詳細検索はこちら

伊藤 俊之

所属部署名臨床教育講座
職名教授
 
 
更新日: 17/08/29 07:15

研究者基本情報

氏名

    伊藤 俊之

基本情報

    ハンドル:  予備二等陸佐
    科研費研究者番号:  50447976

所属(マスタ)

  • 臨床教育講座 教授

学位

  • 医学博士(京都大学)

所属学協会

    日本医学教育学会 , 日本ヘリコバクター学会 , 日本消化管学会 , 日本肝臓学会 , 日本消化器内視鏡学会 , 日本消化器病学会 , 日本内科学会

委員歴

  • 2015年- 現在高知県 高知の医療RYOMA大使

経歴

  • 2015年04月- 現在滋賀医科大学(教授)
  • 2011年09月- 2015年03月国立国際医療研究センター
  • 2010年06月- 2015年03月厚生労働省関東信越厚生局 (臨床研修審査専門官)
  • 2006年07月- 2010年05月京都大学医学部附属病院(講師)
  • 2001年10月- 2006年06月聖路加国際病院
  • 2000年04月- 2001年09月京都大学医学部附属病院
  • 1996年04月- 2000年03月京都大学大学院医学研究科博士課程
  • 1991年04月- 1996年03月聖路加国際病院

研究活動情報

研究分野

  • 境界医学 / 医療社会学
  • 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

    消化器内科学 , 医学教育 , 医師臨床研修

論文

  • Evidence-based clinical practice guidelines for peptic ulcer disease 2015.
    Satoh K, Yoshino J, Akamatsu T, Itoh T, Kato M, Kamada T, Takagi A, Chiba T, Nomura S, Mizokami Y, Murakami K, Sakamoto C, Hiraishi H, Ichinose M, Uemura N, Goto H, Joh T, Miwa H, Sugano K, Shimosegawa T
    Journal of gastroenterology 51(3) 177-194 2016年03月 [査読有り]
  • Antimicrobial photodynamic therapy suppresses dental plaque formation in healthy adults: a randomized controlled clinical trial.
    Ichinose-Tsuno A, Aoki A, Takeuchi Y, Kirikae T, Shimbo T, Lee MC, Yoshino F, Maruoka Y, Itoh T, Ishikawa I, Izumi Y
    BMC oral health 14 152 2014年12月 [査読有り]
  • Visceral abdominal fat measured by computed tomography is associated with an increased risk of colorectal adenoma.
    Nagata N, Sakamoto K, Arai T, Niikura R, Shimbo T, Shinozaki M, Aoki T, Kishida Y, Sekine K, Tanaka S, Okubo H, Watanabe K, Sakurai T, Yokoi C, Akiyama J, Yanase M, Noda M, Itoh T, Mizokami M, Uemura N
    International journal of cancer 135(10) 2273-2281 2014年11月 [査読有り]
  • Increase in colonic diverticulosis and diverticular hemorrhage in an aging society: lessons from a 9-year colonoscopic study of 28,192 patients in Japan.
    Nagata N, Niikura R, Aoki T, Shimbo T, Itoh T, Goda Y, Suda R, Yano H, Akiyama J, Yanase M, Mizokami M, Uemura N
    International journal of colorectal disease 29(3) 379-385 2014年03月 [査読有り]
  • Alcohol and smoking affect risk of uncomplicated colonic diverticulosis in Japan.
    Nagata N, Niikura R, Shimbo T, Kishida Y, Sekine K, Tanaka S, Aoki T, Watanabe K, Akiyama J, Yanase M, Itoh T, Mizokami M, Uemura N
    PloS one 8(12) e81137 2013年12月 [査読有り]
  • Location in the ascending colon is a predictor of refractory colonic diverticular hemorrhage after endoscopic clipping.
    Ishii N, Hirata N, Omata F, Itoh T, Uemura M, Matsuda M, Suzuki S, Iizuka Y, Fukuda K, Fujita Y
    Gastrointestinal endoscopy 76(6) 1175-1181 2012年12月 [査読有り]
  • Cantaloupe melon-like stomach.
    Uemura M, Itoh T, Ishii N, Suzuki K, Kushima R, Fujita Y
    Gastrointestinal endoscopy 76(4) 910-911 2012年10月 [査読有り]
  • A multicenter survey of the management after gastric endoscopic submucosal dissection related to postoperative bleeding.
    Goto O, Fujishiro M, Oda I, Kakushima N, Yamamoto Y, Tsuji Y, Ohata K, Fujiwara T, Fujiwara J, Ishii N, Yokoi C, Miyamoto S, Itoh T, Morishita S, Gotoda T, Koike K
    Digestive diseases and sciences 57(2) 435-439 2012年02月 [査読有り]
  • Introducing the Professionalism Mini-Evaluation Exercise (P-MEX) in Japan: results from a multicenter, cross-sectional study.
    Tsugawa Y, Ohbu S, Cruess R, Cruess S, Okubo T, Takahashi O, Tokuda Y, Heist BS, Bito S, Itoh T, Aoki A, Chiba T, Fukui T
    Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges 86(8) 1026-1031 2011年08月 [査読有り]
  • Endoscopic band ligation for colonic diverticular rebleeding after endoscopic clipping.
    Ishii N, Itoh T, Iizuka Y, Setoyama T, Matsuda M, Suzuki S, Uemura M, Fukuda K, Fujita Y
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 23(2) 211 2011年04月 [査読有り]
  • Primary gastric tuberculosis presenting as non-healing ulcer and mimicking Crohn's disease.
    Ishii N, Furukawa K, Itoh T, Fujita Y
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(5) 439-442 2011年 [査読有り]
  • Endoscopic submucosal dissection with a combination of small-caliber-tip transparent hood and flex knife for superficial esophageal neoplasia. Is it safe for elderly patients?
    Ishii N, Uchida S, Itoh T, Horiki N, Matsuda M, Setoyama T, Suzuki S, Uemura M, Iizuka Y, Fukuda K, Suzuki K, Fujita Y
    Surgical endoscopy 24(9) 2110-2119 2010年09月 [査読有り]
  • Endoscopic submucosal dissection with a combination of small-caliber-tip transparent hood and flex knife for large superficial colorectal neoplasias including ileocecal lesions.
    Ishii N, Itoh T, Horiki N, Matsuda M, Setoyama T, Suzuki S, Uemura M, Iizuka Y, Fukuda K, Suzuki K, Fujita Y
    Surgical endoscopy 24(8) 1941-1947 2010年08月 [査読有り]
  • Endoscopic band ligation with a water-jet scope for the treatment of colonic diverticular hemorrhage.
    Ishii N, Itoh T, Uemura M, Maruyama M, Horiki N, Setoyama T, Matsuda M, Suzuki S, Iizuka Y, Fukuda K, Fujita Y
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 22(3) 232-235 2010年07月 [査読有り]
  • Endoscopic submucosal dissection and preoperative assessment with endoscopic ultrasonography for the treatment of rectal carcinoid tumors.
    Ishii N, Horiki N, Itoh T, Maruyama M, Matsuda M, Setoyama T, Suzuki S, Uchida S, Uemura M, Iizuka Y, Fukuda K, Suzuki K, Fujita Y
    Surgical endoscopy 24(6) 1413-1419 2010年06月 [査読有り]
  • Endoscopic submucosal dissection with a combination of small-caliber-tip transparent hood and flex knife is a safe and effective treatment for superficial esophageal neoplasias.
    Ishii N, Horiki N, Itoh T, Uemura M, Maruyama M, Suzuki S, Uchida S, Izuka Y, Fukuda K, Fujita Y
    Surgical endoscopy 24(2) 335-342 2010年02月 [査読有り]
  • Annual change of primary resistance to clarithromycin among Helicobacter pylori isolates from 1996 through 2008 in Japan.
    Horiki N, Omata F, Uemura M, Suzuki S, Ishii N, Iizuka Y, Fukuda K, Fujita Y, Katsurahara M, Ito T, Cesar GE, Imoto I, Takei Y
    Helicobacter 14(5) 86-90 2009年10月 [査読有り]
  • 化学療法,放射線治療後の再発表在食道癌に対してESD(サルベージESD)を施行した1例
    石井直樹, 堀木紀行, 内田志野, 鈴木祥子, 植村昌代, 飯塚雄介, 福田勝之, 藤田善幸, 大東誠司, 鈴木高祐, 伊藤俊之
    Gastroenterol Endosc 51(9) 2431-2436 2009年09月
    症例は61歳,女性.T3N2M1 Stage IVbの食道癌に対してCDDP/5-FU併用化学療法(CDDP 70mg/m2をday 1,5-FU 700mg/m2をday 1からday 4に投与し,4週間を1コースとする)を施行した.5コース終了後の胸腹部CTでは噴門部の転移リンパ節,肝転移巣は消失していた.遺残した原発巣に対して60Gyの放射線治療を施行し,同病変も消失し,Complete Responseが得られた.経過観察の上部消化管内視鏡検査で原発巣と一致してIIb病変が認められたために,同病変に対してESDを行い,合併症なく一括切除が施行できた.切除標本の病理学的検査で再発病変は上皮内癌であり,水平,垂直断端は陰性であった.ESD施行6月後も再発は認められない.化学療法,放射線治療後の再発表在食道癌に対して,ESDは追加治療の選択肢の一つになりうると考えられた.
  • 臨床研修病院における救急科専門医の分布に関する検討
    蔵本伸生, 森本剛, 窪田愛恵, 高田香織, 前田祐子, 関進, 北田雅, 伊藤俊之, 平出敦
    医学教育 39(5) 325-327 2008年10月
  • 臨床研修病院における救急科専門医の分布に関する検討
    蔵本 伸生, 森本 剛, 窪田 愛恵, 高田 香織, 前田 祐子, 関 進, 北田 雅, 伊藤 俊之, 平出 敦
    医学教育 39(5) 325-327 2008年
    1) マッチングに参加している施設, および日本救急医学会の救急科専門医 (認定医を含む) の勤務する病院をリストアップし, 上記専門医が勤務する臨床研修病院の割合を調べた.
    2) マッチングに参加した臨床研修病院は全国で1072であったが, 救急科専門医が勤務する臨床研修病院は546 (50.8%) にすぎなかった.
    3) 救急科専門医が勤務する医療機関は都道府県別には沖縄県, 徳島県, 香川県等で多く, 必ずしも大都市でこうした施設の割合が多いとはいえなかった.
  • [Prevention and treatment of nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced gastric ulcers with proton pump inhibitor].
    Tsuji Y, Itoh T, Chiba T
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65(10) 1831-1834 2007年10月 [査読有り]
  • Th response to Helicobacter pylori differs between patients with gastric ulcer and duodenal ulcer.
    Itoh T, Seno H, Kita T, Chiba T, Wakatsuki Y
    Scandinavian journal of gastroenterology 40(6) 641-647 2005年06月 [査読有り]
  • 高齢者における経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG:Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)の予後についての臨床的検討
    松原淳一, 藤田善幸, 橋本明美, 新浪千加子, 伊藤俊之, 丸山正隆
    日本消化器病学会雑誌 102(3) 303-310 2005年03月
    1998年1月から2002年12月までの5年間に当院で経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)を施行した65歳以上の178例を対象とし,後ろ向きコホート解析を行った.術後7日以内の周術期死亡率は1.7%,30日以内の早期死亡率は5.9%,1年生存率は61.4%であった.術前のAlb,T-chol,ChE値が良いと生存率も有意に高かった.多変量解析では悪性疾患,T-chol値が予後に有意に関わっていた.術後の栄養状態の改善は有意だが限界があった.PEGは患者の状態から予測される予後や危険性を把握したうえでその適応の有無が決定されるべきであり,患者の長期生存とQOL向上の両立を考えることが重要である.
  • 慢性胃炎―抗原刺激に対する個体反応,分子から免疫まで ヘリコバクター・ピロリ菌(Hp)感染胃粘膜のThバランスと胃・十二指腸潰よう
    妹尾浩, 伊藤俊之, 若月芳雄, 千葉勉
    日本臨床生理学会雑誌 34 41 2004年10月
  • A coordinated cytotoxic effect of IFN-gamma and cross-reactive antibodies in the pathogenesis of Helicobacter pylori gastritis.
    Itoh T, Yoshida M, Chiba T, Kita T, Wakatsuki Y
    Helicobacter 8(4) 268-278 2003年08月 [査読有り]
  • A role of Helicobacter pylori infection in the development of duodenal ulcer after adult living-related liver transplantation.
    Hosotani Y, Kawanami C, Hasegawa K, Watanabe T, Ito T, Oike F, Kaihara S, Okazaki K, Tanaka K, Chiba T
    Transplantation 76(4) 702-704 2003年08月 [査読有り]
  • New cytokine delivery system using gelatin microspheres containing interleukin-10 for experimental inflammatory bowel disease.
    Nakase H, Okazaki K, Tabata Y, Ozeki M, Watanabe N, Ohana M, Uose S, Uchida K, Nishi T, Mastuura M, Tamaki H, Itoh T, Kawanami C, Chiba T
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 301(1) 59-65 2002年04月 [査読有り]
  • Administration of an antigen at a high dose generates regulatory CD4+ T cells expressing CD95 ligand and secreting IL-4 in the liver.
    Watanabe T, Yoshida M, Shirai Y, Yamori M, Yagita H, Itoh T, Chiba T, Kita T, Wakatsuki Y
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 168(5) 2188-2199 2002年03月 [査読有り]
  • Diffuse colon cancer with tumor thrombus in the portal vein.
    Nakase H, Kawanami C, Itoh T, Okazaki K, Chiba T, Itani T, Mimura J, Kawasaki T, Komori H
    Gastrointestinal endoscopy 55(2) 239-240 2002年02月 [査読有り]
  • [Epidemiology of peptic ulcer].
    Itoh T, Chiba T
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 60 Suppl 2 34-39 2002年02月 [査読有り]
  • The vast majority of gastric T cells are polarized to produce T helper 1 type cytokines upon antigenic stimulation despite the absence of Helicobacter pylori infection.
    伊藤俊之
    J Gastroenterol. 34(5) 560-570 1999年10月 [査読有り]
  • ブラストシスチス・ホミニス(Blastocystis hominis)による感染性腸炎が疑われた1例
    堀木紀行, 丸山正隆, 伊藤俊之, 藤田善幸, 米倉甫明, 湊祥子, 金田良雅
    日本消化器病学会雑誌 93(9) 655-660 1996年09月

書籍等出版物

  • 消化器疾患診療実践ガイド : 診察室ですぐに役立つ卓上リファレンス
    千葉 勉, 井廻 道夫, 伊藤 俊之
    文光堂 2005年 4830618612

講演・口頭発表等

  • 新医師臨床研修制度施行前後における医学部卒業生の進路の変遷:初期臨床研修および後期臨床研修進路の変遷
    北田雅, 伊藤俊之, 小西靖彦
    医学教育 2012年07月
  • 新医師臨床研修制度下における研修医のストレス
    北田雅, 伊藤俊之, 平出敦
    医学教育 2011年07月
  • 京都大学医学部附属病院における医学教育用シミュレータ管理実績と今後の展望
    内藤知佐子, 伊藤俊之, 北田雅, 南麻弥, 千葉勉, 小川修
    医学教育 2010年07月
  • P‐MEXの医師憲章に基づく医師のプロフェッショナリズムの評価方法としての有用性の検討 多施設共同研究
    津川友介, 高橋理, 大生定義, 尾藤誠司, 伊藤俊之, 千葉勉, 青木昭子, 後藤英司, 向原圭, HEIST Brian, 福井次矢
    医学教育 2010年07月
  • 京大病院における「研修医が上級医とともに行う処置・処方の基準」について
    伊藤俊之, 北田雅, 作間未織, 森本剛, 高田香織, 窪田愛恵, 関進, 平出敦, 千葉勉, 小川修
    医学教育 2009年07月
  • 新医師臨床研修制度によって京大アライアンスはどのような影響を受けたのか?
    北田雅, 伊藤俊之, 森本剛, 平出敦, 小川修
    医学教育 2009年07月
  • 非除菌治療(1)初期治療
    伊藤俊之
    日本消化器病学会雑誌 2008年09月
  • 初期臨床研修における研修医のメンタルケア
    北田雅, 伊藤俊之, 森本剛, 千葉勉, 平出敦
    医学教育 2008年07月
  • 授業評価を行うことで,授業がどう変化するか
    高田香織, 森本剛, 蔵本伸生, 窪田愛恵, 前田祐子, 関進, 北田雅, 伊藤俊之, 平出敦
    医学教育 2007年06月
  • 救急医療における指導医と専門医の地域別偏在
    蔵本伸生, 森本剛, 窪田愛恵, 高田香織, 前田祐子, 関進, 北田雅, 伊藤俊之, 平出敦
    医学教育 2007年06月
  • KyotO University Simulation Laboratory(KOUSL)におけるシミュレーターの利用状況とメンテナンスの問題
    北田雅, 伊藤俊之, 森本剛, 蔵本伸生, 前田祐子, 関進, 千葉勉, 平出敦
    医学教育 2007年06月
  • 当院の上部消化管上皮性腫瘍(とくに胃,食道)に対するEMR,ESDの比較検討
    石井直樹, 堀木紀行, 藤田善幸, 塚本昌代, 新井ともえ, 橋本明美, 伊藤俊之, 丸山正隆
    日本消化器病学会雑誌 2007年03月
  • 術後狭窄に対するITナイフによる切開法の検討
    塚本昌代, 堀木紀行, 坂田道教, 高柳もとえ, 石井直樹, 橋本明美, 伊藤俊之, 大東誠司, 柵瀬信太郎, 藤田義幸
    Gastroenterol Endosc 2006年09月
  • 摂食障害患者における肝障害は若年例・り病期間の短い症例で出現する
    塚本昌代, 高柳もとえ, 石井直樹, 橋本明美, 伊藤俊之, 堀木紀行, 藤田善幸, 田中篤
    肝臓 2006年04月
  • 直腸カルチノイドに対しての内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の検討
    石井直樹, 伊藤俊之, 高柳もとえ, 橋本明美, 増田幹生, 堀木紀行, 藤田善幸, 丸山正隆, 喜多雅英, 角岡真帆, 水野泰彦, 薮剛爾, 平田信人, 和田亮一
    Gastroenterol Endosc 2006年04月
  • 意識障害と急性肝不全をきたし,一日で死亡した神経性食思不振症の一例
    冨本彩子, 堀木紀行, 塚本昌代, 坂田道教, 高柳もとえ, 橋本明美, 石井直樹, 伊藤俊之, 藤田善幸, 丸山正隆
    日本腹部救急医学会雑誌 2006年02月
  • 食道癌に対する放射線治療後の胃粘膜障害から大量出血を来たした症例
    山本博之, 藤田善幸, 橋本明美, 伊藤俊之, 丸山正隆, 柵瀬信太郎
    Gastroenterol Endosc 2005年09月
  • 腹水穿刺ドレナージの合併症頻度はドレナージ量に依存するか?―当院での経験から―
    堀之内秀仁, 橋本明美, 伊藤俊之, 藤田善幸, 丸山正隆, 田中篤
    肝臓 2005年09月
  • 術後6年目に2次性のBudd‐Chiari症候群を呈して再発した悪性ブレンナー腫ようの1例
    気比恵, 伊藤俊之, 丸山正隆, 藤田善幸, 橋本明美, 渡辺文彦, 栗下昌弘, 鈴木高裕
    日本消化器病学会雑誌 2005年03月
  • 緩和医療としての骨転移痛に対する経皮的椎体形成術の役割
    橋本明美, 藤田善幸, 斎藤久雄, 伊藤俊之, 増田幹生, 丸山正隆, 小林信雄, 上村昭博, 沼口雄治
    日本内科学会雑誌 2005年02月
  • 消化器症状が中心となり,水腎症を併発した全身性エリテマトーデスの一例
    冨本彩子, 伊藤俊之, 橋本明美, 藤田善幸, 丸山正隆, 松井征男, 杉村享之, 小松康弘, 鈴木高祐
    日本消化器病学会雑誌 2004年09月
  • 被覆型メタリックステントが有効であった食道穿孔の3例
    清水正樹, 光宮義博, 藤沢憲良, 渡辺剛, 前田賢人, 嶋田裕, 今村正之, 松本繁巳, 伊藤俊之
    日本消化器外科学会雑誌 2003年10月
  • 内視鏡的に切除しえた皮膚付属器由来と思われる食道表在癌の一例
    藤沢聡郎, 伊藤俊之, 松原淳一, 橋本明美, 藤田善幸, 丸山正隆, 鈴木高祐
    日本消化器病学会雑誌 2003年09月
  • 乗馬が誘因となって腸間膜内血腫をきたしたsegmental arterial mediolysis(SAM)の1症例
    青地聖子, 伊藤俊之, 山本博之, 松原淳一, 橋本明美, 藤田善幸, 丸山正隆, 渡辺文彦
    日本消化器病学会雑誌 2003年09月
  • 胃潰ようの初期治療
    千葉勉, 伊藤俊之, 高橋信一
    日本消化器病学会雑誌 2003年03月
  • 拡大内視鏡による移植小腸の観察
    河南智晴, 細谷泰久, 伊藤俊之, 渡部則彦, 大花正也, 岡崎和一, 千葉勉
    Gastroenterol Endosc 2001年09月
  • Helicobacter Pylori(HP)感染と胃底腺ポリープ HP感染後にみられる胃底腺ポリープの消失
    渡部則彦, 岡崎和一, 中島敏雄, 八隅秀二郎, 河南智晴, 伊藤俊之, 宮本心一, 千葉勉
    Gastroenterol Endosc 2001年09月
  • 経口寛容の誘導における肝内リンパ球の果たす役割
    渡辺智裕, 若月芳雄, 吉田優, 伊藤俊之, 白井泰彦, 臼井崇, 千葉勉, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1999年10月
  • B細胞特異的転写因子(BSAP/Pax‐5)の発現調節機構の解明
    臼井崇, 若月芳雄, 金子至寿佳, 伊藤俊之, 吉田優, 白井泰彦, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1998年10月
  • 抗H.pylori経口ワクチン療法における唾液腺由来IgAの果たす役割
    白井泰彦, 若月芳雄, 楠元貴司, 吉田優, 伊藤俊之, 臼井崇, 横江義彦, 飯塚忠彦, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1998年10月
  • Helicobacter pylori感染マウスにおける細胞障害性自己抗体の解析
    伊藤俊之, 吉田優, 渡辺智裕, 臼井崇, 金子至寿佳, 白井泰彦, 千葉勉, 北徹, 若月芳雄
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1998年10月
  • 胃における免疫応答誘導相の解析
    吉田優, 若月芳雄, 渡辺智裕, 伊藤俊之, 白井泰彦, 臼井崇, 金子至寿佳, 千葉勉, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1998年10月
  • 経口免疫寛容誘導相におけるGALT‐T細胞の産生するIL‐4,TGF‐βの意義
    松永洋一, 若月芳雄, 藤本康弘, 伊藤俊之, 吉田優, 金子至寿佳, 臼井崇, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1997年10月
  • Helicobacter pylori感染胃粘膜浸潤T細胞のサイトカイン産生能の解析
    伊藤俊之, 吉田優, 臼井崇, 松永洋一, 金子至寿佳, 藤本康弘, 千葉勉, 北徹, 若月芳雄
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1997年10月
  • B細胞終末分化におけるB細胞特異的転写因子(BSAP)の役割
    臼井崇, 若月芳雄, 松永洋一, 金子至寿佳, 伊藤俊之, 吉田優, 藤本康弘, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1997年10月
  • 修飾脂質Lysophosphatidylcholine(LysoPC)のヒトCD4 T細胞の活性化・サイトカイン応答に与える影響
    金子至寿佳, 若月芳雄, 松永洋一, 臼井崇, 伊藤俊之, 吉田優, 藤本康弘, 北徹
    日本免疫学会総会・学術集会記録 1997年10月

MISC

競争的資金

  • 新医師臨床研修制度における初期臨床研修医の心の問題のスクリーニングとメンタルケア
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    代表者:北田 雅
    A 病院で初期臨床研修を修了した医師を対象として、初期臨床研修当時におけるストレス要因や時期、病院側に求める体制について、アンケートを行い、定量的に解析した。その結果、A病院での初期研修医の 3 割以上が研修当初 3 カ月以内に、最も強く悩みやストレス・不安を感じ、標準集団と A 病院初期研修医群とを比較すると、仕事のコントロール度や技能の活用度が有意に低く、自覚的な身体負担度や職場の対人関係でのストレスが有意に高いという結果等が得られた