詳細検索はこちら

目片 英治

所属部署名総合外科学講座
職名教授
 
 
更新日: 18/03/30 10:42

研究者基本情報

氏名

    目片 英治

所属(マスタ)

  • 総合外科学講座 教授

学歴

  • - 1996年滋賀医科大学 医学系研究科
  • 滋賀医科大学

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

    外科学会 , 消化器外科学会 , 癌治療学会 , 癌学会 , 大腸肛門病学会

経歴

  • 2016年06月- 現在滋賀医科大学(教授)
  • 1999年滋賀医科大学助手

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 消化器外科学 / 消化器外科

研究キーワード

    抗がん剤感受性 , 医療器具開発 , 化学療法 , 腫瘍 , 消化器外科

論文

  • Hyperthermic intraperitoneal chemotherapy with mitomycin C and 5?fluorouracil in patients at high risk of peritoneal metastasis.
    Mol Clin Oncol 2(3) 399-404 2014年
  • Surgery-induced peritoneal cancer cells in patients who have undergone curative gastrectomy for gastric cancer.
    Mekata E., Naka S., Tani T., Okabe H., Takebayashi K., Yamamoto H., Murata S., Yamaguchi T., Ishida M., Shimizu T., Kojima M., Sonoda H., Shiomi H.
    Ann Surg Oncol 21(6) 1991-1997 2014年
  • Mannan-binding protein, a C-type serum lectin, recognizes primary colorectal carcinomas through tumor-associated Lewis glycans.
    NONAKA Motohiro, NONAKA Motohiro, IMAEDA Hirotsugu, MATSUMOTO Shogo, MA Bruce Yong, MA Bruce Yong, MA Bruce Yong, MA Bruce Yong, KAWASAKI Nobuko, MEKATA Eiji, ANDOH Akira, SAITO Yasuharu, TANI Tohru, FUJIYAMA Yoshihide, KAWASAKI Toshisuke
    J Immunol. 192(3) 1294-1301 2014年
  • Fusion protein of mutant B7-DC and Fc enhances the antitumor immune effect of GM-CSF-secreting Whole-cell vaccine
    Kojima M., Mekata E., Murata S., Jaffee E.M., Takebayashi K., Tani T.
    J Immunother 37(3) 147-154 2014年
  • A comparison of outcomes and complications of totally implantable access port through the internal jugular vein versus the subclavian vein.
    Tani T., Nagasawa Y., Sonoda H., Shimizu T., Wakabayashi M., Mekata E., Murata S., Ohta H., Naka S., Mori T.
    Int Surg 99(2) 182-188 2014年
  • A complete response to mFOLFOX6 and panitumumab chemotherapy in advanced stage rectal adenocarcinoma: a case report.
    Sonoda H., Mekata E., Shimizu T., Ishida M., Endo Y., Tani T.
    World J Surg Oncol 12(1) 2014年
  • Hyperthermic intraperitoneal chemotherapy using a combination of mitomycin C,5-fluorouracil, and oxaliplatin in patients at high risk of colorectal peritoneal metastasis: A Phase I clinical study.
    Tani T., Shimizu T., Murata S., Sonoda H., Ohta H., Takebayashi K., Mekata E., Miyake T., Naka S., Shiomi H.
    EJSO-Eur J Surg Oncol 40(5) 521-528 2014年
  • Successful surgical approach for a patient with encapsulating peritoneal sclerosis after hyperthermic intraperitoneal chemotherapy: a case report and literature review.
    Takebayashi K., Shimizu T., Sonoda H., Ishida M., Ohta H., Endo Y., Mekata E., Tani M., Tani T.
    BMC Surg 14(1) 2014年
  • Magnetic resonance imaging shrinkage patterns following neoadjuvant chemotherapy for breast carcinomas with an emphasis on the radiopathological correlations.
    Mol Clin Oncol 2(5) 783-788 2014年
  • Safety and efficacy of panitumumab therapy after metastatic colorectal cancer progression with cetuximab: Experience at a single Japanese institution.
    Sonoda H., Shimizu T., Mekata E., Tani T., Endo Y.
    Oncol Lett 5(4) 1331-1334 2013年
  • Prognostic impact of CD10 expression in clinical outcome of invasive breast carcinoma.
    Murata S., Shimizu T., Ishida M., Yamamoto H., Tani T., Vo T.-N.D., Umeda T., Mekata E., Kawai Y., Abe H., Kubota Y., Mori T., Naka S., Shiomi H.
    Breast Cancer 1-12 2013年
  • Transmembrane mucin MUC1 overexpression and its association with CD10(+) myeloid cells, transforming growth factor-β1 expression, and tumor budding grade in colorectal cancer.
    Tani T., Endo Y., Khanh D.T., Mukaisho K.-I., Mekata E., Shimizu T., Sugihara H., Murata S., Shiomi H., Yamamoto H., Naka S.
    Cancer Sci. 104(7) 958-964 2013年
  • Is catheter rupture rare after totally implantable access port implantation via the right internal jugular vein? Report of a case.
    NAGASAWA Yoshinobu, SHIMIZU Tomoharu, SONODA Hiromichi, CHOU Hirotomi, MEKATA Eiji, TANI Tohru
    Surg Today 44(7) 1346-1349 2013年
  • Clinical potential of the anticancer drug sensitivity test for patients with synchronous stage IV colorectal cancer.
    TAKEBAYASHI Katsushi, MEKATA Eiji, SONODA Hiromichi, SHIMIZU Tomoharu, ENDO Yoshihiro, TANI Tohru
    Cancer Chemother Pharmacol 72(1) 217-222 2013年
  • Differences in Chemosensitivity between Primary and Metastatic Tumors in Colorectal Cancer
    Takebayashi K., Sonoda H., Mekata E., Shiomi H., Shimizu T., Endo Y., Naka S., Tani T.
    PLoS One 8(8) 2013年
  • A rare case of primary choriocarcinoma in the sigmoid colon
    Maehira Hiromitsu, Shimizu Tomoharu, Sonoda Hiromichi, Mekata Eiji, Yamaguchi Tomoharo, Miyake Tohru, Ishida Mitsuaki, Tani Tohru
    World J Gastroenterol 19(39) 6683-6688 2013年
  • Protein-bound polysaccharide-K augments the anticancer effect of fluoropyrimidine derivatives possibly by lowering dihydropyrimidine dehydrogenase expression in gastrointestinal cancers.
    Fujieda A., Edamatsu T., Wada T., Fujioka M., Tani T., Mekata E., Sonoda H., Murata S., Umeda T., Shimizu T., Naka S., Shiomi H., Abe H., Yamamoto H.
    Oncol Rep 30(6) 2845-2851 2013年
  • Cetuximab as salvage monotherapy in chemotherapy-refractory metastatic colorectal cancer: A single-center report.
    Yamamoto H., Murata S., Tani T., Abe H., Mekata E., Sonoda H., Endo Y., Kawai Y., Shimizu T., Shiomi H., Umeda T., Kubota Y., Naka S.
    Oncol Lett 6(4) 1011-1014 2013年
  • Clinical predictive value of in vitro anticancer drug sensitivity test for the therapeutic effect of adjuvant chemotherapy in patients with stage II-III colorectal cancer.
    Mol Clin Oncol 1(4) 763-767 2013年
  • Myeloid cells positive for CD10 at invasion front can predict poor outcome in stage II colorectal cancer
    KHANH Do Trong, MEKATA Eiji, MUKAISHO Ken‐ichi, SHIMIZU Tomoharu, TATSUTA Takeshi, SUGIHARA Hiroyuki, ENDO Yoshihiro, KURUMI Yoshimasa, TANI Tohru
    Int J Clin Oncol 17(3) 240-249 2012年
  • Prognostic role of CD10? myeloid cells in association with tumor budding at the invasion front of colorectal cancer.
    KHANH Do Trong, MEKATA Eiji, MUKAISHO Ken‐ichi, SUGIHARA Hiroyuki, SHIMIZU Tomoharu, SHIOMI Hisanori, MURATA Satoshi, NAKA Shigeyuki, YAMAMOTO Hiroshi, ENDO Yoshihiro, TANI Tohru
    Cancer Sci 102(9) 1724-1733 2011年
  • Real-time magnetic resonance-guided microwave coagulation therapy for pelvic recurrence of rectal cancer: initial clinical experience using a 0.5 T open magnetic resonance system.
    SHIMIZU Tomoharu, ENDO Yoshihiro, MEKATA Eiji, TATSUTA Takeshi, YAMAGUCHI Tomohiro, KURUMI Yoshimasa, MORIKAWA Shigehiro, TANI Tohru
    Dis Colon Rectum 53(11) 1555-1562 2010年
  • A case of catheter fracture of a totally implantable access port introduced through the right internal jugular vein.
    TANI T, YAMAMOTO T, MURATA S, MEKATA E, SHIMIZU T
    J Surg Oncol 103(5) 460-461 2010年
  • Pre-treatment with cyclophoshamide or OX40(CD134) costimulation targeting regulatory T cell function enhances the anti-tumor immune effect of adoptively transferred CD8+T cells from wild-type mice
    TANI T, MEKATA E, KITAMURA N, MURATA S, UEKI T
    Molecular Medicine Reports 2(4) 615-620 2009年
  • OX40 costimulation can abrogate Foxp3+ regulatory T cell-mediated suppression of antitumor immunity
    TANI T, JAFFEE Em, REILLY Rt, MEKATA E, UEKI T, MURATA S, KITAMURA N
    Int. J. Cancer 125(3) 630-638 2009年
  • OX40 costimulation can abrogate Foxp3+regulatory T cell-mediated suppression of antitumor immunity
    TANI T, JAFFEE Em, REILLY Rt, MEKATA E, UEKI T, MURATA S, KITAMURA N
    Int.J.Cancer 125(3) 630-638 2009年
  • Pre-treatment with cyclophosphamide or OX40(CD134) costimulation targeting regulatory T cell function enhances the anti-tumor immune effect of adoptively transferred CD8+T cells from wild-type mice
    TANI T, MEKATA E, KITAMURA N, MURATA S, UEKI T
    Molecular Medicine Reports 2(4) 615-620 2009年
  • Severe anorectal injury caused by a jet ski accident: report of a case
    TATSUTA Takeshi, OKUMURA Kenji, SHIMIZU Tomoharu, MEKATA Eiji, MURATA Satoshi, YAMAMOTO Hiroshi, TANI Tohru
    日本救急医学会雑誌 20(4) 232-236 2009年
  • The rapid growth of intraluminal tumor metastases at intestinal wall sites damaged by obstructive colitis due to sigmoid colon cancer: Report of a Case
    MEKATA Eiji, SHIMIZU Tomoharu, ENDO Yoshihiro, TANI Tohru
    Surg Today 38(9) 862-865 2008年
  • Expression level of thymidylate synthase mRNA reflects 5-fluorouracil sensitivity with low dose and long duration in primary colorectal cancer.
    TANI T, KURUMI Y, ENDO Y, ABE H, NAITOH H, SHIOMI H, MEKATA E, OKUMURA K
    Cancer Chemother Pharmacol. 61(4) 587-594 2008年
  • 当院外来化学療法における過敏症症状の現状とその対応
    Shock 22(2) 2007年
  • Clinical potential of an antitumor drug sensitivity test and diffusion-weighted MRI in a patient with a recurrent solid-pseudopapillary tumor of the pancreas
    SHIMIZU Tomoharu, MURATA Satoshi, MEKATA Eiji, MIYAKE Tohru, ABE Hajime, KURUMI Yoshimasa, ENDO Yoshihiro, KUSHIMA Ryoji, TANI Tohru
    J Gastroenterol 42(11) 918-922 2007年
  • Expression level of thymidylate synthase mRNA reflects 5-fuluorouracil sensitivity with low dose and long duration in primary colorectal cancer
    TANI T, KURUMI Y, ENDO Y, ABE H, NAITOH H, SHIOMI H, MEKATA E, OKUMURA K
    Cancer Chemother Pharmacol 61(4) 587-594 2007年
  • Correlation between chemosensitivity and mRNA expression level of 5-fluorouracil-related metabolic enzymes during liver metastasis of colorectal cancer
    Oncology Report 15(4) 875-882 2006年
  • 過形成ポリポーシス鋸歯状腺腫を伴ったHNPCC(Hereditary Non-Polyposis Colorectal Cancer)の1例
    日外科連会誌 31(1) 71-75 2006年
  • 開腹下温熱化学療法の試み
    日本産科婦人科学会滋賀地方部会雑誌 3 7-9 2005年
  • Docetaxelの血中、腹水中の薬物動態を検討した胃癌の1例
    癌と化学療法 31(12) 2031-2034 2004年
  • MR空間におけるMicrowave surgeryの各種疾患への応用 -骨盤内腫瘍-
    遠藤善裕, 来見良誠, 目片英治, 田畑貴久, 佐藤浩一郎, 出村公一, 井内武和, 森川茂広, 犬伏俊郎
    Journal of Microwave Surgery 22 43-47 2004年
  • 肝硬変を合併した特発性食道破裂の1例
    目片英治, 川口晃, 内藤弘之, 花沢一芳, 谷徹, 蔦本慶裕
    日本臨床外科学会雑誌 64(9) 2134-2138 2003年
  • ケアにつなげる消化器外科の基礎知識~大腸編
    消化器外科NURSING 8(6) 35-41 2003年
  • 虫垂切除後、意識障害をきたした先天性下垂体性小人症の1例
    太田裕之, 目片英治, 遠藤善裕, 来見良誠, 花沢一芳, 谷徹
    臨床外科 57(2) 251-253 2002年
  • 多発性線維腺腫に対する内視鏡補助下乳腺腫瘍切除術
    滋賀医大誌 17 1-4 2002年
  • utcome of infacts with neuroblastoma detected by mass screening and surgically treated in Shiga prefecture, Japan: what is the role of surgery?
    TAGA T, FUJINO S, SHIMADERA S, NAITOH H, MEKATA E, MIZUKURO T, TANI T, OHTA S, HASE T
    Pediatr Surg Int 18(5-6) 289-294 2002年
  • MRIナビゲーションによるTumor Ablation 肝腫瘍マイクロ波凝固療法の新たな展開
    癌と化学療法 28(11) 1591-1594 2001年
  • Kinetics of cytokine gene expression during the in vitro CTL induction against a murine nonimmunogenic tumor
    Anticancer Research 20(1A) 363-372 2000年
  • 腸管免疫の成長因子
    Surgery Frontier 6(4) 68-69 1999年
  • Familial hyperparathyroidism: Report of a case
    Surgery Today 29(5) 63-66 1999年
  • 甲状腺癌手術後に発生した乳び漏と乳び胸
    手術 52(11) 1735-1738 1998年
  • 大腸sm癌の内視鏡的切除後に認められた肝転移の1例
    北海道外科雑誌 42(1) 42-47 1997年
  • 非免疫原性腫瘍に対するTNFα遺伝子治療の検討
    目片英治, 寺田信国, 小玉正智
    日本臨床免疫学会会誌 19(1) 69-79 1996年
  • 純化pokeweed mitogenの生物学的活性についての研究
    Biotherapy 8(9) 1193-1197 1994年
  • 悪性腫瘍を対象としてrHuEPOをもちいた自己血輸血の検討
    Biotherapy 8(3) 307-308 1994年
  • 胃癌における血漿中シアリルTn抗原測定の意義
    日本癌治療学会雑誌 29(4) 24-30 1994年
  • 癌化学療法剤局注療法の基礎的研究
    Biotherapy 8(5) 628-630 1994年
  • 頚部腫瘤の臨床病理学的検討
    日本臨床外科医学会雑誌 52(5) 937-944 1991年
  • 甲状腺微小癌の検討
    日本臨床外科学会雑誌 52(7) 1420-1426 1991年
  • 腎移植後発生した悪性腫瘍の3例
    腎と透析 29(5) 837-840 1990年
  • 乳腺疾患の超音波像の検討
    日本臨床外科医学会誌 51(10) 2125-2131 1990年
  • 死体腎移植後発生した麻酔剤によると思われる劇症肝炎の1例
    移植 24(4) 399-405 1989年

書籍等出版物

  • TNF局所投与に関する基礎的および臨床的検討
    Biotherapy 1993年
  • 甲状腺髄様癌の1例
    外科診療 1993年

MISC

  • 胃癌 基礎・臨床研究のアップデート
    日本臨床 66(5) 251-255 2008年
  • mp胃癌の臨床病理学的検討 -とくに組織学的リンパ節転移との関連について-
    日本消化器外科学会雑誌 31(6) 1638-1638 1998年
  • 大腸癌・食道癌におけるMAGE遺伝子の発現
    第47回日本消化器外科学会総会 1996年
  • 消化器癌に対する遺伝子治療を用いた特異的免疫療法の可能性
    第96回日本外科学会総会 1996年
  • 大腸癌におけるmicrosatellite alterationの検討
    第96回日本外科学会総会 1996年
  • 血管新生阻害剤TNP-470の抗腫瘍効果に関する研究 -サイトカインとの併用効果などについて-
    第17回癌免疫外科研究会 1996年
  • 非免疫原性腫瘍に対する遺伝子治療の検討
    第17回癌免疫外科研究会 1996年
  • 食道癌及び大腸癌におけるMAGE geneの発現及びその局在に関する検討
    第17回癌免疫外科研究会 1996年
  • 血管新生阻害剤TNP-470の抗腫瘍効果に関する研究
    第34回日本癌治療学会総会 1996年
  • 癌化学療法剤の腫瘍内局注に関する検討
    第5回滋賀癌化学療法研究会 1995年
  • 食道癌・大腸癌におけるMAGE gene familyの発現
    第95回日本外科学会総会 1995年
  • 非免疫原性腫瘍に対する遺伝子治療の試み
    第95回日本外科学会総会 1995年
  • 食道癌におけるMAGE遺伝子の発現
    第16回癌免疫外科研究会 1995年
  • 大腸癌におけるMAGE遺伝子の発現
    第46回日本消化器外科学会総会 1995年
  • 高免疫原性変異株を用いたTNF遺伝子治療の工夫
    第23回免疫カンファレンス 1995年
  • 食道癌・大腸癌におけるMAGE遺伝子の発現
    第8回日本BRM学会 1995年
  • 血管新生阻害剤TNP-470の抗腫瘍効果の検討
    第8回日本BRM学会 1995年
  • 非免疫原性腫瘍に対するTNF遺伝子治療の検討
    第8回日本BRM学会 1995年
  • リンパ球抗腫瘍免疫応答に対するBRMの作用に関しての基礎的研究
    第94回日本外科学会総会 1994年
  • 胃癌における免疫学的パラメータの再評価と外科的侵襲
    第94回日本外科学会総会 1994年
  • 腫瘍内抗癌剤局注による抗腫瘍性免疫能誘導について
    第7回滋賀血液・免疫研究会 1994年
  • リンパ球抗腫瘍免疫応答に対するSPR-901の作用に関する基礎的検討
    第15回癌免疫外科研究会 1994年
  • 非免疫原性腫瘍に対する免疫療法
    第15回癌免疫外科研究会 1994年
  • 食道癌におけるMAGE-1遺伝子の発現
    第3回日本癌病態治療研究会 1994年
  • リンパ節転移、腹膜浸潤をきたした最大径1cmの大腸sm癌の1例
    第49回日本大腸肛門病学会総会 1994年
  • Mutagen処理による非免疫原性腫瘍に対する免疫原性増強の試み
    Biotherapy 8(5) 744-746 1994年
  • 輸血の抗腫瘍免疫能に及ぼす影響とその臨床展開
    第10回京滋腫瘍免疫研究会 1993年
  • 胃癌における血漿中及び組織内シアリルTn抗原の検討
    第93回日本外科学会総会 1993年
  • 非免疫原性腫瘍に対する新しい免疫療法 -TNF及び高免疫原性変異腫瘍を用いた試み-
    第93回日本外科学会総会 1993年
  • 中結腸動脈瘤破裂の一例
    第153回近畿外科学会 1993年
  • ヒト胃癌組織におけるHLA-DR発現について
    第2回日本癌病態治療研究会 1993年
  • Mutagen処理による非免疫原性腫瘍に対する免疫原性増強の試み
    第14回癌免疫外科研究会 1993年
  • TNF療法の基礎的並びに臨床的検討
    第42回日本消化器外科学会総会 1993年
  • 多糖体SPR-901の抗腫瘍免疫応答におよぼす影響について
    第31回日本癌治療学会総会 1993年
  • TNFの局所投与における基礎的検討および臨床での使用経験
    第31回日本癌治療学会総会 1993年
  • 消化器癌手術における自己血輸血
    第1回滋賀自己血輸血研究会 1993年
  • TNF(腫瘍壊死因子)の基礎的及び臨床的検討
    第9回京滋腫瘍免疫研究会 1992年
  • 胃癌における免疫学的パラメータと外科的侵襲
    第13回癌免疫外科研究会 1992年
  • TNF局所投与に関する基礎的及び臨床的検討
    第13回癌免疫外科研究会 1992年
  • Tumor necrosis factorの腫瘍内局注に関する基礎的並びに臨床的検討
    滋賀血液・免疫研究会 1992年
  • 各種血液浄化法により肝破裂術後に対処し得たMOFの1例
    第11回関西血漿交換研究会 1992年
  • Tumor necrotising factorの臨床効果に関する再評価
    第5回JBRM学会 1992年
  • 純化PWMの生物学的活性についての研究
    第5回JBRM学会 1992年