詳細検索はこちら

山本 孝

所属部署名循環器内科
職名講師
 
 
更新日: 18/01/17 06:46

研究者基本情報

氏名

    山本 孝

所属(マスタ)

  • 循環器内科 講師

研究活動情報

論文

  • High long-chain n-3 fatty acid intake attenuates the effect of high resting heart rate on cardiovascular mortality risk: A 24-year follow-up of Japanese general population.
    Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
    J Cardiol 64(3) 218-24 2014年09月 [査読有り]
  • Association of Coronary Artery Calcification with Estimated Coronary Heart Disease Risk from Prediction Models in a Community-Based Sample of Japanese Men: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA).
    Tai Pham., Fujiyoshi A, Arima H, Tanaka-Mizuno S, Hisamatsu T, Kadowaki S, Kadota A, Zaid M, Sekikawa A, Yamamoto T, Horie M, Miura K, Ueshima H, Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA) Research Group.
    Journal of atherosclerosis and thrombosis 2017年12月 [査読有り]
  • Lipoprotein particle profiles compared with standard lipids in association with coronary artery calcification in the general Japanese population.
    Hisamatsu T, Fujiyoshi A, Miura K, Ohkubo T, Kadota A, Kadowaki S, Kadowaki T, Yamamoto T, Miyagawa N, Zaid M, Torii S, Takashima N, Murakami Y, Okamura T, Horie M, Ueshima H, SESSA Research Group.
    Atherosclerosis 236(2) 237-243 2014年10月 [査読有り]
  • Smoking, Smoking Cessation, and Measures of Subclinical Atherosclerosis in Multiple Vascular Beds in Japanese Men.
    Hisamatsu T, Miura K, Arima H, Kadota A, Kadowaki S, Torii S, Suzuki S, Miyagawa N, Sato A, Yamazoe M, Fujiyoshi A, Ohkubo T, Yamamoto T, Murata K, Abbott RD, Sekikawa A, Horie M, Ueshima H, Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA) Research GroupNakanoYasutakaOgawaEmikoMaegawaHiroshiMiyazawaItsukoMitsunamiKenichiNozakiKazuhikoShiinoAkihikoArakiIsaoTsuruTeruhikoToyamaIkuoOgitaHisakazuKuritaSouichiMaedaToshinagaMiyamatsuNaomiKitaToruKimuraTakeshiNishioYoshihikoNakamuraYasuyukiOkamuraTomonoriBarinas‐MitchellEmma J.M.EdmundowiczDanielOhkuboTakayoshiHozawaAtsushiOkudaNagakoHigashiyamaAyaNagasawaShinyaKitaYoshikuniMurakamiYoshitakaTakashimaNaoyukiKadowakiTakash.
    Journal of the American Heart Association 5(9) 2016年08月 [査読有り]
  • Interaction between dietary marine-derived n-3 fatty acids intake and J-point elevation on the risk of cardiac death: a 24-year follow-up of Japanese men.
    Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Matsumura Y, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
    Heart 99(14) 1024-1029 2013年07月 [査読有り]
  • Lipoprotein-associated phospholipase A2 is related to risk of subclinical atherosclerosis but is not supported by Mendelian randomization analysis in a general Japanese population.
    Ueshima H, Kadowaki T, Hisamatsu T, Fujiyoshi A, Miura K, Ohkubo T, Sekikawa A, Kadota A, Kadowaki S, Nakamura Y, Miyagawa N, Okamura T, Kita Y, Takashima N, Kashiwagi A, Maegawa H, Horie M, Yamamoto T, Kimura T, Kita T, ACCESS and SESSA Research Groups.
    Atherosclerosis 246 141-147 2016年03月 [査読有り]
  • Prognostic role of high-sensitivity cardiac troponin T in patients with nonischemic dilated cardiomyopathy.
    Kawahara C, Tsutamoto T, Nishiyama K, Yamaji M, Sakai H, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 75(3) 656-661 2011年 [査読有り]
  • Biological variation of brain natriuretic Peptide and cardiac events in stable outpatients with nonischemic chronic heart failure.
    Nishiyama K, Tsutamoto T, Yamaji M, Kawahara C, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Circ J.  75(2) 341-347 2011年 [査読有り]
  • Robust In Vitro Induction of Human Germ Cell Fate from Pluripotent Stem Cells.
    Sasaki K, Yokobayashi S, Nakamura T, Okamoto I, Yabuta Y, Kurimoto K, Ohta H, Moritoki Y, Iwatani C, Tsuchiya H, Nakamura S, Sekiguchi K, Sakuma T, Yamamoto T, Mori T, Woltjen K, Nakagawa M, Yamamoto T, Takahashi K, Yamanaka S, Saitou M
    Cell stem cell 17(2) 178-194 2015年08月 [査読有り]
  • Prognostic role of highly sensitive cardiac troponin I in patients with systolic heart failure
    Tsutamoto T, Kawahara C, Nishiyama K, Yamaji M, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Am Heart J 159(1) 63-67 2010年01月 [査読有り]
  • A case of catheter fracture of a totally implantable access port introduced through the right internal jugular vein.
    Shimizu T, Mekata E, Murata S, Yamamoto T, Tani T
    Journal of surgical oncology 103(5) 460-461 2011年04月 [査読有り]
  • Comparison of the long-term effects of candesartan and olmesartan on plasma angiotensin II and left ventricular mass index in patients with hypertension.
    Tsutamoto T, Nishiyama K, Yamaji M, Kawahara C, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Hypertens Res. 33(2) 118-122 2010年02月 [査読有り]
  • Relationship Between Biological Variation in B-Type Natriuretic Peptide and Plasma Renin Concentration in Stable Outpatients With Dilated Cardiomyopathy.
    Nishiyama K, Tsutamoto T, Kawahara C, Yamaji M, Sakai H, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    Circ J.  75(8) 1897-1904 2011年 [査読有り]
  • OsATG7 is required for autophagy-dependent lipid metabolism in rice postmeiotic anther development.
    Kurusu T, Koyano T, Hanamata S, Kubo T, Noguchi Y, Yagi C, Nagata N, Yamamoto T, Ohnishi T, Okazaki Y, Kitahata N, Ando D, Ishikawa M, Wada S, Miyao A, Hirochika H, Shimada H, Makino A, Saito K, Ishida H, Kinoshita T, Kurata N, Kuchitsu K
    Autophagy 10(5) 878-888 2014年05月 [査読有り]
  • Long-term pharmacological therapy of Brugada syndrome: is J-wave attenuation a marker of drug efficacy?
    Hasegawa K, Ashihara T, Kimura H, Jo H, Itoh H, Yamamoto T, Aizawa Y, Horie M
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 53(14) 1523-1526 2014年 [査読有り]
  • Impact of oxidative stress on plasma adiponectin in patients with chronic heart failure
    Tanaka T, Tsutamoto T, Nishiyama K, Sakai H, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Circ J 72(4) 563-568 2008年04月 [査読有り]
  • Effect of atrial natriuretic peptide on adiponectin in patients with heart failure
    Tanaka T, Tsutamoto T, Sakai H, Nishiyama K, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Eur J Heart Fail 10(4) 360-366 2008年04月 [査読有り]
  • Association between J-point elevation and death from coronary artery disease--15-year follow up of the NIPPON DATA90.
    Hisamatsu T, Ohkubo T, Miura K, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Nagasawa SY, Kita Y, Murakami Y, Okayama A, Horie M, Okamura T, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 77(5) 1260-1266 2013年 [査読有り]
  • Direct Comparison of Brain Natriuretic Peptide (BNP) and N-Terminal Pro-BNP Secretion and Extent of Coronary Artery Stenosis in Patients With Stable Coronary Artery Disease
    Sakai H, Tsutamoto T, Ishikawa C, Tanaka T, Fujii M, Yamamoto T, Takashima H, Horie M
    Circ J 71(4) 499-505 2007年04月 [査読有り]
  • [Angina pectoris: classification and differential diagnosis].
    Yamamoto T, Horie M
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 69 Suppl 9 9-13 2011年11月 [査読有り]
  • Direct comparison of transcardiac difference between brain natriuretic peptide (BNP) and N-terminal pro-BNP in patients with chronic heart failure
    Tsutamoto T, Sakai H, Ishikawa C, Fujii M, Tanaka T, Yamamoto T, Takashima H, Ohnishi M, Wada A, Horie M
    Eur J Heart Fail 9(6-7) 667-673 2007年06月 [査読有り]
  • Electronic state of a conducting single molecule magnet based on Mn-salen type and Ni-dithiolene complexes.
    Kubo K, Shiga T, Yamamoto T, Tajima A, Moriwaki T, Ikemoto Y, Yamashita M, Sessini E, Mercuri ML, Deplano P, Nakazawa Y, Kato R
    Inorganic chemistry 50(19) 9337-9344 2011年10月 [査読有り]
  • Total and high molecular weight adiponectin, haemodynamics, and mortality in patients with chronic heart failure.
    Tsutamoto T, Tanaka T, Sakai H, Ishikawa C, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    European heart journal 28(14) 1723-1730 2007年07月 [査読有り]
  • Multidetector-row computed tomography coronary angiography: optimization of image reconstruction phase according to the heart rate.
    Nagatani Y, Takahashi M, Takazakura R, Nitta N, Murata K, Ushio N, Matsuo S, Yamamoto T, Horie M
    Circ J.  Jan;71(1) 112-121 2007年01月 [査読有り]
  • Comparison of Active Renin Concentration and Plasma Renin Activity as a Prognostic Predictor in Patients With Heart Failure
    Tsutamoto T, Sakai H, Tanaka T, Fujii M, Yamamoto T, Wada A, Ohnishi M, Horie M
    Circulation Journal 71(6) 915-921 2007年06月 [査読有り]
  • Prognostic value of serial measurements of highly sensitive cardiac troponin I in stable outpatients with nonischemic chronic heart failure.
    Kawahara C, Tsutamoto T, Sakai H, Nishiyama K, Yamaji M, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    American heart journal 162(4) 639-645 2011年10月 [査読有り]
  • Plasma Level of Cardiotrophin-1 as a Prognostic Predictor in Patients with Chronic Heart Failure.
    Tsutamoto T, Asai S, Tanaka T, Sakai H, Nishiyama K, Fujii M, Yamamoto T, Ohnishi M, Wada A, Saito Y, Horie M
    Eur J Heart Fail  9(10) 1032-1037 2007年10月 [査読有り]
  • Comparison of the Effects of Efonidipine and Amlodipine on Aldosterone in Patients with Hypertension.
    Tanaka T, Tsutamoto T, Sakai H, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Hypertension Research  30(8) 691-697 2007年08月 [査読有り]
  • Effect of eplerenone versus spironolactone on cortisol and hemoglobin A₁(c) levels in patients with chronic heart failure.
    Yamaji M, Tsutamoto T, Kawahara C, Nishiyama K, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    American heart journal 160(5) 915-921 2010年11月 [査読有り]
  • Relationship between renal function and plasma brain natriuretic Peptide in patients with heart failure
    Tsutamoto T, Wada A, Sakai H, Ishikawa C, Tanaka T, Hayashi M, Fujii M, Yamamoto T, Dohke T, Ohnishi M, Takashima H, Kinoshita M, Horie M
    J Am Coll Cardiol 47(3) 582-586 2006年02月 [査読有り]
  • Direct Comparison of Transcardiac Increase in Brain Natriuretic Peptide (BNP) and N-terminal proBNP and Prognosis in Patients with Chronic Heart Failure
    Tsutamoto T, Sakai H, Nishiyama K, Tanaka T, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Circulation Journal 71(12) 1873-1888 2007年12月 [査読有り]
  • A case of catheter fracture of a totally implantable access port introduced through the right internal jugular vein.
    J Surg Oncol 103(5) 460-461 2010年
  • Effect of carperitide on plasma adiponectin levels in acute decompensated heart failure patients with diabetes mellitus.
    Yamaji M, Tsutamoto T, Tanaka T, Kawahara C, Nishiyama K, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 73(12) 2264-2269 2009年12月 [査読有り]
  • Dose-dependent prognostic effect of carvedilol in patients with chronic heart failure--special reference to transcardiac [corrected] gradient of norepinephrine.
    Nishiyama K, Tsutamoto T, Yamaji M, Kawahara C, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 73(12) 2270-2275 2009年12月 [査読有り]
  • Effect of simvastatin vs. rosuvastatin on adiponectin and haemoglobin A1c levels in patients with non-ischaemic chronic heart failure.
    Tsutamoto T, Yamaji M, Kawahara C, Nishiyama K, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    European journal of heart failure 11(12) 1195-1201 2009年12月 [査読有り]
  • Aortopulmonary artery dissection.
    Itoh H, Yamamoto T, Sugihara H, Saotome T, Eguchi Y, Asai T, Horie M
    Journal of the American College of Cardiology 54(21) 1990 2009年11月 [査読有り]
  • Serum cortisol as a useful predictor of cardiac events in patients with chronic heart failure: the impact of oxidative stress.
    Yamaji M, Tsutamoto T, Kawahara C, Nishiyama K, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    Circulation. Heart failure 2(6) 608-615 2009年11月 [査読有り]
  • Long-term effect of efonidipine therapy on plasma aldosterone and left ventricular mass index in patients with essential hypertension.
    Tsutamoto T, Tanaka T, Nishiyama K, Yamaji M, Kawahara C, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 32(8) 670-674 2009年08月 [査読有り]
  • Endothelin stimulates an endogenous nitric oxide synthase inhibitor, asymmetric dimethylarginine, in experimental heart failure.
    Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Wang X, Kinoshita M
    Clinical science (London, England : 1979) 103 Suppl 48 241S-244S 2002年08月 [査読有り]
  • Chronic effects of an endothelin-converting enzyme inhibitor on cardiorenal and hormonal function in heart failure
    Wada A, Ohnishi M, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Wang X, Kinoshita M
    Clin Sci 103 254S-257S-257S 2002年08月 [査読有り]
  • Relationship between renal function and serum cardiac troponin T in patients with chronic heart failure.
    Tsutamoto T, Kawahara C, Yamaji M, Nishiyama K, Fujii M, Yamamoto T, Horie M
    European journal of heart failure 11(7) 653-658 2009年07月 [査読有り]
  • Effect of carvedilol on plasma adiponectin concentration in patients with chronic heart failure.
    Yamaji M, Tsutamoto T, Tanaka T, Kawahara C, Nishiyama K, Yamamoto T, Fujii M, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 73(6) 1067-1073 2009年06月 [査読有り]
  • Plasma NT-proBNP as a more reliable biomarker of endogenous cardiac natriuretic peptides than BNP during carperitide infusion.
    Nishiyama K, Tsutamoto T, Tanaka T, Fujii M, Yamamoto T, Yamaji M, Horie M
    International heart journal 50(2) 183-190 2009年03月 [査読有り]
  • Transcardiac increase in norepinephrine and prognosis in patients with chronic heart failure.
    Tsutamoto T, Nishiyama K, Sakai H, Tanaka T, Fujii M, Yamamoto T, Yamaji M, Horie M
    European journal of heart failure 10(12) 1208-1214 2008年12月 [査読有り]
  • Beneficial effect of perindopril on cardiac sympathetic nerve activity and brain natriuretic peptide in patients with chronic heart failure: comparison with enalapril.
    Tsutamoto T, Tanaka T, Sakai H, Nishiyama K, Fujii M, Yamamoto T, Nakae I, Ohnishi M, Wada A, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(5) 740-746 2008年05月 [査読有り]
  • アルドステロン拮抗薬と心室リモデリング
    心電図 28(1) 22-31 2008年
  • Proteomic analysis reveals significant alternations of cardiac small heat shock protein expression in congestive heart failure.
    Dohke T, Wada A, Isono T, Fujii M, Yamamoto T, Tsutamoto T, Horie M
    Journal of cardiac failure 12(1) 77-84 2006年02月 [査読有り]
  • Inhibition of aldosterone and endothelin-1 by carperitide was attenuated with more than 1 week of infusion in patients with congestive heart failure.
    Ishikawa C, Tsutamoto T, Wada A, Fujii M, Ohno K, Sakai H, Yamamoto T, Horie M
    Journal of cardiovascular pharmacology 46(4) 513-518 2005年10月 [査読有り]
  • Inhibition of aldosterone and endothelin-1 by carperitide was attenuated more than one week Infusion in patients with congestive heart failure
    J Cardiovasc Pharmac 46 513-518 2005年
  • Long-term treatment with a phosphodiesterase type 5 inhibitor improves pulmonary hypertension secondary to heart failure through enhancing the natriuretic peptides-cGMP pathway.
    Yamamoto T, Wada A, Tsutamoto T, Ohnishi M, Horie M
    Journal of cardiovascular pharmacology 44(5) 596-600 2004年11月 [査読有り]
  • Endogenous bradykinin suppresses myocardial fibrosis through the cardiac-generated endothelin system under chronic angiotensin-converting enzyme inhibition in heart failure.
    Fujii M, Wada A, Ohnishi M, Tsutamoto T, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Dohke T, Isono T, Eguchi Y, Horie M
    Journal of cardiovascular pharmacology 44 Suppl 1 S346-9 2004年11月 [査読有り]
  • Transcardiac increase in tumor necrosis factor-alpha and left ventricular end-diastolic volume in patients with dilated cardiomyopathy.
    Tsutamoto T, Wada A, Ohnishi M, Tsutsui T, Ishii C, Ohno K, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Dohke T, Horie M
    European journal of heart failure 6(2) 173-180 2004年03月 [査読有り]
  • Actin filaments play a permissive role in the inhibition of store-operated Ca2+ entry by extracellular ATP in rat brown adipocyt
    Biochem J 381(2) 389-396 2004年
  • Torasemide inhibits transcardiac extraction of aldosterone in patients with congestive heart failure
    J Am Coll Cardiol 44 2252-2253 2004年
  • Transcardiac increase in tumor necrosis factor-alpha and left ventricular end-diastolic volume in patients with dilated cardiomy
    Eur J Heart Fail 6 173-180 2004年
  • Long-term treatment with a phosphodiesterase type 5 inhibitor improves pulmonary hypertension secondary to heart failure through
    J Cardiovasc Pharmac 44 596-600 2004年
  • Transcardiac gradient of aldosterone before and after spironolactone in patients with congestive heart failure.
    Tsutamoto T, Wada A, Maeda K, Hayashi M, Tsutsui T, Ohnishi M, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Ishii C
    Journal of cardiovascular pharmacology 41 Suppl 1 S19-22 2003年01月 [査読有り]
  • 心不全の予後予測因子-hANP投与の影響-
    心臓 35 62-64 2003年
  • Chronic administration of phosphodiesterase type 5 inhibitor suppresses renal production of endothelin-1 in dogs with congestive heart failure.
    Yamamoto T, Wada A, Ohnishi M, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Takayama T, Wang X, Kurokawa K, Kinoshita M
    Clinical science (London, England : 1979) 103 Suppl 48 258S-262S 2002年08月 [査読有り]
  • Endothelin Stimulates endogenous nitric oxide synthase inhibitor, asymmetric dimethylarginine, in experimental heart failure
    Clin Sci 103 241S-244S 2002年
  • Chronic administration of phosphodiesterase type 5 inhibitor suppresses renal production of endothelin-1 during the progression
    Clin Sci 103 258S-262S 2002年
  • Endothelin-1 promotes vascular structural remodeling during the progression of heart failure prevention of vascular remodeling u
    Life Sci 69 2477-2488 2001年
  • Increased expression of hippocampal cholinergic neurostimulating peptide-related components and their messenger RNAs in the hippocampus of aged senescence-accelerated mice
    Neuroscience 88 79-92 1999年
  • 心不全患者における治療効果の指標としての血漿BNP濃度の有用性
    Ther. Res. 19 10 3253-3260 1998年
  • Hepatocytes Entrapped in Collagen Gel Following 14 Days of Storage at 4℃:Preservation of Hybrid Artificial Liver
    Artificial Organs 21(2) 99-106 1997年
  • Insulin receptor mRNA in the substantia nigra in Parkinson's disease
    Neurosci. Lett 204 201-204 1996年

MISC

  • 左室流出路に圧格差を有する大動脈狭窄症に対してTAVRを施行した一例
    冨岡 大資, 山本 孝, 松本 祐一, 福山 恵, 八木 典章, 岡本 寛樹, 中島 健太
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 26回 MO362-MO362 2017年07月
  • 高度屈曲した胸部・腹部大動脈を有する超高齢者大動脈弁狭窄症に対してTF-TAVRを施行した一例
    山本 孝, 松本 祐一, 福山 恵, 八木 典章, 岡本 寛樹, 中島 健太, 冨岡 大資
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 26回 MP111-MP111 2017年07月
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)を施行した2例
    山本 孝, 八木 典章, 松本 祐一, 木村 紘美, 酒井 宏, 堀江 稔, 森本 政憲, 寺田 真也, 坂倉 玲欧, 木下 武, 鈴木 友彰, 浅井 徹, 水野 隆芳, 北川 裕利
    滋賀医学 39 106-106 2017年03月
  • 培養細胞を用いたベータアミロイドと脳ニューロン特異的なα1-chimaerinの相互作用に関する検討
    加藤 智子, 小西 吉裕, 赤津 裕康, 山本 孝之, 河原 早苗, 遠山 育夫
    日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集 57回 61-61 2016年09月
  • 【腹部救急疾患における抗血栓薬の取り扱い】 循環器領域における抗血栓療法
    山本 孝
    日本腹部救急医学会雑誌 36(5) 871-875 2016年07月
    虚血性心疾患の治療において,抗血小板療法は必須である。抗血小板薬は主にステント血栓症の予防に使用される。冠動脈ステントは再狭窄抑制型の薬剤溶出性ステント(DES)が主流で,DES留置後12ヵ月間はアスピリン+チエノピリジン系抗血小板薬,その後はアスピリン単剤で投与することが推奨されている。これら薬剤には拮抗薬はなく,抗血小板作用の回避には血小板寿命を考慮した7〜14日間の休薬しかない。一方,抗凝固薬は主に心房細動の脳梗塞予防に使用される。ワルファリンが使用されてきたが,最近では新規抗凝固薬(NOAC)の使用が増加してきている。NOACは半減期が短く,手術前の中止期間は短期間でよい。抗血栓薬内服中の患者のリスクは一様でないため,中止による合併症および出血リスクについて,関連する複数科の医師がコミュニケーションをとって検討し,適宜対処することが重要である。(著者抄録)
  • 本当は怖い閉塞性動脈硬化症
    山本 孝
    滋賀医学 38 13-14 2016年03月
  • AMIによる難治性VFに対し病病連携とROSC後の集学的治療により社会復帰した一例
    田中 智基, 村尾 淳司, 喜多 理香, 北村 直美, 松下 美季子, 八木 典章, 山本 孝, 堀江 稔, 藤野 和典, 田畑 貴久, 江口 豊, 岡林 旅人
    滋賀医学 38 104-105 2016年03月
  • 心房細動合併収縮不全の1例 Rate control? rhythm control?それとも…
    酒井 宏, 冨田 行則, 小澤 友哉, 山本 孝, 堀江 稔
    滋賀医学 38 109-109 2016年03月
  • アルツハイマー病患者におけるヒト脳ニューロン特異的なα1-chimaerinのmRNAとタンパク質の発現
    加藤 智子, 小西 吉裕, 赤津 裕康, 山本 孝之, 遠山 育夫
    日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集 56回 69-69 2015年10月
  • Brugada症候群によるVF・心肺停止を来たしBystander CPRなし・脳低温療法を施行した一例
    川原 良介, 酒井 宏, 山本 孝, 宮武 秀光, 藤井 恵美, 清水 淳次, 加藤 隆之, 高橋 完, 萬代 良一, 松村 一弘, 江口 豊
    日本救急医学会雑誌 26(8) 330-330 2015年08月
  • 無冠尖からの通電で焼灼し得たATP感受性心房頻拍の1例
    高橋 宏明, 藤居 祐介, 小澤 友哉, 伊藤 英樹, 服部 哲久, 芦原 貴司, 児玉 健二, 福沢 綾子, 冨田 行則, 八木 典章, 内貴 乃生, 木村 紘美, 松本 祐一, 中江 一郎, 酒井 宏, 山本 孝, 杉本 喜久, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 37 154-154 2015年03月
  • アディポネクチンと心不全予後-BMIによる検討
    田中 俊成, 蔦本 尚慶, 西山 敬三, 酒井 宏, 藤井 応理, 山本 孝, 堀江 稔
    Journal of Cardiology 50(Suppl.I) 337-337 2007年08月
  • Verapamilがelectrical stormに有効であった特発性心室細動の1例
    藤居 祐介, 伊藤 英樹, 服部 哲久, 小澤 友哉, 芦原 貴司, 児玉 健二, 高橋 宏明, 福沢 綾子, 冨田 行則, 八木 典章, 松本 祐一, 内貴 乃生, 木村 紘美, 酒井 宏, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 37 155-155 2015年03月
  • 高分子アディポネクチン濃度は心不全予後の指標として有用か?
    蔦本 尚慶, 田中 俊成, 酒井 宏, 西山 敬三, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    Journal of Cardiology 50(Suppl.I) 337-337 2007年08月
  • アトルバスタチンは非虚血性心不全患者の心臓交感神経活性を改善する
    藤井 応理, 蔦本 尚慶, 西山 敬三, 田中 俊成, 酒井 宏, 山本 孝, 堀江 稔
    Journal of Cardiology 50(Suppl.I) 431-431 2007年08月
  • 腹部救急疾患における抗血栓薬の取り扱い 循環器領域における抗血栓薬の取り扱いの実際
    山本 孝
    日本腹部救急医学会雑誌 35(2) 347-347 2015年02月
  • 造影剤腎症予防ガイドライン 当院における取り組みについて
    高橋 雅士, 牛尾 哲敏, 村田 喜代史, 宇津 貴, 山本 孝, 手塚 則明, 佐々木 あゆみ, 北脇 友美, 星野 伸夫
    Japanese Journal of Radiology 33(Suppl.) 72-72 2015年02月
  • 私の病院のフットケア紹介 滋賀医科大学医学部附属病院のフットケア外来の取り組み
    伊波 早苗, 山口 雅之, 野村 幸子, 安田 恵梨子, 奥田 優子, 卯木 智, 山本 孝, 児玉 成人, 藤井 紀和, 中西 健史
    日本フットケア学会雑誌 12(3) 118-120 2014年09月
    滋賀医科大学医学部附属病院では、糖尿病内科外来からフットケアを開始し、診療報酬が新設された時点で看護外来としてフットケア外来が開設された。フットケア外来では、看護師が単独でケアを行っているが、糖尿病内科、皮膚科、循環器内科、整形外科の医師の指導と支援を受けている。糖尿病足病変予防のための指導・ケアを中心に、多診療科・多病態の患者の足のケアにかかわるようになった。その経緯とフットケア外来で行っている専門的なアセスメントとケアを紹介する。(著者抄録)
  • 心不全患者におけるBNPとNT-proBNP分泌動態の比較
    西山 敬三, 蔦本 尚慶, 田中 俊成, 酒井 宏, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    第55回日本心臓病学会学術集会 50(Suppl.I) 551-551 2007年08月
  • 心肥大の進行が契機となり発見された心ALアミロイドーシスの1例
    八木 典章, 酒井 宏, 冨田 行則, 伊藤 英樹, 山本 孝, 堀江 稔
    日本心臓病学会学術集会抄録 62回 P-420 2014年09月
  • バイオマカーとしてのナトリウム利尿ペプチド(BNP, N端-proBNP)と腎機能
    蔦本 尚慶, 田中 俊成, 西山 敬三, 酒井 宏, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    最新医学 62(9) 141(1967)-147(1973)-1973 2007年09月
    人口の高齢化に伴い心不全患者が増加し,確実な診断と評価が重要になる.心不全診断-重症度-予後-治療効果を理解し,評価するうえでBNP,N端-proBNP濃度測定が有用である.両者は心機能のみならず,腎機能の影響を受けるバイオマーカーである.BNP,N端-proBNPに影響を及ぼす推定GFR値のカットオフ値は,BNPでは60ml/min,N端-proBNP濃度では90ml/min前後である.心不全指標として評価するときは,腎機能異常の有無によりカットオフ値を考慮する必要がある.(著者抄録)
  • 左室内血栓が急性に出現した拡張型心筋症の一例
    八木 典章, 山路 正之, 伊藤 英樹, 山本 孝, 浅井 徹, 堀江 稔
    滋賀医科大学雑誌 27(1) 9-13 2014年05月
    症例は、49歳男性。健康診断で心拡大を指摘され、近医で高血圧に対して薬物加療が行われていたが、起坐呼吸と下腿浮腫を主訴に当科へ緊急入院となった。入院時から心不全加療としてフロセミドなどの利尿剤を投与し、血栓予防目的でヘパリン10000単位/日とワルファリン2mg投与を開始した。ヘパリンはAPTTで、ワルファリンはPT-INRで効果判定を行い、入院第4病日ではAPTT:29.6秒、PT-INR:1.48であった。同日に施行した心臓超音波検査で左心室内に入院時に認めなかった有茎で浮遊性のある約2cmの血栓を2個認めた。浮遊性の血栓であり、塞栓症の危険性があると判断して、心臓血管外科で左心室内血栓除去術と僧帽弁輪形成術を施行した。術後は薬物加療の強化により経過は良好で第32病日に退院となった。拡張型心筋症の心不全加療は、血流の鬱滞や凝固系亢進の病態から心室内血栓のリスクがあると同時に利尿剤による血液濃縮も重なる可能性があるため、ワルファリンとヘパリンによる抗凝固療法を行う必要性がある。しかしワルファリンの投与初期は、Protein Cの活性化が急激に低下するため、一時的に凝固亢進状態となる。よってAPTTを測定しながら、併用するヘパリンの投与量を調整する必要性が示唆された。また同時に心臓超音波検査で心室内血栓の定期的な評価が必要であることも示唆された。(著者抄録)
  • 右心不全症状を呈して来院した40代女性の1例
    澤山 裕一, 八木 典章, 山本 志歩, 児玉 浩志, 酒井 宏, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 36 118-119 2014年03月
  • 主要血管に解離が及んだB型大動脈解離の臨床経過
    堀本 かんな, 木村 紘美, 中村 暁子, 堀川 修, 福沢 綾, 南 志乃, 冨田 行則, 服部 哲久, 酒井 宏, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 36 119-119 2014年03月
  • 診断に難渋したうっ血性心不全の1例
    児玉 健二, 服部 哲久, 伊藤 英樹, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔, 畔柳 智司, 浅井 徹
    滋賀医学 36 121-121 2014年03月
  • 当院における静脈血栓塞栓症例
    冨田 行則, 八木 典章, 服部 哲久, 内貴 乃生, 木村 紘美, 酒井 宏, 小澤 友哉, 伊藤 英樹, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 36 124-124 2014年03月
  • Single-coilからdual-coilへの変更で除細動閾値が著明に改善したBrugada症候群の1例
    澤山 裕一, 伊藤 英樹, 服部 哲久, 小澤 友哉, 山本 孝, 杉本 喜久, 芦原 貴司, 伊藤 誠, 堀江 稔
    心臓 45(12) 1572-1576 2013年12月
    症例は、39歳、男性で、夜間飲酒後に失禁を伴う約2分の意識消失発作を認めた。発熱時に意識消失発作の既往がある。12誘導心電図上V1〜2誘導でtype-1のST上昇があり、加算平均心電図は陽性であった。心臓電気生理学的検査では、右室流出路と心尖部からの2連あるいは3連早期刺激で心室細動が容易に誘発され、Brugada症候群と診断した。植込み型除細動器(implantable cardioverter defibrillator;ICD)の適応と判断され、左胸郭外アプローチで大胸筋下にICDを留置し、除細動リードはsingle-coilリードを右室心尖部に留置した。除細動閾値テストで最大41Jで除細動不成功であり、電極の極性やリード先端位置を変更しても閾値の低下は認めなかった。Dual-coilに変更したところ除細動閾値は低下し、17Jで再現性をもって除細動に成功した。近年、single-coilが選択される傾向にある中で、本症例のようにsingle-coilでの除細動が不成功の症例もあり、除細動リードを症例に応じて慎重に選択する必要性が示唆された。(著者抄録)
  • ガイドラインを生かした造影剤腎症(CIN)予防:当院における取り組みについて
    宇津 貴, 牛尾 哲敏, 山本 孝, 手塚 則明, 佐々木 あゆみ, 北脇 友美, 星野 伸夫, 高橋 雅士
    日本腎臓学会誌 55(6) 1215-1215 2013年08月
  • PAD(peripheral arterial disease)に伴う足壊疽・潰瘍に対し、血管内治療後に植皮術を施行した3例
    志熊 恵美, 藤井 紀和, 戸田 和美, 高橋 聡文, 田中 俊宏, 山本 孝, 児玉 成人
    皮膚の科学 12(2) 153-153 2013年04月
  • 心房細動経過中のイベント発生について J-Rhythm Registry登録症例における検討
    伊藤 誠, 福山 恵, 道智 賢市, 内貴 乃生, 宮本 証, 中澤 優子, 酒井 宏, 小澤 友哉, 芦原 貴司, 山本 孝, 林 秀樹, 中江 一郎, 堀江 稔, 杉本 喜久
    滋賀医学 35 135-136 2013年03月
  • 強皮症に伴う肺高血圧症の1例
    渡辺 則彦, 植田 絵美, 坂田 憲祐, 酒井 宏, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 35 150-151 2013年03月
  • 診断に苦慮したうっ血性心不全の1例
    竹内 翠, 伊藤 英樹, 福本 大介, 児玉 浩志, 酒井 宏, 山本 孝, 堀江 稔, 前田 行治
    滋賀医学 35 155-156 2013年03月
  • CRT(心臓再同期療法)導入後、心不全悪化を繰り返しnon-responderとなった1例
    酒井 宏, 小澤 友哉, 坂田 憲祐, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔, 大林 靖典
    滋賀医学 35 156-156 2013年03月
  • Lipoprotein Particle Profiles by Nuclear Magnetic Resonance, Standard Lipids and Coronary Artery Calcification in a Japanese General Population: the Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA)
    第45回日本動脈硬化学会抄録 2013年
  • 【肺高血圧症最新薬物治療の実際-循環器病編-】 肺動脈性肺高血圧症 妊娠を契機に発症した肺動脈性肺高血圧症をともなうOsler-Weber病の1例
    坂田 憲祐, 酒井 宏, 山本 孝, 堀江 稔
    Modern Physician 32(臨時増刊号) 10-12 2012年06月
    30代女。鼻出血と呼吸苦を主訴とした。前医にて家族歴と肺胞出血の既往からOsler-Weber病と診断され、難治性慢性出血に伴う重症貧血のため妊娠継続不可能と判断された。その後、呼吸困難が出現し、CTで心拡大と肺動脈拡張が認められた。心エコーでは、肺高血圧が認められたため、中絶手術(妊娠15週)が施行され、転科となった。血液検査、CT、心エコー、右心カテーテル検査および肺血流シンチの結果、肺動脈性肺高血圧症と診断した。ボセンタンの経口投与を開始したところ、バイタルが安定して推移したため、タダラフィルを投与追加した。収縮期血圧が100mmHg前後に安定し、右室圧やBNP値も低下した。上部消化管内視鏡では出血を認めず、全身状態良好にて治療開始後15日に退院となった。退院後5ヵ月の右心カテーテルで肺高血圧症の改善を認めた。
  • 薬剤抵抗性冠攣縮性狭心症の1例
    藤居 祐介, 山本 孝, 酒井 宏, 山路 正之, 藤井 応理, 堀江 稔
    滋賀医学 34 183-184 2012年03月
  • 腹部動脈瘤にて発見された感染性心内膜炎の1例
    坂田 憲祐, 山路 正之, 宮本 証, 児玉 浩志, 酒井 宏, 山本 孝, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 34 186-186 2012年03月
  • 上腸間膜動脈に狭窄を認めたB型大動脈解離の1例
    児玉 浩志, 浅田 紘平, 宮武 秀光, 酒井 宏, 山本 孝, 堀江 稔
    滋賀医学 34 187-188 2012年03月
  • 【冠動脈疾患(下)-診断と治療の進歩-】 狭心症の臨床 狭心症総論 狭心症の分類と鑑別診断
    山本 孝, 堀江 稔
    日本臨床 69(増刊9 冠動脈疾患(下)) 9-13 2011年11月
  • VT/VFのコントロールに難渋した虚血性心不全の1例
    重森 度, 伊藤 誠, 芦原 貴司, 大村 陽一, 宮田 悠, 八尾 武憲, 中澤 優子, 伊藤 英樹, 城 日加里, 北川 貢嗣, 山本 孝, 堀江 稔, 杉本 喜久, 加藤 美保子, 田仲 信行, 辻村 吉紀
    滋賀医学 32 107-107 2010年03月
  • 肺動脈解離を合併した解離性大動脈瘤の1例
    伊藤 英樹, 窪田 成寿, 山本 孝, 堀江 稔, 浅井 徹, 萩原 恭史, 向所 賢一, 杉原 洋行, 五月女 隆男, 江口 豊
    滋賀医学 32 116-116 2010年03月
  • 左室流出路狭窄に対し僧帽弁置換術を施行し、流出路圧較差が消失した1例
    高島 範之, 松林 景二, 細羽 創宇, 西村 修, 平松 範彦, 木下 武, 鈴木 友彰, 神原 篤志, 浅井 徹, 高山 幸一郎, 山根 哲信, 山本 孝, 堀江 稔
    滋賀医学 32 118-119 2010年03月
  • 多量の心嚢水貯留を認めた好酸球性心筋炎の1例
    吉井 理一郎, 伊藤 英樹, 高山 幸一郎, 山下 寛人, 八尾 武憲, 谷口 晋, 中澤 優子, 芦原 貴司, 山本 孝, 高島 弘行, 藤井 応理, 中江 一郎, 林 秀樹, 杉本 喜久, 松本 鉄也, 蔦本 尚慶, 伊藤 誠, 堀江 稔
    滋賀医学 32 121-121 2010年03月
  • バイオマーカー・遺伝子多型とリスク評価 心臓交感神経指標としての(冠状静脈洞-大動脈幹)ノルエピネフリン濃度較差
    蔦本 尚慶, 西山 敬三, 山路 正之, 河原 千穂, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    循環器専門医 17(2) 243-249 2009年09月
  • 難治性incessant VTに対し統合的アプローチが有効であった一症例
    重森 度, 芦原 貴司, 大村 陽一, 宮田 悠, 八尾 武憲, 中澤 優子, 伊藤 英樹, 城 日加里, 北川 貢嗣, 山本 孝, 杉本 喜久, 伊藤 誠, 堀江 稔
    Circulation Journal 73(Suppl.II) 945-945 2009年04月
  • 特異な右心系圧波形を示した、縦隔手術および放射線治療後の慢性右心不全の1例
    山根 哲信, 蔦本 尚慶, 藤井 応理, 高島 弘之, 山本 孝, 西山 敬三, 松本 祐一, 北川 直孝, 中江 一郎, 松本 鉄也, 伊藤 誠, 堀江 稔, 羽野 嘉文
    滋賀医学 31 96-96 2009年03月
  • 心不全患者に対するカルペリチドによるアディポネクチン増加作用 糖尿病合併による影響
    山路 正之, 蔦本 尚慶, 田中 俊成, 河原 千穂, 西山 敬三, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    日本内分泌学会雑誌 84(2) 680-680 2008年09月
  • 心不全の薬物療法Update カルペリチドのアディポネクチン増加作用
    蔦本 尚慶, 田中 俊成, 西山 敬三, 山路 正之, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    日本心臓病学会誌 2(Suppl.I) 129-129 2008年08月
  • ペリンドプリルは慢性心不全患者の交感神経活性を改善する エナラプリルとの比較
    藤井 応理, 蔦本 尚慶, 山路 正之, 西山 敬三, 田中 俊成, 酒井 宏, 山本 孝, 堀江 稔
    日本心臓病学会誌 2(Suppl.I) 482-482 2008年08月
  • Carperitide投与中の心不全重症度評価としての血漿NT-proBNP濃度の意義
    西山 敬三, 蔦本 尚慶, 田中 俊成, 山路 正之, 酒井 宏, 藤井 応理, 山本 孝, 堀江 稔
    日本心臓病学会誌 2(Suppl.I) 483-483 2008年08月
  • 慢性心不全患者における神経体液性因子の患者内変動係数の検討
    西山 敬三, 蔦本 尚慶, 田中 俊成, 山路 正之, 酒井 宏, 藤井 応理, 山本 孝, 堀江 稔
    日本心臓病学会誌 2(Suppl.I) 518-518 2008年08月
  • 高齢者におけるT型カルシウムチャンネルブロッカーのアルドステロンに対する影響
    田中 俊成, 蔦本 尚慶, 西山 敬三, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    日本老年医学会雑誌 45(4) 443-443 2008年07月
  • 高齢者慢性心不全患者におけるBNP変動係数の検討
    西山 敬三, 蔦本 尚慶, 田中 俊成, 藤井 応理, 山本 孝, 堀江 稔
    日本老年医学会雑誌 45(4) 443-443 2008年07月
  • 縦隔手術および縦隔放射線治療後に右心不全が慢性化し、特異な右心圧波形を示した一例
    羽野 嘉文, 山根 哲信, 蔦本 尚慶, 藤井 応理, 高島 弘行, 山本 孝, 松本 祐一, 北川 直孝, 中江 一郎, 伊藤 誠, 堀江 稔, 東 秋弘
    Circulation Journal 72(Suppl.II) 995-995 2008年04月
  • 閉塞性肥大型心筋症に対し経皮的中隔心筋焼灼術を施行した一例
    角野 元彦, 羽野 嘉文, 北川 直孝, 松本 祐一, 八尾 武憲, 山根 哲信, 城 日加里, 山本 孝, 高島 弘行, 藤井 応理, 堀江 稔
    Circulation Journal 72(Suppl.II) 998-998 2008年04月
  • 超高齢患者に発症したSVGbypass-AMIの1例
    加藤 浩一, 伊藤 英樹, 北川 直孝, 松本 祐一, 西山 敬三, 川口 民郎, 坂口 知子, 山根 哲信, 山本 孝, 高島 弘行, 藤井 応理, 堀江 稔
    滋賀医学 30 112-112 2008年03月
  • 不整脈予防におけるARB,ACE阻害薬とアスドステロン拮抗薬 アルドステロン拮抗薬と心室リモデリング
    蔦本 尚慶, 林 優, 田中 俊成, 西山 敬三, 山本 孝, 山路 正之, 藤井 応理, 伊藤 誠, 堀江 稔
    心電図 28(1) 22-31 2008年01月
    RALES(Randomized Aldactone Evaluation Study)試験やEPHESUS(Eplerenone Post-AMI Heart Failure Efficacy and Survival Study)試験の結果、慢性心不全や急性心筋梗塞患者においてACE阻害薬などの標準治療薬に抗アルドステロン薬を併用することが心不全死や突然死の改善につながることが証明された。左室駆出率(LVEF)低下と左室リモデリングは心室性不整脈の主要な原因である。われわれは、抗アルドステロン薬の左室リモデリング抑制効果を慢性心不全患者、急性心筋梗塞患者で検討した。すでにスピロノラクトン(Spi)以外の標準治療を受けている心不全患者を対象に、無作為にSpi投与群、非投与群に割り付け4ヵ月観察した。4ヵ月後に、Spi投与群においてのみLVEFの改善、左室拡張末期容積の減少、BNP濃度の低下、III型プロコラーゲン濃度の低下を認めた。したがって、RALES試験の予後改善効果に左室リモデリング改善作用が示唆された。最近、急性心筋梗塞患者で入院時のアルドステロン濃度が高い患者は、致死的不整脈による死亡率が高いと報告された。われわれは、134名の急性心筋梗塞患者を対象にACE阻害薬などの標準治療群とSpi併用群で急性期と、1ヵ月後の左室機能を比較検討した。その結果、Spi併用群で1ヵ月後のLVEFは保次され、左室拡張末期容積は小さくなり左室リモデリングが抑制された。またSpi併用群では心筋線維化の生化学的指標とされるIII型プロコラーゲン濃度も有意に低下していた。したがって、急性心筋梗塞後の左室リモデリングは従来のACE阻害薬などの標準治療にSpiを併用することで改善する可能性があり、EPHESUS試験においても予後改善効果に左室リモデリング抑制作用の関与が示唆された。抗アルドステロン薬は、左室リモデリング抑制作用などにより致死性不整脈を減少させる可能性がある。(著者抄録)
  • 不整脈予防におけるARB,ACE阻害薬とアルドステロン拮抗薬 アルドステロン拮抗薬と心室リモデリング
    蔦本 尚慶, 林 優, 田中 俊成, 西山 敬三, 山本 孝, 藤井 応理, 伊藤 誠, 堀江 稔
    心電図 27(5) 410-410 2007年09月
  • 増悪する下肢の浮腫と胸水を来たした一例
    杉本 俊郎, 森田 善方, 一色 啓二, 柏木 厚典, 坪内 直也, 山本 孝, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    JIM: Journal of Integrated Medicine 17(6) 512-516 2007年06月
    68歳男。原因不明で増悪する両下肢浮腫の精査を目的に入院した。腎不全、肝不全、甲状腺機能低下症、下肢静脈瘤など、浮腫をきたしうる病態が複数存在したが、どの病態についても浮腫の原因と確定する検査所見は得られなかった。胸水を伴っていたため肺・胸膜疾患や後腹膜疾患の可能性も考えて胸腹部CTを施行したところ心外膜の肥厚が認められ、収縮性心外膜炎の診断に至った。心外膜切除術を施行し、浮腫は改善した。
  • 急性心筋梗塞後チクロピジンにて血栓性血小板減少性紫斑病をきたした1例
    河原 千穂, 谷口 晋, 高島 弘行, 山本 孝, 松本 鉄也, 堀江 稔, 浜本 徹, 辻田 靖之, 江口 豊
    Circulation Journal 71(Suppl.II) 918-918 2007年04月
  • 高分子アデイポネクチンは心不全予後の指標として有用か?
    第55回 日本心臓病学会学術集会 2007年
  • Which heart failure patients would benefit to evaluated plasma adiponectin for predicting mortality risk in Japan.
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Renin may have an important role in cardio-renal interaction in patients with heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Comparison of BNP and NT-proBNP as a biomarker of heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Cardiac sympathetic nerve activity is improved by chronic statin therapy in patients with nonischemic heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Physiologically active BNP and C-reactive perotein contributes the regulation of plasma adiponectin in patients with decompasated heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Left ventricular mass index as an important prognostic predictor in patients with heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • 多臓器不全をきっかけに判明したミトコンドリア心筋症の一例
    國友 健生, 藤井 応理, 谷口 晋, 山本 孝, 高島 弘行, 松本 鉄也, 蔦本 尚慶, 堀江 稔, 江口 豊
    Circulation Journal 70(Suppl.III) 1223-1223 2006年10月
  • ローターブレーターによるPCI後に急性肺水腫をきたした維持透析患者の一例
    吉野 知秀, 酒井 宏, 青井 良太, 武田 輝規, 藤井 応理, 山本 孝, 高島 弘行, 堀江 稔
    滋賀医学 28 105-105 2006年03月
  • Lower Mortality and Longer Life Expectancy of Those With Low Risk Status for Cardiovascular Disease:Nippon Data80,1980-94.
    Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention.(WashingtonDC) 133-133 2005年
  • ピタバスタチンによる心不全の左室拡張機能及び血管内皮機能の改善
    高山 智行, 和田 厚幸, 大西 正人, 藤井 応理, 松本 武洋, 山本 孝, 道家 智博, 蔦本 尚慶, 堀江 稔
    Therapeutic Research 24(8) 1465-1471 2003年08月
    高頻度ペーシングで作製したイヌ心不全モデルにピタバスタチンを投与し,心機能に対する効果を検討した.さらに,その機序として,一酸化炭素(NO)と酸化ストレスとの関連を検討した.内皮依存性血管拡張反応は,心不全群(プラセボ群)では低下していたが,ピタバスタチン投与群では有意な改善を認めた.内皮非依存性血管拡張性反応に関しては,全群で有意な差を認めなかった.大動脈スーパーオキサイドアニオン産生は,プラセボ群では有意に亢進していたが,ピタバスタチン投与群では有意な改善を認めた.ピタバスタチンはNO発現を増加させ,酸化ストレスを抑制することにより,心不全における左室拡張機能と血管内皮機能を改善させる可能性が示唆された
  • より優れた心不全治療を求めて 基礎,内科そして外科からの挑戦 心不全の予後予測因子 hANP投与の影響
    蔦本 尚慶, 前田 圭子, 筒井 崇, 石井 千登世, 大野 慶人, 藤井 応理, 松本 武洋, 山本 孝, 高山 智行, 和田 厚幸, 大西 正人, 林 優, 木之下 正彦
    心臓 35(1) 62-64 2003年01月
    心不全の予後予測因子としての神経体液性因子と心室リモデリングに対するhANPの作用について検討した.慢性心不全症例のKaplan-Meier法による累積生存率から,予後予測因子としての独立因子はBNP高値(170mg/ml以上)及びIL-6高値(3.0pg/ml以上)であった.hANPの前壁梗塞での左室リモデリングに及ぼす影響についてニトログリセリン(GTN)を対照に検討した結果,左室拡張末期容積係数はbaselineに対して変化がみられず,収縮末期容積係数ではbaselineに対しては有意な低下が認められ,左室リモデリングの予防効果が推測された.更に,左室収縮性の指標である左室駆出率の有意な上昇が得られた.梗塞サイズ,梗塞部位(前壁梗塞),貫壁性梗塞については,hANP,GTNの2群間で差は認められなかったが,hANP,投与群において梗塞部のacute expansionの抑制作用が推測された
  • 高齢者の多枝病変に対し心拍動下冠動脈バイパス術を施行し良好な結果を得た一症例
    西山 敬三, 辻田 靖之, 辰巳 万里子, 山本 孝, 高島 弘行, 大西 正人, 和田 厚幸, 杉本 喜久, 中村 保幸, 木之下 正彦, 西 崇男, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    Circulation Journal 66(Suppl.III) 1091-1091 2002年10月
  • 経胸壁アプローチによる急性心筋梗塞心筋の壁運動改善の予測 冠血流速予備能,冠動脈血流拡張期波減速時間による検討
    上野 義記, 中村 保幸, 木之下 正彦, 佐々木 靖之, 田辺 正喜, 山本 孝, 浜本 徹, 高島 弘行, 藤田 保, 大塚 吾郎
    Japanese Circulation Journal 64(Suppl.I) 201-201 2000年03月
  • Clinical and pathological studies of malignant lymphoma in the stomatognathic region
    Oral Oncology 6 267-270 1999年