詳細検索はこちら

小島 秀人

所属部署名生化学・分子生物学講座(再生・修復医学)
職名教授
 
 
更新日: 17/11/17 09:52

研究者基本情報

氏名

    小島 秀人

所属(マスタ)

  • 生化学・分子生物学講座(再生・修復医学) 教授

学歴

  • - 1987年滋賀医科大学 医学系研究科 生体代謝調節系
  • - 1983年滋賀医科大学 医学部 医学科

学位

  • 医学博士(滋賀医科大学)

所属学協会

    日本糖尿病学会 , 日本内科学会 , 日本動脈硬化学会 , 日本内分泌学会 , 日本再生医療学会 , 日本生化学会 , 日本遺伝子治療学会 , 日本人類遺伝学会 , 日本分子生物学会 , 日本放射線影響学会 , 米国内分泌学会 , 日本エピジェネティクス研究会

委員歴

  • 2009年日本再生医療学会 評議員
  • 日本糖尿病学会 近畿地区評議員

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 内分泌学
  • 内科系臨床医学 / 代謝学
  • 基礎医学 / 医化学一般

研究キーワード

    内分泌学 , 糖尿病学 , 再生医学 , 分子遺伝学

論文

  • Stem Cell Factor-Activated Bone Marrow Ameliorates Amyotrophic Lateral Sclerosis by Promoting Protective Microglial Migration.
    Terashima T, Kojima H, Urabe H, Yamakawa I, Ogawa N, Kawai H, Chan L, Maegawa H
    J Neurosci. Res. in press 2014年
  • Hyperglycemia induces abnormal gene expression in hematopoietic stem cells and their progeny in diabetic neuropathy.
    Katagi M, Terashima T, Okano J, Urabe H, Nakae Y, Ogawa N, Udagawa J, Maegawa H, Matsumura K, Chan L, Kojima H
    FEBS lett 588(6) 1080-1086 2014年
  • Gene therapy for neuropathic pain by silencing of TNF-α expression with lentiviral vectors targeting the dorsal root ganglion in mice.
    Ogawa N, Kawai H, Terashima T, Kojima H, Oka K, Chan L, Maegawa H
    PLoS One in press 2014年
  • Polyglycerol-functionalized nanodiamond as a platform for gene delivery: derivatization, characterization, and hybridization with DNA
    Zhao L, Nakae Y, Qin H, Ito T, Kimura T, Kojima H, Chan L, Komatsu N
    Beilstein J Org Chem in press 2014年
  • Emerging roles of hematopoietic cells in the pathobilogoy of diabetic complications
    Kojima H, Kim J, Chan L
    Trends Endocrinol Metab in press 2014年
  • 分子ZIPコード標識による超ウイルスベクターを用いたピンポイント遺伝子輸送
    寺島智也, 小島秀人, 大井二郎, 川合寛道, 前川聡
    滋賀医科大学雑誌, in press 2013年
  • ファージディスプレイ法を用いた分子標的造影剤の開発-マウス膵臓のβ細胞の造影-
    椎野顯彦,小島秀人,小松直樹,小畑利之, 寺島智也, 前川聡, 犬伏俊郎, 柏木厚典
    滋賀医科大学雑誌、in press 2013年
  • 肝血管走行改変と遺伝子治療による全膵機能再生の試み
    藤野和典,小島秀人,松村一弘,樫美和子, 寺島智也,小川暢弘, 江口豊
    滋賀医科大学雑誌, in press 2013年
  • 糖尿病合併症を誘導する異常骨髄幹細胞の同定と新規治療の開発
    小島秀人, 樫美和子, 寺島智也, 前川聡, 木村博
    滋賀医科大学雑誌, in press 2013年
  • Bone marrow expression of poly(ADP-ribose) polymerase underlies diabetic neuropathy via hematopoietic-neuronal cell fusion.
    Terashima T, Kojima H, Chan L
    FASEB J. 26(1) 295-308 2012年
  • Brain-Derived Neurotrophic Factor from Bone Marrow-Derived Cells Promotes Post-Injury Repair of Peripheral Nerve.
    Takemura Y, Imai S, Kojima H, Katagi M, Yamakawa I, Kasahara T, Urabe H, Terashima T, Yasuda H, Chan L, Kimura H, Matsusue Y.
    PLoS One. 7(9) 1-8 2012年
  • Homing of the bone marrow-derived interstitial cells of Cajal is decreased in diabetic mouse intestine.
    Li Y, Kojima H, Fujino K, Matsumura K, Katagi M, Urabe H, Chan L, Eguchi Y, Zhao L, Kimura H.
    J Gastroenterol Hepatol 26(6) 1072-1078 2011年
  • Inactivation of TNA-α ameliorates diabetic neuropathy in mice
    Yamakawa I, Kojima H, Terashima T, Katagi M, Oi J, Urabe H, Sanada M, Kawai H, Chan L, Yasuda H, Maegawa H, Kimura H
    Am J Physiol Endocrinol Metab 301(5) E844-E852 2011年
  • Chronic foot-shock stress potentiates the influx of bone marrow-derived microglia into hippocampus
    Brevet M, Kojima H, Asakawa A, Atsuchi K, Ushikai M, Ataka K, Inui A, Kimura H, Sevestre H, Fujimiya M
    J Neurosci Res 88 1890-1897 2010年
  • Malfunction of bone marrow-derived osteoclasts and the delay of bone fracture healing in diabetic mice
    Kasahara T, Imai S, Kojima H, Katagi M, Kimura H, Chan L, Matsusue Y
    Bone 47(3) 617-625 2010年
  • Transfer of bone marrow progenitors prevents coronary insufficiency and systolic dysfunction in the mechanical unloaded heart in mice
    Koike M, Kojima H, Fujimiya M, Matsubayashi K, Aimi Y, Kimura H, Asai T
    J Surg Res in press 2010年
  • Endothelial von Willebrand factor release due to eNOS deficiency predisposes to thrombotic microangiopathy in mouse aging kidney
    Nakayama T, Sato W, Yoshimura A, Zhang L, Kosugi T, Campbell-Thompson M, Kojima H, Croker BP, Nakagawa T
    Am J Pathol 176(5) 2198-2208 2010年
  • DRG-targeted helper-dependent adenoviruses mediate selective gene delivery for therapeutic rescue of sensory neuronopathies in mice.
    Terashima T, Oka K, Kritz AB, Kojima H, Baker AH, Chan L
    J Clin Invest 119(7) 2100-2112 2009年
  • Pathological roles of bone marrow-derived stellate cells in a mouse model of alcohol-induced fatty liver
    Fujimiya T, Liu J, Kojima H, Shirafuji S, Kimura H, Fujimiya M
    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 297 G451-G460 2009年
  • Neurogenin3 is sufficient for transdetermination of hepatic progenitor cells into neo-islets in vivo but not transdifferentiation of hepatocytes
    Yechoor V, Liu V, Espiritu C, Paul A, Oka K, Kojima H, Chan L
    Dev Cell 16(3) 358-373 2009年
  • Isolation of specific peptides that home to dorsal root ganglion neurons in mice
    Oi J, Terashima T, Kojima H, Fujimiya M, Maeda K, Arai R, Chan L, Yasuda H, Kashiwagi A, Kimura H
    Neurosci Lett 434 266-272 2008年
  • Fusion of proinsulin-producing bone marrow-derived cells with hepatocytes in diabetes.
    Fujimiya M, Kojima H, Ichinose M, Arai R, Kimura H, Kashiwagi A, Chan L.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 104(10) 4030-4035 2007年
  • Aquaporin 7 is a b-cell protein and regulator of intraislet glycerol content and glycerol kinase activity b-cell mass, and insulin production and secretion
    Matsumura K, Chang BH, Fujimiya M, Chen W, Kulkarni RN, Eguchi Y, Kimura H, Kojima H, Chan L.
    Mol Cell Biol 27 6026-6037 2007年
  • 糖尿病マウス肝臓における膵ラ氏島の新生
    藤宮峯子, 小島秀人
    再生医療 3 91-94 2004年
  • Extrapancreatic insulin-producing cells in multiple organs in diabetes
    Kojima H, Fujimiya M, Matsumura K, Nakahara T, Hara M, Chan L
    Proc Natl Acad Sci U S A 101 2458-2463 2004年
  • Metabolic adaptations in the absence of perilipin: increased beta-oxidation and decreased hepatic glucose production associated with peripheral insulin resistance but normal glucose tolerance in perilipin-null mice
    Saha PK, Kojima H, Martinez-Botas J, Sunehag AL, Chan L
    J Biol Chem 279(34) 35150-35158 2004年
  • NeuroD-betacellulin gene therapy induces islet neogenesis in the liver and reverses diabetes in mice
    Kojima H, Fujimiya M, Matsumura K, Younan P, Imaeda H, Maeda M, Chan L
    Nat. Med 9 596-603 2003年
  • In vivo gene therapy for diabetes mellitus
    Chan L, Fujimiya M, Kojima H
    Trends in Molecular Medicine 9 430-435 2003年
  • Increased beta-oxidation but no insulin resistance or glucose intolerance in mice lacking adiponectin
    Ma K, Cabrero A, Saha PK, Kojima H, Li L, Chang BH, Paul A, Chan L
    J Biol Chem 277 34658-34661 2002年
  • Combined Expression of Pancreatic Duodenal Homeobox 1 and lslet Factor 1 Induces Immature Enterocytes to Produce Insulin
    Kojima H, Nakamura T, Fujita Y, Kishi A, Fujimiya M, Yamada S, Kudo M, Nishio Y, Maegawa H, Haneda M, Yasuda H, Kojima I, Seno M, Norman CW.Wong, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Diabetes 51(5) 1398-1408 2002年
  • 当院における糖尿病合併妊娠の臨床成績
    小林昌, 廣瀬雅哉, 須藤慎介, 横井崇子, 藤原睦子, 中西桂子, 秋山稔, 木村俊雄, 高倉賢二, 野田洋一, 小島秀人, 前川聡, 柏木厚典
    糖尿病と妊娠 1 45-50 2001年
  • Insulin production in a neuroectodermal tumor that expresses islet factor-1, but not pancreatic-duodenal homeobox 1
    Nakamura T, Kishi A, Nishio Y, Maegawa H, Egawa K, Wong NCW, Kojima H, Fujimiya M, Arai R, Kashiwagi A, Kikkawa R
    The Journal of Clinical Endocrinology &Metabolism 86 No.4 1795-1800 2001年
  • Differentiation of immature enterocytes into enteroendocrine cells by Pdx1 overexpression
    Yamada S, Kojima H, Fujimiya M, Nakamura T, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 281 G229-G236 2001年
  • Fine mapping of a gene responsible for regulating dietary cholesterol absorption; founder effects underlie cases of phytosterolaemia in multiple communities
    Lee MH, Gordon D, Ott J, Lu K, Ose L, Miettinen T, Gylling H, Stalenhoef AF, Pandya A, Hidaka H, Brewer B Jr, Kojima H, Sakuma N, Pegoraro R, Salen G, Patel SB
    Eur J Hum Genet 9 375-384 2001年
  • Two genes that map to the STSL locus cause sitosterolemia: genomic structure and spectrum of mutations involving sterolin-1 and sterolin-2, encoded by ABCG5 and ABCG8, respectively.
    Lu K, Lee MH, Hazard S, Brooks-Wilson A, Hidaka H, Kojima H, Ose L, Stalenhoef AF, Mietinnen T, Bjorkhem I, Bruckert E, Pandya A,Brewer HB Jr, Salen G, Dean M, Srivastava A, Patel SB
    Am J Hum Genet 69 278-290 2001年
  • Identification of a gene, ABCG5, important in the regulation of dietary cholesterol absorption
    Lee MH, Lu K, Hazard S, Yu H, Shulenin S, Hidaka H, Kojima H, Allikmets R, Sakuma N, Pegoraro R, Srivastava AK, Salen G, Dean M, Patel SB
    Nat Genet 27 79-83 2001年
  • Evaluation of a new care system provided to diabetic patients in the outpatient clinic
    Hidaka H, Terada M, Maegawa H, Kojima H, Koya D, Nishio Y, Haneda M, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Internal Medicine 39(10) 783-787 2000年
  • Oral administration of tetrahydrobiopterin prevents endothelial dysfunction and vascular oxidative stress in the aortas of insulin-resistant rats
    Shinozaki K, Nishio Y, Okamura T, Yoshida Y, Maegawa H, Kojima H, Masada M, Toda N, Kikkawa R, Kashiwagi A.
    Circulation Research 87(7) 566-573 2000年
  • Insulin resistance in diabetic microangiopathies
    Suzuki M, Kanazawa A, Shiba M, Kojima H, Harano Y
    J Diabetes Complications 14 40-45 2000年
  • 1H- and 31P-magnetic resonance spectroscopy and imaging as a new diagnostic tool to evaluate neuropathic foot ulcers in Type II diabetic patients
    Suzuki E, Kashiwagi A, Hidaka H, Maegawa H, Nishio Y, Kojima H, Haneda M, Yasuda H, Morikawa S, Inubushi T, Kikkawa R
    Diabetologia 43 165-172 2000年
  • Usefulness of waveform analysis of popliteal artery in Type II diabetic patients using gated magnetic resonance 2D-cine-PC imaging and 31P spectroscopy
    Suzuki E, Kashiwagi A, Nishio Y, Kojima H, Maegawa H, Haneda M, Yasuda H, Morikawa S, Inubushi T, Kikkawa R
    Diabetologia 43 1031-1038 2000年
  • The 3’-Untranslated region polymorphism of the gene for skeletal muscle-specific glycogen-targeting subunit of protein phosphata
    Maegawa H, Shi K, Hidaka H, Iwai N, Nishio Y, Egawa K, Kojima H, Haneda M, Yasuda H, Nakamura Y, Kinoshita M, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Diabetes 48 1469-1472 1999年
  • キトサン含有即席麺によるLDL-コレステロール低下作用と食事療法への応用
    堀江嘉明, 伊藤和徳, 佐藤学, 栗原美香, 水野由佳, 福井富穂, 小島秀人, 藤田征弘, 柏木厚典, 吉川隆一
    健康・栄養食品研究 2 1-10 1999年
  • Transcription Factors and Age Related Decline in Apolipoprotein AI Expression
    Nakamura T, Alison Fox-Robichaud, Kikkawa R, Kashiwagi A, Kojima H, Fujimiya M, Wong NCW
    J Lipid Res 40(9) 1709-1718 1999年
  • Endothelium-specific activation of NAD(P)H oxidase in aortas of exogenously hyperinsulinemic rats
    Kashiwagi A, Shinozaki K, Nishio Y, Maegawa H, Maeno Y, Kanazawa A, Kojima H, Haneda M, Hidaka H, Yasuda H, Kikkawa R
    Am J Physiol 277 976-983 1999年
  • Expression of a Dominant Negative SHP-2 in Transgenic Mice Induces Insulin Resistance
    Maegawa H, Hasegawa M, Sugai S, Obata T, Ugi S, Morino K, Egawa K, Fujita T, Sakamoto T, Nishio Y, Kojima H, Haneda M, Yasuda H, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Journal of Biological Chemistry 274 30236-30243 1999年
  • Effect of glycemic control on plasma sterol levels and post-heparin diamine oxidase activity in type 1 diabetic patients
    Kojima H, Hidaka H, Matsumura K, Fujita Y, Yamada S, Haneda M, Yasuda H, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Atherosclerosis 145 389-397 1999年
  • A new antidiabetic agent (JTT-501) rapidly stimulates glucose disposal rates by enhancing insulin signal transduction in skeletal muscle
    Maegawa H, Obata T, Shibata T, Fujita T, Ugi S, Morino K, Nishio Y, Kojima H, Hidaka H, Haneda M, Yasuda H, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Diabetologia 42(2) 151-159 1999年
  • 摂食による代謝異常誘導因子としての腸管上皮の役割?腸管上皮の増殖・分化における食事適合性の分子機構とその破綻?
    小島秀人, 藤田征弘, 山田衆, 藤宮峯子, 前川聡, 日高秀樹, 柏木厚典, 吉川隆一
    分子糖尿病学 9 149-153 1998年
  • Altered activity of transcription factors and their related gene expression in cardiac tissues of diabetic rats
    Yoshihiko Nishio, Atsunori Kashiwagi, Hideki Taki, Kazuya Shinozaki, Yasuhiro Maeno, Hideto Kojima, Hiroshi Maegawa, Masakazu Haneda, Hideki Hidaka, Hitoshi Yasuda, Kihachiro Horiike, Ryuichi Kikkawa
    Diabetes 47 1318-1325 1998年
  • Concerted Regulation of Early Enterocyte Differentiation by Insulin-Like Growth Factor I, Insulin, and Transforming Growth Factor-β1
    Kojima H, Hidaka H, Matsumura K, Fujita Y, Nishio Y, Maegawa H, Haneda M, Yasuda H, Fujimiya M, Kikkawa R, Kashiwagi A
    Proceedings of the Association of American Physicians 110 197-206 1998年
  • Increased intestinal glucose absorption and postprandial hyperglycaemia at the early step of glucose intolerance in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats
    Fujita Y, Kojima H, Hidaka H, Fujimiya M, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Diabetologia 41 1459-1466 1998年
  • 小腸上皮細胞IEC-6におけるinsulin-like growth factor-Iによるオルニチン脱炭酸酵素の活性化機構とブドウ糖濃度による影響
    松村一弘, 小島秀人, 日高秀樹, 吉川隆一
    糖尿病 40 147-154 1997年
  • Beta-sitosterolemia with generalized eruptive xanthomatosis
    Hidaka H, Sugiura H, Nakamura T, Kojima H, Fujita M, Sugie N, Okabe H, Nishino Y, Maegawa H, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Endocrine journal 44(1) 59-64 1997年
  • Diabetic lipemia with Maturity-onset Diabetes of the Young
    Kadota A, Nakamura T, Hidaka H, Kojima H, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Internal Med 36 571-574 1997年
  • Oxidized lipoproteins found in patients with NIDDM stimulate radical-induced monocyte chemoattractant protein-1 mRNA expression in cultured human endothelial cells
    Takahara N, Kashiwagi A, Nishio Y, Harada N, Kojima H, Maegawa H, Hidaka H, Kikkawa R
    Diabetologia 40 662-670 1997年
  • なんでも相談
    小島秀人
    さかえ 36 14-15 1996年
  • 高グルコース濃度培養J774細胞におけるコレステロール蓄積へのHDL作用に関する研究
    川端敏裕, 日高秀樹, 小島秀人, 繁田幸男
    糖尿病 38 105-112 1995年
  • 腸管上皮細胞株(CaCo-2)におけるミセル化コレステロールのエステル化およびその分泌
    小中一典, 日高秀樹, 小島秀人, 繁田幸男
    糖尿病 38 359-366 1995年
  • シェーグレン症候群、特発性浮腫にヨード過剰摂取による原発性甲状腺機能低下症を合併した1症例
    小畑利之, 柏木厚典, 山田衆, 中村高秋, 小島秀人, 前川聡, 巖西真規, 吉川隆一
    ホルモンと臨床 43 101-104 1995年
  • Clinical and laboratory characteristics in the families with diabetes and a mitochondrial t RNALEU(UUR) gene mutation
    Iwanishi M, Obata T, Yamada S, Maegawa H, Tachikawa-Ide R, Ugi S, Hasegawa M, Kojima H, Oguni T, Toudo R, Shigeta Y, Kashiwagi A
    Diabetes Research and Clinical Practice 29 75-82 1995年
  • Effects of an HMG-CoA reductase inhibitor, pravastatin, and bile sequestering resin, cholestyramine, on plasma plant sterol levels in hypercholesterolemic subjects
    Hidaka H, Kojima H, Kawabata T, Nakamura T, Konaka K, Kashiwagi A, Kikkawa R, Shigeta Y
    Journal of atherosclerosis and thrombosis 2 60-65 1995年
  • Effects of lipo prostaglandin E1 injection on transcutaneous oxygen tension in diabetic subjects with peripheral vascular diseas
    Hidaka H, Kida Y, Kojima H, Kikkawa R, Shigeta Y
    J Japanese College of Angiology 34 433-437 1994年
  • 実験的糖尿病ラットの高コレステロール血症に及ぼす多因性ステロールの影響
    尾本由美子, 日高秀樹, 小島秀人, 繁田幸男
    糖尿病 37 335-342 1994年
  • 小腸上皮の食事性・代謝性適合機構とその異常-ヘパリン負荷による血漿ジアミン酸化酸素活性-
    小島秀人, 日高秀樹, 繁田幸男
    糖尿病記録号 165-167 1994年
  • インスリン抵抗性とmacroangiopathy
    日高秀樹, 小島秀人, 原納優
    糖尿病記録号 33-35 1994年
  • アジソン氏病を呈した両側生副腎悪性リンパ腫
    中原哲郎, 鈴木輝康, 前田清澄, 大西雅之, 小林勝弘, 小山敬己, 佐川嘉子, 古市健治, 太田幸男, 正田智也, 青木茂, 高橋雅文, 牛尾哲敏, 藤田征弘, 松村一弘, 小島秀人, 山本逸雄, 森田陸司
    核医学 16 57-58 1994年
  • 高度肥満者の減量治療における効果判定の3つの指標について
    高原典子, 小島秀人, 卯木智, 青木孝彦, 前川聡, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    日本肥満学会記録 13 289-291 1993年
  • 糖尿病患者における末梢血管障害の進展とその危険因子-5年間の経年的観察による検討--
    青木孝彦, 日高秀樹, 小島秀人, 尾本由美子, 小中一典, 柏木厚典, 繁田幸男
    糖尿病性合併症 6 251-256 1993年
  • 肥満症治療効果の指標-血中ケトン体・DEXA法の意義-
    高原典子, 小島秀人, 卯木智, 青木孝彦, 前川聡, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    内科宝函 40 77-77 1993年
  • 糖尿病患者における下肢挙上時の経皮酸素分圧測定による末梢血管障害の評価
    篠崎一哉, 日高秀樹, 小島秀人, 青木孝彦, 紀田康雄, 柏木厚典, 吉川隆一, 繁田幸男
    糖尿病 36(10) 785-791 1993年
  • ヘパリン負荷による血中ジアシンオキシダーゼ活性測定の臨床的有用性-糖尿病患者および肥満者における食事療法とDAO活性-
    小島秀人, 日高秀樹, 篠崎一哉, 松村一弘, 小中一典, 尾本由美子, 青木孝彦, 繁田幸男
    日本肥満学会記録 113-114 1993年
  • ペン型インスリン注射器の利点と欠点ー患者の使用経験に基づいた注入器の試案ー
    北山貴美子, 野村章栄, 富岡恭子, 村野智佳子, 中村宏美, 林芳子, 布施耀子, 小島秀人, 小林正
    プラクティス 9 158-162 1992年
  • 糖尿病患者におけるインスリン感受性低下と高血圧の発症-7年間の追跡-
    小島秀人, 日高秀樹, 柏木厚典, 吉川隆一, 繁田幸男
    糖尿病記録号 161-164 1992年
  • Hyperlipidemia and atherosclerosis in experimental insulinopenic diabetic monkeys
    Harano Y, Kojima H, Kosugi K, Suzuki M, Harada M, Nakano T, Hidaka H, Kashiwagi A, Torii R, Taniguchi Y, Nishimori T, Yasuda Y
    Diabetes Research and Clinical Practice 16(3) 163-173 1992年
  • Increased Ketogenesis Related to Insulin Deficiency in Isolated Hepatocytes from NIDDM Model Rats
    Aoki T, Hidaka H, Kosugi K, Kojima H, Nakajima Y, Nakamura T, Harano Y, Shigeta Y
    Hormone and Metabolic Research 24 258-262 1992年
  • Increased plasma post-heparin deamine pxidase activity and plant sterol levels in streptozotocin diabetic rat
    Kojima H, Omoto Y, Hidaka H, Aoki T, Nakamura T, Kawabata T, Konaka K, Kashiwagi A, Kikkawa R
    Biochemical and biophyical research communications 186 398-404 1992年
  • Suppressive effect of Vasopressin on Ketosis in Diabetic Rats
    Harano A, Hidaka H, Kojima H, Harano Y, Shigeta Y
    Hormone and Metabolic Research 24 5-9 1992年
  • HPLC法によるアポB亜分画測定の基礎的検討
    小島秀人, 日高秀樹, 中島譲, 中村高秋, 青木孝彦, 小杉圭右, 繁田幸男
    動脈硬化 19 815-822 1991年
  • In vitro stimulation of glucose utilization by insulin in primary cultures of rat hepatocytes
    Suzuki M, Kojima H, Nakano T, Kashiwagi A, Hidaka H, Kosugi K, Shigeta Y, Harano Y
    Diabetes Res Clin Pract 13 163-172 1991年
  • 滋賀県における高コレステロール血症とコレステロール、脂肪酸摂取量の解析
    小杉圭右, 日高秀樹, 中井幸, 小島秀人, 中島譲, 青木孝彦, 中村高秋, 金子均, 繁田幸男
    動脈硬化 18 311-316 1990年
  • Development of stable filmtest for rapid estimation of blood or plasma 3-hydroxybytyrate
    Harano Y, Aoki T, Nakajima Y, Kojima H, Kosugi K, Harano A, Hidaka H, Yamada S, Uno S,Shigeta Y
    Diabetes Care 13 522-524 1990年
  • Apolipoprotein B-48 analysis by high-performance liquid chromatography in VLDL: a sensitive and rapid method
    Hidaka H, Kojima H, Nakajima Y, Aoki T, Nakamura T, Kawabata T, Nakano T, Harano Y, Shigeta Y
    Clinica Chimica Acta 189 287-296 1990年
  • Increased plasma plant sterol levels in heterozygotes with sitosterolemia and xanthomatosis.
    Hidaka H, Nakamura T, Aoki T, Kojima H, Nakajima Y, Kosugi K, Hatanaka I, Harada M, Kobayashi M, Tamura A, Fujii T, Shigeta Y
    J Lipid Res 31 881-888 1990年
  • Diabetic Macroangiopathyにおけるインスリン作用不全の重要性.
    原納優, 小島秀人, 原田真理子, 日高秀樹
    動脈硬化 17 17-22 1989年
  • 糖尿病患者におけるプラゾシンの糖・脂質代謝改善作用に関する研究
    小島秀人, 原納優, 小杉圭右, 日高秀樹, 繁田幸男
    臨牀と研究 66 3983-3988 1989年
  • Homozygous hypobetalipoproteinemia with spared chylomicron formation
    Harano Y, Kojima H, Harada M, Kashiwagi A, Nakajima Y, Hidaka H, Ohtsuki T, Suzuki T, Tamura A, Fujii T, Nishimura T, Ohtaka T, Shigeta Y
    Metabolism 38 1-7 1989年
  • 肝細胞における脂肪酸酸化とケトン体産生に対するホルモン作用と Protein Kinaseの役割
    小島秀人
    糖尿病 30 419-427 1987年
  • ホモ接合体低βリポ蛋白血症におけるアポB-100の選択的欠損と臨床像
    原納優, 小島秀人, 原田真理子, 中野隆光, 木戸博, 大高剛, 繁田幸男
    動脈硬化 15 77-82 1987年
  • 実験的糖尿病性ケトアシドーシスにおける新しいカルニチンアナログ (Emeriamine) のケトーシス是正効果.
    田中逸, 原納優, 中村高秋, 小島秀人, 繁田幸男
    糖尿病 30 909-914 1987年
  • 脳血管障害における血中リポ蛋白異常に関する研究 -LDLの質的異常について-
    小島秀人, 小杉圭右, 中野隆光, 紀田康雄, 栗山良紘, 澤田徹, 原納優, 繁田幸男
    動脈硬化 15 845-849 1987年
  • ラット実質および非実質細胞におけるLDLならびにacetyl-LDL Pathway活性について
    中野隆光, 原納優, 日高秀樹, 小杉圭右, 小島秀人, 原田真理子, 繁田幸男
    動脈硬化 15 879-883 1987年
  • 我国のNIDDM Macroangoapathyにおけるインスリン作用不全の重要性
    原納優, 小島秀人, 原田真理子, 小杉圭右, 紀田康雄, 栗山良紘, 澤田徹, 繁田幸男
    糖尿病脂質代謝研究会 3 43-51 1987年
  • Computerized glucose clamp method for the determination of insulin sensitivity in diabetic subjects
    Harada M, Harano Y, Kojima H, Suzuki M, Furusawa S, Nishio Y, Uchigaki T, Hyodo H, Shigeta Y
    Japan J Med 26 25-30 1987年
  • 単離および培養ラット肝細胞におけるLDL Pathwayの検討
    中野隆光, 原納優, 日高秀樹, 小杉圭右, 小島秀人, 繁田幸男
    動脈硬化 14 461-465 1986年
  • 実験的糖尿病サルにおけるリポ蛋白異常とMacroangiopathy
    小島秀人, 原納優, 原田真理子, 中野隆光, 小杉圭右, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男, 谷口雄三
    動脈硬化 14 579-584 1986年
  • 家族性IIa型高脂血症におけるインスリン注入時のリポ蛋白の変動
    原田真理子, 小島秀人, 西尾善彦, 日高秀樹, 中野隆光, 柏木厚典, 原納優, 繁田幸男
    動脈硬化 14 467-471 1986年
  • アポ蛋白測定の臨床的意義アポBの酵素免疫測定とその臨床的意義
    原納優, 中野隆光, 小島秀人, 紀田康雄, 繁田幸男, 栗山良紘, 澤田徹, 福井須賀雄
    動脈硬化 14 803-807 1986年
  • 血中脂質およびアポ蛋白からみた低エネルギー食の臨床的有用性
    原納優, 小島秀人, 西尾善彦, 小杉圭右, 柏木厚典, 繁田幸男
    日本肥満学会記録 188-190 1986年
  • A suppressive role of C-kinase for the stimulation of hepatic ketogenesis by glucagon and epinephrine
    Kojima H, Harano Y, Kosugi K, Nakano T, Shigeta Y
    FEBS Lett 201 271-276 1986年
  • New alpha2-adrenergic blocker (DG-5128) improves insulin secretion and in vivo glucose disposal in NIDDM patients
    Kashiwagi A, Harano Y, Suzuki M, Kojima H, Harada M, Nishio Y, Shigeta Y
    Diabetes 35 1085-1089 1986年
  • II型糖尿病患者における血中脂質およびアポ蛋白に及ぼすインスリンの早期作用について
    小島秀人, 原納優, 原田真理子, 鈴木正昭, 中野隆光, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    動脈硬化 12 1293-1297 1985年
  • 肥満者における厳格な食事療法時にみられるHDL-cholesterolの一過性低下現象の解析
    小島秀人, 柏木厚典, 原田真理子, 中野隆光, 鈴木正昭, 日高秀樹, 原納優, 繁田幸男
    動脈硬化 13 469-474 1985年
  • アポB-100欠損を示した家族性Hypobetalipoproteinemia家系の検討
    原納優, 小島秀人, 中野隆光, 原田真理子, 柏木厚典, 日高秀樹, 繁田幸男, 大槻隆明, 越智幸男, 梶並稔正, 坂口徹太郎, 大高剛
    動脈硬化 13 961-966 1985年
  • 培養ヒト繊維芽細胞におけるLDL pathwayの調節機構 -無血清下インスリン作用-
    日高秀樹, 原田真理子, 中野隆光, 小島秀人, 原納優, 繁田幸男
    動脈硬化 13 1275-1279 1985年
  • Phosphorylation of carnitine palmitoyltransferase and activation by glucagon in isolated rat hepatocytes
    Harano Y, Kashiwagi A, Kojima H, Suzuki M, Hashimoto T, Shigeta Y
    FEBS Lett 188 267-272 1985年
  • Direct automated method for serum or urine levels of ketone bodies.
    Harano Y, Ohtsuki M, Ida M, Kojima H, Harada M,Okanishi T, Kashiwagi A, Ochi Y, Uno S, Shigeta Y
    Clin Chim Acta 151 177-183 1985年
  • アポリポ蛋白B測定の開発と臨床応用- 酵素免疫法によるアポB測定の基礎的検討-
    中野隆光, 原納優, 小島秀人, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    動脈硬化 11 1455-1462 1984年
  • アポリポ蛋白B測定法の開発と臨床応用(第2報)-酵素免疫法によるアポB測定の臨床的意義-
    中野隆光, 原納優, 小島秀人, 畑中行雄, 日高秀樹, 柏木 厚典, 繁田幸男, 大槻隆明, 岡西哲雄, 越智幸男
    動脈硬化 12 175-183 1984年
  • 糖尿病における高脂血症の病態生理に関する研究 -2型糖尿病における血中アポ蛋白異常-
    小島秀人, 原納優, 小杉圭右, 原田真理子, 中野隆光, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    動脈硬化 12 407-414 1984年
  • Development of paper-strip test for 3-hydroxybutyrate and its clinical application. Development of paper-strip test for 3-hydroxybutyrate and its clinical application
    Harano Y, Suzuki M, Kojima H, Kashiwagi A, Hidaka H, Shigeta Y
    Diabetes Care 7 481-485 1984年

書籍等出版物

  • The fusion of bone-marrow-derived proinsulin-expressing cells with nerve cells underlies diabetic neuropathy
    Terashima T, Kojima H, Fujimiya M, Matsumura K, Oi J, Hara M, Kashiwagi A, Kimura H, Yasuda H, Chan L
    Proc Natl Acad Sci U S A 2005年
    Volume:102/Number:35/StartingPage:12525/EndingPage:12530
  • 糖尿病と遺伝子(糖尿病カレントライブラリー4)
    光文堂 2005年
  • 糖尿病学2005
    診断と治療社 2005年
  • 分子糖尿病学の進歩-基礎から臨床まで
    金原出版 2004年
  • Gut hyperabsorption of glucose as a cause of postprandial hyperglycemia in OLETF rats: Obesity and NIDDM
    Elsevier Science B.V. 1999年
  • Obesity and NIDDM
    Elsevier Science Publishers 1999年
  • Plasma plant sterol levels and morphological markers of intestine in diabetes
    Recent Advances on the Pathogenesis and Management of Diabetes Mellitus 1998年
  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ、糖尿病
    医薬ジャーナル社 1995年
  • 糖尿病と合併症
    医歯薬出版株式会社 1995年
  • 糖尿病と合併症
    医歯薬出版株式会社 1995年
  • Pathogenesis and Treatment of NIDDM and its Related Problems
    Elsevier Science Publishers 1994年
  • 糖尿病学
    朝倉書店 1990年
  • Current status of prevention and treatment of diabetic complications
    Elsevier Science Publishers 1990年
  • Diabetes mellitus in East Asia
    Elsevier Science Publishers 1988年
  • Best approach to the ideal therapy of diabetes mellitus
    Excerpta Medica 1987年
  • Recent trends in management of diabetes mellitus, Recent trends in management of diabetes mellitus
    Excerpta Medica 1987年
  • Current topics in clinical and experimental aspects of diabetes mellitus
    Excerpta Medica 1984年

MISC

  • 糖尿病性最小血管症(第2版)発症・進展制御の最前線、糖尿病性神経障害, 病態生理・機能異常, 細胞融合
    小島秀人, 木村博
    日本臨床 68(増刊1) 573-577 2011年
  • 糖尿病性神経障害の新時代?成因から治療まで, 細胞融合と神経障害
    小島秀人, 木村博
    糖尿病合併症 25 189-193 2011年
  • Pathogenesis of diabetic neuropathy: bad to the bone.
    Chan L, Terashima T, Urabe H, Lin F, Kojima H.
    Ann NY Acad Sci. 1240(1) 70-76 2011年
  • 膵β細胞発生分化にかかわる転写因子の発現調節と機能、膵および膵外におけるNgn3とNeuroD1の発現調節と機能
    小島秀人、木村博
    内分泌・糖尿病科 26(2) 141-147 2008年
  • 新時代の糖尿病学(1)-病因・診断・治療研究の進歩-、糖質の消化と吸収の分子機構
    小島秀人、木村博
    日本臨床 66(増刊3) 81-84 2008年
  • 新時代の糖尿病学(2)-病因・診断・治療研究の進歩-、有機酸代謝異常(ケトン体を中心に)
    小島秀人、木村博
    日本臨床 66(増刊4) 61-65 2008年
  • 細胞融合仮説:糖尿病合併症を導く不条理な遺伝子発現プログラム
    小島秀人、寺島智也、藤宮峯子、柏木厚典、木村博
    糖尿病学2007 92-98 2007年
  • 膵島再生
    小島秀人、藤宮峯子、柏木厚典、木村博
    糖尿病学の進歩2007 41 21-26 2007年
  • 肝・骨髄幹細胞からの再生
    小島秀人、木村博、藤宮峯子、柏木厚典
    Diabetes Frontier 17(3) 319-323 2006年
  • Extrapancreatic proinsulin/insulin-expressing cells in diabetes mellitus: Is history repeating itself?
    Kojima H, Fujimiya M, Terashima T, Kimura H, Chan L
    Endocrine J 53 715-722 2006年
  • 肝でのインスリン分泌再生
    小島秀人、藤宮峯子、木村博
    先端医療シリーズ32糖尿病の最新医療 218-223 2005年
  • 肝でのインスリン産生の試み
    小島秀人, 木村博, 藤宮峯子, 柏木厚典
    Diabetes Frontier 15(3) 355-359 2004年
  • マウス肝臓内で膵島新生により糖尿病の改善を導くニューロD-ベータセルリン遺伝子治療
    小島秀人, 藤宮峯子
    実験医学 21 1760-1763 2003年
  • 肝への遺伝子導入による膵β細胞再生
    小島秀人, 木村博, 藤宮峯子
    医学のあゆみ 207 591-595 2003年
  • 小腸上皮幹細胞を用いた膵β細胞の再生
    藤宮峯子, 中村高秋, 小島秀人, 柏木厚典
    再生医療 1 63-68 2002年
  • 糖尿病における腸管肥大機序
    小島秀人
    Frontiers in Gastroenterology 5 217-224 2000年
  • 小腸におけるコレステロール吸収のメカニズム
    小島秀人, 柏木厚典
    TOKYO TANABE QUARTERLY 43-51 1999年
  • 糖尿病モデルラット
    藤田征弘, 小島秀人, 柏木厚典
    栄養?評価と治療 15 33-38 1998年
  • 糖尿病性腎症における脂質代謝異常
    小島秀人, 吉川隆一
    腎と透析 42 187-191 1997年
  • 糖尿病における治療薬
    小島秀人, 日高秀樹
    Current therapy 16 99-103 1997年
  • 血中ケトン体のhome self-monitoring
    小島秀人
    日本臨床 55 452-456 1997年
  • 一番新しい糖尿病の治療薬事情
    小島秀人, 柏木厚典
    Expert nurse 12 30-33 1996年
  • Insulin resistance, hypertension and nephropathy
    Kikkawa R, Kojima H
    Hypertens res. 19 S27-S29 1996年
  • 閉塞生動脈硬化症を有する糖尿病患者におけるシロスタゾールの血清脂質に及ぼす影響
    日高秀樹, 小島秀人, 中村高秋, 柏木厚典, 繁田幸男, 吉川隆一, 紀田康雄, 田中逸
    薬理と治療 23 221-225 1995年
  • 糖尿病患者における末梢血管障害と自覚症状
    中村高秋, 日高秀樹, 小島秀人, 松村一弘, 小中一典, 藤田征弘, 吉川隆一, 繁田幸男
    糖尿病性合併症 8 165-171 1995年
  • 糖尿病と昏睡-今朝、ベッドから起きてこなくて-
    小島秀人
    PRACTICE 11 4-7 1994年
  • 糖尿病と細小血管合併症-突然目の前に黒い地図が-
    小島秀人
    PRACTICE 11 100-103 1994年
  • 糖尿病と足潰瘍 足の裏のタコが治らなくて
    小島秀人
    PRACTICE 11 204-207 1994年
  • 糖尿病に合併する病態とCSII治療-コントロールがよくないまま妊娠したらしいのですが-
    小島秀人
    PRACTICE 11 300-303 1994年
  • 経口糖尿病薬による低血糖の予防と対策
    小島秀人
    PRACTICE 11 337-341 1994年
  • 糖尿病とケトアシドーシス
    小島秀人, 日高秀樹, 吉川隆一
    Modern Physician 14 1047-1051 1994年
  • 他の疾患を合併した糖尿病
    小島秀人
    PRACTICE 11 400-403 1994年
  • インスリン治療を開始する時, SU剤で血糖コントロールができなくなってきたのですが…
    小島秀人
    プラクティス 11 504-507 1994年
  • 糖尿病患者における閉塞性動脈硬化症の危険因子-横断的、および経年的解析-
    日高秀樹, 小島秀人, 尾本由美子, 小中一典, 柏木厚典, 繁田幸男
    Diabetic Macroangiopathy 1 185-190 1992年
  • 二次性無月経・甲状腺機能低下症、食後高インスリン血症を合併したanorexia nervosaの1例
    小島秀人, 長谷川典男, 大隅教之, 明石泰蔵, 土岐光延, 西村義明, 阪口勇, 冨井由文
    ホルモンと臨床 39 43-47 1991年
  • フルクトサミン
    小島秀人, 日高秀樹, 繁田幸男
    総合臨床 40 212-216 1991年
  • 糖尿病における静脈・経腸栄養
    小島秀人, 日高秀樹, 繁田幸男
    日本臨床 49 550-554 1991年
  • 糖尿病にともなう高脂血症の一例
    小島秀人, 日高秀樹
    新薬と治療 40 7-9 1990年
  • 血中ケトン体測定の臨床的意義-インスリン欠乏の指標としての3-ヒドロキシン酪酸 (3-OHBA) 値-
    小杉圭右, 日高秀樹, 青木孝彦, 小島秀人,中島譲, 中村高秋, 原納優, 繁田幸男
    糖尿病 33 545-550 1990年
  • 血糖コントロール不良NIDDM患者の血中ケトン体-インスリン治療への変更指標としての意義-
    青木孝彦, 日高秀樹, 小杉圭右, 小島秀人, 中島譲, 中村高秋, 原納優, 繁田幸男
    糖尿病 33 793-797 1990年
  • 糖尿病性ケトアシドーシスの一例
    小島秀人
    新薬と治療 39 11-21 1989年
  • カルニチン欠損症の1症例
    小島秀人, 原納優, 板垣泰子
    ホルモンと臨床 36 242-244 1988年
  • 血中ケトン体測定
    原納優, 小島秀人, 小杉圭右
    治療 70 66-70 1988年
  • 血中ケトン体
    原納優, 小島秀人, 藤田誠一, 日高秀樹
    内科 61 1113-1114 1988年
  • Biological activity of oxynthomodulin in isolated hepatocytes
    Kojima H, Aoki T, Kosugi K, Harano Y, Shigeta Y
    Biomedical Research 3 191-194 1988年
  • 初代培養肝細胞におけるSulfonylureaおよびDG-5128のinsulin作用増強効果について
    小杉圭右, 青木孝彦, 小島秀人, 中野隆光, 原納優, 繁田幸男
    PEPTIDE HORMONES IN PANCREAS 7 193-198 1987年
  • オキシントモジュリンの肝細胞における生物活性について
    小島秀人, 原納優, 青木孝彦, 矢内原千鶴子, 矢内原昇, 繁田幸男
    グルカゴン研究1987 49-53 1987年
  • NIDDMにおけるKetosis Pronessとその意義
    原納優, 小島秀人
    糖尿病学の進歩 21 42-48 1987年
  • インスリン抵抗性の測定法と解釈
    繁田幸男, 岩崎誠, 小島秀人
    診断と治療 75 757-761 1987年
  • ヒトインスリンに対しアナフィラキシー様反応を示した糖尿病妊娠の一例
    小島秀人
    新薬と治療 137 33-36 1986年
  • 蛋白燐酸化反応, 刺激反応共役, 脂肪代謝の調節
    原納優, 小島秀人
    蛋白質核酸酵素 31 1830-1840 1986年
  • 糖尿病のコントロールとインスリン感受性
    原納優, 原田真理子, 小島秀人
    Medical Practice 3 1224-1227 1986年
  • 新しい経糖尿病治療薬DG-5128の血糖降下作用について
    柏木厚典, 西尾善彦, 原田真理子, 小島秀人, 鈴木正昭, 小杉圭右, 日高秀樹, 原納優, 繁田幸男
    PEPTIDE HORMONES IN PANCREAS 6 229-236 1986年
  • インスリン感受性の面から -インスリン感受性の正常化は可能か-
    小杉圭右, 原田真理子, 小島秀人, 日高秀樹, 青木孝彦, 原納優, 繁田幸男
    糖尿病 29 1191-1192 1986年
  • 糖尿病におけるケトン血症とその発症機序について
    原納優, 小島秀人, 柏木厚典
    糖尿病 29 1203-1205 1986年
  • 糖尿病における血中アポBおよびLDL-pathway 活性化の意義
    原納優, 日高秀樹, 小島秀人, 中野隆光, 原田真理子, 繁田幸男
    糖尿病脂質代謝研究会 2 18-24 1986年
  • 糖尿病性ケトアシドーシスにおけるグルカゴンの役割とvasopressinの拮抗作用について
    原納優, 小島秀人, 中村高秋, 小杉圭右, 市木永子, 繁田幸男
    グルカゴン研究1986 73-76 1986年
  • 培養肝細胞における insulinのブドウ糖利用促進作用について
    鈴木正昭, 小島秀人, 日高秀樹, 柏木厚典, 原納優, 繁田幸男
    PEPTIDE HORMONES IN PANCREAS 5 177-187 1985年
  • ケトン体
    原納優, 小島秀人
    臨床検査 29 1307-1311 1985年
  • I型糖尿病の指標としてのケトン血症とその機序について
    原納優, 柏木厚典, 小島秀人, 原田真理子
    糖尿病 28 1335-1339 1985年
  • 糖尿病における血中アポリポ蛋白の異常とその測定意義
    原納優, 小島秀人, 中野隆光, 原田真理子, 日高秀樹, 柏木厚典, 繁田幸男
    Progress in Medicine 4 178-183 1984年
  • Study of insulin resistance in cultured fibroblasts from diabetic subjects with proliferative retinopathy
    Hidaka H, Furusawa S, Kojima H, Suzuki M, Maegawa H, Harano Y, Shigeta Y
    The Satellite International Symposium on Insulin in Osaka 317-324 1984年
  • Role of insulin resistance in the pathophysiology of type I diabetes mellitus
    Harano Y, Susuki M, Kojima H, Hidaka H, Kashiwagi A, Shigeta Y.
    The Satellite Symposium on Insulin in Osaka 290-296 1984年
  • Serum levels of ketone bodies as metabolic markers monitoring diabetic control in type 1 diabetic subjects
    Kojima H, Harano Y, Suzuki M, Kashiwagi A, Hyosu T, Hidaka H, Hoshi M, Izumi K, Shigeta Y.
    The Satellite International Symposium on Childhood Diabetes 86-93 1983年

競争的資金

  • 遺伝子治療ベクターの開発
  • 糖尿病の遺伝子治療
  • 糖尿病における脂質代謝異常の解析
  • 植物ステロール代謝と高コレステロール血症