詳細検索はこちら

中澤 拓也

所属部署名脳神経外科学講座
職名准教授
 
 
更新日: 18/06/20 09:38

研究者基本情報

氏名

    中澤 拓也

所属(マスタ)

  • 脳神経外科学講座 准教授

学歴

  • - 1982年滋賀医科大学 医学部 医学科

学位

  • 医学博士(滋賀医科大学)

経歴

  • 2010年06月- 現在滋賀医科大学医学部(准教授)
  • 2008年- 2010年 滋賀医科大学医学部 (講師)
  • 1999年- 2008年  1999-2008  滋賀医科大学医学部非常勤講師 脳神経外科学
  • 1985年- 1999年  1985-1999  滋賀医科大学医学部助手 脳神経外科学講座
  • 1983年- 1985年 1983-1985  滋賀医科大学医学部(脳神経外科学講座)研究生
  • 1982年- 1983年  1982-1983  滋賀医科大学医学部附属病院医員(研修医) 脳神経外科
  • 1983年  1983 滋賀医科大学医学部助手 脳神経外科学講座

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学 / 脳血管攣縮
  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学 / 脳卒中
  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学 / 脳血管内治療

論文

  • Endovascular embolization of branch-incorporated cerebral aneurysms.
    Kawabata Y, Nakazawa T, Fukuda S, Kawarazaki S, Aoki T, Morita T, Tsukahara T
    The neuroradiology journal 30(6) 600-606 2017年12月 [査読有り]
  • [Arteriovenous Malformation Treatment after ARUBA study].
    Tsuji A, Nakazawa T, Nozaki K
    No shinkei geka. Neurological surgery 44(4) 269-281 2016年04月 [査読有り]
  • [Required knowledge for stroke specialists(10)therapeutic strategy for brain artierovenous malformations].
    Nakazawa T, Yokoi T, Tsuji A, Nozaki K
    No shinkei geka. Neurological surgery 43(5) 465-473 2015年05月 [査読有り]
  • Treatment of spontaneous intradural vertebral artery dissection
    中澤 拓也
    The Neuroradiology Journal 24 699-711 2011年 [査読有り]
  • Embolization of cerebral arteriovenous malformation with non-adhesive and adhesive liquid embolic agents
    Rivista di Neuroradiologia 16 1261-1264 2003年

MISC

  • GLP‐1analogue投与下での内分泌学的検査によりpseudo‐Cushing病を呈したラトケ嚢胞の1例
    深見忠輝, 萱谷仁, 大西健, 松井宏樹, 吉村弥生, 横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦, 森野勝太郎, 佐藤大介, 村田幸一郎, 福山佳代
    Progress in Medicine 37(2) 288‐289 2017年02月
  • 内視鏡下経蝶形骨洞的下垂体腺腫摘出術の合併症としての抗利尿ホルモン不適切分泌症候群(SIADH)
    深見忠輝, 大西健, 萱谷仁, 松井宏樹, 吉村弥生, 横井俊浩, 新田直樹, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集 23rd 81 2016年10月
  • 視神経毛様性星細胞腫に対し拡大蝶形骨洞手術にて診断・減圧摘出し得た一例
    深見忠輝, 大西健, 河野浩人, 松井宏樹, 吉村弥生, 高木健治, 横井俊浩, 地藤純哉, 新田直樹, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    小児の脳神経 41(1) 74 2016年05月
  • ARUBA study後の脳動静脈奇形の治療
    辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    Neurological Surgery 44(4) 269‐281 2016年04月
  • 拡大蝶形骨洞手術にて診断・減圧摘出し得た,視神経毛様性星細胞腫の一例
    深見忠輝, 大西健, 河野浩人, 松井宏樹, 吉村弥生, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集 26th 124 2016年01月
  • 出血を伴ったgangliogliomaの一例
    横井俊浩, 深見忠輝, 高木健治, 大西健, 吉村弥生, 新田直樹, 地藤純哉, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 21st 185 2016年
  • 脳幹進展を生じた側頭葉内側部発生のastroblastomaの一例
    深見忠輝, 大西健, 萱谷仁, 松井宏樹, 吉村弥生, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 34th 205 2016年
  • 責任血管が三叉神経を貫通するtrigeminocerebellar arteryであった三叉神経痛
    地藤純哉, 吉村弥生, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 深見忠輝, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳神経減圧術学会プログラム・抄録集 18th 47 2015年12月
  • High flow fistulaを伴った脳動静脈奇形の治療
    中澤拓也, 辻篤也, 横井俊浩, 吉村弥生, 辻敬一, 設楽智史, 齋藤実, 地藤純哉, 新田直樹, 高木健治, 深見忠輝, 野崎和彦
    Journal of Neuroendovascular Therapy 9(6) S297 2015年11月
  • 過灌流リスクの評価にアセタゾラミド負荷は必要か
    辻篤司, 設楽智史, 吉村弥生, 齋藤実, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    Journal of Neuroendovascular Therapy 9(6) S359 2015年11月
  • 鎖骨下動脈狭窄症に対するステント留置後に再度ステント留置を施行した一例
    横井俊浩, 中澤拓也, 辻篤司, 野崎和彦
    Journal of Neuroendovascular Therapy 9(6) S442 2015年11月
  • 血管内治療後の止血デバイス(エクソシール)の有用性
    吉村弥生, 横井俊浩, 辻篤司, 中澤拓也, 河野浩人, 松井宏樹, 齋藤実, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    Journal of Neuroendovascular Therapy 9(6) S445 2015年11月
  • ViewSiteを使用し神経内視鏡下に摘出したSubependymomaの2例
    地藤純哉, 吉村弥生, 齋藤実, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 深見忠輝, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集 22nd 182 2015年10月
  • 経鼻的神経内視鏡生検により確定診断を行った視神経膠腫の一例
    横井俊浩, 深見忠輝, 地藤純哉, 新田直樹, 高木健治, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集 22nd 103 2015年10月
  • IMP‐ARG法での安静時CBFとPET‐OEF
    辻篤司, 吉村弥生, 齋藤実, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    核医学 52(3) 263 2015年09月
  • 脳卒中専門医に必要な基本的知識(10)脳動静脈奇形に対する治療方針
    中澤拓也, 横井俊浩, 辻篤司, 野崎和彦
    Neurol Surg 43(5) 465-473 2015年05月
  • 脊髄硬膜動静脈瘻の診断における動注MDCTAの有用性について
    福田美雪, 佐々木伸洋, 武田幸恵, 松本憲一, 上田茂雄, 中澤拓也, 寳子丸稔
    日本脊髄外科学会プログラム・抄録集 30th 231 2015年
  • 脳幹進展を生じた側頭葉内側部発生のastroblastomaの一例
    深見忠輝, 河野浩人, 横井俊浩, 齋藤実, 地藤純哉, 新田直樹, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 20th 143 2015年
  • 再発を認めたastroblastomaの1例
    横井俊浩, 深見忠輝, 吉村弥生, 斎藤実, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 20th 186 2015年
  • CKD stage分類による頸動脈ステント留置術時の治療対応
    初田直樹, 谷本匡浩, 中島正之, 吉村弥生, 中澤拓也
    Journal of Neuroendovascular Therapy 8(6) 432 2014年12月
  • 出血発症の成人mixed pial‐dural AVFの1例
    吉村弥生, 辻篤司, 中澤拓也, 北村智章, 横井俊浩, 齋藤実, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 李英彦, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 8(6) 411 2014年12月
  • Cognard III IV硬膜動静脈瘻に対する治療戦略
    辻篤司, 北村智章, 松井宏樹, 吉村弥生, 齋藤実, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 8(6) 285 2014年12月
  • Internal trappingが奏功した頸部動静脈瘻の症例
    横井俊浩, 樋口一志, 辻篤司, 吉村弥生, 辻敬一, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 8(6) 405 2014年12月
  • コイルを使用したflow control下の液体塞栓物質による塞栓術
    中澤拓也, 辻篤司, 横井俊浩, 吉村弥生, 辻敬一, 北村智章, 松井宏樹, 河野浩人, 齋藤実, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 8(6) 283 2014年12月
  • 無症候性脳血管障害 無症候性脳動静脈奇形
    横井俊浩, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本臨床 72 535-539 2014年10月
  • EC‐ICバイパス患者におけるアセタゾラミド反応性とPET‐OEFの矛盾
    辻篤司, 北村智章, 吉村弥生, 斎藤実, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    核医学 51(3) 271 2014年09月
  • 小脳動静脈奇形に対する集学的治療の有用性
    中澤拓也, 樋口一志, 横井俊浩, 辻敬一, 谷本匡浩, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    Mt Fuji Work CVD 32nd 75-79 2014年07月
  • 観察入院が功を奏した交通外傷の1例
    中島正之, 土屋邦之, 初田直樹, 青山武司, 中澤拓也
    Neurosurg Emerg 18(3) 313 2014年
  • 下垂体腺腫摘出におけるEndoscopic transseptal transsphenoidal surgeryのメリット
    深見忠輝, 北村智章, 吉村弥生, 齋藤実, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 19th 106 2014年
  • 脳幹部海綿状血管腫に対する外科治療の適応
    横井俊浩, 北村智章, 吉村弥生, 斎藤実, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 辻篤司, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 19th 136 2014年
  • 脳腫瘍におけるmTORの活性化
    新田直樹, 中洲敏, 中澤拓也, 辻篤司, 深見忠輝, 地藤純哉, 横井俊浩, 高木健治, 齋藤実, 吉村弥生, 北村智章, 松井宏樹, 野崎和彦
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 32nd 177 2014年
  • 神経膠芽腫に対する治療成績:当科における治療の変遷と治療成績の分析
    深見忠輝, 北村智章, 松井宏樹, 吉村弥生, 齋藤実, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 32nd 67 2014年
  • Anterior condylar confluence d‐AVF3例の治療経験
    辻敬一, 樋口一志, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 横井俊浩, 谷本匡浩, 深見忠輝, 中澤拓也, 竹市康裕, 平井久雄, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 284 2013年11月
  • CASでの3剤による抗血小板療法
    竹市康裕, 尾市雄輝, 北原孝宏, 辻芳仁, 湯川弘之, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 254 2013年11月
  • 頭蓋内ステントは脳動脈瘤治療を変えたか?
    中澤拓也, 樋口一志, 横井俊浩, 辻敬一, 吉村弥生, 谷本匡浩, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 190 2013年11月
  • 横静脈洞からS状静脈洞およびその周囲の硬膜動静脈瘻に対する治療
    樋口一志, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 245 2013年11月
  • 脳出血を契機に発見された右大動脈弓・左鎖骨下動脈起始異常の1例
    設楽智史, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 230 2013年11月
  • 術前塞栓術を併用し外科摘出を行った小脳扁桃脳動静脈奇形の1例
    横井俊浩, 中澤拓也, 樋口一志, 辻敬一, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 7(6) 243 2013年11月
  • GLP‐1 analog投与下での内分泌テストにより,pseudo‐Cushing病を呈したRathke嚢胞の一例
    深見忠輝, 北村智章, 横井俊浩, 森野勝太郎, 佐藤大介, 村田幸一郎, 福山佳代, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 樋口一志, 中澤拓也
    日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集 23rd 85 2013年03月
  • 脳動静脈奇形 脳動静脈奇形の急性期外科治療
    横井俊浩, 新田直樹, 地藤純哉, 高木健治, 樋口一志, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    脳卒中の外科 41(1) 21-26 2013年01月
  • 脳動静脈奇形の急性期外科治療
    横井 俊浩, 新田 直樹, 地藤 純哉, 高木 健治, 樋口 一志, 深見 忠輝, 中澤 拓也, 野崎 和彦
    脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke 41(1) 21-26 2013年01月
  • 悪性神経膠腫に対するベバシズマブの使用経験~画像診断のピットフォール~
    深見忠輝, 谷本匡弘, 横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 31st 70 2013年
  • 中枢神経系原発悪性リンパ腫におけるmTORの活性化
    新田直樹, 中澤拓也, 深見忠輝, 地藤純哉, 横井俊浩, 高木健治, 谷本匡浩, 野崎和彦
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 31st 81 2013年
  • 中脳腹側病変へのアプローチ―中脳海綿状血管腫2例の手術経験から―
    辻敬一, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 横井俊浩, 木村匡男, 谷本匡浩, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 18th 90 2013年
  • ステント留置後にECTを施行しステント内血栓を来した1例
    横井俊浩, 樋口一志, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 6(5) 308 2012年11月
  • multiple overlapping stentsによるflow‐diverting効果
    中澤拓也, 樋口一志, 横井俊浩, 北村智章, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 6(5) 293 2012年11月
  • Enterprise VRDを用いたステント併用コイル塞栓術の治療成績 適切な治療選択とピットフォール―自検例による検討―
    樋口一志, 中澤拓也, 横井俊浩, 北村智章, 高木健冶, 地籐純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 6(5) 304 2012年11月
  • 破裂脳動脈瘤への急性期コイル塞栓治療の成績
    湯川弘之, 竹市康裕, 辻芳仁, 山添直博, 木村匡男, 北原孝宏, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 6(5) 296 2012年11月
  • 全身麻酔にて喉頭粘膜下血腫をおこしたステント併用たコイル塞栓術症例
    竹市康裕, 北原孝宏, 木村匡雄, 辻芳仁, 湯川弘之, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 6(5) 284 2012年11月
  • 異型髄膜腫摘出時における5‐ALAによる腫瘍境界の術中確認の有用性:症例報告
    深見忠輝, 樋口一志, 北村智章, 高木健治, 横井俊浩, 地藤純哉, 新田直樹, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 17th 108 2012年
  • 外科治療を行ったspheno orbital meningiomaの1例
    横井俊浩, 深見忠輝, 北村智章, 高木健治, 新田直樹, 地藤純也, 樋口一志, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 17th 100 2012年
  • 舌下神経管近傍の後頭骨内動静脈瘻の1例
    竹市康裕, 辻芳仁, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 5(4) 367 2011年11月
  • Vascular reconstruction deviceを使用した脳動脈瘤治療
    中澤拓也, 横井俊浩, 樋口一志, 北村智章, 設楽智史, 宮田悠, 高木健治, 地藤純哉, 新田直樹, 深見忠輝, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 5(4) 399 2011年11月
  • Brain Attackの最近の治療と地域連携
    野崎和彦, 中澤拓也
    滋賀医学 33 13-23 2011年03月
  • 血管奇形 脳動静脈奇形の至適治療方針
    横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦, 橋本信夫
    脳卒中の外科 39(1) 24-30 2011年01月
  • 脳動静脈奇形の至適治療方針
    横井 俊浩, 高木 健治, 新田 直樹, 地藤 純哉, 深見 忠輝, 中澤 拓也, 野崎 和彦, 橋本 信夫
    脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke 39(1) 24-30 2011年01月
  • 脳管髄動静脈奇形の診断・治療の進歩 Cerebral AVM grade IV&Vのbest treatment
    横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦, 橋本信夫
    脳神経外科ジャーナル 20(1) 42-46 2011年01月
  • Cerbral AVM grade IV & V の best treatment
    横井 俊浩, 高木 健治, 新田 直樹, 地藤 純哉, 深見 忠輝, 中澤 拓也, 野崎 和彦, 橋本 信夫
    脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery 20(1) 42-46 2011年01月
    Spetzler-Martin grade IV,Vの脳動静脈奇形の自然歴については定まった見解はないが,治療に伴うリスクは15〜40%との報告もある.症候性病変について積極的にmultimodality treatmentを行う場合もあるが,その治癒率は低く,また治療合併症率も高い.本疾患の治療方針を決定する場合,各症例ごとに,患者の状態,疾患自体のリスク,治療に伴うリスク,治療後に予想される回復程度などを十分に勘案する必要がある.
  • 出血性脳動静脈奇形における治療方針
    野崎和彦, 横井俊浩, 中澤拓也
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 16th (CD-ROM) ROMBUNNO.S-J4-4 2011年
  • Angio Sealによる合併症
    竹市康裕, 辻芳仁, 杉野敏之, 藤田晃司, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 4(4) 311 2010年11月
  • NBCAを用いた脳動静脈奇形塞栓術
    中澤拓也, 設楽智史, 宮田悠, 横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 竹市康裕, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 4(4) 194 2010年11月
  • 血管内治療シミュレータを用いた脳神経血管内治療の教育システム
    横井俊浩, 樋口一志, 辻篤司, 田中敏樹, 竹市康裕, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 4(4) 308 2010年11月
  • 頸部頸動脈可動性プラークの2症例
    竹田 信彦, 伊藤 清佳, 木村 匡男, 深尾 繁治, 李 英彦, 五十棲 孝裕, 木戸岡 実, 中澤 拓也, 野崎 和彦
    脳卒中 32(5) 469-474 2010年09月
  • 脳幹部海綿状血管腫の外科治療の適応
    横井俊浩, 高木健治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 15th 150 2010年08月
  • Transcallosal interfornicial approachにて全摘出し得た,第三脳室内腫瘍の2例~Interfornicial approachの有用性について~
    深見忠輝, 新田直樹, 横井俊浩, 設楽智史, 宮田悠, 高木健治, 地藤純哉, 中澤拓也, 野崎和彦
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 15th 83 2010年08月
  • 破裂脳動脈瘤の治療 破裂脳動脈瘤塞栓術―10年間の治療成績―
    中澤拓也, 吉村弥生, 横井俊浩, 五十棲孝裕, 竹市康裕, 野崎和彦
    脳卒中の外科 38(1) 7-11 2010年01月
  • 脳動静脈奇形の治療方針
    横井俊浩, 菊田健一郎, 高木康志, 中澤拓也, 橋本信夫, 野崎和彦
    脳卒中の外科 38(1) 29-33 2010年01月
  • 破裂脳動脈瘤塞栓術 : 10年間の治療成績
    中澤 拓也, 吉村 弥生, 横井 俊浩, 五十棲 孝裕, 竹市 康裕, 野崎 和彦
    脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke 38(1) 7-11 2010年01月
  • 脳動静脈奇形の治療方針
    横井 俊浩, 菊田 健一郎, 高木 康志, 中澤 拓也, 橋本 信夫, 野崎 和彦
    脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke 38(1) 29-33 2010年01月
  • 頸部頸動脈可動性プラークの2症例
    竹田信彦, 伊藤清佳, 木村匡男, 深尾繁治, 李英彦, 五十棲孝裕, 木戸岡実, 中澤拓也, 野崎和彦
    脳卒中 32(5) 469-474 (J-STAGE) 2010年
  • 鎖骨下動脈閉塞に対してステント留置術を行った2例
    樋口一志, 中澤拓也, 斉藤晃, 横井俊浩
    J Neuroendovascular Ther 3(4) 352 2009年11月
  • 脳動静脈奇形における治療選択
    横井俊浩, 中澤拓也, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 3(4) 193 2009年11月
  • ステントを使用した頭蓋内椎骨動脈解離の血管内治療
    中澤拓也, 横井俊浩, 竹市康裕, 野崎和彦
    J Neuroendovascular Ther 3(4) 272 2009年11月
  • フィルター使用による頸動脈ステント留置術でのStopflow時の吸引の効果
    竹市康裕, 杉野敏之, 藤田昇司, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 3(4) 292 2009年11月
  • DARTELによるアルツハイマー病と皮質下動脈硬化性脳症の鑑別
    椎野顯彦, 横井俊浩, 中澤拓也, 野崎和彦
    脳循環代謝 21(1) 149 2009年
  • 聴神経に由来しない頭蓋内神経鞘腫21症例についての検討
    新田直樹, 鈴木文夫, 中澤拓也, 椎野顕彦, 深見忠輝, 地藤純哉, 横井俊浩, 高木健治, 野崎和彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.1P-DP027-07 2009年
  • 当院における頭蓋内海綿状血管腫症例の臨床的分析
    高木健治, 鈴木文夫, 中澤拓也, 椎野顯彦, 深見忠輝, 地藤純哉, 新田直樹, 横井俊浩, 野崎和彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.1H-O027-02 2009年
  • DARTELを用いた脳萎縮診断法の開発
    椎野顕彦, 渡辺俊之, 秋口一郎, 横井俊浩, 高木建治, 新田直樹, 地藤純哉, 深見忠輝, 中澤拓也, 鈴木文夫, 野崎和彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.1I-O031-05 2009年
  • 脳動静脈奇形における治療選択 過去のデータ解析から
    横井俊浩, 中澤拓也, 地藤純哉, 高木健治, 新田直樹, 深見忠輝, 椎野顕彦, 鈴木文夫, 野崎和彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.2G-O052-01 2009年
  • 優位脳動静脈奇形の治療方針
    野崎和彦, 高木康志, 横井俊浩, 地藤純哉, 中澤拓也, 宮本享
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.2B-VS04-03 2009年
  • 術中indocyanine green蛍光血管撮影によるflow analysisの有用性
    地藤純哉, 高木健治, 横井俊浩, 新田直樹, 深見忠照, 椎野顕彦, 中澤拓也, 鈴木文夫, 野崎和彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 68th ROMBUNNO.3N-DP102-04 2009年
  • 頸動脈ステント留置術後のMRI拡散強調画像,Embolic Protection Device差による検討
    竹市康裕, 吉村弥生, 大野誠, 藤田晃司, 杉野敏之, 山添直博, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 2(4) 242 2008年11月
  • 頭蓋内椎骨動脈解離性動脈瘤の治療
    中澤拓也, 竹市康裕, 吉村弥生, 大野誠, 藤田晃司, 杉野敏之, 山添直博
    J Neuroendovascular Ther 2(4) 140 2008年11月
  • 頚動脈可動性プラークに対しステント留置術を施行した1例
    竹田信彦, 李英彦, 木村匡男, 深尾繁治, 五十棲孝裕, 木戸岡実, 中澤拓也
    脳卒中 30(2) 347 2008年03月
  • 高度腎機能障害と出血性脳卒中
    杉野敏之, 大野誠, 藤田晃司, 竹市康裕, 中澤拓也, 山添直博
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 67th ROMBUNNO.3J-09-P90-04 2008年
  • 頸動脈ステント留置術のEmbolic Protection Device:MRI拡散強調画像による検討
    竹市康裕, 吉村弥生, 大野誠, 杉野敏之, 藤田晃司, 山添直博, 中澤拓也
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 67th ROMBUNNO.3J-02-P75-03 2008年
  • 破裂脳動脈瘤塞栓術の長期成績
    中澤拓也, 吉村弥生, 小柳正臣, 杉野敏之, 竹市康裕, 山添直博
    J Neuroendovascular Ther 1(2) 168 2007年11月
  • 頚動脈ステント留置術44件の検討
    五十棲孝裕, 竹田信彦, 木村匡男, 深尾繁治, 李英彦, 木戸岡実, 中澤拓也
    J Neuroendovascular Ther 1(2) 197 2007年11月
  • MintCacth IIを用いたCASの経験
    中澤拓也, 吉村弥生, 杉野敏之, 小柳正臣, 山添直博
    日本血管内治療学会誌 8(1) 54-58 2007年03月
  • 頚動脈ステント留置術連続18例の治療成績
    木戸岡実, 李英彦, 中澤拓也
    脳卒中 29(2) 326 2007年03月
  • 頚動脈ステント留置術43件の検討
    五十棲孝裕, 木戸岡実, 李英彦, 深尾繁治, 木村匡男, 竹田信彦, 中澤拓也
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 66th 2K-P16-1-4 2007年
  • 破裂小型脳動脈瘤についての検討
    山添直博, 石川正恒, 吉村弥生, 小柳正臣, 杉野敏之, 中澤拓也
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM) 65th 1P-098 2006年
  • 結膜浮腫・結膜充血で発症した非海綿静脈洞部多発性硬膜動静脈瘻
    大橋 経昭, 中澤 拓也, 新阜 宏文, 鈴木 文夫, 松田 昌之, 半田 譲二
    脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery 6(2) 124-130 1997年02月
    左眼の結膜充血と結膜浮腫で発症した56歳の男性で,CTにより左上眼静脈の拡張,蛇行が認められ,頸動脈一海綿静脈洞瘻が疑われた.脳血管撮影で,前頭部上矢状静脈洞付近に2カ所,静脈洞叉会・左横静脈洞付近,および左頸静脈孔近傍の合計4カ所に硬膜動静脈瘻が認められたが,海綿静脈洞部の硬膜動静脈瘻はなかった.同時に,上矢状静脈洞,左様静脈洞,左下錐体静脈洞の閉塞,および脳表静脈と髄質静脈の著明な拡張と循環時間の遅延が認められた.流入動脈のpolyyinly alcoholによる塞栓術後,結膜充血と結膜浮腫は軽快した.4カ所以上に同時期に多発した硬膜動静脈瘻はきわめて稀で,そのいずれもが静脈洞閉塞を伴っていた.本例は症候学的にも興味深く,文献的考察を加えて報告する.
  • 重複椎骨動脈を有し, 神経根症を呈した椎骨動静脈瘻
    中澤 拓也, 横山 正男, 木築 裕彦, 松村 憲一, 松田 昌之, 半田 譲二
    脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery 5(4) 291-295 1996年07月
    duplicate originの椎骨動脈に生じた動静脈瘻の症例を報告した.65歳の男性で,3年前に動脈瘤破裂による頸動脈一海綿静脈洞瘻で,左総頸動脈直接穿刺により経動脈的バノレーン塞栓術を受けた.手指伸展障害を中心とする神経根症が進行し,重複椎骨動脈の1つと椎骨静脈叢に短絡があり,マイクロコイルによる塞栓術で,椎骨動静脈瘻は消失した.椎骨動脈のduplicate originは9例の報告をみるにすぎず,椎骨動静脈瘻との合併例の報告はない.われわれの症例では,脳動脈瘤と頸動脈穿刺の既往があり,椎骨動静脈瘻が先天性か,医原性かは問題のあるところであるが,頸部動脈穿刺に際して起こり得る合併症として念頭におく必要がある.
  • 斜台部脊索腫の治療経過中に認められた脊椎脊索腫の1例
    京嶌 和光, 中澤 拓也, 松田 昌之, 半田 讓二
    脳神経外科ジャーナル 3(4) 339-342 1994年07月
    斜台部脊索腫の治療経過中に,頸椎および胸椎の2ヵ所に脊索腫の発生をみた22歳の女性例を経験した.脊椎部腫瘍の発生機序として,斜台部腫瘍からの転移が,あるいは多中心性発生の可能性が考えられた.髄腔播種により脊髄に転移した例は散見されるが,一般に,斜台部脊索腫の髄腔播種以外の遠隔転移は稀である.また,多中心性脊索腫はこれまでに1例の報告があるにすぎない.さらに本例では,胸椎部脊索腫は亜全摘出術後急速に再増大しており,脊索腫の増殖態度には注意を要すると思われた.
  • 原発性中枢神経系悪性リンパ腫 : 放射線所見を中心に
    中澤 拓也, 松田 昌之, 中洲 敏, 半田 讓二, 小山 素麿
    日本外科宝函 59(2) 141-147 1990年03月
  • 経鼻挿管中に突然生じた原因不明の気胸,皮下気腫,縦隔気腫の2例
    中島 正之, 李 英彦, 中澤 拓也, 中洲 敏, 松田 昌之
    日本外科宝函 58(6) 522-526 1989年11月
  • 後頭蓋窩のAngiographically Occult Vascular Malformations
    京嶌 和光, 中澤 拓也, 中洲 敏, 半田 讓二
    日本外科宝函 58(2) 257-264 1989年03月
  • 穿頭による血腫除去術後硬膜外血腫を形成した慢性硬膜下血腫の2例
    木戸岡 実, 岡田 達也, 椎野 顯彦, 斉藤 晃, 中澤 拓也
    日本外科宝函 57(2) 177-181 1988年03月
  • 前大脳動脈近位部(A1)動脈瘤を伴った中大脳動脈起始部形成不全の1例
    中澤 拓也, 鈴木 文夫, 宮本 義久, 松田 昌之
    日本外科宝函 54(6) 521-525 1985年11月