詳細検索はこちら

浅井 徹

所属部署名外科学講座(心臓血管外科)
職名教授
 
 
更新日: 17/11/17 10:02

研究者基本情報

氏名

    浅井 徹

所属(マスタ)

  • 外科学講座(心臓血管外科) 教授

所属学協会

    医薬品医療機器総合機構(PMDA) , The International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery Board of Directors , Innovations Associate Editor , Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery Editorial Board , Editorial Board Member of Heart Surgery Forum , 日米医学医療交流財団 , 日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会 , 近畿外科学会 , 関西胸部外科学会 , 日本血管外科学会 , 日本冠疾患学会 , 日本循環器学会 , 日本冠動脈外科学会 , 日本心臓血管外科学会 , 日本胸部外科学会 , 日本外科学会

研究活動情報

論文

  • Off-pump bilateral skeletonized internal thoracic artery grafting in patients with chronic kidney disease.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T
    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery 150(2) 315-321.e3 2015年08月 [査読有り]
  • Outcome of total arch replacement with coronary artery bypass grafting.
    Takashima N, Suzuki T, Asai T, Nota H, Ikegami H, Kinoshita T, Fujino S, Hosoba S
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 47(6) 990-994 2015年06月 [査読有り]
  • Simultaneous resection of pulmonary tumor following cardiovascular surgery.
    Kaku R, Teramoto K, Ishida K, Igarashi T, Hashimoto M, Kitamura S, Tezuka N, Asai T, Hanaoka J
    Asian journal of surgery / Asian Surgical Association 2015年06月 [査読有り]
  • Reoperative median sternotomy following the use of a right internal mammary artery pedicle graft crossing the midline to the left anterior descending artery.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T
    Journal of cardiac surgery 30(5) 396-399 2015年05月 [査読有り]
  • Similar outcome in insulin-dependent and noninsulin-dependent diabetic patients after off-pump coronary artery bypass grafting with multiple skeletonized arterial conduits.
    Suzuki T, Asai T, Nota H, Kinoshita T, Fujino S, Takashima N
    The Annals of thoracic surgery 99(5) 1562-1567 2015年05月 [査読有り]
  • Early and follow-up results of butterfly resection of prolapsed posterior leaflet in 76 consecutive patients.
    Asai T, Kinoshita T, Suzuki T, Shiraishi S, Koike M
    J Thorac Cardiovasc Surg 149(5) 1296-1300 2015年05月 [査読有り]
  • Reply to Gomes.
    Kinoshita T, Asai T
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 47(5) 942 2015年05月 [査読有り]
  • The current status of multi-arterial off-pump coronary artery bypass grafting.
    Tomoaki S, Tohru A
    Surgery today 2015年02月 [査読有り]
  • Cancer-associated fibroblast-targeted strategy enhances antitumor immune responses in dendritic cell-based vaccine.
    Ohshio Y, Teramoto K, Hanaoka J, Tezuka N, Itoh Y, Asai T, Daigo Y, Ogasawara K
    Cancer science 106(2) 134-142 2015年02月 [査読有り]
  • The new butterfly technique?a sophisticated repair method for posterior leaflet prolapse
    Ann Cardiothorac Surg  2015年
  • Risk factors for acute kidney injury in aortic arch surgery with selective cerebral perfusion and mild hypothermic lower body circulatory arrest.
    Nota H, Asai T, Suzuki T, Kinoshita T, Ikegami H, Takashima N
    Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery  19(6) 955-961 2014年12月 [査読有り]
  • [Informed consent: coronary artery bypass grafting].
    Suzuki T, Asai T
    Nihon Geka Gakkai zasshi 115(5) 247-252 2014年09月 [査読有り]
  • [Mitral valve repair for mitral regurgitation induced by infective endocarditis complicated with ulcerative colitis; report of a case].
    Shiraishi S, Koike M, Aoshima M, Asai T
    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery 67(5) 408-410 2014年05月 [査読有り]
  • Histomorphology of right versus left internal thoracic artery and risk factors for intimal hyperplasia.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T, Van Phung D
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 45(4) 726-731 2014年04月 [査読有り]
  • Reply to Luehr and Etz.
    Suzuki T, Asai T
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 45(4) 768 2014年04月 [査読有り]
  • Surgical repair of Kommerell's diverticulum and an aberrant subclavian artery.
    Hosoba S, Suzuki T, Asai T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M
    Surgery today 44(2) 247-251 2014年02月 [査読有り]
  • 特集 心臓手術と体液管理 心臓弁膜症手術の術後体液管理-トルバプタンの使用経験から-
    Fluid Management Renaissance 4(4) 349-355 2014年
  • 特集 CABGを化学する 「両側内胸動脈はゴールドスタンダード!科学的検証から
    呼吸と循環器 62(11) 1018-1026 2014年
  • Reply to Gomes
    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery  2014年
  • Outcome of total arch replacement with coronary artery bypass grafting
    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery  2014年
  • Combined total arch replacement and bypass from the ascending aorta to the bilateral profunda femoris arteries.
    Takashima N, Hayakawa M, Hosoba S, Kinoshita T, Kuroyanagi S, Nota H, Suzuki T, Asai T
    Annals of vascular diseases 7(2) 183-186 2014年 [査読有り]
  • Quadricuspid aortic valve: a report on a 10-year case series and literature review.
    Hayakawa M, Asai T, Kinoshita T, Suzuki T
    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia 20 Suppl 941-944 2014年 [査読有り]
  • Target vessel detection by epicardial ultrasound in off-pump coronary bypass surgery.
    Hayakawa M, Asai T, Kinoshita T, Suzuki T, Shiraishi S
    Innovations (Philadelphia, Pa.) 8(4) 249-252 2013年07月 [査読有り]
  • Off-pump coronary artery bypass grafting using skeletonized in situ arterial grafts.
    Asai T, Suzuki T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M, Naito S
    Annals of cardiothoracic surgery 2(4) 552-556 2013年07月 [査読有り]
  • Early and long-term patency of in situ skeletonized gastroepiploic artery after off-pump coronary artery bypass graft surgery.
    Suzuki T, Asai T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M
    The Annals of thoracic surgery 96(1) 90-95 2013年07月 [査読有り]
  • Preoperative SYNTAX score and graft patency after off-pump coronary bypass surgery.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 44(1) e25-31 2013年07月 [査読有り]
  • Mid-term results for the use of the extended sandwich patch technique through right ventriculotomy for postinfarction ventricular septal defects.
    Hosoba S, Asai T, Suzuki T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 43(5) e116-20 2013年05月 [査読有り]
  • Selective cerebral perfusion with mild hypothermic lower body circulatory arrest is safe for aortic arch surgery.
    Suzuki T, Asai T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 43(4) e94-8 2013年04月 [査読有り]
  • Total arch replacement with selective antegrade cerebral perfusion and mild hypothermic circulatory arrest.
    Asai T, Suzuki T, Nota H, Kuroyanagi S, Kinoshita T, Takashima N, Hayakawa M, Naito S
    Annals of cardiothoracic surgery 2(2) 235-238 2013年03月 [査読有り]
  • Intraoperative fluorescence imaging after transit-time flow measurement during coronary artery bypass grafting.
    Kuroyanagi S, Asai T, Suzuki T
    Innovations (Philadelphia, Pa.) 7(6) 435-440 2012年11月 [査読有り]
  • Successful surgical management of coronary perforation requiring pulmonary artery separation.
    Takashima N, Suzuki T, Hosoba S, Kinoshita T, Nota H, Matsubayashi K, Asai T
    General thoracic and cardiovascular surgery 60(9) 581-583 2012年09月 [査読有り]
  • Preservation of myocardium during coronary artery bypass surgery.
    Kinoshita T, Asai T
    Current cardiology reports 14(4) 418-423 2012年08月 [査読有り]
  • Successful surgical repair of platypnea-orthodeoxia syndrome in a patient with cerebral infarction.
    Takashima N, Suzuki T, Asai T, Hosoba S
    Interactive cardiovascular and thoracic surgery 15(1) 178-180 2012年07月 [査読有り]
  • Time course and prognostic implications of QT interval in patients with coronary artery disease undergoing coronary bypass surgery.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T, Matsubayashi K, Horie M
    Journal of cardiovascular electrophysiology 23(6) 645-649 2012年06月 [査読有り]
  • Histological and morphometric properties of skeletonized gastroepiploic artery and risk factors for intimal hyperplasia.
    Phung DV, Kinoshita T, Asai T, Suzuki T
    Innovations (Philadelphia, Pa.) 7(3) 191-194 2012年05月 [査読有り]
  • Off-pump bilateral skeletonized internal thoracic artery grafting in elderly patients.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T, Kuroyanagi S, Hosoba S, Takashima N
    The Annals of thoracic surgery 93(2) 531-536 2012年02月 [査読有り]
  • Preoperative hemoglobin A1c predicts atrial fibrillation after off-pump coronary bypass surgery.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T, Kambara A, Matsubayashi K
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 41(1) 102-107 2012年01月 [査読有り]
  • Postinfarction ventricular septal defect: right ventricular approach-the extended "sandwich" patch.
    Asai T, Hosoba S, Suzuki T, Kinoshita T
    Seminars in thoracic and cardiovascular surgery 24(1) 59-62 2012年 [査読有り]
  • Successful management of refractory lethal coronary spasm after off-pump coronary bypass grafting.
    Hosoba S, Suzuki T, Takashima N, Kinoshita T, Kuryanagi S, Nota H, Asai T
    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia 18(4) 359-362 2012年 [査読有り]
  • Early to midterm results of cardiac surgery with concomitant pulmonary resection.
    Hosoba S, Hanaoka J, Suzuki T, Takashima N, Kambara A, Matsubayashi K, Asai T
    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia 18(1) 8-11 2012年 [査読有り]
  • Butterfly resection is safe and avoids systolic anterior motion in posterior leaflet prolapse repair.
    Asai T, Kinoshita T, Hosoba S, Takashima N, Kambara A, Suzuki T, Matsubayashi K
    The Annals of thoracic surgery 92(6) 2097-102; discussion 2102 2011年12月 [査読有り]
  • [Indication criteria for coronary artery bypass grafting].
    Suzuki T, Asai T
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 69 Suppl 7 398-401 2011年09月 [査読有り]
  • Off-pump bilateral versus single skeletonized internal thoracic artery grafting in high-risk patients.
    Kinoshita T, Asai T, Suzuki T, Kambara A, Matsubayashi K
    Circulation 124(11 Suppl) S130-4 2011年09月 [査読有り]
  • Surgical repair of a giant atrial septal aneurysm with patent foramen ovale.
    Hosoba S, Suzuki T, Asai T, Takashima N
    The heart surgery forum 14(4) E267-8 2011年08月 [査読有り]
  • Bilateral internal thoracic artery grafting: current state of the art.
    Kinoshita T, Asai T
    Innovations (Philadelphia, Pa.) 6(2) 77-83 2011年03月 [査読有り]
  • Perforated mitral valve aneurysm associated with Libman-Sacks endocarditis.
    Intern Med  47(18) 1605-1608 2008年
  • Off-pump coronary artery bypass grafting using in situ bilateral skeletonized internal thoracic arteries.
    General Thoracic and Cardiovascular Surgery 56(3) 109-113 2008年
  • HER1-4 expression status correlates with the efficacy of gefitinib treatment and tumor cell proliferative activity in non-small cell lung cancer.
    Molecular Medicine Reports 1 225-230 2008年
  • Early and midterm outcome after off-pump coronary artery bypass grafting in patients with poor left ventricular function compared with patients with normal function.
    General Thoracic and Cardiovascular Surgery 56(7) 324-329 2008年
  • Giant Coronary Artery Aneurysm in the Left Main Coronary Artery: A Novel Surgical Procedure.
    Ann Thorac Surg 85(6) 2130-2132 2008年
  • Early and Midterm Results of Off-Pump Coronary Artery Bypass Grafting without Patient Selection.
    Heart Surg Forum 11(4) E2313-E2317 2008年
  • まい・てくにっく OPCABにおけるsequential吻合のコツ
    胸部外科 60(5) 362 2007年
  • GEAのskeletonization
    CIRCULATION Up-to-Date 1 58-63 2006年
  • ISMICS学会印象記
    人工臓器 35(3) 405-406 2006年
  • Transmyocardial Laser Revascularization A Mera-Analysis and Systematic Review of Controlled Trials
    Innovations 1(6) 295-313 2006年
  • Transmyocardial Laser Revascularization: A Consensusu Statement of the International Society of Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery (ISMICS) 2006
    Innovations 1(6) 314-322 2006年
  • 私の最初の心拍動下冠動脈手術(MIDCAB)
    Cardiovascular Med-Surg 7(1) 164-197 2005年
  • 胸部外科の指針 討論1
    胸部外科 57 437-438 2004年
  • 全症例でOPCABを完遂するための滋賀医科大学附属病院の手術戦略
    「循環器科」 56(6) 643-644 2004年
  • Involvement of 90K/Mac-2 binding protein in cancer metastases by increased cellular adhesiveness in lung cancer.
    浅井 徹
    Oncol Rep  12(5) 1071-1077 2004年 [査読有り]
  • Identification of antigenic epitopes recognized by Mac-2 binding protein-specific cytotoxic T lymphocytes for use in cancer immunotherapy.
    Biochem Biophys Res Commun  317(4) 1089-1095 2004年 [査読有り]
  • 冠動脈外科の過去、現在、未来(第20回滋賀医学会総会抄録)
    滋賀医学 25(2) 1-4 2003年
  • (この症例をどうするか)血液透析患者に対する多枝冠血行再建Off Pump CABGの有用性
    日本冠疾患学会雑誌 9 40-42 2003年
  • アメリカ心臓外科臨床研修への挑戦 New York University (NYU) Medical Center
    Cardiovascular Med-Surg 5(2) 115(235)-122(240) 2003年
  • OPCABの非妥協的グラフト戦略
    胸部外科 56 606-610 2003年
  • 胸部外科の指針 討論2
    胸部外科 56 1083-1084 2003年
  • Non-compromised grafting policy in off-pump coronary artery bypass
    Kyobu Geka 56(8 Suppl) 606-610 2003年
  • Deoxyribonucleic acid (DNA) encoding a pan-major histocompatibility complex class II Peptide Analogue augmented antigen-specific cellular immunity and suppressive effects
    Teramoto, K., Kontani, K., Ozaki, Y., Sawai, S., Tezuka, N., Nagata, T., Fujino, S., Itoh, Y., Taguchi, O., Koide, Y., Asai, T., Ohkubo, I., Ogasawara, K.
    Cancer Res  63(22) 7920-7925 2003年 [査読有り]
    招待有り
  • Perfusable tissue index obtained by positron emission tomography as a marker of myocardial viability in patients with ischemic ventricular dysfunction.
    Circ J 66 341-344 2002年
  • Skeletonization of the Right Gastroepiploic Artery Using an Ultrasonic Scalpel
    Ann Thorac Surg 74 1715-1717 2002年
  • OPCABの積極的適応拡大
    胸部外科 54(4) 293-297 2001年
  • OPCABの新たな展開.--ACS, AMIに対するprimary OPCABとmostly skeletonized IMA grafting--
    冠動脈疾患の臨床と研究 18(1)  2,83-86 2001年
  • 冠動脈バイパス術
    総合循環器ケア 1(1) 85-90 2001年
  • 僧房弁再建術
    総合循環器ケア 1(2) 91-95 2001年
  • 人工心臓弁置換術
    総合循環器ケア 1(3) 100-103 2001年
  • 急性A型大動脈解離
    総合循環器ケア 1(4) 93-97 2001年
  • 低侵襲心臓手術と今後の展望
    総合循環器ケア 1(6) 98-102 2001年
  • 多枝心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)の早期成績
    冠動脈疾患の臨床と研究 17(1)  2,37-45 2000年
  • 低左心機能症例に対する治療方針
    冠動脈疾患の臨床と研究 17(1)  2,117-121 2000年
  • MIDCABから multivessel OPCABへ、そして...
    冠動脈疾患の臨床と研究 16(1)  2,35-39 1999年
  • 80才以上高齢者の冠動脈バイパス術
    冠動脈疾患の臨床と研究 15(1)  2,3-8 1998年
  • 多枝病変に対する冠動脈バイパス術
    冠動脈疾患の臨床と研究 15(1)  2,119-123 1998年
  • MIDCABによる血行再建の問題点と手術の工夫
    胸部外科 51(4) 319-322 1998年
  • 撓骨動脈グラフトを用いた冠血行再建術 -- New Device (conduit) in Cardiovascular Surgery ? --
    冠動脈疾患の臨床と研究 14(1)  2,39-46 1997年
  • 重症高齢者に対する冠血行再建術 -- 腎不全、心原性ショック、IABP挿入不能例 --
    冠動脈疾患の臨床と研究 14(1)  2,113-122 1997年
  • 高度の大動脈硬化8病変合併例に対する冠血行再建術
    冠動脈疾患の臨床と研究 13(1)  2,13-20 1996年
  • 高度の大動脈硬化8病変合併例に対する冠血行再建術
    冠動脈疾患の臨床と研究 13(1)  2,13-20 1996年
  • Resuscitative retrograde blood cardioplegia: Are amino acids or continuous warm techniques necessary?
    J Thorac Cardiovasc Surg 109 242 1995年
  • Effects of a single administration of fibroblast growth factor on vascular wall reaction to balloon intimal injury
    Ann Thorac Surg 59 948-954 1995年
  • Experiences with the surgical repair of Type A aortic dissection in 66 patients using the circulatory arrest - graft inclusion technique
    Jour of Thoracic and Cardiovascular Surgery 105(5) 781-790 1993年
  • Experience with 28 cases of systolic anterior motion (SAM) after Carpentier mitral valve reconstruction
    J Thorac Cardiovasc Surg 103(3) 466-470 1992年
  • Effects of different techniques of internal mammary harvesting on sternal blood flow
    J Thorac Cardiovasc Surg 104(5) 1303-1307 1992年
  • 内胸動脈採取の前胸壁血流におよぼす影響の研究
    金沢大学十全医学会雑誌 100 157-164 1991年
  • Sternal ischemia is significantly greater with a pedicle IMA compared to a sekeletonized IMA
    Current Surgery 49(1) 430-431 1991年
  • Deep endarterectomy versus superficial intimal balloon injury: differential response to basic fibroblastic growth factor
    Circulation 84(4) Part II,11-30 1991年
  • Effect of basic fibroblast growth factor after intimal injury
    Surgical Forum 42 339-340 1991年
  • Aortopulmonary artery dissection
    J Am Coll Cardiol.  54(21) 1990年 [査読有り]
  • Staplerを用いた肺部分切除による内胸動脈グラフトの過伸展防止法
    胸部外科 42 533-535 1989年
  • 経動脈的DSAによる内胸動脈グラフトの開存性診断
    胸部外科 42 900-903 1989年
  • 心房電位測定可能なホルター心電計のWPW症候群への応用
    心臓 20 422-428 1988年
  • 心室細動を生じ副伝導路切断術を行ったWPW症候群の5例
    心臓 20 562-567 1988年
  • 置換弁心内膜炎に対する大動脈弁Translocation法の1例
    北陸外科学会雑誌 7 45-47 1988年
  • 高頻度刺激により誘発と停止が可能であった心室頻拍の手術治療
    臨床心電気生理 11 221-230 1988年

書籍等出版物

  • 2)乳頭筋断裂、『Circulation Visual Best 心臓血管外科デクニック Ⅲ冠動脈・心筋疾患編』(第1章 冠動脈・心筋疾患の病態と治療戦略4.心筋梗塞後の合併症)
    メディカ出版 2009年
  • 急性心筋梗塞後の乳頭筋断裂に対する僧帽弁形成術 心臓弁膜症の外科 第3版
     2007年
  • 冠血行再建術 診断と手術適応
     2007年
  • Technique and Results for Skeletonized GEA Using the Harmonic Scalpel in Combination with Other Arterial Grafts in Off-Pump Coronary Bypass Surgery Arterial Grafting for Coronary Artery Bypass Surgery, Second Edition
    Springer-Verlag Berlin 2006年
  • 胃大網動脈『心臓外科Knack&Pitfalls冠動脈外科の要点と盲点』
    文光堂 2005年
  • GEAの長所と短所or/with使用法と吻合のコツ『心臓外科Knack&Pitfalls冠動脈外科の要点と盲点』
    文光堂 2005年
  • OPCAB時代の専門医教育『心臓外科Knack&Pitfalls冠動脈外科の要点と盲点』
    文光堂 2005年
  • イラストで術式&ケアを理解!心臓血管外科 術式別の術後ケア(第2部 第1章 冠動脈の手術とケア 4)、西田 博監修
    東田隆治、浅井 徹
    分担執筆
    動脈グラフトを用いた完全血行再建術
    株式会社メディカ出版 2005年
  • 心疾患の手術適応と至適時期、赤阪隆史、吉川純一編
    浅井 徹
    分担執筆
    CABG-on-pumpかoff-pumpか-、新・心臓病診療プラクティス2 
    文光堂 2004年

MISC

  • 巨大上行大動脈仮性瘤により肺動脈穿破と高度狭窄を呈した1例
    榎本匡秀, 池上博久, 宮下史寛, 森本政憲, 近藤康生, 藤野晋, 坂倉玲欧, 鈴木友彰, 木下武, 乃田浩光, 浅井徹
    滋賀医学 37 158-159 2015年03月
  • 外傷性三尖弁閉鎖不全症の診断に至り,三尖弁形成術を施行した1例
    榎本匡秀, 乃田浩光, 近藤康生, 内藤志歩, 高島範之, 藤野晋, 池上博久, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 37 155 2015年03月
  • 腹部大動脈瘤破裂に対する治療戦略~合併症のマネージメント~
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 木下武, 坂倉玲欧, 藤野晋, 榎本匡秀, 森本政憲, 宮下史寛
    日本腹部救急医学会雑誌 35(2) 358 2015年02月
  • 透析患者に対する冠動脈バイパス術
    木下 武, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 21(2) 168-172 2015年
  • オープニング・リマークス
    浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 21(2) 153-153 2015年
  • 僧帽弁形成術Resection Technique of New Generation
    浅井徹
    医工学治療 27(Supplement) 71 2015年
  • CABGを科学する 両側内胸動脈はゴールドスタンダード!科学的検証から
    木下武, 浅井徹
    呼吸と循環 62(11) 1018-1026 2014年11月
  • 両側内胸動脈はゴールドスタンダード! 科学的検証から (特集 CABGを科学する)
    木下 武, 浅井 徹
    呼吸と循環 62(11) 1018-1026 2014年11月
  • 心臓手術と体液管理 心臓弁膜症手術の術後体液管理―トルバプタンの使用経験から―
    池上博久, 鈴木友彰, 浅井徹
    Fluid Manag Renaiss 4(4) 349-355 2014年10月
  • 心臓弁膜症手術の術後体液管理 : トルバプタンの使用経験から (特集 心臓手術と体液管理)
    池上 博久, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    Fluid management renaissance 4(4) 349-355 2014年10月
  • 座談会 心臓外科周術期の体液管理 (特集 心臓手術と体液管理)
    増山 理, 浅井 徹, 美甘 章仁
    Fluid management renaissance 4(4) 323-328 2014年10月
  • 2. 冠動脈バイパス術(<特集>心臓・大血管外科手術におけるインフォームドコンセント)
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本外科学会雑誌 115(5) 247-252 2014年09月
  • 心臓・大血管外科手術におけるインフォームドコンセント 2.冠動脈バイパス術
    鈴木友彰, 浅井徹
    日本外科学会雑誌 115(5) 247-252 2014年09月
  • 僧帽弁形成術における弁尖切除の意義 僧帽弁形成術では適切に弁尖切除できる技術は必要である
    浅井徹
    心臓 46(8) 1054-1058 2014年08月
  • 遠隔モニタリングを用いた次世代デバイス管理 病診連携
    浅井徹
    心電図 34(Supplement 3) 354 2014年06月
  • 潰瘍性大腸炎に合併した感染性心内膜炎による僧帽弁閉鎖不全症に対し形成術を行った1例
    白石昭一郎, 小池雅人, 青嶋實, 浅井徹
    胸部外科 67(5) 408-410 2014年05月
  • A型急性大動脈解離(AAD)術後遠隔期再手術のリスク分析
    内藤志歩, 榎本匡秀, 近藤康生, 高島範之, 藤野晋, 池上博久, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 23(3) 753 2014年04月
  • 内腸骨動脈瘤静脈穿破を瘤破裂のみと誤診したが,二期的に血管内治療を施行し救命しえた1例
    近藤康生, 榎本匡秀, 内藤志歩, 藤野晋, 高島範之, 池上博久, 乃田浩光, 太田信一, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 572 2014年04月
  • 急性A型大動脈解離により冠動脈還流障害を合併した症例の検討
    池上博久, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 藤野晋, 高島範之, 内藤志歩, 榎本匡秀, 近藤康生
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 349 2014年04月
  • 弓部置換術において再胸骨切開は手術リスクとなるか?
    高島範之, 近藤康生, 榎本匡秀, 内藤志歩, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 331 2014年04月
  • 大動脈弁閉鎖不全症を伴う成人期大動脈縮窄症に対し胸骨正中切開にて一期的手術を施行した一例
    榎本匡秀, 高島範之, 近藤康生, 内藤志歩, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 450 2014年04月
  • TEVARにおける脊髄虚血予防―INVOSの有用性―
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 池上博久, 高島範之, 藤野晋, 内藤志歩, 榎本匡秀, 近藤康生
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 294 2014年04月
  • 感染性腕頭動脈仮性瘤破裂に対する開胸手術後の弓部破裂に対してZone0へのTEVARを施行した1例
    池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 榎本匡秀, 近藤康生, 内藤志歩, 藤野晋, 高島範之, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 23(2) 651 2014年04月
  • 冠動脈バイパスを伴う弓部置換術の手術成績
    高島範之, 早川真人, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 20(1) 12-16 2014年03月
  • 急性心不全を来した僧帽弁位活動期感染性心内膜炎に対する僧帽弁形成術
    近藤康生, 高島範之, 榎本匡秀, 内藤志歩, 藤野晋, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 36 122 2014年03月
  • 心筋梗塞後左室仮性瘤に対する手術の1例
    榎本匡秀, 高島範之, 近藤康生, 内藤志歩, 藤野晋, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 36 124 2014年03月
  • IS-7-3 Outcome of early surgery for aortic infective endocarditis(IS-7 International Session (7) Cardiovascular surgery)
    内藤 志歩, 榎本 匡秀, 近藤 康生, 高島 範之, 藤野 晋, 池上 博久, 乃田 浩光, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本外科学会雑誌 115(2) 2014年03月
  • 選択的脳潅流と低体温下半身循環停止での弓部全置換術における急性腎障害の危険因子
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 池上博久, 高島範之, 藤野晋, 内藤志歩, 榎本匡秀, 近藤康生
    日本心臓血管外科学会雑誌 43(Supplement) 452 2014年01月
  • 弓部全置換手術の最前線:軽度‐中等度低体温下循環停止脳分離循環法
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 池上博久, 高島範之, 藤野晋, 内藤志歩, 近藤康生, 榎本匡秀
    日本心臓血管外科学会雑誌 43(Supplement) 342 2014年01月
  • 僧帽弁逸脱病変の余剰性の定量評価と修復法の選択
    木下武, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 池上博久, 高島範之
    日本心臓血管外科学会雑誌 43(Supplement) 380 2014年01月
  • 症候性脳合併症を有する活動期感染性心内膜炎における手術時期の検討
    近藤康生, 榎本匡秀, 内藤志歩, 高島範之, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 43(Supplement) 362 2014年01月
  • 左主幹部病変に対するOPCAB
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 池上博久, 高島範之, 藤野晋, 内藤志歩, 近藤康生, 榎本匡秀
    日本心臓血管外科学会雑誌 43(Supplement) 298 2014年01月
  • Bilateral internal thoracic artery grafting is a gold standard strategy of modern coronary bypass surgery
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai
    Respiration and Circulation 62 1018-1026 2014年01月
  • 座談会 心臓外科周術期の体液管理
    Fluid Management Renaissance 4(4) 323-328 2014年
  • 冠動脈バイパスを伴う弓部置換術の手術成績
    高島 範之, 早川 真人, 木下 武, 畔柳 智司, 乃田 浩光, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 20(1) 12-16 2014年
    【目的】胸部大動脈疾患に冠動脈疾患は高率に合併し,冠動脈疾患の重症度は予後に大きく影響する.当科における弓部置換術とCABGの同時手術の手術成績を報告する.【方法】2005年1月から2011年12月までに単一術者が施行した弓部置換術のうち,緊急例を除いた82例を対象とした.CABG同時手術群(A群)と弓部置換単独群(B群)に分けて比較検討した.術前冠動脈造影で75%以上の狭窄を有意狭窄としCABGの対象とした.手術は全例胸骨正中切開で行い,4分枝付き人工血管を使用した.【結果】A群は31例,B群は51例,両群間の術前状態に差は認められなかった.A群の平均バイパス吻合数は1.7±0.8枝で,使用グラフトは左内胸動脈17本,右胃体網動脈1本,大伏在静脈24本であった(重複あり).術中成績は(A群vs B群),手術時間(356分vs 252分),人工心肺時間(192分vs 146分),大動脈遮断時間(112分vs 86分),選択的脳灌流時間(120分vs 84分)と差が出たが,グラフト採取や吻合時間を考慮すると妥当と考えられた.周術期心事故は両群間に有意差を認めず,術後主要合併症(出血再開胸,脳梗塞,新規透析導入,縦隔炎,長期挿管,院内死亡)でも両群間に差は認めなかった.【まとめ】弓部置換術施行症例の高率に冠動脈疾患は合併していた.TARとCABGの同時手術は安全に施行でき,周術期心事故の予防を考慮すると積極的に同時手術は行うべきと考えられた.
  • スケレトナイズ動脈グラフトによる心拍動下冠動脈バイパスの役割
    浅井徹
    脈管学(Web) 54(Supplement) S85(J-STAGE) 2014年
  • 膝窩動脈外膜嚢腫に対して嚢腫切除・開放術を施行した1例
    池上博久, 鈴木友彰, 榎本匡秀, 宮下史寛, 森本政憲, 藤野晋, 坂倉玲欧, 木下武, 乃田浩光, 浅井徹
    脈管学(Web) 54(Supplement) S223(J-STAGE) 2014年
  • 呼吸器合併症が高度に予想されたOPCAB患者に対して周術期理学療法が有効であった一例
    山本高代, 白石昭一郎, 関千雅, 荒木有紀, 木脇恵子, 宇田真里子, 和田定士, 山澤有紀, 小池雅人, 浅井徹
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 41st WEB ONLY NP-35-6 2014年
  • 腹部大動脈瘤破裂に対するステントグラフト内挿術
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 木下武, 池上博久, 藤野晋, 坂倉玲欧, 榎本匡秀, 森本政憲, 宮下史寛
    脈管学(Web) 54(Supplement) S125(J-STAGE) 2014年
  • CABG後のRe‐do CABGの治療戦略
    近藤康生, 木下武, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 19th 113 2014年
  • 心臓カテーテル後に発生した左心房壁内巨大血腫の画像と手術所見
    榎本匡秀, 近藤康生, 藤野晋, 池上博久, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 19th 179 2014年
  • 急性心筋梗塞発症後の経過中に診断に苦慮した感染性心内膜炎の一例
    伏村洋平, 肌勢光芳, 南喜人, 山中亮悦, 波東大地, 立石周平, 倉田博之, 中原祥文, 中村隆志, 池上博久, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 117th KINKI117,E19 (WEB ONLY) 2014年
  • 術中グラフト評価は最高水準のOPCABでは必須である
    浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 19th 80-81 2014年
  • RITA‐LADバイパス術後の再胸骨切開におけるグラフト損傷
    木下武, 浅井徹, 鈴木友彰
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 19th 160 2014年
  • 左室内血栓が急性に出現した拡張型心筋症の一例
    八木典章, 山路正之, 伊藤英樹, 山本孝, 浅井徹, 堀江稔
    滋賀医科大学雑誌(Web) 27(1) 9-13 (WEB ONLY) 2014年
  • 意識障害で発症し診断が遅れた急性大動脈解離の一例
    倉島研人, 肌勢光芳, 南善人, 伏村洋平, 山中亮悦, 波東大地, 倉田博之, 中原祥文, 中村隆史, 高島範之, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 117th KINKI117,G13 (WEB ONLY) 2014年
  • A型大動脈解離術後遠隔期に心不全を発症し,診断に苦慮した一症例
    澤山裕一, 木村紘美, 西川絢子, 冨田行則, 八木典章, 内貴乃生, 松本祐一, 酒井宏, 小澤友哉, 伊藤英樹, 山本孝, 堀江稔, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 117th KINKI117,F14 (WEB ONLY) 2014年
  • OPCAB患者に対する早期離床への取り組み―超早期回復管理(Super Fast‐Track Recovery)を目指して
    嶋田由希, 関千雅, 北村裕子, 木脇恵子, 和田定士, 木下幸, 大久保智春, 樋口雅一, 山澤有紀, 田村遼, 宇田真里子, 吉田歩美, 飛田菜月, 小池雅人, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 214 2013年12月
  • 両側内胸動脈使用CABGを併施した心臓手術の成績
    高島範之, 榎本匡秀, 近藤康生, 内藤志歩, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 204 2013年12月
  • 心筋梗塞後左室仮性瘤に対する手術の一例
    榎本匡秀, 高島範之, 近藤康生, 内藤志歩, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 201 2013年12月
  • Skeletonized GEAの遠隔開存率
    鈴木友彰, 浅井徹, 榎本匡秀, 近藤康男, 内藤志歩, 藤野晋, 高島範之, 池上博久, 乃田浩光
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 133 2013年12月
  • 巨大両側腸骨動脈瘤を有する超高齢者の冠動脈病変に対して二期的手術を成し得た1例
    小池雅人, 白石昭一郎, 青嶋實, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 200 2013年12月
  • 再CABGにおける高周波心外膜エコーの有用性
    内藤志歩, 木下武, 近藤康生, 榎本匡秀, 高島範之, 藤野晋, 池上博久, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(Supplement) 204 2013年12月
  • 討論 (胸部外科の指針 Aspirin継続のoff-pump CABGにおけるtranexamic acid局所療法の止血効果)
    浅井 徹, 助弘 雄太, 田代 忠
    胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 66(13) 1123-1125 2013年12月
  • 急性心筋梗塞の急性期血行再建におけるCABGの長所と短所
    木下武, 浅井徹
    循環器内科 74(3) 303-309 2013年09月
  • Intraoperative fluorescence imagingを用いた冠動脈バイパスにおけるグラフト評価の有用性
    畔柳智司, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 木下武, 高島範之, 早川真人
    日本冠疾患学会雑誌 19(3) 232-227 2013年09月
  • 急性心筋梗塞の急性期血行再建におけるCABGの長所と短所
    木下 武, 浅井 徹
    循環器内科 74(3) 303-309 2013年09月
  • 大動脈四尖弁による閉鎖不全症に僧帽弁閉鎖不全症,三尖弁閉鎖不全症を合併した1症例
    早川真人, 木下武, 内藤志歩, 高島範之, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(3) 190-192 2013年05月
  • 梅毒による巨大左総大腿動脈瘤の1手術例
    早川真人, 鈴木友彰, 内藤志歩, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 22(2) 574 2013年04月
  • EVARにおける中期成績~IFUの意義~
    乃田浩光, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 内藤志歩, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 22(2) 409 2013年04月
  • 糖尿病合併症としての動脈硬化の臨床 11)2型糖尿病合併症としての冠動脈疾患治療:心臓血管外科医の立場から
    浅井徹
    動脈硬化予防 12(1) 75-83 2013年04月
  • 冠動脈病変を有する腹部大動脈瘤の治療
    鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(1) 73-77 2013年03月
  • ペースメーカー植込み後心内膜炎を発症した2例
    富田行則, 浅田紘平, 坂本愛, 中澤優子, 小澤友哉, 宮本証, 杉本喜久, 伊藤誠, 堀江稔, 細羽創宇, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 35 153 2013年03月
  • 活動期感染性心内膜炎に対する治療戦略
    細羽創宇, 早川真人, 高島範之, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 35 152-153 2013年03月
  • 梅毒による大動脈弁閉鎖不全症と左冠動入口部狭窄の1手術例
    早川真人, 細羽創宇, 高島範之, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 35 153 2013年03月
  • PS-031-5 Platypnea-Orthodeoxia syndromeの2例に対する手術経験(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)
    高島 範之, 内藤 志歩, 早川 真人, 木下 武, 畔柳 智司, 乃田 浩光, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本外科学会雑誌 114(2) 2013年03月
  • Platypnea‐Orthodeoxia syndromeの2例に対する手術経験
    高島範之, 内藤志歩, 早川真人, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本外科学会雑誌 114 561 2013年03月
  • 左主幹部病変に対するOPCAB
    鈴木友彰, 浅井徹, 内藤志歩, 早川真人, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 134 2013年02月
  • 弓部置換術における4分枝人工血管であるJ graft shield neoとGelweaveの使用経験
    乃田浩光, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 358 2013年02月
  • 80歳以上の高齢者に対する弓部大動脈全置換術の是非
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 285 2013年02月
  • Leaflet Geometry,Coaptation area重視のこだわり僧帽弁形成術
    浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 361 2013年02月
  • 再冠動脈バイパス術における高周波心外膜エコーの有用性
    内藤志歩, 木下武, 早川真人, 高島範之, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 497 2013年02月
  • 大動脈弁置換術における人工弁のサイズ選択は術前心臓超音波検査で予測できるか?
    早川真人, 木下武, 内藤志歩, 高島範之, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(Supplement) 374 2013年02月
  • 大動脈四尖弁による閉鎖不全症に僧帽弁閉鎖不全症,三尖弁閉鎖不全症を合併した1症例
    早川 真人, 木下 武, 内藤 志歩, 高島 範之, 畔柳 智司, 乃田 浩光, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 42(3) 190-192 2013年
    大動脈四尖弁は非常に稀な疾患であり,その発生頻度は剖検例の検討で0.008~0.033%,また大動脈弁置換術症例の検討では0.85~1.46%と報告されている.今回われわれは大動脈四尖弁による大動脈閉鎖不全症(AR)に僧帽弁閉鎖不全症(MR),三尖弁閉鎖不全症(TR)を合併した1症例を経験したので報告する.症例は66歳男性.5年ほど前より呼吸苦を認めるようになり,同時期に心不全にて入院加療となる.いったん軽快するも再度呼吸苦が出現し,心不全の増悪にて再入院した.薬物療法でも改善を認めず,精査にてAR,MR,TRを認めたため手術目的に当科紹介となる.手術は胸骨正中切開にてアプローチした.人工心肺を確立,完全体外循環とした後,まず僧帽弁形成術を行った.次に大動脈に切開を加え大動脈弁を確認すると,右冠尖と左冠尖の間に過剰弁尖のある4尖弁であった.弁尖,弁輪に石灰化も認めた.特に冠動脈入口部異常などは認めなかった.弁尖を切除し,生体弁にて大動脈弁置換術を施行した.最後に三尖弁形成術を行った.術後経過は良好であり20日目に退院となった.
  • Intraoperative fluorescence imagingを用いた冠動脈バイパスにおけるグラフト評価の有用性
    畔柳 智司, 浅井 徹, 鈴木 友彰, 乃田 浩光, 木下 武, 高島 範之, 早川 真人
    日本冠疾患学会雑誌 19(3) 223-227 2013年
    Transit-time flowmetry(TTFM)を行った後にintraoperative fluorescence imaging(IFI)systemを導入し,冠動脈バイパス術(CABG)術中グラフト評価を行った.2009年4月のIFI導入から2011年11月までの期間に施行した159例を対象とした.TTFMではRITA 12/142本,LITA 13/155本,GEA 20/88本,SVG 10/50本に問題のある値が検出されたが,IFIではすべて造影効果が得られた.術後早期には動脈グラフトはすべて開存が確認され,静脈グラフトも2本の閉塞のみであった.術後早期の非常に良好なグラフト開存が得られ,この手法による術中グラフト評価は非常に有用であった.
  • 冠動脈病変を有する腹部大動脈瘤の治療
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 19(1) 73-77 2013年
  • 腹部大動脈瘤破裂に対するEVAR
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 高島範之, 藤野晋, 内藤志歩, 榎本匡秀, 近藤康生
    脈管学(Web) 53(Supplement) S132-S133(J-STAGE) 2013年
  • これからの時代に必要とされる冠動脈バイパス術を如何に修得していくか
    木下武, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 338 2012年12月
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室修復術Extended Sandwich Patch法の中期成績
    浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 364 2012年12月
  • OPCAB術後に冠動脈攣縮をきたした一例
    内藤志歩, 早川真人, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 413 2012年12月
  • 冠動脈バイパス術に対しOff‐Pump手術を第一選択とした方針とその成績
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 328 2012年12月
  • 冠動脈慢性完全閉塞症例において高周波超音波装置が有用であった1例
    早川真人, 木下武, 内藤志歩, 高島範之, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 431 2012年12月
  • 左下腿切断部壊疽合併した透析患者の低左心機能虚血性心筋症に対してOPCAB施行し,心不全改善を成し得た1例
    小池雅人, 白石昭一郎, 青嶋實, 上羽宏明, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 402 2012年12月
  • Stroke予防におけるAortic no‐touch techniqueの重要性
    木下武, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本冠疾患学会雑誌 18(4) 330 2012年12月
  • 冠動脈バイパス術での標的冠動脈同定における高周波超音波装置の有用性
    早川真人, 木下武, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(3) 194-197 2012年10月
  • 動脈グラフトを主体とした心拍動下冠動脈バイパスの実力
    浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 早川真人, 内藤志歩
    日本臨床外科学会雑誌 73 354 2012年10月
  • 先天性大動脈二尖弁を有する大動脈疾患に対する治療戦略
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 早川真人, 内藤志歩
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 591 2012年09月
  • SYNTAX時代の冠動脈バイパス手術
    木下武, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 高島範之, 内藤志保
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 261 2012年09月
  • 低左室機能の大動脈弁狭窄症に対する生体弁置換術後における左室駆出率と心筋重量係数の経時的変化
    木下武, 浅井徹, 鈴木友彰, 乃田浩光, 畔柳智司, 高島範之, 早川真人, 内藤志保
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 607 2012年09月
  • Type 2病変に対する新たな標準再建術式としてのButterfly Resection―Resect with Respect Strategy―
    浅井徹, 早川真人, 内藤志歩, 細羽創宇, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 292 2012年09月
  • 再冠動脈バイパス術における高周波心外膜エコーの役割
    内藤志歩, 木下武, 早川真人, 高島範之, 細羽創宇, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 342 2012年09月
  • 弓部全置換術の温度設定―軽度低体温法の成績
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳哲司, 木下武, 高島範之, 早川真人
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 565 2012年09月
  • Barlow Diseaseの複数後尖逸脱病変に対するmuitiple Butterfly Resectionの有用性
    浅井徹, 早川真人, 内藤志歩, 細羽創宇, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 白石昭一郎, 小池雅人
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 60(Supplement) 349 2012年09月
  • 80歳以上の超高齢者大動脈弁狭窄症に対する手術適応の検討
    畔柳智司, 浅井徹, 鈴木友彰
    日本心臓病学会誌 7(Supplement 1) 286 2012年08月
  • 重症虚血性心疾患とLeriche症候群に対するOPCABと上行大動脈‐両側大腿動脈バイパスの同時手術例
    高島範之, 鈴木友彰, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(3) 152-155 2012年05月
  • 弓部置換術時の循環停止温度の指標は鼓膜温でいいのか?
    高島範之, 鈴木友彰, 早川真人, 細羽創宇, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 21(3) 352-353 2012年05月
  • 当院でのIFU外に対するEVARの戦略
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 細羽創宇, 高島範之, 藤野晋, 早川真人, 東上震一
    日本血管外科学会雑誌 21(3) 400-401 2012年05月
  • 腎動脈下腹部大動脈瘤の治療による腎障害の検討
    畔柳智司, 早川真人, 藤野晋, 細羽創宇, 高島範之, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 21(3) 370 2012年05月
  • 正中開胸手術と上行大動脈‐大腿動脈バイパスの同時手術を施行した2症例
    高島範之, 早川真人, 細羽創宇, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 21(2) 162 2012年04月
  • 3時間台で終了するための弓部全置換手術のポイント
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 早川真人
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(Supplement) 322 2012年03月
  • 遠隔成績改善のためのCABGグラフトモデルの検証
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 藤野晋, 早川真人
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(Supplement) 310 2012年03月
  • 当院における80歳以上高齢者に対する急性A型大動脈解離の成績
    早川真人, 鈴木友彰, 高島範之, 細羽創宇, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(Supplement) 506 2012年03月
  • 80歳以上の超高齢者大動脈弁狭窄症に対する手術適応の検討
    畔柳智司, 早川真人, 細羽創宇, 高島範之, 藤野晋, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(Supplement) 313 2012年03月
  • EVAR導入後のAAAに対する手術戦略の変遷と結果
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 藤野晋, 早川真人
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(Supplement) 289 2012年03月
  • 僧帽弁前尖巨大穿孔と後尖逸脱による重症MRに対して僧帽弁形成術施行した1列
    小池雅人, 白石昭一郎, 青嶋實, 浅井徹
    滋賀医学 34 181 2012年03月
  • 急性A型解離の最前線治療とその成績
    早川真人, 鈴木友彰, 細羽創宇, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    滋賀医学 34 187 2012年03月
  • 低左心機能虚血性心筋症に対して心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)施行し,安全に完全血行再建を成し得た1例
    小池雅人, 白石昭一郎, 青嶋實, 浅井徹
    滋賀医学 34 181 2012年03月
  • 長期予後に優れた動脈グラフトOPCABの検証
    木下武, 浅井徹, 永吉靖弘, 神原篤志, 鈴木友彰, 乃田浩光, 高島範之, 細羽創宇
    滋賀医学 34 182 2012年03月
  • 血中BNPによる無症候性心筋虚血の診断的有用性について(第2報)血中BNPの急激な上昇が診断の端緒となった,三枝病変の1症例
    浜本肇, 鈴木友彰, 浅井徹, 松井俊樹, 山岡治
    滋賀医学 34 183 2012年03月
  • OPCAB1日目に重篤な全冠動脈攣縮を発症した1例
    内藤志歩, 鈴木友彰, 早川真人, 細羽創宇, 高島範之, 木下武, 乃田浩光, 畔柳智司, 浅井徹
    滋賀医学 34 185-186 2012年03月
  • Fast‐Trackを可能にした弓部全置換術の術式の改良
    永吉靖弘, 浅井徹, 神原篤志, 鈴木友彰, 乃田浩光, 木下武, 高島範之, 細羽創字
    滋賀医学 34 182 2012年03月
  • 心大血管術後の愁訴が有酸素運動の開始に与える影響
    平岩康之, 林秀樹, 渋川武志, 木下妙子, 岩本朋美, 前川昭次, 阪上芳男, 今井晋二, 中江一郎, 松本鉄也, 松林景二, 浅井徹, 堀江稔
    心臓リハビリテーション 17(1) 93-97 2012年02月
  • 重症虚血性心疾患と Leriche 症候群に対する OPCAB と上行大動脈-両側大腿動脈バイパスの同時手術例
    高島 範之, 鈴木 友彰, 細羽 創宇, 木下 武, 乃田 浩光, 神原 篤志, 永吉 靖弘, 浅井 徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 41(3) 152-155 2012年
    Leriche症候群では,腹部大動脈以下が完全閉塞しており,下肢の血流を補うために内胸動脈から下腹壁動脈を介して豊富な側副血行路が形成される.また,Leriche症候群は高率に虚血性心疾患を合併すると報告されており,冠動脈血行再建(CABG)と下肢血行再建を必要とする症例も存在する.内胸動脈をCABGのグラフトとして使用する場合,側副血行路が失われ,術後下肢虚血の悪化が危惧され,手術の術式や時期を十分検討する必要がある.症例は52歳,男性.間欠性跛行,動悸を主訴に精査をしたところ重症虚血性心疾患を合併したLeriche症候群と診断された.長期成績や手術のリスクを考慮し,下肢への血行再建は上行大動脈をinflowとしたバイパスが最良であると判断した.また,内胸動脈から下肢への側副血行が非常に豊富であり,同時血行再建手術が必要であると考え,心拍動下冠動脈バイパスと上行大動脈-両側大腿動脈バイパスを一期的に行った.術後経過は良好で合併症もなく退院となった.
  • 冠動脈バイパス術での標的冠動脈同定における高周波超音波装置の有用性
    早川 真人, 木下 武, 鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 18(3) 194-197 2012年
    冠動脈バイパス術において,心外膜の厚い線維脂肪組織内や心筋内を走行する冠動脈の同定はしばしば困難である.当施設では,術中に心外膜から冠動脈の直接的な評価が可能な小さなトランスデューサーを備えた高周波超音波装置(Medi-Stim社,Veri-Qc)を2010年7月から導入した.埋没冠動脈の症例で特に有用であったため,その経験を報告する.2010年7月から2011年7月に施行した単独オフポンプ冠動脈バイパス術89例のうち,触診,視診,術前の冠動脈造影では冠動脈の正確な同定が不可能な症例は10例であった.これらの全症例において,われわれは高周波超音波装置にて埋没冠動脈の位置を予め同定した上で剥離を行い,安全に標的冠動脈を露出した.埋没冠動脈の同定に高周波超音波装置は有用で,より安全で確実な手術を行う一助になり得る.
  • 難治性胸腹水を認めた結核性収縮性心膜炎の一例
    森本政憲, 児玉浩志, 伊藤英樹, 福本大介, 冨田行則, 八木典章, 木村紘美, 林秀樹, 小澤友哉, 酒井宏, 山本孝, 伊藤誠, 堀江稔, 早川真人, 乃田浩光, 浅井徹, 前田行治
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 114th KINKI114,P13 (WEB ONLY) 2012年
  • 心臓血管外科手術における術前介入効果の検討―Fast Track Programを対象とした術前指導の有用性―
    澁川武志, 久郷真人, 内田さとみ, 木下妙子, 平岩康之, 前川昭次, 林秀樹, 今井晋二, 浅井徹, 堀江稔
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web) 18th O-179 (WEB ONLY) 2012年
  • 両側冠動脈肺動脈瘻術後にBrugada型心電図を呈し心室細動を発症した1例
    高島範之, 内藤志保, 早川真人, 細羽創宇, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 161 2012年
  • TTFMとIFIを用いた術中graft評価
    畔柳智司, 内藤志歩, 早川真人, 藤野晋, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 127 2012年
  • PCI中IVUS抜去困難となり緊急手術を施行した一例
    内藤志歩, 鈴木友彰, 早川真人, 高島範之, 藤野晋, 細羽創宇, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 167 2012年
  • 冠動脈バイパス術における高周波超音波装置導入後の手術成績
    早川真人, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 藤野晋, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 135 2012年
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室修復術“Extended Sandwich Patch”の中期成績
    浅井徹, 鈴木友彰, 細羽創宇, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 藤野晋, 高島範之, 早川真人, 内藤志歩
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 86 2012年
  • Multi‐arterial draftingとoff‐pump CABGの遠隔成績
    浅井徹
    医工学治療 24(Supplement) 80 2012年
  • 心拍動下冠動脈バイパス術と腹部大動脈瘤手術の同時手術の検討
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 細羽創宇, 高島範之, 藤野晋, 早川真人
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 17th 110 2012年
  • IFU外に対するEVAR
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 神原篤志, 木下武, 高島範之, 細羽創宇
    日本血管外科学会雑誌 20(7) 1013-1014 2011年12月
  • 急性A型大動脈解離に対する循環停止
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範彦, 木下武, 乃田浩光, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 20(7) 1011 2011年12月
  • Preoperative C-reactive protein and atrial fibrillation after off-pump coronary bypass surgery
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Noriyuki Takashima, Soh Hosoba, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    European Journal of Cardio-thoracic Surgery 40 1298-1303 2011年12月
    Objective: The purpose of the present study was to investigate the association between preoperative C-reactive protein (CRP) and atrial fibrillation (AF) after isolated off-pump coronary bypass surgery. Methods: Of 683 consecutive patients undergoing isolated coronary bypass surgery by a single surgeon between January 2002 and March 2009, 552 were retrospectively analyzed after excluding the following 131 cases: on-pump surgery (n=6), chronic AF (n=14), pacemaker rhythm (n=7), and preoperative CRP of ≥10mgl -1 (n=104). We analyzed the correlation on a continuous basis per 1 SD increase in the logarithmically transformed value of CRP and on a group basis CRP level categorized into three groups: <1.0mgl -1, n=196; 1.0-3.0mgl -1, n=220; and 3.0-10.0mgl -1, n=136. Results: AF occurred in 121 patients (21.9%, 121/552) of patients after surgery. The median value (interquartile range) of preoperative CRP (mgl -1) was significantly higher in patients who developed AF than in those who did not (2.2 (1.0-4.2) vs 1.3 (0.6-2.5), p=0.001). The rate of 7-day survival free from AF was 65.4% in patients with CRP of 3.0-10.0mgl -1, 79.9% in those with CRP of 1.0-3.0mgl -1, and 85.7% in those with CRP of <1.0mgl -1 (log-rank test: p=0.001). The unadjusted hazard ratio (95% confidence interval) for the association between CRP and postoperative AF was 1.65 (1.32-2.06) per 1 SD increase and 3.17 (1.86-5.40) for patients with CRP of 3.0-10.0mgl -1 versus those with levels of <1.0mgl -1. This association persisted after adjustment for the univariate predictors (1.43 (1.22-1.97) per 1 SD increase; 2.88 (1.67-4.97) for patients with CRP of 3.0-10.0mgl -1 vs <1.0mgl -1) or the known risk factors (1.34 (1.18-1.86) per 1 SD increase; 2.52 (1.54-4.36) for patients with CRP of 3.0-10.0mgl -1 vs <1.0mgl -1). The area under the receiver operating characteristic curve (95% confidence interval) for preoperative CRP as a predictor of postoperative AF was 0.68 (0.62-0.74) (p=0.001). Conclusions: Preoperative CRP is independently associated with the occurrence of AF after isolated off-pump coronary bypass surgery. © 2011 European Association for Cardio-Thoracic Surgery.
  • ASCに対するOff‐pump CABGの成績
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 藤野晋, 早川真人
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 320 2011年11月
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔と左室自由壁破裂を合併した症例に対しパッチ修復術を用いた一救命例
    細羽創宇, 鈴木友彰, 早川真人, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 394 2011年11月
  • SPYsystemによる術中graft評価の有用性
    畔柳智司, 早川真人, 高島範之, 藤野晋, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 375 2011年11月
  • 冠動脈疾患を伴う弓部置換術の手術成績
    高島範之, 鈴木友彰, 早川真人, 細羽創宇, 藤野晋, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 377 2011年11月
  • 冠動脈バイパス術での標的冠動脈同定における高周波超音波装置の有用性
    早川真人, 木下武, 高島範之, 藤野晋, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 399 2011年11月
  • 320列MDCTによるOPCAB前後の心機能評価とグラフト評価
    乃田浩光, 浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇, 早川真人
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 308 2011年11月
  • 糖尿病多肢病変患者に対するオフポンプ法,スケルトナイズ法を用いた両側内胸動脈バイパスの短期・長期成績
    木下武, 浅井徹, 早川真人, 細羽創宇, 高島範之, 畔柳智司, 乃田浩光, 鈴木友彰
    日本冠疾患学会雑誌 17(4) 293 2011年11月
  • Transfer of bone marrow progenitors prevents coronary insufficiency and systolic dysfunction in the mechanical unloaded heart in mice
    Masato Koike, Masato Koike, Hideto Kojima, Mineko Fujimiya, Keiji Matsubayashi, Yoshinari Aimi, Hiroshi Kimura, Tohru Asai
    Journal of Surgical Research 171 47-57 2011年11月
    Background: Left ventricular-assist device (LVAD) can lead to improvement of cardiac performance in a subset of patients, but chronic mechanical unloading in this fashion may result in left ventricular (LV)-atrophy and impaired functional recovery. Here, we evaluate the efficacy of transferring bone-marrow KSL cells (Lin-/c-kit+/Sca1+), a fraction containing endothelial progenitor cells, for preventing LV-atrophy and malfunction in a mouse model of mechanical unloading of the heart. Materials and Methods: Recipients of an isogenic heart transplant received intramyocardial isogenic KSL cells or PBS in three different locations of the left ventricle (LV). Coronary blood flow and LV systolic function were evaluated by echocardiography, and morphologic changes were analyzed on d 7 and 56. Results: PBS-treated mice showed severe systolic dysfunction and large thrombi in LV at both time points. In contrast, KSL cell transfer markedly reduced systolic dysfunction and thrombus size. Furthermore, in comparison with PBS control, KSL recipients had increased coronary blood flow (3-fold, P < 0.01) accompanied by increased LV capillary density and muscle mass. Conclusions: These results indicate that intramyocardial transfer of bone marrow KSL cells significantly protects against coronary insufficiency and systolic dysfunction in the chronic LV-unloading heart, suggesting that this approach may have clinical potential as a combination therapy with LVAD. © 2011 Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
  • 冠動脈疾患における治療学の進歩 冠動脈バイパス術(CABG)冠動脈バイパス術の選択基準
    鈴木友彰, 浅井徹
    日本臨床 69 398-401 2011年09月
  • 心筋梗塞診療の最新情報 治療の実際 冠動脈バイパス術
    鈴木友彰, 浅井徹
    月刊臨床と研究 88(9) 1113-1116 2011年09月
  • 80歳以上の高齢者に対する全弓部大動脈置換術の検討
    高島範之, 鈴木友彰, 早川真人, 細羽創宇, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 59(Supplement) 294 2011年09月
  • Skeletonized GEAのグラフトとしての実力:遠隔期成績と開存率
    鈴木友彰, 浅井徹, 乃田浩光, 畔柳智司, 木下武, 高島範之, 細羽創宇
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 59(Supplement) 239 2011年09月
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する右室切開アプローチ・経VSDによるダブルパッチ修復術
    細羽創宇, 鈴木友彰, 早川真人, 高島範之, 木下武, 畔柳智司, 乃田浩光, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 59(Supplement) 289 2011年09月
  • Barlow Disease前尖に対する新しいデザインの切除法―Double Triangular Resection―
    浅井徹, 鈴木友彰, 畔柳智司, 木下武, 細羽創宇, 高島範之, 早川真人, 乃田浩光
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 59(Supplement) 250 2011年09月
  • 冠動脈バイパス術 (特集 心筋梗塞診療の最新情報) -- (治療の実際)
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    臨牀と研究 88(9) 1113-1116 2011年09月
  • 2011年現在,左主幹部病変に対する治療法決定には,何が必要か?
    浅井徹
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 192 2011年08月
  • 要点でつかむ!心臓血管外科手術と看護ケア【術式と術後合併症編】2 冠動脈バイパス術(CABG)の術式と術後合併症
    鈴木友彰, 浅井徹
    Heart Nurs 24(7) 682-689,672 2011年07月
  • 冠動脈バイパス術(CABG)の術式と術後合併症 (特集 要点でつかむ! 心臓血管外科手術と看護ケア--術式と術後合併症編)
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    ハートナーシング 24(7) 682-689,672 2011年07月
  • PD-6-4 冠動脈疾患適正治療の討論は「創世記」の「バベルの塔」か? : EBMは重症冠動脈疾患の標準治療がCABGであることを示している(PD6 パネルディスカッション(6)冠動脈疾患に対する至適治療のありかた;冠動脈バイパス vs Drug eluting stent,第111回日本外科学会定期学術集会)
    浅井 徹
    日本外科学会雑誌 112(1) 2011年05月
  • 冠動脈疾患適正治療の討論は「創世記」の「バベルの塔」か?EBMは重症冠動脈疾患の標準治療がCABGであることを示している
    浅井徹
    日本外科学会雑誌 112 273 2011年05月
  • 左主幹部病変,3枝病変に対するCABGとPCI (特集 冠血行再建術のエビデンスをどうみるか--PCIとCABG)
    木下 武, 浅井 徹
    呼吸と循環 59(5) 451-459 2011年05月
  • 冠血行再建術のエビデンスをどうみるか―PCIとCABG 左主幹部病変,3枝病変に対するCABGとPCI
    木下武, 浅井徹
    呼吸と循環 59(5) 451-459 2011年05月
  • 急性A型大動脈解離に対する循環停止下上行置換における超低体温と中等度低体温の比較
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 20(2) 446 2011年04月
  • EVAR導入によるAAAに対する手術戦略
    乃田浩光, 高島範之, 細羽創宇, 木下武, 神原篤志, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 20(2) 483 2011年04月
  • 胸部大動脈手術後深部正中創感染に対するVAC療法の検討
    松林景二, 高島範之, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 鈴木友彰, 永吉靖之, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 20(2) 386 2011年04月
  • Preoperative heart rate variability predicts atrial fibrillation after coronary bypass grafting
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Takako Ishigaki, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Annals of Thoracic Surgery 91 1176-1182 2011年04月
    Background: The purpose of the present study was to investigate the association between preoperative heart rate variability and atrial fibrillation after off-pump coronary artery bypass graft surgery. Methods: Of 524 consecutive patients undergoing isolated coronary artery bypass surgery, 390 were retrospectively analyzed after excluding the following 134 cases: on-pump surgery (n = 6), emergency (n = 106), chronic atrial fibrillation (n = 17), and pacemaker rhythm (n = 5). The following time-domain factors of heart rate variability were calculated: standard deviation of all normal-to-normal QRS (SDNN) and square root of mean of sum of squares of differences between adjacent normal-to-normal QRS (RMSSD). Results: Atrial fibrillation occurred in 98 patients (25%) after surgery. Patients not having atrial fibrillation had significantly lower heart rate variability than did patients having atrial fibrillation, with median values of 91 versus 121 for SDNN and 19 versus 25 for RMSSD. Reduced heart rate variability was significantly associated with a lower risk of postoperative atrial fibrillation: the adjusted hazard ratio (95% confidence interval) was 0.29 (0.17 to 0.49) for SDNN 99 ms or less and 0.47 (0.30 to 0.74) for RMSSD 20 ms or less. The area under the receiver operating characteristic curves for SDNN and RMSSD as a predictor of postoperative atrial fibrillation was 0.764 and 0.696, respectively. Conclusions: Reduced time-domain factors in preoperative 24-hour heart rate variability are independently associated with a lower risk of atrial fibrillation after off-pump coronary artery bypass surgery. © 2011 The Society of Thoracic Surgeons.
  • In off-pump surgery, skeletonized gastroepiploic artery is superior to saphenous vein in patients with bilateral internal thoracic arterial grafts
    Tomoaki Suzuki, Tohru Asai, Keiji Matsubayashi, Atsushi Kambara, Takeshi Kinoshita, Noriyuki Takashima, So Hosoba
    Annals of Thoracic Surgery 91 1159-1164 2011年04月
    Background: When the bilateral internal thoracic arteries are grafted to the left coronary arteries, it remains controversial whether the better conduit is provided by grafting the saphenous vein graft (SVG) or the gastroepiploic artery (GEA) to the right coronary artery territory. From the beginning of the present study, we consistently used the GEA in a skeletonized fashion using ultrasound scissors. Methods: From January 2002 to December 2009, 320 consecutive patients with triple-vessel disease underwent in situ bilateral internal thoracic artery grafting to the left coronary arteries. Among the 320 patients, of whom 229 underwent GEA grafting to the right coronary artery and 91 SVG grafting, 85 propensity score-matched pairs were identified (C statistic, 0.68 [p < 0.001]). Results: The mean follow-up duration was 5.1 ± 2.2 years. Seven-year freedom from death from all causes was 96.0% in the GEA group and 82.2% in the SVG group (p = 0.03); the rate of freedom from cardiac events (cardiac death, myocardial infarction, angina pectoris, repeat intervention, and heart failure) was 89.3% in the GEA group and 77.5% in the SVG group (p = 0.048). Multivariate Cox proportional hazard regression analysis showed that SVG use (without GEA) (p = 0.04; hazard ratio, 0.31; 95% confidence interval, 0.11 to 0.94) and smoking history (p = 0.02; hazard ratio, 0.22; 95% confidence interval, 0.07 to 0.81) were independent predictors of late cardiac event. Conclusions: Skeletonized GEA grafting to the right coronary artery system is better than SVG grafting in patients with left-sided bilateral internal thoracic arterial grafts. © 2011 The Society of Thoracic Surgeons.
  • 無症候性虚血性心疾患の管理における,脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の有用性について.(2症例を中心に)
    浜本肇, 鈴木友彰, 浅井徹, 木之下正彦, 松井俊樹, 山岡修, 浜本徹
    滋賀医学 33 42-49 2011年03月
  • 拡張型心筋症に対して左室部分切除術を行った3例
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 西村修, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 松林景二, 浅井徹
    滋賀医学 33 135 2011年03月
  • 弓部大動脈瘤の最新手術治療
    高島範之, 鈴木友彰, 細羽創宇, 西村修, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 松林景二, 浅井徹
    滋賀医学 33 135 2011年03月
  • 拡張型心筋症による心不全加療中に出現した左室内血栓の1例
    八木典章, 山路正之, 中井真由美, 吉橋彩子, 堀江稔, 高島範之, 鈴木友彰, 浅井徹, 浜本肇
    滋賀医学 33 134 2011年03月
  • Syphilitic aortitis causing bilateral coronary ostial stenosis
    Soh Hosoba, Tomoaki Suzuki, Yusuke Koizumi, Tohru Asai
    Heart Surgery Forum 14 2011年02月
    Coronary ostial stenosis in otherwise normal coronary vessels is a rare complication of syphilitic aortitis. A 47-year-old man with no coronary risk factors developed severe isolated ostial stenosis in the left main coronary artery and right coronary artery. He underwent coronary artery bypass grafting using the bilateral internal thoracic arteries and gastroepiploic artery and recovered uneventfully. © 2011 Forum Multimedia Publishing, LLC.
  • 急性A型大動脈解離に対する循環停止下上行置換における超低体温と中等度低体温の比較
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 418 2011年01月
  • 大動脈弁狭窄症に対する生体弁による単独大動脈弁置換術の中期成績
    木下武, 浅井徹, 細羽創宇, 高島範之, 鈴木友彰, 神原篤志, 松林景二
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 359 2011年01月
  • Skeletonized GEAを右冠動脈にバイパスすることは遠隔期間成績を改善する
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 乃田浩光, 永吉靖弘, 木下武, 高島範之, 細羽創宇
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 265 2011年01月
  • 早期・中期成績からみた大動脈基部置換術における術式別検討
    松林景二, 高島範之, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 378 2011年01月
  • Skeletonized胃大網動脈の遠隔期開存率の検討
    高島範之, 鈴木友彰, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 308 2011年01月
  • 成績向上のための弓部全置換手術の手技改良ポイントとその成果
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 永吉靖弘, 神原篤志, 木下武, 乃田浩光, 高島範之, 細羽創宇
    日本心臓血管外科学会雑誌 40(Supplement) 256 2011年01月
  • Benefcial actions of statins in the reduction of atrial fibrillation and stabilization and regression of coronary plaques: But how and why?-reply
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai
    Circulation Journal 75 226 2011年01月
  • A novel design of posterior leaflet butterfly resection for mitral valve repair
    Tohru Asai, Takeshi Kinoshita, Osamu Nishimura, Atsushi Kambara, Tomoaki Suzuki, Keiji Matsubayashi
    Innovations: Technology and Techniques in Cardiothoracic and Vascular Surgery 6 54-56 2011年01月
    A new design for posterior leaflet resection, "butterfly resection," is proposed. It is a combination of two triangular resections in the prolapsing posterior leaflet segment. This method minimizes resection in the target segment, and it prevents systolic anterior motion by reducing the height of the posterior leaflet according to the amount of excess tissue. We have used this technique for 60.4% (29 of 48) of posterior leaflet prolapse cases with zero hospital mortality and no morbidity. Postbypass transesophageal echocardiography identified no more than mild regurgitation and no sign of systolic anterior motion. During 13.1 ± 6.8 months of follow-up, patients neither died nor needed reoperation. Copyright © 2011 by the International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery.
  • 心臓外科医の私がリハビリテーションに期待すること
    浅井徹
    心臓リハビリテーション 16(2 Suppl.) S113 2011年
  • 日本の心臓血管外科医は治療法選択に加わる必要がある。
    浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 16th 83 2011年
  • 回路の工夫により人工肺トラブルでの交換を迅速に行えた症例と交換用回路の作製
    吉田 均, 竹内 斉, 吉田 久美, 松林 景二, 浅井 徹
    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 37(4) 429-432 2010年12月
  • 回路の工夫により人工肺トラブルでの交換を迅速に行えた症例と交換用回路の作製
    吉田均, 竹内斉, 吉田久美, 松林景二, 浅井徹
    体外循環技術 37(4) 429-432 2010年12月
  • 大動脈弁置換術およびCABG後近接期に発症したStanford A型急性大動脈解離
    西村修, 鈴木友彰, 細羽創宇, 高島範之, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    胸部外科 63(13) 1141-1144 2010年12月
    We experienced a case of acute type A aortic dissection shortly after a cardiac operation. A 73-year-old man underwent aortic valve replacement and coronary artery bypass grafting for aortic regurgitation and angina pectoris. Aortic valve was tricuspid and the ascending aorta was mildly dilated in preoperative studies. The postoperative computed tomography (CT) revealed aortic dissection, from the ascending aorta to the arch of aorta, although the patient was asymptomatic. Reoperation for the aortic dissection was performed on the 22nd post operative day. Re-do sternotomy was safely carried out prior to heparinization. Under hypothermic circulatory arrest with femoral arterial and venous cannulations, the ascending aorta was replaced and re-implantation of the saphenous vein graft was carried out. The postoperative recovery was uneventful and he was discharged on the 17th postoperative day.
  • 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵頭十二指腸切除術の経験
    北村美奈, 塩見尚礼, 仲成幸, 赤堀浩也, 前平博充, 児玉泰一, 冨田香, 生田大二, 矢澤武史, 三宅亨, 森毅, 山口剛, 束田宏明, 龍田健, 張弘富, 清水智治, 久保田良浩, 村田聡, 山本寛, 梅田朋子, 目片英治, 阿部元, 来見良誠, 神原篤志, 細羽創宇, 鈴木友彰, 浅井徹, 谷徹
    日本臨床外科学会雑誌 71(11) 3016-3017 2010年11月
  • 冠動脈バイパスと大動脈弁置換同時手術症例の検討
    松林景二, 高島範之, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 398 2010年11月
  • 高リスク患者に対するオフポンプ両側内胸動脈バイパス
    木下武, 浅井徹, 高島範之, 細羽創宇, 鈴木友彰, 神原篤志, 松林景二
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 388 2010年11月
  • CABGにおけるグラフト選択とレイアウト Off‐pump multiple in‐situ skeletonized arterial grafting makes difference!
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 365 2010年11月
  • LM病変の標準治療はCABGである.ではどの時点,どの手術法が最高のCABGか?
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 274 2010年11月
  • 肺動脈離断を要したPCI後冠動脈穿孔の一救命例
    高島範之, 松林景二, 細羽創宇, 木下武, 乃田浩光, 鈴木友彰, 神原篤志, 永吉靖弘, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 390 2010年11月
  • 低左心機能虚血性心筋症に対して心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)施行し,劇的な心不全改善を成し得た1例
    小池雅人, 白石昭一郎, 青嶋實, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 388 2010年11月
  • 低侵襲手術としてのOPCAB,かつ遠隔期成績を見すえたOPCABのスタンダードモデル
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 永吉靖弘, 神原篤志, 木下武, 乃田浩光, 高島範之, 細羽創宇
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 270 2010年11月
  • 320列CTを用いたOPCAB術後の冠動脈評価と心機能評価
    乃田浩光, 浅井徹, 松林景二, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 神原篤志, 木下武, 細羽創宇, 高島範之
    日本冠疾患学会雑誌 16(4) 301 2010年11月
  • 最新の国内外のエビデンスに基づいた冠動脈疾患の治療選択
    木下 武, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association 16(3) 241-248 2010年10月
  • 最新の国内外のエビデンスに基づいた冠動脈疾患の治療選択
    木下武, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 16(3) 241-248 2010年10月
  • 心臓血管手術後深部正中創感染に対するVAC療法の有用性
    松林景二, 高島範之, 細羽創宇, 西村修, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 鈴木友彰, 永吉靖弘, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 58(Supplement) 408 2010年10月
  • 僧帽弁の後尖バタフライ切除法の早期,中期成績と心臓超音波データー解析
    浅井徹, 木下武, 松林景二, 鈴木友彰, 神原篤志, 西村修, 高島範之, 細羽創宇
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 58(Supplement) 529 2010年10月
  • Total Arch Replacementにおける術式の検討
    高島範之, 鈴木友彰, 細羽創宇, 西村修, 木下武, 乃田浩光, 神原篤志, 永吉靖弘, 松林景二, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 58(Supplement) 393 2010年10月
  • Bilateral versus single internal thoracic artery graft ing in dialysis patients with multivessel disease
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Yoshitaka Murakami, Osamu Nishimura, Norihiko Hiramatsu, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Heart Surgery Forum 13 2010年10月
    Background: The purpose of our study was to compare mortality in dialysis patients undergoing bilateral internal thoracic artery (BITA) or single internal thoracic artery (SITA) grafting and to quantify the magnitude of the BITA grafting benefi t for survival. Methods: Between January 2002 and December 2008, 656 consecutive patients underwent isolated coronary artery bypass grafting (99.1% by an off-pump technique). Fifty-six of these patients with chronic dialysis and multivessel disease were retrospectively compared with respect to surgical technique: BITA (n = 32) or SITA (n = 23) grafting. End points were all-cause and cardiovascular mortality (mean follow-up duration, 2.5 years). In an attempt to minimize the selection bias, we created propensity scores based on 13 preoperative factors that would affect the surgeon's decision about operative strategy; these factors were used for regression adjustment (C statistic, 0.914). Results: There were no signifi cant differences between the 2 groups with respect to age, sex, left ventricular ejection fraction, prevalence of diabetes mellitus and peripheral arterial disease, and logistic EuroSCORE. All patients underwent revascularization with the off-pump technique, with no conversion to cardiopulmonary bypass. All arterial conduits were harvested with a skeletonization technique in all cases. Except for 1 patient who received a SITA, internal thoracic arteries were used as in situ grafts in both groups. Complete revascularization was achieved in all patients. The 1-, 3-, and 5-year survival rates free from all-cause mortality for BITA grafting versus SITA grafting were 94% versus 73%, 72% versus 42%, and 52% versus 28%, respectively (P = .01, log-rank test). For survival free from cardiovascular mortality, the respective rates were 100% versus 90%, 80% versus 77%, and 80% versus 58% (P = .06). After propensity score adjustment, BITA grafting was signifi cantly associated with lower risks for all-cause mortality (hazard ratio, 0.27; 95% confidence interval, 0.09-0.81; P = .02) and cardiovascular mortality (hazard ratio, 0.20; 95% confi dence interval, 0.04-0.93; P = .04). Conclusion: In situ skeletonized BITA grafting provides better long-term survival in dialysis patients with multivessel disease. © 2010 Forum Multimedia Publishing, LLC.
  • My Challenge 心臓血管外科 最高のクオリティーで行う心拍動下冠動脈バイパス手術
    浅井 徹
    サーキュレーション・アップ・トゥ・デート 5(5) 513-516 2010年10月
  • Statin for prevention of atrial fibrillation after off-pump coronary artery bypass grafting in Japanese patients
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Osamu Nishimura, Norihiko Hiramatsu, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Circulation Journal 74 1846-1851 2010年09月
    Background: The purpose of the present study was to assess the preventive effect of preoperative statin treatment on atrial fibrillation (AF) after elective isolated off-pump coronary artery bypass grafting (off-pump CABG) in propensity score-matched Japanese patients. Methods and Results: Among 770 consecutive patients undergoing isolated CABG by the same surgeon (99.2% with off-pump technique without conversion to cardiopulmonary bypass) between 2002 and 2009, after excluding emergency (n=150), chronic AF (n=30), and use of cardiopulmonary bypass (n=6), 584 patients were retrospectively reviewed. Of this cohort, 364 patients received statin at least 5 days before operation and 220 patients received no statin. We identified 195 propensity score-matched pairs. Propensity scores were created based on 8 preoperative factors (C statistics, 0.69). There was no significant difference between the 2 groups in baseline characteristics, perioperative medications, or operative procedures. AF occurred in 14.4% in the statin group and in 24.6% in the no statin group (P=0.01). Multivariate logistic regression including potential univariate predictors identified statin (odds ratio [OR] =0.49; 95% confidence interval [95%CI] =0.22-0.81; P=0.01), age (OR = 1.33 per 10-year increase; 95%CI =1.04-1.69; P=0.02), and transfusion (OR =2.21; 95%CI =1.38-3.55; P=0.01) as independent predictors of postoperative AF. Conclusions: Preoperative statin significantly reduces the incidence of AF after elective isolated off-pump CABG in Japanese patients.
  • Role of renin-angiotensin system inhibitors in patients undergoing off-pump coronary artery bypass grafting
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai
    Circulation Journal 74 1800-1801 2010年09月
  • Preoperative renal dysfunction and mortality after off-pump coronary artery bypass grafting in Japanese
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Yoshitaka Murakami, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Circulation Journal 74 1866-1872 2010年09月
    Background: The purpose of this study was to compare hospital outcomes and long-term survival in Japanese patients with or without renal dysfunction and to estimate the risk of renal dysfunction for survival after isolated off-pump coronary bypass grafting (CABG). Methods and Results: Among 661 consecutive Japanese patients undergoing isolated CABG (656 by the off-pump technique), after exclusion of 51 patients managed with chronic dialysis and 5 patients being revascularized using cardiopulmonary bypass, data from 605 patients were included in the present study. The 30-day mortality was 2.7%, 2.5%, and 0.7% in patients with a glomerular filtration rate (GFR) <30, 30-60, and >60 ml·min-1·1.73 m-2 (P=0.173). Mean follow-up period was 3.4±1.8 years. The 5-year survival free from overall death was 77%, 82%, and 93% in patients with a GFR <30, 30-60, and >60 ml·min-1·1.73 m-2 (P=0.002). Similarly, the 5-year survival free from cardiovascular death was 82%, 86%, and 97%, respectively (P=0.001). Multivariate Cox model identified GFR as a risk factor of overall death (hazard ratio, 0.82 per 10-ml·min-1·1.73 m-2 increase, 95% confidence interval, 0.70-0.95, P=0.008) and cardiovascular death (hazard ratio, 0.70 per 10-ml·min-1·1.73 m-2 increase, 95% confidence interval, 0.57-0.85, P=0.001). Conclusions: Off-pump CABG has a relatively low 30-day mortality in patients with renal dysfunction, but preoperative renal dysfunction is an independent risk factor of long-term survival after isolated off-pump CABG in Japanese patients.
  • 緊急用人工心肺回路の工夫と安全性―テルモFXプレコネクト回路を使用して―
    吉田均, 竹内斉, 吉田久美, 松林景二, 浅井徹
    体外循環技術 37(3) 290 2010年09月
  • 重症冠動脈病変に対するCABG,PCIの適応決定に必要なこと
    浅井徹
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 188 2010年08月
  • Steal from skeletonized internal thoracic artery graft during hemodialysis after coronary artery bypass grafting
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Takako Ishigaki
    Heart Surgery Forum 13 2010年08月
    Background: We used transthoracic Doppler echocardiography to evaluate the potential for flow variation in a skeletonized internal thoracic artery (ITA) graftc ipsilateral to an upper-extremity arteriovenous fistula during postoperative hemodialysis. Methods: Between October 2008 and May 2009, 7 patients in chronic hemodialysis underwent coronary artery bypass grafting. We selected 5 of these patients according to the following inclusion criteria: patients who were undergoing chronic hemodialysis via a left upper-extremity arteriovenous fistula and in whom the skeletonized left ITA was anastomosed to the left anterior descending artery as an in situ graft; the right ITA was not used as a graft; postoperative multidetector computed tomography evaluation of the coronary artery demonstrated patency of the left ITA. The following parameters were calculated at baseline, after the dialysis pump was on, before the pump was turned off, and after the pump was off: peak systolic velocity, end-diastolic velocity, time-averaged mean velocity, pulsatility index, and ITA diameter. Flow was calculated with the following formula: Flow = Time-Averaged Mean Velocity × (Half the Diameter of the ITA)2 × 60 × π. Results: When the hemodialysis pump was started, there was a significant reduction in the flow of the left ITA (P = .01), whereas there was no variation in the flow of the right ITA (P = .54). During dialysis, no patients experienced hypotension, arrhythmia, or angina. Just after the end of dialysis, the left ITA flow significantly increased (P = .01). Conclusions: Flow reduction of the ITA graft ipsilateral to an upper-extremity arteriovenous fistula develops during postoperative hemodialysis, even when the skeletonization technique is used. © 2010 Forum Multimedia Publishing, LLC.
  • CABGの適応と遠隔期成績 (特集 糖尿病に合併する冠動脈疾患に対する治療戦略)
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    糖尿病 2(8) 96-100 2010年07月
  • 回復期リハビリテーション病棟における心臓リハビリテーション患者の実績と問題点
    平岩康之, 渋川武志, 木下妙子, 林秀樹, 今井晋二, 松林景二, 浅井徹, 松本鉄也, 堀江稔
    心臓リハビリテーション 15(Suppl.) S259 2010年06月
  • ステントグラフト内挿術後約1年で破裂を来した胸部下行大動脈瘤の1例
    平松範彦, 神原篤志, 高島範之, 細羽創宇, 西村修, 木下武, 鈴木友彰, 松林景二, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 19(3) 544 2010年04月
  • 冠動脈灌流不全を合併した急性大動脈解離の検討
    細羽創宇, 松林景二, 高島範之, 西村修, 木下武, 平松範彦, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 19(3) 542 2010年04月
  • 冠動脈インターベンションの最新戦略 冠動脈インターベンションとCABG
    木下武, 浅井徹
    Pharma Med 28(4) 49-53 2010年04月
  • Efficacy of Bilateral Internal Thoracic Artery Grafting in Patients With Chronic Kidney Disease
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Yoshitaka Murakami, Norihiko Hiramatsu, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Annals of Thoracic Surgery 89 1106-1111 2010年04月
    Background: This study compared short-term and long-term outcomes in propensity score-matched patients with chronic kidney disease receiving bilateral internal thoracic artery (ITA) or single ITA grafting and assessed any benefit of bilateral ITA grafting for survival. Methods: Among 656 consecutive patients undergoing isolated coronary artery bypass grafting (99.1% by off-pump technique) between 2002 and 2008, 361 had chronic kidney disease with no history of dialysis. After excluding 10 patients who would not be potential candidates for bilateral ITA grafting because they were aged older than 85 years and 15 who had only one target vessel at the left coronary area, we identified 157 propensity score-matched pairs. Propensity scores were created based on 13 preoperative factors (C statistics, 0.787). Results: During a mean observation of 2.9 years, the rates of overall death and cardiac death (myocardial infarction, heart failure, and sudden death) in the bilateral ITA group were significantly lower than those in the single ITA group (5.1% vs 15.9%, p = 0.01; 1.3% vs 8.3%, p = 0.01). In multivariate Cox models including bilateral ITA grafting and all other potential predictors, bilateral ITA grafting was significantly associated with a lower risk for overall death (hazard ratio, 0.29; 95% confidence interval, 0.10 to 0.89; p = 0.03) and cardiac death (hazard ratio, 0.14; 95% confidence interval, 0.03 to 0.63; p = 0.02). Conclusions: Among patients with chronic kidney disease, bilateral ITA grafting provides better long-term survival than single ITA grafting. © 2010 The Society of Thoracic Surgeons.
  • Does off-pump bilateral internal thoracic artery graft ing increase operative risk in dialysis patients?
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Soh Hosoba, Noriyuki Takashima, Osamu Nishimura, Norihiko Hiramatsu, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Heart Surgery Forum 13 2010年04月
    Background: We compared short-term outcomes of patients with chronic dialysis receiving bilateral internal thoracic artery (BITA) grafting with single internal thoracic artery (SITA) grafting using propensity score analysis. Methods: Between 2002 and 2008, 656 consecutive patients underwent isolated coronary artery bypass grafting (99.1% off pump). Of these, 56 patients with chronic dialysis and multivessel disease were retrospectively compared according to surgical technique, BITA (n = 32) or SITA (n = 23) grafting. In an attempt to minimize the selection bias, propensity scores were created based on 13 preoperative factors (C statistics, 0.914). Results: There was no significant difference in age, left ventricular ejection fraction, prevalence of diabetes mellitus, and logistic euroSCORE between the 2 groups. All patients underwent revascularization using the off-pump technique without conversion to cardiopulmonary bypass. All arterial conduits were harvested using skeletonization technique. Except for 1 patient, all ITAs were used as in situ graft. Complete revascularization was achieved in all patients. There was no significant difference in occurrence of mediastinitis, impaired wound healing, and stroke between the 2 groups. The 30-day mortality was 6.3% in the BITA group and 13.0% in the SITA group (P = .64). After adjusting for propensity score, BITA grafting was not associated with impaired wound healing (odds ratio, 0.63; 95% confidence interval, 0.04 to 8.79; P = .73) and 30-day mortality (odds ratio, 0.60; 95% confidence interval, 0.05 to 6.82; P = .68). Conclusion: In situ skeletonized BITA grafting is safe and feasible in dialysis patients with multivessel disease. © 2010 Forum Multimedia Publishing, LLC.
  • 左室流出路狭窄に対し僧帽弁置換術を施行し,流出路圧較差が消失した1例
    高島範之, 松林景二, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹, 高山幸一郎, 山根哲信, 山本孝, 堀江稔
    滋賀医学 32 118-119 2010年03月
  • 肺動脈瘻をともなった冠動脈瘤破裂の1例
    西村修, 松林景二, 細羽創宇, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 浅井徹
    滋賀医学 32 115 2010年03月
  • 先天性二尖弁に合併した感染性心内膜炎の1例
    奥山雄介, 松林景二, 細羽創宇, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹, 馬渕博
    滋賀医学 32 119 2010年03月
  • 収縮性心膜炎の2手術例
    細羽創宇, 松林景二, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹, 角野元彦, 入江大介
    滋賀医学 32 119 2010年03月
  • 肺動脈解離を合併した解離性大動脈瘤の1例
    伊藤英樹, 窪田成寿, 山本孝, 堀江稔, 浅井徹, 萩原恭史, 向所賢一, 杉原洋行, 五月女隆男, 江口豊
    滋賀医学 32 116 2010年03月
  • 動脈硬化治療 外科的治療とそのEBM 虚血性心疾患
    木下武, 浅井徹
    最新医学 65(2) 219-227 2010年02月
  • 虚血性心疾患 (特集 動脈硬化治療) -- (外科的治療とそのEBM)
    木下 武, 浅井 徹
    最新医学 65(2) 219-227 2010年02月
  • Maze手術の効果予測因子の検討
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 39(Supplement) 389 2010年01月
  • 高齢者CABG:All Arterial Graftの立場
    浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 39(Supplement) 143 2010年01月
  • Stanford A型急性解離手術での上行大動脈送血の危険性,有用性
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 木下武, 平松範彦, 西村修, 高島範之, 細羽創宇
    日本心臓血管外科学会雑誌 39(Supplement) 326 2010年01月
  • 左主幹部病変はOPCABの成績にどのような影響を与えるか
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 木下武, 平松範彦, 西村修, 高島範之, 細羽創宇
    日本心臓血管外科学会雑誌 39(Supplement) 299 2010年01月
  • 遠位弓部瘤におけるESTECH retractorを使用した視野展開の有用性
    高島範之, 鈴木友彰, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 39(Supplement) 287 2010年01月
  • Safety and efficacy of central cannulation through ascending aorta for type A aortic dissection
    Tomoaki Suzuki, Tohru Asai, Keiji Matsubayashi, Atsushi Kambara, Takeshi Kinoshita, Norihiko Hiramatsu, Osamu Nishimura
    Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery 11 34-37 2010年01月
    The femoral and axillary arteries are common arterial cannulation sites for repair of type A dissection. However, these peripheral approaches involve certain problems. From January 2002 to August 2009, a total of 77 patients underwent emergency surgery for acute type A dissection. Central cannulation was applied in 26 patients and peripheral cannulation in 51. The arterial cannulation site was decided according to preoperative computed tomography findings, the patient's condition, and intraoperative epiaortic ultrasonography findings. Central cannulation was avoided in cases of cardiac tamponade with shock. A cannula was inserted under ultrasound guidance using the Seldinger technique. Preoperative patient comorbidities and dissection-related complications were equally distributed between the two groups. Central cannulation was successfully performed in all 26 cases without incident. Operation time, cardiopulmonary bypass time, mean intubation time and mean intensive care unit stay duration were significant shorter in the central group. One patient (4%) died in the central group compared with four patients (8%) in the peripheral group (P=0.45). Direct central cannulation was successful for repair of type A dissection in selected patients and produced equal or superior surgical data to peripheral cannulation, thus providing one option in the approach to this condition. © 2010 Published by European Association for Cardio-Thoracic Surgery.
  • Off-pump bilateral versus single skeletonized internal thoracic artery grafting in patients with diabetes
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Osamu Nishimura, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Annals of Thoracic Surgery 90 1173-1179 2010年01月
    Background: We compared the outcomes in propensity score-matched patients with diabetes undergoing off-pump coronary artery bypass grafting using skeletonized bilateral or single internal thoracic artery (ITA) and assessed any benefit of bilateral ITA grafting for outcomes. Methods: Among 770 consecutive patients undergoing isolated coronary artery bypass graft surgery (99.2% by off-pump technique without conversion to cardiopulmonary bypass), 423 patients had diabetes mellitus. After excluding patients who were older than 85 years of age (n = 10) or had only one target vessel at the left coronary area (n = 9), 170 pairs were matched using propensity scores created on the basis of 12 preoperative factors. Results: Except for 1 patient, bilateral ITA was anastomosed to the left coronary system. Postoperative serum glucose was well controlled in both groups. The rate of deep sternal infection was similar between the groups. The mean observation period was 3.2 years. The 5-year survival free from overall death in bilateral versus single ITA grafting was 87.5% versus 70.8% (log-rank test p = 0.01). For freedom from cardiac death, the respective rate was 92.1% versus 78.7% (p = 0.01). For freedom from cardiac event, the respective rate was 91.0% versus 72.6% (p = 0.01). In multivariate Cox models, bilateral ITA grafting was significantly associated with a lower risk for overall death (hazard ratio, 0.45; 95% confidence interval, 0.22 to 0.89; p = 0.02), cardiac death (hazard ratio, 0.43; 95% confidence interval, 0.21 to 0.87; p = 0.02), and cardiac event (hazard ratio, 0.42; 95% confidence interval, 0.20 to 0.85; p = 0.02). Conclusions: Off-pump skeletonized left-sided bilateral ITA grafting is associated with better mid-term outcomes than single ITA grafting, without increasing the risk of deep sternal infection. © 2010 The Society of Thoracic Surgeons.
  • Left main coronary artery disease does not affect the outcome of off-pump coronary artery bypass grafting
    Tomoaki Suzuki, Tohru Asai, Keiji Matsubayashi, Atsushi Kambara, Norihiko Hiramatsu, Takeshi Kinoshita, Osamu Nishimura
    Annals of Thoracic Surgery 90 1501-1506 2010年01月
    Background: Left main coronary artery (LMCA) stenosis (<50%) has historically been recognized as a risk factor among patients undergoing coronary artery bypass grafting. Methods: From January 2002 to December 2008, a total of 665 patients, 268 of whom had significant LMCA disease, underwent isolated off-pump coronary artery bypass surgery at Shiga Medical University Hospital. We compared the clinical results in the 237 patients with LMCA stenosis (LMCA group) with those in the propensity score-matched 237 patients without LMCA stenosis (non-LMCA group). We performed off-pump surgery in all coronary artery bypass grafting cases with no exclusion criteria. Results: All procedures were performed by off-pump technique without conversion to on-pump. Two patients in the LMCA group (2 of 237; 0.8%) and four in the non-LMCA group (4 of 237; 1.7%) died within 30 days after surgery. Follow-up was completed in 96.2% of the patients. The rates of six-year freedom from all cause death were 87.3% and 60.7% in the LMCA group and non-LMCA group, respectively (p = 0.17), and the corresponding rates for the combined endpoint of cardiac death, myocardial infarction, angina pectoris, repeat coronary intervention, and heart failure were 80.4% and 70.4% (p = 0.98). Multivariate Cox regression analysis revealed chronic renal failure as a statistically significant predictor for late cardiac event. Conclusions: Off-pump coronary artery bypass grafting is feasible and safe in patients with critical LMCA stenosis and LMCA disease is not recognized as a risk factor after off-pump coronary artery bypass grafting in either the short or the long term. © 2010 The Society of Thoracic Surgeons.
  • 第24回日本血管外科学会近畿地方会
    浅井 徹
    日本血管外科学会雑誌 19(3) 541-545 2010年
  • 両側冠動脈の入口部に狭窄を来たした梅毒性大動脈炎の一例
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 109th KINKI109,C28 (WEB ONLY) 2010年
  • 治癒期感染性心内膜炎による大動脈弁閉鎖不全症に対し自己弁温存弁形成術を施行した一例
    高島範之, 松林景二, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 109th KINKI109,C22 (WEB ONLY) 2010年
  • 重症動脈硬化病変を合併した開心術後心不全に対して上行弓部大動脈からのIABPが有効であった二症例
    平松範彦, 松林景二, 細羽創宇, 高島範之, 西村修, 木下武, 神原篤志, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 109th KINKI109,D38 (WEB ONLY) 2010年
  • 拡張型心筋症による心不全加療中に出現した左室内血栓の一例
    八木典章, 中井真由美, 山路正之, 山本孝, 堀江稔, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 110th KINKI110,F16 (WEB ONLY) 2010年
  • 両側冠動脈の入口部に狭窄を来たした梅毒性大動脈炎の一例
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 15th 117 2010年
  • 心室中隔穿孔の外科治療~右室切開によるダブルパッチ閉鎖法~
    松林景二, 細羽創宇, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 15(4) 303 2009年11月
  • 左主幹部病変はOPCABの成績にどのような影響を与えるか
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 木下武, 平松範彦, 高島範之, 細羽創宇
    日本冠疾患学会雑誌 15(4) 286 2009年11月
  • OPCABは虚血性MRを改善しうるか
    細羽創宇, 鈴木友彰, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 15(4) 366 2009年11月
  • Aortopulmonary Artery Dissection
    Hideki Itoh, Takashi Yamamoto, Hiroyuki Sugihara, Takao Saotome, Yutaka Eguchi, Tohru Asai, Minoru Horie
    Journal of the American College of Cardiology 54 1990 2009年11月
  • Impact of previous pci on hospital mortality after off-pump coronary artery bypass grafting in diabetic patients with multivessel disease
    Takeshi Kinoshita, Tohru Asai, Yoshitaka Murakami, Noriyuki Takashima, Soh Hosoba, Osamu Nishimura, Hirohisa Ikegami, Norihiko Hiramatsu, Tomoaki Suzuki, Atsushi Kambara, Keiji Matsubayashi
    Innovations: Technology and Techniques in Cardiothoracic and Vascular Surgery 4 334-339 2009年11月
    OBJECTIVE: Because percutaneous coronary intervention (PCI) has been performed excessively, many patients initially managed with PCI are being referred for coronary artery bypass grafting (CABG). The purpose of this study was to assess the impact of previous PCI on surgical mortality after off-pump CABG in diabetic patients with multivessel disease. METHODS: Between January 2002 and April 2008, 595 consecutive patients (99.8% off-pump) had isolated CABG by one single surgeon. Of these, 274 patients with diabetes mellitus and multivessel disease were retrospectively analyzed. Patients with previous PCI (n = 79) were compared with patients with no previous PCI (n = 196), and risk-adjusted impact of previous PCI on surgical mortality after CABG was determined using multivariate and propensity score analyses. RESULTS: All patients underwent off-pump CABG without conversion to cardiopulmonary bypass during operation. Patients with previous PCI had a significantly higher prevalence of history of myocardial infarction, renal dysfunction, and hemodialysis. Rates of surgical mortality were higher in patients with previous PCI (7.6% versus 1.0%, P = 0.008). After multivariate logistic regression analysis including all potential univariate predictors, previous PCI remained a strong predictor of surgical mortality [odds ratio (OR), 6.9; 95% confidence interval (CI), 1.2 to 42.1; P = 0.035]. After matching and regression adjustment by propensity score, the impact of previous PCI on surgical mortality was similar in direction (matching OR, 6.5; 95% CI, 0.8 to 55.0; P = 0.088; regression adjustment OR, 6.3; 95% CI, 1.2 to 33.6; P = 0.031). CONCLUSIONS: Previous PCI increases the risk of surgical mortality after off-pump CABG in diabetic patients with multivessel disease. Copyright © 2009 by the International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery.
  • 高齢者おける冠動脈バイパス手術
    松林景二, 高島範之, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 57(Supplement) 336 2009年09月
  • 血液透析患者に対する冠動脈バイパス術において,内シャント側の内胸動脈を使用した際の,術後透析時のグラフト血流低下について
    木下武, 細羽創宇, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 57(Supplement) 436 2009年09月
  • 回路の工夫により人工肺トラブルでの交換を迅速に行えた症例と交換用回路の作成
    吉田均, 竹内斉, 吉田久美, 浅井徹
    体外循環技術 36(3) 323 2009年09月
  • なぜまだ問うのか?PCI vs CABG,適応,ガイドラインの決定責任は誰に?
    浅井徹
    日本心臓病学会誌 4(Supplement 1) 146 2009年08月
  • Coronary risk factor profile and prognostic factors for young Japanese patients undergoing coronary revascularization
    Yutaka Furukawa, Yutaka Furukawa, Natsuhiko Ehara, Ryoji Taniguchi, Yoshisumi Haruna, Neiko Ozasa, Naritatsu Saito, Takahiro Doi, Kozo Hoshino, Toshihiro Tamura, Satoshi Shizuta, Mitsuru Abe, Masanao Toma, Takeshi Morimoto, Takeshi Morimoto, Satoshi Teramukai, Satoshi Teramukai, Masanori Fukushima, Masanori Fukushima, Toru Kita, Takeshi Kimura, Takeshi Kimura, Jong Dae Lee, Kuniyoshi Tanaka, Katsuo Okazaki, Masaaki Takahashi, Teiji Oda, Shigeo Matsui, Naohiro Ohashi, Eiichi Matsuyama, Makoto Kadoya, Yoshiki Takatsu, Shinichi Nomoto, Kazuaki Kataoka, Hajime Kotoura, Masaki Aota, Akira Miura, Satoru Suwa, Chuwa Tei, Ryuzo Sakata, Shuichi Hamasaki, Hiroyuki Yamamoto, Takeshi Aoyama, Takahiro Sakurai, Mitsuo Matsuda, Masahiko Onoe, Yuzo Takeuchi, Ryuji Nohara, Kimisato Nakano, Shigefumi Morioka, Yukikatsu Okada, Kenichi Shiratori, Yasuki Kihara, Michihiro Nasu, Masakiyo Nobuyoshi, Hitoshi Okabayashi, Hitoshi Yasumoto, Jyota Nakano, Tomoyuki Murakami, Katsuya Ishida, Hisao Ogawa, Michio Kawasuji, Seigo Sugiyama, Shoichiro Hagiwara, Kazuaki Mitsudo, Tatsuhiko Komiya, Kazushige Kadota, Masashi Komeda, Ryozo Tatami, Teruaki Ushijima, Akira Yoshida, Hiroyuki Nakajima, Shinji Miki, Ryuichi Hattori, Noboru Nishiwaki, Manabu Shirotani, Hiroshi Kato, Hiroshi Eizawa, Masaru Tanaka, Kazuaki Minami, Minoru Horie, Tohru Asai, Hiroyuki Takashima, Ryuji Higashita, Mamoru Takahashi, Takafumi Tahata, Yoshiki Matoba, Kiyosbi Doyama, Makoto Araki, Akinori Takizawa, Mitsuomi Shimamoto, Fumio Yamazaki, Osamu Doi, Hirofumi Kambara, Katsuhiko Matsuda, Satoshi Kaburagi, Masafumi Nara, Masaki Kawanami, Takashi Konishi, Yoshihisa Nakagawa
    Circulation Journal 73 1459-1465 2009年08月
    Background: The prevalence of coronary artery disease (CAD) is increasing in young adults. Risk factor profiling will help to prevent heart attacks in young patients. This study aimed to analyze the risk factor profile and predictors of major cardiovascular events (MACE) in young CAD patients. Methods and Results: From the Coronary REvascularization Demonstrating Outcome study in the Kyoto (CREDO-Kyoto) registry of Japanese patients undergoing their first coronary revascularization, 6,320 patients with complete data for all variables for statistical analyses were divided into younger (≤55 years; n=898; 14.3%) and older (>55 years; n=5,422; 85.7%) patients. The risk factors that were more prevalent in the younger patients than in the older patients included: male sex, body mass index of >25kg/m2, current smoker, family history of CAD, dyslipidemia and metabolic syndrome-like risk factor accumulation. Multivariate analyses revealed that chronic kidney disease (CKD) was the only significant predictor of MACE, the composite of cardiovascular death, myocardial infarction and cerebrovascular accident, in the younger patients. Importance of CKD as a prognostic factor was consistently shown by a multivariate analysis in the older patients. Conclusions: Accumulation of multiple risk factors is prevalent and CKD is associated with MACE in young Japanese CAD patients.
  • Aberrant subclavian artery(ASCA)を有する弓部大動脈全置換手術の工夫
    藤野晋, 木下武, 松林景二, 神原篤志, 平松範彦, 西村修, 細羽創宇, 浅井徹
    日本血管外科学会雑誌 18(4) 537 2009年06月
  • Inhibition of transforming growth factor-β-mediated immunosuppression in tumor-draining lymph nodes augments antitumor responses by various immunologic cell types
    Takuya Fujita, Koji Teramoto, Yoshitomo Ozaki, Jun Hanaoka, Noriaki Tezuka, Yasushi Itoh, Tohru Asai, Shozo Fujino, Keiichi Kontani, Kazumasa Ogasawara
    Cancer Research 69 5142-5150 2009年06月
    Tumor-draining lymph nodes (DLN) are the most important priming sites for generation of antitumor immune responses. They are also the location where an immunosuppressive cytokine, transforming growth factor-β (TGF-β), plays a critical role in suppressing these antitumor immune responses. We focused on TGF-β-mediated immunosuppression in DLNs and examined whether local inhibition of TGF-β augmented antitumor immune responses systemically in tumor-bearing mice models. For inhibition of TGF-β-mediated immunosuppression in DLNs, C57BL/6 mice subcutaneously bearing E.G7 tumors were administered plasmid DNA encoding the extracellular domain of TGF-β type II receptor fused to the human IgG heavy chain (TGFR DNA) i.m. near the established tumor. In DLNs, inhibition of TGF-β suppressed the proliferation of regulatory T cells and increased the number of tumor antigen-specific CD4 + or CD8 + cells producing IFN-γ. Enhancement of antitumor immune responses in DLNs were associated with augmented tumor antigen-specific cytotoxic and natural killer activity in spleen as well as elevated levels of tumor-specific antibody in sera. The growth of the established metastatic as well as primary tumors was effectively suppressed via augmented antitumor immune responses. Inhibition of TGF-β-mediated immunosuppression in DLNs is significantly associated with augmented antitumor responses by various immunocompetent cell types. This animal model pro-vides a novel rationale for molecular cancer therapeutics targeting TGF-β. ©2009 American Association for Cancer Research.
  • 心臓大血管術後における有酸素運動療法開始時期の検討
    平岩康之, 渋川武志, 木下妙子, 林秀樹, 今井晋二, 松林景二, 浅井徹, 松本鉄也, 堀江稔
    心臓リハビリテーション 14(Suppl.) S221 2009年05月
  • DESの時代においてさえもCABGは糖尿病性重症CADに対する最良の介入法である
    浅井徹
    糖尿病 52(Supplement 1) S.87 2009年04月
  • IgG4-related inflammatory aneurysm of the aortic arch
    Mitsuaki Ishida, Mitsuaki Ishida, MacHiko Hotta, Ryoji Kushima, Tohru Asai, Hidetoshi Okabe, Hidetoshi Okabe
    Pathol Int 59(4) 269-273 2009年04月
    IgG4-related sclerosing disease can occur in the cardiovascular system and some inflammatory abdominal aortic aneurysms have been shown to belong to IgG4-related sclerosing disease. Herein is reported a case of IgG4-related inflammatory aortic aneurysm of the aortic arch. A 71-year-old Japanese man was found to have an aneurysm of the aortic arch with maximum dimension of 5.5 cm. The surgically resected aneurysm wall had conspicuous fibrosclerotic changes, dense lymphoplasmacytic infiltration and occasional obliterative phlebitis in the adventitia; the thickness of the adventitia was 6.5 mm. Immunohistochemistry indicated numerous IgG4-positive plasma cell infiltrates; 84% of the IgG-bearing cells were IgG4 positive. The diagnosis of IgG4-related inflammatory aortic aneurysm of the aortic arch was made. Although previously reported IgG4-related inflammatory aortic aneurysms were confined to the abdominal aorta, the present case report demonstrates that IgG4-related inflammatory aortic aneurysm can occur in the aortic arch, thereby extending the spectrum of IgG4-related periaortitis. Further studies are needed to clarify the spectrum of IgG4-related sclerosing disease in the cardiovascular system. © 2009 Japanese Society of Pathology.
  • 高齢者の後心室中隔穿孔に対する開心術の1例
    小池雅人, 白石昭一郎, 青島實, 浅井徹
    滋賀医学 31 100-101 2009年03月
  • 乳頭筋断裂と診断された活動期感染性心内膜炎の1例
    藤野晋, 松林景二, 西村修, 池上博久, 木下武, 神原篤志, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 31 98-99 2009年03月
  • 透析患者に対する両側内胸動脈バイパスは手術リスクを高めるか?
    木下武, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 38(Supplement) 209 2009年03月
  • 僧帽弁手術の現状―僧帽弁形成の限界―
    松林景二, 神原篤志, 木下武, 平松範彦, 西村修, 細羽創宇, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 38(Supplement) 163 2009年03月
  • 僧房弁瘤破裂による急性MRの1例
    高山智行, 寺村真範, 酒井宏, 環愼二, 岡林旅人, 川嶋剛史, 山本孝, 鈴木友彰, 浅井徹
    滋賀医学 31 95 2009年03月
  • 感染ペースメーカーリード摘出のために体外循環を要した2例
    池上博久, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    滋賀医学 31 100 2009年03月
  • 右大動脈弓に合併した慢性解離性大動脈瘤の1例
    岩城隆馬, 鈴木友彰, 西村修, 池上博久, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    滋賀医学 31 98 2009年03月
  • LVADモデルである異所性心移植におけるKSL細胞治療の検討
    小池雅人, 小島秀人, 白石昭一郎, 青嶋實, 木村博, 浅井徹
    再生医療 8 176 2009年02月
  • 肺動脈解離を合併した解離性大動脈瘤の一例
    八木典章, 伊藤英樹, 窪田成寿, 山本孝, 堀江稔, 浅井徹, 萩原恭史, 向所賢一, 杉原洋行, 五月女隆男, 江口豊
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 108th KINKI108,D-25 (WEB ONLY) 2009年
  • 非対称性中隔肥大(ASH)が軽度な閉塞性肥大型心筋症(HOCM)に対して僧帽弁置換術が有効であった1例
    山下寛人, 山本孝, 山根哲信, 高山幸一郎, 谷口晋, 伊藤誠, 堀江稔, 松林景二, 木下武, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 108th KINKI108,A-04 (WEB ONLY) 2009年
  • 拡張型心筋症に対して左室部分切除術(PLV)を行った2症例
    細羽創宇, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 木下武, 鈴木友彰, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本循環器学会近畿地方会(Web) 108th KINKI108,C-08 (WEB ONLY) 2009年
  • タココンブ‐自己心膜パッチ被覆による左心室自由壁破裂修復法
    松林景二, 平松範彦, 細羽創宇, 藤野晋, 西村修, 木下武, 神原篤志, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 14th 113 2009年
  • 慢性腎臓病がオフポンプ冠動脈バイパス術後の長期予後に与える影響について
    木下武, 細羽創宇, 高島範之, 西村修, 平松範彦, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 14th 96 2009年
  • 内胸動脈採取における超音波skeletonizationでの私たちの工夫とこだわり―Cool Touch and Focal Coagulation
    浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 14th 107 2009年
  • 当院における過去7年の緊急CABGの現状と課題
    浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 木下武, 平松範彦, 西村修
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 14th 63 2009年
  • 左室切開を行わない心室中隔穿孔ダブルパッチ閉鎖術
    松林景二, 細羽創宇, 藤野晋, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 14th 112 2009年
  • Better survival with statin administration after revascularization therapy in Japanese patients with coronary artery disease - Perspectives from the CREDO-Kyoto Registry
    Yutaka Furukawa, Yutaka Furukawa, Yutaka Furukawa, Ryoji Taniguchi, Natsuhiko Ehara, Neiko Ozasa, Yoshisumi Haruna, Naritatsu Saito, Takahiro Doi, Kozo Hoshino, Satoshi Shizuta, Takeshi Morimoto, Takeshi Morimoto, Yukiko Imai, Satoshi Teramukai, Satoshi Teramukai, Masanori Fukushima, Masanori Fukushima, Toru Kita, Takeshi Kimura, Takeshi Kimura, Jong Dae Lee, Kuniyoshi Tanaka, Katsuo Okazaki, Masaaki Takahashi, Teiji Oda, Shigeo Matsui, Naohiro Ohashi, Eiichi Matsuyama, Makoto Kadoya, Yoshiki Takatsu, Shinichi Nomoto, Kazuaki Kataoka, Hajime Kotoura, Masaki Aota, Akira Miura, Satoru Suwa, Chuwa Tei, Ryuzo Sakata, Shuichi Hamasaki, Hiroyuki Yamamoto, Takeshi Aoyama, Takahiro Sakurai, Mitsuo Matsuda, Masahiko Onoe, Yuzo Takeuchi, Ryuji Nohara, Kimisato Nakano, Shigefumi Morioka, Yukikatsu Okada, Kenichi Shiratori, Yasuki Kihara, Michihiro Nasu, Masakiyo Nobuyoshi, Hitoshi Okabayashi, Hitoshi Yasumoto, Jyota Nakano, Tomoyuki Murakami, Katsuya Ishida, Hisao Ogawa, Michio Kawasuji, Seigo Sugiyama, Shoichiro Hagiwara, Kazuaki Mitsudo, Tatsuhiko Komiya, Kazushige Kadota, Masashi Komeda, Ryozo Tatami, Teruaki Ushijima, Akira Yoshida, Hiroyuki Nakajima, Shinji Miki, Ryuichi Hattori, Noboru Nishiwaki, Manabu Shirotani, Hiroshi Kato, Hiroshi Eizawa, Masaru Tanaka, Kazuaki Minami, Minoru Horie, Tohru Asai, Hiroyuki Takashima, Ryuji Higashita, Mamoru Takahashi, Takafumi Tahata, Yoshiki Matoba, Kiyoshi Doyama, Makoto Araki, Akinori Takizawa, Mitsuomi Shimamoto, Fumio Yamazaki, Osamu Doi, Hirofumi Kambara, Katsuhiko Matsuda, Satoshi Kaburagi, Masafumi Nara, Masaki Kawanami, Takashi Konishi, Kazunobu Nishimura, Seiji Ootani
    Circulation Journal 72 1937-1945 2008年12月
    Background: The importance of statins in cardiovascular prevention has been demonstrated in various patient subsets. This study aimed to evaluate the effects of statins on long-term outcomes of Japanese patients undergoing their first coronary revascularization. Methods and Results: A total of 9,225 patients undergoing their first coronary revascularizations during 2000-2002 were divided into 2 groups according to the use of statins at discharge; patients with acute myocardial infarction were not included. Statins was administered to only 28.5% (n=2,630) of the patients. The median follow-up period was 3.5 years. Patients on statin therapy showed lower all-cause (5.2% vs 10.0%; p<0.0001) and cardiovascular (3.2% vs 6.2%; p<0.0001) mortality than those without statins (n=6,595) by Kaplan-Meier analysis and log-rank test. After adjustment by multivariate analysis according to 29 variables, statin therapy remained as an independent predictor of reduced all-cause (relative risk ratio (RR) 0.71, 95% confidence interval (CI) 0.59-0.86, p=0.0005) and cardiovascular (RR 0.72, 95% CI 0.56-0.91, p=0.0067) mortality. The validity of RR of statin therapy in multivariate analysis was further confirmed by risk adjustment using propensity scores (all-cause mortality: propensity-adjusted RR 0.70, 95% CI 0.58-0.85, p=0.0003; cardiovascular mortality: propensity-adjusted RR 0.70, 95% CI 0.54-0.89, p=0.0038). Conclusions: Statin therapy started at hospital discharge was associated with increased chance of survival in Japanese patients undergoing their first coronary revascularization.
  • 化膿性脊椎炎に感染性心内膜炎を合併した1例
    寺村真範, 酒井宏, 高山智行, 環愼二, 岡林旅人, 川嶋剛史, 鈴木友彰, 浅井徹
    公立甲賀病院紀要 11 39-43,76 2008年12月
  • Constrictive pericarditis as an emerging manifestation of hyper-IgG4 disease
    Toshiro Sugimoto, Yoshikata Morita, Keiji Isshiki, Takashi Yamamoto, Takashi Uzu, Atsunori Kashiwagi, Minoru Horie, Tohru Asai
    International Journal of Cardiology 130 2008年11月
    A 68-year-old Japanese man was admitted for evaluation of right pleural effusion and bilateral leg edema that had progressively worsened over 6 months. As chest computed tomography revealed marked pericardial thickening, we performed a pericardiectomy, resulting in the remarkable improvement of his clinical manifestations. However, pleural fibrosis associated with fever of unknown origin soon developed. An elevated serum level of serum IgG4 and infiltration of IgG4-positive plasma cell in the resected pericardium were identified; thus, our patient might have hyper-IgG4 disease. Our case is the first report describing constrictive pericarditis as an initial manifestation of hyper-IgG4 disease. © 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 心拍動下冠動脈バイパス手術とbilateral pulmonary vein isolation合併手術の有用性
    松林景二, 西村修, 平松範彦, 木下武, 神原篤志, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 14(4) 387 2008年11月
  • DES導入後のCABGの患者背景,手術の変化
    木下武, 細羽創宇, 西村修, 平松範彦, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 14(4) 350 2008年11月
  • Total Arch Replacement術式の検討~至適低体温と臓器保護~
    松林景二, 西村修, 平松範彦, 池上博久, 木下武, 神原篤志, 鈴木友彰, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 56(Supplement) 406 2008年09月
  • 透析患者に対する両側内胸動脈グラフトを用いた冠動脈バイパス術の長期生存
    木下武, 鈴木友彰, 西村修, 池上博久, 平松範彦, 神原篤志, 松林景二, 村上義孝, 浅井徹
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 56(Supplement) 300 2008年09月
  • A giant main pulmonary artery aneurysm associated with infundibular pulmonary stenosis
    Shinro Matsuo, Yuichi Sato, Ryuji Higashida, Shoichiro Shiraishi, Tohru Asai, Ichiro Nakae, Minoru Horie
    Cardiovascular Revascularization Medicine 9 188-189 2008年07月
  • DP-121-3 EPC治療の冠血流改善作用 : Chronic unloading heart modelを用いて(第108回日本外科学会定期学術集会)
    小池 雅人, 小島 秀人, 西村 修, 木下 武, 池上 博久, 神原 篤志, 鈴木 友彰, 松林 景二, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    日本外科学会雑誌 109(2) 2008年04月
  • DP-054-4 早期-中期成績からみた心拍動下冠動脈バイパスの功罪(第108回日本外科学会定期学術集会)
    鈴木 友彰, 浅井 徹, 松林 景二, 神原 篤志, 池上 博久, 木下 武, 西村 修
    日本外科学会雑誌 109(2) 2008年04月
  • VS-2-5 僧帽弁位感染性心内膜炎に対する弁形成術の可能性,信頼性とその限界(第108回日本外科学会定期学術集会)
    浅井 徹, 松林 景二, 鈴木 友彰, 神原 篤志, 池上 博久, 木下 武, 西村 修
    日本外科学会雑誌 109(2) 2008年04月
  • 早期―中期成績からみた心拍動下冠動脈バイパスの功罪
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 池上博久, 木下武, 西村修
    日本外科学会雑誌 109 452 2008年04月
  • 僧帽弁位感染性心内膜炎に対する弁形成術の可能性,信頼性とその限界
    浅井徹, 松林景二, 鈴木友彰, 神原篤志, 池上博久, 木下武, 西村修
    日本外科学会雑誌 109 104 2008年04月
  • EPC治療の冠血流改善作用―Chronic unloading heart modelを用いて―
    小池雅人, 小島秀人, 西村修, 木下武, 池上博久, 神原篤志, 鈴木友彰, 松林景二, 白石昭一郎, 浅井徹
    日本外科学会雑誌 109 586 2008年04月
  • 特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する開心術の1例 : 術前γグロブリン大量静注療法
    池上 博久, 鈴木 友彰, 西村 修, 木下 武, 神原 篤志, 松林 景二, 浅井 徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(2) 108-111 2008年03月
    症例は62歳,女性.特発性血小板減少性紫斑病を合併した大動脈弁狭窄逆流症,狭心症,および発作性心房細動に対する手術目的で入院となった.特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する人工心肺使用下開心術では,血小板の急激な減少による出血傾向の出現が問題となることがある.われわれは,本症例に対して術前にγグロブリン大量静注療法(400mg/kg×5日間)を行った.入院時の血小板数は,9.4×10^4/mm^3で,同療法前後で血小板数に変化はなかった.しかし,術後4日目より血小板数は増加し始め,退院日である術後12日目には術前の約2倍にまで増加し出血傾向の出現なく良好な術後経過をたどった.γグロブリン大量静注療法は,本症例のように術前血小板数があまり変わらない症例においても,術後しばらくして安定した血小板増加が期待でき,特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する開心術の周術期管理に非常に有用であると思われる.
  • 特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する開心術の1例 術前γグロブリン大量静注療法
    池上博久, 鈴木友彰, 西村修, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(2) 108-111 2008年03月
  • 洗練された心臓外科医による冠動脈バイパス
    鈴木 友彰, 浅井 徹
    日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association 14(1) 57-61 2008年02月
  • 洗練された心臓外科医による冠動脈バイパス
    鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 14(1) 57-61 2008年02月
  • 腎機能障害患者における心拍動下冠動脈バイパス術
    木下武, 鈴木友彰, 西村修, 池上博久, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(Supplement) 359 2008年01月
  • 心拍動下冠動脈バイパスの中期成績
    鈴木友彰, 浅井徹, 松林景二, 神原篤志, 池上博久, 木下武, 西村修
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(Supplement) 356 2008年01月
  • 高齢者女性ASの生体弁置換症例に対し現在のPPM概念を適応すべきか否か
    西村修, 鈴木友彰, 池上博久, 木下武, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(Supplement) 347 2008年01月
  • マウスdouble heart modelにおけるEPC細胞治療による冠血流改善作用
    小池雅人, 小島秀人, 西村修, 木下武, 池上博久, 神原篤志, 鈴木友彰, 松林景二, 白石昭一郎, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(Supplement) 264 2008年01月
  • 特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する開心術の1例  術前γグロブリン大量静注療法:—術前 γ グロブリン大量静注療法—
    池上 博久, 鈴木 友彰, 西村 修, 木下 武, 神原 篤志, 松林 景二, 浅井 徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 37(2) 108-111 2008年
    症例は62歳,女性.特発性血小板減少性紫斑病を合併した大動脈弁狭窄逆流症,狭心症,および発作性心房細動に対する手術目的で入院となった.特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する人工心肺使用下開心術では,血小板の急激な減少による出血傾向の出現が問題となることがある.われわれは,本症例に対して術前にγグロブリン大量静注療法(400mg/kg×5日間)を行った.入院時の血小板数は,9.4×104/mm3で,同療法前後で血小板数に変化はなかった.しかし,術後4日目より血小板数は増加し始め,退院日である術後12日目には術前の約2倍にまで増加し出血傾向の出現なく良好な術後経過をたどった.γグロブリン大量静注療法は,本症例のように術前血小板数があまり変わらない症例においても,術後しばらくして安定した血小板増加が期待でき,特発性血小板減少性紫斑病合併症例に対する開心術の周術期管理に非常に有用であると思われる.
  • Skeletonized GEAを積極使用する心拍動下冠動脈バイパス手術は早期,遠隔期成績を信頼できるか?
    浅井徹, 松林景二, 鈴木友彰, 神原篤志, 木下武, 池上博久, 西村修, 白石昭一郎, 小池雅人
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 13th 63 2008年
  • 糖尿病合併冠動脈多枝病変に対するオフポンプCABGの病院死亡にPCIの既往が与える影響について
    木下武, 鈴木友彰, 西村修, 池上博久, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 13th 99 2008年
  • PCIの既往が糖尿病合併三枝病変のCABGに与える影響
    木下武, 鈴木友彰, 西村修, 池上博久, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 13(4) 369 2007年11月
  • 超高齢者心拍動下冠動脈バイパスの手術成績
    松林景二, 西村修, 木下武, 池上博久, 神原篤志, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 13(4) 367 2007年11月
  • 低左心機能症例に対するOPCABの成績
    鈴木友彰, 池上博久, 木下武, 西村修, 神原篤志, 松林景二, 浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 13(4) 345 2007年11月
  • 後尖逸脱の標準術式としての新しい後尖切除法―Butterfly Resection and Rotation Plasty―
    浅井徹, 松林景二, 鈴木友彰, 神原篤志, 池上博久, 木下武, 西村修, 白石昭一郎, 小池雅人
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 55(Supplement) 362 2007年09月
  • PS-009-2 心臓血管外科周術期に合併した肺癌症例の検討(周術期管理・合併症2, 第24回日本呼吸器外科学会総会号)
    大塩 麻友美, 手塚 則明, 鹿島 祥隆, 北野 晴久, 藤田 美奈子, 藤田 琢也, 尾崎 良智, 澤井 聡, 藤野 昇三, 浅井 徹, 白石 昭一郎, 松林 景二, 西 崇男, 鈴木 友彰
    日本呼吸器外科学会雑誌 21(3) 2007年04月
  • 心臓血管外科周術期に合併した肺癌症例の検討
    大塩麻友美, 手塚則明, 鹿島祥隆, 北野晴久, 藤田美奈子, 藤田琢也, 尾崎良智, 澤井聡, 藤野昇三, 浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男, 鈴木友彰
    日本呼吸器外科学会雑誌 21(3) 372 2007年04月
  • OPCAB後の心房細動発症の危険因子の検討
    木下武, 浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 鈴木友彰, 小池雅人, 平松範彦, 池上博久
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 12th 234 2007年
  • 腎機能低下症例におけるOPCABの手術及び周術期成績の検討
    池上博久, 浅井徹, 鈴木友彰, 白石昭一郎, 松林景二, 小池雅人, 木下武, 平松範彦
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 12th 224 2007年
  • 乳頭筋断裂に対する僧帽弁形成術
    浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 12th 63-64 2007年
  • Skeletonized in‐situ LITA,RITA,GEAの最大適正使用によるOPCAB
    浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 鈴木友彰, 小池雅人, 池上博久, 木下武, 平松範彦
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 12th 78 2007年
  • Technique and results for skeletonized GEA using the harmonic scalpel in combination with other arterial grafts in off-pump coronary bypass surgery
    Tohru Asai
    Arterial Grafting for Coronary Artery Bypass Surgery: Second Edition 196-200 2006年12月
  • CABGの方法論,効果と今後のあり方―最重要目標である生命予後改善のために―
    浅井徹
    J Cardiol 48(Supplement 1) 194 2006年09月
  • 冠動脈疾患の外科治療Technique&Technology GEAのskeletonization
    浅井徹
    Circ Up date 1(1) 58-63 2006年09月
  • GEAのskeletonization (特集 冠動脈疾患の外科治療Technique & Technology)
    浅井 徹
    サーキュレーション・アップ・トゥ・デート 1(1) 58-63 2006年09月
  • EBMに基づく動脈硬化性疾患の外科的治療とその成績 2.虚血性心疾患
    東田隆治, 浅井徹
    循環器科 59 504-509 2006年05月
  • 心臓大血管手術後の創感染に対するvacuum-assisted closureによる新しい治療法
    東田 隆治, 浅井 徹, 白石 昭一郎, 松林 景二, 西 崇男, 黒川 正人
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(3) 127-131 2006年05月
    心臓大血管術後の創感染に対し,vacuum-assisted closure (VAC)療法を採用した.2004年3〜12月に発生した術後胸部正中創感染の9例を対象とした.8例が男性,1例が女性で,平均年齢は69.6歳,7例が心拍動下冠動脈バイパス術後,2例が弁置換術後であった.糖尿病を6例,慢性腎不全を5例(うち透析患者4例),慢性閉塞性肺障害を2例に合併していた.6例が表層感染,3例が深部感染(胸骨離開)であった.創感染の兆候がみられただちに開放創とし,洗浄とデブリードマン後,VAC療法を開始した.表層感染の症例では速やかに創培養が陰性となり,早期のwound closureにより閉創が促進された.深部感染の症例では,発熱や炎症反応は比較的早期に治まったが,創培養陰性までには2ヵ月程度要した.1例はVACのみで閉創治癒したが,2例は腹直筋皮弁あるいは大胸筋皮弁を用いて閉創した.VAC療法は創治療の閉鎖法と開放法の利点を兼ね備えており,持続吸引により,浸出液,膿が吸引され,肉芽形成が促進されるので,速やかに炎症反応が低下し,表層の感染が縦隔洞炎に進展することが予防された.また,週2〜3回の交換でよいので患者や医療スタッフの負担を軽減することができた.
  • 心臓大血管手術後の創感染に対するvacuum‐assisted closureによる新しい治療法
    東田隆治, 浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男, 黒川正人
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(3) 127-131 2006年05月
  • 脳塞栓合併急性期における活動性感染性心内膜炎の手術のタイミングをどうするか
    東田隆治, 浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男
    滋賀医学 28 102 2006年03月
  • 心エコーで右房内腫瘍と診断された1例
    大西正人, 陳文, 長岡伊織, 田中妥典, 楠川順也, 木之下正彦, 浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男, 高櫻竜太郎
    滋賀医学 28 101 2006年03月
  • 超高齢者弁膜症の患者背景と手術成績
    鈴木友彰, 浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(Supplement) 310 2006年03月
  • 僧帽弁閉鎖不全症に対する弁尖切除を第一選択とする僧帽弁形成術
    白石昭一郎, 浅井徹, 東田隆治, 松林景二, 西崇男, 鈴木友彰, 小池雅人
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(Supplement) 213 2006年03月
  • 術前アスピリン内服がoff‐pump冠動脈バイパス周術期に与える影響について
    松林景二, 白石昭一郎, 東田隆治, 西崇男, 鈴木友彰, 浅井徹
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(Supplement) 200 2006年03月
  • 心臓大血管手術後の創感染に対するvacuum‐assisted closureによる新しい治療法
    東田 隆治, 浅井 徹, 白石 昭一郎, 松林 景二, 西 崇男, 黒川 正人
    日本心臓血管外科学会雑誌 35(3) 127-131 2006年
    心臓大血管術後の創感染に対し,vacuum-assisted closure (VAC)療法を採用した.2004年3~12月に発生した術後胸部正中創感染の9例を対象とした.8例が男性,1例が女性で,平均年齢は69.6歳,7例が心拍動下冠動脈バイパス術後,2例が弁置換術後であった.糖尿病を6例,慢性腎不全を5例(うち透析患者4例),慢性閉塞性肺障害を2例に合併していた.6例が表層感染,3例が深部感染(胸骨離開)であった.創感染の兆候がみられただちに開放創とし,洗浄とデブリードマン後,VAC療法を開始した.表層感染の症例では速やかに創培養が陰性となり,早期のwound closureにより閉創が促進された.深部感染の症例では,発熱や炎症反応は比較的早期に治まったが,創培養陰性までには2ヵ月程度要した.1例はVACのみで閉創治癒したが,2例は腹直筋皮弁あるいは大胸筋皮弁を用いて閉創した.VAC療法は創治療の閉鎖法と開放法の利点を兼ね備えており,持続吸引により,浸出液,膿が吸引され,肉芽形成が促進されるので,速やかに炎症反応が低下し,表層の感染が縦隔洞炎に進展することが予防された.また,週2~3回の交換でよいので患者や医療スタッフの負担を軽減することができた.
  • 透析患者に対するCABGの問題点,危険因子の検討
    鈴木友彰, 浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男, 小池雅人
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 11th 93 2006年
  • 糖尿病はCABGの予後に如何に関与するか
    東田隆治, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男, 鈴木友彰, 小池雅人, 浅井徹
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 11th 65 2006年
  • 左主幹部巨大冠動脈瘤の手術例
    松林景二, 浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 西崇男, 鈴木友彰
    日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集 11th 140 2006年
  • 肺血症性肺塞栓にて発症した心室中隔欠損症に伴う感染性心内膜炎の一例(第99回日本循環器学会近畿地方会)
    吉野 知秀, 久松 隆史, 坪内 直也, 松本 鉄也, 堀江 稔, 浅井 徹, 白石 昭一郎
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 69(0) 2005年10月
  • 心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)後に発症したコレステロール塞栓症(CCE)の3例
    東田隆治, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男, 浅井徹, 杉本俊郎
    日本血管外科学会雑誌 14(3) 365 2005年06月
  • 三尖弁形成術が有効であった三尖弁真菌性心内膜炎の一例
    畔柳智司, 白石昭一郎, 神原篤志, 西崇男, 松林景二, 東田隆治, 浅井徹
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 53 64 2005年03月
  • 再解離を来たした小さなULPを有する早期閉塞型A型解離の1例
    東田隆治, 白石昭一郎, 西崇男, 神原篤志, 畔柳智司, 浅井徹
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 53 44 2005年03月
  • 乳頭筋断裂による急性僧帽弁閉鎖不全の一例
    神原篤志, 浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 53 63 2005年03月
  • 私のOP録 私の最初の心拍動下冠動脈手術(MIDCAB)
    浅井徹
    Cardiovasc Med-Surg 7(1) 164-167 2005年02月
  • 心臓大血管手術後のSSIに対するVACとDelayed Primary Closureによる新しい治療法
    東田隆治, 浅井徹, 白石昭一郎, 松林景二, 西崇男, 神原篤志, 黒川正人
    日本心臓血管外科学会雑誌 34(Supplement) 347 2005年01月
  • 全症例でOPCABを完遂するための滋賀医科大学附属病院の手術戦略
    東田隆治, 白石昭一郎, 西崇男, 神原篤志, 浅井徹
    循環器科 56(6) 643-644 2004年12月
  • 解説!心臓血管手術 18 心筋梗塞合併症手術(心室中隔穿孔手術,心破裂手術)
    白石昭一郎, 浅井徹
    Heart Nurs 17(11) 1092-1095 2004年11月
  • HN講座 解説! 心臓血管手術(18)心筋梗塞合併症手術(心室中隔穿孔手術,心破裂手術)
    白石 昭一郎, 浅井 徹
    ハートナーシング 17(11) 1092-1095 2004年11月
  • 急性心筋梗塞後乳頭筋断裂に対して僧帽弁形成はどこまで可能か? 前乳頭筋完全断裂による前尖と後尖の逸脱に対する再建術式
    浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 西崇男, 神原篤志, 小池雅人
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 52 257 2004年09月
  • 79) 当院で短期間に経験した感染性心内膜炎の三症例(第96回日本循環器学会近畿地方会)
    西山 敬三, 環 愼二, 岡林 旅人, 川嶋 剛史, 堀江 稔, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年04月
  • A word of caution about the skeletonization of the right gastroepiploic artery [4] (multiple letters)
    Hiroshi Osawa, Yuzuru Matsuyama, Tohru Asai
    Annals of Thoracic Surgery 77 1135-1136 2004年03月
  • 急性冠症候群に対する心拍動下冠動脈バイパス術
    東田隆治, 浅井徹, 白石昭一郎, 西崇男, 神原篤志
    日本心臓血管外科学会雑誌 33(Supplement) 319 2004年02月
  • 当院で短期間に経験した感染性心内膜炎の3症例
    西山敬三, 岡林旅人, 環慎二, 川嶋剛史, 大西正人, 堀江稔, 白石昭一郎, 浅井徹
    公立甲賀病院紀要 6 77-82,104 2003年12月
  • Deoxyribonucleic Acid (DNA) Encoding a Pan-Major Histocompatibility Complex Class II Peptide Analogue Augmented Antigen-specific Cellular Immunity and Suppressive Effects on Tumor Growth Elicited by DNA Vaccine Immunotherapy
    Koji Teramoto, Keiichi Kontani, Keiichi Kontani, Yoshitomo Ozaki, Satoru Sawai, Noriaki Tezuka, Toshi Nagata, Shozo Fujino, Yasushi Itoh, Osamu Taguchi, Yukio Koide, Tohru Asai, Iwao Ohkubo, Kazumasa Ogasawara
    Cancer Research 63 7920-7925 2003年11月
    Vaccine immunotherapy must induce helper and cytotoxic cell-mediated immunity to generate the powerful antitumor immune responses needed to suppress cancer progression. We reported previously that a 16-amino acid peptide analogue derived from pigeon cytochrome c can bind broad ranges of MHC class II types and activate helper T cells in mice. To determine whether DNA encoding the Pan-MHC class II IA peptide (Pan-IA) can increase the efficacy of tumor suppression by DNA vaccine immunotherapy targeting tumor antigens, Pan-IA DNA was administered with ovalbumin (OVA) DNA to C57BL/6 mice bearing the OVA-expressing tumor cell line E.G7. Specific proliferative responses to and cytotoxic activities against OVA-expressing targets were induced in mice vaccinated with both OVA and Pan-IA DNA but not in those vaccinated with OVA DNA alone or control DNA plus Pan-IA DNA. Growth of E.G7 cells was suppressed only by combined vaccination with OVA and Pan-IA DNA, and tumors in five of the nine mice that received this combined vaccination were eradicated completely. In those mice, the frequency of CD8-positive T cells reactive with OVA 257-264 peptides in the context of H-2K b was significantly increased in the tumor site. Furthermore, immunofluorescent study of the inoculated tumors revealed increased accumulation of both CD4- and CD8-positive T cells producing IFN-γ in the tumor only by this vaccine protocol. The data suggest that Pan-IA DNA can augment suppressive effects of DNA vaccines on tumor growth by increasing numbers of antigen-specific CTLs and helper T cells. This is the first study in which established tumors have been eradicated successfully by vaccination with DNA corresponding to CTL epitopes and helper T cell epitopes. Our animal model may contribute to the development of therapeutic DNA vaccines against cancer.
  • アトピー性皮膚炎に黄色ブドウ球菌による感染性心内膜炎を併発し急激な大動脈弁破壊の経過をとった1例(第95回日本循環器学会近畿地方会)
    山路 正之, 高橋 正行, 環 愼二, 宮本 証, 大西 正人, 和田 厚幸, 松本 鉄也, 中村 保幸, 堀江 稔, 東田 隆治, 白石 昭一郎, 浅井 徹, 西山 敬三, 川嶋 剛史
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • 冠動脈瘤の一例(日本循環器学会北陸地方会第105回学術集会)
    藤田 伸一郎, 森 清男, 上西 博章, 名村 正伸, 上山 武史, 上山 圭史, 上山 克史, 浅井 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • OPCAB2003年 1.OPCABの手術戦略 OPCABの非妥協的グラフト戦略
    浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男, 神原篤志, 小池雅人
    胸部外科 56(8) 606-610 2003年07月
  • シネMRIを用いた,僧帽弁閉鎖不全症の評価
    白石昭一郎, 浅井徹, 東田隆治, 西崇男
    日本心臓血管外科学会雑誌 32(Supplement) 224 2003年05月
  • 血液透析患者に対する多枝冠血行再建 : Off pump CABG の有用性
    浅井 徹, 白石 昭一郎, 東田 隆治, 松林 景二, 西 崇男, 神原 篤志
    日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association 9(1) 40-42 2003年03月
  • 血液透析患者に対する多枝冠血行再建Off pump CABGの有用性
    浅井徹, 白石昭一郎, 東田隆治, 松林景二, 西崇男, 神原篤志
    日本冠疾患学会雑誌 9(1) 40-42 2003年03月
  • 内視鏡手術 内視鏡下腰部交感神経節切除術
    平野正満, 藤村昌樹, 山本育男, 千野佳秀, 水野光邦, 西崇男, 白石昭一郎, 浅井徹
    外科治療 88(3) 378-383 2003年03月
  • 90) 高齢者の多枝病変に対し心拍動下冠動脈バイパス術を施行し良好な結果を得た一症例
    西山 敬三, 辻田 靖之, 辰巳 万里子, 山本 孝, 高島 弘行, 大西 正人, 和田 厚幸, 杉本 喜久, 中村 保幸, 木之下 正彦, 西 崇男, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 66(0) 2002年10月
  • 高齢者の多枝病変に対し心拍動下冠動脈バイパス術を施行し良好な結果を得た一症例
    西山敬三, 辻田靖之, 辰巳万里子, 山本孝, 高島弘行, 大西正人, 和田厚幸, 木之下正彦, 浅井徹
    Circ J 66 1091 2002年10月
  • 心房粗動再発例のElectro‐Anatomical Mapping Systemによる検討
    伊藤誠, 八尾武憲, 八木崇文, 芦原貴司, 浅井徹, 杉本喜久, 小沢友哉
    日本心電学会学術集会プログラム抄録集 19th 484 2002年08月
  • 高品質OPCAB(心拍動下冠動脈バイパス)完全血管再生のための「十戒」
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 7(3) 120 2001年11月
  • 進歩的なOPCAB(心拍動下冠動脈バイパス)の戦略 適応と最終的な質の拡張
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 7(3) 105 2001年11月
  • 69) 肺動脈末梢に迷入したガイドワイヤーのコーティング断片を回収できた1例(日本循環器学会 第99回北陸地方会)
    藤井 浩之, 名村 正伸, 土谷 武嗣, 上西 博明, 田辺 裕二郎, 伊藤 順, 川尻 剛照, 浅井 徹, 西澤 永晃, 田畑 茂喜
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年10月
  • 31) Harmonic Scalpelによるaortic non-touch total arterial OPCAB(日本循環器学会 第99回北陸地方会)
    田畑 茂喜, 西澤 永晃, 浅井 徹
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年10月
  • 108) 巨大左房腫癌の2例
    山口 聖次郎, 塩澤 寛敏, 浅井 徹
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年04月
  • 34) PET-Perfusable Tissue Index(PTI)-による残存虚血心筋の評価 : 血行再建術前後での左室壁運動の比較
    伊藤 英樹, 名村 正伸, 土谷 武嗣, 緒方 祐子, 上西 博章, 藤田 伸一郎, 田辺 裕二郎, 伊藤 順, 浅井 徹, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年04月
  • 17) 大伏在静脈グラフトに生じた動脈瘤の一例
    上谷 武嗣, 名村 正伸, 緒方 祐子, 上西 博章, 藤井 浩之, 伊藤 英樹, 田辺 裕二郎, 伊藤 順, 浅井 徹, 山口 聖次郎, 塩澤 寛敏
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年04月
  • SFV7-2 Dual scalpel techniqueを用いたtotal arterial, aortic non-touch OPCAB
    浅井 徹, 山口 聖次郎, 塩澤 寛敏
    日本外科学会雑誌 102(0) 2001年03月
  • mid‐sternal OPCABの心臓後面冠動脈吻合手技 possibleではなくcomfortableに!
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 6(3) 134 2000年11月
  • Off pump冠動脈手術の早期成績と今後の課題 127例(307枝)の経験から
    浅井徹
    日本冠疾患学会雑誌 6(3) 109 2000年11月
  • 65) multivessel OPCABの早期成績と今後の展望
    浅井 徹, 山口 聖次郎, 塩澤 寛敏
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年10月
  • 63) modified Komeda-David法による心室中隔穿孔症例の一治験例
    塩澤 寛敏, 山口 聖次郎, 永吉 靖弘, 浅井 徹, 陳 志栄, 川崎 英
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年10月
  • 59) 急性左心不全,肺水腫をきたした僧帽弁逸脱症に対する準緊急僧帽弁再建術の1例
    山口 聖次郎, 塩澤 寛敏, 浅井 徹, 上田 幸生
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年10月
  • 超高齢者の急性冠症候群に対する急性期冠動脈インターベンションの有用性についての検討
    竹中 徳哉, 土屋 整也, 岡田 規雄, 志水 清和, 山本 原嗣, 浅井 徹, 大竹 一生, 脇田 嘉登
    Japanese journal of interventional cardiology 15(3) 242-247 2000年06月
  • 182) 救命し得た重症肺血栓塞栓症の2例
    浅井 徹, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 荒川 大吾, 脇田 嘉登, 水野 俊一, 有木 弘, 中山 智尋
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年04月
  • 146) 悪性リンパ腫のため急性期心肺蘇生により脾臓破裂を合併した急性心筋梗塞の一例
    荒川 大吾, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳也, 志水 清和, 浅井 徹, 脇田 嘉登
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年04月
  • 37)心電図同期SPECT(QGS法)についての検討
    浅井 徹, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 山本 原嗣, 脇田 嘉登, 原田 光徳
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • 29)右冠動脈と左前下行枝に2枝同時閉塞による急性心筋梗塞の1例
    脇田 嘉登, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 山本 原嗣, 浅井 徹
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • 59)Tc-99m Tetrofosminによる心電図同期SPECT(QGS法)の有用性についての検討
    浅井 徹, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 山本 原嗣, 大竹 一生, 原田 光徳
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • 50)冠動脈瘤と思われた3例
    大竹 一生, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 山本 原嗣, 浅井 徹
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • P292 運動負荷TI-201、安静時Tc-99m Tetrofosmin心筋シンチグラフィの有用性についての検討 : 運動負荷TI-201心筋シンチグラフィとの比較
    山本 原嗣, 土屋 整也, 岡田 規雄, 竹中 徳哉, 志水 清和, 間渕 由紀夫, 大竹 一生, 浅井 徹, 内田 博起, 原田 光徳
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 68)鎖骨下動脈狭窄症例の検討
    八木 邦公, 野原 淳, 加藤 全功, 浦田 彰夫, 松原 寿昭, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 関 宏恭, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 61(0) 1998年03月
  • 98) 冠攣縮性狭心症にみるT波異常に関する検討
    浦田 彰夫, 一二三 宣秀, 野原 淳, 加藤 全功, 八木 邦公, 松原 寿昭, 緒方 裕子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 松田 健志, 関 宏恭, 伊藤 順, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 63) 冠攣縮性狭心症におけるACE遺伝子多型性
    一二三 宣秀, 野原 淳, 加藤 全功, 浦田 彰夫, 八木 邦公, 松原 寿昭, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 森瀬 敏夫
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 27) 不安定狭心症を伴った左冠動脈起始異常症の一例
    八木 邦公, 野原 淳, 加藤 全功, 浦田 彰夫, 松原 寿昭, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 関 宏恭, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 33) Cardiac Surgery in Octogenarians
    浅井 徹, 加藤 全功, 松原 寿昭, 九澤 豊, 坂本 滋, 清水 健, 中野 あおい, 野原 淳, 緒方 佑子, 浦田 彰夫, 八木 邦公, 真田 宏人, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 80) 冠動脈肺動脈瘤症例の検討
    九澤 豊, 木村 輝明, 松原 寿昭, 浅井 徹, 坂本 滋, 清水 健, 原城 達夫, 八木 邦公, 山形 壽生, 緒方 佑子, 中野 あおい, 真田 宏人, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 嚢
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 74) Subpulmonic Infundibular Stenosisの一例
    八木 邦公, 一二三 宣秀, 木村 輝明, 原城 達夫, 山形 壽生, 松原 寿昭, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 73) 急性肺水腫をきたした僧帽弁閉鎖不全に対する僧帽弁再建術の一例
    浅井 徹, 木村 輝明, 松原 寿昭, 九聰 豊, 坂芭 滋, 清水 健, 原城 達夫, 八木 邦公, 山形 壽生, 緒方 佑子, 中野 あおい, 真田 宏人, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 58) 不安定狭心症の心臓MRI所見の検討
    山形 壽生, 一二三 宣秀, 八木 邦公, 松原 寿昭, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 関宏 恭, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 57) 冠攣縮性狭心症におけるジピリダモール負荷心筋SPECT/PET所見
    中野 あおい, 一二三 宣秀, 木村 輝明, 原城 達夫, 八木 邦公, 松原 壽昭, 山形 壽生, 緒方 祐子, 浅井 徹, 真田 宏人, 九沢 豊, 関 宏恭, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 54) 心疾患患者における減負荷時のBNPの反応
    原城 達夫, 一二三 宣秀, 木村 輝明, 八木 邦公, 松原 寿昭, 山形 寿生, 緒方 祐子, 中野 あおい, 浅井 徹, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • 91) 甲状腺機能亢進症を契機に見出された家族性高コレステロール血症の一例(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    一二三 宣秀, 八木 邦公, 松原 寿昭, 山形 壽生, 浅井 徹, 高野 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 85) Gd enhanced MRCTにて経過観察し得たfocal myocarditisの1例(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    松田 健志, 八木 邦公, 松原 寿昭, 山形 壽生, 浅井 徹, 高野 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 九澤 豊, 坂本 滋, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 84) 急性心筋梗塞との鑑別を要した顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー症の一例(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    八木 邦公, 一二三 宣秀, 松原 寿昭, 山形 壽生, 浅井 徹, 高野 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 79) 心筋虚血係数を用いたCABG前後の心筋代謝の評価 : Cardiac PETを用いて(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    高野 徹, 坂本 滋, 八木 邦公, 松原 寿昭, 山形 壽生, 浅井 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 九沢 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄, 関 宏恭, 清水 健
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 78) 肥大型心筋症における局所の心筋血流, 脂肪酸, 糖代謝について : PETによる検討(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    北村 勝, 関 宏恭, 一二三 宣秀, 伊藤 順, 松田 健志, 九澤 豊, 真田 宏人, 高野 徹, 浅井 徹, 山形 壽生, 松原 寿昭, 八木 邦公, 竹越 嚢
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 76) 肥大型心筋症におけるGd-MRIの検討(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    山形 壽生, 一二三 宣秀, 八木 邦公, 松原 寿昭, 浅井 徹, 高野 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 50) バスケットカテーテルにて摘出可能であった心内異物の1例(日本循環器学会 第81回北陸地方会)
    九沢 豊, 一二三 宣秀, 八木 邦公, 松原 寿昭, 山形 壽生, 浅井 徹, 高野 徹, 北村 勝, 真田 宏人, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 257)先天性下大静脈閉塞症が疑われた若年の一女性例(日本循環器学会第95回東海・第80回北陸合同地方会)
    高野 徹, 坂本 滋, 浅井 徹, 安達 昌弘, 土島 秀次, 九沢 豊, 八木 邦公, 北村 勝, 真田 宏人, 松田 健志, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 210)心臓カテーテル再検にて確認された冠攣縮性狭心症の検討(日本循環器学会第95回東海・第80回北陸合同地方会)
    一二三 宣秀, 伊藤 順, 松田 健志, 真田 宏人, 北村 勝, 八木 邦公, 竹越 襄, 坂本 滋, 九澤 豊, 高野 徹, 土島 秀次, 浅井 徹, 安達 昌宏
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 114)肺高血圧症を合併したSLEの1例(日本循環器学会第95回東海・第80回北陸合同地方会)
    北村 勝, 伊藤 順, 一二三 宣秀, 松田 健志, 真田 宏人, 八木 邦公, 坂本 滋, 九沢 豊, 高野 徹, 土島 秀次, 浅井 徹, 安達 昌宏, 関宏 恭, 竹越 襄
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 101)術前後にIABP, PCPSを用いて循環補助を行なった急性心筋梗塞による心室中隔穿孔の一例(日本循環器学会第95回東海・第80回北陸合同地方会)
    安達 昌宏, 坂本 滋, 九沢 豊, 高野 徹, 土島 秀次, 浅井 徹, 一二三 宣秀, 伊藤 順, 松田 健志, 真田 宏人, 北村 勝, 八木 邦公, 竹越 襄, 清水 健
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • Effects of a single administration of fibroblast growth factor on vascular wall reaction to injury
    M. A. Parish, Michael A. Parish, E. A. Grossi, Eugene A. Grossi, F. G. Baumann, F. Gregory Baumann, T. Asai, Tohru Asai, D. B. Rifkin, Daniel B. Rifkin, S. B. Colvin, Stephen B. Colvin, A. C. Galloway, Aubrey C. Galloway
    Annals of Thoracic Surgery 59 948-954 1995年04月
    Expansion of the vascular wall through formation of neointimal fibromuscular lesions is the basic mechanism underlying stenosis of vascular grafts, restenosis of arteries treated by balloon angioplasty, and other major cardiovascular problems. This study examined the effect of a single, systemic, low dose of basic fibroblast growth factor (bFGF) on formation of neointimal fibromuscular lesions in response to injury. New Zealand white rabbits (n = 76) were subjected to balloon injury of the abdominal aorta. Forty-five rabbits were given a single intravenous dose of bFGF (0.5 μg/kg) immediately after injury, and 31 rabbits were given only the vehicle solution as controls. After 2 (n = 15), 5 (n = 21), 14 (n = 29), or 28 (n = 11) days the rabbits were sacrificed. Those rabbits receiving the single administration of bFGF exhibited significantly greater intimal thickening (intima/media ratio) than the control group at 5 days (mean ± standard error of the mean, 0.091 ± 0.009 versus 0.058 ± 0.006; p < 0.002), but not at 14 or 28 days. These results were achieved without any significant differences in mitotic indices, as determined by a mitostatic method, between the two groups at any postinjury interval examined. The findings suggest that a single systemic dose of exogenous bFGF has a relatively long term effect on enhancing the neointimal response to vascular injury. Therefore, local control of endogenous bFGF may be useful in limiting formation of vascular neointimal fibromuscular lesions, thus improving the long-term results of vascular grafts, balloon angioplasty, and other cardiovascular procedures.
  • 1113 冠攣縮性狭心症における心筋糖代謝異常 : PETによる検討
    一二三 宣秀, 八木 邦公, 安達 昌宏, 浅井 徹, 土島 秀次, 北村 勝, 高野 徹, 真田 宏人, 九澤 豊, 松田 健志, 伊藤 順, 竹越 襄, 関 宏恭
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年03月
  • Surgical repair of type A aortic dissection by the circulatory arrest- graft inclusion technique in sixty-six patients
    A. C. Galloway, S. B. Colvin, E. A. Grossi, M. A. Parish, A. T. Culliford, T. Asai, N. M. Rofsky, J. C. Weinreb, S. Shapiro, F. G. Baumann, F. C. Spencer, D. C. Miller, W. W. Angell, W. Wolfe
    Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 105 781-790 1993年01月
    During an 8-year period (1984 to 1991) 66 patients (mean age 59 years, range 26 to 84 years) with type A aortic dissection (60 ascending aorta tears, 6 arch tears; 35 acute, 31 chronic) had surgical repair by a continuous suture-graft inclusion technique. Hypothermic circulatory arrest (16° C) was used in 58 patients (35/35 acute, 23/31 chronic; mean arrest time 26 minutes, range 10 to 55 minutes). Fifty-two patients had hemiarch repair and 6 had total arch replacement. Aortic valve disease necessitated treatment in 38 patients (1 valved conduit, 20 valve replacements, 17 valve repairs). Recently 11 patients had valve repair by reconstruction of the native aortic root, by means of techniques similar to those used for homograft valve insertion. Operative mortality was 9% (14% acute, 3% chronic). Stroke occurred in 2 patients (3%) and was fatal in both. Variables suggestive of increased operative risk by univariate analysis were acuteness (p = 0.12), visceral ischemia (p = 0.12), and preoperative shock (p = 0.13). No variable was significant by multivariate analysis. Overall actuarial survival at 48 months was 77%, with 3 late deaths from a ruptured distal aneurysm. Late computed tomography or magnetic resonance imaging scan was done in 28 patients at a mean interval of 33 months. These studies identified 1 patient with a pseudoaneurysm requiring reoperation and 3 patients with contained flow between the graft and the wrap. Three patients required late operation: 1 for pseudoaneurysm, 1 for arch dissection, and 1 for repair of a distal aneurysm.
  • The effects of different techniques of internal mammary artery harvesting on sternal blood flow
    M. A. Parish, T. Asai, E. A. Grossi, R. Esposito, A. C. Galloway, S. B. Colvin, F. C. Spencer
    Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 104 1303-1307 1992年01月
    We investigated chest wall blood flow in a canine model to determine if the technique used to harvest the mammary artery has a differential effect on residual chest wall blood flow. Eight dogs underwent bilateral internal mammary artery mobilization; one artery was harvested as a pedicle and the other was harvested as a skeletonized vessel. Residual blood flow to the chest wall distribution of each artery was measured with radioactive microspheres. Chest wall blood flow was significantly decreased from preharvest levels after internal mammary artery mobilization regardless of the technique used. Tissue blood flows decreased to 46.9%, 22.1%, and 41.2% of baseline values for the manubrium (p < 0.01), sternum (p < 0.001), and ribs (p < 0.05), respectively. Residual sternal blood flow on the side of the skeletonized vessel was significantly greater than on the side of the pedicle graft (2.60 ± 0.68 versus 1.27 ± 0.27 cm 3/min/100 gm, p < 0.001). We conclude that minimization of tissue mobilization during internal mammary artery harvesting may reduce sternal devascularization. This finding may have clinical significance with respect to lowering the incidence of sternal wound complications in coronary bypass surgery using the internal mammary artery as a bypass conduit.
  • Experience with twenty-eight cases of systolic anterior motion after mitral valve reconstruction by the Carpentier technique
    E. A. Grossi, A. C. Galloway, M. A. Parish, T. Asai, A. J. Gindea, S. Harty, I. Kronzon, F. C. Spencer, S. B. Colvin
    Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 103 466-470 1992年01月
    Systolic anterior motion of the mitral valve with left ventricular outflow tract obstruction after Carpentier-type mitral reconstruction with ring annuloplasty has led some surgeons to abandon an otherwise successful repair or to avoid use of a rigid ring. To assess the long-term significance of such motion, we studied 439 patients undergoing Carpenter mitral reconstruction at our institution between March 1981 and June 1990. The hospital mortality rate was 4.8% (21/439) overall and 3.7% (9/243) for isolated mitral reconstruction. Systolic anterior motion was found in 6.4% (28/438) after the operation, and 2.3% (10/438) had a coexisting left ventricular outflow tract gradient (mean 53 mm Hg). Of the 28 patients with systolic anterior motion, 27 (96.4%) had leaflet prolapse, 17 (60.7%) had undergone more than a 3 cm resection of the posterior leaflet, and two (7.1%) had preexisting idiopathic hypertrophic subaortic stenosis. All patients were treated medically, 14 with negative inotropic agents. Follow-up echocardiograms at a mean of 32 months demonstrated the disappearance of systolic anterior motion in 13 of 28 patients (46.4%) and resolution of the outflow tract gradient in 10 of 10 (100%). At follow-up only one patient was in New York Heart Association class III or IV and required reoperation for rheumatic mitral insufficiency. These data demonstrate that systolic anterior motion after Carpentier mitral reconstruction with ring annuloplasty is not prevalent and should be managed medically in most cases. Associated left ventricular outflow tract obstruction resolves with medical treatment.
  • 内胸動脈採取の前胸壁血流におよぼす影響の研究
    浅井徹
    金沢大学十全医学会雑誌 100(1) 157-164 1991年02月
  • A-Cバイパス再手術例の検討
    森田 克哉, 川筋 道雄, 辻口 大, 浅井 徹, 岩 喬, 村田 義治, 野々村 昭孝
    Japanese circulation journal 54(0) 1990年12月
  • 経動脈的DSAによる内胸動脈(IMA)グラフトの開存性診断
    川筋道雄, 辻口大, 沢重治, 浅井徹, 岩喬, 松井修
    胸部外科 42(11) 900-903 1989年10月
  • Staplerを用いた肺部分切除による内胸動脈グラフトの過伸展防止法
    川筋道雄, 辻口大, 浅井徹, 森田克哉, 岩喬
    胸部外科 42(7) 533-535 1989年07月
  • 心室細動を生じ副伝導路切断術を行ったWPW症候群の5例
    三崎拓郎, 向井恵一, 松永康弘, 坪田誠, 浅井徹, 品川誠, 榊原直樹, 岩喬
    心臓 20(5) 562-567 1988年05月
  • 心房電位測定可能なホルター心電計のWPW症候群への応用
    三崎拓郎, 向井恵一, 松永康弘, 浅井徹, 坪田誠, 品川誠, 岩喬
    心臓 20(4) 422-428 1988年04月
  • 臨床 心房電位測定可能なホルター心電計のWPW症候群への応用
    三崎 拓郎, 向井 恵一, 松永 康弘, 浅井 徹, 坪田 誠, 品川 誠, 岩 喬
    心臓 20(4) 422-428 1988年
    1チャンネル目は通常の心電図,2チャンネル目を心房電位記録用に周波数特性を時定数は0.002秒,上限の周波数は100Hzに変更したホルター心電計を用いWPW症候群の頻拍の分析を行った.心房電位の採取は右心耳に固定したJ型双極カテーテル電極より行った.15例全例で明確な心房電位図が記録可能であった.またこのホルター心電計を用いれば心房電位のトレンドも得られ,頻拍の誘発,停止様式の理解が容易であった.
  • 臨床 心室細動を生じ副伝導路切断術を行ったWPW症候群の5例
    三崎 拓郎, 向井 恵一, 松永 康弘, 坪田 誠, 浅井 徹, 品川 誠, 榊原 直樹, 岩 喬
    心臓 20(5) 562-567 1988年
    WPW症候群で突然死する症例の原因として心室細動が上げられている.術前心室細動をきたし副伝導路切断術の適応として紹介された5症例の特徴につき検討した.この結果,若年者,複数副伝導路症例,Ebstein病合併例,運動時に多く発生し,しかも初回発作で生ずることもあることが判明した.これらの症例に対しては副伝導路切断術が唯一かつ確実な治療法であると考えられる.
  • 二連銃様吻合再建を施行した左上・下葉分岐部の肺門型早期肺癌の1治験例
    榊原直樹, 渡辺洋宇, 木元春生, 林裕之, 浅井徹, 岩喬
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 35(10) 1934-1938 1987年10月