詳細検索はこちら

山田 篤史

所属部署名バイオメディカル・イノベーションセンター
職名特任助教
 
 
更新日: 17/11/17 10:07

研究者基本情報

氏名

    山田 篤史

連絡先等

所属(マスタ)

  • バイオメディカル・イノベーションセンター 特任助教

学歴

  • 2003年04月- 2008年09月名古屋工業大学 情報工学専攻博士後期課程
  • 2001年04月- 2003年03月名古屋工業大学 情報工学専攻博士前期課程
  • 1996年04月- 2001年03月名古屋工業大学 工学部第II部 機械工学科

学位

  • 修士(工学)(名古屋工業大学)
  • 博士(工学)(名古屋工業大学)

所属学協会

    日本乳癌学会 , 日本コンピュータ外科学会 , 日本ロボット学会 , 計測自動制御学会 , IEEE

委員歴

  • 2014年- 現在立命館大学 私大戦略研究拠点プロジェクト 研究協力委員
  • 2014年- 現在立命館大学 私立大学戦略的研究拠点形成事業 先端ICTメディカルヘルスセンター 連携研究者
  • 2017年05月- 現在岩手医科大学医学部産婦人科学講座および青森県量子科学センター臨床部門 システム構築アドバイザー
  • 2017年- 2018年日本コンピュータ外科学会 平成29-30年度評議員
  • 2015年- 2016年日本コンピュータ外科学会 平成27-28年度評議員
  • 2015年- 2015年第3回看護理工学会学術集会 実行委員
  • 2014年- 2014年文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員
  • 2010年- 2010年第28回日本ロボット学会学術講演会 実行委員
  • 2010年- 2010年CLAWAR2010 現地実行委員

経歴

  • 2014年04月- 現在滋賀医科大学(特任助教)
  • 2013年05月- 2014年03月滋賀医科大学(特任助教)
  • 2011年- 2013年Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School Research Associate (Surgical Navigation and Robotics Laboratory)
  • 2008年- 2011年名古屋工業大学大学院工学研究科おもひ領域 特任助教(藤本研究室)
  • 2008年- 2008年名古屋工業大学大学院工学研究科おもひ領域 産学官連携研究員(受託研究:経済産業省インテリジェント手術機器研究開発プロジェクト)
  • 2004年- 2006年:理化学研究所バイオミメティックコントロール研究センター生物制御システム研究チーム 研究補助員

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学 / 機械力学・制御
  • 人間医工学 / 医用システム
  • 機械工学 / 知能機械学・機械システム

研究キーワード

    フレキシブルメカニズム , 医用工学 , ロボティクス

論文

  • Needle Steering Methods Based on a Loop-Shaped Flexible Mechanism
    Norihisa Nitta, Atsushi Yamada, Shobu Watanabe, Akinaga Sonoda, Shinichi Ota, Tohru Tani, Akitoshi Inoue, Shigeyuki Naka, Shigehiro Morikawa, Kiyoshi Murata
    RSNA2017 VI-3A-02 2017年11月 [査読有り]
  • A 1.7 Fr. Steerable Microcatheter based on a Loop-Shaped Guidewire
    A. Yamada, N. Nitta, S. Naka, S. Morikawa, S. Tani, T. Tani
    CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery PO-279 2017年06月 [査読有り]
  • An Adaptive Steerable Needle based on a Loop-Shaped Flexible Arm
    A. Yamada, S. Naka, N. Nitta, S. Morikawa, S. Tani, T. Tani
    CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery LE-276 2017年06月 [査読有り]
  • An Accuracy Assessment of Hybrid Image Navigation System with MR and Ultrasound to Assist Needle Puncture
    A. Yamada, S. Naka, J. Tokuda, T. Tani, S. Morikawa
    CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery LE-282 2017年06月 [査読有り]
  • Predictive detection areas for identifying additional MRI-detected breast lesions on second-look ultrasonography
    Akie Tanaka, Atsushi Yamada, Tomoko Umeda, Chiaki Kaneko, Tomoharu Shimizu, Shigeyuki Naka, Tohru Tani, Masaji Tani
    Surg Today doi:10.1007/s00595-017-1523-9 2017年04月 [査読有り]
  • 内視鏡や針に利用可能な弾性アームに基づく屈曲・伸展機構
    山田篤史,仲成幸,森川茂廣,谷徹
    日本コンピュータ外科学会誌 19(1) 5-16 2017年02月 [査読有り]
  • Sex-related difference in human white matter volumes: Inspection of the corpus callosum and other white matter by VBM
    Akihiko Shiino, Chen Yen-wei, Kenji Tanigaki, Atsushi Yamada, Piers Vigers, Toshiyuki Watanabe, Ikuo Tooyama, and Ichiro Akiguchi
    Scientific Reports 7 39818 doi: 10.1038/srep39818 2017年01月 [査読有り]
  • 弾性アームに基づく操舵可能な針の屈曲機構
    山田篤史,仲成幸,森川茂廣,新田哲久,谷徹
    日本ロボット学会誌 35(7) 539-547 2017年09月 [査読有り]
  • A Real-Time MR Image-Guided Surgical Navigation System for a MR-Compatible High Definition Flexible Endoscope
    Atsushi Yamada, Shigeyuki Naka, Shigehiro Morikawa, and Tohru Tani
    The 12th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2016) SA3-8 94-95 2016年10月 [査読有り]
  • Hybrid Image Navigation System with MR and Ultrasound to Assist Needle Puncture
    Atsushi Yamada, Shigeyuki Naka, Junichi Tokuda, Tohru Tani, Shigehiro Morikawa
    11th Interventional MRI Symposium T-24 2016年10月 [査読有り]
  • MR Image Guided Surgical System with MR Compatible High Definition Flexible Endoscope - Initial Animal Study -
    Shigeyuki Naka, Atsushi Yamada, Soichiro Tani, Koichiro Murakami, Junichi Tokuda, Nobuhiko Hata, Shigehiro Morikawa and Tohru Tani
    11th Interventional MRI Symposium P-38 2016年10月 [査読有り]
  • Nonrigid registration of pre-procedural MRI and intra-procedural CT in CT-guided cryoablation of lung tumors to improve lung tumor conspicuity
    Nobuhiko Hata, Servet Tatli, Atsushi Yamada, Olutayo Olubiyi, Stuart G. Silverman
    Journal of Medical Robotics Research 1(2) 1-8 2016年06月 [査読有り]
  • Thermal Tissue Change Induced by a Microwave Surgical Instrument In a Rat Hepatectomy Model
    Nguyen Quoc Vinh, Tohru Tani, Shigeyuki Naka, Atsushi Yamada, Koichiro Murakami
    American Journal of Surgery 211(1) 189-196 2016年01月 [査読有り]
  • Gender Difference of the Corpus Callosum-subregional Inspection, International Society for Cerebral Blood Flow & Metabolism
    Shiino, A., K. Tanigaki, Y. Chen, A. Yamada, and I. Tooyama
    ISBFM Brain 2015 2015年 [査読有り]
  • Motorized Manipulator with Integrated MR and US Image Navigation System to Assist Needle Insertion
    Morikawa, S., A. Yamada, S. Naka, K. Murakami, T. Tani, J. Tokuda
    The 11th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2015) 2015年 [査読有り]
  • Software for 3D Quantitative Tumor Accessibility Assessment in Image-Guided Percutaneous Liver Ablations
    Murakami K, Naka S, Yamada A, Morikawa S, Hata N, Tani T and Tokuda J
    CARS2014 2014年 [査読有り]
  • MR Compatible Continuum Robot Based on Closed Elastica with Bending and Twisting
    Yamada, A., S. Naka, S. Morikawa, and T. Tani
    IROS2014 2014年 [査読有り]
  • An MRI Coil-mounted Multi-probe Robotic Positioner for Cryoablation
    Wu, F., Torabi, M., Yamada, A., Golden, A., G., Fischer, Tuncali, K., Frey, D., Walsh, C.
    The 37th Mechanisms and Robotics International Conference 2013 IDETC-CIE 2013年 [査読有り]
  • Design Evaluation of a Double Ring RCM Mechanism for Robotic Needle Guidance in MRI-guided Liver Interventions
    Song, S.E., Tokuda, J., Tuncali, K., Yamada, A., Torabi, M., and Hata, N.
    IROS 2013 2013年 [査読有り]
  • An MR Image Navigation System for a Closed Bore Scanner with a Needle Insertion Manipulator
    S. Morikawa, H. A. Haque, S. Naka, N. Q. Vinh, A. Yamada, T. Tani, J. Tokuda, N. Hata
    The 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2013) 2013年 [査読有り]
  • Image-based Tracking of Deflected Needle for Complex MR Images in MRI-guided Percutaneous Interventions
    Yamada, A., Tokuda, J., Hata, N
    5th National Image-Guided Therapy Workshop 2012 2012年09月 [査読有り]
  • Compact, Patient-Mounted MRI-guided Robot of Multiple Cryoablation Probes
    Wu, F., Torabi, M., Golden, A., Werner, M., Yamada, A., Hata, N., Su, H., Cole, G., Fischer, G., Frey, D., Walsh, C., Tuncali, K
    5th National Image-Guided Therapy Workshop 2012 2012年09月 [査読有り]
  • Image-based Tracking of Deflected Needle for MRI-guided Needle Therapies
    Yamada, A., Tokuda, J., Hata, N
    9th International Interventional MRI Symposium 2012年09月 [査読有り]
  • Registrating contrast-enhanced MRI with intra-procedural images in CT-guided ablation therapy in lung cancer
    Yamada A, Hata N, Tatli S, Morrison PR, Silverman SG
    CARS (Computer Assisted Radiology and Surgery) 2012 2012年 [査読有り]
  • An Impulsive Force Generator Based on Closed Elastica with Bending and Distortion and Its Application
    Yamada, A., Y. Sugimoto, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2011) 957-962 2011年 [査読有り]
  • Dual surgical navigation using augmented and virtual environment techniques
    Kim, S., J. Hong, S. Joung, A. Yamada, N. Matsumoto, S. I. Kim, Y. S. Kim and M. Hashizume
    International Journal of Optomechatronics 5(2) 2011年 [査読有り]
  • 曲げと捩れ変形を伴う弾性閉ループ構造と遊泳ロボットの急旋回動作への応用,日本ロボット学会誌, 2011
    山田篤史,杉本幸夫,豆田浩志,藤本英雄
    日本ロボット学会誌 29(10) 923-933 2011年 [査読有り]
  • 閉ループ弾性体による瞬発力発生機構
    望山洋,山田篤史,藤本英雄
    日本ロボット学会誌 29(6) 492-495 2011年
  • A Compact Jumping Robot utilizing Snap-through Buckling with Bend and Twist
    Yamada, A., H. Mameda, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2010) 2010年 [査読有り]
  • Challenge to Micro-Scale Impulsive Force Generator
    Fujimoto, H., A. Yamada, H. Mochiyama, A. Sumino, K. V. Tabata, T. Dewa, M. Nango, and H. Noji
    Proceedings of the Second World Congress International Academy of Nanomedicine (IANM) NANOMED 2010 2010年 [査読有り]
  • An Impulsive Turning Mechanism for Swimming Robots Baed on Repeated Snap-through Buckling
    Yamada, A., H. Mameda, Y. Sugimoto, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 13th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2010) 253-260 2010年 [査読有り]
  • A Compact Jumping Robot Based on Continuous Snap-through Buckling for Hybrid Environment
    Yamada, A., H. Mameda, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 13th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2010) 245-252 2010年 [査読有り]
  • 高剛性受動関節を有する閉ループ柔軟カタパルトと遊泳ロボットへの応用
    山田篤史,渡正充,望山洋,藤本英雄
    日本ロボット学会誌 27(10) 1144-1153 2009年 [査読有り]
  • 3D Slicer Based Surgical Robot Console System
    Yamada, A., K. Nishibori, Y. Hayashi, J. Tokuda, N. Hata, K. Chinzei and H. Fujimoto
    Workshop on Systems and Architectures for Computer Assisted Interventions of the 2009 International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention (MICCAI2009) 2009年 [査読有り]
  • Robot Console System for Neuroendoscopic Surgery
    Proceeding of International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI2009) 2009年 [査読有り]
  • 閉ループ柔軟カタパルトの静力学解析
    山田 篤史,望山 洋,藤本 英雄
    日本ロボット学会誌 26(2) 169-177 2008年 [査読有り]
  • 跳躍ロボットのための非対称型閉ループ柔軟カタパルト
    山田 篤史,渡 正充,望山 洋,藤本 英雄
    日本ロボット学会誌 26(4) 363-371 2008年 [査読有り]
  • A Robotic Catapult based on the Closed Elastica with a High Stiffness Endpoint and Its Application to Swimming Tasks
    Yamada, A., M. Watari, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2008) 1477-1482 2008年 [査読有り]
  • An Asymmetric Robotic Catapult based on the Closed Elastica for Jumping Robot
    Yamada, A., M. Watari, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2008) 232-237 2008年 [査読有り]
  • A Robotic Catapult Based on the Closed Elastica with an Anisotropic Stiffness Point and Its Application to Compact Jumping Robots
    Yamada, A., M. Watari, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 11th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2008) 397-404 2008年 [査読有り]
  • Quasi-static Energy Analysis of the Robotic Catapult Based on the Closed Elastica
    Mochiyama, H., A. Yamada and H. Fujimoto
    Proceedings of the 11th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2008) 405-412 2008年 [査読有り]
  • A Robotic Catapult Based on the Closed Elastica with a High Stiffness Endpoint and Its Application to Impulsive Swimming Robot
    Watari, M., A. Yamada, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 11th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2008) 389-396 2008年 [査読有り]
  • 遅延力フィードバックを用いた腱駆動型ロボットの生体模倣型軌道追従制御
    中山 学之,山田 篤史,藤本 英雄,木村英紀
    システム制御情報学会論文誌 20(10) 387-395 2007年 [査読有り]
  • Kinematics and Statics of Robotic Catapults based on the Closed Elasitca
    Yamada, A., H. Mochiyama and Hideo Fujimoto
    Proccedings of the 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2007) 3993-3998 2007年 [査読有り]
  • A Jumping Robot based on the Closed Elastica
    Yamada, A., M. Watari, H. Mochiyama and H. Fujimoto
    Proceedings of the 2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2007) 604-609 2007年 [査読有り]
  • 腱駆動型ヒューマノイドロボットの適応バランス制御
    中山 学之,山田 篤史,藤本 英雄,木村 英紀
    計測自動制御学会論文集 42(11) 1188-1197 2006年 [査読有り]

書籍等出版物

  • ADVANCES IN MOBILE ROBOTICS
    World Scientific 2008年 13 978-981-283-576-5
  • Emerging Trends in MOBILE ROBOTICS
    World Scientific 2010年 13 978-981-4327-97-8

講演・口頭発表等

  • ループ型弾性屈曲機構を用いた針のステアリング性能評価
    山田篤史,新田哲久,仲成幸,森川茂廣,谷徹
    第26日本コンピュータ外科学会大会 2017年10月
  • 3D Port Position Simulator for Laparoscopic Liver Surgery Based on 'Ray-Tracking Method'
    Koichiro Murakami, Shigeyuki Naka, Atsushi Yamada, Hiroya Iida, Naomi Kitamura, Hiromitsu Maehira, Hiroya Akabori, Takeshi Tatsuta, Tohru Tani
    日本消化器外科学会総会 2017年07月
  • 先端可動型マイクロカテーテルと操舵可能な穿刺針の開発-Active Sheath Mechanismを用いて
    新田哲久,山田篤史,渡邊尚武,井上明星,大田信一,仲成幸,森川茂廣,谷徹,村田喜代史
    弟3回日本穿刺ドレナージ研究会 2017年06月
  • A Steerable Mictrocatheter ”Active Sheath” based on Novel Flexible Mechanism(新機構に基づく先端可動マイクロカテーテルの開発)
    Norihisa Nitta, Atsushi Yamada, Shobu Watanabe, Shigeyuki Naka, Shigehiro Morikawa, Shinihi Ota, Akinaga Sonoda, Akitoshi Inoue, Tohru Tani, Kiyoshi Murata
    第46回日本IVR学会総会 2017年05月
  • 高磁場MRI対応電子内視鏡によるMR画像誘導手術システムの開発
    仲 成幸, 山田篤史, 谷総一郎, 村上耕一郎, 赤堀浩也, 飯田洋也, 森川茂廣, 谷眞至, 谷徹
     2017年04月
  • Development of Novel Steerable Needle using Active Sheath Mechanism
    Norihisa Nitta, Atsushi Yamada, Shobu Watanabe, Akinaga Sonoda, Shinihi Ota, Akitoshi Inoue, Shigeyuki Naka, Shigehiro Morikawa, Tohru Tani
    第76回日本医学放射線学会総会(JRS2017) 2017年04月
  • 3Dシミュレーションによる腹腔鏡下肝部分切除術におけるアプローチ法決定の試み
    村上耕一郎,仲成幸,山田篤史,飯田洋也,前平博充,北村直美,赤堀浩也,塩見尚礼,谷眞至,谷徹
    第29回日本内視鏡外科学会総会 2016年12月
  • MRIと超音波画像を併用した穿刺ナビゲーションシステムの有用性と精度評価
    山田篤史,仲成幸,谷徹,森川茂廣
    第25回日本コンピュータ外科学会大会 2016年11月
  • 高磁場対応軟性内視鏡を用いたリアルタイムMR画像誘導ナビゲーションシステムの開発
    山田篤史,仲成幸,森川茂廣,谷徹
    第25回日本コンピュータ外科学会大会 2016年11月
  • 肝癌マイクロ波凝固療法における3D治療誘導システム導入
    村上耕一郎,仲成幸,谷眞至,山田篤史,谷徹,徳田淳一,波多伸彦
    第35回Microwave Surgery研究会 2016年09月
  • リアルタイムMRイメージングと高磁場対応高解像度軟性内視鏡を組み合わせた低侵襲ナビゲーションシステムの開発
    山田篤史,仲成幸,森川茂廣,谷徹
    LIFE2016(第32回ライフサポート学会大会,第16回日本生活支援工学会大会,日本機械学会福祉工学シンポジウム2016) 2016年09月
  • Utility of an active microcatheter based on an active sheath mechanism
    Norihisa Nitta, Atsushi Yamada, Shobu Watanabe, Akinaga Sonoda, Yuki Tomozawa, Akitoshi Inoue, Shinichi Ohta, Toru Tani, Kiyoshi Murata
    第75回日本医学放射線学会総会(JRC2016) 2016年04月
  • 乳房MRI検出病変のSecond look USにおける検出予測範囲の検証
    田中彰恵,山田篤史,梅田朋子,冨田香,北村美奈,河合由紀,金子智亜紀,森毅,谷眞至
    第24回日本乳癌学会学術総会 2016年
  • 乳房MRI検出病変のSecond look USにおけるC領域検出予測範囲の検証
    田中彰恵,山田篤史,梅田朋子,冨田香,北村美奈,河合由紀,金子智亜紀,森毅,谷眞至
    第71回京滋乳癌研究会 2016年
  • 肝動脈化学塞栓療法のための1.7 Fr. アクティブマイクロカテーテルの開発
    山田篤史,新田哲久,渡辺尚武,仲成幸,森川茂廣,村田喜代史,谷徹
    第32回滋賀医科大学シンポジウム 2016年
  • 屈曲角度をコントロール可能なカテーテルガイドワイヤおよび生検用針
    山田 篤史
    メディカル・ジャパン2016 2016年
  • ループ形状を有する弾性機構を用いたアクティブマイクロカテーテルの開発
    山田 篤史
    滋賀医科大学実験実習機器センター通信 2016年
  • Brand New 3D Targeting Simulator for Liver Tumors based on Ray-Trace Method -A Crinical Experience Report-
    Koichiro Murakami, Shigeyuki Naka, Hiroya Akabori, Naomi Kitamura, Hiroya Iida, Tomoharu Shimizu, Tsuyoshi Yamaguchi, Tsuyoshi Mori, Atsushi Yamada, Tohru Tani, Masai Tani
    日本外科学会 2016年
  • 3D Quantitative Assessment in Liver Tumor Ablation -Initial Clinical Experience-,
    Koichiro Murakami, Shigeyuki Naka, Junichi Tokuda, Atsushi Yamada, Hiroya Akabori, Toru Miyake, Hiromichi Sonoda, Tomoharu Shimizu, Tohru Tani, Masai Tani
    第71回日本消化器外科学会総会 2016年
  • An MR compatible robot system using MR and ultrasound images to assist image guided puncture
    磁気共鳴医学会 2016年
  • 滋賀医科大学の医工連携による画像支援技術を用いた手術システムの研究開発
    山田 篤史
    文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業 がんプロ国際シンポジウム 2015年08月
    招待有り
  • 3D Slicerをベースにした画像誘導手術のためのロボットコンソール
    第28回日本ロボット学会学術講演会 2011年
  • 曲げと捩れを伴う弾性閉ループ構造と遊泳ロボットへの応用
    第28回日本ロボット学会学術講演会 2011年
  • フリーハンドリアルタイム超音波内視鏡画像の立体表示システムの開発
    第16回ロボティスクシンポジア 2011年
  • 超音波内視鏡画像の立体重畳表示システムの開発 - 内視鏡画像と超音波立体画像の重畳表示実験
    ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 2011年
  • 内視鏡画像重畳手術ナビゲーションの精度評価および臨床応用
    第28回日本ロボット学会学術講演会 2010年
  • 画像誘導手術における脳変形追従手法の基礎的検討
    第19回日本コンピュータ外科学会 2010年
  • 弾性閉ループ構造に基づく遊泳ロボットの急旋回動作
    第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2010) 2010年
  • 曲げと捩れを伴う飛び移り座屈を利用した小型ロボットの水上跳躍動作
    第10回システムインテグレーション部門講演会 2009年
  • 曲げと捩れを伴う飛び移り座屈を利用した跳躍ロボットの跳躍動作生成機構
    第10回システムインテグレーション部門講演会 2009年
  • 弾性体の曲げと捩れを伴う飛び移り座靴を用いた小型跳躍ロボット
    第27回日本ロボット学会学術講演会 2009年
  • 閉ループ弾性体の曲げと捩れを利用したインパルス力の繰り返し生成機構
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'09 2009年
  • 座屈による安定荷重機構を有するセンサプローブ
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'09 2009年
  • 尖状部を有する弾性閉ループ構造を用いた高速捕獲動作
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'09 2009年
  • 異方性剛性点を有する閉ループ柔軟カタパルトと小型跳躍ロボットへの応用
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'08 2008年
  • 高剛性受動関節を有する閉ループ柔軟カタパルトと遊泳ロボットへの応用
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'08 2008年
  • 尖状弾性柔軟部を有する閉ループ柔軟カタパルト
    第9回システムインテグレーション部門講演会 2008年
  • 柔軟物の飛び移り座屈を利用したロボットマニピュレーション
    第8回システムインテグレーション部門講演会 2007年
  • 柔軟物の閉ループ構造から生まれるカタパルト機能の力学的理解
    第8回システムインテグレーション部門講演会 2007年
  • 閉ループ柔軟カタパルトが拓くネオロボティクス
    第8回システムインテグレーション部門講演会 2007年
  • 閉ループ柔軟カタパルト機構を用いたロボットによる跳躍メカニズム
    第28回バイオメカニズム学術講演会SOBIM2007 2007年
  • 閉ループ柔軟カタパルトを用いた跳躍ロボット
    第25回日本ロボット学会学術講演会 2007年
  • 空間型閉ループ柔軟カタパルト
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'07 2007年
  • 閉ループ柔軟カタパルト機構の解析
    第7回計測自動制御学会制御部門大会 2007年
  • 反射を用いた脚型ロボットの着地制御
    第24回日本ロボット学会学術講演会 2006年
  • State Dependent Switching Control for Inverted Pendulum
    Yamakawa, S., A. Yamada and H. Fujimoto
    the 16th IFAC World Congress 2005年
  • 脚型ロボットの着地制御
    第23回日本ロボット学会学術講演会 2005年
  • 脚型ロボットの衝撃吸収制御
    第20回生体・生理工学シンポジウム 2005年
  • エネルギ修正にもとづく振子の切替制御
    日本機械学会東海支部第53期総会講演会 2004年
  • Switching Control for Inverted Pendulum System Based on Energy Modification
    SICE Annual Conference 2004 2004年
  • Asymptotic Stabilization of Hamiltonian Systems Based on La Salle's Invariant Principle
    SICE Annual Conference 2003 2003年

作品

特許

  • 引っ掛け具及び医療用スネア
    山田篤史,谷徹,森川茂廣,仲成幸,新田哲久
    特願特願2017-046653
  • 屈曲・伸展装置及び屈曲・伸展方法
    山田篤史,谷徹,仲成幸,森川茂廣
    特願特願2016-208103
  • 屈曲・伸展装置及び屈曲・伸展方法
    山田篤史,谷徹,仲成幸,森川茂廣
    特願特願2014-179525
    特開特開2015-192845
  • 穿刺支援装置
    森川茂廣,仲成幸,山田篤史
    特願特願2014-30656
    特開特開2015-154826
  • 瞬発力発生装置及び瞬発力発生方法
    特願2007-237192 国際出願番号 PCT/JP2008/66378→特願2009-532205
  • 瞬発力発生装置
    特願2008-309298 国際出願番号 PCT/JP2009/70318
  • 座屈を利用した荷重負荷機構
    特願2009-036011
  • 瞬発力発生装置
    特願2009-050647

受賞

  • 2016年07月 日本コンピュータ外科学会 2015年度講演論文賞
  • 2016年03月 第71回京滋乳癌研究会 学術奨励賞
  • 2016年02月 滋賀医科大学 第32回滋賀医科大学シンポジウム審査員特別賞
  • 2013年09月 The 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2013) Best Paper Award
  • 2010年08月 CLAWAR2010 Best Paper Award Nomination
  • 2009年05月 ロボティクス・メカトロニクス講演会2009懇親会 ロボット着ぐるみパフォーマンス大会最優秀パフォーマンス賞
  • 2008年 Best Paper Award in the category of "Support Technologies for Mobile Machines," the 11th International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2008)
  • 2007年 SI2007優秀講演賞,第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会

競争的資金

  • Active Sheath機構を用いた操舵可能な医療用細径軟性導体の開発と評価
    :平成28年度科学研究費補助金 若手(B)
    代表者:山田 篤史
  • 肝動脈化学塞栓療法のための1.7Fr.アクティブマイクロカテーテルの開発
    :第32回滋賀医大シンポジウム 審査員特別賞
    代表者:山田 篤史
  • 術者の繊細かつ巧みな操作に調和する8方向操舵型マイクロカテーテルの開発
    :立石科学技術振興財団2016年度研究助成 (A)
    代表者:山田 篤史
  • MR画像の人工知能による解析:診断補助のためのソフトウェア開発
    :平成27年度学長裁量経費(若手萌芽研究)
    代表者:椎野 顯彦
  • 飛び移り座屈を利用したMR駆動型カプセル内視鏡システムの開発と評価
    :平成26年度科学研究費補助金 若手(B)
    代表者:山田 篤史
  • MR・超音波統合画像誘導による標的追尾ワンステップ穿刺支援ロボットの構築
    :平成26年度科学研究費補助金 基盤研究(B)
    代表者:森川 茂廣
  • 飛び移り座屈を利用したMR駆動型カプセル内視鏡システムの開発と評価
    :平成25年度学長裁量経費(若手萌芽研究)
    代表者:山田 篤史
  • 局所的な診断と治療を実現するカタパルト型分子マシンおよび機械システムの開発(研費内定後,赴任先を国外に変更したため,辞退.)
    :平成23年度科学研究費補助金 若手(B)
    代表者:山田 篤史
  • 連続体ロボティクスに基づく動物に匹敵する俊敏性の機械実現
    :平成22年度科学研究費補助金 基盤研究(B)
    代表者:望山 洋
  • 高効率な局所的治療を実現するカタパルト型分子マシンの開発
    :平成21年度科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
    代表者:山田 篤史
  • 特別研究経費
    :名古屋工業大学 平成21年度高度活性化経費(学長裁量経費)
    代表者:藤本 英雄
  • 第18回研究助成
    :財団法人 堀情報科学振興財団
    代表者:山田 篤史
  • 柔軟物の力学的機能の活用によるロボットモーション革命
    :平成20年度科学研究費補助金 若手(B)
    代表者:望山 洋
  • 経済産業省インテリジェント手術機器研究開発プロジェクト 情報呈示技術の開発