詳細検索はこちら

杉 拓磨

所属部署名神経難病研究センター
職名特任准教授
 
 
更新日: 17/11/17 10:12

研究者基本情報

氏名

    杉 拓磨

連絡先等

所属(マスタ)

  • 神経難病研究センター 特任准教授

学歴

  • 2004年04月- 2007年03月京都大学大学院 生命科学研究科 高次生命科学専攻
  • 2000年04月- 2003年03月京都大学大学院 工学研究科 分子工学専攻分子設計学講座
  • 1997年04月- 2000年03月京都大学 工学部 工業化学科

学位

  • 生命科学(京都大学)

所属学協会

    日本神経科学学会 , 日本生物物理学会

委員歴

  • 2014年04月- 現在文部科学省 科学技術予測センター 専門調査員

経歴

  • 2016年08月- 現在滋賀医科大学(特任准教授)
  • 2012年10月- 現在国立研究開発法人 科学技術振興機構(さきがけ研究者)
  • 2012年10月- 2016年03月京都大学 物質-細胞統合システム拠点(特任助教)
  • 2011年04月- 2012年09月京都大学大学院(日本学術振興会特別研究員PD)
  • 2007年04月- 2011年03月名古屋大学大学院(CREST博士研究員)
  • 2003年04月- 2004年03月武田薬品工業株式会社(社員(研究員))

研究活動情報

研究分野

  • 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態 / 行動遺伝学
  • 生物科学 / 生物物理学
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般

研究キーワード

    線虫 , 記憶 , 生物物理学 , 合成生物学 , 包括脳ネットワーク

論文

  • Genome Editing in C. elegans and Other Nematode Species.
    Sugi T
    International journal of molecular sciences 17(3) 295 2016年02月 [査読有り]
  • Nanoscale Mechanical Stimulation Method for Quantifying C. elegans Mechanosensory Behavior and Memory.
    Sugi T, Okumura E, Kiso K, Igarashi R
    Analytical sciences 32(11) 1159-1164 2016年 [査読有り]
  • Optically Detected Magnetic Resonance of Nanodiamonds In Vivo; Implementation of Selective Imaging and Fast Sampling.
    Yoshinari Y, Mori S, Igarashi R, Sugi T, Yokota H, Ikeda K, Sumiya H, Mori I, Tochio H, Harada Y, Shirakawa M
    Journal of nanoscience and nanotechnology 15(2) 1014-1021 2015年02月 [査読有り]
  • High-throughput optical quantification of mechanosensory habituation reveals neurons encoding memory in Caenorhabditis elegans.
    Sugi T, Ohtani Y, Kumiya Y, Igarashi R, Shirakawa M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2014年11月 [査読有り]
  • Simplified method for cell-specific gene expression analysis in Caenorhabditis elegans.
    Sugi T, Ohtani Y
    Biochemical and biophysical research communications 450 330-334 2014年07月 [査読有り]
  • Versatile strategy for isolating transcription activator-like effector nuclease-mediated knockout mutants in Caenorhabditis elegans.
    Sugi T, Sakuma T, Ohtani Y, Yamamoto T
    Development, growth & differentiation 56 78-85 2014年01月 [査読有り]
  • Real-time background-free selective imaging of fluorescent nanodiamonds in vivo.
    Igarashi R, Yoshinari Y, Yokota H, Sugi T, Sugihara F, Ikeda K, Sumiya H, Tsuji S, Mori I, Tochio H, Harada Y, Shirakawa M
    Nano letters 12(11) 5726-5732 2012年11月 [査読有り]
  • Identification of the AFD neuron as the site of action of the CREB protein in Caenorhabditis elegans thermotaxis.
    Nishida Y(Co-first), Sugi T(Co-first), Nonomura M, Mori I
    EMBO reports 12(8) 855-862 2011年07月 [査読有り]
  • Regulation of behavioral plasticity by systemic temperature signaling in Caenorhabditis elegans.
    Sugi T, Nishida Y, Mori I
    Nature neuroscience 14(8) 984-992 2011年06月 [査読有り]
  • [Metabotropic glutamate receptor trafficking mechanism--autoinhibitory role of a scaffold protein tamalin].
    Sugi T, Morikawa K, Jingami H
    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 80(5) 416-420 2008年05月 [査読有り]
  • Structural insights into the PIP2 recognition by syntenin-1 PDZ domain.
    Sugi T, Oyama T, Morikawa K, Jingami H
    Biochemical and biophysical research communications 366(2) 373-378 2008年02月 [査読有り]
  • Crystal structures of autoinhibitory PDZ domain of Tamalin: implications for metabotropic glutamate receptor trafficking regulation.
    Sugi T, Oyama T, Muto T, Nakanishi S, Morikawa K, Jingami H
    The EMBO journal 26(8) 2192-2205 2007年04月 [査読有り]

競争的資金

  • 行動を規定する動的分子機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    代表者:杉 拓磨
  • 記憶の分子実体の構成的理解
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C)特設分野)
    代表者:杉 拓磨
  • In vivo における細胞特異的ゲノム・エピゲノム操作技術の開発とその応用
    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団:研究助成金
    代表者:杉 拓磨
  • 記憶の具現化
    (独)科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業「さきがけ」
    代表者:杉 拓磨
  • 記憶を規定する神経回路動態のエピジェネティック制御機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    代表者:杉 拓磨
  • 記憶をコードするエピジェネティック因子の同定
    公益財団法人 アステラス病態代謝研究会:研究助成金
    代表者:杉 拓磨
  • 記憶を制御するエピジェネティクスの解明
    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団:研究助成金
    代表者:杉 拓磨
  • 線虫の記憶を規定する神経回路動態のエピジェネティック制御
    日本学術振興会:特別研究員奨励費
    代表者:杉 拓磨

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 人工生命デザイン (九州大学)