詳細検索はこちら

堀江 稔

所属部署名内科学講座(循環器内科)
職名教授
 
 
更新日: 17/09/20 14:40

研究者基本情報

氏名

    堀江 稔

基本情報

    ハンドル:  handle0110172
    科研費研究者番号:  90183938

所属(マスタ)

  • 内科学講座(循環器内科) 教授

学歴

  • - 1988年京都大学 医学研究科
  • - 1978年京都大学 医学部

学位

  • 医学博士(京都大学)

所属学協会

    臨床電気生理研究会 , 日本睡眠学会 , 日本核医学会 , 日本糖尿病学会 , 日本生理学会 , 日本内科学会 , 日本心不全学会 , 日本不整脈心電学会 , 日本循環器学会

経歴

  • 1988年大学院医学研究科、1988年〜京大病院循環器内科勤務、2002年から現職
  • - 1984年1978年京都大学卒業、〜1984年まで市立静岡市民病院内科、〜1988年京都大学

研究活動情報

論文

  • Contribution of a KCNH2 variant in genotyped long QT syndrome: Romano-Ward syndrome under double mutations and acquired long QT syndrome under heterozygote.
    Fujii Y, Matsumoto Y, Hayashi K, Ding WG, Tomita Y, Fukumoto D, Wada Y, Ichikawa M, Sonoda K, Ozawa J, Makiyama T, Ohno S, Yamagishi M, Matsuura H, Horie M, Itoh H
    Journal of cardiology 2016年11月 [査読有り]
  • Extensive Ca2+ leak through K4750Q cardiac ryanodine receptors caused by cytosolic and luminal Ca2+ hypersensitivity.
    Uehara A, Murayama T, Yasukochi M, Fill M, Horie M, Okamoto T, Matsuura Y, Uehara K, Fujimoto T, Sakurai T, Kurebayashi N
    The Journal of general physiology 2017年01月 [査読有り]
  • Sick Sinus Syndrome with HCN4 Mutations Shows Early Onset and Frequent Association with Atrial Fibrillation and Left Ventricular Non-compaction.
    Ishikawa T, Ohno S, Murakami T, Yoshida K, Mishima H, Fukuoka T, Kimoto H, Sakamoto R, Ohkusa T, Aiba T, Nogami A, Sumitomo N, Shimizu W, Yoshiura KI, Horigome H, Horie M, Makita N
    Heart rhythm 2017年01月 [査読有り]
  • Elimination of Ventricular Arrhythmia in Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia by Targeting "Catecholamine-sensitive area": A Dominant-Subordinate Relationship between Origin Sites of Bidirectional Ventricular Premature Contractions.
    Shirai Y, Goya M, Ohno S, Horie M, Doi S, Isobe M, Hirao K
    Pacing and clinical electrophysiology : PACE 2016年12月 [査読有り]
  • J-Wave syndromes expert consensus conference report: Emerging concepts and gaps in knowledge.
    Antzelevitch C, Yan GX, Ackerman MJ, Borggrefe M, Corrado D, Guo J, Gussak I, Hasdemir C, Horie M, Huikuri H, Ma C, Morita H, Nam GB, Sacher F, Shimizu W, Viskin S, Wilde AA
    Journal of arrhythmia 32(5) 315-339 2016年10月 [査読有り]
  • Molecular pathogenesis of long QT syndrome type 1.
    Wu J, Ding WG, Horie M
    Journal of arrhythmia 32(5) 381-388 2016年10月 [査読有り]
  • A type 2 ryanodine receptor variant associated with reduced Ca2+ release and short-coupled torsades de pointes ventricular arrhythmia.
    Fujii Y, Itoh H, Ohno S, Murayama T, Kurebayashi N, Aoki H, Blancard M, Nakagawa Y, Yamamoto S, Matsui Y, Ichikawa M, Sonoda K, Ozawa T, Ohkubo K, Watanabe I, Guicheney P, Horie M
    Heart rhythm : the official journal of the Heart Rhythm Society 2016年10月 [査読有り]
  • Genetics of Brugada syndrome.
    Juang JJ, Horie M
    Journal of arrhythmia 32(5) 418-425 2016年10月 [査読有り]
  • Molecular genetics have opened a new era for arrhythmia research, but also Pandora׳s box?
    Horie M
    Journal of arrhythmia 32(5) 313-314 2016年10月 [査読有り]
  • Patient-Specific Human Induced Pluripotent Stem Cell Model Assessed with Electrical Pacing Validates S107 as a Potential Therapeutic Agent for Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia.
    Sasaki K, Makiyama T, Yoshida Y, Wuriyanghai Y, Kamakura T, Nishiuchi S, Hayano M, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Kawamura M, Ohno S, Itoh H, Takeuchi A, Matsuoka S, Miura M, Sumitomo N, Horie M, Yamanaka S, Kimura T
    PloS one 11(10) e0164795 2016年10月 [査読有り]
  • Phenotypic Variability of ANK2 Mutations in Patients With Inherited Primary Arrhythmia Syndromes.
    Ichikawa M, Aiba T, Ohno S, Shigemizu D, Ozawa J, Sonoda K, Fukuyama M, Itoh H, Miyamoto Y, Tsunoda T, Makiyama T, Tanaka T, Shimizu W, Horie M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 80(12) 2435-2442 2016年10月 [査読有り]
  • Significance of integrated in silico transmural ventricular wedge preparation models of human non-failing and failing hearts for safety evaluation of drug candidates.
    Kubo T, Ashihara T, Tsubouchi T, Horie M
    Journal of pharmacological and toxicological methods 83 30-41 2016年08月 [査読有り]
  • Associations of serum LDL particle concentration with carotid intima-media thickness and coronary artery calcification.
    Zaid M, Miura K, Fujiyoshi A, Abbott RD, Hisamatsu T, Kadota A, Arima H, Kadowaki S, Torii S, Miyagawa N, Suzuki S, Takashima N, Ohkubo T, Sekikawa A, Maegawa H, Horie M, Nakamura Y, Okamura T, Ueshima H, SESSA Research Group.
    Journal of clinical lipidology 10(5) 1195-1202.e1 2016年09月 [査読有り]
  • Long-term outcomes associated with prolonged PR interval in the general Japanese population.
    Int J Cardiol 184(C) 291-293 2015年
  • High long-chain n-3 fatty acid intake attenuates the effect of high resting heart rate on cardiovascular mortality risk: A 24-year follow-up of Japanese general population.
    J Cardiol 64(3) 218-24 2014年
  • Lipoprotein particle profiles compared with standard lipids in association with coronary artery calcification in the general Japanese population.
    Atherosclerosis 236(2) 237-243 2014年
  • Is More Aggressive Prevention of Coronary Artery Disease Required for Patients With Early Repolarization Syndrome?
    Circ J. 77(6) 1643-1643 2013年
  • LOX-1 ligands containing apolipoprotein B and carotid intima-media thickness in middle-aged community-dwelling US Caucasian and Japanese men.
    Atherosclerosis 229(1) 240-245 2013年
  • Pediatric Cohort with Short QT Syndrome
    J Am Coll Cardiol 61(11) 1183-1191 2013年
  • Clinical and electrocardiographic characteristics of patients with short QT interval in a large hospital-based population.
    Heart Rhythm 9(1) 66-74 2012年
  • Regulatory mechanisms underlying the modulation of GIRK1/GIRK4 heteromeric channels by P2Y receptors
    Pflugers Arch 463(4) 625-633 2012年
  • KCNE3 T4A as the Genetic Basis of Brugada-Pattern Electrocardiogram
    Circ J 76(12) 2763-2772 2012年
  • Regional cooling facilitates termination of spiral-wave reentry through unpinning of rotors in rabbit hearts.
    Heart Rhythm. 9(1) 107-114 2012年
  • Clinical and electrocardiographic characteristics of patients with short QT interval in a large hospital-based population.
    Heart Rhythm. 9(1) 66-74 2012年
  • The role of fibroblasts in complex fractionated electrograms during persistent/permanent atrial fibrillation implications for electrogram-based catheter ablation.
    Circulation Research 110(2) 275-285 2012年
  • A novel gain-of-function KCNJ2 mutation associated with short QT syndrome impairs inward rectification of Kir2.1 currents.
    Cardiovascular Research  93(4) 666-673 2012年
  • Connexin 40 mutation associated with a malignant variant of familial progressive heart block type-1.
    Circulation Arrhythmia and Electrophysiology  5(1) 163-172 2012年
  • Dynamicity of the J wave in idiopathic ventricular fibrillation with a special reference to pause-dependent augmentation of the J wave.
    Journal of American College of Cardiology  59(22) 1948-1953 2012年
  • Pharmacotherapeutic determinants for QTc interval prolongation in Japanese patients with mood disorder.
    Pharmacopsychiatry 45(7) 279-283 2012年
  • Time course and prognostic implications of QT interval in patients with coronary artery disease undergoing coronary bypass surgery.
    J Cardiovasc Electrophysiol 23(6) 645-649 2012年
  • Chronic heart failure: progress in diagnosis and treatment. Topics: II. Progress in diagnosis: 2. Biomarker
    Nihon Naika Gakkai Zasshi 101(2) 345-53 2012年
  • Electrocardiographic characteristics and SCN5A mutations in idiopathic ventricular fibrillation associated with early repolarization.
    Circulation: Cardiovascular Genetics 5(3) 344-353 2012年
  • Comparison of long-term outcome after percutaneous coronary intervention versus coronary artery bypass grafting in patients with unprotected left main coronary artery disease (from the CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-2).
    Am J Cardiol. 110(7) 924-932 2012年
  • Clinical characteristics and risk of arrhythmia recurrences in patients with idiopathic ventricular fibrillation associated with early repolarization.
    Int J Cardiol. 159(3) 238-240 2012年
  • Disease characterization using LQTS-specific induced pluripotent stem cells.
    Cardiovascular Research  95(4) 419-429 2012年
  • Seasonal and circadian distributions of cardiac events in genotyped patients with congenital long QT syndrome.
    Circ J. 76(9) 2112-2118 2012年
  • Prognostic implications of progressive cardiac conduction disease.
    Circ J. 77(1) 60-67 2012年
  • KCN]2変異を伴うAndersen-Tawil症候群の神経生理所見
    臨床神経生理学 39(1) 18-23 2011年
  • 循環器疾患における遺伝的背景と発症機序理解のための多面的アプローチ
    循環器内科 70 421-422 2011年
  • Biological variation of brain natriuretic Peptide and cardiac events in stable outpatients with nonischemic chronic heart failure.
    Circ J.  75(2) 341-347 2011年
  • Lipocalin-Type Prostaglandin D Synthase Is Associated With Coronary Vasospasm and Vasomotor Reactivity in Response to Acetylcholine.
    Circ J 75(4) 897-904 2011年
  • Reciprocal control of HERG stability by Hsp70 and Hsc70 with implication for restoration of LQT2 mutant stability.
    Circ Res 108(4) 458-468 2011年
  • Novel KCNE5 variants are associated with Brugada syndrome and idiopathic ventricular fibrillation.
    Circulation Arrhythmia and Electrophysiology  4(3) 352-361 2011年
  • A Novel KCNJ2 Nonsense Mutation, S369X, Impedes Trafficking and Causes a Limited Form of Andersen-Tawil Syndrome.
    Circulation: Cardiovascular Genetics  4(3) 253-260 2011年
  • Prognostic role of high-sensitivity cardiac troponin T in patients with nonischemic dilated cardiomyopathy.
    Circ J 75(3) 656-661 2011年
  • Risk determinants in individuals with a spontaneous type 1 Brugada ECG.
    Circulation Journal 75(4) 844-845 2011年
  • Remission of abnormal conduction and repolarization in the right ventricle after chemotherapy in patients with anterior mediastinal tumor.
    J Cardiovasc Electrophysiol.  22(3) 350-350 2011年
  • Angiotensin-converting enzyme inhibition and fibrinolytic balance.
    Hypertention Research 34(4) 448-449 2011年
  • Association between brachial-ankle pulse wave velocity and endothelium-dependent and -independent coronary vasomotor function.
    Clin Exp Pharmacol Physiol.  38(1) 34-41 2011年
  • Relationship Between Biological Variation in B-Type Natriuretic Peptide and Plasma Renin Concentration in Stable Outpatients With Dilated Cardiomyopathy.
    Circ J.  75(8) 1897-1904 2011年
  • Phenotypic manifestations of mutations in genes encoding subunits of cardiac potassium channels.
    Circ Res. 109(1) 97-109 2011年
  • Identification and functional characterization of KCNQ1 mutations around the exon7-intron7 junction affecting the splicing process.
    BBA - Molecular Basis of Disease  1812(11) 1452-1459 2011年
  • Heritability of early repolarization: A population-based study.
    Circulation Cardiovascular Genetics  4(5) e20 2011年
  • Clinical characteristics and long-term prognosis of vasospastic angina patients who survived out-of-hospital cardiac arrest: multicenter registry study of the Japanese Coronary Spasm Association.
    Circ Arrhythm Electrophysiol. 4(3) 295-302 2011年
  • Electrocardiographic Characteristics and SCN5A Mutations in Idiopathic Ventricular Fibrillation Associated with Early Repolarization.
    Circulation: Arrhythmia and Electrophysiology 4(6) 874-881 2011年
  • Prognostic value of serial measurements of highly sensitive cardiac troponin I in stable outpatients with nonischemic chronic heart failure.
    American Heart Journal 162(4) 639-645 2011年
  • Clinical characteristics and outcomes of Japanese women undergoing coronary revascularization therapy.
    Circulation Journal 75(6) 1358-1367 2011年
  • Effect of atorvastatin vs. rosuvastatin on cardiac sympathetic nerve activity in non-diabetic patients with dilated cardiomyopathy.
    Circulation Journal  75(9) 2160-2166 2011年
  • Carvedilol, a non-selective β-with α1-blocker is effective in long QT syndrome type2.
    Journal of Arrhythmia  27 324-331 2011年
  • Long-term safety and efficacy of sirolimus-eluting stents versus bare-metal stents in real world clinicalpractice in Japan.
    Cardiovascular Intervention and Therapeutics 26 234-245 2011年
  • 遺伝子異常と不整脈
    臨床と研究 87(1) 98-101 2010年
  • QTが長ければQT延長症候群か?
    medicina 47(1) 66-68 2010年
  • デスモゾーム病としての不整脈源性右室心筋症-デスモゾーム分子遺伝子異常
    医学のあゆみ 232(5) 588-592 2010年
  • 運動中の心臓性突然死:成人の不整脈
    心電図 30(s-2) 13-24 2010年
  • 自動体外式除細動器による救命後に下肢切断を要したが心臓リハビリテーションにより回復した2症例。
    心臓 42(6) 764-770 2010年
  • 高血圧治療薬としてのアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬とカルシウム拮抗薬の血管炎症および酸化ストレスに及ぼす影響。
    Prog.Med. 30(2) 469-472 2010年
  • 日本人の心房細動における治療戦略の最新状況
    Trans BEAT 7 12-14 2010年
  • 高血圧と不整脈:高血圧の治療によって不整脈発症の予防は可能か?
    Life Style Medicine 4 322-326 2010年
  • 遺伝性不整脈の診断と治療におけるiPS細胞利用の可能性。
    最新医学 139-145 2010年
  • カテコラミン誘発性多形性心室頻拍を疑う患者における遺伝子変異の検討-心筋リアノジン受容体について―Mutations of the cardiac ryanodine recepter gene in Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia
    心電図 30 298-305 2010年
  • 日本人の脳卒中、心筋梗塞、腎臓病に対するリスク因子の寄与度の違い:わが国の疫学研究から。
    Mebio 27(10) 30-44 2010年
  • QTc prolongation and antipsychotic medications in a sample of 1017 patients with schizophrenia.
    Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry  34(2) 401-405 2010年
  • Prognostic role of highly sensitive cardiac troponin I in patients with systolic heart failure
    Am Heart J 159(1) 63-67 2010年
  • Comparison of the long-term effects of candesartan and olmesartan on plasma angiotensin II and left ventricular mass index in patients with hypertension.
    Hypertens Res. 33(2) 118-122 2010年
  • Clinical characteristics and genetic background of congenital long QT syndrome diagnosed in fetal, neonatal and infantile life. A nation-wide questionnaire survey in Japan.
    Circ Arrhythm Electrophysiol.  3(1) 10-17 2010年
  • P-wave features with marked left atrial overload for predicting development of atrial fibrillation
    Heart Rhythm  7(3) 289-94 2010年
  • KCNE2 modulation of KV4.3 current and its potential role in fatal rhythm disorders.
    Heart Rhythm 7(2) 199-205 2010年
  • High prevalence of early repolarization in short QT syndrome.
    Heart Rhythm 7(5) 647-652 2010年
  • Pitavastatin reduces Lectin-Like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 ligands in hypercholesterolemic humans.
    Lipids 45(4) 329-335 2010年
  • Characterization of the rapidly activating delayed rectifier potassium current, IKr, in HL-1 mouse atrial myocytes.
    J Memb Biol 235(2) 73-87 2010年
  • A family of hereditary long QT syndrome caused by Q738X HERG mutation.
    Int J Cardiol.  144(1) 69-72 2010年
  • Bi-directional ventricular tachycardia revised.
    Journal of Arrhythmia 26 3-4 2010年
  • Long QT syndrome with compound mutations is associated with a more severe phenotype: a Japanese multicenter study.
    Heart Rhythm 7(10) 1411-1418 2010年
  • Angiotensin-converting enzyme inhibition augments coronary release of tissue plasminogen activator in women but not in men.
    Hypertension  56(3) 364-368 2010年
  • Relationship between exercise capacity and cardiac diastolic function assessed by time-volume curve from 16-frame gated myocardial perfusion SPECT.
    Ann Nucl Med.  24(6) 469-476 2010年
  • Atrioventricular block-induced torsades de Pointes with clinical and molecular backgrounds similar to congenital long QT syndrome.
    Circ J 74(12) 2562-2571 2010年
  • A novel SCN5A mutation associated with the linker between III and IV domains of Na(v)1.5 in a neonate with fatal long QT syndrome.
    Int J Cardiol.  145(1) 61-64 2010年
  • Heart rate-dependent variability of cardiac events in type 2 congenital long-QT syndrome.
    Europace  12(11) 1623-1629 2010年
  • Clinical features of myocardial triglyceride in different types of cardiomyopathy assessed by proton magnetic resonance spectroscopy: comparison with myocardial creatine.
    J Card Fail  16(10) 812-822 2010年
  • Prevalence and QT interval of early repolarization in a hospital-based population.
    Journal of Arrhythmia 26 127-133 2010年
  • Clinical features of myocardial triglyceride in different types of cardiomyopathy assessed by proton magnetic resonance spectroscopy: comparison with myocardial creatine.
    J Card Fail.  16(10) 812-822 2010年
  • 心不全のバイオマーカー -心腎相関
    別冊・医学のあゆみ 心血管マルチバイオマーカー・ストラテジー  10-17 2009年
  • 薬剤性QT延長症候群
    ICUとCCU  33 19-24 2009年
  • Arrhythmias and sudden death in heart failure
    AHA Highlights 2008 136-140 2009年
  • 遺伝子変異と多型
    Brugada症候群-病態解明から診断・治療指針の決定- 210-223 2009年
  • TOP-不整脈研究の流れ-.
    BIOClinica 24 405-405 2009年
  • Romano-Ward症候群
    小児科診療 72 221-221 2009年
  • Jervell lange Nielsen
    小児科診療 72 215-215 2009年
  • Andersen症候群
    Current Therapy  72 458-459 2009年
  • アップストリーム治療
    診断と治療 97 1022-1027 2009年
  • 薬剤性QT延長症候群
    循環器科 65(6) 546-550 2009年
  • 不整脈研究の流れ
    BIO Clinica 310 405-405 2009年
  • Optical mappingによるspiral waveの解析
    心電図 29(3) 231-235 2009年
  • 遺伝性不整脈
    Heart View 13(9) 47-51 2009年
  • 重症心不全の予防と治療
    生化学的検査 111-117 2009年
  • 致死性不整脈に関する遺伝子研究の現状
    不整脈News&Views 8-10 2009年
  • Inhibitory actions of the phosphatidylinositol 3-kinase inhibitor LY294002 on the human Kv1.5 channel
    Br J Pharmacol 156(2) 377-387 2009年
  • Adrenergic regulation of the rapid component of delayed rectifier K+ current: Implications for arrhythmogenesis in LQT2 patients.
    Heart Rhythm 6(7) 1038-1046 2009年
  • Aorto-Pulmonary Artery Dissection
    JACC  54(21) 1990 2009年
  • Endothelin-1 as a Predictor of Atrial Fibrillation Recurrence after Pulmonary Vein Isolation
    Heart Rhythm 6(6) 725-730 2009年
  • Dynamic change in ST-segment and spontaneous occurrence of ventricular fibrillation in brugada syndrome with a novel nonsense mutation in the SCN5AGene during long-term follow-up
    Circ J 73(3) 584-588 2009年
  • Ohno S, Toyoda F, Zankov DP, Yoshida H, Makiyama T, Tsuji K, Honda T, Obayashi K, Ueyama H, Shimizu W, Miyamoto Y, Kamakura S, Matsuura H, Kita T, Horie M
    Hum Mutat  30(4) 557-563 2009年
  • Better survival with statin administration after revascularization therapy in Japanese patients with coronary artery disease: perspectives from the CREDO-Kyoto registry.
    Circ J  73 1937-45 2009年
  • Optimal treatment strategy for patients with paroxysmal atrial fibrillation: J-RHYTHM Study.
    Circ J 73 242-8 2009年
  • Cholesteryl ester transfer protein, coronary calcium and intima-media thickness of the carotid artery in middle-aged Japanese men.
    American Journal of Cardiology  104(6) 818-822 2009年
  • Plasma NT-proBNP as a more reliable biomarker of endogenous cardiac natriuretic peptides Than BNP During Carperitide Infusion
    Int Heart J 50(2) 183-90 2009年
  • Latent genetic backgrounds and molecular pathogenesis in drug-induced long QT syndrome.
    Circulation 5(5) 511-523 2009年
  • D85N, a KCNE1 polymorphism, is a disease-causing gene variant in long QT syndrome.
    J Am Coll Cardiol  54(9) 812-819 2009年
  • Association between polymorphism of the AGTR1 and cardiovascular events in a Japanese general sample (The Shigaraki Study)
    Int J Cardiol 136(3) 354-355 2009年
  • 遺伝性不整脈 4.QT延長症候群
    新しい診断と治療のABC 循環器11 心臓突然死 105-112 2009年
  • Relationship between renal function and serum cardiac troponin T in patients with chronic heart failure
    Eur J Heart Fail  11(7) 653-658 2009年
  • Long-term effect of efonidipine therapy on plasma aldosterone and left ventricular mass index in patients with essential hypertension
    Hypertens Res 32(8) 670-674 2009年
  • Dose-dependent prognostic effect of carvedilol in patients with chronic heart failure--special reference to ranscardiac gradient of norepinephrine.
    Circ J  73(12) 2270-2275 2009年
  • A subclinical SCN5A mutation associated with drug-induced Brugada type ECG
    J Cardiovascular Electrophysiology 32(9) 1231-1236 2009年
  • Effect of simvastatin vs. rosuvastatin on adiponectin and haemoglobin A1c levels in patients with non-ischaemic chronic heart failure
    Eur J Heart Fail 11 1195-1201 2009年
  • Serum cortisol as a useful predictor of cardiac events in patients with chronic heart failure -the impact of oxidative stress
    Circulation Heart Fail  2(6) 608-615 2009年
  • Novel KCNE3mutations interact with KCNQ1and cause long QT syndrome
    Human Mutation  30 557-563 2009年
  • Dose-response effects of bepridil in patients with persistent atrial fibrillation monitored with transtelephonic electrocardiograms: a multicenter, randomized, placebo-controlled,double-blind study (J-BAF Study).
    Circ J.  73(6) 1008-1009 2009年
  • アルドステロン拮抗薬と心室リモデリング
    心電図 28(1) 22-31 2008年
  • 心電学マイルストーン
    心電図 28(1) 80-80 2008年
  • Pharmacologic therapy in atrial fibrillation:Classic and innovative
    AHA Highlights 2007 266-271 2008年
  • LIFE研究の重要なサブ解析:Cornell積と心不全入院リスク
    The Mainichi Medical Journal 4(3) 193-193 2008年
  • 採血でどこまでわかるか
    からだの科学 258 48-54 2008年
  • 不整脈とイオン・チャネル病
    循環器内科治療ガイドライン―最新の診療指針―. 184-185 2008年
  • 肺静脈隔離術後患者の心房細動再発の検出における携帯型心電計の有用性
    心電図 28(1) 77-77 2008年
  • 家庭用心電計による不整脈の検出ー非電送携帯型心電計による検討ー
    心電図 28(1) 21-22 2008年
  • 冠動脈疾患における凝固・線溶系とRAS
    Angiotensin Research 5(2) 8-12 2008年
  • 第72回日本循環器学会・学術集会緊急レポート New findings of mechanism and therapeutic strategies of idiopathic ventricular fibrillation
    医学のあゆみ 225(4) 328-329 2008年
  • シンポジウム⑤ 突発性心室細動の病態と治療の新展開
    第72回日本循環器学会総会・学術集会ニュースフラッシュNo.2 2008年
  • QT延長症候群の関連遺伝子をわが国で始めて同定
    Medical Tribune circulation tuday  87 2008年
  • 胸痛症候群の鑑別診断
    心臓 40(7) 596-599 2008年
  • QT延長症候群の遺伝子変異
    Heart View 12(9) 84-88 2008年
  • これだけはやっておきたい診察と検査
    臨床研修プラクティス 5(9) 6-12 2008年
  • 遺伝子PKP2の変異が確認された不整脈源性右室心筋症の1例
    心電図 28(4) 295-302 2008年
  • QT延長症候群の治療
    JIM 18 764-767 2008年
  • 企画にあたって
    Heart View  12 1028-1029 2008年
  • Editorial:特集にあたって
    臨床研修プラクティス 5(9) 5-5 2008年
  • 薬剤性QT延長症候群の遺伝子異常と分子病態
    循環器専門医 16(2) 227 2008年
  • 虚血性心疾患の概念と病態生理
    日本臨床 66巻増刊号9 新時代の糖尿病学(4) 66(増刊9) 349-353 2008年
  • 第13回日本心電学会学術奨励賞総評
    心電図 28(6) 606-606 2008年
  • 不整脈の遺伝子診断の歴史と変遷
    心臓 40(12) 1055-1059 2008年
  • 不整脈源性右室異形成・心筋症(ARVC/C)
    心筋症 循環器9 194-199 2008年
  • ニュースレター第26回日本心電学会学術集会第24回日本不整脈学会学術大会合同学術集会
    Journal of Arrhythmia  24 1-1 2008年
  • Prognostic value of normal stress myocardial perfusion imaging in Japanese population: a study based on the J-ACCESS study
    Circ J  72(4) 611-617 2008年
  • A novel mutation associated with Jervell and Lange-Nielsen syndrome in a Japanese family
    Circ J 72(5) 687-693 2008年
  • 不整脈予防におけるARB,ACE阻害薬とアルドステロン拮抗薬
    心電図 28(1) 5-5 2008年
  • Age- and genotype-specific triggers for life-threatening arrhythmia in the genotyped long-QT syndrome.
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 19 794-799 2008年
  • Mutation site dependent variability of cardiac events in LQT2 form of congenital long-QT syndrome
    Circulation Journal  72(5) 694-699 2008年
  • A novel SCN5A gain-of-function mutation M1875T associated with familial atrial fibrillation
    Journal of American College of Cardiology  52(16) 1326-1334 2008年
  • A Novel KCNH2 Mutation as a Modifier for Short QT Interval
    Int J Cardiol 137(1) 83-85 2008年
  • Effects of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibition on coronary spasm after withdrawal of Ca-channel blockers
    Journal of American Cllege of Cardiology 51(18) 1742-1748 2008年
  • Beneficial effect of perindopril on cardiac sympathetic nerve activity and brain natriuretic Peptide in patients with chronic heart failure
    Circ J 72(5) 740-746 2008年
  • Augmentation Index and Pulse Wave Velocity as Indicators of Cardiovascular Stiffness
    Angiology 59(4) 421-426 2008年
  • Impact of oxidative stress on plasma adiponectin in patients with chronic heart failure
    Circ J 72(4) 563-568 2008年
  • Effect of atrial natriuretic peptide on adiponectin in patients with heart failure
    Eur J Heart Fail 10(4) 360-366 2008年
  • 動悸がする
    臨床研修プラクティス 5(6) 33-38 2008年
  • The factors contributing to whether or not hypertensive patients bring their home blood pressure record to the outpatient exam.
    Internal Medicine 47(18) 1561-1565 2008年
  • A surviving case of mitochondrial cardiomyopathy diagnosed from the symptoms of multiple organ dysfunction syndrome
    Int J Cardiol 128(1) e43-e45 2008年
  • Prevalence of atrial fibrillation in the general population of Japan: an analysis based on periodic health examination.
    International Journal of Cardiology 137(2) 102-107 2008年
  • Mutation analysis of the glycerol-3 phosphate dehydrogenase-1 like (GPD1L) gene in Japanese patients with Brugada syndrome
    Circulation Journal  72 1705-1706 2008年
  • The E1784K mutation in SCN5A is associated with mixed clinical phenotype of type 3 long QT syndrome
    J CLIN INVEST 118(6) 2219-2229 2008年
  • A giant main pulmonary artery aneurysm associated with infundibular pulmonary stenosis
    Cardiovasc Revasc Med 9(3) 188-189 2008年
  • 循環器疾患の遺伝子学
    最新医学 63 1814-1826 2008年
  • In vivo and in vitro inhibition of monocyte adhesion to endothelial cells and endothelial adhesion molecules by eicosapentaenoic acid
    Arteroiscler Thromb Vasc Biol 28(12) 2173-2179 2008年
  • Inhibitory actions of LY294002,a phosphatidylinositol 3-kinase inhibitor,on the human Kv1.5 channel.
    British journal of pharmacology 156(2) 377-387 2008年
  • Cinnamyl-3,4-dihydroxy-alpha-cyanocinnamate and nordihydroguaiaretic acid inhibit human Kv1.5 currents independently of lipoxygenase.
    Eur J Pharmacol 600(1-3) 18-25 2008年
  • Perforated mitral valve aneurysm associated with Libman-Sacks endocarditis.
    Intern Med  47(18) 1605-1608 2008年
  • Clinical significance of diastolic function as an indicator of myocardial ischemia assessed by 16-frame gated myocardial perfusion SPECT
    Ann Nucl Med  22 677-683 2008年
  • Hydroxyzine, a First Generation H1-Receptor Antagonist, Inhibits Human Ether-a-go-go?Related Gene (HERG) Current and Causes Syncope in a Patient With the HERG Mutation
    J Pharmacol Sci  108 462-471 2008年
  • Genetic background of arrhythmogenic right ventricular dysplasia/Cardiomyopathy:Time to start asian registry!.
    Journal of Arrhythmia  24 195-199 2008年
  • Brugada症候群と遺伝子病―Brugada症 候群とQT延長症候群など他の遺伝子病との関連について―
    Heart View 11(2) 54-61 2007年
  • Microvolt T wave alternansが反映する心室性不整脈発生基質ーコンピュータシミュレーションによる基礎的検討ー
    日本心臓財団.心臓 39(特別号1) 2007年
  • 心房筋細胞におけるAT1受容体を介した緩徐活性型遅延整流性K+電流(IKs)の増大と活動電位の短縮-心房細動治療におけるAT1受容体遮断薬の有効性との関連-
    日本心電図学会誌 心電図 27(2) 145-153 2007年
  • Microvolt T Wave Alternansが反映する心室性不整脈発生基質:コンピュータシミュレーションによる基礎的検討
    心臓 39(Suppl.1) 14-19 2007年
  • 心臓イオンチャネル遺伝子の転写制御機構~エピジェネティックスと機能分化~
    心電図 27(S3) 15-28 2007年
  • 家族性心房細動を識る
    Heart View 11 84-86 2007年
  • 心筋リアノジン受容体の遺伝子変異(I4587V)を有したカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の1成人症例
    心電図 27(3) 246-252 2007年
  • 軽度から中等度の本態性高血圧患者のAugmentation Index測定による評価ーアンジオテンシン受容体拮抗薬の効果ー
    薬理と治療 35(7) 801-807 2007年
  • Jervell and Lange-Nielsen症候群
    日本臨床 別冊 4 205-208 2007年
  • Romano-Ward症候群
    日本臨床 別冊 4 230-233 2007年
  • Ablation for AF:Techniques,Results and Risks
    AHA Highlights 2006 174-179 2007年
  • 肺静脈隔離術後における心房細動再発と自覚症状:携帯型心電計による検討
    心電図 27(4) 307-316 2007年
  • 先天性QT延長症候群
    Long QT Syndrome 1-6 2007年
  • 重症心不全の治療の進歩。ナトリウム利尿ペプチドを用いた診断と治療
    ICUとCCU 30(10) 669-677 2007年
  • RASが電気生理学的特性と線維化に与える影響
    心房細動 98-105 2007年
  • シンドロームX
    日本臨床 別冊 5 143-146 2007年
  • マルチスライスCTによる非侵襲的冠動脈プラークの評価
    循環器科 62(4) 393-399 2007年
  • QT短縮症候群
    QT間隔の診かた・考え方 131-132 2007年
  • 肺静脈隔離術後患者における心房細動の早期再発パターンと自覚症状ーイベント心電図による検討ー
    心電図 27(6) 657-659 2007年
  • 全身の周期的加速運動の血管内皮機能に対する効果
    心臓 39(11) 986-990 2007年
  • 薬剤性QT延長症候群
    Long QT Syndrome 1(6) 2007年
  • 高血圧患者における早朝高血圧とメタボリックシンドロームとの関連
    公立甲賀病院紀要 10 1-5 2007年
  • A novel clinical indicator using Tc-99m sestamibi for evaluating cardiac mitochonddrial function in patients with cardiomyopathies.
    J Nucl Cardiol  14(2) 215-220 2007年
  • The Association between High-Density Lipoprotein Cholesterol Level and Cholesteryl Ester Transfer Protein TaqIB Gene Polymorphism is Influenced by Alcohol Drinking in a Population-Based Sample
    Atherosclerosis 191(1) 199-205 2007年
  • N- and C-terminal KCNE1 mutations cause distinct phenotypes of long QT syndrome.
    Heart Rhythm. 4(3) 332-340 2007年
  • Role of impaired sympathetic nerve function in enhancing coronary vasoconstriction in patients with hypertrophic cardiomyopathy
    Clin Exp Cardiol 12(17) 37-413A 2007年
  • Creatine depletion and altered fatty acid metabolism in diseased human hearts: clinical investigation using 1H magnetic resonance spectroscopy and 123I BMIPP myocardial scintigraphy.
    Acta Radiol.  48(4) 436-443 2007年
  • Effect of artificial CO2 hot spring bathing on cholesterol crystal embolism after cardiac catheterization in a patient with normal coronary angiogram.
    Int Med J 6(1) C14 2007年
  • Inhibitory actions of LY294002,a PI3kinase inhibitor,on the human Kv1.5 channel
    The Journal of Physiological Scienses 57 S227 2007年
  • Angiotensin II type 1(AT) receptor and swelling-activated increase of the slow component of the delayed rectifier K+ current (Iks)in guinea pig atrial cells
    The Journal of Physiological Scienses 57 S227 2007年
  • Multidetector-row computed tomography coronary angiography: optimization of image reconstruction phase according to the heart rate
    Circulation Journal 71(1) 112-121 2007年
  • Genotype-phenotype correlations of KCNJ2 mutations in Japanese patients with Andersen-Tawil syndrome
    Hum Mutat 28(2) 208 2007年
  • Stimulatory action of protein kinase Cε isoform on the slow component of delayed rectifier K+ current in guinea-pig atrial myocytes
    Br J Pharmacol 150(8) 1011-1021 2007年
  • Mechanistic basis for the pathogenesis of long QT syndrome associated with a common splicing mutation in KCNQ1 gene
    J Mol Cell Cardiol 42(3) 662-669 2007年
  • Direct Comparison of Brain Natriuretic Peptide (BNP) and N-Terminal Pro-BNP Secretion and Extent of Coronary Artery Stenosis in Patients With Stable Coronary Artery Disease
    Circ J 71(4) 499-505 2007年
  • A paradoxical effect of lidocaine for the N406S mutation of SCN5A associated with Brugada syndrome
    Int J Cardiol 121(3) 239-248 2007年
  • Cigarette smoking impairs bradykinin-stimulated tissue plasminogen activator release in human coronary circulation
    Thrombo Res 120 791-796 2007年
  • Total and high molecular weight adiponectin, haemodynamics, and mortality in patients with chronic heart failure
    Eur Heart J  28(14) 1723-1730 2007年
  • Direct comparison of transcardiac difference between brain natriuretic peptide (BNP) and N-terminal pro-BNP in patients with chronic heart failure
    Eur J Heart Fail 9(6-7) 667-673 2007年
  • Comparison of Active Renin Concentration and Plasma Renin Activity as a Prognostic Predictor in Patients With Heart Failure
    Circulation Journal 71 915-921 2007年
  • Multidetector-row computed tomography coronary angiography: optimization of image reconstruction phase according to the heart rate.
    Circ J.  Jan;71(1) 112-121 2007年
  • A surviving case of mitochondrial cardiomyopathy diagnosed from the symptoms of multiple organ dysfunction syndrome.
    Int J Cardiol in press 2007年
  • Plasma Level of Cardiotrophin-1 as a Prognostic Predictor in Patients with Chronic Heart Failure.
    Eur J Heart Fail  9(10) 1032-1037 2007年
  • Comparison of the Effects of Efonidipine and Amlodipine on Aldosterone in Patients with Hypertension.
    Hypertension Research  30(8) 691-697 2007年
  • Assessment of cardiac function in patients with heart disease by quantitative gated myocardial perfusion SPECT.
    Ann Nucl Med 21(6) 315-323 2007年
  • The Common Long QT Syndrome Mutation KCNQ1/A341V Causes Unusually Severe Clinical Manifestations in Patients with Different Ethnic Backgrounds: Toward a Mutation-specific Risk Stratification
    Circulation in press 2007年
  • Constrictive pericarditis as an emerging manifestation of Hyper-IgG4 disease.
    International Journal of Cardiology  in press 2007年
  • Whole-body Periodic Acceleration Enhances Brachial Endothelial Function
    Circulation Journal in press 2007年
  • Direct Comparison of Transcardiac Increase in Brain Natriuretic Peptide (BNP) and N-terminal proBNP and Prognosis in Patients with Chronic Heart Failure
    Circulation Journal 71(12) 1873-1888 2007年
  • Association of Atrial Arrhythmia and Sinus Node Dysfunction in Patients with Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia
    Circulation Journal in press 2007年
  • The occurrence of systemic lupus erythematosus in an asymptomatic carrier of human T-cell lymphotropic virus type I
    Clin Rheumatol 26(6) 1005-1007 2007年
  • Clinical characteristics and risk stratification in symptomatic and asymptomatic patients with brugada syndrome
    Journal of cardiovascular electrophysiology 18(12) 1244-1251 2007年
  • Change of medication to candesartan from valsartan is effective for patients with morning hypertension(ATOM-Convert C Study)―Candesartan is effective for morning hypertensive patients―.
    薬理と治療 35(4) 373-377 2007年
  • Thrombotic microangiopathy in an adult patient with clinically amyopathic dermatomyositis complicated with interstitial lung disease
    Lupus  16 1004-1005 2007年
  • 薬剤性QT延長症候群における遺伝子背景
    心臓 38 16-20 2006年
  • 遺伝性不整脈のゲノム解析
    医学のあゆみ 218 1361-1365 2006年
  • 座談会: New Evidence for EVENT REDUCTION in Hypertensive Patients.
    Medical Tribune 特別企画 1-4 2006年
  • 心筋Naチャネルの抗不整脈薬結合関連部位に遺伝子変異を認めたBrugada症候群の薬剤負荷試験と抗不整脈治療
    心臓 38(9) 979-980 2006年
  • 三尖弁輪とHis束部直近との2カ所の起源を有し頻拍時に心房波に先行するPrepotentialを認めたATP感受性心房頻拍の1例
    臨床心臓電気生理 29 115-123 2006年
  • α-adducin 遺伝子
    日本臨床 2006年増刊号 高血圧 第3版(上)V 研究動向 348-352 2006年
  • 心房細動を巡る最近の話題
    大津市医師会誌 9(3) 110-114 2006年
  • Brugada症候群:基礎と臨床
    BIO Clinica 21(8) 736-742 2006年
  • 不整脈診断と治療:最近のトピックス
    日本内科学会雑誌 95(3) 108-111 2006年
  • 不整脈における遺伝子診断・診療
    循環器科 60(3) 229-234 2006年
  • 遺伝子異常が疑われるとき
    Medical Practice 23(5) 823-824 2006年
  • 遺伝性不整脈疾患―その診断と治療
    Cefiro 3 75-78 2006年
  • 不整脈研究の最新動向
    医学のあゆみ 217(6) 599 2006年
  • 先天性・後天性QT延長症候群up-to-date
    Mebio 23(8) 116-126 2006年
  • Brugada症候群とその類縁疾患における遺伝子異常
    心電図 26(SUPPL.4) 5-9 2006年
  • 熱変性高速液体クロマトグラフィ法を用いたリアノジン受容体遺伝子変異のスクリーニング
    心臓 38(5) 533-535 2006年
  • 高脂血症患者におけるスタチン治療による動脈硬化度への効果:滋賀プラバスタチン動脈硬化研究
    Arterial Stiffness 動脈壁の硬化と老化 9 64-65 2006年
  • 不整脈研究の最新動向
    別冊・医学の歩み 217(6) 599-599 2006年
  • 不整脈の診断と治療:最近のトピックス
    日本内科学会雑誌 95(3) 108-111 2006年
  • 不整脈の診断と治療:最近のトピックス
    日本内科学会雑誌 95(3) 108-111 2006年
  • JSH2004発表後の早朝高血圧の現状
    公立甲賀病院紀要 9 19-24 2006年
  • Molecular basis, natural history, and clinical outcome
    Circulation 113 783-790 2006年
  • Relationship between renal function and plasma brain natriuretic Peptide in patients with heart failure
    J Am Coll Cardiol 47 582-586 2006年
  • Proteomic Analysis Reveals Significant Alternations of Cardiac Small Heat Shock Protein Expression in Congestive Heart Failure.
    J Card Fail 12(1) 77-84. 2006年
  • Nuclear Targeting of Akt Antagonizes Aspects of Cardiomyocyte Hypertrophy
    Proc Natl Acad Sci U S A 103(32) 11946-11951 2006年
  • Impact of endothelial dysfunction on left ventricular remodeling after successful primary coronary angioplasty for acute myocardial infarction -Analysis by quantitative ECG-gated SPECT-.
    Annals of Nuclear Medicine 20 57-62 2006年
  • Impact of paraoxonase polymorphism (Q192R) on endothelial function in intact coronary circulation.
    Hypertens Res 29(6) 417-422 2006年
  • Evaluation of cardiac resynchronization therapy in drug-resistant dilated-phase hypertrophic cardiomyopathy by means of Tc-99m sestamibi ECG-gated SPECT.
    Ann Nucl Med 20(9) 643-647 2006年
  • Gender and Age Effects on Ventricular Repolarization Abnormality in Japanese General Carriers of a G643S Common Single Nucleotide Polymorphism for the KCNQ1 Gene.
    Circulation Journal 70(6) 645-650 2006年
  • Relationship between the metabolic syndrome and TRP64ARG polymorphism of the beta3 adrenergic receptor gene in a general sample: The Shigaraki study.
    Hypertens Res 29(11) 891-896 2006年
  • Iodine-123 BMIPP scintigraphy in the evaluation of patients with heart failure.
    Acta Radiol. 47(8) 810-816 2006年
  • Angiotensin II potentiates the slow component of delayed rectifier K+ current via the AT1 receptor in guinea pig atrial myocytes
    Circulation 113(10) 1278-1286 2006年
  • Blockade of Angiotensin II type 1 receptor improves the arrhythmia morbidity in mice with left ventricular hypertrophy
    Circulation Journal 70 335-341 2006年
  • A novel mutation of plakophilin-2 associated with arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy
    Circulation Journal 70 933-935 2006年
  • Arrhythmogenesis in the short-QT syndrome associated with combined HERG channel gating defects: A Simulation Study
    Circulation Journal 70 502-508 2006年
  • Prediction of mortality by high-sensitivity C-reactive protein and brain natriuretic Peptide in patients with dilated cardiomyopathy
    Circ J 70 857-863 2006年
  • Serum Level of Uric Acid, Partly Secreted From the Failing Heart, is a Prognostic Marker in Patients With Congestive Heart Failure
    Circ J 70 1006-1011 2006年
  • The association between morning hypertension and metabolic syndrome in hypertensive patients
    Hypertens Res 29 783-788 2006年
  • Mechanistic basis for the pathogenesis of long QT syndrome caused by a splicing mutation in KCNQ1 gene
    JMCC 2006年
  • Scintigraphic evaluatin of cardiac metabolism and sympathetic nerve function in alcoholic cardiomyopathy
    Internal Medicine 45 465-467 2006年
  • イオンチャネルと循環器疾患
    心臓 37 83-86 2005年
  • 遺伝子多型
    CURRENT THERAPY 23 88-89 2005年
  • bidirectional VT
    Medical Practice 22 504-504 2005年
  • 心房細動治療の組み立て:Upstream approachとdownstream approach
    Heart View 9 445-447 2005年
  • 循環器内科医から見たマルチスライスCTの有用性―マルチスライスCTによる心臓イメージングの現状―
    DIGITAL MEDICINE 5 34-38 2005年
  • QT延長症候群におけるリスクの層別化 Annual Review 2005 循環器
    中外医学社 113-117 2005年
  • In silico cardiology
    心臓 37 502-509 2005年
  • 右側中中隔と冠状静脈洞入口部下縁とに複数心房付着端を有したWPW症候群に対しカテーテル・アブレーションを施行した1例
    不整脈 21 67-72 2005年
  • Andersen症候群から学ぶU波の成因
    心臓 37 536-542 2005年
  • 心房細動と遺伝子異常
    循環器科 58 51-54 2005年
  • Ablation of Atrial Fibrillation: Anatomic Considerations : AHA Highlights
    ティー・エム・シー カンパニー 156-161 2005年
  • 新目で見る循環器シリーズ7「不整脈」 : Ⅱ 不整脈診断に必要な各種検査法 遺伝子解析 
    株式会社メジカルビュー社 163-139 2005年
  • 心臓突然死の余地と予防法のガイドライン
    Circulation Jornal 69(Suppl. IV) 1209-1265 2005年
  • 特集「内科診療最前線2006:この1年の動向を踏まえて」不整脈
    内科 96 989-998 2005年
  • 右側中中隔と冠状静脈洞入口部下縁とに複数心房付着端を有したWPW症候群に対しカテーテル・アブレーションを施行した1例
    不整脈 21(1) 67-72 2005年
  • 体液因子による心不全の評価
    日本内科学会雑誌 94 221-227 2005年
  • 遺伝性QT延長・短縮症候群
    最新医学 60(10) 38-44 2005年
  • 不整脈の背景 ? イオンチャネルと活動電位
    Heart View 9(12) 12-18 2005年
  • 血管内皮機能と高血圧―冠動脈および上腕動脈の検討―
    Therapeutic Research 26(7) 1487-1491 2005年
  • 国内ラボ紹介:―世界をリードする医療人の育成をめざして- 滋賀医科大学呼吸循環器内科教室
    分子心血管病 6(3) 98(316)-103(321) 2005年
  • モルモット心筋細胞IKsチャネル開口時におけるアミオダロンの急性効果
    PROGRESS IN MEDICINE 25(suppl.1) 1468-1471 2005年
  • 早朝高血圧の患者でカンデサルタンに変薬することの有効性の検討(ATOM研究より)
    公立甲賀病院紀要 8 13-19 2005年
  • Brachial artery flow-mediated vasodilation is correlated with coronary vasomotor and fibrinolytic responses induced by bradykini
    Hypertension Res 28 59-66 2005年
  • Refractory gradient is responsible for the increase in ventricular vulnerability under sodium channel blockade
    Circ J 69 345-353 2005年
  • Double SCN5A mutation underlyng asymptomatic Brugada syndrome
    Heart Rhythm 2 285-292 2005年
  • Anomaly of the left atrium in patients with atrial fibrillation detected by ECG-gated multi-slice computed tomography
    Int J Cardiovasc Imaging 21 455-458 2005年
  • Effect of statin therapy on arterial stiffness in patients with hyperlipidemia : Shiga pravastatin atherosclerosis study (SHIPAS
    Journal of Applied Research 5 397-401 2005年
  • Myocardial creatine concentration in various nonischemic heart diseases assessed by 1H magnetic resonance spectroscopy
    Circ J 69 711-716 2005年
  • Detection of calf muscle alterations in patients with chronic heart failure by 31P magnetic resonance spectroscopy: Impaired ada
    Exp Clin Cardiol 10 4-8 2005年
  • Regulation of the muscarinic K channel by extracellular ATP through membrane phosphatidylinositol 4,5-biphsopahte in guinea-pig
    British Journal of Pharmacology 145 156-165 2005年
  • ECG features in Andersen-Tawil syndrome patients with KCNJ2 mutations - Characteristic T-U wave patterns predict the genotype
    Circulation 111 2720-2726 2005年
  • Combined Analysis of Polymorphisms in Angiotensinogen and Adducin gene and Their Effects on Hypertension in a Japanese Sample: The Shigaraki Study
    Hypetens Res 28(8) 645-650 2005年
  • Open-state unblock characterizes acute inhibition of IKs potassium current by amiodarone in guinea pig ventricular myocytes.
    J Cardiovasc Electrophysiol 16(3) 314-322 2005年
  • Cellular and ionic mechanism for drug-induced long QT syndrome and effectiveness of verapamil
    J Am Coll Cardiol. 45(2) 300-307 2005年
  • Clinical significance of plasma BNP measurement in patients with psychiatric disease.
    International Medical Journal 12 181-184 2005年
  • Real-time confocal visualization of intracellular Ca dynamics of Purkinje fibers in Langendorff-perfused rat hearts
    Journal of Molecular and Cellular Cardiology 387 561-569 2005年
  • In situ Ca2+ dynamics of Purkiinje fibers and its interconnection with subjacent ventricular myocytes
    J Mol Cell Cardiol 38 561-569 2005年
  • Inhibition of aldosterone and endothelin-1 by carperitide was attenuated more than one week Infusion in patients with congestive heart failure
    J Cardiovasc Pharmac 46 513-518 2005年
  • High-risk for bradyarrhythmic complications in patients with Brugada syndrome caused by SCN5A gene mutations
    Journal of American College of Cardiology 46 2100-2106 2005年
  • チャネル病の遺伝子異常
    Heart View 8 74-78 2004年
  • 一般診療でのQT延長の診断と治療方針
    臨床医 30 92-97 2004年
  • 本態性高血圧症患者における早朝、外来、夜間血圧調査-ATOM研究- Antihypertensive Therapy of Morning Blood Pressure
    Jpn Pharmacol Ther(薬理と治療) 32 481-486 2004年
  • HOMA指数より求めたインスリン抵抗性と冠動脈の重症度との関連
    公立甲賀病院病院紀要 7 23-28 2004年
  • 心房細動の病態と治療
    大津市医師会誌 27 12-18 2004年
  • 薬剤による心電図変化:遺伝子異常の関与
    心電図 (JPN.J.ELECTROCARDIOLOGY) 24 64-68 2004年
  • 不整脈をめぐる最近のトピックス
    第21回滋賀医学会総会 滋賀医学 26 1-6 2004年
  • 遺伝子異常による致死性不整脈の成因
    Therapeutic Research 25 3-37 2004年
  • 心臓突然死予防への新しいstrategy-先天性・後天性QT延長症候群
    心臓 36 183-189 2004年
  • 遺伝性不整脈と心臓突然死
    循環器科 55 305-307 2004年
  • QT延長症候群の原因遺伝子と治療の選択
    Medical Practice 21 1500-1501 2004年
  • 高血圧患者におけるアンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシン-受容体拮抗薬の冠血管内皮機能改善作用
    Therapeutic Research 25 1634-1638 2004年
  • 心電図でみる胸痛(不整脈を含む)
    臨床研究プラクティス 1 22-30 2004年
  • 病態と疾患からみたナトリウム利尿ペプチド
    日本臨床 69 101-102 2004年
  • 心電図を読む : QT延長症候群 致死性不整脈に対する新しいストラテジー
    メジカルビュー社 200-202 2004年
  • 心臓ナビゲーター : 心筋イオンチャネル病
    メジカルレビュー社 32-33 2004年
  • 不整脈診断のコツと落とし穴 : QT延長症候群-原因遺伝子から心電図を探る
    中山書店 100-101 2004年
  • 不整脈診断のコツと落とし穴 : 薬剤性QT延長症候群-思わぬピットフォールに陥らないために
    中山書店 178-179 2004年
  • 先天性QT延長症候群の自然歴
    Therapeutic Rsearch 25(12) 2471-2476 2004年
  • α-adducin遺伝子
    日本臨床 62(3) 108-111 2004年
  • Plasma level of oxidized LDL is an independent determinant of coronary macro-and microvasomotor responses induced by bradykinin
    J Am Coll Cardiol 44 451-457 2004年
  • The relationship between flow-mediated brachial artery vasodilation and coronary vasomotor responses to bradykinin: comparison w
    J Cardiovasc Pharmacol 44 164-170 2004年
  • Prognostic value of ECG-gated thallium-201 single-photon emission tomography in patients with coronary artery disease
    Ann Nucl Med 18 617-622 2004年
  • Detection of metabolic abnormality in asynergic regions of ischemic human myocardium using 31P and 1Hmagnetic resonance spectros
    J Cardiovasc Magn Reson 6 685-696 2004年
  • Assessment of myocardial creatine concentration in dysfunctional human heart by proton magnetic resonance spectroscopy
    Magnetic Resonance in Medical Science 3 19-25 2004年
  • Angiotensin-converting enzyme insertion / deletion polymorphism modulates coronary release of tissue plasminogen activator in re
    Hypertens Res 27 39-45 2004年
  • Advances in Electrocardiology : Ventricular repolarization abnormality in Japanese carriers of G643S single nucleotide polymorph
    World Scientific Publishing 131-133 2004年
  • Torasemide inhibits transcardiac extraction of aldosterone in patients with congestive heart failure
    J Am Coll Cardiol 44 2252-2253 2004年
  • Transcardiac increase in tumor necrosis factor-alpha and left ventricular end-diastolic volume in patients with dilated cardiomy
    Eur J Heart Fail 6 173-180 2004年
  • Long-term treatment with a phosphodiesterase type 5 inhibitor improves pulmonary hypertension secondary to heart failure through
    J Cardiovasc Pharmac 44 596-600 2004年
  • Bepridil block of recombinant human cardiac IKS current shows a time-dependent unblock
    J Cardiovasc Pharmacol 43 178-182 2004年
  • Visual assessment of coronary artery stenosis with electrocardiographically-gated multislice computed tomography.
    Int J Cardiovasc Imaging. 20(12) 61-66 2004年
  • ピタバスタチンによる心不全の左室拡張能及び血管内皮機能の改善
    Therapeutic Res 24 1465-1472 2003年
  • Brugada症候群とナトリウム・チャネル遺伝子異常
    心臓 35 459-464 2003年
  • 循環器疾患における遺伝子解析
    CARDIAC PRACTICE 14 45-49 2003年
  • 不整脈と心筋イオンチャネルQT延長症候群の分子基盤
    Molecular Medicine 40 802-808 2003年
  • 薬物誘発性QT 延長症候群-遺伝的要因を含めた患者背景
    日薬理誌 121 401-407 2003年
  • マルチスライスCTによる冠動脈病変評価における有用性の検討
    循環器科 54(4) 34-38 2003年
  • 間欠性WPW症候群を合併し,抗不整脈薬により1対1伝導を来した心房粗動の1例
    セラピューティック・リサーチ 24 734-736 2003年
  • マルチスライスCTによる冠動脈病変評価における有用性の検討
    循環器科 54(5) 428-432 2003年
  • Exercise stress test amplifies genotype-phenotype correlation in the LQT1 and LQT2 forms of the long QT syndrome
    Circulation 107 838-844 2003年
  • Non-invasive detection of endothelial dysfunction in femoral artery using Thallium-201 scintigraphy
    Internal Medical Journal 10 39-42 2003年
  • Potassium Channels and Channelopathy - Clinical Cardiac Pacing and Electrophysiology
    Monduzzi Editore (eds.H-F Tse,KLF Lee,C-P Lau) 347-349 2003年
  • Insulinotropic action of glutamate is dependent on the inhibition of ATP-sensitive potassium channel activities in MIN6 beta cel
    Biochem Biophys Res Commun 311 660-664 2003年
  • NRSF regulates the fetal cardiac gene program and maintains normal cardiac structure and function
    EMBO J 22 6310-6321 2003年
  • Angiotensin-converting enzyme inhibition but not angiotensin II type 1 receptor antagonism augments coronary release of tissue p
    J Am Coll Cardiol 41 1373-1379 2003年
  • Viable but denervated myocardium in a patient with eosinophilic myocarditis
    Int Med J 10 57-57 2003年
  • Plasma B-type natriuretic peptide measurement in asymptomatic population
    Int Med J 10 105-108 2003年
  • Prognostic value of iodine-123 metaiodobenzylguanidine imaging in patients with heart failure
    Exp Clin Cardiol 8 95-98 2003年
  • Endothelial modulation and tolerance development in the vasorelaxant responses to nitrate of rabbit aorta
    Life Science 73 3083-3094 2003年
  • Verapamil, a Ca2+ Entry Blocker, Targets the Pore-Forming Subunit of Cardiac Type KATP Channel(Kir6.2).
    J Cardiovasc Pharmacol 142 161-168 2003年
  • アミオダロン低用量療法の植え込み型除細動器治療に及ぼす影響と臨床的意義
    PROGRESS IN MEDICINE 22 128-131 2002年
  • QT延長症候群とtorsade de pointes-発症機序に基づく治療
    日本臨床 60 1389-1394 2002年
  • QT延長症候群の診断と心電図学的特徴
    臨床医 28 763-765 2002年
  • イオンチャネル病と遺伝子診断
    循環器専門医 10 13-20 2002年
  • 遺伝性不整脈症候群の基礎と臨床
    心臓 34 172-180 2002年
  • 二次性QT延長症候群と遺伝子異常
    医学のあゆみ 200 667-672 2002年
  • QT延長症候群の遺伝子診断に基づく治療
    循環器科 52 293-298 2002年
  • 二次性QT延長症候群と遺伝子異常
    医学のあゆみ  200 667-672 2002年
  • イオンチャネル病と遺伝子診断
    循環器専門医 10 13-20 2002年
  • Successful RF current catheter of accessory atrioventricular pathway in Ebstein
    Pacing Clin Electrophysiol 25 374-375 2002年
  • KCNJ2 mutation in familial periodic paralysis with ventricular dysrhythmia
    Circulation 105 2592-2594 2002年
  • Drug-induced long-QT syndrome associated with a subclinical SCN5A mutation
    Circulation 106 1269-1274 2002年
  • 循環器領域における最近の医療機器-臨床不整脈における診断・治療の進歩-
    学会新報 22(4) 6-12 2001年
  • Bradycardia-induced long QT syndrome caused by a de novo missense mutation in the S2-S3 inner loop of HERG
    American Journal of Medical Genetics 98 348-352 2001年
  • Characterization and subcellular localization of KCNQ1 with a heterozygous mutation in the C-terminus
    JMCC 33(2) 197-207 2001年
  • Disopyramide and its metabolite block ATP-sensitive K+ channels in clonal pancreatic b-cells and enhance insulin release
    Cardiovasc Drugs Ther 15 31-39 2001年
  • Evidence for a single nucleotide polymorphism in the KCNQ1 potassium channel that underlies susceptibility to life-threatening a
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 12 1223-1229 2001年
  • 虚血時心電図T波逆転の発生機序について
    循環器科 27(6) 505-508 2000年
  • 薬剤性QT延長患者におけるQT/RR関係の検討-アミオダロン投与患者と他剤投与患者、遺伝性QT延長症候群患者の比較-
    Progress in Medicine 20(1) 100-105 2000年
  • Blockade of cardiac ATP-sensitive K+ channels by cibenzoline targets its pore-forming subunit.
    Journal of Cardiovascular Pharmacol 35 434-442 2000年
  • The properties of Kir6.1-6.2 tandem channel co-expressed with SUR2A.
    European Journal of Physiology 440 692-698 2000年
  • Alteration of membrane lipid environment by l-palmitoylcarnitine modulates KATP channels in guinea pig ventricular myocytes.
    Pflugers Archiv 441 200-207 2000年
  • Hypokalemia-induced long QT syndrome with an underlying novel missense mutation in S4-S5 linker of KCNQ1.
    J Cardiovasc Electrophysiol. 11 1048-1054 2000年
  • Angiotensin II type 1 receptor blockade abolishes specific KATP channe gene exression in rats with myocardial infarction.
    JMCC 32 2239-2247 2000年
  • Basal activities of Gs proteins are important in maintaining cardiac L-type Ca Currents.
    Heart Vessels 15 233-239 2000年
  • 心不全における不整脈とその対策
    医学のあゆみ 189(5) 349-353 1999年
  • QT延長症候群:基礎と臨床-LQT2を中心として-
    Japanese Journal of Electrocardiology  19(2) 26-45 1999年
  • 心機能低下例に合併する心房細動、心室頻拍に対するアミオダロンの有用性と安全性
    Progress in Medicine 19(1) 750-754 1999年
  • On the mechanism of genistein-induced activation of protein kinase A-dependent Cl- conductance in cardiac myocytes.
    Pfluers Archiv 438 269-277 1999年
  • Characterization of a novel missense mutation in the pore region of HERG in a long QT syndrome.
    J Cardiovas Electrophysiol 10 1262-1270 1999年
  • Phospholipase C-linked receptors regulate the ATP-sensitive potassium channel via depletion of phosphatidylinositol-4,5-biphosp
    Proceedings National Academy of USA 96 15292-15297 1999年
  • 潜在性WPW症候群に無症候性Brugada症候群を合併した1例
    The Circulation Frontier 3(3) 52-53 1998年
  • Metabolic inhibition impairs ATP-sensitive K+ channel block by sulfonylurea in pancreatic beta-cells.
    American Journal Physiology 274 E38-E44 1998年
  • Cystic fibrosis transmembrane conductance regulator mediates sulphonylurea block of inwardly rectifying K+ channel Kir6.1.
    Journal of Physiology 508 23-30 1998年
  • Accentuated antagonism by angiotensin II on guinea-pig cardiac L-type Ca-currents enhanced by ?
    Pfluers Archiv 436 168-174 1998年
  • Functional communication between cardiac ATP-sensitive K+ channel and Na/K ATPase.
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology 9 415-422 1998年
  • Cytoplasmic terminus domains of Kir6.x confer different nucleotide-dependent gating on the ATP-sensitive K+ channel.
    J Physiol 512 395-406 1998年
  • Successful radiofrequency current catheter ablation of accessory atrioventricular pathway after tricuspid replacement in Ebstein
    Jpn Circulation J 62 791-793 1998年
  • Coordinate interaction between ATP-sensitive K+ channel and Na+, K+-ATPase modulates ischemic preconditioning.
    Circulation 98 2905-2910 1998年
  • Genistein inhibits slow component delayed-rectifier K currents via a tyrosine kinase-independent pathway.
    Journal of Molecular and Cellular Cardiology 30 2577-2590 1998年
  • The antiarrhythmic agent cibenzoline inhibits KATP channels by binding to Kir6.2.
    Biochemical Biophysical Research Communication 251 477-481 1998年
  • fuzzy space ATPは虚血再灌流不整脈の発生に関与するか?-ATP感受性カリウム・チャネルとトランスポータ蛋白の機能的協関-
    心電図 17 107-112 1997年
  • Endothelin-1 inhibition of cardiac ATP-sensitive K channels via pertussis-toxin-sensitive G proteins.
    Cardiovascular Research 33 123-130 1997年
  • Angiotensin II inhibits protein kinase A-dependent Chloride conductance in heart via pertussis toxin-sensitive G proteins.
    Circulation 95 197-204 1997年
  • Insulin secretion and its modulation by antiarrhythmic and sulfonylurea drugs.
    Cardiovascular Research 34 69-72 1997年
  • Exercise-induced second-degree atrioventricular block.
    Japanese Circulation Journal 61 268-271 1997年
  • Functional compartmentalization of ATP is involved in angiotensin II-mediated closure of cardiac ATP-sensitive K+ channels.
    Circulation 96 3129-3135 1997年
  • Endothelin-1 inhibits the slow component of cardiac delayed rectifier K+ currents via a pertussis toxin-sensitive mechanism.
    Circulation Research 81 211-218 1997年
  • Actions of taurine on the L-type Ca2+ channel current in guinea pig ventricular cardiomyocytes.
    Journal of Cardiovascular Pharmacology 30 711-716 1997年
  • Does tyrosine kinase modulate delayed-rectifier K channels in guinea pig ventricular cells.
    Heart and Vessels 12 173-174 1997年
  • Myocardial ischemia induces differential regulation of KATP channel gene expression in rat hearts.
    Journal of Clinical Investigation 100 3053-3059 1997年
  • 特発性左室心室製頻拍に対する高周波カテーテルアブレーション
    Therapeutic Rsearch 17(11) 217-223 1996年
  • 基礎心疾患を有する心室頻拍のカテーテル・アブレーションによる治療と予後
    循環の計測と制御 15(1) 16-22 1996年
  • 上室性期外収縮
    Case Presentation 不整脈 正しい診断法&望ましい治療法 4-5 1996年
  • Endothelin-1 inhibits L-type Ca-currents enhanced by isoproterenol in guinea-pig ventricular myocytes.
    Pfluers Archiv 431 533-539 1996年
  • Block of pancreatic ATP-sensitive K+ channels and insulinotrophic action by antiarrhythmic agent cibenzoline.
    British Journal of Pharmacology 117 1749-1755 1996年
  • Hormonal regulation of cardiac cystic fibrosis transmembrane conductance regulator chloride channels.
    Japanese Heart Journal 37 661-671 1996年
  • Alterations in basal and glucose-stimulated voltage-dependent Ca2+ channel activities in pancreatic ?
    Journal of Clinical Investigation 97 2417-2425 1996年
  • 細胞内流とgiant excised-patch法
    日本生理学雑誌 57(1) 15-23 1995年
  • Involvement of pertussis toxin-sensitive G-proteins in the mechanism of postvagal potentiation of cardiac calcium and chloride c
    Heart and Vessels 9 58-60 1995年
  • ETA receptors mediate inhibition of the cardiac PKA-dependent Cl-current via a pertussis toxin-sensitive mechanism.
    Heart and Vessels 9 83-85 1995年
  • Regulation of the gating of cardiac CFTR Cl channels by PKA phosphorylation and ATP hydrolysis.
    Heart and Vessels 9 34-37 1995年
  • A fast transient outward current in cultured cells from human pulmonary artery smooth muscle.
    American Journal of Physiology 268 H2358-H2365 1995年
  • Cloning and functional characterization of a novel ATP-sensitive potassium channel ubiquitously expressed in rat tissues, inclu
    Journal of Biological Chemistry 270 5691-5694 1995年
  • Glibenclamide, an ATP-sensitive K+ channel blocker, inhibits the cardiac cAMP-activated Cl- conductance.
    Circulation Research 77 417-423 1995年
  • Inhibition of the cardiac protein kinase A-dependent chloride conductance by endothelin-1.
    Nature 370 297-300 1994年
  • Increased calcium-channel currents of pancreatic ?
    Metabolism 43 1395-1400 1994年
  • Inhibitory pathway of cardiac PKA-dependent Cl- conductance via pertussis toxin-sensitive G proteins.
    Japanese Journal of Physiology 44 S219-S226 1994年
  • The effects of endothelin-1 on the PKA-dependent Cl- current in the heart.
    Japanese Journal of Physiology 44 S227-S230 1994年
  • Additional similarity of cardiac cAMP-activated Cl- channels to CFTR Cl- channels.
    Japanese Journal of Physiology 44 S215-218 1994年
  • Regulation of CFTR channel gating.
    Japanese Journal of Physiology 44 S183-S192 1994年
  • Reduced sensitivity of dihydroxyacetone on ATP-sensitive K+ channels of pancreatic ?
    Diabetologia 37 1082-1087 1994年
  • Nitric oxide opens ATP-sensitive K+ channels through suppression of phosphofructokinase activity and inhibits glucose-induced in
    Journal of General Physiology 79 1078-1098 1994年
  • Function of CFTR (Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator) chloride channels expressed in mammalian cardiac myocytes
    Japanese Heart Journal 35 S-1-63-S-1-68 1994年
  • 哺乳類単離心筋細胞膜電流と細胞内カルシウムの同時測定:カフェインの作用について
    財団法人 横山臨床薬理研究助成基金研究業績輯 1 94-100 1993年
  • 自律神経と心筋イオンチャネル
    心電図 (Jpn J Electrocardiology)  13 S3-S20 1993年
  • Activation of Ca- permeable cation channels by myocarditis-associated antibody in guinea pig ventricular myocytes.
    Journal of Clinical Investigation 91 1231-1234 1993年
  • On the mechanism of minoxidil sulfate-induced shortening of action potential durations in guinea pig ventricular myocytes.
    Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 256 1527-1533 1993年
  • Functionally distinct phospho-forms underlie incremental activation of protein kinase-regulated Cl- conductance in mammalian hea
    Journal of General Physiology 101 629-650 1993年
  • Disopyramide blocks pancreatic ATP-sensitive K+ channels and enhances insulin release.
    American Journal of Physiology 265 C337-C342 1993年
  • Glucose sensitivity of ATP-sensitive K+ channels is impaired in ?
    Diabetes 42 1446-1453 1993年
  • Cardiac chloride channels: incremental regulation by phosphorylation/ dephosphorylation. in Molecular Basis of Ion Channels and
    Annals of The New York Academy of Sciences 707 259-274 1993年
  • β-アドレナリン受容体を介する心筋細胞膜電流活性化の細胞内分子機構
    Japanese Circulation Journal 56(5) 1344-1348 1992年
  • 心筋細胞とマグネシウム
    CURRENT CONCEPTS IN MAGNESIUM METABOLISM 5 9-11 1992年
  • Pipette GTP is essential for receptor-mediated regulation of Cl- current in dialysed myocytes from guinea-pig ventricle.
    Journal of Physiology 455 235-246 1992年
  • Impaired glucose sensitivity of ATP-sensitive K+ channels in pancreatic B cells in streptozotocin-induced NIDDM rats.
    Diabetes 41 861-865 1992年
  • Role of GTP-binding proteins in the regulation of mammalian cardiac chloride conductance.
    Journal of General Physiology 99 465-489 1992年
  • Comparative studies of ATP sensitive potassium channels in heart and pancreatic ?
    Cardiovascular Research 26 1087-1094 1992年
  • On the mechanism of b-adrenergic activation of cardiac outward currents.
    Japanese Circulation Journal 56 S1344-1348 1992年
  • Nicorandil reduces the basal level of cytosolic free calcium in single guinea pig ventricular myocytes.
    Cell Structure and Function 16 433-440 1991年
  • Fura-2 螢光比画像解析による単離心筋細胞内Ca2+測定-各種Ca拮抗薬の効果-
    薬理と治療 18(2) 91-102 1990年
  • Atrial natriuretic peptide reduces the basal level of cytosolic free Ca2+ in guinea pig cardiac myocytes.
    Biochemical Biophysical Research Communication 167 413-418 1990年
  • Two types of delayed rectifying K+ channels in atrial cells of guinea pig heart.
    Japanese Journal Physiology 40 479-490 1990年
  • Kinetic analyses of creatine kinase release patterns in patients with acute myocardial infarction undergoing emergency coronary
    Japanese Circulation Journal 54 478-486 1990年
  • Dual effects of intracellular magnesium on muscarinic potassium channel current in single guinea-pig atrial cells.
    Journal of Physiology (Lond.) 408 313-332 1989年
  • 心筋カリウムチャネル内向き整流特性と細胞内マグネシウム
    心臓 20(5) 635-641 1988年
  • Electrophysiological effects of melperone on isolated rabbit heart muscles.
    British Journal of Pharmacology 94 1063-1068 1988年
  • Voltage-dependent magnesium block of adensosine-triphosphate-sensitive potassium channel in guinea-pig ventricular cells.
    Journal of Physiology (Lond.) 387 251-272 1987年
  • Rectification of muscarinic K+ current by magnesium ion in guinea pig atrial cells.
    American Journal of Physiology 253 H210-H214 1987年
  • A new approach for the enzymatic estimation of infarct size: serum creatine kinase and time to peak creatine kinase activity.
    American Journal of Cardiology 57 76-81 1986年
  • Pathogenesis of angina pectoris in patients with one-vessel disease: possible role of dynamic coronary obstruction.
    American Heart Journal 112 263-272 1986年
  • :心筋梗塞急性期における責任冠動脈のspontaneous reperfusion: 血中creatine phosphokinase遊出胴体と慢性期心機能による検討
    日本内科学会誌 9 41-45 1985年
  • Role of coronary spasm in different anginal syndromes.
    Acta Medica Scandinavica 694 83-94 1985年
  • 急性心筋梗塞における冠動脈内血栓溶解療法の左室壁運動に対する効果
    最新医学 39 1071-1073 1984年
  • 心筋梗塞急性期冠動脈造影法施行例50名における急性期creatine phosphokinaseの検討
    心臓 16 799-805 1984年
  • 初回心筋梗塞急性期の側副血行について  
    最新医学 39 2203-2205 1984年
  • 心筋虚血発作における冠攣縮の関与
    臨床科学 20(1) 15-21 1984年
  • 冠動脈スパズム診断の進歩
    クリニカ 11 57-61 1984年
  • The effects of reperfusion of infarct-related coronary artery on serum creatine phosphokinase and left ventricular function.
    Japanese Circulation Journal 48 539-545 1984年
  • Variant angina induced by alcohol ingestion.
    American Heart Journal 107 25-27 1984年
  • 心筋梗塞急性期の冠動脈造影所見と血栓溶解療法
    最新医学 38 812-813 1983年
  • 冠動脈造影法-器質的狭窄と冠攣縮
    Pharma Medica  1 65-72 1983年
  • Coronary arteriographic findings during early hours of acute myocardial infarction: response to intracoronary infusion of nitrat
    Angiology 34 553-560 1983年
  • 心筋梗塞急性期の冠動脈造影所見
    呼吸と循環  30 83-90 1982年
  • 肥大型心筋症に対する塩酸ジルチアゼムの効果
    薬理と治療  30 235-240 1982年
  • Comparison of coronary arteriographic findings during angina pectoris associated with ST segment elevation or depression.
    American Journal of Cardiology 47 539-546 1981年
  • Diltiazem-induced decrease of exercise-elevated pulmonary arterial diastolic pressure in hypertrophic cardiomyopathy patients.
    American Heart Journal 102 789-790 1981年

書籍等出版物

  • イオンチャネル病のすべて
    堀江 稔
    医歯薬出版 2014年
  • ブルガダ症候群
    医学書院 2011年
  • 抗不整脈薬の使い方 1
    日本循環器学会, 堀江 稔, 新 博次
    医学映像教育センター 2010年
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業家族性突然死症候群の遺伝的背景の解明に関する研究研究報告書
    堀江 稔
    [堀江稔] 2010年
  • 今日の治療方針 私はこう治療している 2010年度版 心房細動
    医学書院 2010年
  • ARB/ACE-1 による心房細動抑止効果 Annual Review 循環器 2010
    中外医学社 2010年
  • 脚ブロック
    南江堂 2010年
  • QT延長症候群
    循環器疾患のサイエンス 2010年
  • 肥大型心筋症 β遮断薬 115.アテノール
    中外医学社 2010年
  • Ⅱ 疾患編 4循環器疾患 QT延長症候群 今日の診断指針 第6版
    医学書院 2010年
  • 3.β遮断薬、α遮断薬、αβ遮断薬
    文光社 2010年
  • QT短縮症候群における突然死
    医学書院 2010年
  • 今日の治療指針 私はこう治療している2010年度版 心房細動
    医学書院 2010年
  • Annual Review 循環器 2010:ARB/ACE-Iによる心房細動抑止効果。
    中外医学社  2010年
  • 脚ブロック 循環器疾患最新の治療2010-2011
    南江堂 2010年
  • 重篤副作用疾患別対応マニュアル:心室頻拍
    厚生労働省 2009年
  • 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC15 循環器2 心房細動(改訂第2版)
    株式会社 最新医学社 2009年
  • 慢性腎臓病患者における心機能の血清学的診断
    羊土社 2008年
  • 心不全
    レジデントのための栄養管理基本マニュアル 2008年
  • 循環器病疾患最新の治療
    南江堂 2008年
  • 別冊「医学のあゆみ」不整脈研究の最新動向
    堀江稔
    単著
    医歯薬出版 2007年04月
  • 不整脈研究の最新動向
    堀江 稔
    医歯薬出版 2007年
  • 致死性不整脈の遺伝子診断 Annual Review 循環器 2007
    中外医学社 2007年
  • BNP濃度測定の意義?重症度、病態把握、治療効果判定
    心不全(上) 2007年
  • Annual Review 循環器 2006 不整脈領域におけるチャネル病
    中外医学社 2006年
  • 循環器疾患最新の治療2006-2007 心不全における不整脈の治療
    南江堂 2006年
  • 不整脈と原因遺伝子
    日本内科学会 2006年
  • 心不全における神経体液性因子. 新目で見る循環器病シリーズ 9 心不全-診断・治療・管理
    株式会社メジカルビュー社 2006年
  • Brugada症候群と遺伝子異常 臨床心臓病学
    文光堂 2006年
  • 頻脈性不整脈を診る・治す QT延長症候群 病態・分類・検査. 新・心臓病診療プラクティス 7 心電図で診る・治す
    文光堂 2006年
  • BNPと心不全―エビデンスを中心に―. 新BNPと日常臨床―心機能異常の早期発見のために―
    南江堂 2005年
  • 不整脈2003 Medical Topics Series : QT延長症候群と遺伝子異常
    メディカルレビュー社 2003年
  • 不整脈診療ガイダンス : QT延長症候群の分類と遺伝子異常について最近の知見を教えてください
    メジカルビュー社 2003年
  • 新パッチクランプ実験技術法 : 細胞内灌流法
    吉岡書店 2003年
  • 最新医学 別冊 ABC15 心房細胞
    最新医学社 2003年
  • 今月の治療 VOL.11増刊 循環器疾患治療スタンダード2004-2005 : 不整脈治療薬の催不整脈作用
    総合医学社 2003年
  • ナースのための循環器科 : 心疾患を知る-不整脈
    メディカ出版 2003年
  • QT延長症候群 : 循環器疾患最新の治療2002-2003
    南江堂 2002年

MISC

  • 今、診断を見直す 血中BNP値やNT-proBNP値を用いた心不全診療の留意点
    蔦本 尚慶, 奥山 雄介, 福山 恵, 河原 千穂, 酒井 宏, 堀江 稔
    循環plus 17(1) 10-12 2016年10月
  • 日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
    青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
    TDM研究 33(3) 123-157 2016年09月
  • 滋賀医科大学附属病院におけるアミオダロンによる間質性肺炎
    林 秀樹, 伊藤 英樹, 芦原 貴司, 小澤 友哉, 加藤 浩一, 藤居 祐介, 坂田 憲祐, 堀江 稔
    Progress in Medicine 36(Suppl.1) 439-442 2016年04月
    アミオダロンによる間質性肺炎について検討した。アミオダロン使用例のうち間質性肺炎と診断された患者を抽出した。アミオダロンを使用した448例中、5例(男性3名、女性2名、平均72±5歳)で間質性肺炎を認めた。KL-6は多くの症例が正常範囲内であったが、間質性肺炎5例中2例は正常値以上であった。間質性肺炎3例で白血球数、また4例でCRP値が正常値以上であった。AST値、ALT値ともに正常値以上のアミオダロン使用例はいたが、間質性肺炎5例では正常範囲内であった。また、総ビリルビン値、直接ビリルビン値が正常値以上のアミオダロン使用例もいた。膵炎マーカーのアミラーゼが正常値以上のアミオダロン使用例もいた。TSH値、fT3値、fT4値が正常値以上のアミオダロン使用例がいた。
  • 小児QT延長症候群 LQT2は発症年齢が高いが重症例が多い
    小澤 淳一, 大野 聖子, 伊藤 英樹, 堀江 稔, 牧山 武
    滋賀医学 38 71-71 2016年03月
  • AMIによる難治性VFに対し病病連携とROSC後の集学的治療により社会復帰した一例
    田中 智基, 村尾 淳司, 喜多 理香, 北村 直美, 松下 美季子, 八木 典章, 山本 孝, 堀江 稔, 藤野 和典, 田畑 貴久, 江口 豊, 岡林 旅人
    滋賀医学 38 104-105 2016年03月
  • 心房細動合併収縮不全の1例 Rate control? rhythm control?それとも…
    酒井 宏, 冨田 行則, 小澤 友哉, 山本 孝, 堀江 稔
    滋賀医学 38 109-109 2016年03月
  • 【循環器疾患と突然死】 遺伝性不整脈と突然死
    堀江 稔
    循環器内科 79(2) 95-101 2016年02月
  • 先天性QT延長症候群におけるmicrovolt T wave alternans
    林 秀樹, 大野 聖子, 清水 祥子, 藤澤 義久, 泉 裕美, 石垣 多佳子, 西川 達也, 大国 千尋, 堀江 稔
    心電図 36(Suppl.1) S-1 2016年02月
  • 慢性心房細動アブレーションにおけるイノベーション実現に向けたin silicoの挑戦 ExTRa Mappingの開発
    芦原 貴司, 坂田 憲祐, 小澤 友哉, 土谷 健, 原口 亮, 稲田 慎, 中沢 一雄, 堀江 稔
    心電図 36(Suppl.1) S-1 2016年02月
  • 慢性心房細動に治療標的となるような定在ローターは存在するか? ExTRa Mappingによる臨床的観察研究
    坂田 憲祐, 芦原 貴司, 小澤 友哉, 土谷 健, 原口 亮, 稲田 慎, 中沢 一雄, 堀江 稔
    心電図 36(Suppl.1) S-1 2016年02月
  • 循環器疾患の発症とモザイク
    長谷川 奏恵, 大野 聖子, 堀江 稔
    循環器内科 77(4) 391-395 2015年04月
  • 滋賀医科大学アジア疫学研究センターの取り組み : NCD克服のための疫学研究・教育拠点を目指して(特別寄稿)
    三浦 克之, 堀江 稔, 野崎 和彦, 久松 隆史, Abbott Robert D.
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 13(1) 8-14 2015年03月
    滋賀医科大学では2013年10月に、新しい総合研究棟(疫学研究拠点)としてアジア疫学研究センターが新築、開所した。本センターは、本学のこれまでの生活習慣病疫学研究の実績を生かし、良好な研究環境による国際共同疫学研究の実施、大規模データベースの管理とバイオバンクによる生体試料保存を行うことを可能にするものである。また、これと時期を同じくして、文部科学省の平成25年度博士課程教育リーディングプログラムが採択され、アジア疫学研究センターを教育基盤とした博士課程教育リーディングプログラム「アジア非感染性疾患(NCD)超克プロジェクト」が開始された。本プログラムでは国内外の産学官の広い分野においてアジア太平洋州のトップリーダーとして活躍するNCD対策の専門家を育成する。
  • 左室内血栓が急性に出現した拡張型心筋症の一例
    八木 典章, 山路 正之, 伊藤 英樹, 山本 孝, 浅井 徹, 堀江 稔
    滋賀医科大学雑誌 27(1) 9-13 2014年03月
    A 49-year-old male was admitted to our hospital for therapy of congestive heart failure. He underwent echocardiography, which revealed severe systolic dysfunction of left ventricle as dilated cardiomyopathy, while we were unable to detect thrombus in left ventricle on admission. Coagulation values for D-dimer, congenital antithrombin III and protein C were within the normal range. He was treated with continuous infusion of carperitide and furosemide.Though he immediately started to receive both heparin sodium at a dose of 10,000 units/day and warfarin potassium at a dose of 2 mg/day to avoid thrombus after admission, activated partial thromboplastin (APTT) time and prothrombin time-International normalized ratio (PT-INR) failed to be sufficiently prolonged. A few floating thrombi about 2 centimeters in diameter appeared around the apex of the left ventricle when his left ventricle was assessed by echocardiography after only 3 days .Emergency cardiotomy was performed and all thrombi were successfully removed. This is particularly important because thrombi could fall onto the aortic valve, which could lead to sudden death .
  • CARTO (Up-to-Date Art&Technique 進化した3Dイメージング(前編)CT・MRIの見かた・撮りかた)
    小澤 友哉, 堀江 稔
    Circulation up-to-date 8(3) 270-279 2013年06月
  • Lipoprotein Particle Profiles by Nuclear Magnetic Resonance, Standard Lipids and Coronary Artery Calcification in a Japanese General Population: the Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA)
    第45回日本動脈硬化学会抄録 2013年
  • バイオマーカー
    蔦本 尚慶, 和田 直人, 山川 高哉, 伊部 邦宏, 酒井 宏, 河原 千穂, 堀江 稔
    日本内科学会雑誌 101(2) 345-353 2012年02月
    心不全診断・重症度評価・治療効果判定にバイオマーカーの果たす役割は大きい.今後,人口の高齢化に伴い心不全患者が増加し的確な診断と評価が重要になる.心不全は重症化すると予後不良であり,早期診断と治療が重要である.循環器疾患バイオマーカーの中でも,BNP,NT-proBNPは,慢性心不全ガイドラインにも述べられているように心不全の診断と評価に有用な心筋バイオマーカーであるが,腎機能など影響を及ぼす因子も考慮する必要がある.
  • 致死性不整脈症候群の病態解明に関する研究 : 臨床・基礎研究(ヒト疾患特異的人工多能性幹(iPS)細胞を用いた解析)
    木村 剛, 北 徹, 堀江 稔
    医科学応用研究財団研究報告 31 447-454 2012年
  • 日本人一般男性における心疾患死亡リスクに対する早期再分極とn-3不飽和脂肪酸摂取量との交互作用の検討:NIPPON DATA80
    J Cardiol Jpn Ed(第60回日本心臓病学会抄録) -(-) 285-285 2012年
  • Effect modification of dietary n-3 fatty acids on cardiovascular mortality risk by resting heart rate general population:NIPPON DATA80
    ESC2012 -(-) --- 2012年
  • 日本における Brugada 症候群 : 診断と治療
    堀江 稔
    日本内科学会雑誌 100(9) 2599-2604 2011年09月
  • KCNJ2変異を伴う Andersen-Tawil 症候群の神経生理所見
    定 翼, 国分 則人, 堀江 稔, 岡部 百佳, 駒ヶ嶺 朋子, 平田 幸一
    臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology 39(1) 18-23 2011年02月
  • 6.包括的管理・治療 5.アテローム血栓症を有する外来患者における1年追跡による循環器イベント発生率の検討(REACH Registry)
    血栓と循環 19(3) 219-221 2011年
  • カテコラミン誘発性多形性心室頻拍を疑う患者における遺伝子変異の検討 : 心筋リアノジン受容体について
    川村 美朋子, 長岡 伊織, 道智 賢市, 西尾 由貴子, 伊藤 英樹, 木村 紘美, 宮本 証, 水澤 有香, 地藤 優子, 石田 勝也, 伊藤 誠, 牧山 武, 大野 聖子, 住友 直方, 小山 耕太郎, 堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 30(4) 298-305 2010年10月
    本研究は,臨床的にカテコラミン誘発性多形性心室頻拍(CPVT)が疑われる20例とその家族12例を対象に,心筋リアノジン受容体(RyR2)の遺伝子解析を行った.またRyR2遺伝子異常の有無による臨床症状の相違について検討した.発端者20例のうち9例(同定率:45.0%),家族12例のうち3例(同定率:25.0%)においてRyR2の遺伝子変異を認めた.
    RyR2変異を認めたCPVT患者には二方向性心室頻拍(bVT)が有意に多く(感度:77%,特異度:72%),QT間隔の延長のないQT延長症候群(特にtype1)との区別に有用と考えられた.またRyR2の遺伝子変異を有するCPVT患者において心房不整脈が有意に認められ,RyR2と若年性の心房不整脈の関与が示唆された.
  • 高血圧と不整脈--高血圧の治療によって不整脈発症の予防は可能か? (特集 ライフスタイルと不整脈のかかわりを探る)
    堀江 稔
    Life style medicine 4(4) 322-326 2010年10月
  • 遺伝性不整脈の診断と治療におけるiPS細胞利用の可能性 (臨床遺伝子学'10)
    堀江 稔
    最新医学 65(0) 2095-2101 2010年09月
  • QT短縮症候群 (第1土曜特集 ここまで進んだ 不整脈研究の最新動向) -- (心室細動をめぐる新展開)
    堀江 稔
    医学のあゆみ 234(6) 719-722 2010年08月
  • 肺静脈隔離術後の心房細動再発検出における携帯型心電計の有用性
    中澤 優子, 芦原 貴司, 八尾 武憲, 城 日加里, 伊藤 英樹, 杉本 喜久, 伊藤 誠, 堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 30 "S-1-7" 2010年05月
  • 心電学研究の進歩(循環器学2009年の進歩)
    堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 18(1) 90-95 2010年03月
  • 座談会「循環器病学の将来展望--基礎と臨床の融合」 iPS細胞利用の心筋再生などに期待--循環器疾患各領域で画期的な治療法開発が進む
    北 徹, 澤 芳樹, 堀江 稔
    MD 7(1) 8-17 2010年01月
  • 遺伝子異常と不整脈 (特集 危険な不整脈--みきわめ方と正しい対応)
    伊藤 英樹, 堀江 稔
    臨牀と研究 87(1) 98-101 2010年01月
  • 座談会 冠動脈疾患の治療を考える~JSHガイドライン改正を受けて~
    血圧 17 35-40 2010年
  • 肺静脈隔離手術後の心房細動再発検出における携帯型心電機の有用性。
    心電図 30(S-1) 71 2010年
  • 先天性QT延長症候群の遺伝子診断―複数異変症例の検討―
    心電図 30(2) 195-199 2010年
  • 家族性ペースメーカー植え込み症例における遺伝的背景の検討―心臓Na+チャネル病、LaminA/C遺伝子関連心筋症―
    心電図 30(2) 200-220 2010年
  • ペースメーカ植込み同胞例に認められたあらたなLamin A/C変異A novel lamin A/C gene mutation in siblings treated with cardiac pacemaker.
    心電図 31(1) 18-24 2010年
  • 学会レポート 第27回日本心電学会学術集会
    心電図 30 432-439 2010年
  • QT延長の潜在的危険性の予知 : 遺伝子多型:KCNE1-D85N(4.バイオマーカー・遺伝子多型とリスク評価,<特集>第73回日本循環器学会学術集会)
    西尾 由貴子, 堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 17(2) 237-242 2009年09月
  • 心臓交感神経指標としての(冠状静脈洞-大動脈幹)ノルエピネフリン濃度較差(4.バイオマーカー・遺伝子多型とリスク評価,<特集>第73回日本循環器学会学術集会)
    蔦本 尚慶, 西山 敬三, 山路 正之, 河原 千穂, 山本 孝, 藤井 応理, 堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 17(2) 243-249 2009年09月
  • 心不全マーカーと心血管リスク予測因子としてのナトリウム利尿ペプチド
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology 40(4) 173S-174S 2009年07月
  • QT延長症候群 (特集 小児疾患における臨床遺伝学の進歩) -- (話題の疾患遺伝子)
    堀江 稔
    小児科 50(7) 1083-1087 2009年06月
  • 薬剤性QT延長症候群 (特集 危険な不整脈の予防と治療)
    堀江 稔
    ICUとCCU 33(1) 19-24 2009年01月
  • QT延長症候群
    小児科 50(7) 1083-1087 2009年
  • Emerging acute unilateral pulmonary edema in a patient with pheochromocytoma.
    Int J Cardiol 133(2) e50-51 2009年
  • 心血管疾患 (特集 全身疾患としてのCOPD)
    松本 鉄也, 中野 恭幸, 堀江 稔
    日本胸部臨床 67(12) 1000-1009 2008年12月
  • ペースメーカ、ICD、CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン
    奥村 謙, 安部 治彦, 小川 聡, 笠貫 宏, 鎌倉 史郎, 住友 直方, 新田 隆, 野島 俊雄, 堀江 正知, 松崎 益徳, 山口 巖, 江島 浩一郎, 金丸 浩, 菅野 重人, 佐々木 真吾, 豊島 健, 中島 博, 長友 敏寿, 野田 崇, 副島 京子, 村田 和也, 渡辺 重行, 大江 透, 加藤 貴雄, 田邉 晃久, 土肥 誠太郎, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72 1133-1192 2008年11月
  • 血管炎症候群の診療ガイドライン
    尾崎 承一, 安藤 太三, 居石 克夫, 磯部 光章, 太田 敬, 小林 茂人, 重松 宏, 種本 和雄, 中島 康雄, 中林 公正, 能勢 眞人, 松永 尚文, 宮田 哲郎, 由谷 親夫, 吉田 雅治, 吉田 晃敏, 有村 義宏, 石津 明洋, 岩井 武尚, 岡崎 貴裕, 岡田 宗正, 片岡 浩, 金子 一成, 川名 誠司, 木田 一成, 小林 泰之, 古森 公浩, 坂本 一郎, 椎谷 紀彦, 重松 邦広, 高橋 淳士, 滝澤 始, 長岡 泰司, 長澤 浩平, 野島 美久, 橋本 博史, 濱口 真吾, 廣村 桂樹, 深谷 修作, 正木 久男, 松本 常男, 山田 秀裕, 吉田 俊治, 熊谷 俊一, 小池 隆夫, 笹嶋 唯博, 福井 次矢, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72 1253-1346 2008年11月
  • ペースメーカ、ICD、CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン(循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告))
    奥村 謙, 安部 治彦, 小川 聡, 笠貫 宏, 鎌倉 史郎, 住友 直方, 新田 隆, 野島 俊雄, 堀江 正知, 松崎 益徳, 山口 巖, 江島 浩一郎, 金丸 浩, 菅野 重人, 佐々木 真吾, 豊島 健, 中島 博, 長友 敏寿, 野田 崇, 副島 京子, 村田 和也, 渡辺 重行, 大江 透, 加藤 貴雄, 田邉 晃久, 土肥 誠太郎, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 1133-1174 2008年11月
  • ペースメーカ、ICD、CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン(ダイジェスト版,循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告))
    奥村 謙, 安部 治彦, 小川 聡, 笠貫 宏, 鎌倉 史郎, 住友 直方, 新田 隆, 野島 俊雄, 堀江 正知, 松崎 益徳, 山口 巖, 江島 浩一郎, 金丸 浩, 菅野 重人, 佐々木 真吾, 豊島 健, 中島 博, 長友 敏寿, 野田 崇, 副島 京子, 村田 和也, 渡辺 重行, 大江 透, 加藤 貴雄, 田邉 晃久, 土肥 誠太郎, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 1175-1192 2008年11月
  • 血管炎症候群の診療ガイドライン(循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告))
    尾崎 承一, 安藤 太三, 居石 克夫, 磯部 光章, 太田 敬, 小林 茂人, 重松 宏, 種本 和雄, 中島 康雄, 中林 公正, 能勢 眞人, 松永 尚文, 宮田 哲郎, 由谷 親夫, 吉田 雅治, 吉田 晃敏, 有村 義宏, 石津 明洋, 岩井 武尚, 岡崎 貴裕, 岡田 宗正, 片岡 浩, 金子 一成, 川名 誠司, 木田 一成, 小林 泰之, 古森 公浩, 坂本 一郎, 椎谷 紀彦, 重松 邦広, 高橋 淳士, 滝澤 始, 長岡 泰司, 長澤 浩平, 野島 美久, 橋本 博史, 濱口 真吾, 廣村 桂樹, 深谷 修作, 正木 久男, 松本 常男, 山田 秀裕, 吉田 俊治, 熊谷 俊一, 小池 隆夫, 笹嶋 唯博, 福井 次矢, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 1253-1318 2008年11月
  • 血管炎症候群の診療ガイドライン(ダイジェスト版,循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告))
    尾崎 承一, 安藤 太三, 居石 克夫, 磯部 光章, 太田 敬, 小林 茂人, 重松 宏, 種本 和雄, 中島 康雄, 中林 公正, 能勢 眞人, 松永 尚文, 宮田 哲郎, 由谷 親夫, 吉田 雅治, 吉田 晃敏, 有村 義宏, 石津 明洋, 岩井 武尚, 岡崎 貴裕, 岡田 宗正, 片岡 浩, 金子 一成, 川名 誠司, 木田 一成, 小林 泰之, 古森 公浩, 坂本 一郎, 椎谷 紀彦, 重松 邦広, 高橋 淳士, 滝澤 始, 長岡 泰司, 長澤 浩平, 野島 美久, 橋本 博史, 濱口 真吾, 廣村 桂樹, 深谷 修作, 正木 久男, 松本 常男, 山田 秀裕, 吉田 俊治, 熊谷 俊一, 小池 隆夫, 笹嶋 唯博, 福井 次矢, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 1319-1346 2008年11月
  • 虚血性心疾患 虚血性心疾患の概念と病態生理 (新時代の糖尿病学(4)病因・診断・治療研究の進歩) -- (糖尿病に起因する合併症 慢性合併症--大血管症)
    堀江 稔
    日本臨床 66(0) 349-353 2008年11月
  • 68) QT延長症候群として経過観察中に心肺停止となった一例(第105回日本循環器学会近畿地方会)
    城日 加里, 福山 恵, 八尾 武憲, 中澤 優子, 伊藤 英樹, 芦原 貴司, 杉本 喜久, 伊藤 誠, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年10月
  • 145) 早期血栓閉塞型大動脈解離により心肺停止に至ったと考えられた一症例(第105回日本循環器学会近畿地方会)
    太田 宗樹, 藤井 応理, 堀江 稔, 藤野 和典, 浜本 徹, 佐々木 禎治, 五月女 隆男, 江口 豊
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年10月
  • 心房細動は遺伝するのか? (特集 生活習慣病は遺伝するか?--家族性生活習慣病?)
    堀江 稔
    成人病と生活習慣病 38(10) 1180-1182 2008年10月
  • 薬剤性QT延長症候群の遺伝子異常と分子病態(2.QT延長のサイエンス,<特集>第72回日本循環器学会学術集会)
    伊藤 英樹, 岡 優子, 堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 16(2) 227-230 2008年09月
  • 循環器疾患の遺伝子学 (臨床遺伝子学'08)
    堀江 稔
    最新医学 63(0) 1814-1826 2008年09月
  • 69) 早期の心臓再同期療法が有効であったLamin A/C遺伝子関連心筋症の1家系(第104回日本循環器学会近畿地方会)
    牧山 武, 赤尾 昌治, 静田 聡, 土井 孝浩, 大野 聖子, 西尾 由貴子, 西山 慶, 木村 剛, 北 徹, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年04月
  • 112) 縦隔手術および縦隔放射線治療後に右心不全が慢性化し,特異な右心圧波形を示した一例(第104回日本循環器学会近畿地方会)
    羽野 嘉文, 山根 哲信, 蔦本 尚慶, 藤井 応理, 高島 弘行, 山本 孝, 松本 祐一, 北川 直孝, 中江 一郎, 伊藤 誠, 堀江 稔, 東 秋弘
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年04月
  • 137) 閉塞性肥大型心筋症に対し経皮的中隔心筋焼灼術を施行した一例(第104回日本循環器学会近畿地方会)
    角野 元彦, 羽野 嘉文, 北川 直孝, 松本 祐一, 八尾 武憲, 山根 哲信, 城 日加里, 山本 孝, 高島 弘行, 藤井 応理, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年04月
  • 150) PKP2遺伝子変異が同定された不整脈源性右室心筋症(ARVC)の1剖検例(第104回日本循環器学会近畿地方会)
    松本 祐一, 長岡 伊織, 伊藤 誠, 堀江 稔, 西尾 由貴子, 杉原 洋行, 川嶋 剛史
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(0) 2008年04月
  • 家庭用心電計による不整脈の検出 : 非伝送携帯型心電計による検討
    伊藤 誠, 稲垣 菊代, 芦原 貴司, 中澤 優子, 城 日加里, 伊藤 英樹, 八尾 武憲, 杉本 喜久, 坂口 知子, 岡 優子, 堀江 稔, 桝野 みどり, 金光 陽子, 楠本 和也, 山本 則仁
    心電図 = Electrocardiology 28 "S-1-21"-"S-1-22" 2008年03月
  • 心房細動と遺伝子異常 (特集 変革する心房細動診療とその実践up-to-date)
    牧山 武, 赤尾 昌治, 堀江 稔
    内科 101(3) 517-521 2008年03月
  • 心不全のバイオマーカー--心腎相関 (第1土曜特集 心血管マルチバイオマーカー・ストラテジー) -- (心血管マルチバイオマーカー・ストラテジー)
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    医学のあゆみ 224(5) 318-325 2008年02月
  • 不整脈予防におけるARB, ACE阻害薬とアルドステロン拮抗薬 : アルドステロン拮抗薬と心室リモデリング
    蔦本 尚慶, 林 優, 田中 俊成, 西山 敬三, 山本 孝, 山路 正之, 藤井 応理, 伊藤 誠, 堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 28(1) 22-31 2008年01月
  • 採血でどこまでわかるか (心臓病のすべて) -- (心臓病を見つける)
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    からだの科学(257) 48-54 2008年
  • 心不全のバイオマーカー ー心腎相関
    医学のあゆみ 224(5) 318-325 2008年
  • 心房筋リモデリングを考慮したヒト心房細動in silicoモデルにおけるアミオダロンの急性効果と慢性効果
    PROGRESS IN MEDICINE 28(1) 562-567 2008年
  • BNP検査の総説 : NT-proBNP検査時代を迎えて
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 55 2007年10月
  • 107)右房内肉腫による上大静脈症候群に対しステント留置術を施行した一例(第103回日本循環器学会近畿地方会)
    藤井 応理, 河原 千穂, 高島 弘行, 松本 鉄也, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年10月
  • 74)新たなHERG遺伝子異常を認めた遺伝性QT延長症候群の一家系(第102回日本循環器学会九州地方会)
    安田 潮人, 加治 良一, 小田代 敬太, 中村 洋文, 辛島 詠士, 島津 秀樹, 深田 光敬, 中司 元, 丸山 徹, 宗内 淳, 堀江 稔, 辻 敬子
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年10月
  • 単一遺伝子病とゲノム(5)循環器疾患(2)不整脈
    堀江 稔
    ゲノム医学 7(3) 219-223 2007年10月
  • 心房細動 up to date : 4)心房リモデリングの予防と改善は可能か
    堀江 稔
    日本内科学会雑誌 96(9) 1909-1911 2007年09月
  • 30-P3-1 調剤併設型ドラッグストアにおける携帯型心電計を用いた不整脈治療の病診連携への参加(地域連携・薬薬連携・その他,社会の期待に応える医療薬学を)
    奥村 朋子, 榊原 幹夫, 小栗 正寛, 島田 繁, 岡田 啓, 沢村 昭人, 荒井 恵二, 堀江 稔, 伊藤 誠, 芦原 貴司, 稲垣 菊代
    日本医療薬学会年会講演要旨集 17 2007年09月
  • QT延長症候群(先天性,後天性) (不整脈検査) -- (不整脈と疾病)
    坂口 知子, 堀江 稔
    臨床検査 51(7) 764-768 2007年07月
  • 1)ステントを留置せずに治療し得た抗リン脂質抗体症候群の若年発症急性心筋梗塞の一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    松本 祐一, 楢谷 康弘, 吉野 知秀, 羽野 嘉文, 高山 智行, 環 愼二, 岡林 旅人, 川嶋 剛史, 山本 孝, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 48)心房細動に対する拡大肺静脈隔離術後における携帯型心電計の有用性(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    芦原 貴司, 中澤 優子, 八尾 武憲, 城 日加里, 伊藤 英樹, 八木 崇文, 杉本 喜久, 伊藤 誠, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 49)不整脈源性右室心筋症に対してICD植え込み術を施行した一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    四方田 真紀子, 松尾 信郎, 芦原 貴司, 八尾 武憲, 杉本 喜久, 松本 鉄也, 伊藤 誠, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 52)前心室間静脈からのペーシング波形がVTと一致したが,大動脈弁左冠尖からの高周波通電により根治したsustained VTの一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    國友 健生, 伊藤 英樹, 伊藤 誠, 八尾 武憲, 中澤 優子, 芦原 貴司, 城 日加里, 堀江 稔, 杉本 喜久
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 59)心筋リアノジン受容体(hRYR2)の遺伝子変異を有したカテコラミン誘発性多形性心室頻拍(CPVT)の2症例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    道智 賢市, 松本 祐一, 長岡 伊織, 八尾 武憲, 坂口 知子, 中澤 優子, 岡 優子, 伊藤 英樹, 芦原 貴司, 伊藤 誠, 堀江 稔, 住友 直方, 鷹津 良樹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 117)糖尿病患者における冠動脈病変と冠動脈石灰化スコアの関連性の検討(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    大村 寧, 近藤 基之, 本田 亘, 卯木 智, 西尾 善彦, 前川 聡, 柏木 厚典, 高島 弘行, 堀江 稔, 門脇 崇, 上島 弘嗣, 鈴木 英司, 吉村 達
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 118)早朝高血圧とメタボリックシンドローム(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    環 愼二, 吉野 知秀, 松本 祐一, 高山 智行, 樽谷 康弘, 岡林 旅人, 川嶋 剛史, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 126)急性心筋梗塞後チクロピジンにて血栓性血小板減少性紫斑病をきたした1例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    河原 千穂, 谷口 晋, 高島 弘行, 山本 孝, 松本 鉄也, 堀江 稔, 浜本 徹, 辻田 靖之, 江口 豊
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 132)妊娠12週で急性大動脈解離を発症したMarfan症候群の一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    寺村 真範, 高橋 聡文, 藤井 応理, 松本 鉄也, 堀江 稔, 四方 寛子, 野田 洋一, 辻田 靖之, 浜本 徹, 江口 豊
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 161)急性心不全をきっかけに判明した右冠動脈肺動脈起始症の一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    羽野 嘉文, 岡林 旅人, 吉野 知秀, 松本 祐一, 高山 智行, 樽谷 康弘, 環 信二, 川嶋 剛史, 山本 孝, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • Brain Natriuretic Peptide
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    臨床病理 52(8) 655-668 2004年08月
  • 164)救急隊による心肺蘇生と病病連携にて社会復帰しえたマラソン競技中の心肺停止の一例(第102回日本循環器学会近畿地方会)
    浜本 徹, 辻田 靖之, 江口 豊, 寺村 真範, 芦原 貴司, 伊藤 誠, 堀江 稔, 松本 祐一, 川嶋 剛史
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(0) 2007年04月
  • 血液生化学検査 BNP濃度測定の意義--重症度評価,病態把握,治療効果判定 (心不全(上)最新の基礎・臨床研究の進歩) -- (診断学・検査の進歩)
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    日本臨床 65(0) 417-425 2007年04月
  • 抗アルドステロン薬の有用性
    蔦本 尚慶, 林 優, 石川 千登世, 前田 圭子, 酒井 宏, 大野 慶人, 和田 厚幸, 堀江 稔
    循環制御 25(1) 10-17 2004年03月
  • リモデリングの予防と改善は可能か
    堀江 稔
    日本内科学会雑誌 96 2007年02月
  • かかりつけ医と心不全 慢性心不全の検査 (特集 かかりつけ医が診る心不全)
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    クリニカルプラクティス 26(1) 16-23 2007年01月
  • 薬剤性QT延長症候群 (特集 精神料病院で気をつけるべき身体合併症)
    西尾 由貴子, 堀江 稔
    日本精神科病院協会雑誌 26(7) 681-684 2007年
  • 心筋マーカー
    最新医学 別冊 循環器7 58-67 2007年
  • 慢性心不全の検査
    クリニカルプラクティス 26(1) 16-23 2007年
  • Plasma brain natriuretic peptide as a useful biomarker of heart failure
    Nippon Rinsho 4 417-425 2007年
  • Brugada症候群とLQT3のオーバーラップ:SCN5A変異の臨床的特徴と分子メカニズム
    Jornal of Cardiology 50 132-132 2007年
  • アディポネクチンと心不全予後-BMIによる検討
    Journal of Cardiology 50 337-337 2007年
  • アトルバスタチンは非虚血性心不全患者の心臓交感神経活性を改善する
    Journal of Cardiology 50 431-431 2007年
  • 冠血管機能の性差:冠攣縮性狭心症と胸痛症候群の検討
    Journal of Cardiology 50 137-137 2007年
  • 心筋マーカー
    急性冠症候群 58-67 2007年
  • ANPとBNPを病態診断にいかす
    新心臓病診療プラクチイス 68-72 2007年
  • 冠血管機能の性差:冠攣縮性狭心症と胸痛症候群の検討
    第55回日本心臓病学会学術集会 2007年
  • Brugada症候群とLQT3のオーバーラップ:SCN5A変異の臨床的特徴と分子メカニズム
    第55回日本心臓病学会学術集会 2007年
  • アディポネクチンと心不全予後-BMIによる検討
    第55回日本心臓病学会学術集会 2007年
  • アトルバスタチンは非虚血性心不全患者の心臓交感神経活性を改善する
    第55回日本心臓病学会学術集会 2007年
  • 心不全患者におけるBNPとNT-proBNP分泌動態の比較
    第55回日本心臓病学会学術集会 2007年
  • 高分子アデイポネクチンは心不全予後の指標として有用か?
    第55回 日本心臓病学会学術集会 2007年
  • バイオマカーとしてのナトリウム利尿ペプチド(BNP, N端-proBNP)と腎機能
    最新医学 62(9) 141(1967)-147(1973) 2007年
  • Which heart failure patients would benefit to evaluated plasma adiponectin for predicting mortality risk in Japan.
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Renin may have an important role in cardio-renal interaction in patients with heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • 心房リモデリングの予防と改善は可能か
    第104回 日本内科学会 2007年
  • 心房筋リモデリングを考慮したヒト心房細動in silicoモデルにおけるアミオダロンの急性効果と慢性効果
    第12回アミオダロン研究会 2007年
  • 心拍同期SPECT容積曲線分析による心機能評価と心筋脂肪酸代謝
    核医学 44(3) 285-286 2007年
  • 心不全患者の予後評価における心筋脂肪酸代謝評価の臨床的有用性
    核医学 44(3) 283 2007年
  • ジギタリスによる虚血プレコンディショニング修飾の機序 -細胞膜ATP感受性カリウム・チャネルの機能的連関-
    堀江 稔, 春名 徹也, 河野 裕, 吉田 秀忠, 胡内 一郎, 縄田 隆三, 村上 知行, 篠山 重威
    心電図 20(2) 112-119 2000年03月
    ジギタリスは, 細胞膜Na/K-ATPase活性を阻害するが, 先に我々は, ジゴキシンが, 家兎梗塞モデルで観察される虚血プレコンディショニング (以下IPC) を阻害することを観察した.また, IPCを誘発するために行う5分間の冠動脈結紮は, その後のNa/K-ATPase活性のdown-regulationを有意に抑制することを報告した.一方, ATP感受性Kチヤネル (以下KATPチャネル) は, このIPCの発生機序におけるfinal common pathwayとして働くと考えられている.さらに, ジゴキシンのIPC阻害はKATPチャネル開口薬のcromakalimによりブロックされることが判明した.KATPチャネル活性を高めることによりIPC阻害が, 消失したことはNa/K-ATPaseとKATPチャネルの間になんらかの機能的な連関があることを示唆する, すなわち, Na/K-ATPase活性がIPC時に保たれることから, ポンプによる細胞膜直下fuzzy spaceのATPが消費され, そのレベルが低下することによりKATPチャネルが活性化する可能性が考えられた.
  • 心室細動後の心肺蘇生に成功し、遺伝子診断により確定した先天性QT延長症候群(LQT1)の1例
    第20回 心臓性急死研究会 2007年
  • Churg-Strauss syndrome presenting with massive pericardial effusion; case report and review of the literature.
    Heart Vessels  22(2) 128-130 2007年
  • Left ventricular involvement in arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy demonstrated by multidetector-row computed tomography.
    Int J Cardiol  115(3) e129-131 2007年
  • Cardioverter defibrillator implantation in a patient with double chambered right ventricle.
    Int J Cardiovasc Imaging 23(4) 459-462 2007年
  • Depiction of a new pulmonary vein variant using multidetector-row computed tomography.
    Cardiovasc Revasc Med 8(3) 207-208 2007年
  • A novel clinical indicator using Tc-99m sestamibi for evaluating cardiac mitochondrial function in patients with cardiomyopathies.
    J Am Coll Cardiol 49(9) 61A-62A 2007年
  • 心筋虚血に伴うATP感受性カリウムチャネル遺伝子の調節
    堀江 稔, 赤尾 昌治, 河野 裕, 大谷 秀夫, 吉田 秀忠, 西本 紀久, 藍 智彦, 春名 徹也, 高橋 綾子, 胡内 一郎, 村上 知行, 鷹野 誠, 篠山 重威
    心電図 19(2) 131-135 1999年03月
  • Chymase inhibitor improves renal dysfunction under long-term angiotensin-converting enzyme inhibitor in heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Comparison of BNP and NT-proBNP as a biomarker of heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Cardiac sympathetic nerve activity is improved by chronic statin therapy in patients with nonischemic heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Physiologically active BNP and C-reactive perotein contributes the regulation of plasma adiponectin in patients with decompasated heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • Left ventricular mass index as an important prognostic predictor in patients with heart failure
    第11回日本心不全学会 2007年
  • A novel clinical indicator using Tc-99m sestamibi for evaluating cardiac mitochondrial function in patients with cardiomyopathies.
    Circ J 71 I-415 2007年
  • Angiotensin II Type 1 Receptor Partially Mediates Stretch-Induced Potentiation of the Slow Component of Delayed Rectifier Potassium Current in Guinea Pig Atrium
    The American Heart Association Scientific Sessions 2007 2007年
  • Age-Related Triggers for Life-Threatning Arrhythmia in the Genotyped Long QT Syndrome
    The American Heart Association Scientific Sessions 2007 2007年
  • Hyper Transcardiac Extraction of Aldosterone Promote Ventricular Remodeling and Cardiac Mass in Patients with Primary Aldosteronism
    The American Heart Association Scientific Sessions 2007 2007年
  • Familial Dilated Cardiomyopathy with Conduction Disease Caused by a Lamin A/C Mutation: Efficacy of the Cardiac Resynchronization Therapy with a Defibrillator
    The American Heart Association Scientific Sessions 2007 2007年
  • Chronic NADPH Oxidase Inhibition Improves Cardiac Dysfunction Through The Suppression Of Cardiac Oxidative Stress And The Renin-Angiotensin System In Heart Failure
    The American Heart Association Scientific Sessions 2007 2007年
  • 73)多臓器不全をきっかけに判明したミトコンドリア心筋症の一例(第101回日本循環器学会近畿地方会)
    國友 健生, 藤井 応理, 谷口 晋, 山本 孝, 高島 弘行, 松本 鉄也, 蔦本 尚慶, 堀江 稔, 江口 豊
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 70(0) 2006年10月
  • 遺伝子解析の新知見とその臨床応用 遺伝性不整脈のゲノム解析 (第5土曜特集 心不全UPDATE) -- (最近のトピックス)
    堀江 稔, 伊藤 英樹
    医学のあゆみ 218(14) 1361-1365 2006年09月
  • 診断の指針・治療の指針 心臓とアルドステロン
    蔦本 尚慶, 林 優, 堀江 稔
    綜合臨床 55(6) 1725-1727 2006年06月
  • 156)心外膜炎で発症したChurg-Strauss症候群の1症例(第100回日本循環器学会近畿地方会)
    内貴 乃生, 奥田 奈賀子, 松本 鉄也, 藤井 応理, 松尾 信郎, 伊藤 誠, 堀江 稔, 浜本 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 70(0) 2006年04月
  • QT延長・短縮症候群 (シンポジウム 第57回福岡不整脈同好会)
    堀江 稔
    臨牀と研究 83(4) 603-605 2006年04月
  • 病態と診断の進歩 : 2. 不整脈と原因遺伝子
    伊藤 英樹, 堀江 稔
    日本内科学会雑誌 95(2) 203-208 2006年02月
    ここ10年の間で不整脈に関係する原因遺伝子が数多く報告されてきた. その多くは心筋細胞膜に発現するイオンチャネルか, これらのチャネルの膜発現に必要な構成蛋白である. 発現実験による機能解析から, 遺伝子異常が引き起こす機能変化と臨床像との関連が次第に明らかとなってきた. 今後, さらに新たな不整脈の原因遺伝子が発見されることが期待される.
  • 新薬の評価―カンデサルタン シレキセチル
    クリニカル プラクティス 25 143-144 2006年
  • ANPファミリーの新しい展開―ANPファミリー測定の臨床的意義
    Heart View  10 416-423 2006年
  • 慢性心不全の生化学診断
    CARDIAC PRACTICE  17(2) 143-150 2006年
  • 新薬インデックス
    2006クリニカルプラクティス増刊号 25 468-470 2006年
  • 心臓とアルドステロン
    総合臨床 55(6) 1725-1727 2006年
  • 検査値から診る―BNPの血中濃度測定
    循環plus メディカルトリビューン 6(10) 10-12 2006年
  • CRT-心不全治療に活かす―左室機能改善の機序
    Heart View メディカルビュー社 10(9) 50-55 2006年
  • 循環器薬の使い方―急性心不全
    medicina 43(9) 1460-1466 2006年
  • Brugada症候群
    Heart View 10(5) 568-573 2006年
  • QT延長・短縮症候群
    臨牀と研究 83(4) 603-605 2006年
  • Response to Letter Regarding Article, "Angiotensin II potentiates the slow component of delayed rectifier K+ current via the AT1 receptor in guinea pig atrial myocytes.
    Circulation 114 e566 2006年
  • アルドステロンと心不全 (特集 循環器疾患治療の新たなアプローチ:アルドステロンを見直す)
    蔦本 尚慶, 林 優, 堀江 稔
    呼吸と循環 53(12) 1241-1249 2005年12月
  • ダイジェスト版 : 心臓突然死の予知と予防法のガイドライン
    相澤 義房, 井上 博, 大江 透, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤 貴雄, 鎌倉 史朗, 古賀 義則, 原田 研介, 堀江 稔, 松崎 益徳, 三崎 拓郎, 三田村 秀雄, 山口 巖, 吉永 正夫, 池田 隆徳, 伊藤 誠, 江森 哲朗, 久賀 圭介, 児玉 逸雄, 佐々木 真吾, 清水 昭彦, 清水 渉, 住友 直方, 高月 誠司, 池主 雅臣, 新田 隆, 庭野 慎一, 野原 隆司, 藤木 明, 松田 直樹, 宮本 哲也, 村川 裕二, 鷲塚 隆
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 69 1253-1265 2005年11月
  • 心臓突然死の予知と予防法のガイドライン(循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2003-2004年度合同研究班報告))
    相澤 義房, 井上 博, 大江 透, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤 貴雄, 鎌倉 史朗, 古賀 義則, 原田 研介, 堀江 稔, 松崎 益徳, 三崎 拓郎, 三田村 秀雄, 山口 巖, 吉永 正夫, 池田 隆徳, 伊藤 誠, 江森 哲朗, 久賀 圭介, 児玉 逸雄, 佐々木 真吾, 清水 昭彦, 清水 渉, 住友 直方, 高月 誠司, 池主 雅臣, 新田 隆, 庭野 慎一, 野原 隆司, 藤木 明, 松田 直樹, 宮本 哲也, 村川 裕二, 鷲塚 隆, 杉本 恒明, 中澤 誠, 堀 正二, 山口 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 69(0) 1209-1265 2005年11月
  • 肺血症性肺塞栓にて発症した心室中隔欠損症に伴う感染性心内膜炎の一例(第99回日本循環器学会近畿地方会)
    吉野 知秀, 久松 隆史, 坪内 直也, 松本 鉄也, 堀江 稔, 浅井 徹, 白石 昭一郎
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 69(0) 2005年10月
  • マルチスライスCTによる心臓血管イメージング(第32回秋季学術大会)
    松尾 信郎, 堀江 稔
    日本放射線技術學會雜誌 61(9) 1309-1317 2005年09月
  • 不整脈と遺伝
    堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 25(4) 257-258 2005年07月
  • 診断の進歩 : 2. 体液因子による心不全の評価
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    日本内科学会雑誌 94(2) 221-227 2005年02月
    心不全では,心拍出量や血圧低下にともなう生体の代償機序によりさまざまな神経体液因子が血中,心臓組織中において上昇し病態の増悪進展と関係する.今後人口の高齢化にともない心不全患者が増加するのは間違いなく,ますます確実な診断と重症度評価が重要になると考えられる.心不全診断-重症度-予後-治療効果や病態を理解し,評価する上で, BNPなどの液性因子測定は心不全の生化学的指標として有用と考えられる.
  • 各種疾患におけるHOTの適応と臨床効果 慢性心不全における中枢性睡眠時無呼吸症候群(Cheyne-Stokes呼吸)と在宅酸素療法 (在宅呼吸管理の新展開) -- (在宅酸素療法(HOT))
    藤井 応理, 蔦本 尚慶, 堀江 稔
    日本胸部臨床 64(0) S72-77 2005年
  • 心不全診断に必要な検査:神経体液性因子測定の意義
    Heart View 9 34-40 2005年
  • 心不全治療におけるBNP測定の役割
    循環器科 57 230-238 2005年
  • 内科医に必要な栄養管理の知識
    心不全 診断と治療 93 1783-1787 2005年
  • アルドステロンと心不全
    呼吸と循環 53 1241-1249 2005年
  • 各種疾患におけるHOTの適応と臨床効果―慢性心不全における中枢性睡眠時無呼吸症候群(Cheyne-stokes呼吸).と在宅酸素療法
    日本胸部臨床 64(11) 72-77 2005年
  • 特定機能病院等における包括医療制度下で心臓核医学検査を日常診療でどのように使うか
    核医学 42(3) S226 2005年
  • Dilated cardiomyopathy relieved as a result of beta-blocker therapy: a case report-key point in assessment of prognosis based on MIBG myocardial scintigraphy ans BNP levels
    Ann Nucl Med 19 243-246 2005年
  • Noninvasive identification of myocardial sympathetic and metabolic abnormalities in a patient with "Takotsubo" cardiomyopathy
    International Medical Journal 12 143-144 2005年
  • 79) 当院で短期間に経験した感染性心内膜炎の三症例(第96回日本循環器学会近畿地方会)
    西山 敬三, 環 愼二, 岡林 旅人, 川嶋 剛史, 堀江 稔, 白石 昭一郎, 浅井 徹
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年04月
  • 133) CARTOシステムが治療に有効であったincisional flutterの二例(第96回日本循環器学会近畿地方会)
    八尾 武憲, 久保田 知希, 小澤 友哉, 八木 崇文, 伊藤 誠, 堀江 稔, 杉本 喜久, 井上 輝郎
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年04月
  • Bedside Teaching BNP測定における心不全患者の管理
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    呼吸と循環 52(2) 185-189 2004年02月
  • BNP測定における心不全患者の管理
    呼吸と循環 52 185-189 2004年
  • BNPをどのように利用するか
    Medicina 41 1832-1835 2004年
  • エプレレノン
    Cardiovascular Med-Surg 16 83-89 2004年
  • 新・心臓病診療プラクティス 3.心機能を識る : 心機能の液性調節機序
    文光堂 62-70 2004年
  • 亜硝酸剤舌下投与では、軽減されずその冠動脈内注入により軽減された不安定狭心症の1例
    堀江 稔
    最新医学 37(12) 2458-2462 1982年12月
  • 心不全診療ガイダンス
    メジカルビュー社 80-90 2004年
  • 二重房室結節伝導路が上室性頻拍(SVT)形成に寄与した不顕性WPW症候群の1例
    臨床心臓電気生理別冊 17 171-177 2004年
  • 心臓再同期療法術後に心電図同期心筋SPECTを用いて心機能定量評価を行った一症例
    核医学 41(4) 459 2004年
  • 心筋梗塞における心筋リモデリングと血管内皮機能?心電図同期心筋SPECTを用いた検討?
    核医学 41(3) 323 2004年
  • Noninvasive evaluation of coronary artery plaque with ECG-gated multislice computed tomography.
    J Am Coll Cardiol 43(5) 363-364 2004年
  • 8列マルチスライスCTによる冠動脈病変評価における有用性の検討(第95回日本循環器学会近畿地方会)
    松尾 信郎, 中村 保幸, 松本 鉄也, 中江 一郎, 洪 照恵, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • 右房腫瘤として発見され生検にて悪性リンパ腫と診断されたAIDSの1例(第95回日本循環器学会近畿地方会)
    宮本 証, 松尾 信郎, 中村 保幸, 中江 一郎, 松本 鉄也, 和田 厚幸, 伊藤 誠, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • アトピー性皮膚炎に黄色ブドウ球菌による感染性心内膜炎を併発し急激な大動脈弁破壊の経過をとった1例(第95回日本循環器学会近畿地方会)
    山路 正之, 高橋 正行, 環 愼二, 宮本 証, 大西 正人, 和田 厚幸, 松本 鉄也, 中村 保幸, 堀江 稔, 東田 隆治, 白石 昭一郎, 浅井 徹, 西山 敬三, 川嶋 剛史
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • 抗アルドステロン薬になにを期待するか--心臓はアルドステロンの標的臓器である (第1土曜特集 心不全のあらたな治療戦略) -- (治療の現状と戦略)
    蔦本 尚慶, 堀江 稔
    医学のあゆみ 206(10) 741-747 2003年09月
  • 不整脈と心筋イオンチャネル:QT延長症候群の分子基盤 (特集 チャネル・トランスポーターの分子医学2003)
    堀江 稔
    モレキュラ-メディシン 40(7) 802-808 2003年07月
  • 薬物誘発性QT延長症候群 : 遺伝的素因を含めた患者背景
    堀江 稔
    日本薬理学雑誌 121(6) 401-407 2003年06月
    QT延長症候群(LQTS)は,心電図上,著しいQT時間の延長と心臓突然死に繋がる多形性心室頻拍(torsade de pointes)を起こす疾患群であり,古くより家族性に発症することが知られていたが,近年,分子遺伝学あるいは細胞電気生理学の進歩の結果,心筋の興奮·伝導を担うイオンチャネル遺伝子の変異により,LQTSが惹起されることが解明された.一方,日常診療では,たとえば,薬剤性を含む2次性LQTSの患者に遭遇することが多い.このような症例の一部にも遺伝的背景が発見されるようになってきた.現在までに判明している種々の変異は,遺伝性LQTS関連遺伝子の全般にわたって発見されている.その機能解析では,チャネルへの障害の程度が軽いものも存在する.したがって2次性LQTSも一部はイオンチャネル病であることが理解された.本稿では,今日までに報告された種々の2次性LQTSにおける遺伝子異常について紹介し概説する.
  • 重症不整脈とイオン・チャネル異常 (研究会 第3回九州重症不整脈研究会)
    堀江 稔
    臨牀と研究 80(6) 1145-1149 2003年06月
  • Hereditary Arrhythmia : From Gene to Clinics
    堀江 稔
    不整脈 = Journal of arrhythmia 19(2) 2003年04月
  • Genotype-phenotype Correlation in Brugada Syndrome
    堀江 稔
    不整脈 = Journal of arrhythmia 19(2) 2003年04月
  • 液性因子測定の意義-BNPの意義と限界
    内科 91 444-448 2003年
  • 抗アルドステロン薬になにを期待するか-心臓はアルドステロンの標的臓器である-
    医学のあゆみ 206 741-747 2003年
  • 心不全の生化学診断 -BNPを中心に-
    日本臨床 61 782-788 2003年
  • Identification of cardiac sympathetic dysfunction in athlete’s heart by means of I-123 MIBG scintigraphy.
    J Nucl Cardiol 10(1) S44-S44 2003年
  • 37) 冠静脈洞内に留置したMP basket catheterがablationの通電部位決定に有用であった房室結節回帰頻拍の1例
    池口 滋, 天谷 直貴, 綿貫 正人, 河合 忠一, 堀江 稔
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 66(0) 2002年10月
  • 心筋Na^+チャネルの遺伝子変異(2.不整脈の遺伝・分子機構)(<特集>第66回日本循環器学会学術集会)
    蒔田 直昌, 神田 章弘, 渡辺 一郎, 堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 10(2) 245-249 2002年10月
  • アンジオテンシンの心筋イオンチャネルに対する作用
    堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 22(5) 2002年08月
  • イオンチャネル病と遺伝子診断(<特集>基礎医学の進歩)
    堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 10(1) 13-20 2002年03月
  • ATP感受性K^+チャネル
    野間 昭典, 堀江 稔, 鷹野 誠
    日本内科学会雑誌 91(3) 865-867 2002年03月
  • 二次性QT延長症候群と遺伝子異常 (特集 不整脈研究の新しい潮流) -- (不整脈の基礎に関する新展開)
    堀江 稔
    医学のあゆみ 200(9) 667-672 2002年03月
  • 内科-100年のあゆみ(循環器) 日本人の貢献-ATP感受性Kチャネル
    日本内科学会誌 91 89-91 2002年
  • QT延長症候群
    循環器疾患最新の治療2002-2003 343-346 2002年
  • 87) 房室結節回帰性頻拍と単形性心室期外収縮に対し, 遅伝達路アブレーションと大動脈弁左冠尖でのアブレーションを施行し, 両者を根治した1症例(日本循環器学会 第91回近畿地方会)
    天谷 直貴, 河合 忠一, 池口 滋, 綿貫 正人, 藍 智彦, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年10月
  • 46) Torsade de pointes で発症した産褥期心筋症の1例
    松岡 弘典, 大谷 秀夫, 当麻 正直, 吉田 秀忠, 堀江 稔, 松森 昭, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 65(0) 2001年04月
  • カリウム・チャネル病の遺伝子診断と機能解析
    第5回アミオダロン研究会講演集 21 147-158 2001年
  • QT延長症候群における不整脈治療の特殊性とその理論
    Progress in Medicine 21 87-91 2001年
  • 植込み型除細動器(ICD)治療におけるアミオダロンの有用性と限界)
    Progress in Medicine  21 174-178 2001年
  • 細胞内灌流法
    新パッチクランプ実験技術法 125-137 2001年
  • QT延長症候群
    循環器研修医ノート 532-535 2001年
  • 心筋クロライド・チャネル
    Key Word 心臓病 166-167 2001年
  • 先天性QT延長症候群 「循環器疾患-state of arts」
    医学のあゆみ 591-593 2001年
  • 多彩な上室性不整脈およびgap現象を示した1例
    臨床心臓電気生理別冊 14 35-46 2001年
  • 108) 孤発性QT延長症候群の1例
    原田 範雄, 堀江 英生, 渡辺 純二, 小久保 学, 松山 敏, 寺田 正樹, 鈴木 章八, 伊藤 文哉, 神谷 香一郎, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年10月
  • 39) Hereditary motor and sensory neuropathyに合併した無症候性Brugada症候群の1例
    白樫 義知, 堀江 稔, 大谷 秀夫, 春名 徹也, 河野 裕, 吉田 秀忠, 久保田 友之, 篠山 重威, 池口 滋
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年04月
  • SIV-6 QT延長症候群のmolecular medicine : 遺伝子異常を基盤とした治療を求めて
    堀江 稔, 大谷 秀夫, 吉田 秀忠, 春名 徹也, 河野 裕, 久保田 友之, 二宮 智紀, 篠山 重威, 山下 文男, 相澤 義房, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年03月
  • 1052 KCNQ1 C末端のmissence mutationによるLQT1 : genotype-phenotype解析
    山下 文男, 相澤 義房, 堀江 稔, 久保田 友之, 吉田 秀忠, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年03月
  • P497 細胞膜伸展刺激によるI_の増加のセンサーはKCNQ1で, チロシンリン酸化を必要としない
    久保田 友之, 堀江 稔, 吉田 秀忠, 二宮 智紀, 河野 裕, 春名 徹也, 大谷 秀夫, 篠山 重威, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年03月
  • P499 交感神経α1受容体刺激は、細胞膜PIP_2(phosphatidylinositol-4,5 bisphosphate) レベルの変動を介して, 細胞膜ATP感受性K^+チャネル (K_) チャネル活動を直接制御している
    春名 徹也, 堀江 稔, 河野 裕, 篠山 重威, 謝 来華, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年03月
  • P501 Verapamilによる心筋K_チャネル阻害の作用点は、チャネル孔を形成するKir6.2サブユニットである
    二宮 智紀, 堀江 稔, 春名 徹也, 河野 裕, 吉田 秀忠, 久保田 友之, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 64(0) 2000年03月
  • QT延長症候群はどこまでわかったか
    Heart View 4 68-72 2000年
  • 特集 21世紀の分子医学-心血管病の克服をめざして-不整脈
    分子心血管病 1 31-36 2000年
  • 先天性QT延長症候群-チャネル病としての治療戦略
    集中治療 12 509-514 2000年
  • マグネシウムと虚血性心疾患
    マグネシウムと循環器疾患 4 9-14 2000年
  • Brugada症候群
    CARDIAC PRACTICE  12 105-108 2000年
  • 房室解離・異所性補充調律
    Practical Seminar不整脈 189-195 2000年
  • 家族性不整脈症候群の遺伝子解析
    目でみる循環器シリーズ1 「不整脈」 137-142 2000年
  • 79)電気生理学的検査の検討が役立ったHERG遺伝子異常を認めるQT延長症候群(LQT2)の一例
    大道 近也, 藤井 英太郎, 寺村 忍, 内田 文也, 笠井 篤信, 中野 赳, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • 91)左上肺静脈への高周波カテーテル・アブレーションが心房細動のコントロールに有用であった発作性心房細動の1例
    池口 滋, 綿貫 正人, 堀江 稔, 藍 智彦, 吉田 秀忠, 河野 祐, 春名 徹也, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月
  • イオンチャネルとチャネル病 : I 循環器病学における生理学と分子生物学の融合(<特集>第63回日本循環器学会学術集会)
    堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 7(2) 199-206 1999年10月
  • ジギタリスによる虚血プレコンディショニング修飾の機序 -細胞膜ATP感受性カリウム・チャネルの機能的連関-
    堀江 稔, 春名 徹也, 河野 裕, 吉田 秀忠, 縄田 隆三, 村上 知行, 篠山 重威
    心電図 = Electrocardiology 19(5) 1999年08月
  • 119)弁輪直下心室ペーシングによる潜在性副伝導路心室付着端の評価法
    池口 滋, 綿貫 正人, 竹岡 玲, 二宮 智紀, 白坂 明広, 北川 元昭, 田中 省三, 橋本 哲男, 堀江 稔, 西本 紀久, 藍 智彦, 吉田 秀忠, 河野 祐, 春名 徹也, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(2) 1999年08月
  • 心不全における不整脈とその対策 (特集 不整脈の新展開--基礎から臨床まで) -- (不整脈の臨床・治療面の話題)
    堀江 稔
    医学のあゆみ 189(5) 349-353 1999年05月
  • PLI-2 イオン・チャネルとチャネル病
    堀江 稔, 大谷 秀夫, 吉田 秀忠, 河野 裕, 春名 徹也, 久保田 友之, 西本 紀久, 藍 智彦, 赤尾 昌治, 村上 知行, 鷹野 誠, 野間 昭典, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0219 イソプロテレノール負荷によるMAP持続時間の短縮がみられた新たなLQT2症例の電気生理学的特徴
    吉田 秀忠, 堀江 稔, 大谷 秀夫, 辻 啓子, 藍 智彦, 久保田 友之, 篠山 重威, 鷹野 誠, 河島 哲也, 大西 一男, 足立 和彦
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0277 QT延長症候群 : LQT1、LQT2に於けるQT時間の比較
    藍 智彦, 堀江 稔, 久保田 友之, 吉田 秀忠, 大谷 秀夫, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0568 心筋虚血後のKir6.1遺伝子発現増加による心筋保護効果の可能性 : Kir6.1タンデム蛋白による検討
    河野 裕, 堀江 稔, 大谷 秀夫, 赤尾 昌治, 村上 知行, 篠山 重威, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0576 虚血関連物質l-palmitoylcarnitineは虚血時にphosphatidylbisphosphate(PIP_2)による心筋ATP感受性Kチャネルの開口維持を抑制する。
    春名 徹也, 堀江 稔, 西本 紀久, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0580 ラット心筋虚血モデルにおける心筋K_チャネル遺伝子の特異的発現と組織アンジオテンシンIIの役割
    赤尾 昌治, 村上 知行, 大谷 秀夫, 堀江 稔, 胡内 一郎, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 0581 抗CD8抗体を用いた発現細胞の選別によるKvLQT1チャネル電流の解析
    久保田 友之, 堀江 稔, 吉田 秀忠, 河野 裕, 春名 徹也, 藍 智彦, 西本 紀久, 大谷 秀夫, 篠山 重威, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 63(1) 1999年03月
  • 嚢胞性線維症とCFTR
    最新医学  54 55-59 1999年
  • 心不全に於ける不整脈とその対策
    医学のあゆみ 189 349-353 1999年
  • QT延長症候群とは
    Cardiologist 9 636-640 1999年
  • イオンチャネルとチャネル病
    循環器専門医  7 199-214 1999年
  • 心電図から不整脈の発生機序はわかるか.
    臨床医 25 17-23 1999年
  • 不整脈治療の最近の動向-こわい不整脈とこわくない不整脈 抗不整脈薬の使い方
    臨床成人病 29 1485-1490 1999年
  • イオンチャネル病としての嚢胞性線維症 - 心筋型CFTRを含めて
    心臓 31 870-876 1999年
  • 二次性QT延長症候群の病態と治療
    循環器科 46 297-304 1999年
  • QT延長症候群の遺伝子解析は治療戦略をどう変えるか
    心臓病診療プラクティス 20 心臓病診療の問題点を考える?現代から未来へ?:  243-244 1999年
  • Post pacing intervalの評価がアブレーション至適部位の決定に有用であった特発性左室頻拍の1症例
    池口 滋, 綿貫 正人, 竹岡 玲, 奥田 和美, 北川 元昭, 田中 省三, 橋本 哲男, 堀江 稔, 大林 和彦, 西本 紀久, 藍 智彦, 高橋 綾子, 河野 祐, 春名 徹也, 吉田 秀忠, 篠山 重威
    不整脈 = Journal of arrhythmia 14(4) 456-461 1998年10月
  • 心筋虚血に伴うATP感受性カリウムチャネル遺伝子の調節
    堀江 稔, 赤尾 昌治, 河野 裕, 吉田 秀忠, 西本 紀久, 藍 智彦, 春名 徹也, 高橋 綾子, 胡内 一郎, 村上 知行, 鷹野 誠, 篠山 重威
    心電図 = Electrocardiology 18(5) 1998年08月
  • WPW症候群に対する高周波カテーテル・アブレーション : 複数副伝導路症例に関する検討
    池口 滋, 綿貫 正人, 竹岡 玲, 奥田 和美, 石川 昇, 橋本 哲男, 堀江 稔, 大林 和彦, 土屋 邦彦, 鷲塚 隆, 西本 紀久, 藍 智彦, 高橋 綾子, 篠山 重威
    心電図 = Electrocardiology 18(4) 413-423 1998年07月
  • SIII-8 QT延長症候群患者の遺伝子診断と治療戦略
    堀江 稔, 大谷 秀夫, 吉田 秀忠, 藍 智彦, 鷹野 誠, 福並 正剛, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 62(0) 1998年02月
  • 0073 ラット心筋虚血再潅流モデルにおける心筋ATP感受性Kチャネル遺伝子の転写調節
    赤尾 昌治, 村上 知行, 大谷 秀夫, 堀江 稔, 胡内 一郎, 篠山 重威, 鷹野 誠
    Japanese circulation journal 62(0) 1998年02月
  • 0546 Na/K ATPaseとATP感受性Kチャネルの機能的関連によるIschemic preconditioningの修飾
    春名 徹也, 堀江 稔, 村上 知行, 胡内 一郎, 土屋 邦彦, 縄田 隆三, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 62(0) 1998年02月
  • 心不全における抗不整脈薬治療
    カレントテラピー 16 100-103 1998年
  • 循環器疾患の分子生物学的アプローチ -基礎から臨床まで <座談会>循環器疾患と分子生物学の接点
    循環科学  18 548-559 1998年
  • QT延長と遺伝子解析
    Heart View 2 52-55 1998年
  • ホルター心電図
    総合臨床 47 2929-2934 1998年
  • QT延長症候群症例の遺伝子スクリーニングについて
    心臓 30(4) 44-48 1998年
  • 心室性不整脈 -基礎から臨床まで <座談会>心室性不整脈-一般的治療から専門治療まで
    循環科学 18 150-164 1998年
  • 心電学の基礎と応用 受容体によるイオンチャネルの制御
    堀江 稔
    心電図 = Electrocardiology 17(6) 740-746 1997年11月
  • WPW症候群に対する高周波カテーテル・アブレーション : 再発率および再発形式に関する検討
    池口 滋, 石川 昇, 奥田 和美, 竹岡 玲, 橋本 哲男, 堀江 稔, 綿貫 正人, 鷲塚 隆, 大林 和彦, 西本 紀久, 藍 智彦, 高橋 綾子, 篠山 重威
    心臓ペーシング 13(3) 297-300 1997年08月
  • 125) QT延長症候群でのNa,Kチャンネル遺伝子異常の診断と治療へのフィードバック
    大谷 秀夫, 堀江 稔, 大林 和彦, 鷲塚 隆, 藍 智彦, 西本 紀久, 赤尾 昌治, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 126) 埋込型除細動器を装着したBrugada症候群の1例
    池口 滋, 綿貫 正人, 石川 昇, 竹岡 玲, 奥田 和美, 橋本 哲男, 堀江 稔, 大林 和彦, 鷲塚 隆, 藍 智彦, 西本 紀彦, 高橋 綾子, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年08月
  • 多機能タンパクとしてのATP・cAMP依存性(CFTR)クロライド・チャネル
    堀江 稔
    日本農芸化学会誌 71(8) 812-814 1997年08月
  • 0354 非家族性QT延長症候群におけるNaチャンネル遺伝子異常
    大谷 秀夫, 堀江 稔, 赤尾 昌治, 高橋 綾子, 大林 和彦, 鷲塚 隆, 藍 智彦, 西本 紀久, 篠山 重威, 中村 武
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年03月
  • P391 Protein tyrosine kinaseによるモルモット心筋クロライド電流の調節
    大林 和彦, 堀江 稔, 鷲塚 隆, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 61(0) 1997年03月
  • 200) 心室細動を呈したBrugada症候群2症例の電気生理学的検討
    池口 滋, 石川 昇, 竹岡 玲, 奥田 和美, 橋本 哲男, 堀江 稔, 篠山 重威, 岩瀬 知行, 沢田 尚久
    Japanese circulation journal 60(0) 1997年01月
  • なぜ心室性不整脈を治療するのか
    Cardiologist 2 2-6 1997年
  • 多機能タンパクとしてのATP・cAMP依存症(CFTR) クロライド・チャネル
    日本農芸化学会誌  71 812-814 1997年
  • 心電図の基礎と応用 -イオンチャネル-受容体によるイオンチャネルの制御
    心電図(日本心電学会誌) 17 740-746 1997年
  • 不整脈疾患に対する説明と同意
    Cardiologist 2 891-893 1997年
  • 「抗不整脈薬」Vaughan Williamsで分類されない薬理作用
    抗不整脈薬のすべて 141-150 1997年
  • Ebstaien's anomaly三尖弁置換後、発祥した右後側壁Kent束によるPSVTのCatheter ablationに成功した一例
    臨床心臓電気生理 20 119-122 1997年
  • 特発性左室心室性頻拍に対する高周波カテーテル・アブレーション : presystolic potentialの意義
    池口 滋, 橋本 哲男, 堀江 稔, 綿貫 正人, 湯月 洋介, 土屋 邦彦, 鷲塚 隆, 高橋 綾子, 大林 和彦, 西本 紀久, 藍 智彦, 篠山 重威
    心臓ペーシング 12(5) 538-542 1996年12月
  • パッチ・クランプ法
    堀江 稔
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 4(2) 1996年10月
  • Fuzzy space ATPは虚血再灌流不整脈の発生に関与するか?-ATP感受性カリウム・チャネルとトランスポータ蛋白の機能的協関-
    堀江 稔, 綿貫 正人, 土屋 邦彦, 高橋 綾子, 篠山 重威
    心電図 = Electrocardiology 16(5) 1996年08月
  • 妊娠時の高脂血状態におけるリポ蛋白(a)の動態 : 正常妊娠と妊娠中毒症との比較
    村上 充剛, 奥山 輝明, 徳岡 晋, 堀江 稔, 佐伯 光, 安部 正雄
    日本産科婦人科學會雜誌 48(3) 177-183 1996年03月
    リポ蛋白(a)(Lp(a))は動脈硬化症の新しい危険因子として注目されており, また血液線溶系に関与する特徴をも有している. 今回我々は正常妊娠症例と妊娠中毒症例について血中総コレステロール(TC), 中性脂肪(TG), リン脂質(PL), 高比重リポ蛋白(HDL)およびLp(a)を測定した. 妊娠時の高脂血状態と妊娠中毒症の脂質代謝異常について検討するとともに, 妊娠時におけるLp(a)の動態を検討し, さらに妊娠中毒症の病態生理とLp(a)との関連を追究した. 1. 正常妊娠32例の分娩時の各脂質およびHDLはすべて高値を示し, 非妊婦と比較しTC:約70%, TG:約200%, PL:約70%の増加を示した. 一方, 妊娠中毒症11例においては正常妊婦よりTCとPL が有意に(p<0.05)低値であり, また有意差はないがTGが高値であり, HDLが低値であった. 2. 正常妊娠33例の分娩時のアポリポ蛋白A-I, A-II, B, C-II, C-III, Eは非妊婦より高値を示した. 一方, 妊娠中毒症例においてアポリポ蛋白C-IIIが32.5±11.0mg/dlと正常妊婦(21.3±7.2mg/dl)より有意に(p<0.005)高値を示した. 3. 妊娠経過中Lp(a)値は妊娠20週まで急激に上昇し妊娠初期の約1.5倍となったがその後は横這いに推移し, 妊娠経過を通じて上昇するTCやTGとは異なる動態を示した. 4. 分娩時のLp(a)値は, 正常妊娠症例:18.1±27.5mg/dlに対し妊娠中毒症例:17.8±17.9mg/d1であり, 各症例間に有意差は認めなかった. 以上の結果から, 妊娠時の高脂血状態において, Lp (a)代謝は脂質やほかのリポ蛋白とは異なる制御を受けることが示唆された. 一方, 妊娠中毒症において脂質代謝異常が存在するが, その病態とLp(a)との関連についてはさらに検討する必要があると考えられた.
  • 85 Taxol前処理によるCDDP耐性克服の試み
    山本 謙二, 堀江 稔, 佐伯 光, 安部 正雄
    日本産科婦人科學會雜誌 48(0) "S-150" 1996年02月
  • 105) MCLS, 陳旧性心筋梗塞に合併した左室心室性頻拍に対し高周波カテーテルアブレーションが有効であった1例(日本循環器学会 第79回近畿地方会)
    池口 滋, 橋本 哲男, 湯月 洋介, 綿貫 正人, 大林 和彦, 土屋 邦彦, 橋本 恵, 堀江 稔, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1996年02月
  • 0311 心筋L型Ca電流に対するアンギオテンシンIIの効果
    藍 智彦, 堀江 稔, 大林 和彦, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • 0315 Na/Kポンプによる心筋ATP感受性Kチャネルの調節
    土屋 邦彦, 堀江 稔, 綿貫 正人, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • 0319 Endothelin-1によるモルモット心室筋遅延整流K電流の抑制
    鷲塚 隆, 堀江 稔, 綿貫 正人, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • P004 アデノシンによる心筋ATP感受性Kチャネルの調節
    土屋 邦彦, 堀江 稔, 綿貫 正人, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • P378 副伝導路および房室結節を介する室房伝導の鑑別におけるPara-Hisian Pacing(PHP)の有用性の検討
    池口 滋, 石川 昇, 和泉 俊明, 竹岡 玲, 橋本 哲男, 堀江 稔, 湯月 洋介, 綿貫 正人, 大林 和彦, 土屋 邦彦, 鷲塚 隆, 高橋 綾子, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • P471 α_1受容体刺激は心筋PKA依存性Cl電流を抑制する
    大林 和彦, 堀江 稔, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 60(0) 1996年02月
  • 左房起源多源性心房頻拍に対して高周波カテーテル・アブレーションを施行した1症例
    池口 滋, 橋本 哲男, 湯月 洋介, 綿貫 正人, 高橋 綾子, 大林 和彦, 土屋 邦彦, 橋本 恵, 堀江 稔, 篠山 重威
    心臓ペーシング 12(1) 50-53 1996年01月
  • IV群抗不整脈薬
    日本臨床 54 114-119 1996年
  • チャネル・トランスポータ異常と疾病 不整脈と心筋イオン・チャネル
    最新医学 51 42-47 1996年
  • 抗不整脈薬の適正使用 2)心室性不整脈(心室性期外収縮、持続性心室性頻拍、非持続性心室性頻拍、心室細動既往例)
    Progress in Medicine  16 59-66 1996年
  • 細胞内灌流法
    「パッチクランプ実験技術法」 125-137 1996年
  • Ebstein奇形にWPW症候群を合併した1例
    Cardiologist 1(1) 61-66 1996年
  • 基礎心疾患を有する心室頻拍のカテーテル・アブレーションによる治療と予後-心筋梗塞後の心室頻拍の1例について-
    循環の計測と制御 15(1) 16-22 1996年
  • 63)著明な血行動態の悪化をみた右室流出路型心室頻拍の一例(日本循環器学会第77回近畿地方会)
    綿貫 正人, 高橋 綾子, 湯月 洋介, 堀江 稔, 篠山 重威, 中島 久宜
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 67)左房起源多源性異所性心房頻拍に対する高周波カテーテルアブレーション(日本循環器学会第77回近畿地方会)
    池口 滋, 石川 昇, 稲田 秀郎, 竹岡 玲, 橋本 哲男, 橋本 恵, 富田 哲也, 湯月 洋介, 高橋 綾子, 綿貫 正人, 堀江 稔, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 71)Wenckebach型HVブロックの1症例(日本循環器学会第77回近畿地方会)
    滝本 善仁, 縄田 隆三, 高橋 綾子, 綿貫 正人, 牧田 俊則, 湯月 洋介, 橋本 恵, 堀江 稔, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 72)ステロイド内服にてA-V blockが改善したサルコイドーシスの一例(日本循環器学会第77回近畿地方会)
    植田 知代子, 古川 裕, 松田 哲也, 堀江 稔, 村上 知行, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 118)Multiple Slow Pathwayの関与する房室結節回帰性頻拍に対する高周波カテーテルアブレーション(日本循環器学会第78回近畿地方会)
    池口 滋, 橋本 哲男, 湯月 洋介, 綿貫 正人, 高橋 綾子, 大林 和彦, 土屋 邦彦, 橋本 恵, 堀江 稔, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 逆行性発作性上室性頻拍および偽性心室性頻拍に対して高周波カテーテルアブレーションが有効であった A型 WPW 症候群の1例
    池口 滋, 橋本 哲男, 橋本 恵, 牧田 俊則, 湯月 洋介, 堀江 稔, 篠山 重威
    Journal of cardiology 25 1995年03月
  • 0630 Angiotensin-II受容体を介する心筋ATP甘受性Kチャネルの調節
    土屋 邦彦, 堀江 稔, 綿貫 正人, 篠山 重威, 林 誠治, 夏川 隆資
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年03月
  • P448 アンギオテンシンIIは心筋PKA依存性Cl電流を抑制する
    大林 和彦, 堀江 稔, 湯月 洋介, 綿貫 正人, 土屋 邦彦, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年03月
  • 169 周産期における高脂血関連因子について
    村上 充剛, 奥山 輝明, 堀江 稔, 徳岡 晋, 佐伯 光, 安部 正雄, 遠藤 了一, 高橋 一久, 大川 昭二
    日本産科婦人科學會雜誌 47(0) "S-187" 1995年02月
  • 細胞内灌流とgiant excised-patch法
    堀江 稔
    日本生理学雜誌 57(1) 15-23 1995年01月
  • 心臓自動能の電気生理 いわゆる洞性徐脈・頻脈の起こるメカニズム
    Medicina  32 5-7 1995年
  • 心筋症と不整脈
    治療学 29 6-9 1995年
  • 不整脈と心筋イオンチャネル -QT延長症候群をめぐる最近の知見-
    最新医学 51 42-47 1995年
  • 心筋虚血とATP感受性Kチャネル
    狭心症 87-94 1995年
  • 心筋障害とATP感受性カリウム・チャネル
    心不全 1995年
  • 妊婦における尿中グルカリン酸の測定とその動態について
    水本 賀文, 奥山 輝明, 遠藤 了一, 天明 麻子, 堀江 稔, 小倉 久男, 安部 正雄
    日本産科婦人科學會雜誌 46(7) 567-572 1994年07月
    肝グルクロン酸抱合系の最終代謝産物であるグルカリン酸(GA)尿中排泄量は間接的に肝薬物代謝酵素系(P-450)活性を反映し, その指標になることが考えられている. そこで非妊婦5名, 妊婦151名および褥婦4名を対象とし, 尿中GAをβ-グルクロニダーゼ活性阻害法により測定した. さらに非妊婦12名, 妊婦108名および褥婦11名を対象とし, 血中総脂質(TL), 総コレステロール(TC), 中性脂肪(TG), HDLコレステロール(HDL-C)および遊離脂肪酸(FFA)を酵素法により, また過酸化脂質(LPO)を螢光法により測定し, 尿中GAの動態と比較検討し以下の結果を得た. 1. 妊婦の尿中GAと尿中クレアチニンは有意の相関が認められた(N=151, r=0.6845,p<0.001). 2. 妊婦の尿中GAは妊娠中期で有意に上昇し(p<0.05), 分娩後は有意に低下し(p<0.05), 非妊娠時のレベルと同程度であることが認められた. 3. TL, TCおよびTGは妊娠初期から中期へ, さらに末期への上昇が認められ(p<0.05), 分娩後は低下することが認められた. 4. FFAおよびLPOは妊娠末期に有意の上昇が認められ, 分娩後は有意に低下することが認められた(p<0.05). 5. HDL-Cは妊娠中期に有意に上昇し(p<0.05), 分娩後は有意に低下し(p<0.05), 非妊娠時のレベルと同程度であることが認められた. さらに尿中GAと類似のパターンであることが認められた. 以上の結果および諸家の報告より妊婦の尿中GAの動態は胎児胎盤系より母体の代謝を反映・具現していることが推察された. したがって妊婦の尿中GAの動態を知ることは母体固有の代謝活性, 特に肝臓における誘導状態を推測し得, 妊婦の病態を把握できると考えられた.
  • 労作時に低心拍数で2:1房室ブロックを生じヒス束内ブロックが原因と考えられた一例。 : 日本循環器学会第73回近畿地方会
    妹尾 浩, 宮前 雅見, 牧田 俊則, 湯月 洋介, 橋本 恵, 堀江 稔, 野原 隆司, 小西 孝, 松森 昭, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 58(0) 1994年04月
  • 高周波カテーテルアブレーションが偽性心室性頻拍に有効であった79歳A型WPW症候群の1例 : 日本循環器学会第73回近畿地方会
    池口 滋, 橋本 哲男, 橋本 恵, 湯月 洋介, 牧田 俊則, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 58(0) 1994年04月
  • 母児間における血清ビタミンEと総脂質濃度比からみた脂質代謝について
    水本 賀文, 奥山 輝明, 堀江 稔, 遠藤 了一, 天明 麻子, 小倉 久男, 安部 正雄
    日本産科婦人科學會雜誌 46(4) 315-321 1994年04月
    近年, 各種疾患の病態と脂質過酸化反応の関連について検討報告がなされ, さらに過酸化脂質(LPO)の生物学的影響を制御する抗酸化機序の意義が重視されてきている. 我々は, 母児各血清の脂質とLPOおよびビタミンE (VE ;α-tocopherol)を測定し, VEの血清総脂質(TL)に対する比(VE/TL)から胎児の生物学的VEの量と脂質代謝における役割について併せ検討し, 以下の結果を得た. 1. 脂質とVEは母体血清に比べて臍帯血清で有意に低値(p<0.001)を示し, 脂質とVEは胎盤を介し濃度勾配が維持されていた. 2. VEとTLは母体および臍帯血清において有意の相関が認められた(母体血清: n=80, r=0.550,p<0.001, 臍帯血清: n=80, r=0.338, p<0.01). 3. VE/TL比は母体血清に対して臍帯血清で有意に低値を示した(p<0.001). 4. VEとVE/TL比は母体および臍帯血清においてVEとTLの相関より強い相関が認められた(母体血清: n=80, r=0.852, p<0.001, 臍帯血清: n=80, r=0.740, p<0.001). 5. LPOとVE/TL比は母体および臍帯血清において有意の逆相関が認められた(母体血清: n=80, r=-0.455, p<0.001, 臍帯血清: n=80, r=-0.571, p<0.001). 6. 母児ペア血清においてVE/TL比は相関が認められた(n=80, r=0.477, p<0.001). 7. 母体のVE/TL比と臍帯VEは有意の相関が認められた(n=80, r=0.453, p<0.001). 以上の結果より血清脂質はVE濃度の規定因子として重要でありVEと脂質の胎盤移行の面から異なる形式にのっとり母児間の濃度勾配が保たれている可能性が考えられた. さらにVE/TL比から胎児のVEは比較的低値にあるにもかかわらず, その大部分が脂質代謝にかかわるVEであり, このことは胎児の発育, 成長に伴う亢進した脂質代謝を反映しているのみならず, 胎児のVEの特性と役割が母体におけるそれと異なることが考えられた.
  • GTP結合蛋白のbasal activityによる心筋L型カルシウム電流の修飾 : 第58回日本循環器学会学術集会
    牧田 俊則, 堀江 稔, 森島 繁, 湯月 洋介, 橋本 恵, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 58(0) 1994年03月
  • Vaughan Williams Ia群抗不整脈薬cibenzolineによる心筋K_チャネル抑制の作用機序 : 第58回日本循環器学会学術集会
    綿貫 正人, 堀江 稔, 湯月 洋介, 高橋 綾子, 橋本 恵, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 58(0) 1994年03月
  • Mgイオンと心筋膜興奮性
    Japanese Journal of Mg Research  13 11-19 1994年
  • 心筋イオンチャネルの種類
    循環器NOWシリーズ「不整 - 病態理解と治療法の進歩- 」 50-52 1994年
  • Mgイオンと心筋膜興奮性
    JJSMgR 13(1) 11-19 1994年
  • 拡張型心筋症例における抗不整脈療法
    医学のあゆみ  169 1089-1091 1994年
  • 潜在性後中隔バイパスによる薬剤抵抗性房室回帰性頻拍を高周波カテーテル焼灼術にて根治した一例 : 日本循環器学会第72回近畿地方会
    岡田 正治, 牧田 俊則, 湯月 洋介, 橋本 恵, 堀江 稔, 松森 昭, 久萬田 俊明, 河合 忠一, 池口 滋
    Japanese circulation journal 57(0) 1993年08月
  • ATP感受性カリウムチャネル阻害剤glibenclamideの心筋Aキナーゼ依存性C1電流に対する抑制効果 : 口述発表 : 第57回日本循環器学会学術集会
    富永 真琴, 堀江 稔, 松森 昭, 篠山 重威
    Japanese circulation journal 57(0) 1993年03月
  • β-アドレナリン受容体を介する心筋細胞膜電流活性化の細胞内分子機構 : とくにクロールおよびカリウム電流について : 心筋細胞膜電流系の細胞内調節機転の異常 : 第56回日本循環器学会学術集会
    堀江 稔, 牧田 俊則, 鈴木 浩, Suzuki Hiroshi, 河合 忠一, Gadsby David C.
    Japanese circulation journal 56(0) 1344-1348 1993年01月
  • 自律神経と心筋細胞膜電流-とくにβ-アドレナリンとアセチルコリンにより調節されるクロライド電流について-
    心電図 (Jpn J Electrocardiology) 13 124-132 1993年
  • 循環器疾患とイオンチャネル -ATP感受性Kチャネルについて- 8
    BIOmedica  8 31-34 1993年
  • 抗心筋抗体によるCa2+透過性陽イオンチャネルの活性化
    心筋の構造と代謝 15 161-167 1993年
  • NIDDMラットにおける膵B細胞 ATP感受性 Kチャネルのグルコースに対する不応性.
    Peptide Hormones  13 199-203 1993年
  • 心筋クロライド・チャネルをめぐる最近の話題
    Medical Topics Series 不整脈 93 8-14 1993年
  • 急性心筋梗塞後の死亡例は有意に長いQT時間を記録
    CONGRESS REPORT 不整脈  5 4-8 1993年
  • アプリンジンにより洞調律に復帰した肥大型心筋症に合併した心房細動の1例
    岸本 一郎, 松森 昭, 鷹津 良樹, 堀江 稔, 久萬田 俊明, 河合 忠一
    Japanese circulation journal 56(0) 1992年10月
  • 拡張型心筋症における難治性心室頻拍に対するアミオダロンの効果(日本循環器学会 第71回近畿地方会)
    鈴木 浩, 松森 昭, 富永 真琴, 堀江 稔, 河合 忠一
    Japanese circulation journal 56(0) 888-889 1992年07月
  • 抗不整脈薬による低血糖のメカニズムについて : パッチクランプ法とラット膵β細胞を用いての検討
    堀江 稔, 河合 忠一
    Japanese circulation journal 56(0) 1992年03月
  • 不整脈による心不全
    CURRENT THERAPY  10 2017-2022 1992年
  • 心筋細胞膜電流系研究の手法
    不整脈学 15-21 1992年
  • DCM様所見を呈した洞性頻脈の1症例
    喜多 竜一, 溝口 哲, 堀江 稔, 松森 昭, 藤原 久義, 久萬田 俊明, 河合 忠一
    Japanese circulation journal 54(0) 1990年12月
  • 房室解離・異所性補充調律 Practical Seminar不整脈
    日本医事新報社 1990年
  • 223)心室頻拍(VT)患者におけるDelayed Ventricular Potentials(DVP)の検索 : 日本循環器学会第59回近畿地方会
    堀江 稔, 橋本 恵, 池口 滋, 河合 忠一, 田巻 俊一, 野々木 宏, 小西 與承
    Japanese circulation journal 51(0) 1987年12月
  • 46)前・下壁誘導にST上昇を認め緊急冠動脈造影時,前下行枝/枝病変であった心筋梗塞の検討 : 日本循環器学会第62回東海・第47回北陸合同地方会
    堀江 稔, 久保田 次郎, 西田 進一郎, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文
    Japanese circulation journal 48(0) 252-253 1985年04月
  • 92)褐色細胞腫3例における心臓所見 : 日本循環器学会第62回東海・第47回北陸合同地方会
    久保田 次郎, 泰江 博文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 西田 進一郎, 永尾 正男, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 48(0) 1985年04月
  • 179)心原性ショックに陥った急性心筋炎の5例 : 日本循環器学会第62回東海・第47回北陸合同地方会
    西田 進一郎, 泰江 弘文, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 堀江 稔, 久保田 次郎, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 48(0) 1985年04月
  • 71)僧帽弁閉鎖不全症を伴った三心房心の1治験例 : 日本循環器学会第63回東海地方会
    林 丘, 篠崎 拓, 島本 光臣, 上野 陽一郎, 山崎 文郎, 河原崎 茂孝, 長谷川 誠記, 秋山 文弥, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 48(0) 1985年04月
  • 63) PTCR後死亡した1症例の検討 : 日本循環器学会第61回東海地方会
    西田 進一郎, 久保田 次郎, 堀江 稔, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 表 信吾, 泰江 弘文, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 48(0) 1984年09月
  • PTCRの合併症
    Coronary  1 83-89 1984年
  • 18)心筋梗塞急性期の血栓溶解療法 : 日本循環器学会第59回東海・第44回北陸合同地方会
    表 信吾, 泰江 弘文, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 西田 進一郎, 堀江 稔, 関 真理
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年12月
  • 44)急性心筋梗塞緊急冠動脈造影施行例におけるcreatine phosphokinase(CRK)の検討 : 日本循環器学会第59回東海・第44回北陸合同地方会
    堀江 稔, 久保田 次郎, 西田 進一郎, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年12月
  • 61)β-ブロッカー及び亜硝酸剤の運動負荷心電図におよぼす影響について : 運動負荷心電図偽陽性例での検討 : 日本循環器学会第59回東海・第44回北陸合同地方会
    滝沢 明憲, 泰江 弘文, 表 信吾, 永尾 正男, 西田 進一郎, 堀江 稔, 久保田 次郎
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年12月
  • 88)下垂体腺腫摘除により著明な心機能の改善をみたacromegalic cardiomyopathyの1例 : 日本循環器学会第59回東海・第44回北陸合同地方会
    滝沢 明憲, 表 信吾, 永尾 正男, 西田 進一郎, 堀江 稔, 久保田 次郎, 泰江 弘文, 田中 暁, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年12月
  • 93)重篤な臨床経過をとった急性心筋炎と考えられる4症例 : 日本循環器学会第59回東海・第44回北陸合同地方会
    西田 進一郎, 泰江 弘文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 堀江 稔, 久保田 次郎, 西村 治男, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年12月
  • 心筋梗塞急性期における冠動脈閉塞の再開通がCPK値及び慢性期左室壁運動に及ぼす影響
    循環 6 40-44 1983年
  • 急性心筋梗塞が疑われ、広汎な心室瘤を有していた心サルコイドージスの1例
    呼吸と循環 31(7) 811-814 1983年
  • 下垂体腺腫摘除により心機能の著名な改善を示したAcromegalic Cardiomyopathyの1例
    心臓 15(4) 473-477 1983年
  • 急性心筋梗塞に伴う心原性ショック離脱後の心臓破裂3例
    心臓 15(5) 579-585 1983年
  • 27)有意の冠動脈病変を持たぬ急性心筋梗塞の1剖検例 : 日本循環器学会第55回東海地方会
    玄 博允, 堀江 稔, 西田 進一郎, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 29)心原性ショックを伴い小破裂をきたした急性心筋梗塞の2例 : 日本循環器学会第55回東海地方会
    堀江 稔, 西田 進一郎, 玄 博允, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 52)心原性ショックを伴なった褐色細胞腫の1症例 : 日本循環器学会第55回東海地方会
    関 真理, 泰江 弘文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 西田 進一郎, 玄 博允, 堀江 稔, 山田 和範
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 15)心筋梗塞急性期にウロキナーゼを直接注入し冠動脈内血栓を溶解する試み : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    表 信吾, 泰江 弘文, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 玄 博充, 西田 進一郎, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 18)諸種薬剤に興味ある反応を示した不安定狭心症の1例 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    山田 和範, 堀江 稔, 西田 進一郎, 玄 博充, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 25)Nitroglycerin(NTG)舌下投与では発作が抑制されず, 冠動脈内注入により抑制された不安定狭心症の1例 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    堀江 稔, 泰江 弘文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 玄 博充, 西川 進一郎
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 74)心サルコイドーシスの1例 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    西田 進一郎, 堀江 稔, 玄 博允, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 千原 幸司, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 86)内科的治療に抗しA-Cバイパス術で著効を示した多枝病変を有する狭心症の1例 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    玄 博允, 西田 進一郎, 堀江 稔, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 篠崎 拓
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 143)肥大型心筋症の左室等容弛緩期に対するdiltiazemの効果 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
    永尾 正男, 泰江 弘文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 玄 博充, 西田 進一郎, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年11月
  • 15)イソプロテレノール点滴後に冠動脈攣縮をきたした異型狭心症の1例 : 日本循環器学会第53回東海・第38回北陸合同地方会
    西田 進一郎, 泰江 弘文, 表 信吾, 滝沢 明憲, 永尾 正男, 玄 博允, 堀江 稔, 田中 暁
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年06月
  • 18)心筋梗塞の冠動脈造影所見 : 日本循環器学会第53回東海・第38回北陸合同地方会
    滝澤 明憲, 泰江 弘文, 表 信吾, 永尾 正男, 玄 博允, 西田 進一郎, 堀江 稔
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年06月
  • 29)早期に収縮をきたした結核性心外膜炎の3例 : 日本循環器学会第53回東海・第38回北陸合同地方会
    堀江 稔, 西田 進一郎, 玄 博允, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 田中 暁, 伊藤 忠弘
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年06月
  • 129)大動脈炎症候群に伴う高血圧性心不全の1例 : SQ14225(AI転換酵素阻害剤)の血行動態に及ぼす効果 : 日本循環器学会第53回東海・第38回北陸合同地方会
    堀江 稔, 山円 和範, 関 真理, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 田中 暁
    Japanese circulation journal 46(0) 1982年06月
  • 急性期冠動脈造影
    総合臨床 31 1638-1642 1982年
  • 運動負荷と冠攣縮
    循環器科 11 294-302 1982年
  • Methimazole治療中インスリン自己抗体によると考えられる低血糖で、意識消失発作をみたGraves病の1例
    静岡県臨床免疫懇話会記録 5(1) 18-20 1982年
  • 運動負荷と冠攣縮
    循環器科 11(3) 294-302 1982年
  • 129) 外科的手術を施行した急性心筋梗塞による心破裂の1例 : 日本循環器学会第50回東海・第35回北陸合同地方会
    堀江 稔, 永尾 正男, 滝沢 明憲, 表 信吾, 泰江 弘文, 篠崎 拓, 島本 光臣, 上野 陽一郎, 秋山 文弥
    Japanese circulation journal 45(0) 1981年12月
  • 冠動脈の攣縮の発生機序
    臨床科学 17 67-71 1981年
  • アルコールにより誘発された異型狭心症
    呼吸と循環 29 1357-1361 1981年
  • 偽性副甲状腺機能低下症の1例に認められたプロラクチンならびに成長ホルモン分泌異常について
    内科 46(5) 889-892 1980年

競争的資金

  • 先天性QT延長症候群の遺伝的背景に基づく治療指針の検討
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
    代表者:堀江 稔
  • 家族性突然死症候群の遺伝的背景の解明
    :厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
    代表者:堀江 稔
  • 発症機序が未知の遺伝性循環器疾患における疾患特異的iPS細胞を用いた診断法の開発