詳細検索はこちら

北川 裕利

所属部署名麻酔学講座
職名教授
 
 
更新日: 18/03/30 10:29

研究者基本情報

氏名

    北川 裕利

所属(マスタ)

  • 麻酔学講座 教授

学歴

  • - 1991年滋賀医科大学 医学部 医学科

学位

  • 博士(医学)(滋賀医科大学)

所属学協会

    日本ペインクリニック学会 , 日本麻酔学会 , 日本生理学会 , 日本集中治療医学会

経歴

  • 2000年- 2001年 滋賀医科大学医学部非常勤講師併任
  • 1996年- 1999年 COE特別研究員併任
  • 1992年- 1994年 滋賀医科大学医学部助手

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 麻酔・蘇生学

研究キーワード

    麻酔学 , 自律神経 , 心臓生理学

論文

  • Ionic mechanisms underlying the negative chronotropic action of propofol on sinoatrial node automaticity in guinea-pig heart.
    Kojima A., Kitagawa H., Ito Y., Matsuura H.
    Br J Pharmacol 172(3) 799-814 2015年
  • Direct negative chronotropic action of desflurane on sinoatrial node pacemaker activity in the guinea-pig heart
    Kojima A., Kitagawa H., Ito Y., Nosaka S., Matsuura H.
    Anesthesiology 120(6) 1400-1413 2014年
  • エアウェイスコープ(AWS)によるawake intubationについて
    日本蘇生学会 第31回大会 シンポジウム記録集(DVD) 2013年
  • Sevoflurane Protects Ventricular Myocytes against Oxidative Stress-induced Cellular Ca2+ Overload and Hypercontracture
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU-KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    Anesthesiology 119(3) 606-620 2013年
  • Effects of intravenous magnesium infusion on in vivo release of acetylcholine and catecholamine in rat adrenal medulla.
    Komaki F., Yamazaki T., Akiyama T., Nosaka S., Kitagawa H., Shirai M.
    Auton neurosci 177(2) 123-128 2013年
  • Remifentanil has a minimal direct effect on sinoatrial node pacemaker activity in the guinea pig heart.
    Kojima A., Kitagawa H., Ito Y., Nosaka S., Matsuura H.
    Anesth Analg 117(5) 1072-1077 2013年
  • 腹部大動脈瘤の緊急手術により大量出血を来した1症例
    蘇生 2013年
  • Inhibitory effects of sevoflurane on pacemaking activity of sinoatrial node cells in guinea-pig heart
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU-KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    Br J Pharmacol 166(7) 2117-2135 2012年
  • Presence of store-operated Ca2+ entry in C57BL/6J mouse ventricular myocytes and its suppression by sevoflurane
    KOJIMA A., KITAGAWA H., OMATSU-KANBE M., MATSUURA H., NOSAKA S.
    Br J Anaesth 109(3) 352-360 2012年
  • Presence of store-operated Ca2+ entry in C57BL/6J mouse ventricular myocytes and its suppression by sevoflurane.
    KOJIMA A., KITAGAWA H., OMATSU-KANBE M., MATSUURA H., NOSAKA S.
    Br J Anaesth 109(3) 352-360 2012年
  • レミフェンタニル麻酔における導入時の循環変動に対するアトロピン併用効果の検討
    臨床麻酔 35(1) 39-42 2011年
  • 脊椎手術後のけいじょうみゃく事故調節鎮痛における副作用の検討
    麻酔 60(8) 920-923 2011年
  • 人工心肺下大血管手術におけるアプロチニンおよびトラネキサム酸のICUにおける輸血量に与える影響
    ICUとCCU 35(3) 237-240 2011年
  • キセノン麻酔の臨床的有用性をさぐる
    臨床麻酔 35(3) 579-582 2011年
  • 経食道心エコー法が重症肺血栓塞栓症診断に有効であった一例
    ICUとCCU 35(9) 765-770 2011年
  • Reply: Use of a Parker Flex-Tip tube to facilitate tracheal intubation with the Airway Scope
    Xue F.S., Yuan Y.J., Liao X., Wang Q.
    J clinical aneshtesia 23(3) 254 2011年
  • Sevoflurane Protects Ventricular Myocytes from Ca2+ Paradox-Mediated Ca2+ Overload by Blocking the activation of Transient Receptor Potential Canonical channels
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU-KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    Anesthesiology 115(3) 509-522 2011年
  • 傍腫瘍性辺縁系脳炎患者の麻酔経験
    臨床麻酔 35(5) 817-819 2011年
  • Reply: Use of cuff inflation to faccilitate nasotracheal intubation with the Airway Scope
    Xue F.S., Liao X., Liu J.H., Yuan Y.J.
    Anaesthesia 66(8) 754 2011年
  • Sevoflurane protects ventricular myocytes from Ca2+ paradox-mediated Ca2+ overload by blocking the activation of transient receptor potential canonical channels.
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU-KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    Anesthesiology 115(3) 509-522 2011年
  • 冠動脈バイパス術におけるフェンタニルとレミフェンタニルの比較ーICUにおける抜管時間と滞在時間についてー
    今宿康彦, 北川裕利, 青井良太, 高橋完, 薮田浩一, 橋村俊哉, 助永親彦, 野坂修一
    日本集中治療医学会雑誌 17(3) 349-350 2010年
  • エアウェイスコープ下挿管におけるパーカー気管チューブの有用性
    小林メディカル小冊子 2010年
  • ペースメーカーリード感染に上大静脈狭窄を合併した一症例
    臨床麻酔 34(11) 1779-1780 2010年
  • 心臓血管外科手術時におけるヘパリン投与量とACT値の関係について多施設比較検討
    麻酔 59(4) 535-539 2010年
  • 新しい気道確保器具は老視麻酔科医の挿管に有用か
    臨床麻酔 34(11) 1765-1766 2010年
  • Airtraq ? placement first technique may shorten endotracheal intubation time
    Anaesthesia-online 2010年
  • Ca2+ paradox injury mediated through TRPC channels in mouse ventricular myocytes
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU‐KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    British J Pharmacology 161(8) 1734-1750 2010年
  • Ca2+ paradox injury mediated through TRPC channels in mouse ventricular myocytes.
    KOJIMA Akiko, KITAGAWA Hirotoshi, OMATSU‐KANBE Mariko, MATSUURA Hiroshi, NOSAKA Shuichi
    Br J Pharmacol 161(8) 1734-1750 2010年
  • Parker Flex-Tip Tubeによるエアウェイスコープ(AWS)挿管の検討
    臨床麻酔 33(11) 1731-1735 2009年
  • Airway Scope-assisted nasotracheal intubation
    NOSAKA S, YAMAZAKI T, IMASHUKU Y, TARUI K, SAI Y, KITAGAWA H
    Anaesthesia 64(2) 229 2009年
  • The Airway Scope: An Aid Also in Transesophageal Echocardiography Probe Placement
    KITAGAWA H, IMASHUKU Y, YAMAZAKI T
    J Cardiothoracic and Vascular Anesthesia  23(2) 275 2009年
  • Pentax-AWSでスムーズに挿管できるスパイラル(らせん入り)気管チューブの使用経験
    症例紹介冊子 2009年
  • リウマチ性脊椎炎手術後のPCA(patient-controlled analgesia)による疼痛管理の有効性ー関節リウマチ患者の疼痛閾値に関する考察を含めてー
    日本関節病学会誌 27(4) 489-497 2008年
  • プロポフォールTCIを用いた電気痙攣療法の麻酔経験
    麻酔 57(7) 889-891 2008年
  • Isoflurane attenuates myoglobin release during ischemic and/or reperfusion periods
    KITAGAWA H, YAMAZAKI T, AKIYAMA T, NOSAKA S, MORI H
    Acta Anaesthesiologica Scandinavica 52(5) 650-657 2008年
  • Vagal stimulation suppresses ischemia-induced myocardial interstitial myoglobin release
    KAWADA Toru, YAMAZAKI Toji, AKIYAMA Tsuyoshi, KITAGAWA Hirotoshi, SHIMIZU Shuji, MIZUNO Masaki, LI Meihua, SUGIMACHI Masaru
    Life Sciences 83(13-14) 490-495 2008年
  • 心肺バイパス法を用いた大動脈弁置換手術患者に対するセボフルランの心筋保護効果
    A-net 11(1) 46-50 2007年
  • Characterization of ouabain-induced noradrenaline and acetylcholine release from in situ cardiac autonomic nerve endings.
    YAMAZAKI T, AKIYAMA T, KITAGAWA H, KOMAKI F, MORI H, KAWADA T, SUNAGAWA K, SUGIMACHI M
    Acta Physiol  191(4) 275-284 2007年
  • Cardiac epinephrine synthesis and ischemia-induced myocardial epinephrine release.
    KUROKO Y, YAMAZAKI T, TOKUNAGA N, AKIYAMA T, KITAGAWA H, ISHINO K, SANO S, MORI H
    Cardiovasc Res. 74(3) 438-444 2007年
  • Hypothermia reduces ischemia- and stimulation-induced myocardial interstitial norepinephrine and acetylcholine releases.
    KAWADA Toru, KITAGAWA Hirotoshi, YAMAZAKI Toji, AKIYAMA Tsuyoshi, KAMIYA Atsunori, UEMURA Kazunori, MORI Hidezo, SUGIMACHI Masaru
    J Appl Physiol. 102(2) 622-627 2007年
  • Microdialysis separately monitors myocardial interstitial myoglobin during ischemia and reperfusion.
    KITAGAWA Hirotoshi, YAMAZAKI Toji, AKIYAMA Tsuyoshi, SUGIMACHI Masaru, SUNAGAWA Kenji, MORI Hidezo
    Am J Physiol Heart Circ Physiol. 289(2,Pt.2) 924-930 2005年
  • 心理的影響が大きかったfaild back syndromeの1症例
    ペインクリニック 26 1291-1293 2005年
  • 救命先決!手術室緊急対応の最重要パターン、心停止(解説/特集)
    オペナーシング 20(7) 676-680 2005年
  • 輸液のエンドポイントは?(紙上抄読会)
    臨床麻酔 28(7) 1233-1238 2004年
  • Intraoperative pulmonary embolism during spinal instrumentation surgery ? a prospective study using transoesphageal echocardiography.
    TAKAHASHI S, KITAGAWA H, ISHII T
    J Bone Joint Surg Br 85B(1) 90-94 2003年
  • Effects of moderate hypothermia on norepinephrine release evoked by ouabain, tyramine and cyanide.
    J Cardiovasc Pharmacol.  41(S1) S111-S114 2003年
  • Effects of ketamine on exocytotic and non-exocytotic noradrenaline release.
    KITAGAWA H, YAMAZAKI T, AKIYAMA T, MORI H, SUNAGAWA K
    Neurochem Int.  42(3) 261-267 2003年
  • 徐脈を呈した二次性甲状腺機能低下症の麻酔経験
    麻酔 51(10) 1111-1113 2002年
  • Modulatory effects of ketamine on catecholamine efflux from in vivo cardiac sympathetic nerve endings in cats.
    KITAGAWA H, YAMAZAKI T, AKIYAMA T, YAHAGI N, KAWADA T, MORI H, SUNAGAWA K
    Neurosci Lett.  324(3) 232-236 2002年
  • Effects of moderate hypothermia on in situ cardiac sympathetic nerve endings.
    KITAGAWA H, AKIYAMA T, YAMAZAKI T
    Neurochem Int.  40(3) 235-242 2002年
  • 智歯抜歯後に発症したCRPSの2症例
    高橋完, 北川裕利, 石井努, 岩下成人, 今宿康彦
    日本ペインクリニック学会誌 9(1) 16-19 2002年
  • 胸部大動脈瘤手術における術後覚醒時間の検討
    Cardiovascular Anesthesia 5(1) 111-115 2001年
  • Dialysate dihydroxyphenylglycol as a window for in situ axoplasmic norepinephrine disposition.
    YAMAZAKI T, AKIYAMA T, KITAGWA H, KAWADA T, SUNAGAWA K
    Neurochem Int. 38(3) 287-292 2001年
  • Effects of ketamine on in vivo cardiac sympathetic nerve endings.
    J Cardiovasc Pharmacol.  38(S1) S39-S42 2001年
  • 胸部帯状疱疹後神経痛の治療中に発見された膵癌の1症例
    ペインクリニック 22(10) 1457-1458 2001年
  • 蘇生後意識障害を呈したアルコール依存症に抗利尿ホルモン不適合症候群の合併が疑われた一症例
    高橋完, 石井努, 岡本典幸, 平崎裕二, 北川裕利
    日本集中治療医学会雑誌 7(4) 383-384 2000年
  • 胸腔鏡下温蒸留注入術の麻酔経験
    麻酔 48(5) 513-517 1999年
  • The influence of morphine on the level of consciousness in long-term sedation.
    Anesth Analg 89(5) 1329-1330 1999年
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術中における循環動態の収縮期血圧呼吸性変動(SPV)による解析
    川島晶子, 北川裕利, 奥史郎, 西川昭彦, 野坂修一
    日本臨床麻酔学会誌 18(2) 152-157 1998年
  • 低体温が心臓交感神経終末に及ぼす影響
    心臓 30(S2) 11-14 1998年
  • Myocardial interstitial noradrenaline monitoring during occlusion of inferiorvena cava in cats.
    KITAGAWA H, AKIYAMA T, YAMAZAKI T
    Acta Physiol Scand.  163(2) 173-179 1998年
  • Norepinephrine efflux evoked by potassium chloride in cat sympathetic nerves: dual mechanism of action.
    YAMAZAKI T, AKIYAMA T, KAWADA T, KITAGAWA H, TAKAUCHI Y, YAHAGI N, SUNAGAWA K
    Brain Res.  794(1) 146-150 1998年
  • 心臓交感神経刺激時の心筋間質ノルエピネフリン動態に及ぼす影響の解析
    心臓 29(S2) 43-48 1997年
  • omega-Conotoxin GVIA and desipramine insensitive norepinephrine efflux from cardiac sympathetic nerve terminal.
    YAMAZAKI T, KAWADA T, AKIYAMA T, KITAGAWA H, TAKAUCHI Y, YAHAGI N, SUNAGAWA K
    Brain Res.  761(2) 329-332 1997年
  • High-performance liquid chromatographic determination of myocardial interstitial dihydroxyphenylglycol.
    TAKAUCHI Y, KITAGAWA H, KAWADA T, AKIYAMA T, YAMAZAKI T
    J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 693(1) 218-221 1997年
  • A new, concise dialysis approach to assessment of cardiac sympathetic nerve terminal abnormalities.
    Am J Physiol.  272(3) H1182-H1187 1997年
  • 再生気管内カテーテルの断裂-気管内断端残留の一症例-
    麻酔 45(6) 756-759 1996年
  • Elevation of either axoplasmic norepinephrine or sodium level induced release of norepinephrine from cardiac sympathetic nerve terminals.
    YAMAZAKI T, AKIYAMA T, KITAGAWA H, TAKAUCHI Y, KAWADA T
    Brain Res.  737(1/2) 343-346 1996年
  • 整形外科透析症例の周術期管理-21例の検討-
    麻酔 44(4) 588-593 1995年
  • 下大静脈閉則時の心筋間質ノルエピネフリン動態の解析
    心臓HEART 27(2) 56-59 1995年
  • 出血傾向を有する長期透析患者の硬膜下血腫に対する緊急開頭術の麻酔
    多淵八千代, 北川裕利, 桑原一志, 重盛紫乃, 野坂修一, 天方義邦
    日本臨床麻酔学会誌 15(4) 351-354 1995年
  • Maximum surgical blood order schedule, Type and Screen による輸血準備量の削減-地方中規模病院における2年間の取り組み
    麻酔 44(12) 1715-1721 1995年
  • 麻酔中頚動脈洞過敏症を来した症例
    臨床麻酔 18(6) 835-836 1994年
  • 腹腔鏡下手術中の縦隔気腫と再拡張性肺水腫の発生例
    臨床麻酔 18(6) 839-840 1994年
  • 麻酔器始業前点検の新たな試み-弁のチェックについて-
    麻酔 42 1375-1377 1993年

書籍等出版物

  • トノメトリー法(JENTOW)による収縮期血圧呼吸性変動のオンライン計測とモニター化の試み
    麻酔・集中治療とテクノロジー1996 1996年

MISC

  • レミフェンタニル:私はこう使っています 症例検討 特発性側弯症
    Lisa 20(8) 782-786 2013年
  • 残存左室内血栓の検索に経食道心エコーが有用であった1症例
    麻酔 61(3) 322 2012年
  • 基礎から学ぶ麻酔科学ノート 手術ストレス・心筋保護を考慮した麻酔について
    Anet 16(3) 19-24 2012年
  • Pediatric airway scope is available for gastric tube insertion in adlut patients
    Kitagawa H., Yamazaki T., Imashuku Y.
    Journal Cardiothracic Vascular Anesthesia 26(5) 52 2012年
  • New thechnique using an Airtraq optical laryngoscope in emergencies
    Imashuku Y., Kura M., Kitagawa H., Otada H.
    Journal of clinical aneshtesia 24(1) 83-84 2012年
  • オフポンプCABG手術におけるレミフェンタニル麻酔について考える
    セミナーレポート 2011年
  • 原因不明の肺高血圧症合併妊娠帝王切開術の周術期管理にTEE(経食道心エコー)が有効であった1症例
    青井良太, 今宿康彦, 松浪薫, 北川裕利, 早藤清行, 山根哲信, 浜本徹, 辻田靖之, 江口豊, 野坂修一
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 279 2011年
  • 経食道心エコー法が重症肺血栓塞栓症の診断に有効であった1例
    ICUとCCU 35(9) 765-770 2011年
  • 右房まで進展した左腎腫瘍の摘出術の麻酔経験
    Cardiovascular Anesthesesia 15(1) 271-275 2011年
  • Nasotracheal intubation using the Airway Scope and an Endotrol tracheal tube
    KITAGAWA H, OTADA H, SUKENAGA C, KURA M, IMASHUKU Y
    Anaesthesia 66(5) 399 2011年
  • Tracheal intubation with the Airway Scope in congestive heart failure patients
    Anaesthesia and intensive care 39(4) 767 2011年
  • 全身麻酔科、覆布のかかった暗視野での静脈確保・採血にStatVeinを使ってみました
    Lisa 17(5) 490 2010年
  • 肺塞栓症、卵円孔による右左シャントを原因とする呼吸不全診断にTEEが有効であった1症例
    第55回日本集中治療医学会近畿地方会プログラム・抄録集 57-57 2010年
  • ペースメーカーリード感染に上大静脈狭窄を合併した一例
    臨床麻酔 34(11) 1779-1780 2010年
  • Airtraq optical laryngoscope has an advantage over Macintosh laryngoscope for presbyopic anaesthetists
    Anaesthesia 65(3) 309-310 2010年
  • Anesthesia with ProSeal Laryngeal Mask Airway for a Patient with Mounier-Kuhn Syndrome
    AOI R, FUKUSHIMA Y, KITAGAWA H, IMASHUKU Y
    J.Clinical Anesthesia 22(2) 154 2010年
  • The "jaw thrust" maneuver rather than the "BURP" maneuver improves the glottic view for Pentax-AWS assisted tracheal intubation in a patient with a laryngeal aperture.
    KITAGAWA H, YAMAZAKI T, IMASHUKU Y
    Can J Anesth 57(5) 517-518 2010年
  • The Parker Flex-Tip tube is useful for Airway Scope-assisted intubation
    KITAGAWA H, IMASHUKU Y, YAMAZAKI T
    J Clinical Anesthesia 22(4) 307 2010年
  • A new technique of peripheral venous access under surgical drapes in thoracic anesthesia
    KITAGAWA H, IMASHUKU Y, YAMAZAKI T
    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia 25(3) 578 2010年
  • An Indwelling Nasogastric Tube Interferes With Intubation Assisted by the Pentax Airway Scope
    YAMAZAKI T, IMASHUKU Y, KITAGAWA H
    J Cardiothorac Vasc Anesth. 25(3) 575-576 2010年
  • エアウェイスコープでスムーズに挿管ができる気管チューブの使用経験
    LiSA 16(9) 912-913 2009年
  • ディテールエイド「セボフルレンの心保護作用;メタ分析からの予後評価」
    資料小冊子 2009年
  • The Parker Flex-Tip tube is useful in a bougie-assisted endotracheal tube exchange after lung lavage
    YAMAZAKI T, IMASHUKU Y, KITAGAWA H
    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia 24(5) 901 2009年
  • Ca 2+ Entry through TRP Channels Contributes to Ca 2+ Paradox Injury in Mouse Ventricular Myocytes
     A758 2009年
  • Intravenous Bolus Injection of Landiolol Prevents Ischemia/Reperfusion Injuries in the Rat Heart
    Anesthesiology A763 2009年
  • The Direction of Double Lumen Tube for the Airway Scope Attachment
    Anesthesiology A540 2009年
  • Airway Scope Assisted Double Lumen Tube Placement with and without Tube Guidance Channel
    Anesthesiology A539 2009年
  • An Evaluation of Airwayscope-Assisted Intubation Using Parker Flex-Tip or Standard Endotracheal Tube
    Anesthesiology A537 2009年
  • 心理的影響が大きかったfailed back surgery syndrome の1症例
    ペインクリニック 26(9) 1291-1293 2005年
  • 手術室で起きる輸液・輸血の事故の現状
    オペナーシング 18(9) 918-924 2003年
  • Complex Regional Pain Syndrome Type I治療中に発見された肩腱板断裂に対する周術期管理
    臨床麻酔 27(11) 1809-1810 2003年
  • 腕神経叢ブロックによる内シャント増設後に神経障害を来した一症例
    麻酔 52(11) 1224-1226 2003年
  • Perioperative management of a patient requiring surgery for pituitary apoplexyand severe angina pectoris.
    Br J Anaesth.  85(5) 800-802 2000年
  • ICU・CCUにおけるモニタリング、動脈圧モニター(解説/特集)
    ハートナーシング 9(5) 62-67 1996年
  • 地方中規模病院における自己血輸血の取り組み
    滋賀医学 18 92-92 1995年
  • 術前検査で異常がなく麻酔導入後に洞不全症候群と判明した1症例
    麻酔 43(7) 1048-1052 1994年
  • A new leak test for specifying malfunctions in the exhalation and inhalation check valve.
    Anesth Analg.  78(3) 611 1994年
  • 精神科領域における電撃療法-Electoroconvulsive Therapyの麻酔管理-
    臨床麻酔 17(4) 491-495 1993年
  • トノメトリ法および観血的血圧測定法によるbeat-to-beat血圧値の相関性について
    日本麻酔学会関西地方会演題抄録集 B21 1993年
  • 胸腔鏡下ブラ縫縮術中に再拡張性肺水腫および縦隔気腫を生じた1症例
    日本臨床麻酔学会誌 13(5) 171-171 1993年
  • 麻酔中悪性高熱を疑われた1症例
    麻酔と蘇生 27 61-63 1992年

競争的資金

  • 麻酔薬の心臓自律神経終末機能に及ぼす影響
    :科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
  • 低体温の心臓自律神経終末機能に及ぼす影響