表的な睡眠障害である原発性不眠症,精神疾患に伴う不眠,ナルコレプシー,むずむず脚症候群・周期性四肢運動障害,概日リズム睡眠障害治療法についてEBMの観点から述べた
  • 不眠を主訴に来院した患者の適切な診断と睡眠薬処方に関する検討
    豊澤 あゆみ, 亀井 雄一, 大沢 知隼, 綾部 直子, 栗山 健一, 三島 和夫
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 40回 277-277 2015年07月
  • 軽症うつ病‐内科医が必要とする知識《うつ病の病因・病態研究》リズム障害
    栗山健一, 内山真
    内科 92(4) 630-633 2003年10月
  • 情動記憶と睡眠
    栗山 健一
    クリニシアン 62(6) 596-602 2015年06月
  • なぜPTSD有病率は女性が高いのか トラウマ記憶の考察より
    栗山 健一
    女性心身医学 20(1) 64 2015年06月
  • 精神科薬物療法グッドプラクティス 多剤併用を避けるために 睡眠薬多剤療法の背景と解決への方策
    内山 真, 栗山 健一, 渡辺 範雄, 鈴木 正泰
    精神神経学雑誌(2015特別) S713-S713 2015年06月
  • 夜間および昼間2つの睡眠条件におけるヒト睡眠中の時間認知の検討
    有竹清夏, 鈴木博之, 栗山健一, 尾崎章子, 渋井佳代, 亀井雄一, 阿部又一郎, 榎本みのり, 田ケ谷浩邦, 三島和夫, 松浦雅人, 内山真
    臨床神経生理学 34(5) 438-439 2006年10月
  • 【睡眠-覚醒障害と関連疾患-その対策】 精神疾患と不眠
    吉池 卓也, 栗山 健一
    カレントテラピー 33(4) 369-373 2015年04月
  • 睡眠学―こころの科学および精神科臨床への貢献 記憶・学習・洞察のメカニズムと睡眠
    栗山健一
    分子精神医学 5(1) 7-15 2005年01月
    近年,記憶の定着や技能の向上に睡眠が不可欠であることが明らかにされつつある.睡眠中に陳述記憶は固定化され知識を増やし,手続き記憶は強化されより巧みになる.また,睡眠をとることで課題を解決するための洞察を得ることが可能になるという.そして,徹夜をするとこうした効果がほとんどみられなくなる.睡眠による記憶の強化・固定化のメカニズムに関して,REM睡眠や深睡眠などの特定の睡眠段階が記憶の強化・固定化に関係するという説や,夢体験が関係するという説,皮質や辺縁系の活動性が関係するという説など諸説あるが,結論は得られていない.睡眠による手続き記憶の強化に関して,ドメイン特有の技能向上に関する特徴が知られるようになった.とくに視覚弁別学習や指運動学習において興味深い報告が多く,現在の睡眠依存性の手続き記憶強化研究の中心的課題となっている(著者抄録)
  • 精神・神経領域における画像解析の最前線 ヒトの時間認知の機能的特徴とメカニズム~機能画像を用いた認知機能の理解~
    栗山健一
    精神保健研究(18) 17-25 2005年03月
  • 脳機能画像を用いた複雑性悲嘆の病態生理の検討
    吉池 卓也, 池田 大樹, 大村 英史, 中島 聡美, 栗山 健一
    先進医薬研究振興財団研究成果報告集 2014年度 18-19 2015年03月
  • TOPICS(第1回) 睡眠不足が情動・記憶に及ぼす影響
    栗山 健一
    ねむりとマネージメント 1(1) 49-51 2014年09月
  • 睡眠と記憶および感情調節機能
    栗山 健一
    精神医学 58(6) 468-468 2016年06月
  • 記銘時の情動状態が顔の再認に与える影響に関する実験的検討
    橋口 秀一, 本間 元康, 守口 善也, 栗山 健一, 都築 誉史
    日本心理学会大会発表論文集 78回 716-716 2014年08月
  • 睡眠遮断の認知神経科学的な結果(Neurocognitive consequences of sleep deprivation)
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 39回 104-104 2014年07月
  • 睡眠学の進歩がもたらす精神医学への貢献 睡眠とアミロイドβ代謝 睡眠薬と認知症の関連性
    栗山 健一
    精神神経学雑誌(2016特別号) S447-S447 2016年06月
  • 環境が"からだ丸ごと"に与える様々な影響 睡眠研究者の視点から 学習に影響を及ぼす環境因子
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 39回 181-181 2014年07月
  • 統合失調症回復期の患者に対してアリピプラゾールの変薬が患者満足度の向上をもたらす要因の検討
    稲垣 貴彦, 田中 恒彦, 丸川 里美, 栗原 愛, 眞田 陸, 藤井 勇佑, 中村 英樹, 栗山 健一, 山田 尚登
    精神神経学雑誌(2016特別号) S613-S613 2016年06月
  • 恐怖消去学習における高照度光照射の有用性
    吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 39回 233-233 2014年07月
  • EXPERT OPINION 睡眠における記憶と脳機能
    栗山 健一
    Depression strategy : うつ病治療の新たなストラテジー 6(1) 5-8 2016年03月
  • 記憶の定着と睡眠 ヒトの運動学習の向上と睡眠
    栗山健一
    Cogn Dement 6(2) 114-122 2007年04月
    睡眠依存性の運動学習により、動作スキルやテクニックが上達することが、最近の研究で明らかとされた。行動学的な特徴として、多様な動作スキルが睡眠中にさらに上達し、単なる時間効果だけでは説明できず、睡眠を剥奪すると上達が妨げられる。一方で、睡眠中の脳波解析による相関分析、fMRI(functional magnetic resonance imaging)による睡眠中および睡眠前後課題試行中の脳活動分析、シナプス伝達の長期増強/抑制(LTP/LTD)による記憶モデル分析などの多側面から、そのメカニズムの解明が進められているが、いまだ明確にはなっていない。今後の課題を踏まえながらこれまでの研究知見を中心に、睡眠中の運動学習・手続き記憶の向上に関して紹介する。(著者抄録)
  • 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 各科領域・疾患における睡眠障害 外傷後ストレス障害(PTSD)
    栗山 健一
    日本臨床 71(増刊5 最新臨床睡眠学) 652-658 2013年10月
  • ヒトの記憶と睡眠
    栗山 健一
    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 13回 170-170 2013年06月
  • D-サイクロセリンおよびバルプロ酸による恐怖再燃の予防効果
    栗山 健一
    日本生物学的精神医学会誌 26(3) 161-167 2015年
    NMDA 受容体部分作動薬である D-サイクロセリン(DCS)および HDAC 阻害剤であるバルプロ酸(VPA)は恐怖記憶の消去学習を促進することが動物研究で確かめられている。我々はヒトにおける DCS および VPA の消去学習促進効果を,視覚刺激と指先電気刺激を条件づけるパラダイムを用い検討した。さらに,恐怖記憶学習は睡眠中に強化・固定化プロセスが促進されることから,DCS およびVPA の消去学習促進効果と睡眠依存性記憶強化プロセスとの交互作用を検討した。DCS および VPA のいずれも,恐怖消去の即時学習に影響を及ぼさなかったが,消去学習翌日の学習効果に有意な差が生じた。特に,再強化刺激として指先電気刺激を再曝露した直後の恐怖再燃反応において,対照群に比し有意に低い反応が示された。また,DCS は恐怖条件づけ消去学習に続く覚醒区間中の遅延学習を促進したのに対し,VPA は睡眠中の遅延学習を促進した。本結果は,恐怖回路障害の曝露型認知行動療法に併用することで治療者・患者双方の負担を減じ,治療効果の増強を示唆する。さらに DCS と VPAは異なる作用機序,時間生物学的作用点を有することを示唆している。
  • 睡眠障害の基礎と臨床 睡眠と記憶
    栗山健一
    月刊精神科 12(3) 213-220 2008年03月
  • 睡眠中の認知・記憶処理とその適応的意義 ヒト睡眠中の記憶強化機能と適応
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 38回 127-127 2013年06月
  • なぜPTSD有病率は女性が高いのか : トラウマ記憶の考察より(スポンサードセミナー,女性性とレジリアンス,第44回日本女性心身医学会学術集会)
    栗山 健一
    女性心身医学 20(1) 64 2015年
  • 前頭葉型孔脳症による認知障害を呈し広般性発達障害が疑われた成人例(Delayed Diagnosis of Cognitive Disorder due to Porencephaly in the Frontal Cortex Suggesting Pervasive Development Disorder: A Case Report)
    栗山 健一, 将田 耕作, 小久保 和哉, 小島 洋, 小島 卓也
    総合病院精神医学 21(1) 43-48 2009年01月
    症例は28歳男性で、幼少期に発症したと思われる前頭葉型孔脳症をもち、広汎性発達障害が疑われる認知異常を呈した。前頭葉機能検査バッテリーを用いて、神経心理学的・認知障害の探索を行い、比較的軽微な前頭葉機能障害を検出した。一方、MRIにて、この認知障害の軽微さとは矛盾する、主に両側前頭葉に広範に存在する、孔脳症による皮質欠損を認めた。これにより、胎児もしくは幼少期発症の前頭葉器質障害は、精神・認知の発達を障害する可能性が示唆された。また、操作的には広汎性発達障害の診断範疇に含まれる程度まで機能性に代償される可能性も示唆された。
  • 睡眠と記憶,認知機能
    栗山 健一
    日本生物学的精神医学会誌 22(3) 151-157 2011年
    近年の研究の進歩により,睡眠が様々な記憶の増強・長期保持に重要であることが証明されつつあるが,その背景となる神経学的メカニズムは明らかになっていない。睡眠中の様々な状態指標や生理学的特徴と,記憶増強との関連が示唆されているが,記憶・学習の種類や,情動等の付加条件により所見は一致せず,一定のコンセンサスは得られていない。本稿では現在までに得られている主な知見を紹介し睡眠中の記憶・認知機能に関して論じた。さらに一部のストレス関連障害の背景病理における睡眠の関与およびその予防方策における睡眠調節の可能性を示した。
  • 発達と学習 小児の学習と睡眠障害:発達への影響
    栗山健一
    精神保健研究(21) 37-43 2008年03月
  • 睡眠が身体平衡学習に与える効果
    本間 元康, 吉池 卓也, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 38回 175-175 2013年06月
  • 神経症人格特性は両外側前頭前野活動性に基づき日中の認知活動を促進し睡眠満足度を低下させる
    吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 38回 228-228 2013年06月
  • 嫌悪出来事後の睡眠と夢の質に関するインターネット調査研究
    池田 大樹, 吉池 卓也, 本間 元康, 金 吉晴, 金子 雅美, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 38回 243-243 2013年06月
  • 睡眠と心の関連 睡眠剥奪が抑圧された外傷体験記憶に与える影響
    栗山 健一
    臨床神経生理学 40(5) 388-388 2012年10月
  • 精神疾患と睡眠障害 PTSDと睡眠障害
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 37回 125-125 2012年06月
  • 睡眠中の情動処理過程 覚醒中と睡眠中の情動処理機構の分子生物学的差異
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 37回 147-147 2012年06月
  • 不眠症と人間生活の相互関係 不眠症と生物としての適応機能
    栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 37回 160-160 2012年06月
  • 日中位相の覚醒区間が睡眠非依存的に反応抑制学習を増強する
    本間 元康, 吉池 卓也, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 37回 229-229 2012年06月
  • 神経症人格特性と寝不足後の高次認知課題遂行時左前頭前野活動性および習慣的睡眠の自己評価との関連
    吉池 卓也, 本間 元康, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 37回 275-275 2012年06月
  • 睡眠医学と精神医療のリンケージによる効果的な治療プログラムの提案 精神ストレスの遷延防止およびPTSDの発症・悪化を防止するための睡眠医療
    栗山 健一
    精神神経学雑誌(2011特別) S-267 2011年10月
  • 【睡眠研究の動向】 睡眠と記憶、認知機能
    栗山 健一
    日本生物学的精神医学会誌 22(3) 151-157 2011年09月
  • 睡眠経過に伴う脳血流量の変動―NIRSによる徐波睡眠時の脳血流量計測―
    有竹清夏, 鈴木博之, 榎本みのり, 田村美由紀, 肥田昌子, 阿部又一郎, 栗山健一, 曽雌崇弘, 井上正雄, 樋口重和, 三島和夫
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(21) 253-253 2009年03月
  • Fear Circuit Disorderの基礎と臨床 PTSD 記憶と意識の病理
    栗山 健一, 金 吉晴
    分子精神医学 11(2) 134-136 2011年04月
  • 睡眠と脳回路の可塑性 睡眠と学習機能
    栗山健一
    生体の科学 60(4) 303-309 2009年08月
  • 【「眠れない」を解決する 睡眠障害にまつわる身近な疑問から各症候まで徹底解説!】 Q眠ると記憶力がよくなるって本当? A本当です。正確には、眠らないとせっかく覚えた記憶が有効に利用できず、長持ちしません
    栗山 健一
    治療 93(2) 298-299 2011年02月
  • D‐cycloserineがヒトの恐怖条件付け消去に及ぼす影響
    栗山健一, 曽雌崇弘, 藤井猛, 本間元康, 廣田優, 金吉晴
    精神薬療研究年報(42) 85-86 2010年03月
  • 肥厚性瘢痕由来真皮線維芽細胞におけるヘパリン類似物質の影響
    長谷川 友美, 葛野 菜々子, 栗山 健一, 矢野 博子, 中嶋 安弓, 平井 洋平
    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 15回 243-243 2015年05月
  • 睡眠中の時間認知と脳血流量変動に関する研究
    有竹清夏, 樋口重和, 肥田昌子, 鈴木博之, 榎本みのり, 田村美由紀, 阿部又一郎, 栗山健一, 曽雌崇弘, 井上正雄, 三島和夫
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(22) 137-138 2010年03月
  • 不飽和ヒアルロン酸二糖の化粧品素材への応用
    中村 行雄, 谷澤 由依子, 羽田 容介, 森瀬 貴子, 阿川 由希夫, 澤木 茂豊, 栗山 健一
    日本薬学会年会要旨集 135年会(3) 114-114 2015年03月
  • 睡眠剥奪によるヒト短時間知覚の変動と前頭前野の血流動態変動の関連
    曽雌崇弘, 栗山健一, 有竹清夏, 榎本みのり, 肥田晶子, 田村みゆき, 金吉晴, 三島和夫
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(23) 250-250 2010年10月
  • 【いま「解離の臨床」を考える】 外傷性記憶と解離
    金 吉晴, 栗山 健一
    精神科治療学 22(4) 395-399 2007年04月
    外傷性記憶は実体的な記憶内容が反復して想起されるという現象ではない。この記憶は、生存に関わる危機について、言語的処理をされない、扁桃体の興奮を介しての情動記憶の再生という個体の生存のための反応と、主観的な危機感の減弱のために自己意識の一部を切り離す解離という矛盾する反応が拮抗したものである。その結果、記憶の内容についても明瞭度についても、また想起の容易さについても、種々の程度が浮動性に混在し、記憶は断片化されている。どのような内容が想起されるかは状況に依存し、一定ではない。外傷性記憶のこのような性質から、自然寛解、慢性化、エクスポージャー法による治療可能性などが生じる。外傷性記憶の理解には神経精神医学的知見も踏まえた、記憶の情動的側面の検討が重要である。(著者抄録)
  • ヒト時間認知機構に関する生理学的研究
    栗山 健一, 鈴木 博之, 有竹 清夏, 渋井 佳代, 金 圭子, 尾崎 章子, 譚 新, 田ヶ谷 浩邦, 亀井 雄一, 内山 真
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(15) 109-110 2002年07月
    14名の健常成人男性(18〜24歳)を被験者として,統制条件下で1日4回,10秒の時間産出課題に記憶課題負荷を加えることで,時間認知と概日リズム,及び皮質活動との関連を調べる実験を行った.概日リズムは直腸温を連続測定し指標とした.繰り返し分散分析により,10秒時間産出は記憶課題による脳皮質活動の負荷や意欲の影響を受けず,時刻依存的に減少することがわかった.相関分析の結果,10秒時間産出は体温リズムとの相関が認められたが,主観的な精神状態や疲労度は影響しないことがわかった
  • 時間認知(Time Perception)
    栗山 健一, 鈴木 博之, 有竹 清夏, 渋井 佳代, 金 圭子, 尾崎 章子, 譚 新, 田ヶ谷 浩邦, 亀井 雄一, 内山 真
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(15) 162-162 2002年07月
  • 夜間睡眠中の時間認知
    有竹 清夏, 栗山 健一, 鈴木 博之, 譚 新, 渋井 佳代, 金 圭子, 尾崎 章子, 亀井 雄一, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(15) 162-163 2002年07月
  • 概日リズムと時間知覚
    栗山 健一, 鈴木 博之, 有竹 清夏, 渋井 佳代, 金 圭子, 尾崎 章子, 譚 新, 田ヶ谷 浩邦, 亀井 雄一, 内山 真
    認知神経科学 4(1) 41-41 2002年06月
  • 不眠症への睡眠衛生教育による治療法開発研究
    内山 真, 田ヶ谷 浩邦, 尾崎 章子, 金 圭子, 渋井 佳代, 譚 新, 鈴木 博之, 栗山 健一
    厚生労働省精神・神経疾患研究委託費総括研究報告書 睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究 平成11〜13年度 17-29 2002年03月
    日本在住の成人男女4000名を対象に不眠と睡眠時間の実態を調査した.その結果,若年,睡眠時間の短さ,入眠障害のみ,中途覚醒のみ,早朝覚醒のみ,三つの合併,睡眠充足感欠如,睡眠補助品使用は社会人口統計学的要因および交絡要因を調整した後でも,それぞれ独立して日中の眠気の危険度を増すことがわかった.この中で睡眠時間の短さは,最も強力な要因であった.不眠症患者はしばしば睡眠中の主観的時間経過について訴えることから,8名の健常青年男性を対象に夜間睡眠中の主観的時間認知に関して生理学的に実験的検討を行った.その結果,時間認知は睡眠の前半では長く,後半では短くなることが明らかになった.時間経過が時間認知に影響を与えるという本研究のの結果は,夜間睡眠の前半では時間を長く感じ,睡眠の後半では時間を短く感じる経験を裏付ける初めての知見である
  • 睡眠 睡眠と学習・記憶
    栗山健一
    脳21 13(4) 402-407 2010年10月
    記憶が睡眠中に強化されることは主に視覚弁別課題(VDT:visual discrimination task)と指動作課題(FTT:finger tapping task)を用いて明らかにされた。これらの手続き技能の向上は各々の動作コントロールの首座である一次視覚野および一次運動野を中心とした神経ネットワークの活動亢進により特徴づけられるが、これをもたらす睡眠中の神経可塑性メカニズムは明らかになっていない。睡眠紡錘波活動がそれを反映する可能性を示唆しているが、手続き技能ごとに異なっているという反証もある。さらに、夢見が手続き技能向上に関与しているという証拠も少ないながらあげられており、興味深い研究進歩段階にあり今後の展開が期待されている。(著者抄録)
  • ポジティブイベントによる前頭前野の血流動態変動:近赤外分光法研究
    曽雌崇弘, 栗山健一, 伊藤大輔, 廣田優, 金吉晴
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(22) 293-293 2010年03月
  • 時間認知の心理学・生理学・時間生物学的特性と精神病理
    栗山健一, 曽雌崇弘, 藤井猛
    時間生物学 16(1) 23-30 2010年05月
    時間は物理的には一定の速度であることを概念的に理解しているにも拘らず、心理・生理学的状況により知覚時間の速度は変化する。時間知覚は脳の基礎活動と深く関連し、様々な認知活動と関連していると推測され、精神疾患における認知異常との関連も検討されている。時間知覚に関する哲学的・心理学的・時間生物学的な知見を紹介し、時間知覚の本質的な意義、今後の研究課題について展望した。
  • ヒトの恐怖出来事記憶の想起特性―PTSD発症予防策としての睡眠強制剥奪の有効性の検討―
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(24) 224-224 2011年08月
  • 顔認知は理想方向にずれている
    本間 元康, 小山 慎一, 長田 佳久, 金 吉晴, 栗山 健一
    日本認知心理学会発表論文集 2010(0) 38-38 2010年
    自己顔をネガティブな方向に認知するバイアスは醜形症研究の中で報告されているが、健常者における顔認知バイアスは示されていない。本研究では、顔のパーツ位置をどの程度正確に配置することができるか、自己顔、友達顔、他人顔で調べた。写真を見ながら配置する統制群と比較した結果、顔の種類に関わらず、顔を再現する精度はかなり低いことが示された。さらに、理想顔に配置させる課題を行わせた結果、最初に配置した顔は理想顔に近い位置であることが分かった。健常者は、自己顔だけでなく他人顔においても、顔を理想方向にずらすバイアスをもっていると考えられる。醜形症患者では、自己顔だけをネガティブな方向にずらしてしまう顔認知バイアスが、様々な障害を引き起こしているのかも知れない。
  • 睡眠不足が情動・記憶に及ぼす影響 (TOPICS(第1回))
    栗山 健一
    ねむりとマネージメント = Sleep and management 1(1) 49-51 2014年09月
  • PTSDと睡眠障害 (特集 さまざまな精神・神経疾患に伴う併存する睡眠障害(治療法を含めて))
    栗山 健一
    精神科 24(6) 626-632 2014年06月
  • 睡眠と記憶, 認知機能
    栗山 健一
    日本生物学的精神医学会誌 = Japanese journal of biological psychiatry 22(3) 151-157 2011年09月
  • 睡眠が錯感覚統合学習に与える影響の予備的研究
    本間元康, 栗山健一, 島崎みゆき, 吉池卓也, 小山さより, 木村美貴子, 金吉晴
    精神保健研究 0(24) 75-80 2011年12月
    睡眠は様々な手続き学習を促進することが報告されているが、睡眠が感覚間統合学習に与える影響に関しては検討されていない。本研究では、感覚間統合学習により得られる錯感覚の獲得における睡眠の効果を検討するために、視覚と触覚の不一致感覚間統合学習(ラバーハンドイリュージョン)パラダイムを用い、学習の12時間後における錯覚量を睡眠群と覚醒群で比較した。学習の12時間後では睡眠群、覚醒群ともに錯覚量が減少したが、睡眠群は覚醒群よりも錯覚量がより多く減少した。睡眠は、視覚と触覚の感覚間統合学習を強化せず、むしろ減弱化することが示唆された。(著者抄録)
  • 精神ストレスの遷延防止 : PTSDの発症・悪化防止のための睡眠医療 (特集 睡眠医学と精神医療のリンケージによる効果的な治療プログラムの提案)
    栗山 健一
    精神神経学雑誌 114(2) 136-143 2012年
  • 睡眠医学と精神医療のリンケージによる効果的な治療プログラムの提案 精神ストレスの遷延防止―PTSDの発症・悪化防止のための睡眠医療―
    栗山健一
    精神神経学雑誌 114(2) 136-143 2012年02月
  • 精神ストレスの遷延防止 : PTSDの発症・悪化防止のための睡眠医療
    栗山 健一
    精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica 114(2) 136-143 2012年02月
  • 現代日本人における毛髪および頭皮の年代による差異について
    田尻 美喜, 久間 夕佳, 椿原 操, 大塚 香織, 栗山 健一, 辻野 義雄, 藤原 延規, 石原 陽介
    基礎老化研究 31(2) 47-47 2007年05月
  • 高照度光照射による恐怖条件付け消去学習促進効果の検討:PTSD補助療法としての高照度光照射の有用性
    吉池卓也, 本間元康, 栗山健一
    精神薬療研究年報(45) 81-82 2013年03月
  • 長時間睡眠の臨床的検討と治療
    内山真, 田ケ谷浩邦, 尾崎章子, 金圭子, 渋井佳代, 栗山健一, 鈴木博之, 有竹清夏, 木下郁美
    厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成14年度 (2年度班・初年度班) 216 2003年
  • 高照度光照射による恐怖条件付け消去学習促進効果の検討
    吉池卓也, 栗山健一, 本間元康, 小山さより, 木村美貴子, 金吉晴
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(26) 245-245 2013年09月
  • 脳と時間 3 精神疾患のリズムと時間体験
    栗山健一, 内山真
    Brain Med 15(2) 142-149 2003年06月
  • 巨大地震が平衡感覚機能に与える影響
    本間元康, 栗山健一, 長田佳久, 遠藤信貴, 金吉晴
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(25) 236-236 2012年03月
  • 夜間睡眠中の時間認知
    有竹清夏, 栗山健一, 鈴木博之, 渋井佳代, 金圭子, 尾崎章子, 亀井雄一, 田ケ谷浩邦, 内山真
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(16) 110-112 2003年10月
  • 連想活動の概日変動
    鈴木博之, 有竹清夏, 栗山健一, 渋井佳代, 李嵐, 譚新, 尾崎章子, 田ケ谷浩邦, 内山真
    時間生物学 11(2) 160 2005年10月
  • 有標言語表現処理における短期作業記憶過程と実行系機能の関係に関する事象関連電位研究
    曽雌 崇弘, 栗山 健一, 金 吉晴
    精神保健研究(21) 73-81 2008年03月
  • 不眠と睡眠の科学(1)睡眠を科学する‐睡眠と記憶・学習
    阿部又一郎, 栗山健一, 内山真
    こころの科学(119) 48-52 2005年01月
  • 「感情障害の発症脆弱性素因に関する神経発達・神経新生的側面からの検討並びにその修復機序に関する分子生物学的研究」神経ステロイドの脳波学的解析
    内山真, 鈴木博之, 田ケ谷浩邦, 尾崎章子, 栗山健一, 渋井佳代, 有竹清夏
    感情障害の発症脆弱性素因に関する神経発達・神経新生的側面からの検討並びにその修復機序に関する分子生物学的研究 研究年度終了報告書 平成17年 54-69 2005年
  • 「感情障害の発症脆弱性素因に関する神経発達・神経新生的側面からの検討並びにその修復機序に関する分子生物学的研究」神経ステロイドの脳波学的解析
    内山真, 鈴木博之, 田ケ谷浩邦, 尾崎章子, 栗山健一, 渋井佳代, 有竹清夏
    感情障害の発症脆弱性素因に関する神経発達・神経新生的側面からの検討並びにその修復機序に関する分子生物学的研究 平成15年度 総括・分担研究報告書 34-42 2004年
  • さまざまな精神・神経疾患に伴う併存する睡眠障害(治療法を含めて)PTSDと睡眠障害
    栗山健一
    月刊精神科 24(6) 626-632 2014年06月
  • ヒトの時間認知~概日ペースメーカーとインターバルタイマー~
    栗山健一
    時間生物学 10(2) 1-6 2004年10月
  • 身体部位の自己所有感覚におけるCOMT遺伝子多型の影響
    池田大樹, 本間元康, 栗山健一, 吉池卓也, 金吉晴
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(27) 246-246 2014年08月
  • ヒト睡眠・覚醒リズム障害の分子生物学的成因解明とテーラーメイド治療法開発に関する基盤的研究 睡眠スケジュール変更による認知機能変化に関する研究
    田ケ谷浩邦, 鈴木博之, 尾崎章子, 栗山健一, 有竹清夏
    ヒト睡眠・覚醒リズム障害の分子生物学的成因解明とテーラーメイド治療法開発に関する基盤的研究 平成15年度 研究成果報告書 44-56 2004年
  • いま「解離の臨床」を考える II 外傷性記憶と解離
    金吉晴, 栗山健一
    精神科治療学 22(4) 395-399 2007年04月
  • その患者に睡眠薬は必要か―眠れないという訴えにどう対応するか―その不眠をどう治療するか,あるいは治療しないか―気分障害―
    栗山健一
    精神科治療学 29(11) 1373-1379 2014年11月
    気分障害には高率に睡眠障害が合併し、特に不眠の合併率は高い。気分障害に合併する不眠は多彩であり、症状ごとに適切な治療法も異なる。さらに睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群、そして抗うつ薬やその他の身体合併症治療に伴う薬剤性不眠等の2次性不眠の合併も鑑別する必要がある。不眠は気分障害の症状形成や悪化に影響を与え、気分障害の改善後も不眠症状が遷延し再発要因となり得ることから、不眠に対する独立した治療の導入は気分障害の治療上重要な戦略となる。合併不眠の適切な取り扱いは、治療薬の最適化・最小化にも大きく貢献する。(著者抄録)
  • 睡眠剥奪は出来事の想起に影響を与えず選択的に情動般化を減弱させる
    栗山健一, 曽雌崇弘, 藤井猛, 廣田優, 金吉晴
    Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009 132 2009年
  • 運動促進及び抑制課題学習に果たす睡眠の影響の検討
    廣田優, 栗山健一, 曽雌崇弘, 藤井猛, 野村忍, 金吉晴
    Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009 195 2009年
  • 自己覚醒と脳血流量変動
    有竹清夏, 樋口重和, 肥田昌子, 鈴木博之, 榎本みのり, 田村美由紀, 栗山健一, 曽雌崇弘, 北村真吾, 渡邊真紀子, 井上正雄, 三島和夫
    Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009 168 2009年
  • 大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 恐怖特性が潜在的な記憶想起に与える影響
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書 120-125 2009年
  • 恐怖体験記憶における想起判断と情動価の解離:行動指標およびfMRIによる背景脳活動の検討
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録 31st 158 2009年
  • ポジティブイベントによる前頭前野の血流動態変動:近赤外分光法研究
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録 31st 155 2009年
  • 短時間睡眠・覚醒スケジュール法による主観的睡眠時間の変動に関する検討
    有竹(岡田)清夏, 樋口重和, 鈴木博之, 榎本みのり, 栗山健一, 曾雌崇弘, 阿部又一郎, 田村美由紀, 肥田昌子, 井上正雄, 松浦雅人, 三島和夫
    時間生物学 14(2) 65 2008年10月
  • 時間評価に与える情動価および覚醒喚起度の影響
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    時間生物学 14(2) 64 2008年10月
  • 断眠による時間知覚と概日位相の乖離に伴う前頭前野の血流変動:近赤外分光法研究
    曽雌崇弘, 栗山健一, 鈴木博之, 有竹清夏, 榎本みのり, 阿部又一郎, 金吉晴, 三島和夫
    時間生物学 14(2) 82 2008年10月
  • 睡眠剥奪によるヒト短時間知覚の変動と前頭前野の血流動態変動の関連
    曽雌崇弘, 栗山健一, 有竹清夏, 榎本みのり, 肥田昌子, 田村美由紀, 金吉晴, 三島和夫
    Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009 263 2009年
  • 大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 潜在的な恐怖記憶想起の時間生物学的特性および性差
    栗山健一, 曽雌崇弘, 金吉晴
    大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 121-124 2010年
  • 睡眠中の時間認知と脳血流量変動
    有竹清夏, 榎本みのり, 肥田昌子, 田村美由紀, 阿部又一郎, 栗山健一, 曽雌崇弘, 井上正雄, 樋口重和, 三島和夫
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(22) 311 2010年03月
  • 大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入方法の開発に関する研究 習慣的睡眠時刻前後の恐怖記憶特性における性差
    栗山健一, 本間元康, 曽雌崇弘, 金吉晴
    大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成20-22年度 総合研究報告書 165-169 2011年
  • 習慣的睡眠時刻前後の恐怖記憶特性における性差
    栗山健一, 本間元康, 三島和夫, 金吉晴
    時間生物学 16(2) 63 2010年10月
  • 反応抑制学習促進の時間生物学的特性
    本間元康, 島崎みゆき, 小山さより, 金吉晴, 栗山健一
    時間生物学 16(2) 65 2010年10月
  • 精神・神経系疾患―その病態と治療 ストレス関連障害
    栗山健一
    Cefiro(12) 20-24 2010年10月
  • 睡眠と記憶・認知機能
    栗山健一
    日本生物学的精神医学会誌 21(Supplement) 64 2010年10月
  • 精神ストレスの遷延防止およびPTSDの発症・悪化を防止するための睡眠医療
    栗山健一
    日本精神神経学会総会プログラム・抄録集 107th S.267 2011年
  • PTSD:記憶と意識の病理
    栗山健一, 金吉晴
    分子精神医学 11(2) 134-136 2011年04月
  • 睡眠研究の動向 1.睡眠と記憶,認知機能
    栗山健一
    日本生物学的精神医学会誌 22(3) 151-157 2011年09月
  • 時間認知の生理的・病理的変動
    栗山健一
    時間生物学 17(2) 130 2011年11月
  • NMDA受容体作動薬は覚醒時間帯における作働記憶容量増大に関わる神経可塑性を促進する
    吉池卓也, 栗山健一, 本間元康, 金吉晴, 西川徹
    時間生物学 17(2) 157 2011年11月
  • アイコンタクトの知覚体積と性格特性
    本間元康, 栗林大輔, 長田佳久, 栗山健一
    電子情報通信学会技術研究報告 111(393(HCS2011 53-64)) 11-14 2012年01月
    視線一致(アイコンタクト)は対人交流を促進する上で重要であるが,アイコンタクトの知覚精度に関する研究は乏しい.本研究では,対面する二者におけるアイコンタクトの知覚範囲体積および瞳孔径を測定し,個人特性との関連を調べた.アイコンタクトの知覚範囲は非常に広く,アイコンタクトへの注意は瞳孔径を拡大させることが明らかとなった.さらにその知覚範囲は性格の外向性および社交性不安障害傾向と関連が認められ,外向性が低く社交性不安障害傾向が高い個人ほどより広い範囲で視線が一致したと過大視する傾向があることを示唆した.
  • 連日の錯覚学習における所有感と位置感覚の異なる変容
    本間元康, 吉池卓也, 金吉晴, 栗山健一
    日本認知心理学会大会発表論文集 11th(0) 31-31 2013年
    仮想現実的な環境に適応する人間の能力において,どのような長期的学習メカニズムが関与しているのかよくわかっていない.本研究は,触感覚の錯覚が視覚的錯覚と連鎖的に生じるラバーハンド(RH)イリュージョン学習を3日間連続で行い,感覚間統合の錯覚学習における自己所有感と位置感覚の変容プロセスを検討した.その結果,全日において,学習後にRHへの自己所有感の増加および位置感覚のドリフトが認められ,従来のRHイリュージョンを再現する結果となったが,自己所有感のデフォルト(学習前)評定値は日毎に低下し,位置感覚のデフォルト評定値は日毎に増加した.連日の錯覚学習はRHに対する自己所有感の錯覚を低下させるが,位置感覚の錯覚を増強することが示唆された.矛盾した感覚を引き起こす仮想現実的な環境では,自己所有感と位置感覚の長期的学習メカニズムに異なる神経可塑性プロセスが関与していると考えられる.
  • 各科領域・疾患における睡眠障害 外傷後ストレス障害(PTSD)
    栗山健一
    日本臨床 71 652-658 2013年10月
  • 巨大地震後におこる平衡感覚異常
    本間元康, 遠藤信貴, 長田佳久, 金吉晴, 栗山健一
    日本認知心理学会大会発表論文集 10th(0) 19 2012年06月
    巨大地震は様々な心身の不調をもたらすが,特に繰り返す余震に関連してめまいの訴えが増加する.東北地方太平洋沖地震の際も本震から数か月後に,めまい患者の増加が報告されている.めまいの原因の多くは平衡感覚機能異常だが,心理的ストレスがめまいの原因となるケースも多い.本研究は東北地方太平洋沖地震発生約4カ月後に,余震を多く経験した集団(地震群)とほとんど経験しなかった集団(統制群)の平衡感覚機能と心理的ストレスを調査した.心理的ストレスに群間差はなかったが,地震群の平衡感覚は閉眼時に限り有意に悪化しており,心理的ストレスと平衡感覚に有意な正の相関が認められた.さらに平衡感覚のパワースペクトル解析では,内耳機能の障害を反映する低周波帯域のパワーが地震群で有意に増大していた.これらの結果は,繰り返す余震による物理的作用と,余震に関連付けられたストレス反応が内耳機能異常を惹き起こす可能性を示唆する.
  • 睡眠剥奪が抑圧された外傷体験記憶に与える影響
    栗山健一
    臨床神経生理学 40(5) 388 2012年10月
  • 指示忘却および睡眠剥奪が外傷記憶想起に伴う情動想起に及ぼす影響
    栗山健一, 本間元康, 吉池卓也, 金吉晴
    日本生物学的精神医学会誌 23(Supplement) 180 2012年09月
  • 高照度光による恐怖条件付け消去学習促進効果の検討
    吉池卓也, 栗山健一, 本間元康, 金吉晴
    日本生物学的精神医学会誌 23(Supplement) 171 2012年09月
  • 高照度光照射による手続き学習の促進効果の検討
    古池卓也, 本間元康, 池田大樹, 金吉晴, 栗山健一
    時間生物学 19(2) 156 2013年10月
  • 自己覚醒の眠気低減効果に及ぼす恒常性維持と概日機構による影響
    池田大樹, 久保智英, 栗山健一, 高橋正也
    時間生物学 19(2) 154 2013年10月
  • 神経症人格特性が覚醒促進および睡眠への不満をもたらす背景となる前頭皮質機能特性
    吉池卓也, 本間元康, 池田大樹, 大村英史, 金吉晴, 栗山健一
    日本生物学的精神医学会誌 63 2014年
  • D‐サイクロセリンおよびバルプロ酸による恐怖再燃の予防効果
    栗山健一
    日本生物学的精神医学会誌 450 2014年
  • 11歳で発症した特発性過眠症の症例
    栗山 健一, 中村 元昭, 桜井 新一郎, 中村 真人, 黒田 裕子, 田中 陽子, 内山 真, 西川 徹
    東京精神医学会誌 19(1) 36-36 2001年12月
  • 第1回 睡眠不足が情動・記憶に及ぼす影響
    栗山健一
    ねむりとマネージメント 1(1) 49-51 2014年09月
  • 【生体時計と概日リズム】 概日リズム睡眠障害の病態生理学的特性
    内山 真, 亀井 雄一, 早川 達郎, 渋井 佳代, 田ヶ谷 浩邦, 金 圭子, 譚 新, 尾崎 章子, 鈴木 博之, 栗山 健一, 有竹 清夏
    神経研究の進歩 45(5) 806-816 2001年10月
    睡眠相後退症候群(DSPS),非24時間型睡眠・覚醒症候群(Non-24)の病態生理学的機構に焦点をあて展望し,最近の著者等の研究成果を紹介した.DSPS及びNon-24共に,深部体温の最低点出現時刻から睡眠終了時刻までが健常者と比べ延長しており,光に対する位相反応曲線(PRC)の位相前進部分にあたる時間帯に,光を浴びる機会が失われていた.Non-24では,睡眠開始時刻から深部体温の最低点出現時刻迄の時間がDSPS及び健常者と比べ短縮しており,PRCの位相後退部分にあたる時間帯に,光を浴びる機会が大きくなっていた.これから,Non-24における睡眠相の毎日の遅れに,不適切な位相後退反応が関与することが考えられた
  • PTSD--記憶と意識の病理 (第11回八ヶ岳シンポジウム--Fear Circuit Disorderの基礎と臨床)
    栗山 健一, 金 吉晴
    分子精神医学 11(2) 134-136 2011年04月
  • ストレス関連障害 (特集 精神・神経疾患--その病態と治療)
    栗山 健一
    セフィーロ(12) 20-24 2010年
  • 睡眠と学習機能 (特集 睡眠と脳回路の可塑性)
    栗山 健一
    生体の科学 60(4) 303-309 2009年07月
  • 前頭葉型孔脳症による認知障害を呈し広般性発達障害が疑われた成人例
    栗山 健一, 将田 耕作, 小久保 和哉, 小島 洋, 小島 卓也
    総合病院精神医学 = Japanese journal of general hospital psychiatry 21(1) 43-48 2009年01月
  • 睡眠と記憶 (特集 睡眠障害の基礎と臨床)
    栗山 健一
    精神科 12(3) 213-220 2008年03月
  • 小児の学習と睡眠障害--発達への影響 (特集 発達と学習)
    栗山 健一
    精神保健研究(21) 37-43 2008年
  • 記憶・学習・洞察のメカニズムと睡眠 (特集 睡眠学--こころの科学および精神科臨床への貢献)
    栗山 健一
    分子精神医学 5(1) 7-15 2005年01月
  • 睡眠と記憶・学習 (特別企画 不眠と睡眠の科学) -- (睡眠を科学する)
    阿部 又一郎, 栗山 健一, 内山 真
    こころの科学(119) 48-52 2005年01月
  • PTSDの生物学的研究病態生理 PTSDと睡眠.
    栗山健一,田ヶ谷浩邦,内山真.
    臨床精神医学(増刊号) 90-97 2002年
  • ヒトの時間認知の機能的特徴とメカニズム--機能画像を用いた認知機能の理解 (特集 精神・神経領域における画像解析の最前線)
    栗山 健一
    精神保健研究(18) 17-25 2005年
  • 精神疾患のリズムと時間体験.
    栗山健一, 内山真.
    BRAIN MEDICAL 15 24-31 2003年
  • リズム障害
    栗山健一, 内山真.
    内科 92 630-633 2003年
  • ヒトの時間認知~概日ペースメーカーとインターバルタイマー~.
    栗山健一.
    時間生物学 10(2) 1-6 2004年
  • 不眠と睡眠の科学 睡眠を科学する 睡眠と記憶・学習.
    阿部又一郎、栗山健一、内山真.
    こころの科学 119 48-52 2004年
  • ヒトの時間認知の機能的特徴とメカニズム~機能画像を用いた認知機能の理解~.
    栗山健一.
    精神保健研究 51 17-25 2005年
  • 記憶・学習・洞察のメカニズムと睡眠.
    栗山健一
    分子精神医学 5(1) 7-15 2005年
  • ヒトの運動学習の向上と睡眠 Sleep-Dependent Learning for Skill Performance in Human.
    栗山健一
    Cognition and Dementia 6 22-30 2007年
  • 外傷性記憶と解離.
    金吉晴,栗山健一.
    精神科治療学 22(4) 395-399 2007年
  • 小児の学習と睡眠障害:発達への影響.
    栗山健一.
    精神保健研究 54 37-44 2008年
  • 睡眠と記憶.
    栗山健一
    精神科 12(3) 213-220 2008年
  • 睡眠と学習機能.
    栗山健一.
    生体の科学 60(4) 303-309 2009年
  • 睡眠と学習・記憶.
    栗山健一.
    脳21 13(4) 402-407 2010年
  • ストレス関連障害.
    栗山健一.
    Cefiro Autumn(12) 20-24 2010年

競争的資金

  • 恐怖記憶の抑制が睡眠中の記憶の強化処理に与える影響
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    代表者:栗山 健一
  • 高照度光による不安障害・PTSDの認知行動療法増強作用の検討
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    代表者:栗山 健一
  • 睡眠中の作働記憶容量強化メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    代表者:栗山 健一
    学習で得られた技能は、直後の睡眠中に無意識下で処理され強化されることが知られている。ヒトの高次脳機能である作働記憶も、学習後の睡眠中にその容量が増強し、睡眠中の前頭皮質活動の増加と関連性が高いことが明らかとなった。他方で、作働記憶容量の個人差は前頭前野背外側部の活動量と相関する自己覚醒能力の高さに影響を受ける傾向があり、NMDA作動薬の投与により学習に伴う作働記憶容量の増強が促進されることが明らかとなった。
  • 睡眠と記憶強化
  • 情動記憶強化過程
  • ストレス疾患病態解明