詳細検索はこちら

川崎 拓

所属部署名医師臨床教育センター
職名准教授
 
 
更新日: 17/09/20 14:44

研究者基本情報

氏名

    川崎 拓

基本情報

    ハンドル:  handle0130226
    科研費研究者番号:  50359775

所属(マスタ)

  • 医師臨床教育センター 准教授

研究活動情報

論文

  • Necrotizing fasciitis resulting from Escherichia coil in a patient with chronic rehumatoid arthtitis
    APLAR Journal of Rheumatology 10 57-59 2007年
  • 関節リウマチ患者の腰椎MRIにおける造影T1強調画像の有用性
    日本リウマチ関節外科学会雑誌 23 53-58 2004年
  • スワンネック様の前足部変形を呈した関節リウマチの1例
    日本リウマチ関節外科学会誌 22 255-258 2003年
  • 臼蓋形成不全のある股関節症に対し、L型骨頭骨移植術を併用した人工股関節置換術の成績 -5~10年間追跡した28関節から-
    日関外誌 19 141-146 2000年
  • Prevalence of hip osteoarthritis and acetabular dysplasia in French and Japanese aduts
    Rheumatology 39 745-748 2000年
  • Vitamin D receptor gene polymorphisms and osteoarthritis of the hand, hip and knee: a case-control study in Japan.
    Rheumatology 39 79-84 2000年
  • Effects of estrogen on interleukin-6 production in rheumatoid fibroblast-like synoviocytes.
    Clin Exp Rheumatol 18 91-93 2000年
  • 胞巣状軟部肉腫2例の臨床・病理学的検討
    中部整災誌 42 559-560 1999年
  • Rheumatoid Nodule near the Unresurfaced Patella in Total Knee Arthroplasty
    日本リウマチ関節外科学会雑誌 18 37-40 1999年
  • Partial rupture of the quadriceps tendon (Jumper's Knee) in a ten-year-old boy: a case report
    American journal of sports medicine 27 521-525 1999年
  • Polymorphic CAG repeats of the androgen receptor gene and rheumatoid arthritis
    Ann. Rheum. Dis. 58 500-502 1999年
  • X線によらないアメリカリウマチ学会(ACR)変形性膝関節症分類基準の検討
    リウマチ 38 2-5 1998年
  • MRIが診断に有用であった不顕性骨折(occult fracture)の6例
    整形外科 48 1711-1714 1997年
  • 人工膝関節全置換術後に後方亜脱臼を来した3例
    臨床リウマチ 7 233-238 1995年
  • 結核性胸鎖関節炎の一例
    日本リウマチ・関節外科学会雑誌 12 311-316 1993年

書籍等出版物

  • Chronic recurrent multifocal ostitis (CRMO) リウマチ病セミナーXIII
    永井書店 2002年
  • 胸鎖関節の病態 リウマチ病セミナー XII
    永井書店 2001年
  • Jaccoud変形 リウマチ病セミナーX
    永井書店 1999年

MISC

  • 再発性多発性軟骨炎. 七川歓次監修. リウマチ病セミナーIX.
    永井書店 16-23 1998年