詳細検索はこちら

芦原 貴司

所属部署名循環器内科
職名助教
 
 
更新日: 17/09/20 14:36

研究者基本情報

氏名

    芦原 貴司

基本情報

    ハンドル:  tashihar
    科研費研究者番号:  80396259

所属(マスタ)

  • 循環器内科 助教

学歴

  • - 2002年滋賀医科大学 医学系研究科 生体代謝調節系専攻
  • - 1996年滋賀医科大学 医学部 医学科

学位

  • 博士(医学)(滋賀医科大学)

所属学協会

    日本コンピューター外科学会 , 日本医療情報学会 , 日本内科学会 , 日本循環器学会 , 日本不整脈心電学会 , 日本生体医工学会 , 日本生理学会 , 米国不整脈学会 , アジア太平洋不整脈学会 , 日本心臓病学会

委員歴

  • 2016年- 現在日本不整脈心電学会(JHRS) 本不整脈心電学会誌「心電図」編集委員会
  • 2016年08月- 現在日本不整脈心電学会(JHRS) 心電図検定ワーキンググループ・委員
  • 2016年08月- 現在日本不整脈心電学会(JHRS) 心電図検定委員会・委員
  • 2016年- 現在日本不整脈心電学会(JHRS) 健康保険委員会・委員
  • 2016年- 現在平成28年度日本生体医工学会 荻野賞選定委員会・委員
  • 2016年- 現在平成28年度日本生体医工学会 論文賞・阪本賞選定委員会委員
  • 2016年- 現在日本不整脈心電学会(JHRS) 不整脈専門医資格認定試験・問題作成医員
  • 2014年01月- 現在独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)後援事業 心臓安全性に関するシンクタンクミーティング・Computational (In silico) Safety Pharmacology WG・委員
  • 2015年07月- 2017年第64回日本不整脈心電学会(JHRS2017)/第10回アジア太平洋不整脈学会(APHRS2017)合同学術大会 組織委員・プログラム委員会委員
  • 2014年09月- 2016年08月日本不整脈心電学会(JHRS) 日本心電学会誌「心電図」編集委員会・委員
  • 2013年10月- 2016年08月日本不整脈心電学会(JHRS) 心電図検定ワーキンググループ・委員
  • 2015年10月- 2016年平成27年度日本生体医工学会 論文賞・阪本賞選定委員会委員
  • 2015年02月- 2015年03月経済産業省:医療機器等の開発・実用化促進のためのガイドライン策定事業 ナビゲーション医療分野PDT機器開発WG・委員
  • 2013年09月- 2015年03月厚生労働省・経済産業省連携事業 次世代医療機器評価指標作成事業・心臓カテーテルアブレーション審査WG・委員
  • 2014年01月- 2015年日本コンピュータ外科学会(JSCAS) 将来構想委員会・委員
  • 2012年10月- 2013年10月第6回アジア太平洋不整脈学会(APHRS2013) 組織委員
  • 2011年10月- 2012年10月第5回アジア太平洋不整脈学会(APHRS2012) 組織委員
  • 2011年09月- 2014年08月日本心電学会(JSE) 技術・機器精度委員会・委員
  • 2010年06月- 2011年09月第4回アジア太平洋不整脈学会(APHRS2011) 組織委員
  • 2009年11月- 2010年12月日本心電学会(JSE) 日本不整脈学会(JHRS)統合WG・委員
  • 2008年01月- 2010年12月日本心電学会(JSE) 将来構想委員会・委員

経歴

  • 2017年- 現在滋賀医科大学 循環器内科・不整脈センター(講師)
  • 2016年- 現在滋賀医科大学 医療情報部(兼任)
  • 2012年滋賀医科大学 循環器内科・不整脈センター(学内講師)
  • 2007年滋賀医科大学 循環器内科・不整脈センター(助教)
  • 2005年滋賀医科大学 循環器内科・不整脈センター(助手)
  • 2004年京都大学大学院 医学研究科 細胞機能制御学(助手相当研究員)
  • 2002年「米国留学」Tulane大学コンピュータ心臓電気生理研(ポスドク)
  • 2002年滋賀医科大学 循環器内科(医員)
  • 1996年滋賀医科大学 卒、第一内科 入局(医員研修医)
  • 1998年国立循環器病センター研究所(任意研修生)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 循環器内科学
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
  • 人間医工学 / 医用システム
  • 情報学 / 計算機システム・ネットワーク
  • 情報学 / 生体生命情報学
  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学)

研究キーワード

    循環器内科 , 不整脈 , 医用生体工学 , コンピュータシミュレーション

論文

  • Significance of integrated in silico transmural ventricular wedge preparation models of human non-failing and failing hearts for safety evaluation of drug candidates.
    Kubo T, Ashihara T, Tsuboutchi T, Horie M
    J Pharmacol Toxicol Methods. 83 30-41 2017年08月 [査読有り]
  • Early repolarization and risk of arrhythmia events in long QT syndrome.
    Hasegawa K, Watanabe H, Hisamatsu T, Ohno S, Itoh H, Ashihara T, Hayashi H, Makiyama T, Minamino T, Horie T
    International Journal of Cardiology. 223 540-542 2016年11月 [査読有り]
  • 連載「モデル解析の交差点」:第2回「スパイラルリエントリーの局所電位波形に迫る話」.
    芦原 貴司
    心電図. 36(3) 225-231 2016年10月
  • 連載「モデル解析の交差点」:第1回「スパイラルリエントリーとそのコアに迫る話」.
    芦原 貴司
    心電図 36(2) 131-136 2016年06月
  • ヒトiPS細胞から成熟した心筋細胞の開発と安全性評価への応用
    諫田泰成,芦原貴司,黒川洵子
    日本薬理学雑誌 147(6) 334-338 2016年06月
  • Splicing misregulation of SCN5A contributes to cardiac-conduction delay and heart arrhythmia in myotonic dystrophy.
    Freyermuth F, Rau F, Kokunai Y, Linke T, Sellier C, Nakamori M, Kino Y, Arandel L, Jollet A, Thibault C, Philipps M, Vicaire S, Jost B, Udd B, Day JW, Duboc D, Wahbi K, Matsumura T, Fujimura H, Mochizuki H, Deryckere F, Kimura T, Nukina N, Ishiura S, Lacroix V, Campan-Fournier A, Navratil V, Chautard E, Auboeuf D, Horie M, Imoto K, Lee K-Y, Swanson MS, de Munain AL, Inada S, Itoh H, Nakazawa K, Ashihara T, Wang E, Zimmer T, Furling D, Takahashi MP, Charlet-Berguerand N
    Nature Communications 7 11067 2016年04月 [査読有り]
  • 座談会:継往開来:先人たちの偉業を継続・発展,さらなる開拓へ
    井上 博,古川哲史,芦原貴司,池田隆徳
    心電図 34(4) 303-319 2016年01月
  • High frequency of early repolarization and Brugada-type electrocardiograms in hypercalcemia.
    Sonoda K, Watanabe H, Hisamatsu T, Ashihara T, Ohno S, Hayashi H, Horie M, Minamino T
    Annals of Noninvasive Electrocardiology (Ann Noninvasive Electrocardiol) 21(1) 30-40 2015年08月 [査読有り]
  • Genotype-dependent differences in age of manifestation and arrhythmia complications in short QT syndrome.
    Harrell DT, Ashihara T, Ishikawa T, Tominaga I, Mazzanti A, Takahashi K, Oginosawa Y, Abe H, Maemura K, Sumitomo N, Uno K, Takano M, Priori SG, Makita N
    International Journal of Cardiology. 190 393-402 2015年07月 [査読有り]
  • 連載「モデル解析の視点」:第10回「電気ショックは二相性よりも多相性…その直感はあたっているのか?」
    芦原貴司
    心電図 34(4) 403-408 2015年03月
  • FSKイオンチャネルモデルを用いた心臓興奮伝播の機能的シミュレーション
    中沢一雄,稲田 慎,原口 亮,相庭武司,池田隆徳,芦原貴司
    生体医工学 53(3) 151-159 2015年
  • ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートの不整脈研究への応用可能性:in silico不整脈学の観点から
    芦原貴司,黒川洵子,諫田泰成,原口 亮,稲田 慎,中沢一雄,堀江 稔
    生体医工学 53(3) 100-105 2015年
  • コンピュータシミュレーションによるプルキンエ線維起源の心室性不整脈発生機序の検討.
    稲田 慎,Harrell DT,原口 亮,芦原貴司,蒔田直昌,中沢一雄
    生体医工学 53(3) 106-114 2015年
  • Shape Matching法による心臓拍動のビジュアルシミュレーション
    井尻 敬,芦原貴司,梅谷信行,小山裕己,五十嵐健夫,原口 亮,横田秀夫,中沢一雄
    生体医工学 53(3) 130-137 2015年
  • セッション2-1 ICH S7Bに関する今後の展望:新しいパラダイムの主な方向:In silicoによる心臓安全性薬理評価
    芦原貴司
    心電図 34(3) 291-296 2014年12月
  • 霧島会議の総括および今後の展望:コンピュータ(in silico)安全性薬理学ワーキンググループ報告:医薬品安全性評価におけるin silicoアプローチの可能性について考える.
    黒川洵子,古谷和春,中谷晴昭,芦原貴司,久田俊明,杉浦清了,岡田純一,田保充康,吉永貴志
    心電図 34(3) 326-329 2014年12月
  • Ischemia-related subcellular redistribution of sodium channels enhances the proarrhythmic effect of class I antiarrhythmic drugs: A simulation study.
    Tsumoto K, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Kurachi Y
    PLoS ONE 9(10) e109271 2014年10月 [査読有り]
  • An autopsic examination case of diagnosed Brugada syndrome.
    Furukawa S, Morita S, Okunaga H, Wingenfeld L, Takaya A, Nakagawa T, Sakaguchi I, Yamamoto Y, Ashihara T, Horie M, Nishi K, Hitosugi M
    American Journal of Internal Medicine (AJIM). 2(4) 79-82 2014年08月 [査読有り]
  • Self-terminated long-lasting ventricular fibrillation: What is the mechanism?
    Konishi S, Minaguchi H, Masuda M, Ashihara T, Okuyama Y, Ohtani T, Sakata Y
    Journal of Cardiology Cases. 10(4) 136-139 2014年08月
  • Long-term pharmacological therapy of Brugada syndrome: Is J-wave attenuation a marker of drug efficacy?
    Hasegawa K, Ashihara T, Kimura H, Jo H, Itoh H, Yamamoto T, Aizawa Y, Horie M
    Inernal Medicine. 53(14) 1523-1526 2014年07月 [査読有り]
  • 特集「イオンチャネル病のすべて」:コンピュータシミュレーションと遺伝性不整脈
    芦原貴司
    医学のあゆみ(Suppl.1) 16-24 2014年05月
  • 慢性心房細動のインシリコ研究
    芦原貴司
    京滋奈良ハートリズム研究会:不整脈ニュース 6 1-4 2014年05月
  • 連載「モデル解析の視点」:第8回「3次元心室モデルが語る二相性ショックの優位性」
    芦原貴司
    心電図 33(5) 437-441 2014年03月
  • TECH PLUS: In silico心室筋モデルにより検討したiPS細胞由来心筋細胞シートの応用可能性.
    芦原貴司
    不整脈+PLUS 8 12-13 2014年03月
  • A novel KCNQ1 missense mutation identified in a patient with Juvenile-onset atrial fibrillation causes constitutively open IKs channels.
    Hasegawa K, Ohno S, Ashihara T, Itoh H, Ding WG, Toyoda F, Makiyama T, Aoki H, Nakamura Y, Delisle BP, Matsuura H, Horie M
    Heart Rhythm 11(1) 67-75 2014年01月 [査読有り]
  • 連載「モデル解析の視点」:第9回「二相性ショックの優位性という摩訶不思議なパズルの最後のピース」
    芦原貴司
    心電図 34(1) 29-34 2014年
  • Symposia:構造的リモデリング下の心房筋における興奮伝播のシミュレーション
    芦原貴司
    日本生理学雑誌 76(1 Pt 2) 16-17 2014年
  • 漢方活用の現場:QT延長を来しうる不整脈患者の花粉症に対する漢方薬治療
    芦原貴司
    漢方医学 38(1) 50-53 2014年
  • 連載「モデル解析の視点」:第7回「二相性ショックの理解におけるコペルニクス的転回」
    芦原貴司
    心電図 33(3) 217-221 2013年12月
  • 特集「致死性不整脈診療の最前線」:致死性不整脈疾患への新たなアプローチ法:コンピュータシミュレーション:不整脈治療へ向けた新たなアプローチ.
    芦原貴司
    最新医学 68(7) 29-38-81531-1540) 2013年07月
  • 特集「イオンチャネル病のすべて」:コンピュータシミュレーションと遺伝性不整脈.
    芦原貴司
    医学のあゆみ 245(9) 710-718 2013年06月
  • 特集「不整脈の診断と治療:ここまできたテクニックとテクノロジー」:不整脈診断のためのコンピュータシミュレーション解析
    芦原貴司
    循環器内科 73(5) 507-513 2013年05月
  • Flecainide reduces ventricular arrhythmias via a mechanism that differs from that of b-blockers in catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia.
    Dochi K, Watanabe H, Kawamura M, Miyamoto A, Ozawa T, Nakazawa Y, Ashihara T, Ohno S, Hayashi H, Ito M, Sakazaki H, Kawata H, Ushinohama H, Kaszynski RH, Minamoto T, Sumitomo N, Shimizu W, Horie M
    Journal of Arrhythmia 29(5) 255-260 2013年03月 [査読有り]
  • 心房細動と心原性脳塞栓症の最近の話題
    芦原貴司
    大津市医師会誌 36(2) 7-10-(83-86) 2013年
  • Prevalence and prognosis of patients with lone and paroxysmal atrial tachyarrhythmias showing Brugada-type electrocardiograms after class IC antiarrhythmic drug administration but no risk-stratifying factors.
    Abe A, Fujino T, Fukunaga S, Yuzawa H, Sato H, Suzuki T, Kobayashi K, Okano Y, Nakamura K, Yusu S, Yoshino H, Ashihara T, Nakazawa K, Ikeda T
    Journal of Arrhythmia. 29(2) 138-142 2013年 [査読有り]
  • 連載「モデル解析の視点」:第6回「電気的除細動における心室微細構造の想定外の膜電位変化に迫る」
    芦原貴司
    心電図 33(2) 115-119 2013年
  • Simulation study of complex action potential conduction in atrioventricular node.
    Inada S, Ono T, Shibata N, Iwata M, Haraguchi R, Ashihara T, Mitsui K, Boyett MR, Dobrzynski H, Nakazawa K
    Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 8 6850-6853 2013年
  • 連載「モデル解析の視点」:第5回「プルキンエ線維は電気的除細動の成否に関与するのかしないのか?」
    芦原貴司
    心電図 33(1) 89-92 2013年
  • 連載「モデル解析の視点」:第4回「トンネル伝播仮説で電気的除細動の強度−反応曲線を説明できるか?」
    芦原貴司
    心電図 32(5) 443-447 2013年
  • Modeling defibrillation of the heart: Approaches and insights.
    Trayanova N, Constantino J, Ashihara T, Plank G
    IEEE Reviews in Biomedical Engineering. 4 89-102 2012年11月
  • The role of fibroblasts in complex fractionated electrograms during persistent/permanent atrial fibrillation: Implications for electrogram-based catheter ablation.
    Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Namba T, Ikeda T, Nakazawa Y, Ozawa T, Ito M, Horie M, Trayanova NA
    Circulation Research (Circ Res). 110(2) 275-284 2012年01月 [査読有り]
  • 平成二十三年度各賞受賞者紹介:荻野賞
    芦原貴司
    生体医工学 50(6) 716-717 2012年
  • 連載「モデル解析の視点」:第3回「心室壁内部の分極を可視化して電気的除細動のメカニズムに迫る」
    芦原貴司
    心電図 32(4) 363-366 2012年
  • interview:研究の窓辺.
    芦原貴司
    血圧 19(12) 110-111 2012年
  • 連載「モデル解析の視点」:第2回「電気的除細動において心室壁の内部は分極するのかしないのか?」
    芦原貴司
    心電図 32(3) 249-252 2012年
  • KCNE3 T4A as a genetic background of Brugada-pattern electrocardiogram.
    Nakajima T, Wu J, Kaneko Y, Ashihara T, Ohno S, Irie T, Ding WG, Matsuura H, Kurabayashi M, Horie M
    Circulation Journal 76(12) 2763-2772 2012年 [査読有り]
  • Pharmacological blockade of IKs destabilizes spiral-wave reentry under β-adrenergic stimulation in favor of its early termination.
    Kato S, Honjo H, Takemoto Y, Takanari H, Suzuki T, Okuno Y, Opthof T, Sakuma I, Inada S, Nakazawa K, Ashihara T, Kodama I, Kamiya K
    Journal of Pharmacological Sciences (J Pharmacol Sci). 119(1) 52-63 2012年 [査読有り]
  • J波を伴う特発性心室細動におけるデバイス治療の工夫と有効性:心室細動のトリガーとなる心室期外収縮の抑制について
    八尾武憲,水澤有香,中澤優子,宮本 証,伊藤英樹,芦原貴司,杉本喜久,伊藤 誠,堀江 稔
    心電図 32(Suppl.1) 51-57 2012年 [査読有り]
  • 連載「モデル解析の視点」:第1回「電気的除細動では心臓全体が脱分極してリセットされるのか?」
    芦原貴司
    心電図 32(2) 161-164 2012年
  • 心房細動の診断と治療
    芦原貴司
    大津市医師会誌 35(2) 13-17-(89-93) 2012年
  • A kinematic approach for efficient and robust simulation of cardiac beating motion.
    Ijiri T, Ashihara T, Umetani N, Igarashi T, Haraguchi R, Yokota H, Nakazawa K
    PLoS ONE 7(5) e36706 2012年 [査読有り]
  • Regional cooling facilitates termination of spiral-wave reentry through unpinning of rotors in rabbit hearts.
    Yamazaki M, Honjo H, Ashihara T, Harada M, Sakuma I, Nakazawa K, Trayanova N, Horie M, Kalifa J, Jalife J, Kamiya K, Kodama I
    Heart Rhythm. 9(1) 107-114 2012年 [査読有り]
  • Bepridil facilitates early termination of spiral-wave reentry in two-dimensional cardiac muscle through an increase of intercellular electrical coupling.
    Takanari H, Honjo H, Takemoto Y, Suzuki T, Kato S, Harada M, Okuno Y, Ashihara T, Opthof T, Sakuma I, Kamiya K, Kodama I
    Journal of Pharmacological Sciences (J Pharmacol Sci). 115(1) 15-26 2011年12月 [査読有り]
  • 特集「循環器疾患の遺伝子診断と発症機序解明への多面的アプローチ」:システムバイオロジーと遺伝性不整脈.
    芦原貴司
    循環器内科 70(5) 483-492 2011年11月
  • Transmural dispersion of repolarization determines scroll wave behavior during ventricular tachyarrhythmias.
    Haraguchi R, Ashihara T, Namba T, Tsumoto K, Murakami S, Kurachi Y, Ikeda T, Nakazawa K
    Circulation Journal. 75(1) 80-88 2011年11月 [査読有り]
  • Identification and functional characterization of KCNQ1 mutations around the exon7-intron7 junction affecting the splicing process.
    Tsuji-Wakisaka K, Akao M, Ishii TM, Ashihara T, Makiyama T, Ohno S, Toyoda F, Dochi K, Matsuura H, Horie M
    BBA - Molecular Basis of Disease 1812(11) 1452-1459 2011年07月 [査読有り]
  • 不整脈研究の最先端:コンピュータシミュレーションの不整脈研究への応用
    芦原貴司
    医学のあゆみ(Suppl.1) 30-37 2011年07月
  • 特集「循環器系のシミュレーション医学」:バイドメインモデルによる電気的除細動メカニズムの研究
    芦原貴司
    医学のあゆみ 238(3) 229-236 2011年07月
  • Roles of subcellular Na+ channel distributions in the mechanism of cardiac conduction.
    Tsumoto K, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Kurachi Y
    Biophysical Journal. 100(3) 554-563 2011年02月 [査読有り]
  • Sketch-based dynamic illustration of fluid systems.
    Zhu B, Iwata M, Haraguchi R, Ashihara T, Umetani N, Igarashi T, Nakazawa K
    ACM Transactions on Graphics. 30(6) 134 2011年 [査読有り]
  • Editorial Comment:イベントレコーダーの費用対効果とその解釈
    芦原貴司
    心電図 30(3) 225-226 2010年08月
  • 特集「ここまで進んだ:不整脈研究の最新動向」:不整脈研究の最先端:コンピュータシミュレーションの不整脈研究への応用.
    芦原貴司
    医学のあゆみ 234(6) 644-651 2010年08月
  • ザナミビルに麻黄湯を併用し緩徐な解熱が得られた小児インフルエンザの1症例.
    芦原貴司
    漢方医学 34(2) 115-117-(201-203) 2010年04月
  • Tunnel propagation following defibrillation with ICD shocks: Hidden postshock activations in the left ventricular wall underlie isoelectric window.
    Constantino J, Long Y, Ashihara T, Trayanova NA
    Heart Rhythm 7(7) 953-961 2010年03月 [査読有り]
  • 学会レポート 第27回日本心電学会学術集会
    心電図 30 432-439 2010年
  • 肺静脈隔離手術後の心房細動再発検出における携帯型心電機の有用性。
    心電図 30(S-1) 71 2010年
  • 心臓モデリングとコンピュータシミュレーションが導く不整脈研究の世界
    中沢一雄,原口 亮,芦原貴司,難波経豊,戸田 直,山口 豪,井尻 敬,高山健志,五十嵐健夫,倉智嘉久,池田隆徳
    心臓 42(Suppl.4) 208-215 2010年
  • A novel KCNH2 mutation as a modifier for short QT interval.
    Itoh H, Sakaguchi T, Ashihara T, Ding WG, Nagaoka I, Oka Y, Nakazawa Y, Yao T, Jo H, Ito M, Nakamura K, Ohe T, Matsuura H, Horie M
    International Journal of Cardiology. 137(1) 83-85 2009年08月 [査読有り]
  • Latent genetic backgrounds and molecular pathogenesis in drug-induced long-QT syndrome.
    Itoh H, Sakaguchi T, Ding WG, Watanabe E, Watanabe I, Nishio Y, Makiyama T, Ohno S, Akao M, Higashi Y, Zenda N, Kubota T, Mori C, Okajima K, Haruna T, Miyamoto A, Kawamura M, Ishida K, Nagaoka I, Oka Y, Nakazawa Y, Yao T, Jo H, Sugimoto Y, Ashihara T, Hayashi H, Ito M, Imoto K, Matsuura H, Horie M
    Circulation: Arrhythmia and Electrophysiology. 2(5) 511-523 2009年08月 [査読有り]
  • Dose-response effects of bepridil in patients with persistent atrial fibrillation monitored with transtelephonic electrocardiograms: a multicenter, randomized, placebo-controlled,double-blind study (J-BAF Study).
    Yamashita T, Ogawa S, Sato T, Aizawa Y, Atarashi H, Fujiki A, Inoue H, Ito M, Katoh T, Kobayashi Y, Koretsune Y, Kumagai K, Niwano S, Okazaki O, Okumura K, Saku K, Tanabe T, Origasa H; J-BAF Investigators. Collaborators: Okumura K, Iwasa A, Kimura M, Ogawa S, Katoh T, Kobayashi Y, Miyauchi Y, Iwasaki YK, Atarashi H, Kodani E, Matsumoto M, Yamashita T, Sagara K, Ohtsuka T, Kobayashi Y, Asano T, Kawamura M, Okazaki O, Tanabe T, Yoshioka K, Deguchi Y, Niwano S, Yuge M, Aizawa Y, Furushima H, Fujiki A, Mizumaki K, Ito M, Ashihara T, Itoh H, Sugimoto Y, Koretsune Y, Saku K, Naomichi M, Yasuda T
    Circulation Journal 73(6) 1020-1027 2009年04月 [査読有り]
  • Endothelin-1 as a predictor of atrial fibrillation recurrence after pulmonary vein isolation.
    Nakazawa Y, Ashihara T, Tsutamoto T, Ito M, Horie M
    Heart Rhythm 6(6) 725-730 2009年02月 [査読有り]
  • 光学計測を用いた低温除細動における仮想電極誘発興奮伝播現象の解析
    荒船龍彦,佐久間一郎,柴田仁太郎,芦原貴司,中沢一雄,本荘晴朗,神谷香一郎,児玉逸雄
    生体医工学 47(6) 514-521 2009年06月 [査読有り]
  • 致死的不整脈のin silico研究:心臓電気生理の理解を深めるために
    芦原貴司
    臨牀と研究 86(6) 803-809 2009年05月
  • 当院における致死的不整脈と心房細動に対するアミオダロンの使用状況:低用量アミオダロンの有用性について
    城日加里,芦原貴司,八尾武憲,伊藤英樹,中澤優子,北川直孝, 杉本喜久,蔦本尚慶,伊藤 誠,堀江 稔
    Progress in Medicine 29(Suppl.1) 703-707 2009年04月
  • Optical mappingによるspiral waveの解析
    荘晴朗,山崎正俊,石黒有子,神谷香一郎,佐久間一郎,芦原貴司,堀江 稔,児玉逸雄
    心電図 29(3) 231-235 2009年03月
  • Dynamic change in ST-segment and spontaneous occurrence of ventricular fibrillation in Brugada syndrome with a novel nonsense mutation in the SCN5A gene during long-term follow-up.
    Kawamura M, Ozawa T, Yao T, Ashihara T, Sugimoto Y, Yagi T, Itoh H, Ito M, Makiyama T, Horie M
    Circulation Journal. 73(3) 584-588 2009年12月 [査読有り]
  • クレフト電位仮説に基づいた貫壁性心室較差の再現.
    鈴木慎悟,芦原貴司,原口 亮,津元国親,村上慎吾,倉智嘉久,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 108(479) 83-88 2009年02月
  • 心筋症に伴う不整脈薬物療法:アミオダロン療法を中心に
    芦原貴司
    循環器科 65(3) 309-318 2009年01月
  • Hydroxyzine, a first generation H1-receptor antagonist, inhibits human ether-a-go-go–related gene (HERG) current and causes syncope in a patient with the HERG mutation.
    Sakaguchi T, Itoh H, Ding WG, Tsuji K, Nagaoka I, Oka Y, Ashihara T, Ito M, Yumoto Y, Zenda N, Higashi Y, Takeyama Y, Matsuura H, Horie M
    Journal of Pharmacological Sciences (J Pharmacol Sci). 108(4) 462-471 2008年12月 [査読有り]
  • 特集「新時代の不整脈診療:突然死をいかにして防ぐか:突然死と不整脈の関連性:知っておくべきポイント」:心不全管理の重要性を知る.
    芦原 貴司
    内科 102(3) 452-458 2008年10月
  • A sketch-based interface for modeling myocardial fiber orientation that considers the layered structure of the ventricles.
    Takayama K, Ashihara T, Ijiri T, Igarashi T, Haraguchi R, Nakazawa K
    The Journal of Physiological Sciences (JPS). 58(7) 487-492 2008年10月 [査読有り]
  • A procedural method for modeling the purkinje fibers of the heart.
    Ijiri T, Ashihara T, Yamaguchi T, Takayama K, Igarashi T, Shimada T, Namba T, Haraguchi R, Nakazawa K
    The Journal of Physiological Sciences (JPS). 58(7) 481-486 2008年10月 [査読有り]
  • Mutation site dependent variability of cardiac events in Japanese LQT2 form of congenital long-QT syndrome.
    Nagaoka I, Shimizu W, Itoh H, Yamamoto S, Sakaguchi T, Oka Y, Tsuji K, Ashihara T, Ito M, Yoshida H, Ohno S, Makiyama T, Miyamoto Y, Noda T, Kamakura S, Akao M, Horie M
    Circulation Journal. 72(5) 694-699 2008年05月 [査読有り]
  • Age- and genotype-specific triggers for life-threatening arrhythmia in the genotyped long-QT syndrome.
    Sakaguchi T, Shimizu W, Itoh H, Noda T, Miyamoto Y, Nagaoka I, Oka Y, Ashihara T, Ito M, Tsuji K, Ohno S, Makiyama T, Kamakura S, Horie M
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 19(8) 794-799 2008年05月 [査読有り]
  • Tunnel propagation of postshock activations as a hypothesis for fibrillation induction and isoelectric window.
    Ashihara T, Constantino J, Trayanova NA
    Circulation Research (Circ Res). 102(6) 737-745 2008年01月 [査読有り]
  • 定検で心筋梗塞を疑われ,治療後に著明な心機能の改善を認めた1例
    富田耕彬,伊藤 誠,芦原貴司
    滋賀医学 27 152 2008年12月
  • 3次元心室壁モデルにおけるスパイラルリエントリーのin silicoフィラメント動態解析:致死的不整脈防御機構としての心室較差の電気生理学的意義
    原口 亮,芦原貴司,藤堂貴弘,難波経豊,村上慎吾,倉智嘉久,中沢一雄
    生体医工学 46(6) 660-666 2008年11月 [査読有り]
  • コンピュータシミュレーションによる心室細動の維持機序の解析:心室細動のcritical mass仮説の解析
    戸田 直,芦原貴司,渡辺 淳,白土邦夫,池田隆徳,中沢一雄
    心電図 28(4) 263-272 2008年09月 [査読有り]
  • フィラメントの挙動から見たスパイラルリエントリーの持続性の判定に関する研究.
    藤堂貴弘,原口 亮,難波経豊,八尾武憲,芦原貴司,東 将浩,稲田 紘,倉智嘉久,中沢一雄
    生体医工学 46 485-486 2008年08月 [査読有り]
  • 頻脈性不整脈の興奮伝播ダイナミクスにおける心室較差の役割
    原口 亮,芦原貴司,八尾武憲,藤堂貴弘,難波経豊,村上慎吾,倉智嘉久,中沢一雄
    生体医工学 46 480-481 2008年07月 [査読有り]
  • 光学計測を用いた仮想電極分極現象誘発Spiral Reentryの解析
    後藤 萌,山口喬弘,佐久間一郎,荒船龍彦,柴田仁太郎,芦原貴司,本荘晴朗,神谷香一郎,児玉逸雄
    生体医工学 46 349 2008年06月 [査読有り]
  • 光学マッピングを用いた冷却心筋における通電刺激誘発仮想電極分極現象の解析
    荒船龍彦,山口喬弘,佐久間一郎,柴田仁太郎,芦原貴司,中沢一雄,本荘晴朗,神谷香一郎,児玉逸雄
    生体医工学 46 280-281 2008年05月 [査読有り]
  • 臨床応用を見据えた心臓不整脈のシミュレーション
    芦原貴司
    日本医用画像工学会誌 26(2) 93-98 2008年02月
  • ヒト慢性心房細動に対するマルチチャネル遮断薬の効果に関するin silico研究
    芦原貴司,八尾武憲,原口 亮,中沢一雄,藤堂貴弘,難波経豊,池田隆徳,伊藤 誠,堀江 稔
    生体医工学 46 224-225 2008年04月 [査読有り]
  • 心房筋リモデリングを考慮したヒト心房細動in silicoモデルにおけるアミオダロンの短期作用と長期作用
    芦原貴司,八尾武憲,中澤優子,城日加里,伊藤英樹,杉本喜久,伊藤 誠,堀江 稔,原口 亮,中沢一雄,難波経豊,池田隆徳
    基礎・治療 28(Suppl.1) 562-567 2008年
  • Moderate hypothermia increases the chance of spiral wave collision in favor of self-termination of ventricular tachycardia/fibrillation.oderate hypothermia increases the chance of spiral wave collision in favor of self-termination of ventricular tachycar
    Harada M, Honjo H, Yamazaki M, Nakagawa H, Ishiguro Y, Okuno Y, Ashihara T, Sakuma I, Kamiya K, Kodama I
    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology (AJPHCP). 294(4) H1896-H1905 2008年01月 [査読有り]
  • Editorial Comment:携帯型心電計のさらなる普及へ向けて
    芦原貴司
    心電図 28(3) 233-234 2008年03月
  • 特集「研修医のための心電図のよみ方入門」:心電図所見の記載のポイント
    芦原貴司
    レジデントノート 9(3) 392-398 2007年06月
  • Identification of local myocardial repolarization time by bipolar electrode potential.
    Namba T, Todo T, Yao T, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Ikeda T, Ohe T
    Journal of Electrocardiology 40(Suppl.6) S97-S102 2007年05月 [査読有り]
  • Development of graphical interface for modeling excitation map in the electrophysiological heart simulator.
    Namba T, Haraguchi R, Igarashi T, Owada S, Yao T, Ashihara T, Todo T, Ikeda T Nakazawa K
    Proceedings of 2007 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering. 168-171 2007年01月
  • Development of “Cardiac Arrhythmia Risk Evaluation” system based on computer simulation.
    Todo T, Haraguchi R, Namba T, Yao T, Ashihara T, Higashi M, Inada H, Nakazawa K
    Proceedings of 2007 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering. 182-185 2007年02月
  • 特集「不整脈の識別とケア」:不整脈治療の種類とそれぞれの意義について
    芦原貴司
    臨牀看護 33(8) 1192-1199 2007年08月
  • A paradoxical effect of lidocaine for the N406S mutation of SCN5A associated with Brugada syndrome
    Itoh H, Tsuji K, Sakaguchi T, Nagaoka I, Oka Y, Nakazawa Y, Yao T, Jo H, Ashihara T, Ito M, Horie M, Imoto K
    Int J Cardiol 121(3) 239-248 2007年04月 [査読有り]
  • フィラメントの挙動に基づくスパイラルリエントリの持続および消滅の判定についての検討
    藤堂貴弘,原口 亮,難波経豊,八尾武憲,芦原貴司,東 将浩,稲田 紘,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 107(409) 13-16 2007年11月
  • 特集「不整脈研究の最新動向」:生体シミュレーションの不整脈研究への応用.
    芦原貴司
    医学のあゆみ 特集「不整脈研究の最新動向」(Suppl.1) 25-30 2007年04月
  • 肺静脈隔離術後患者における心房細動の早期再発パターンと自覚症状ーイベント心電図による検討
    中澤優子,芦原貴司,稲垣菊代,八尾武憲,城日加里,伊藤英樹,杉本喜久,伊藤 誠,堀江 稔
    心電図 27(6) 657-659 2007年10月 [査読有り]
  • 右室心外膜の局所遅延伝導が心電図の右側胸部誘導に及ぼす影響:シミュレーションによる検討
    難波経豊,藤堂貴弘,八尾武憲,芦原貴司,原口 亮,中沢一雄,池田隆徳,大江 透
    心臓 39(Suppl.1) 57-61 2007年02月
  • スーパーコンピュータ上の仮想心臓モデルによる心室細動発生機構の検討
    中沢一雄,原口 亮,内藤博昭,清水 渉,東 将浩,芦原貴司,難波経豊,八尾武憲,池田隆徳
    心電図 27(2) 129-139 2007年03月
  • チャネル病の修飾因子:総論
    伊藤英樹,牧山 武,辻 啓子,坂口知子,長岡伊織,岡 優子,芦原貴司,伊藤 誠,大野聖子,赤尾昌治,堀江 稔
    心臓 39(6) 576-579 2007年06月
  • 肺静脈隔離術後における心房細動再発と自覚症状:携帯型心電計による検討
    芦原貴司,中澤優子,八尾武憲,城日加里,伊藤英樹,杉本喜久,伊藤 誠,堀江 稔
    心電図 27(4) 307-316 2007年09月 [査読有り]
  • 心筋リアノジン受容体の遺伝子変異(I4587V)を有したカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の1成人症例
    道智賢市,松本祐一,長岡伊織,伊藤 誠,芦原貴司,伊藤英樹,八尾武憲,坂口知子,中澤優子,岡 優子,辻 啓子,堀江 稔
    心電図 27(3) 246-252 2007年07月 [査読有り]
  • Microvolt T wave alternansが反映する心室性不整脈発生基質ーコンピュータシミュレーションによる基礎的検討ー
    Ashihara T, Yao T, Ito M, Horie M, Namba T, Haraguchi R, Nakazawa K, Ikeda T
    日本心臓財団.心臓 39(Suppl.1) 14-19 2007年01月
  • 不整脈研究の最新動向:不整脈研究の最先端:生体シミュレーションの不整脈研究への応用
    医学のあゆみ Suppl 25-30 2007年
  • 心房筋リモデリングを考慮したヒト心房細動in silicoモデルにおけるアミオダロンの急性効果と慢性効果
    第12回アミオダロン研究会 2007年
  • 不整脈の識別とケア:不整脈治療の種類とそれぞれの意義について
    臨牀看護 33(8) 1192-1199 2007年
  • Left ventricular involvement in arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy demonstrated by multidetector-row computed tomography.
    Matsuo S, Sato Y, Nakae I, Masuda D, Yomota M, Ashihara T, Horie M
    Int J Cardiol 115(3) e129-131 2007年03月 [査読有り]
  • The influence of activation time on contraction force of myocardial tissue: A simulation study.
    Lu J, Nishi T, Ashihara T, Schnider N, Amano A, Matsuda T, Kotera H
    Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc 1 2900-2903 2006年01月 [査読有り]
  • 特集「不整脈研究の最新動向」:生体シミュレーションの不整脈研究への応用
    芦原貴司
    医学のあゆみ 特集「不整脈研究の最新動向」. 217(6) 623-628 2006年05月
  • 患者個別の特性を反映させた致死性不整脈発生危険予測シミュレーションのための技術開発
    原口 亮,五十嵐健夫,大和田茂,八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,藤堂貴弘,池田隆徳,中沢一雄
    医療情報学連合大会論文集 26(Suppl.1) 635-636 2006年04月
  • コンピュータシミュレーションによる不整脈発生危険予測システムの開発の試み
    藤堂貴弘,原口 亮,八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,永田 啓,東 将浩,稲田 紘,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 106(330) 5-8 2006年08月
  • 心室筋興奮到達時間の組織収縮力への影響:シミュレーションによる解析
    陸 建銀,西 俊文,芦原貴司,シュナイダーナタリー,天野 晃,松田哲也,小寺秀俊,野間昭典
    生体医工学 44(1) 170-176 2006年02月 [査読有り]
  • 心房細動の興奮伝播に対するアミオダロンの急性効果:電極マッピングからランダムリエントリーを自動で可視化するアルゴリズムの開発も含めて.
    難波経豊,八尾武憲,芦原貴司,原口 亮,中沢一雄,大江 透,池田隆徳
    基礎・治療 26(Suppl.1) 1409-1413 2006年06月
  • Gender and Age Effects on Ventricular Repolarization Abnormality in Japanese General Carriers of a G643S Common Single Nucleotide Polymorphism for the KCNQ1 Gene.
    Ozawa T, Ito M, Tamaki S, Yao T, Ashihara T, Kita Y, Okamura T, Ueshima H, Horie M
    Circulation Journal 70(6) 645-650 2006年02月 [査読有り]
  • 三尖弁輪とHis束部直近との2カ所の起源を有し頻拍時に心房波に先行するPrepotentialを認めたATP感受性心房頻拍の1例.
    伊藤 誠,小澤友哉,芦原貴司,八尾武憲,杉本喜久,八木崇文,堀江 稔
    臨床心臓電気生理 29 115-123 2006年03月 [査読有り]
  • Point of View:細胞外刺激による心筋反応のバイドメインモデルシミュレーション:ペーシング刺激から電気的除細動まで
    芦原貴司,難波経豊,中沢一雄
    心電図 26(2) 175-182 2006年01月
  • 心筋Naチャネルの抗不整脈薬結合関連部位に遺伝子変異を認めたBrugada症候群の薬剤負荷試験と抗不整脈治療
    伊藤英樹,坂口知子,辻 啓子,岡 優子,中澤優子,八尾武憲,城 日加里,長岡伊織,芦原貴司,伊藤 誠,堀江 稔
    心臓 38(9) 979-980 2006年07月
  • 不整脈研究の新たな展開:スパイラル・リエントリーと頻拍・細動
    芦原貴司
    カレントテラピー 23(3) 13-19 2005年
  • スケッチ風モデリングインタフェースを備えた心臓不整脈シミュレータ
    原口 亮,五十嵐健夫,大和田茂,八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,池田隆徳,杉本喜久,永田 啓,中沢一雄
    医療情報学連合大会論文集 25(Suppl.1) 704-705 2005年
  • 手書き文字の高度な認識・検索機能を備えた電子カルテのペン入力インタフェース
    中沢一雄,原口 亮,八尾武憲,永田 啓,杉本喜久,芦原貴司,高田雅弘,並川寛和,岡田靖士,吉本幸平,古屋直美,仙田修司,植松義之,五十嵐健夫
    医療情報学 25(2) 81-86 2005年
  • Electrophysiological heart simulator equipped with sketchy 3-D modeling.
    Haraguchi R, Igarashi T, Owada S, Yao T, Namba T, Ashihara T, Ikeda T, Nakazawa K
    Proceedings of the 1st International Conference on Complex Medical Engineering (CME) 293-296 2005年03月
  • Cell and tissue responses to electric shocks
    Ashihara T, Trayanova NA
    Europace 7(Suppl.2) 155-165 2005年02月 [査読有り]
  • Refractory gradient is responsible for the increase in ventricular vulnerability under sodium channel blockade
    Yao T, Ashihara T, Ito M, Nakazawa K, Horie M
    Circ J 69(3) 345-353 2005年01月 [査読有り]
  • 特集「内科診療最前線2006:この1年の動向を踏まえて」:不整脈.
    芦原貴司,伊藤 誠,堀江 稔
    内科 96(6) 989-998 2005年
  • 多電極マッピング可視化アルゴリズムの開発による心臓不整脈現象の解析
    八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,原口 亮,中沢一雄,池田隆徳
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 104(644) 5-8 2005年
  • 右側中中隔と冠状静脈洞入口部下縁とに複数心房付着端を有したWPW症候群に対しカテーテル・アブレーションを施行した1例
    小澤友哉,伊藤 誠,八尾武憲,杉本喜久,堀江 稔,芦原貴司,八木崇文
    不整脈 21(1) 67-72 2005年 [査読有り]
  • Editorial:心電学におけるコンピュータシミュレーションの現状と将来
    芦原貴司,野間昭典
    心電図 25(3) 203-204 2005年
  • In silico cardiology
    芦原貴司,八尾武憲,小澤友哉,伊藤 誠,堀江 稔
    心臓 37(6) 502-509 2005年
  • 特集「心房細動と抗血栓療法」:心房細動発生の視覚化:シミュレーションで判ったこと.
    芦原貴司,池田隆徳
    綜合臨牀 54(8) 2155-2163 2005年
  • Mechanisms of myocardial capture and temporal excitable gap during spiral wave reentry in a bidomain model.
    Ashihara T, Namba T, Ikeda T, Ito M, Nakazawa K, Trayanova N
    Circulation 109(7) 920-925 2004年02月 [査読有り]
  • Asymmetry in membrane responses to electric shocks: Insights from bidomain simulations
    Ashihara T, Trayanova NA
    Biophys J 87(4) 2271-2282 2004年03月 [査読有り]
  • Spiral wave control by a localized stimulus: A bidomain model study
    Ashihara T, Namba T, Ito M, Ikeda T, Nakazawa K, Trayanova N
    J Cardiovasc Electrophysiol 15(2) 226-233 2004年02月 [査読有り]
  • Mechanisms of shock-induced arrhythmogenesis: Role of tissue discontinuity and electroporation in the initiation of focal repeti
    World Scientific 832-836 2004年
  • Shock-induced changes in transmembrane potential: What is the asymmetry due to? Insights from bidomain simulations : Advances in
    World Scientific 143-147 2004年
  • Advances in Electrocardiology : Ventricular repolarization abnormality in Japanese carriers of G643S single nucleotide polymorph
    World Scientific Publishing 131-133 2004年
  • スケマティックな3次元形状モデリングインタフェースを備えた心臓電気生理現象シミュレータ
    原口 亮,五十嵐健夫,大和田茂,八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,池田隆徳,杉本喜久,永田 啓,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 104(179) 17-20 2004年
  • 治療戦略決定や患者説明への応用を目指した心臓不整脈病態シミュレーション環境の開発
    原口 亮,五十嵐健夫,大和田茂,八尾武憲,難波経豊,芦原貴司,池田隆徳,杉本喜久,永田 啓,中沢一雄
    医療情報学連合大会論文集 24(Suppl) 818-819 2004年
  • 手書き文字の高度な認識・検索機能を備えたペン入力インタフェース
    中沢一雄,原口 亮,八尾武憲,永田 啓,杉本喜久,芦原貴司,高田雅弘,並川寛和,岡田靖士,吉本幸平,古屋直美,仙田修司,植松義之,五十嵐健夫
    医療情報学連合大会論文集 24(Suppl) 542-543 2004年
  • Virtual Heart:スーパーコンピュータでつくった仮想心臓:心臓電気現象の包括的シミュレータ
    中沢一雄,原口 亮,芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,池田隆徳,鈴木 亨,稲垣正司,杉町 勝,五十嵐健夫
    循環器病研究の進歩 25(1) 60-70 2004年 [査読有り]
  • Vortex cordis as a mechanism of postshock activation: Arrhythmia induction study using a bidomain model.
    Ashihara T, Namba T, Yao T, Ozawa T, Kawase A, Ikeda T, Nakazawa K, Ito M
    J Cardiovasc Electrophysiol 14(3) 295-302 2003年02月 [査読有り]
  • Widening of the excitable gap and enlargement of the core of reentry during atrial fibrillation with a pure sodium channel block
    Kawase A, Ikeda T, Nakazawa K, Ashihara T, Namba T, Kubota T, Sugi K, Hirai H
    Circulation 107(6) 905-910 2003年02月 [査読有り]
  • 心臓不整脈におけるコンピュータ・シミュレーション
    難波経豊,八尾武憲,芦原貴司,池田隆徳,中沢一雄
    シミュレーション 22(3) 166-173 2003年
  • 海外研究室便り:心臓電気生理の新しい形を求めて
    芦原貴司
    心電図 23(6) 647-651 2003年
  • システム生命工学からみた血管病態:不整脈モデル
    芦原貴司,中沢一雄
    分子心血管病 4(5) 493-504 2003年
  • アミオダロンとシベンゾリン少量併用投与が心房細動のコントロールに対して有効であった肥大型心筋症の1例:頻拍監視型ペースメーカーによる検討
    杉本喜久,伊藤 誠,八木崇文,芦原貴司,八尾武憲,中村保幸,木之下正彦
    基礎・治療 22(Suppl.1) 632-636 2002年
  • Differences in sympathetic and vagal effects on paroxysmal atrial fibrillation: A simulation study.
    Ashihara T, Yao T, Namba T, Kawase A, Ikeda T, Nakazawa K, Ito M
    Biomed Pharmacother 56(Suppl.2) 359s-363s 2002年02月 [査読有り]
  • Afterdepolarizations promote the transition from ventricular tachycardia to fibrillation in a three-dimensional model of cardiac tissue.
    Ashihara T, Yao T, Namba T, Kawase A, Ikeda T, Nakazawa K, Ito M
    Circulation Journal 66(5) 505-510 2002年 [査読有り]
  • R-on-TとPacing-on-Tでは心室受攻期が異なる:コンピュータシミュレーションによる研究
    八尾武憲,芦原貴司,伊藤 誠,難波経豊,川瀬綾香,池田隆徳,中沢一雄
    不整脈 18(4) 496-503 2002年 [査読有り]
  • バーチャルハート:心臓電気現象の包括的シミュレーションと可視化
    中沢一雄,鈴木 亨,稲垣正司,芦原貴司,八尾武憲,戸田 直,難波経豊,北村喜文,川人光男,稲田 紘,鈴木良次,杉町 勝
    日経サイエンス 32(1) 124-124 2002年 [査読有り]
  • 心室モデルへの心筋線維方向の導入の試み
    鈴木 亨,芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,梶谷文彦,稲垣正司,杉町 勝,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 102(196) 37-40 2002年
  • MRI画像からの心臓形状の4D抽出
    鈴木 亨,稲垣正司,東 将浩,山田直明,浦山慎一,芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,岩永浩明,鈴木良次,梶谷文彦,花井荘太郎,杉町 勝,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 102(387) 5-8 2002年
  • 2種類の心房頻拍を有し、肺静脈起源のrepetitive focal dischargeから心房細動が誘発されたQT延長症候群の1例
    伊藤 誠,杉本喜久,八木崇文,芦原貴司,谷口 晋,八尾武憲,木之下正彦
    臨床心臓電気生理 25 23-31 2002年 [査読有り]
  • 電気的除細動における最適ショック波形の検討:バイドメインモデルに基づいた理論的解明
    芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,川瀬綾香,池田隆徳,中沢一雄,伊藤 誠
    心電図 22(4) 230-241 2002年 [査読有り]
  • Electroporation in a model of cardiac defibrillation.
    Ashihara T, Yao T, Namba T, Ito M, Ikeda T, Kawase A, Toda S, Suzuki T, Inagaki M, Sugimachi M, Kinoshita M, Nakazawa K
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 12(12) 1393-1403 2001年03月 [査読有り]
  • Breakthrough waves during ventricular fibrillation depend on the degree of rotational anisotropy and the boundary conditions :A
    Ashihara T, Namba T, Ikeda T, Ito M, Kinoshita M, Nakazawa K
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 12(3) 312-322 2001年02月 [査読有り]
  • Role of structural complexities of septal tissue in maintaining ventricular fibrillation in isolated, perfused canine ventricle.
    Ikeda T, Kawase A, Nakazawa K, Ashihara T, Namba T, Takahashi K, Sugi K, Yamaguchi T
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology. 12(1) 66-75 2001年01月 [査読有り]
  • 心房細動においてNaチャンネル遮断薬が及ぼすSpiral waveへの影響:Luo-Rudyモデルを用いたコンピュータシミュレーションによる検討
    難波経豊,島 由香,藤本千草,芦原貴司,八尾武憲,池田隆徳,川瀬綾香,中沢一雄,大江 透
    香川県立医療短期大学紀要 3 91-98 2001年 [査読有り]
  • Brugada症候群における心電図変化と局所再分極異常との対応:コンピュータシミュレーションによる理論的解析
    難波経豊,島 由香,藤本千草,芦原貴司,八尾武憲,池田隆徳,川瀬綾香,中沢一雄,大江 透
    香川県立医療短期大学紀要 3 119-125 2001年 [査読有り]
  • コンピュータシミュレーションの臨床への応用
    難波経豊,芦原貴司,藤本千草,天川雅夫,草野研吾,川瀬綾香,池田隆徳,中沢一雄,大江 透
    心臓 33(5) 468-475 2001年
  • 生体ヒト内膜における心房細動誘発時の興奮伝播様式:Time Shading法の概説と応用
    難波経豊,藤本千草,天川雅夫,芦原貴司,草野研吾,大江 透,池田隆徳,中沢一雄
    不整脈 17(3) 356-362 2001年
  • バスケットカテーテルを用いた心房細動における生体ヒト心内膜の興奮伝播解析法:Time Shading法の開発と適応
    難波経豊,芦原貴司,藤本千草,草野研吾,池田隆徳,中沢一雄,大江 透
    心電図 21(2) 196-205 2001年 [査読有り]
  • コンピュータシミュレーションの原理:心臓の興奮伝播現象の解析を通して
    中沢一雄,鈴木 亨,稲垣正司,芦原貴司,難波経豊,池田隆徳,鈴木良次
    心臓 33(5) 456-467 2001年
  • Luo-Rudy心室形状モデルにおける正常心拍時心電図再現の試み
    医用電子と生体工学 39 176-176 2001年
  • Middle Cardiac vein内での高周波通電により室房伝導の延長とLong R-P’頻泊を呈したWPW症候群の一例
    伊藤 誠,杉本喜久,山田直子,芦原貴司,酒井 宏,濱谷朋和,大西正人,松本鉄也,中村保幸,木之下正彦,東川昌仁,金盛俊之,山下滋夫
    臨床心臓電気生理 24 133-142 2001年 [査読有り]
  • 仮想心臓で発生させた頻脈性不整脈における細動化条件の検討
    芦原貴司,鈴木 亨,稲田 紘,難波経豊,中沢一雄
    日本臨床生理学会雑誌 31(5) 265-271 2001年 [査読有り]
  • 致死性不整脈に対する電気ショックのコンピュータシミュレーション
    芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,伊藤 誠,岩永浩明,鈴木 亨,稲垣正司,杉町 勝,木之下正彦,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 101(406) 29-36 2001年
  • 心室壁表面で観察されるspiral waveの自発的分裂様式と心筋線維構造:コンピュータシュミレーションによる検討
    芦原貴司,難波経豊,池田隆徳,伊藤 誠,川瀬綾香,八尾武憲,杉本喜久,八木崇文,戸田 直,稲垣正司,杉町 勝,木之下正彦,中沢一雄
    心電図 21(4) 470-480 2001年 [査読有り]
  • Spatial heterogeneity in refractoriness as a proarrhythmic substrate: Theoretical evaluation by numerical simulation.
    Namba T, Ashihara T, Nakazawa K, Ohe T
    Japanese Circulation Journal. 64(2) 121-129 2000年 [査読有り]
  • コンピュータシミュレーションによる心室細動のcritical mass仮説の検討
    戸田 直,芦原貴司,鈴木 亨,難波経豊,川瀬綾香,池田隆徳,稲垣正司,渡辺 淳,白土邦男,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 100(478) 85-92 2000年
  • LR心室形状モデルにおける心電図再構成の試み
    鈴木 亨,芦原貴司,稲垣正司,戸田 直,難波経豊,池田隆徳,鈴木良次,杉町 勝,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 100(350) 9-16 2000年
  • 【不整脈 最近の進歩】 不整脈診断の進歩:コンピュータシミュレーション
    難波経豊,芦原貴司,大江 透
    Pharma Medica 18(12) 49-57 2000年
  • アミオダロンによるspiral waveの停止効果:コンピュータシミュレーションによる実験的検討
    芦原貴司,山田直子,杉本喜久,伊藤 誠,木之下正彦,難波経豊,中沢一雄
    基礎・治療 20(Suppl.1) 536-540 2000年
  • スーパーコンピュータを用いたSpiral Waveによる頻脈性不整脈の数値計算的研究
    中沢一雄,鈴木 亨,芦原貴司,難波経豊,稲垣正司,池田隆徳,永田 啓,稲田 紘,鈴木良次
    医療情報学連合大会論文集 382-383 1999年
  • Spiral Waveに基づく心臓不整脈における興奮波の自発的分裂機序に関する理論的研究
    芦原貴司,難波経豊,鈴木 亨,池田隆徳,伊藤 誠,木之下正彦,中沢一雄
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 99(392) 55-62 1999年
  • Spiral Wave 理論による異常な心臓興奮伝播の可視化:非線形心筋モデルを用いた頻脈性不整脈の数値解析的研究
    中沢一雄,鈴木 亨,難波経豊,芦原貴司,土居伸二,永田 啓,稲田 紘,鈴木良次
    日経サイエンス( Computer Visualization Symposium '99 論文集) 10 112-113 1999年
  • WPW症候群に持続性心室頻拍を合併し,アミオダロンの長期投与中に甲状腺腫を来した1例
    石本直子,伊藤 誠,樽谷康弘,和田直人,芦原貴司,杉本喜久,澤木政英,前田圭子,木之下正彦,中川雅博,松本武洋,安田 洋,大林靖典,北川茂子,小野 進
    基礎・治療 19(Suppl.1) 681-684 1999年
  • The Dynamics of Vortex-like Reentry Wave Filaments in Three-dimensional Computer Models
    Ashihara T, Namba T, Ito M, Kinoshita M, Nakazawa K
    Journal of Electrocardiology. 32(Suppl) 129-138 1999年02月 [査読有り]
  • Effect of pilsicainide、 a pure sodium channel blocker、 on spiral waves during atrial fibrillation: theoretical analysis by numer
    Namba T, Ashihara T, Nakazawa K, Ohe T
    Journal of Electrocardiology 32(4) 321-334 1999年01月 [査読有り]
  • 心室形状媒質における Spiral Wave のダイナミクス解析:大規模シミュレーションによる頻脈性不整脈の研究
    中沢一雄,鈴木 亨,稲田 紘,加茂俊宏,土居伸二,熊谷貞俊,難波経豊,芦原貴司,鈴木良次
    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 98(314) 9-16 1998年
  • 患者・住民教育におけるマルチメディア技術の応用に関する研究
    永田 啓,杉本喜久,芦原貴司,中沢一雄,鈴木 亨,稲田 紘
    医療情報学連合大会論文集 400-401 1998年
  • 数学モデルによるスパイラルリエントリの基礎的研究:均質な興奮媒質における頻脈性不整脈のコンピュータシミュレーション
    中沢一雄,鈴木 亨,難波経豊,芦原貴司
    医療情報学連合大会論文集 160-161 1998年
  • 仮想的な心臓において発生させたSpiral Waveのダイナミクスと疑似心電図による評価
    芦原貴司,鈴木 亨,稲田 紘,難波経豊,中沢一雄
    医療情報学連合大会論文集 162-163 1998年
  • ヒト食道癌の特性-増殖遺伝子、遺伝子産物と局所線溶活性の検討-
    日本病理学会雑誌 83 329-329 1994年

書籍等出版物

  • Electrophysiological heart simulator equipped with sketchy 3-D modeling. Complex Medical Engineering.
    Springer-Verlag 2007年
  • 臓器レベル:興奮膜モデルに基づく心臓モデル:致死性不整脈の機序としてのスパイラルリエントリ:心臓のフィジオーム:電気生理現象のシミュレーション(分子から臓器まで)
    森北出版 2003年

特許

  • 心筋興奮判別装置
    特願特願2016-050782
  • 心筋興奮補完・可視化装置及び心筋興奮検出装置
    特願国際出願PCT/JP2016/58124
  • 心筋興奮補完・可視化装置
    特願特願2015-070249
  • 診療支援システム,その表示方法及びそのプログラムを記録した記録媒体
    特願特願2000-356372
  • 電子情報記録システムおよび制御プログラム
    特願特願2002-337721
  • 心筋局所冷却と直流通電を用いた植込み型除細動器
    特願特願2005-115152
  • 心筋局所冷却とリアルタイム・フィードバックを組み合わせた心室細動の予防装置
    特願特願2005-115153
  • 細動防止装置及び除細動装置
    特願国際出願番号PCT/JP2006/307641
    →JST整理番号:S2005-0886[指定国移行 継続支援申請] 審議結果(2007/07/24):支援 →(2007.11.6付)米国出願: 補正書及びIDS(情報開示供述書),欧州出願番号06731588.7 →(2007.11.12付)米国出願:特許性に関する国際予備報告及びその翻訳を受領した旨の報告 →(2008.1.8付)欧州特許出願の出願公開の報告,公開番号1870131,公開日2007.12.26 →米国出願;出願番号:11/918,256(2007/10/11),出願公開;公開番号:US-2008-0195161-A1(2008/08/14). →特許維持放棄米国・欧州(2010/04/23)

受賞

  • 2017年06月 第32回心電情報処理ワークショップ(JSCE2017)/第27回体表心臓微小電位研究会/第14回心電図伝送システム研究会合同集会 優秀演題賞 長期持続性心房細動に対するExTRa Mappingガイド下非受動興奮領域アブレーションの有用性:ExTRa Mapping Project.
  • 2015年07月 Journal of Cardiology Cases,Case Report Award 2015優秀賞(共著者として受賞)
  • 2013年10月 30回日本心電学会学術集会(JSE),第13回医科学応用研究財団助成による日本心電学会論文賞
  • 2012年10月 経済産業省デジタルコンテンツEXPO, 2012/10/25-27, Innovative Technologies特別賞 (Human部門の最高賞,グループ受賞)
  • 2012年05月 日本生体医工学会, 2012, 荻野賞
  • 2010年10月 第3回アジア太平洋不整脈学会(APHRS), Best Paper Award / Clinical (第1位)
  • 2009年07月 第26回日本心電学会学術集会(JSE),平成20年度日本心電学会誌最優秀論文賞(共同研究者として受賞)
  • 2009年 日本生体医工学会, 2009, 科学新聞賞・研究奨励賞・阪本研究刊行助成賞・阿部賞(共同研究者として受賞)
  • 2004年06月 第31回国際心電学会, Young Investigator's Award Finalist
  • 2003年10月 日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞2003, 2003/10/01, 新領域デザイン部門グッドデザイン賞
  • 2001年11月 第2回太陽・地球・生態系と時間治療研究会, Halberg賞 (第1位)
  • 2001年09月 日経サイエンス ビジュアル・サイエンス・フェスタ (可視化技術シンポジウム2001), 優秀賞 (第1位)
  • 1999年10月 第13回日本エム・イー学会秋季大会, Young Investigator's Award, Grand Award (第1位)
  • 1999年06月 日経サイエンス 第5回Computer Visualization Contest, 1999/06/25, AVS大賞 (最優秀賞)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 医療情報学 (滋賀医科大学 医学部 看護学科)
  • 医療情報学 (滋賀医科大学 医学部 医学科)
  • 循環器内科 (滋賀医科大学 医学部 看護学科)
  • 循環器内科 (滋賀医科大学 医学部 医学科)