詳細検索はこちら

古川 智之

所属部署名社会医学講座(法医学)
職名准教授
 
 
更新日: 17/12/06 12:34

研究者基本情報

氏名

    古川 智之

所属(マスタ)

  • 社会医学講座(法医学) 准教授

学歴

  • 滋賀医科大学 医学部

研究活動情報

論文

  • Autopsy Cases of Motorcyclists Dying of Trauma or Disease.
    Takeda A, Hitosugi M, Furukawa S
    The American journal of forensic medicine and pathology 38(3) 222-225 2017年09月 [査読有り]
  • No change in the prevalence of latent prostate cancer over the last 10 years: a forensic autopsy study in Japan.
    Hitosugi M, Mukaisho K, Kido M, Kamimura S, Furukawa S, Sugihara H
    Biomedical research (Tokyo, Japan) 38(5) 307-312 2017年 [査読有り]
  • Comparison of the injury severity and medical history of disease-related versus trauma-related bicyclist fatalities.
    Hitosugi M, Koseki T, Miyama G, Furukawa S, Morita S
    Legal medicine (Tokyo, Japan) 18 58-61 2016年01月 [査読有り]
  • Contraction Bands Are Induced by Cardiac Massage Itself.
    Morita S, Furukawa S, Nishi K, Hitosugi M
    The American journal of forensic medicine and pathology 37(3) 146-148 2016年06月 [査読有り]
  • An autopsy case of fatal repellent air freshener poisoning.
    Hitosugi M, Tsukada C, Yamauchi S, Matsushima K, Furukawa S, Morita S, Nagai T
    Legal medicine (Tokyo, Japan) 17(5) 360-363 2015年09月 [査読有り]
  • Classification of contraction bands using immunohistochemistry.
    Morita S, Furukawa S, Nishi K
    The American journal of forensic medicine and pathology 36(1) 23-26 2015年03月 [査読有り]
  • JIM Lecture 法医学教室直伝 日常診療を「解剖」する! 自然死か,外因死か,それが問題だ
    Journal of Integrated Medicine 22 308-310 2012年
  • Purkinje Cell Injury Caused by Acrylamide
    Journal of Forensic Research  S2 2012年
  • The Death Before Run Over By A Car
    The Internet Journal of Forensic Science 5 2012年
  • An autopsy case of fulminant Type 1 diabetes mellitus with lymphocytes infiltration of the thyroid gland and the pancreas (http://anil299.tripod.com/vol_001_no_002/paper003.html)
    Anil Aggrawal 12(1) web 2011年
  • Fatal hypernatremia due to drinking a large quantity of shoyu(Japanese soy sauce)
    Journal of Forensic and Legal Medicine 18 91-92 2011年
  • 頭部顔面各部の溢血点や出血斑に関する私見
    法医病理 17 11-12 2011年
  • Rapid Resolution Of Symptoms After Transient Ischemic Attack And The Circle Of Willis.
    The Internet Journal of Emergency Medicine 6 2011年
  • Morphological Variations Of The Internal Jugular Venous Valve
    The Internet Journal of Human Anatomy 2011年
  • 内頚静脈からの中心静脈アプローチにおける臨床法医学的検討
    内科 108 330-331 2011年
  • Autopsic investigations of the morphological variations of the internal jugular venous valve
    Indian Journal of Forensic Medicine & Toxicology 5 71-72 2011年
  • 剖検で検討した内頸静脈径と内頸静脈弁の形態の個体差
    静脈学 2 47-52 2011年
  • 内頸静脈からの中心静脈アプローチにおける臨床法医学的検討
    内科 108 330 2011年
  • 肺葉外肺分画症の1例
    日本法医学会雑誌 64(2) 160-160 2010年
  • ABO式血液型免疫組織化学的方法による切断舌鑑定例
    日本法医学会雑誌 64(2) 167-167 2010年
  • Extralobar pulmonary sequestration. An autopsy case
    Romanian Journal of Legal Medicine 18(3) 179-182 2010年
  • The diameter of the internal jugular vein studied by autopsy
    Romanian Journal of Legal Medicine 18(2) 125-128 2010年
  • 病院救急部にあわせ様々なシナリオを設定した災害机上訓練
    日本集団災害医学会誌 14 397-397 2009年
  • 血液凝固第13因子製剤が有効であった胃瘻造影後の創部感染
     2009年
  • しょうゆ中毒の症例 大阪監察医制度を通じて
    日本法医学会雑誌 2009年
  • Extralobar pulmonary sequestration. An autopsy case
    Rechtsmedizin 19(4) 299-299 2009年
  • A surviving case of mitochondrial cardiomyopathy diagnosed from the symptoms of multiple organ dysfunction syndrome
    Int J Cardiol 128(1) e43-e45 2008年
  • Toxicokinetics of digoxin that was ingested with suicidal intent: Report of a nonfatal case
    Jpn J TDM 25(2) 104-109 2008年
  • 脳低温療法により改善した低酸素脳症で神経心理学的検討を行った1例
    救急医学 31(12) 1664-1667 2007年
  • 総合病院救急受診患者における精神科疾患の統計学的検討(滋賀医科大学医学部附属病院救急・集中治療部)
    救急医学 31(13) 1798-1801 2007年
  • Ultrastructural characteristics of the carbohydrate deposits detected in the molecular layer of the dentate gyrus in the hippoca
    Acta Crim Japon 70 11-15 2004年
  • Repeated injections of nicergoline increase the nerve growth factor level in the aged rat brain
    Jpn J Pharmacol 76 321-323 1998年
  • Neutrophin switching in spinal motoneurons of amyotrophic lateral sclerosis
    NeuroReport 9 1661-1665 1998年
  • Nerve growth factor levels in cerebrospinal fluid are high in the inflammatory neurological disorders
    Clin Chim Acta 275 93-98 1998年
  • Medial nigral dopamine neurons have rich neurotrophin support in humans
    NeuroReport 22(suppl 2847-2851 1998年

講演・口頭発表等

  • 血液透析患者での週1回GLP-1製剤から週1回DPP-4阻害薬への切替えへの影響
    古川 智之
    第62回日本透析医学会学術集会 2017年06月
  • ジフェンヒドラミンとセロクエルの過量服薬による中毒死事例
    古川智之, 高相真鈴, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第101次日本法医学会学術全国集会 2017年06月
  • 統合失調症患者と透析患者の自殺統計
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 松野恵子, 小林奏子, 片岡真弓, 田村佳映, 川井和久, 荒木尚美, 松本博志
    第101次日本法医学会学術全国集会 2017年06月
  • 自絞死にみられた延髄と心筋の免疫染色結果
    西 克治, 古川智之, 森田沙斗武, 高相真鈴, 宇野亜加里, 一杉正仁, Lisa Eberle
    第101次日本法医学会学術全国集会 2017年06月
  • 単独事故死剖検例における自転車と二輪運転者の比較検討
    竹田有沙, 坂田美奈, 高相真鈴, 古川智之, 一杉正仁
    第53回日本交通科学学会学術講演会 2017年06月
  • MSD株式会社の経口血糖降下薬でみる日本と韓国
    古川 智之
    第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年05月
  • 週1回GLP-1製剤から週l回DPP-4阻害薬への切替えへの影響
    生田邦夫, 平田邦夫, 古川智之
    第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年05月
  • 頸部動静脈の走行と分岐
    古川 智之
    第118回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 2017年05月
  • 人工透析2日空き死亡調査
    古川 智之
    第105回日本泌尿器科学学会総会 2017年04月
  • 大動脈解離Ai診断の現状
    古川智之, 一杉正仁
    第114回日本内科学会講演会 2017年04月
  • An autopsic examination case of diagnosed Brugada syndrome
    古川 智之
    CardioRhythm 2017 2017年02月
  • 降圧薬と高脂血症薬でみる日本と韓国
    古川 智之
    第51回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会 2017年01月
  • 経皮的冠動脈形成術でのチカグレロルへの期待
    古川 智之
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月
  • 重機による頭部損傷で肺動脈脳塞栓症を認めた一例
    高相真鈴, 宇野亜加里, 森田沙斗武, 古川智之, 一杉正仁
    第63回日本法医学会学術近畿地方集会 2016年11月
  • 透析2日空き死亡の調査
    古川智之, 高相真鈴, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    第12回長時間透析研究会 2016年11月
  • 矯正施設における人工透析の現況
    古川 智之
    第66回日本泌尿器科学会中部総会 2016年10月
  • デュラグルチド週一回注射によりインスリンの携帯が不要となった血液透析患者4例
    古川 智之
    第46回日本腎臓学会西部学術大会 2016年10月
  • 透析治療と自殺について
    古川智之, 松本博志, 一杉正仁
    第46回日本腎臓学会西部学術大会 2016年10月
  • Correlation between thoracic aortic dissection and hypertension
    Furukawa S, Nishi K, Morita S, Hitosugi M
    The 26th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2016年09月
  • SGLT2阻害薬単独処方による血糖コントロール例の検討
    古川智之, 平田邦夫, 生田邦夫
    第13回日本病院総合診療医学会学術総会 2016年09月
  • 血液透析患者の血糖コントロールとしてレパグリニドに変更し低血糖が消失した症例
    古川 智之
    第13回日本病院総合診療医学会学術総会 2016年09月
  • Expression of RNA binding motif protein 3 (RBM3) in Substantia Nigra might be utilized to distinguish neck compression deaths from other deaths
    Nishi K, Furukawa S, Morita S, Hitosugi M, Eberle L
    95th Annual Congress of the German Society of Legal Medicine 2016年08月
  • 大動脈解離Ai診断の現状
    古川智之, 高相真鈴, 松本博志, 一杉正仁
    第14回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 2016年08月
  • Unexpected death of regular hemodialysis patients
    古川 智之
    9th International Conference on Dialysis and Renal Care 2016年08月
  • レボメプロマジンによる向精神薬中毒の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第38回日本中毒学会学術集会 2016年07月
  • 撮影画像を用いた一酸化炭素ヘモグロビン濃度の測定法
    坂田美奈, 奥長隼, 小野真由子, 竹田有沙, 高相真鈴, 古川智之, 中川季子, 一杉正仁
    日本医学写真学会2016年年次大会 2016年07月
  • Two cases of auto-erotic asphyxiation experienced in the department of legal medicine
    Satoshi Furukawa, Katsuji Nishi, Satomu Morita, Masahito Hitosugi
    IALM2016 2016年06月
  • 滋賀県における自転車死亡事故例の分析と事故予防対策
    足助 洵, 井上拓也, 坂田美奈, 小野真由子, 中川季子, 高相真鈴, 古川智之, 一杉正仁
    第52回日本交通科学学会学術講演会 2016年06月
  • 二輪運転中の事故死例と病死例の比較検討-剖検例からの解析-
    竹田有沙, 奥長 隼, 井上拓也, 宇野亜加里, 中川季子, 古川智之, 一杉正仁
    第52回日本交通科学学会学術講演会 2016年06月
  • 大阪監察医事務所における大動脈解離診断の現状
    古川智之, 小林秦子, 松野恵子, 辻野正樹, 荒木尚美, 田村佳映, 片岡真弓, 森田沙斗武, 松本博志, 一杉正仁
    第100次日本法医学会学術全国集会 2016年06月
  • 重量1kg超え心肥大の2解剖例
    西 克治, 片岡真弓, 古川智之, 森田沙斗武, 宇野亜加里, 田村佳映, 辻野正樹, 荒木尚美, 一杉正仁, 松本博志
    第100次日本法医学会学術全国集会 2016年06月
  • 日本の透析患者死因統計の問題点
    古川 智之
    第61回日本透析医学会学術集会 2016年06月
  • 矯正施設における被収容者の人工透析
    古川智之, 梅原健一, 一杉正仁
    第61回日本透析医学会学術集会 2016年06月
  • 高齢者の交通事故受傷者に対する救急搬送後検証
    古川智之, 一杉正仁
    第58回日本老年医学会学術集会 2016年06月
  • 胸腹部大動脈解離・瘤の検案統計
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    第113回日本内科学会講演会 2016年04月
  • 大動脈解離・瘤の検案統計
    古川 智之
    第41回日本脳卒中学会総会 2016年04月
  • ICU において終末期に腹膜透析を施行した症例
    古川智之, 松村一弘
    第12回日本病院総合診療医学会学術総会 2016年02月
  • ミイラ化した死体の筋肉とS状結腸より薬物を検出しえた事例
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第52回日本犯罪学会総会 2015年11月
  • 小児の急死剖検例の検討
    首藤 風, 瀬越由佳, 宇野亜加里, 中川季子, 古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第63回日本職業・災害医学会学術大会 2015年11月
  • 2cmを超える右冠動脈拡張がみられた剖検例
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第29回日本冠疾患学会学術集会 2015年11月
  • Analysis of facial injuries requiring ophthalmological care due to frontal vehicle collisions
    一杉正仁, 古川智之, 森田沙斗武
    The 24th World International Traffic Medicine Association Congress 2015年11月
  • 救急搬送時に死斑の出現を認めたが蘇生に成功した一例
    森田沙斗武, 古川智之, 西 克治, 一杉正仁
    第62回日本法医学会学術近畿地方集会 2015年11月
  • 大阪監察医事務所における透析患者統計
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 小林秦子, 松野恵子, 辻野正樹, 荒木尚美, 田村佳映, 片岡真弓, 松本博志, 一杉正仁
    第62回日本法医学会学術近畿地方集会 2015年11月
  • Fatal hypernatremia due to drinking a large quantity of shoyu (Japanese soy sauce)
    古川 智之
    8th Asian conference for emergency medicine 2015 2015年11月
  • Preventable trauma deathの腹部外傷剖検例の検討
    古川 智之
    第34回日本蘇生学会 2015年11月
  • レボメプロマジンによる向精神薬中毒の1例
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月
  • Autopsy-based study of geriatric traffic trauma death after emergency room arrival
    古川 智之
    The 10th international association of gerontology and geriatrics asia/oceania 2015 congress 2015年10月
  • 胸部大動脈解離と高血圧
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第38回日本高血圧学会総会 2015年10月
  • 透析治療と自殺について
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    第4回日本精神科医学会学術大会 2015年10月
  • 認知症患者の誤嚥による洗剤中毒・界面活性剤中毒について
    古川 智之
    第34回日本認知症学会学術集会 2015年10月
  • Autopsic investigation of the morphological variations of the internal jugular venous valve
    古川 智之
    ⅩⅩⅡ.European chapter congress of the international union of angiology 2015年09月
  • Fatal hypernatremia due to drinking a large quantity of shoyu (Japanese soy sauce)
    古川 智之
    53rd Annual Meeting of The International Association of Forensic Toxicologists 2015年08月
  • 生田病院における2014年の死後画像診断の現状
    古川智之, 森田沙斗武, 平田邦夫, 生田邦夫, 一杉正仁
    第13回オートプシー・イメージング学会学術総会 2015年08月
  • 少人数能動学習でポートフォリオの記載指導を
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第47回日本医学教育学会大会 2015年07月
  • 小脳顆粒層の組織免疫学的評価からみた低体温時の脳蘇生の重要性
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第28回日本脳死・脳蘇生学会総会・学術集会 2015年07月
  • 透析患者と孤独死について
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    第60回日本透析医学会学術集会・総会 2015年06月
  • 自動車運転中の体調急変と通報システム-死亡例解析結果からの提言-
    瀬越由佳, 首藤 風, 古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第51回日本交通科学学会総会・学術講演会 2015年06月
  • 高齢者の洗剤中毒・界面活性剤中毒について
    古川 智之
    第57回日本老年医学会学術集会 2015年06月
  • 黒質細胞は, 頸部圧迫死や縊死の診断に応用出来るか
    西克治, 古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    第99次日本法医学会学術全国集会 2015年06月
  • 疾病に起因した自転車転倒事故剖検例の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 宇野亜加里, 西克治, 一杉正仁
    第99次日本法医学会学術全国集会 2015年06月
  • 心臓マッサージによって生じるコントラクションバンドの検討
    森田沙斗武, 古川智之, 西克治, 一杉正仁
    第99次日本法医学会学術全国集会 2015年06月
  • 頭頸部血管と臨床
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第38回日本バイオレオロジー学会年会 2015年06月
  • Morphological variation of the carotid artery bifurcation level
    古川 智之
    EuroAnaesthesia 2015 2015年05月
  • Usefulness of forensic practice of the hassall’s corpuscles in the thymus and intra-thyroidal ectopic thymus to estimate stress situation
    古川 智之
    22nd International "Stress and Behavior" Neuroscience and Biopsychiatry Conference 2015年05月
  • 滋賀医科大学における救急集中治療部・総合診療部・法医学講座との一体化運営
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第10回日本病院総合診療医学会学術総会 2015年02月
  • Autopsy-based study of abdominal traffic trauma death after emergency room arrival
    古川 智之
    17th International Conference on Emergency Medicine 2015年02月
  • 交通事故剖検例の検討から大動脈遮断処置を考える
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第65回日本救急学会関東地方会 2015年02月
  • 交通事故剖検例の検討からみた脳神経外科救急
    古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁
    第20回日本脳神経外科救急学会 2015年01月
  • Encouragement of learning the legal medicine at the emergency department
    古川 智之
    Society for emergency medicine in Singapore annual scientific meeting 2015 2015年01月

MISC

  • ジフェンヒドラミンとセロクエルの過量服薬による中毒死事例
    古川智之, 高相真鈴, 森田沙斗武, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 71(1) 102-102 2017年05月
  • 糖尿病合併心不全に対するエントレストへの期待
    古川智之
    糖尿病合併症 31(Supplement 1) 369 2017年10月
  • 統合失調症患者と透析患者の自殺統計
    古川智之, 古川智之, 森田沙斗武, 森田沙斗武, 西克治, 西克治, 松野恵子, 小林奏子, 片岡真弓, 田村佳映, 川井和久, 荒木尚美, 松本博志
    日本法医学雑誌 71(1) 69 2017年05月
  • 大規模災害における理想的な死体検案・身元確認作業について―遺体発見から遺族におかえしするまで―
    一杉正仁, 高相真鈴, 中川季子, 村上典子, 古川智之
    日本職業・災害医学会会誌 65(5) 264‐268-268 2017年09月
    迅速かつ的確な検視、死体検案、身元確認、遺族への引き渡し及び遺族対策を行うために、これらの過程すべてを網羅した包括的訓練を実施した。近畿管区広域緊急援助隊の合同訓練の場を利用し、トリアージで黒タッグがつけられた遺体に対して、医師、歯科医師、警察官などが手順を確認した。また、遺族の心情に配慮した対応を行うために、災害死亡者家族支援チームによる、遺族への心のケアを行った。また、訓練の状況を、死因究明に関係する多分野のオブザーバーが確認して、問題点や課題の抽出を行った。死体検案や身元確認の手順は、通常の法医学・法歯学業務と異なる点はない。しかし、短時間で多数の遺体を取り扱うため、手順を速やかにする、遺体の取り違えを防ぐなどの工夫が必要であった。また、遺族の悲嘆を最小限にするために遺体の洗浄や搬送に留意することと災害急性期からのグリーフケアが重要であることが確認された。今回の訓練は、医師がかかわる部分をすべて網羅した大規模な実地訓練であった。大規模災害における死者については、死体検案や身元確認を経て家族の下へお返しできるよう、関係する機関との連携のもとに速やかな対応が求められる。日頃からお互いの役割を理解するとともに、定期的な訓練によって、課題を見出し、逐一問題解決に努めることが重要である。(著者抄録)
  • 自絞死にみられた延髄と心筋の免疫染色結果
    西克治, 古川智之, 森田沙斗武, 高相真鈴, 宇野亜加里, 一杉正仁, EBERLE Lisa
    日本法医学雑誌 71(1) 56 2017年05月
  • 海外との薬剤比較からの医学教育
    古川智之
    医学教育 48(Suppl.) 167-167 2017年08月
  • 頸部動静脈の走行と分岐
    古川智之
    日本耳鼻咽喉科学会会報 120(4) 560 2017年04月
  • MSD株式会社の経口血糖降下薬と高脂血症薬でみる日本と韓国
    古川智之
    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web) 49th 236 (WEB ONLY)-236 2017年06月
  • 救急医療関係者研修での臨床法医学の役割
    古川 智之
    日本臨床救急医学会雑誌 20(2) 457-457 2017年04月
  • 週1回GLP-1製剤から週1回DPP-4阻害薬への切替えへの影響
    生田 邦夫, 平田 邦夫, 古川 智之
    糖尿病 60(Suppl.1) S-300 2017年04月
  • MSD株式会社の経口血糖降下薬でみる日本と韓国
    古川 智之
    糖尿病 60(Suppl.1) S-349 2017年04月
  • 実地医家に必要な死体検案の知識
    高相真鈴, 古川智之, 一杉正仁
    滋賀医学 39 13‐18-18 2017年03月
  • 血液透析患者での週1回GLP‐1製剤から週1回DPP‐4阻害薬への切替えへの影響
    古川智之
    日本透析医学会雑誌 50(Supplement 1) 931 2017年05月
  • 大動脈解離Ai診断の現状
    古川智之, 一杉正仁
    日本内科学会雑誌 106(Suppl.) 207-207 2017年02月
  • 食事量が安定しない高齢糖尿病患者にデュラグルチド週一回注射は有効である。
    古川智之
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 44th(Suppl.) ROMBUNNO.DP173‐3 (WEB ONLY)-3 2017年02月
  • 生田病院における検案の現状
    古川智之, 古川智之, 高相真凛, 平田邦夫, 生田邦夫, 一杉正仁
    Japanese Journal of Disaster Medicine 21(3) 600 2017年02月
  • 人工透析2日空き死亡調査
    古川智之, 高相真凛, 森田沙斗武, 森田沙斗武, 松本博志, 一杉正仁
    日本泌尿器科学会総会(Web) 105th ROMBUNNO.PP23‐03 (WEB ONLY)-03 2017年04月
  • 降圧薬と高脂血症薬でみる日本と韓国
    古川智之
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 43 71-71 2017年01月
  • 写真画像処理ソフトウエアを用いた小脳顆粒細胞層核密度の検討
    奥長隼, 森田沙斗武, 西克治, 宇野亜加里, 中川季子, 古川智之, 一杉正仁
    法医病理 22(2) 83‐86-86 2016年12月
    写真画像処理ソフトウエアを用いて小脳顆粒細胞層核密度(DGCL)を計測し、加齢の影響を評価した。男性の心臓突然死剖検例のうち、線維化などの慢性虚血性変化の所見のない30例(平均年齢61.5歳)について、DGCLを計測したところ、加齢の影響は受けにくいことが明らかになった。DGCLは写真画像処理ソフトウエアを用いることで容易に評価でき、今後さらに基礎的データを集積することで、法医学実務における生前の病態把握に活用できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • SGLT2阻害薬単独処方による血糖コントロール例の検討
    古川智之, 古川智之, 平田邦夫, 生田邦夫
    日本病院総合診療医学会雑誌 11(2) 139-139 2016年12月
  • 血液透析患者の血糖コントロールとしてレパグリニドに変更し低血糖が消失した症例
    古川智之
    日本病院総合診療医学会雑誌 11(2) 139-139 2016年12月
  • 救急搬送時に死斑の出現を認めたが蘇生に成功した一例
    森田沙斗武, 森田沙斗武, 上野哲, 古川智之, 西克治, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 70(2) 167-167 2016年12月
  • 大阪監察医事務所における透析患者統計
    古川智之, 古川智之, 森田沙斗武, 森田沙斗武, 西克治, 西克治, 小林秦子, 松野恵子, 辻野正樹, 荒木尚美, 田村佳映, 片岡真弓, 松本博志, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 70(2) 163-163 2016年12月
  • 慢性腎不全と自殺統計
    古川智之
    西日本泌尿器科 78(増刊) 182-182 2016年10月
  • 食事量が不安定な糖尿病高齢者にデュラグルチド週一回注射は有効
    古川智之, 古川智之, 平田邦夫, 生田邦夫
    日本内分泌学会雑誌 92(2) 528-528 2016年10月
  • エンパグリフロジン単独処方による血糖コントロール3症例
    古川智之, 古川智之, 平田邦夫, 生田邦夫
    日本内分泌学会雑誌 92(2) 486-486 2016年10月
  • 食事量が不安定な高齢糖尿病認知症患者にデュラグルチド週一回注射が有効であった2例
    古川智之, 古川智之, 平田邦夫, 生田邦夫
    Dementia Japan 30(4) 549-549 2016年10月
  • 剖検で拡張型心筋症と診断された若年CPA症例
    宇野亜加里, 塩見直人, 塩見直人, 中川季子, 森田沙斗武, 古川智之, 向所賢一, 一杉正仁
    救急医学 40(11) 1469‐1472-1472 2016年10月
    23歳男。生来健康であったが、夜ベッドに横になって2〜3分後に突然嘔吐し、意識不明状態となった。家族は胸骨圧迫を行ったが救急隊現着時には下顎呼吸・頸動脈の触知不可であり、心室細動が確認された。計5回の除細動を試み心肺蘇生が行われたが、病院到着から1時間15分後に死亡が確認された。解剖所見で心重量は413.0g、心壁の厚さは左室1.4cm、右室0.3cmであった。病理組織所見では心筋は特に左室外膜側でびまん性な間質線維化を認め、一部錯綜配列を認めた。空胞変性やcontraction band necrosisを認め、核は大小不同で不規則な形状であった。心筋組織はlysosomal membrane protein-1染色にて著しい陽性所見を認め、心筋細胞内の空胞変性が明瞭に確認された。本症例は拡張型心筋症を罹患し、致死的不整脈による突然死をきたしたと考えられた。
  • 経皮的冠動脈形成術でのチカグレロルへの期待
    古川 智之
    日本救急医学会雑誌 27(9) 602-602 2016年09月
  • デュラグルチド週一回注射によりインスリンの携帯が不要となった血液透析患者4例
    古川智之
    日本腎臓学会誌 58(6) 929-929 2016年08月
  • 透析治療と自殺について
    古川智之, 松本博志, 一杉正仁
    日本腎臓学会誌 58(6) 952-952 2016年08月
  • レボメプロマジンによる向精神薬中毒の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    中毒研究 29(2) 196-196 2016年07月
  • ICUにおいて終末期に腹膜透析を施行した症例
    古川智之, 松村一弘
    日本病院総合診療医学会雑誌 10(2) 135-135 2016年06月
  • 病院到着時に心肺停止となったアルコール依存症患者の急死剖検例
    竹田有沙, 宇野亜加里, 中川季子, 森田沙斗武, 古川智之, 一杉正仁
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 51(3) 234‐240-240 2016年06月
    意識障害を呈して搬送された48歳の女性アルコール依存症患者が、病院到着時には心肺停止状態に陥り、まもなく死亡した症例を報告した。対象患者はアルコール大量摂取歴があり、毎日500mlの缶ビール10本以上と焼酎100ml以上を摂取していた。約28年前より飲酒歴があり、10年以上前から現在のように多量に飲酒していた。2日前から嘔気を訴え、殆ど臥床している状態であった。自宅で嘔吐しているのを訪れた母によって発見され、けいれんを起こしたため、自家用車にて病院に搬送された。来院時の検査所見で代謝性ケトアシドーシスを認め、剖検時の血液検査では総ケトン体が3066μmol/Lと増加しており、β-ヒドロキシ酢酸が3002μmol/Lであった。死因はアルコール性ケトアシドーシス(AKA)と診断された。アルコール依存症と考えられる長期の多量飲酒によって、脂肪肝およびAKAの状態に至り、代謝異常の状態が改善される前に死亡したと考えられた。
  • 撮影画像を用いた一酸化炭素ヘモグロビン濃度の測定法
    坂田美奈, 奥長隼, 小野真由子, 竹田有沙, 高相真鈴, 古川智之, 中川季子, 一杉正仁
    日本医学写真学会雑誌 54(1) 13-13 2016年06月
  • 矯正施設における被収容者の人工透析
    古川智之, 梅原健一, 一杉正仁
    日本透析医学会雑誌 49(Supplement 1) 696-696 2016年05月
  • ミイラ化した死体の筋肉とS状結腸より薬物を検出しえた事例
    古川 智之, 森田 沙斗武, 一杉 正仁
    犯罪学雑誌 82(3) 80-80 2016年06月
  • 日本の透析患者死因統計の問題点
    古川智之
    日本透析医学会雑誌 49(Supplement 1) 400-400 2016年05月
  • 高齢者の交通事故外傷の特徴
    古川智之
    日本外傷学会抄録号 30th(2) 207-207 2016年05月
  • 重量1kg越え心肥大の2解剖例
    西 克治, 片岡 真弓, 古川 智之, 森田 沙斗武, 宇野 亜加里, 田村 佳映, 辻野 正樹, 荒木 尚美, 一杉 正仁, 松本 博志
    日本法医学雑誌 70(1) 76-76 2016年05月
  • 救急医療関係者研修に対する臨床法医学の役割
    古川智之, 岩井弘治, 一杉正仁
    日本臨床救急医学会雑誌 19(2) 409 2016年04月
  • 高齢者の交通事故受傷者に対する救急搬送後検証
    古川智之, 一杉正仁
    日本老年医学会雑誌 53(Suppl.) 159-159 2016年05月
  • 医療安全を目的に「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律の規定に基づく解剖」を行った症例
    森田沙斗武, 古川智之, 一杉正仁
    医療と安全(5) 23‐27-27 2016年05月
    54歳男。生活保護を受給しながら独居で生活していた。既往歴として高血圧、2型糖尿病、脂質異常症、心房細動があり、それぞれ内服加療中であった。今回、下腹部痛を主訴に入院し、自己抜去などの行動があったため看護師の判断で上肢を拘束され、その後突然死亡した。身体拘束が直接死につながった可能性は極めて低いと判断されたが、医療安全の見地から、解剖により死因究明することが望ましいと考えられた。しかし、解剖の同意を得る遺族はなく、また、医療過誤は否定的なため病理解剖・司法解剖の施行は困難であった。そこで、規定に基づく解剖を行ったところ、死因は上腸間膜動脈血栓塞栓症であり、身体拘束と死因との因果関係はないことが証明された。
  • 大阪監察医事務所における大動脈解離診断の現状
    古川智之, 古川智之, 小林秦子, 松野恵子, 辻野正樹, 荒木尚美, 田村佳映, 片岡真弓, 森田沙斗武, 森田沙斗武, 松本博志, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 70(1) 86-86 2016年05月
  • 胸腹部大動脈解離・瘤の検案統計
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    日本内科学会雑誌 105 243 2016年02月
  • 重量1kg超え心肥大の2解剖例
    西克治, 片岡真弓, 古川智之, 古川智之, 森田沙斗武, 森田沙斗武, 宇野亜加里, 宇野亜加里, 田村佳映, 辻野正樹, 荒木尚美, 一杉正仁, 松本博志, 松本博志
    日本法医学雑誌 70(1) 76 2016年05月
  • 疾病に起因する自転車転倒事故の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    Jpn J Disaster Res 20(3) 526 2016年02月
  • 高齢者孤立死の現状と背景についての検討
    森田沙斗武, 西克治, 古川智之, 一杉正仁
    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 15(3) 38‐43 2016年03月
  • 自動車運転中の体調急変と通報システム―死亡例解析結果からの提言―
    瀬越由佳, 一杉正仁, 首藤風, 古川智之, 森田沙斗武
    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 15(3) 52‐57 2016年03月
  • 高齢者孤立死の現状と背景についての検討
    森田 沙斗武, 西 克治, 古川 智之, 一杉 正仁
    日本交通科学学会誌 15(3) 38-43 2016年03月
    近年、わが国では高齢化が大きな社会問題となっており、65歳以上が人口の25.0%を占める。さらに、近年一人暮らし世帯の割合が著明に増加しており、一人暮らし高齢者は4,577,000人と高齢者人口の15.6%を占める。孤立死についての確固たる定義はないが、内閣府の高齢社会白書には「誰にも看取られることなく息を引き取り、その後、相当期間放置されるような悲惨な孤立死(孤独死)」と表現されている。これまでの報告では「独居の在宅死」を孤立死として取り扱っていることが多いが、孤独死の本質的な問題点は社会からの孤立である。我々は社会からの孤立の程度は、死後から発見までの時間を指標にできると考えた。すなわち、これまでの報告が「誰にも看取られることなく息を引き取る」ことに注目していたのに対し、我々は「相当期間放置される」ことに注目し高齢者の孤立死に対する調査を行った。2010年4月から2012年3月の3年間に大阪府監察医事務所で行われた死体検案例のうち、筆者らが実務を遂行した症例から自殺症例を除外した65歳以上の高齢者448例について、死後発見時間にフォーカスを当て、性別、同居・独居の別、年齢、死亡から発見までの時間、最終通院から死亡までの時間、発見に至った経緯、死因に関して検討を行った。また、その中で通院歴が明らかとなった242例について最終通院から死亡までの時間を抽出し、評価を行った。その結果、高齢者は若年者に比べて必ずしも孤立死が増加しているのではないことが明らかとなった。孤立死の危険因子としては、男性、無職、独居が挙げられ、また、医療機関を頻回に受診すると死後発見時間が短くなる傾向が判明した。現代において高齢者の一人暮らし世帯の増加は不可避であり、我々は孤立死を減少させる取り組みの本質は死後発見時間の短縮であると考える。その上で、高齢者に就労の場、かかりつけ医制度の充実、ヘルパーの積極的な訪問などの対策を提唱する。(著者抄録)
  • 自動車運転中の体調急変と通報システム 死亡例解析結果からの提言
    瀬越 由佳, 一杉 正仁, 首藤 風, 古川 智之, 森田 沙斗武
    日本交通科学学会誌 15(3) 52-57 2016年03月
    自動車事故の約1割は運転者の体調変化が原因と言われている。そして、事故の直後に内因性疾患で死亡する例もある。体調変化に起因して死亡した運転者の法医解剖例をもとに、先進事故自動通報システム(AACN)が運転者の救命にどの程度有効であるかを検討した。平成10年4月から平成26年3月までに栃木県で行われた交通事故313例の司法解剖のうち、四輪車運転者の死亡例でかつ、死因が運転中の体調変化に起因したと判断された58例を抽出した。そして、通報や搬送に関する一切の情報がない10例を除外した48例を本検討対象とした。各例で、死亡者の基礎情報、死因、事故状況、損傷程度を調査した。対象例の75%が心疾患により死亡しており、損傷重症度(ISS)の平均は3.8であった。体調変化により制御が不能となり事故に至った例(事故群)は43例で、体調変化を起こした直後に、自ら自動車を停車させた例(事故回避群)は5例であった。2群間で平均ISSに有意差を認めた。事故群43例のうち、エアバックが展開したのは3例、非展開または装備がなかったのが37例、不明が3例であった。エアバッグ非展開例では、119番通報まで平均5.1分、救急車の現場到着まで平均13.8分、病院到着まで平均43.3分であった。体調変化の直後に事故に至った例の多くは、エアバッグが展開せず、AACNが適用されない。仮に適用されたとしても、通報時間は短縮されるが病院到着まで長時間を要していた。運転中に体調変化をきたした患者を救命するためには、新たなシステムの構築が必要と考える。(著者抄録)
  • 胸腹部大動脈解離・瘤の検植統計
    古川 智之, 森田 沙斗武, 一杉 正仁, 松本 博志
    日本内科学会雑誌 105(Suppl.) 243-243 2016年02月
  • 胸腹部大動脈解離・瘤の検植統計
    古川 智之, 森田 沙斗武, 一杉 正仁, 松本 博志
    日本内科学会雑誌 105(Suppl.) 243-243 2016年02月
  • Determination of Both Fetus' and Mother's Blood Type from an Autopsy Case Immersed in Formalin for Over 50 Years
    Akari Takaya Uno, Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Katsuji Nishi, Masahito Hitosugi
    Journal of Forensic Sciences 2016年01月
    © 2016 American Academy of Forensic Sciences. A female fetus which had been immersed in formalin for more than 50 years was found in Japan. Because no liquid blood could be obtained, we tried to use immunohistochemistry (IHC) methods to tissue samples obtained at autopsy to identify both the fetal and mother's blood type. We detected B antigens on endothelial cells in paraffin sections of the fetal organs. Furthermore, we observed both anti-A- and anti-B-positive red blood cells in the intervillous space, which is indicative of the mother's blood type. To our knowledge, this is the first case report on determining the blood type of both the fetus and the mother from tissue immersed in formalin for such a long time. The results suggest that IHC is valuable for the determination of ABO blood type in circumstances of long postmortem duration and unfavorable storage conditions.
  • 3kgの頸部圧迫によって死亡した一症例
    森田 沙斗武, 古川 智之, 西 克治, 一杉 正仁, 松本 博志
    日本法医学雑誌 69(2) 148-148 2015年12月
  • 交通事故受傷者に対する救急搬送後対応の法医学的検証
    古川 智之, 森田 沙斗武, 宇野 亜加里, 小崎 成昭, 奥長 隼, 一杉 正仁
    日本法医学雑誌 69(2) 155-155 2015年12月
  • キャブオーバー車との衝突事故による成人歩行者の損傷分析
    小崎 成昭, 奥長 隼, 宇野 亜加里, 森田 沙斗武, 古川 智之, 一杉 正仁
    日本法医学雑誌 69(2) 156-157 2015年12月
  • 大動脈弁硬化性心肥大心筋の免疫組織
    西 克治, 古川 智之, 森田 沙斗武, 坂口 生夫, 中川 季子, 高谷 亜加里, 一杉 正仁
    日本法医学雑誌 69(2) 166-166 2015年12月
  • 収縮帯壊死とアーチファクト収縮帯の区別に対する検討
    森田 沙斗武, 古川 智之, 西 克治, 一杉 正仁
    日本法医学雑誌 69(2) 171-172 2015年12月
  • 2cmを超える右冠動脈拡張がみられた剖検例
    古川 智之, 森田 沙斗武, 西 克治, 一杉 正仁
    日本冠疾患学会雑誌(Suppl.) 201-201 2015年11月
  • 心筋組織における収縮帯壊死の評価
    森田 沙斗武, 坂口 生夫, 西 克治, 古川 智之, 一杉 正仁
    日本バイオレオロジー学会誌(B&R) 29(3) 102-106 2015年10月
    心筋において認められる病理学的所見であり、心筋の走行に対し垂直に認められる複数の帯状の好酸性変化を特徴とする収縮帯壊死について、これまで当教室で施行した司法解剖の症例において心筋内に収縮帯変化を認めた20症例を抽出し、Complement Component C9(CCC9)による免疫染色を行い、死因との関係を検討した。その結果、心筋梗塞(7例)の症例において認めた収縮帯変化はすべてCCC9で染色され、収縮帯壊死と同定した。一方、それ以外の死因(低体温5例、溺死4例など)で認めた収縮帯変化はCCC9で染色されないので、壊死すなわち収縮帯壊死とは言えず、今回収縮帯変化を認めた溺死の症例はすべて冬期に湖に入水した症例であり、これまでのところ冬期以外の溺水の症例で収縮帯変化を認めていないことなどから、寒冷暴露が影響した可能性が示唆された。
  • 胸腹部大動脈解離・瘤の検案統計
    古川 智之
    脈管学 55(Suppl.) S228-S229 2015年10月
  • 胸部大動脈解離と高血圧
    古川 智之
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 38回 460-460 2015年10月
  • Preventable trauma deathの腹部外傷剖検例の検討
    古川 智之
    蘇生 34(3) 221-221 2015年10月
  • 認知症患者の誤飲による洗剤中毒・界面活性剤中毒について
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    Dement Jpn 29(3) 411 2015年09月
  • 少人数能動学習でポートフォリオの記載指導を
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    医学教育 46(Suppl.) 219 2015年07月
  • 脳蘇生・予後予測 小脳顆粒層の組織免疫学的評価からみた低体温時の脳蘇生の重要性
    古川 智之, 森田 沙斗武, 西 克治, 一杉 正仁
    脳死・脳蘇生 28(1) 73-73 2015年07月
  • 滋賀医科大学における救急集中治療部・総合診療部・法医学講座との一体化運営
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本病院総合診療医学会雑誌 8(2) 78 2015年06月
  • 自動車運転中の体調急変と通報システム―死亡例解析結果からの提言―
    瀬越由佳, 首藤風, 古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    J Jpn Counc Traffic Sci 15(1) 46 2015年06月
  • 頭頸部血管と臨床
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集 38th 38 2015年06月
  • 透析患者と孤独死について
    古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁, 松本博志
    日本透析医学会雑誌 48(Supplement 1) 598 2015年05月
  • 高齢者の洗剤中毒・界面活性剤中毒について
    古川智之
    日本老年医学会雑誌 52 96 2015年05月
  • 高齢者透析医療を円滑に行うための透析ノートの模索
    古川智之
    日本老年医学会雑誌 52 122 2015年05月
  • 黒質細胞は,頸部圧迫死や縊死の診断に応用出来るか
    西克治, 古川智之, 森田沙斗武, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 69(1) 88 2015年05月
  • 疾病に起因した自転車転倒事故剖検例の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 宇野亜加里, 西克治, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 69(1) 80 2015年05月
  • 心臓マッサージによって生じるコントラクションバンドの検討
    森田沙斗武, 古川智之, 西克治, 一杉正仁
    日本法医学雑誌 69(1) 67 2015年05月
  • 交通事故死剖検例の検討から大動脈遮断処置を考える
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本救急医学会関東地方会雑誌 36(1) 135 2015年02月
  • Immunohistochemical evaluation of hypoxia markers in the myocardium
    Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Katsuji Nishi
    Australian Journal of Forensic Sciences 47 138-146 2015年01月
    © 2014 Australian Academy of Forensic Sciences. Some proteins, termed hypoxia markers, are more highly expressed in hypoxic cells including ischemic cells. We evaluated the timing of the expression of various hypoxia markers and their specificity of expression in the myocardium in various causes of death. We selected two cases for each cause of death from the forensic autopsies performed by our department and evaluated the diffuse expression of hypoxia markers in the myocardium. We also evaluated the focal expression of these markers in the ventricles of five sudden cardiac death cases. We found that the expression of hypoxia markers in the myocardium varied depending on the cause of death and length of the dying process. This information may help in determining the cause of death in forensic medicine. In particular, we identified RBM3 and CCC9 as markers for ischemic heart disease. Immunohistological staining of myocardium with hypoxia markers could help to find the cause leading to death.
  • Main factors causing health-related vehicle collisions and incidents in Japanese taxi drivers
    Masahito Hitosugi, Momoko Hasegawa, Shinobu Yamauchi, Satomu Morita, Satoshi Furukawa
    Romanian Journal of Legal Medicine 23 83-86 2015年01月
    © 2015 Romanian Society of Legal Medicine. Objectives: To find the main factors causing drivers’ health-related vehicle collisions and to aid the search for preventive measures, we performed a cross-sectional survey of all taxi drivers in Tochigi Prefecture, Japan. Methods: The analysis used 844 returned self-administered questionnaires on drivers’ working conditions and health status that had been sent to all 2156 company-employed taxi drivers in February 2013. Results: Mean driver age was 60.7 (SD 8.1) years old with a mean work experience of 16.9 (SD 12.3) years. Of all participants, 69.9% had been diagnosed with a chronic disease: hypertension (38.2%), hyperlipidemia (21.8%), diabetes mellitus (16.8%), heart disease (5.9%), and gastrointestinal ulcer (3.9%). A total of 98 drivers experienced a collision or near miss incident due to their own acute health problems. The prevalence of drivers who regularly refer to the physician was significantly lower and the frequency of day and night working per month was significantly higher in drivers with a health-related collision or incident than in drivers without such event (73.7% vs. 85.6%, p=0.015; 7.5 vs. 6.1, p=0.041). Conclusions: The results suggest the need for appropriate disease control of taxi drivers and for some organizational and policy measures, e.g., reduction of work hours and work stress. Development of pre-crash safety systems that collect video of driver incidents or collisions because of health problems might be required in future.
  • The damaging in the granular cells and expression patterns of CIRBP, RBM3, HSP70, HIF-1, AIF1, SIRT1, Ngb, cFos, p53 and CCC9 in the postmortem human cerebellums obtained from individuals who died due to hanging, strangulation, drowning, or asphyxia by an
    S. Furukawa, K. Nishi, S. Morita, M. Hitosugi, L. Wingenfeld
    Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology 16 2015年01月
    © 2015, Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology. All rights reserved. We encountered several cases concerning to ischemic and hypoxic deaths at routine autopsy cases. These victims were individuals who died due to suicidal hanging, autoerotic accidental hanging, self-ligature strangulation, manual strangulation, strangulation by a rope, accidental and suicidal drowning, anaphylaxis shock, and asphyxia by food aspiration. Theiragonal duration and postmortem interval were different, that is, agonal duration distributed from direct death to 4days and postmortem interval was from 12hours to 40 days, respectively. We examined the damaging degree of the granular cell layer in the each cerebellum using an application of Photshop andexpression pattern of antigens in the cerebellums by immunohistochemstry using anti CIRBP, RBM3, HIF-1, AIF1, SIRT1, Ngb, HSP 70, cFos, p53 and CCC9 antibodies. The results indicate the co-relationship between damaging of the granular cells and agonal duration, andshowed that expression pattern of antigens may be relate with agonal duration, although it was not significant. The antigens expressed during agonal duration might be kept even in postmortem interval. In a special case in which an individual was killed and buried for 40 days under ground after being strangulated, the antigens related to stress and ischemic signaling pathway such as HSP70, CCC9, CIRBP, RBM3 and SIRT 1 were detectable in the molecular layer and dentate nucleus of the cerebellum. The co-relationship between the damaging of granular cells and agonal duration may be more reliable compared with those of Purkinje cells and agonal duration. The results obtained in this study indicate that the damaging of granular cells is useful tool to estimate agonal duration, and postmortem humanbrain tissue may be utilizable for diagnosis and examination of brain diseases. The results obtained in this study indicated that CIRBP and RBM3 andexpression pattern of antigens in the cerebellums by immunohistochemstry using anti CIRBP, RBM3, HIF-1, AIF1, SIRT1, Ngb, HSP 70, cFos, p53 and CCC9 antibodies. The results indicate the co-relationship between damaging of the granular cells and agonal duration, andshowed that expression pattern of antigens may be relate with agonal duration, although it was not significant. The antigens expressed during agonal duration might be kept even in postmortem interval. In a special case in which an individual was killed and buried for 40 days under ground after being strangulated, the antigens related to stress and ischemic signaling pathway such as HSP70, CCC9, CIRBP, RBM3 and SIRT 1 were detectable in the molecular layer and dentate nucleus of the cerebellum. The co-relationship between the damaging of granular cells and agonal duration may be more reliable compared with those of Purkinje cells and agonal duration. The results obtained in this study indicate that the damaging of granular cells is useful tool to estimate agonal duration, and postmortem humanbrain tissue may be utilizable for diagnosis and examination of brain diseases. The results obtained in this study indicated that CIRBP and RBM3 were hypoxic or ischemic related antigens and not the cold inducible antigens.
  • 交通事故剖検例の検討からみた脳神経外科救急
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    Neurosurg Emerg 19(3) 341 2015年
  • 病院来院時のCTが参考となったアルコール外傷剖検症例
    古川智之, 森田沙斗武, 高谷亜加里, 坂口生夫, 山本好男, 西克治
    日本法医学雑誌 68(2) 290-290 2014年12月
  • ブルガダ症候群の剖検症例からみた死因究明制度新法の必要性
    古川智之, 森田沙斗武, 高谷亜加里, 坂口生夫, 山本好男, 西克治
    日本法医学雑誌 68(2) 294-295 2014年12月
  • 水路において発生した交通死亡事故の検討
    森田沙斗武, 古川智之, 高谷亜加里, 坂口生夫, 中川季子, 山本好男, 西克治
    日本法医学雑誌 68(2) 298-298 2014年12月
  • 交通事故受傷者に対する救急搬送後の対応の法医学的検証
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    法医学の実際と研究 57(57) 209-213 2014年11月
    交通事故受傷者に対する救急搬送後の対応について法医学的検証を行った。交通外傷と判断され心拍がある状態で救急搬送され剖検を行った59例中、交通事故による死亡は病死・自然死の18例を除き41例であった。受傷から死亡までの時間は平均32.6時間で、3時間未満20例、3時間以上36時間未満15例、36時間以上5例であった。受傷後3時間以上経過していた18例で検討し、観血的治療が不可能と思われる事例として、広範囲の脳挫傷・くも膜下出血5例、肺動脈破裂による出血性ショック1例、左右の肺挫傷と碑損傷1例を認めた。preventable trauma deathは6例で、高エネルギー外傷にもかかわらず全身検索を行わなかったもの、循環動態が不安定にかかわらず診断を急ぐあまり加療が遅れたものが存在した。
  • 死体検案要請からみる課題
    古川 智之
    日本臨床死生学会プログラム・抄録集 20回 95-95 2014年11月
  • 洗剤中毒・界面活性剤中毒の症例経験からの考察
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    中毒研究 27(2) 165-165 2014年07月
  • 交通事故受傷者に対する救急搬送後対応の検証
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本救急医学会雑誌 25(8) 534-534 2014年08月
  • 小脳顆粒層の組織免疫学的評価からみた低体温時の脳救急蘇生の重要性
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本神経救急学会雑誌 27(1) 46-46 2014年07月
  • 大腿骨頸部骨折から凍死に至った症例
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    日本外傷学会抄録号 28th(2) 190-190 2014年05月
  • 頭頸部血管変異が静脈うっ血に及ぼす影響
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    静脈学 25(2) 155-155 2014年03月
  • Brugada症候群の剖検症例を経験して 遺伝が関与する疾患への診療対応について
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    JIM 24(2) 168-170 2014年02月
  • 低体温の心臓組織所見
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    内科 113(2) 362 2014年02月
  • Photo Report 低体温の心臓組織所見
    古川 智之, 森田 沙斗武, 西 克治
    内科 113(2) 362-362 2014年02月
  • JIM Report Brugada症候群の剖検症例を経験して 遺伝が関与する疾患への診療対応について
    古川 智之, 森田 沙斗武, 西 克治
    JIM: Journal of Integrated Medicine 24(2) 168-170 2014年02月
    症例は33歳男で、午前8時半頃自宅リビングの床上にうつぶせの状態で発見された。母親が30代で原因不明により死亡していた。死因究明制度新法に基づく解剖を行い、死斑は背側に発現し、指圧によって消退せず、死体硬直は全関節にみられた。溢血点は左右に多数出現し、頸部、前縦隔、胸腺の鬱血が高度であった。心臓は297.7gで、内腔血液流動を認め、心壁は左1.1cm、右0.3cm、中隔1.1cmであった。冠状動脈は軽度の脂肪沈着で狭窄はなく、大動脈起始部幅は6.5cm、肺動脈起始部幅は6.7cmで、肉眼的に線維化はなかった。肺は水腫状で、肝・脾・膵・腎・副腎はいずれも鬱血していた。組織所見では右心室部に軽度の炎症と線維化、脂肪織内の出血がみられた。検診で異常を指摘されていた心電図は、V1からV3誘導においてcoved and saddleback型ST上昇のBrugada型波形であった。急死の所見が目立ち、死因は心室細動によるものと考えられた。
  • Immunohistochemical staining of the brain tissue obtained from a man with multiple focal brain infarctions and different staging
    Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Lisa Wingenfeld, Wakoto Matsuda, Tokiko Nakagawa, Ikuo Sakaguchi, Akari Takaya, Katsuji Nishi
    Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology 15 2014年01月
    We encountered an autopsy case of a 65-year old male with multiple infarct legions in his brain. The stage of infarctions were different, that is, infarction with bleeding, necrotic and cavity, respectively. We examined morphological and immunohistochemical study of each legion using antibodies against CIRP, RBM3, HSP70, HIF1, VEGF, e-NOs, AIF1, p53, c-Fos, CCC9 and SIRT1. The results indicate that CIRP and RBM3 may play an important role of prevention of hypoxic status. The reactivity of RBM3 in the infarct legions was detected in early stage, and increased with progress of the stages of infarcts. And RBM3 may also play an important role in the angiogenesis in the infarct area. SIRT1 was expressed in the neurons or glial cells surrounding of infract legions especially in late stage, showing the expression of SIRT1 was delayed than those of CIRP and RBM3.
  • ブルガダ症候群の剖検症例の経験から,遺伝が関与する疾患への診療対応について
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集 5th 231 2014年
  • 自絞死解剖2例
    西克治, 古川智之, 森田沙斗武, 坂口生夫, 高谷亜加里, WINGENFELD Lisa
    日本法医学雑誌 67(2) 168-169 2013年12月
  • 来院時のCTが参考になり,転倒をくり返したアルコール外傷剖検症例
    古川智之
    日本アルコール関連問題学会大会プログラム・抄録集 36th(4) 247-247 2014年08月
  • 組織所見より診断した心臓原発の悪性線維性組織球腫
    古川智之, 森田沙斗武, 坂口生夫, 片岡真弓, 田村佳映, 辻野正樹, 高谷亜加里, 西克治
    日本法医学雑誌 67(2) 167-167 2013年12月
  • 腹部外傷による交通事故死剖検例の検討
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁
    日本犯罪学会総会抄録集 51st 9 2014年
  • 交通外傷と心肺蘇生による鈍的心損傷が重なり,病院搬送時の画像所見が参考になった剖検症例
    古川智之, 森田沙斗武, 坂口生夫, 高谷亜加里, WINGENFELD Lisa, 西克治
    日本法医学雑誌 67(2) 161-161 2013年12月
  • 心臓と小脳の組織所見からみる低体温時の蘇生の重要性
    古川智之, 森田沙斗武, 奥長隼, 高谷亜加里, 中川季子, 坂口生夫, 西克治
    蘇生 32(3) 199-199 2013年10月
  • てんかん海馬の組織学的検索
    高谷亜加里, 古川智之, 森田沙斗武, 山本好男, 辻野正樹, 田村佳映, 浅田真弓, 荒木尚美, 坂口生夫, 中川季子, 西克治
    法医学の実際と研究 56(56) 145-149 2013年11月
    当教室で剖検した症例のうち、臨床的に癲癇と診断された6例(全般性癲癇4例、部分癲癇2例)について海馬の組織学的検索を行った(以下;検討1)。併せて、癲癇発症の一因とされているGABAA receptorと、神経細胞活動のマーカーであるc-Fos、および成熟神経細胞のマーカーであるNeuNについて免疫組織化染色を行った(以下;検討2)。検討1の結果、6例すべてで海馬硬化症に基づく様々な組織像が認められた。検討2の結果、以下の示唆が得られた。1)GABAA receptorは全般性癲癇と部分癲癇を判別する指標になりうる。2)c-Fosは死亡前の癲癇発作の有無を推測する指標になりうる。3)NeuNは平時の癲癇コントロール状態を反映する。
  • Expression of antigens related to hypoxia, stress, and apoptosis in the myocardium after fatal carbon monoxide exposure
    Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Lisa Wingenfeld, Katsuji Nishi
    Romanian Journal of Legal Medicine 21 253-258 2013年12月
    Although it has been described and generally accepted that the myocardium does not show any ischemic types of changes or other lesions in fatal carbon monoxide poisoning victims, we previously observed detailed pathological findings with careful staining using HE and/or Azan. We have used immnohistochemistry on the myocardium from twenty victims of both carbon monoxide poisoning and house fire. We especially selected antibodies which were previously recognized as cold stress antigens. And we also used antibodies related to stress, apoptosis, and vascular genesis. The nuclei showed good reactivity with CIRBP, RBM3, and SIRT1 antibodies. Although CIRBP and RBM3 were previously recognized as cold stress antigens, this study indicated that these antigens were also transcribed in hypoxia. Antigens related to stress, apoptosis, and vascular genesis were also detected in the myocardium from carbon monoxide poisoning victims. The results obtained in the present study suggest that antigens, such as CIRBP, RBM3 and SIRT1, may be useful temporal markers of global hypoxia or ischemia in myocardium. This study also found that the cells once exposed to stress and hypoxia, develop and activate signal pathways to prevent harmful consequences, and the expressed antigens may be retained after cell death and during the postmortem interval. © 2013 Romanian Society of Legal Medicine.
  • 大量心嚢液貯留により急死した癌性心膜炎の一剖検例
    森田沙斗武, 古川智之, 奥長隼, 高谷亜加里, 坂口生夫, 中川季子, 西克治
    法医学の実際と研究 56(56) 151-155 2013年11月
    50歳代男。死亡の2日前、トラック運転中に信号機に突っ込み自損事故を起こした。明らかな外傷はなく、医療機関の受診はしなかった。1日前、身体の痛みと息切れを自覚し、整形外科を受診した。打撲・捻挫と診断され、NSAIDsを処方されたが翌日死亡した。自損事故との関係を明らかにする目的で剖検を行ったところ、大量の心嚢液貯留(620ml)が認められ、心タンポナーデによる死亡と診断した。また、肺腺癌による癌性心膜炎であることが判明し、癌性心内膜炎によって大量の心嚢液貯留をきたしたものと判断した。最近の腫瘍臨床では原因遺伝子の同定が重要視されていることから本例に対しても遺伝子検索を行い、EGFR exon 19 deletionsが同定された。
  • 交通外傷による鈍的心損傷と,心肺蘇生による鈍的心損傷が存在した症例 剖検と来院時画像の検証
    古川智之, 高谷亜加里, 中川季子, 坂口生夫, 西克治
    救急医学 37(6) 729-732 2013年06月
    67歳女。交通外傷により意識清明で救急搬送され、GCS合計点15点、CTで右鎖骨骨折と右第2〜5肋骨骨折を認めた。受傷から4時間後に心室細動が出現して心停止となり、蘇生を開始したものの心拍は再開せず、蘇生を続けながら心臓カテーテル検査を施行したところ、右冠動脈解離を認めた。心拍は再開せず、翌日剖検を行った。剖検所見および来院時画像所見を併せて検討した結果、交通外傷により鈍的心損傷および右冠動脈解離が起こり、その後の心肺蘇生により交通外傷とは異なる箇所での穿通性の外傷と心嚢膜損傷を来たしたことが判明した。
  • Difference in the expression of CIRBP, RBM3 and HSP70 in the myocardium and cerebellum after death by hypothermia and carbon monoxide poisoning
    Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Lisa Wingenfeld, Wakoto Matsuda, Katsuji Nishi
    Romanian Journal of Legal Medicine 21 219-224 2013年09月
    We studied the expression of hypoxia-related antigens (e.g., cold-inducible antigens and apoptotic antigens) in the myocardium and the cerebellumthat were obtained from individuals after death by carbon monoxide or hypothermia. The immunohistochemistry results revealed that expression of cold-inducible RNA binding protein (CIRBP) and RNA-binding protein 3 (RBM3) may be associated with hpyothermic and the hypoxic conditions. The expression of CIRBP and RBM3 in the myocardium was different from their expression in the cerebellum, especially in the Purkinje cells. The results indicate that agonal duration influences antigen expression. In the hypothermic condition, the myocardium uses more ATP since the force of the excitation-contraction coupling of the myocardium increases by more than 400% when the experimental temperature is reduced from 35°C to 25°C. The results obtained in this study indicate that physicians should pay attention to the myocardium when cooling the patient's body to protect the brain. © 2013 Romanian Society of Legal Medicine.
  • Pathological findings of myocardium in carbon monoxide poisoning are basically similar to those in hypothermic deaths
    Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Lisa Wingenfeld, Katsuji Nishi
    Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology 14 2013年07月
    It has been described that the myocardium did not show any ischemic types of changes or other lesions in human hearts obtained from fatal carbon monoxide poisoning cases, although some report indicated the existence of pathological changes in the myocardium from carbon monoxide poisoning cases. We investigated the changes in myocardium obtained from several individuals who died in suicidal carbon monoxide poisoning, in house fire cases and in suicidal burning with kerosene using conventional staining. And we compared the results with those obtained from individual who died due to hypothermia. With conventional staining the cardiac cells from both group showed color-changing with HE (eosinphilic color changing) and Azan (orange color changing) stains, colliquative myocytolysis and contraction bands necrosis, respectively, however aggregated cardiac cells was find only in those from hypothermic death. The results obtained in this study and together with previous one indicate that death mechanism of carbon monoxide poisoning and hypothermic resemble to each other, that is, cardiac hypoxia is surely caused by disturbance of oxygen releasing from hemoglobin in hypothermia and by lacking of oxygen due to high affinity of carbon-monoxide to hemoglobin in CO poisoning, respectively.
  • 大学における法医学教育について
    古川 智之, 森田 沙斗武, 西 克治
    医学教育 44(Suppl.) 133-133 2013年07月
  • 救急研修後の臨床研究
    古川智之, 大槻秀樹, 田畑貴久, 辻田靖之, 松村一弘, 江口豊, 森田沙斗武, 西克治
    日本臨床救急医学会雑誌 16(3) 426 2013年06月
  • 症例報告 交通外傷による鈍的心損傷と,心肺蘇生による鈍的心損傷が存在した症例 : 剖検と来院時画像の検証
    古川 智之, 高谷 亜加里, 中川 季子
    救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 37(6) 729-732 2013年06月
  • 剖検時偶然見つかった血管周皮細胞腫(孤在性線維性腫瘍)
    古川智之, 森田沙斗武, 高谷亜加里, 坂口生夫, 西克治, 杉山恵美子, 辻野正樹, 片岡真弓, 田村佳映, 荒木尚美
    日本法医学雑誌 67(1) 83 2013年05月
  • 全心臓の低酸素状態で発現されるストレス関連抗原
    森田沙斗武, 古川智之, 坂口生夫, 中川季子, 高谷亜加里, WINGENFELD Lisa, 西克治
    日本法医学雑誌 67(1) 83 2013年05月
  • われわれの行っている解剖手技の紹介と解剖時に遭遇した希症例
    西克治, 古川智之, 森田沙斗武, 坂口生夫, 中川季子, 高谷亜加里
    法医病理 19(1) 9-10 2013年04月
  • 死体検案における後交通動脈の解剖学的意義
    松田和郎, 古川智之, 西克治
    日本法医学雑誌 67(1) 69 2013年05月
  • 大腸粘液腫瘍が死因につながった症例
    古川智之, 森田沙斗武, 坂口生夫, 中川季子, 高谷亜加里, WINGENFELD Lisa, 西克治
    日本法医学雑誌 67(1) 83 2013年05月
  • この組み合わせに注意!日常診療で陥りやすいpitfall 薬剤併用のpitfall!―私が経験したこの組み合わせはpitfall!MAO+デキストロメトルファン パーキンソン病の患者さんへの感冒薬処方時に注意。そして頭の片隅に透析患者さんも
    古川智之
    JIM 23(5) 380-381 2013年05月
  • 来院時のCTが参考になり,転倒をくり返したアルコール外傷剖検症例
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治
    日本外傷学会雑誌 27(2) 271 2013年04月
  • Suicidal ligature strangulation without an auxiliary mechanism. Reports of two cases with a cotton rope or a T-shirt and staining results of the brains using anti HSP-70, CIRBP, RBM3, HIF1-α, SIRT 1 and p53 antibodies
    Satoshi Furukawa, Ikuo Sakaguchi, Satomu Morita, Tokiko Nakagawa, Akari Takaya, Lisa Wingenfeld, Katsuji Nishi
    Romanian Journal of Legal Medicine 21 9-14 2013年04月
    It is still often described in forensic textbooks that suicidal strangulation by ligature without auxiliary device to remain tightening the ligature after unconsciousness of the victim. We report two cases of suicidal ligature strangulation without auxiliary mechanism. One occurred in a closed room and other was carried out in a police cell. These two cases reveal that the suicidal ligature strangulation is possible without auxiliary mechanism, however it was difficult to distinguish from homicide only from forensic autopsy findings, although death scenes and existence of suicidal notes produced clear verdicts of suicide in two cases. The death mechanism in these cases was discussed. The nucleus of the neuronal cells showed good reactivity with hypoxia or ischemia related antibodies, such as cold inducible RNA-binding protein (CIRBP), RNA-binding motif protein 3(RBM3), heat shock protein 70(HSP-70) and hypoxia-inducible factor 1(HIF-1), however the cells showed no reactivity with anti Sirtuin 1(SIRT 1) and p53 antibodies which are related energy metabolism or apoptosis. This is the first report in which the expression of hypoxia and /or ischemic related antigens described above was confirmed even in post-mortem human brains. © 2013 Romanian Society of Legal Medicine.
  • 頸動脈洞の位置と頸動脈圧迫について
    古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 大槻秀樹, 山根哲信, 浜本徹, 辻田靖之, 松村一弘, 江口豊
    日本内科学会雑誌 102 162 2013年02月
  • Histopathological characteristics of human cardiac tissues in accidental hypothermia using immunohistochemistry: Immunohistochemical detections of cold, hypoxia and apoptotic related antigens are practicable in the myocardium from hypothermic death even i
    Satoshi Furukawa, Lisa Wingenfeld, Ikuo Sakaguchi, Tokiko Nakagawa, Akari Takaya, Satomu Morita, Shigeru Yamasaki, Katsuji Nishi
    Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology 14 2013年01月
  • The assessment of the location of carotid bifurcation
    Satoshi Furukawa, Lisa Wingenfeld, Ikuo Sakaguchi, Tokiko Nakagawa, Akari Takaya, Satomu Morita, Shigeru Yamasaki, Katsuji Nishi
    Indian Journal of Forensic Medicine and Toxicology 7 180-182 2013年01月
    We experienced suicidal hanging cases without a ligature in front of neck and a manual strangulation without facial congestion. In the last case Carotid bifurcation (CB) located between C2-3 and at the upper of muscular bleeding. Carotid sinus stimulation is thought as a cause of syncope. Carotid sinus reflex is attributed to the stimulation, but somebody did not respond to the procedure. We showed the anatomical variation of CB location. Measurements were performed on 100 cadavers by the direct inspection method. CB level was compared to the level of cervical vertebra. Most frequency of CB was found at the level of C3. CB was variously distributed from the intermediate position of C1-2 to lower border of C5 on the vertebral column in Japanese population. The distribution pattern may be different from other population. 54% of the level of CB was asymmetrical between the right and left side. Our findings support the presumption that suicidal hanging and manual strangulation death due to carotid bifurcation stimulation cannot provoke death alone.
  • 小脳顆粒層の組織免疫学的評価による脳虚血/低酸素の考察
    古川智之, 森田沙斗武, 奥長隼, WINGENFELD Lisa, 西克治
    脳循環代謝 25(1) 177-177 2013年11月
  • チュートリアルをよりよくするために
    第43回日本医学教育学会大会予稿集 42(supplement) 118-118 2011年
  • 在宅医療としての腹膜透析へ、集中治療部における内科医の役割
    第16回日本腹膜透析医学会学術集会・総会プログラム・抄録集 2010年
  • 頸静脈に関する検討
    日本救急医学会雑誌 21(8) 657-657 2010年
  • Factor XIII Concentrate Is Effective In Persistent Infection of PEG Site.
    The Internet Journal of Gastroenterology 10(1) 2010年
  • 軟部組織感染症による敗血症ショックに対し急性血液浄化法が奏功した一例
    第27回日本アフェレシス学会関西地方会抄録集 26-26 2009年
  • SIRSによる頻脈性心房粗動・細動に対する塩酸ランジオロールの有効性
    日本集中治療医学会雑誌 16(Supplement) 198-198 2009年
  • 当院における脳低温療法の温度設定による効果の検討
    第99回日本救急医学会近畿地方会プログラム・抄録集 33-33 2009年
  • 当院における研修医対象ICLS (Immediate Cardiac Life Support)コース開催の利点と問題点
    第100回日本救急医学会近畿地方会 2009年
  • 輸血に伴う急性呼吸障害において、血漿交換を含む集学的治療が有効だった2症例
    第54回日本集中治療医学会近畿地方会プログラム・抄録集 51-51 2009年
  • 感染性心内膜炎の経過中に輸血に伴う重症呼吸不全を合併した2症例
    第17回京滋救命救急セミナー 2009年
  • 血液凝固第13因子製剤が有効であった胃瘻造設後の創部感染
    第189回日本内科学会近畿地方会例会抄録集 57-57 2009年
  • 遺伝子組換えトロンボモジュリンのアンチトロンビン製剤治療抵抗性敗血症性DICに対する有効性の検討
    日本救急医学会雑誌 20(8) 507-507 2009年
  • 当院における上位脊椎損傷の検討
    第35回滋賀救急医療研究会 2009年
  • 法医学に関連する救急物品の紹介
    日本法医学会雑誌 64(2) 159-159 2009年
  • 病死から交通事故に至った解剖症例
    第190回日本内科学会近畿地方会抄録集 61-61 2009年
  • Totally dilated right coronary artery. An autopsy case
    Rechtsmedizin 19 298-298 2009年
  • 軟部組織感染症に起因すると考えられる敗血症性ショックの一例
    第53回日本集中治療医学会近畿地方会 2008年
  • SIRSによる頻脈性心房細動、心房粗動にランジオロールが有効であった2症例
    第53回日本集中治療医学会近畿地方会 2008年
  • 敗血症性ショックに対する急性血液浄化療法の成績―ALI/ARDSを中心に―
    第30回日本呼吸療法学会学術総会 2008年
  • NPPV+シベレスタットNa治療から気管内挿管となった外傷性肺挫傷の一症例
    第13回京滋救命救急セミナー 2008年
  • 当院における救急外来受診患者の症候別分類の試み
    第98回近畿救急医学研究会 2008年
  • 軟部組織感染症に起因すると考えられる敗血症性ショックの一例
    第14回京滋救命救急セミナー 2008年
  • CPA状態からAEDによる除細動と脳低温療法により社会復帰した23歳女性・QT延長症候群の一例
    日本救急医学会雑誌 19(8) 695-695 2008年
  • 滋賀医科大学 救急搬送患者における精神科疾患の季節性
    日本救急医学会雑誌 19(8) 570-570 2008年
  • 齲歯によるDICに遺伝子組換えトロンボモジュリンが治療に有効であった1症例
    第15回京滋救命救急セミナー 2008年
  • 急性膵炎によるDICに遺伝子組み換えトロンボモデュリンが有効であった一症例
    第34回滋賀救急医療研究会 2008年
  • 多臓器不全を契機に診断されたミトコンドリアDNA異常を原因とする心筋症の一例
    第51回日本集中治療医学会近畿地方会 プログラム・抄録集 67-67 2006年

競争的資金

  • 胸腺ハッサル氏小体は,ストレス状態持続期間推定の指標の一つとなる
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    代表者:古川 智之
    複雑な時代背景のためか、虐待通報数は毎年増加し、減少する兆しさえ見えない.我々の教室においても、県と大学との委託契約で、虐待児の生体鑑定を実施している。また、残念なことに、毎年、虐待に基づく死亡例があることも事実である。解剖例で、司法当局からの質問事項の一つに『虐待の持続期間』がある。各所に見られる損傷の治癒状態等から、持続期間の推定を試みてはいるが、新旧の損傷があり、治癒損傷が混在すると、推定が困難となる場合があり得る.胸腺存在するハッサル氏小体の形態学的変化や免疫組織化学的変化が、虐待持続期間推定根拠の一つとなれば、今後の鑑定業務に寄与するところが大きい。本研究では、形態的面、機能的面から、複雑怪奇な胸腺ハッサル氏小体を主として、ストレス状態下での各臓器の動きとの関連を、ストレス下で生じている細胞内のSignal transduction pathways, gene regulation, cell proliferation を解明したい。胸腺Hassall corpuscle と海馬・視床下部・副腎の関わりを明らかにし、その結果を虐待の有無判定に役立て、さらには、胸腺Hassall corpuscle の役割を明らかとしたい。