詳細検索はこちら

杉原 洋行

所属部署名病理学講座(分子診断病理学)
職名教授
 
 
更新日: 17/11/17 09:53

研究者基本情報

氏名

    杉原 洋行

所属(マスタ)

  • 病理学講座(分子診断病理学) 教授

学歴

  • - 1984年京都府立医科大学 医学研究科 病理学
  • - 1980年京都府立医科大学 医学部 医学

学位

  • 医学博士(京都府立医科大学)

所属学協会

    癌学会 , 病理学会 , 日本胃癌学会 , サイトメトリー学会 , 組織細胞化学会

委員歴

  • 2011年01月- 2016年12月日本癌学会 評議員
  • 2010年11月- 現在日本消化器癌発生学会 評議員
  • 2009年12月- 現在日本胃癌学会 評議員
  • 2002年04月- 現在日本サイトメトリー学会 評議員
  • 1998年04月- 現在日本病理学会 評議員
  • 1992年04月- 現在日本組織細胞化学会 評議員

経歴

  • 1995年- 2009年 滋賀医科大学助教授/准教授
  • 1990年- 1995年 京都府立医科大学 講師
  • 1989年- 1990年 京都府立医科大学 助手
  • 1984年- 1989年 福井医科大学 助手

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学 / 人体病理学
  • 基礎医学 / 実験病理学

研究キーワード

    人体病理学 , 分子細胞遺伝学 , 実験病理学

論文

  • Adenocarcinoma arising in multiple hyperplastic polyps in a patient with Helicobacter pylori infection and hypergastrinemia during long-term proton pump inhibitor therapy.
    Anjiki H, Mukaisho KI, Kadomoto Y, Doi H, Yoshikawa K, Nakayama T, Vo DT, Hattori T, Sugihara H
    Clinical journal of gastroenterology 10(2) 128-136 2017年04月 [査読有り]
  • Characterization of a novel monoclonal antibody against human mitochondrial ferritin and its immunohistochemical application in human and monkey substantia nigra.
    Yang M, Yang H, Guan H, Kato T, Muaksiho K, Sugihara H, Ogasawara K, Terada T, Tooyama I
    Acta histochem cytochem 50(1) 49-55 2017年02月 [査読有り]
  • Identification of cardiac progenitors that survive in the ischemic human heart after ventricular myocyte death.
    Omatsu-Kanbe M, Nozuchi N, Nishino Y, Mukaisho KI, Sugihara H, Matsuura H
    Scientific reports 7 41318 2017年01月 [査読有り]
  • Periostin suppresses in vivo invasiveness via PDK1/Akt/mTOR signaling pathway in a mouse orthotopic model of bladder cancer
    Kim Cj, Tambe Y, Mukaisho KI, Sugihara H, Kageyama S, Kawauchi A, Inoue H
    Oncology Letters 13 4276-7284 2017年 [査読有り]
  • Akt-dependent activation of Erk by cyclin D1b contributes to cell invasiveness and tumorigenicity.
    Kim CJ, Tambe Y, Mukaisho KI, Sugihara H, Kawauchi A, Inoue H
    Oncology letters 12(6) 4850-4856 2016年12月 [査読有り]
  • Comparison of the wound healing efficacy of polyglycolic acid sheets with fibrin glue and gelatin sponge dressings in a rat cranial periosteal defect model.
    Koshinuma S, Murakami S, Noi M, Murakami T, Mukaisho KI, Sugihara H, Yamamoto G
    Experimental animals 65(4) 473-483 2016年11月 [査読有り]
  • ABCG2 expression in colorectal adenocarcinomas may predict resistance to irinotecan.
    Tuy HD, Shiomi H, Mukaisho KI, Naka S, Shimizu T, Sonoda H, Mekata E, Endo Y, Kurumi Y, Sugihara H, Tani M, Tani T
    Oncology letters 12(4) 2752-2760 2016年10月 [査読有り]
  • [A Case of Synchronous Multiple Metastases in which the Origin Could Not Be Identified by Routine Examination].
    Fujiwara R, Narita M, Kageyama S, Kawauchi A, Nakayama T, Nishi N, Sugihara H, Okada Y
    Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica 62(9) 473-477 2016年09月 [査読有り]
  • がんをどう理解し説明するかー発癌メカニズムからリスク予知まで
    杉原 洋行
    京都消化器医会会報 32 3-13 2016年06月
  • Effects of ezrin knockdown on the structure of gastric glandular epithelia.
    Yoshida S, Yamamoto H, Tetsui T, Kobayakawa Y, Hatano R, Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H, Asano S
    The journal of physiological sciences : JPS 66(1) 53-65 2016年01月 [査読有り]
  • Comprehensive proteome analysis of brush border membrane fraction of ileum of ezrin knockdown mice.
    Yoshida S, Fukutomi T, Kimura T, Sakurai H, Hatano R, Yamamoto H, Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H, Asano S
    Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(2) 127-139 2016年 [査読有り]
  • 肝門部胆管癌が疑われた混合型肝癌の一剖検例
    向所賢一、石本立、稲富理、仲山貴永、安藤朗、杉原洋行
    病理と臨床 34(4) 395-401 2016年
  • 食道胃接合部腺癌の発生メカニズム
    向所賢一、仲山貴永、萩原恭史、九嶋亮治、服部隆則、杉原洋行
    胃と腸 50(9) 1168-1175 2015年08月
  • Two distinct etiologies of gastric cardia adenocarcinoma: interactions among pH, Helicobacter pylori, and bile acids.
    Mukaisho K, Nakayama T, Hagiwara T, Hattori T, Sugihara H
    Frontiers in microbiology 6(Article 412) 412 2015年05月 [査読有り]
  • Progression risk assessments of individual non-invasive gastric neoplasms by genomic copy-number profile and mucin phenotype
    Vo DT, Nakayama T, Yamamaoto H, Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H.
    BMC Medical Genomics 8(60) 2015年 [査読有り]
  • Proton pump inhibitors and helicobacter pylori-associated pathogenesis.
    Hagiwara T, Mukaisho K, Nakayama T, Hattori T, Sugihara H
    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP 16(4) 1315-1319 2015年 [査読有り]
  • 硬化性胆管炎様病変から敗血症で死亡するまで1年7ヶ月の経過を追えた中部胆管癌の1例
    清水峻、山本剛、南部卓三、山本昌弘、森口裕紀、萩原恭史、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 18 15-22 2015年
  • ラット胃・十二指腸液逆流モデルを用いた発癌研究
    向所賢一、服部隆則、杉原洋行
    Surgery Frontier 22(3) 71-75 2015年
  • 粘膜下浸潤癌と脈管侵襲:専門医のためのアトラス。
    向所賢一、杉原洋行
    胃がん perspective 7(3) 30(178)-33(181) 2014年
  • Female-specific rectal carcinogenesis in cyclin D1b transgenic mice
    Kim CJ, Tambe Y, Mukaisho K, Sugihara H, Isono T, Sonoda H, Shimizu T, Kondoh G, Inoue H
    Carcinogenesis 35(1) 227-236 2014年
  • Continuous taurocholic acid exposure promotes esophageal squamous cell carcinoma progression due to reduced cell loss resulting from enhanced vascular development.
    Sato S, Yamamoto H, Mukaisho K, Saito S, Hattori T, Yamamoto G, Sugihara H.
    PLOS ONE 9(2) e88831 2014年
  • Potential mechanism of corpus-predominant gastritis after PPI therapy in Helicobacter pylori-positive patients with GRED
    Mukaisho K, Hagiwara T, Nakayama T, Hattori T, Sugihara H
    World Journal of Gastroenterology 20(34) 11962-11965 2014年
  • Prion protein- and cardiac troponin T-marked interstitial cells from the adult myocardium spontaneously develop into beating cardiomyocytes
    Omatsu-Kanbe M, Nishino Y, Nozuchi N, Sugihara H, Matsuura H
    Scientific Reports 4(7301) 1-11 2014年
  • 骨髄異形成症候群の経過中に発熱、腹痛と白血球増加をきたして死亡した1例
    米丸隼平、武内美紀、山本昌弘、黒川龍美、岡田勝治、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 17 29-36 2014年
  • 食道胃接合部癌発生のメカニズム; III 胃癌の分子生物学と発癌機序:「最新胃癌学 ?基礎と臨床の最新研究動向?」
    向所賢一、服部隆則、杉原洋行
    日本臨床(増刊) 72(1) 144-150 2014年
  • Duodenal contents reflux can induce esophageal squamous cell carcinoma as well as adenocarcinoma
    Mukaisho K, Nakayama T, Yamamoto H, Hagiwara T, Sugihara H, Hattori T
    Journal of Cancer Science and Clinical Oncology 1(1) 103 2014年
  • 膵上皮化生の発生と十二指腸液逆流 -動物モデルからの知見- 「Symposium:GERD研究会第18回学術集会」
    向所賢一、仲山貴永、山本裕人、萩原恭史、荒木克夫、服部隆則、杉原洋行
    Therapeutic Research 35(4) 387-392 2014年
  • 閉塞性黄疸を来したEBウイルス関連びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例
    中浦玄也、大村寧、南部卓三、山本昌弘、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 16 23-26 2013年
  • Mechanisms underlying cancer progression caused by ezrin overexpression in tongue squamous cell carcinoma.
    Saito S, Yamamoto H, Mukaisho K, Sato S, Higo T, Hattori T, Yamamoto G, Sugihara H.
    PLoS One 8(1) e54881 2013年
  • Transmembrane mucin MUC1 overexpression and its association with CD10(+) myeloid cells, transforming growth factor-β1 expression, and tumor budding grade in colorectal cancer.
    Khanh DT, Mekata E, Mukaisho KI, Sugihara H, Shimizu T, Shiomi H, Murata S, Naka S, Yamamoto H, Endo Y, Tani T
    Cancer Sci. 104(7) 958-964 2013年
  • Genetic lineages of undifferentiated-type gastric carcinomas analysed by unsupervised clustering of genomic DNA microarray data.
    Sonoda A, Mukaisho K, Nakayama T, Diem VT, Hattori T, Andoh A, Fujiyama Y, Sugihara H.
    BMC Medical Genomics 6(online) 25 2013年 [査読有り]
  • Precursor-derived versus de-novo carcinogenesis depends on lineage-specific mucin phenotypes of intramucosal gland-forming gastric neoplasms.
    Nishimura R, Mukaisho KI, Yamamoto H, Sonoda A, Andoh A, Fujiyama Y, Hattori T, Sugihara H.
    Histopathology 63 616-629 2013年 [査読有り]
  • 潜在性心筋梗塞による脳梗塞とともに肺炎が遷延化し呼吸不全により死亡した症例。
    谷本 匡浩、小山 哲朗、南部 卓三、山本 昌弘、石垣 宏仁、杉原 洋行
    公立甲賀病院紀要 15 29-36 2012年
  • The herbal medicine rikkunshito exhibits strong and dufferential adsorption properties for bile salts
    Araki Y, Mukaisho K, Fujiyama Y, Hattori T,Sugihara H
    Experimental and Therapeutic Medicine 3 645-649 2012年
  • Dextran sulfate sodium administered orally is depolymerized in the stomach and induces cell cycle arrest plus apoptosis in the colon in early mouse colitis.
    Araki Y, Bamba T, Mukaisho K, Kanauchi O, Ban H, Bamba S, Andoh A, Fujiyama Y, Hattori T, Sugihara H.
    Oncology Reports 28(5) 1597-1605 2012年
  • Experimental strategies for induction of gastric adenocarcinomas under long-term proton pump inhibitor administration and Helicobacter pylori infection.
    Hagiwara T, Mukaisho K, Nakayama T, Sugihara H, Hattori T.
    Asian Pacific Journal of Cancer Prevention 13(6) 3005-3006 2012年
  • Ezrin, a membrane cytoskeletal cross-linker, is essential for the regulation of phosphate and calcium homeostasis.
    Hatano R, Fujii E, Segawa H, Mukaisho K, Matsubara M, Miyamoto K, Hattori T, Sugihara H, Asano S.
    Kidney International 83(1) 41-49 2012年
  • Angiogenesis in upper tract urothelial carcinoma associated with Balkan endemic nephropathy.
    Jankovic Velickovic L, Ristic Petrovic A, Stojnev S, Dolicanin Z, Hattori T, Sugihara H, Mukaisho K, Stojanovic M, Stefanovic V.
    International Journal of Clinical and Experimental Pathology 5(7) 674-683 2012年
  • Myeloid cells positive for CD10 at invasion front can predict poor outcome in stage II colorectal cancer
    Khanh DT, Mekata E, Mukaisho KI, Shimizu T, Tatsuta T, Sugihara H, Endo Y, Kurumi Y, Tani T
    Int J Clin Oncol 17(3) 240-249 2012年
  • アルコール多飲歴があり低ナトリウム血症を来して入院後急死した症例
    山名正昭、八木勇紀、南部卓三、山本昌弘、萩原恭史、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 14 69-74 2011年
  • Down-Regulation of FXYD3 Is Induced by Transforming Growth Factor-β Signaling via ZEB1/δEF1 in Human Mammary Epithelial Cells.
    Yamamoto H, Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T, Asano S.
    Biological & pharmaceutical bulletin 34(3) 324-329 2011年
  • Long-term proton pump inhibitor administration worsens atrophic corpus gastritis and promotes adenocarcinoma development in Mongolian gerbils infected with Helicobacter pylori.
    Hagiwara T, Mukaisho K, Nakayama T, Sugihara H, Hattori T.
    Gut 60(5) 624-630 2011年
  • Prognostic role of CD10(+) myeloid cells in association with tumor budding at the invasion front of colorectal cancer.
    Khanh do T, Mekata E, Mukaisho K, Sugihara H, Shimizu T, Shiomi H, Murata S, Naka S, Yamamoto H, Endo Y, Tani T.
    Cancer Science 102(9) 1724-1733 2011年
  • 急性心筋梗塞に対するpercutaneous coronary intervention後に突然死を来たした症例
    三好薫人、寺村真範、酒井宏、高山智行、環慎二、岡林旅人、川島剛史、山本昌弘、萩原恭史、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 13 37-44 2010年
  • Proteus mirabilis sp. intestinal microflora grow in a dextran sulfate sodium-rich environment.
    Araki Y, Mukaisho K, Sugihara H, Fujiyama Y, Hattori T.
    Int J Mol Med.  25(2) 203-208 2010年
  • Increased apoptosis and decreased proliferation of colonic epithelium in dextran sulfate sodium-induced colitis in mice.
    Araki Y, Mukaisho K, Sugihara H, Fujiyama Y, Hattori T.
    Oncol Rep.  24(4) 869-874 2010年
  • Microsatellite instability with promoter methylation and silencing of hMLH1 can regionally occur during progression of gastric carcinoma.
    Ling ZQ, Tanaka A, Li P, Nakayama T, Fujiyama Y, Hattori T, Sugihara H
    Cancer Letters 297(2) 244-251 2010年
  • Initiation of malignancy by duodenal contents reflux and the role of ezrin in developing esophageal squamous cell carcinoma.
    Ling ZQ, Mukaisho K, Yamamoto H, Chen KH, Asano S, Araki Y, Sugihara H, Mao WM, Hattori T
    Cancer Science 101(3) 624-630 2010年
  • Novel statistical framework to identify differentially expressed genes allowing transcriptomic background differences.
    Ling ZQ, Wang Y, Mukaisho K, Hattori T, Tatsuta T, Fe MH, Jin L, Mao WM, Sugihara H
    Bioinformatics 26(11) 1431-1436 2010年
  • Lineage analysis of early and advanced tubular adenocarcinomas of the stomach: continuous or discontinuous?
    Nakayama T, Ling ZQ, Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H
    BMC Cancer 10(311) 2010年
  • 左片麻痺で発症した脳梗塞の1例
    井上明星、山田 衆、山本昌弘、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 12 47-54 2009年
  • An animal model of intrinsic dental erosion caused by gastro-oesophageal reflux disease.
    Higo T, Mukaisho K, Ling ZQ, Oue K, Chen KH, Araki Y, Sugihara H, Yamamoto G, Hattori T.
    Oral Diseases 15(5) 360-365 2009年
  • Application of a novel method of double APAAP staining with subsequent quantitative image analysis to the examination of integrin expression in undifferentiated-type gastric carcinomas.
    Yanchenko N, Sugihara H, Hattori T.
    Journal of Histochemistry & Cytochemistry 57(12) 1183-1193 2009年
  • FXYD3 protein involved in tumor cell proliferation is overproduced in human breast cancer tissues.
    山本裕人、向所賢一、杉原洋行、服部隆則、浅野真司
    68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第68回日本癌学会学術総会) 32(7) 208-208 2009年
  • 呼吸苦を訴えた40歳代女性の突然死の1例
    石川祐一、山田衆、南部卓三、辻岡俊幸、山本昌弘、仲山貴永、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 11 31-38 2008年
  • Low-grade gastric adenomas/dysplasias: Phenotypic expression, DNA ploidy pattern, and LOH at microsatellites linked to the APC gene.
    Tanaka A, Takemura-Tsukashita S, Kushima R, Sugihara H, Fujiyama Y, Hattori T
    Pathol Res Pract.  204(1) 1-9 2008年
  • High serum bile acids cause hyperthyroidism and goiter.
    Mukaisho K, Araki Y, Sugihara H, Tanaka H, Chen KH, Hattori T
    Digestive Diseases and Sciences 53(5) 1411-1416 2008年
  • A case of multiple diffuse gastric carcinoma with regional expression of mutant E-cadherin.
    Bamba M, Sugihara H, Becker KF, Becker I, H?fler H, Hattori T.
    Virchows Arch 452(5) 581-583 2008年 [査読有り]
  • Decomposition of dextran sulfate sodium under alkaline, acidic, high temperature and high pressure conditions.
    Araki Y, Mukaisho K, Sugiahra H, Hattori T
    Oncology Reports 20(1) 147-149 2008年
  • Detection of N-nitroso-bile acids at 285 nm in reverse-phase HPLC.
    Araki Y, Mukaisho K, Sugihara H, Fujiyama Y, Hattori T
    Journal of Separation Science 31(15) 2827-2830 2008年
  • Intratumoural heterogeneity of intestinal expression reflects environmental induction and progression-related loss of induction in undifferentiated-type gastric carcinomas.
    Natsagdorj L, Sugihara H, Bamba M, Hattori T.
    Histopathology 53(6) 685-697 2008年 [査読有り]
  • 前立腺癌とクローン病の治療中に発症した急性心筋梗塞の1例
    西尾友宏、南部卓三、辻岡俊幸、山本昌弘、中川雅夫、杉原洋行
    公立甲賀病院紀要 10 27-33 2007年
  • Rebamipide contributes to reducing adverse effects of long-term administration of omeprazole in rats.
    Hagiwara T, Mukaisho K, Ling ZQ, Sakano T, Sugihara H, Hattori T.
    Digestive Diseases and Sciences 52(4) 988-994 2007年
  • Development of pancreatic acinar cell metaplasia after successful administration of omeprazole for 6 months in rats.
    Hagiwara T, Mukaisho K, Ling ZQ, Sugihara H, Hattori T.
    Digestive Diseases and Sciences 52(5) 1219-1224 2007年
  • Chemical depolymerization of dextran sulfate sodium - the application of size-exclusion or ion-pair liquid chromatography.
    Araki Y, Sugihara H, Hattori T.
    Biomedical Chromatography 21(4) 335-337 2007年
  • Optimization of comparative expressed sequence hybridization for genome-wide expression profiling at chromosome level.
    Ling ZQ, Sugihara H, Tatsuta T, Mukaisho K, Hattori T
    Cancer Genetics and Cytogenetics 175(2) 144-153 2007年
  • Germinated barley foodstuff suppresses dextran sulfate experimental colitis in rats : The role of mast cells.
    Araki Y, Kanauchi O, Sugihara H, Fujiyama Y, Hattori T
    International Journal of Molecular Medicine 19(2) 257-262 2007年
  • Association between duodenal contents reflux and squamous cell carcinoma - Establishment of an esophageal cacner cell line derived from the metastatic tumor in a rat reflux model.
    Chen KH, Mukaisho K, Ling ZQ, Shimomura A, Sugihara H, Hattori T
    Anticancer Research 27(1A) 175-182 2007年
  • Chemical depolymerization of dextran sulfate sodium - the application of size-exclusion or ion-pair liquid chromatography.
    Araki Y, Sugihara H, Hattori T.
    Biomedical Chromatography 21(4) 335-337 2007年
  • High animal-fat intake changes the bile-acid composition of bile juice and enhances the development of Barrett's esophagus and esophageal adenocarcinoma in a rat duodenal-contents reflux model.
    Chen KH, Mukaisho K, Sugihara H, Araki Y, Yamamoto G, Hattori T
    Cancer Science 98(11) 1683-1688 2007年
  • Necrotizing fasciitis resulting from Escherichia coil in a patient with chronic rehumatoid arthtitis
    Sugimoto T, Nakazawa J, Yomoda M, Hirata K, Soumura M, Kawasaki T, Uzu T, Nishio Y, Sugihara H, Eguchi Y, Kashiwagi A.
    APLAR Journal of Rheumatology 10 57-59 2007年
  • The free radical scavengers edaravone and tempol suppress experimental dextran sulfate sodium-induced colitis in mice
    Araki Y, Sugihara H, Hattori T
    International Journal of Molecular Medicine 17(2) 331-334 2006年
  • Induction of gastric GIST in rat and establishment of GIST cell line.
    Mukaisho K, Miwa K, Totsuka Y, Shimomura A, Sugihara H, Wakabayashi K, Hattori T.
    Cancer Letters 231(2) 295-303 2006年
  • Thioproline prevents carcinogenesis in the remnant stomach induced by duodenal reflux.
    Suo M, Mukaisho K, Shimomura A, Sugihara H, Hattori T.
    Cancer Letters 237(2) 256-262 2006年
  • How wild-type TP53 is inactivated in undifferentiated-type gastric carcinomas: analyses of intratumoral heterogeneity in deletion and mutation of TP53.
    Yoshimura A, Sugihara H, Ling ZQ, Peng DF, Mukaisho K, Fujiyama Y, Hattori T.
    Pathobiology 73(1) 40-49 2006年 [査読有り]
  • In vitro effects of dextran sulfate sodium on a Caco-2 cell line and plausible mechanisms for dextran sulfate sodium-induced colitis.
    Araki Y, Sugihara H, Hattori T.
    Oncology Reports 16(6) 1357-1362 2006年
  • 重症急性膵炎の1例
    向所賢一, 杉原洋行, 八木勇紀, 南部卓三, 山本昌弘, 辻岡俊幸
    公立甲賀病院紀要 8 47-52 2005年
  • Dynamic alteration of the E-cadherin/catenin complex during cell differentiation and invasion of undifferentiated-type gastric carcinomas.
    Nakamura E, Sugihara H, Bamba M, Hattori T.
    Journal of Pathology 205(3) 349-358 2005年 [査読有り]
  • Effects of degenerate oligonucleotide-primed polymerase chain reaction amplification and labeling methods on the sensitivity and specificity of metaphase- and array-based comparative genomic hybridization.
    Tsubosa Y, Sugihara H, Mukaisho K, Kamitani S, Peng DF, Ling ZQ, Tani T, Hattori T.
    Cancer Genetics and Cytogenetics 158(2) 156-166 2005年 [査読有り]
  • Expression of Cdx2 in early GRCL of Barrett's esophagus induced in rats by duodenal reflux.
    Takeshi Tatsuta, Ken-Ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara, Koichi Miwa, Tohru Tani, Takanori Hattori
    Digestive Disease and Sciences 50(3) 425-431 2005年
  • Expression of cytokeratins 7 and 20 in serrated adenoma and related diseases.
    Tatsumi N, Mukaisho K, Mitsufuji S, Tatsumi Y, Sugihara H, Okanoue T, Hattori T.i T
    Digestive Disease and Sciences 50(9) 1741-1746 2005年
  • Intravascular lymphomaの一例
    杉原洋行, 中村悦子, 西山敬三, 山本昌弘, 辻岡俊幸
    公立甲賀病院紀要 7 51-56 2004年
  • The MET proto-oncogene is not a major target for the gain of chromosome 7 in testicular germ-cell tumors of adolescents.
    Kawakami T, Okamoto K, Sugihara H, Hattori T, Reeve AE, Ogawa O, Okada Y
    Virchows Arch 444(5) 480-481 2004年
  • Thioproline inhibits development of esophageal adenocarcinoma induced by gastroduodenal reflux in rats.
    Kumagai H, Mukaisho K, Sugihara H, Miwa K, Yamamoto G, Hattori T.
    Carcinogenesis 25(5) 723-727 2004年
  • Genetic lineage of poorly differentiated gastric carcinoma with a tubular component analysed by comparative genomic hybridization.
    Peng DF, Sugihara H, Mukaisho K, Ling ZQ, Hattori T.
    Journal of Pathology 203(4) 884-895 2004年 [査読有り]
  • Characterization of loss-of-inactive X in Klinefelter syndrome and female-derived cancer cells
    Takahiro Kawakami, Cheng Zhang, Takanobu Taniguchi, Chul Jang Kim, Yusaku Okada, Hiroyuki Sugihara, Takanori Hattori, Anthony E Reeve, Osamu Ogawa, Keisei Okamoto
    Oncogene 3 6163-6169 2004年
  • 病理からみたCPC :多彩な塞栓症を示した胆管細胞癌の一例
    杉原洋行, 塚下しづき, 山平めぐみ, 山本昌弘, 辻岡俊幸
    公立甲賀病院紀要 6 61-66 2003年
  • The roles of supernumerical X chromosomes and XIST expression in testicular germ cell tumors.
    Kawakami T, Okamoto K, Sugihara H, Hattori T, Reeve AE, Ogawa O, Okada Y.
    Journal of Urology 169(4) 1546-1552 2003年
  • Beta-catenin expression in intramucosal neoplastic lesions of the stomach. Comparative analysis of adenoma/dysplasia, adenocarcinoma and signet-ring cell carcinoma.
    Tsukashita S, Kushima R, Bamba M, Nakamura E, Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T.
    Oncology 64(3) 251-258 2003年
  • Cell kinetic study on histogenesis of Barrett's esophagus using rat reflux model.
    Kumagai H, Mukaisho K, Sugihara H, Miyashita T, Miwa K, Hattori T.
    Scandinavian Journal of Gastroenterology 38(7) 687-692 2003年
  • Cytogenetic heterogeneity and progression of esophageal squamous cell carcinoma.
    Shiomi H, Sugihara H, Kamitani S, Tokugawa T, Tsubosa Y, Okada K, Tamura H, Tani T, Kodama M, Hattori T.
    Cancer Genetics and Cytogenetics 147(1) 50-61 2003年 [査読有り]
  • Alterations of chromosomal copy number during progression of diffuse-type gastric carcinomas: metaphase- and array-based comparative genomic hybridization analyses of multiple samples from individual tumours.
    Peng DF, Sugihara H, Mukaisho K, Tsubosa Y, Hattori T.
    Journal of Pathology 201(3) 439-450 2003年 [査読有り]
  • Gastric carcinogenesis by duodenal reflux through gut regenerative cell lineage.
    Mukaisho K, Miwa K, Kumagai H, Bamba M, Sugihara H, Hattori T.
    Digestive Diseases and Sciences 48(11) 2153-2158 2003年
  • Multipoint methylation analysis indicates a distinctive epigenetic phenotype among testicular germ cell tumors and testicular malignant lymphomas.
    Kawakami, T., Okamoto, K., Kataoka, A., Koizumi, S., Iwaki, H., Sugihara, H., Reeve, A.E., Ogawa, O., Okada, Y.
    Genes Chromosomes and Cancer 38(1) 97-101 2003年
  • 肉腫様変化を伴った腎嫌色素細胞癌の1例
    塚下しづき, 森谷鈴子, 九嶋亮治, 馬場正道, 向所賢一, 杉原洋行, 服部隆則, 関 英夫
    診断病理 19(4) 350-353 2002年
  • Intratumoral regional variations in copy number of the chromosomal part revealed by microdissection and combined ploidy and comparative genomic hybridization analyses in esophageal squamous cell carcinoma.
    Kamitani S, Sugihara H, Shiomi H, Tani T, Hattori T.
    Cancer Genetics and Cytogenetics 132(1) 30-35 2002年 [査読有り]
  • Effects of microwave irradiation on rat hepatic tissue evaluated by enzyme histochemistry for acid phosphatase.
    Mukaisho K, Sugihara H, Tani T, Kurumi Y, Kamitani S, Tokugawa T, Hattori T
    Digestive Diseases and Sciences 47(2) 376-379 2002年
  • Stem cell factor expressed in human gastric mucosa in relation to mast cell increase in Helicobacter pylori-infected gastritis.
    Bamba N, Nakajima S, Andoh A, Bamba M, Sugihara H, Bamba T, Hattori T
    Digestive Diseases and Sciences 47(2) 274-282 2002年
  • Availability of CD10 Immunohistochemistry as a Marker of Breast myoepthelial Cells on Paraffin Sections.
    Moritani S, Kushima R, Sugihara H, Bamba M, Kobayashi T, Hattori T
    Modern Pathology 15(4) 397-405 2002年
  • Different roles of p53 between Epstein-Barr virus-positive and -negative gastric carcinomas of matched histology.
    Moritani S, Sugihara H, Kushima R, Hattori T
    Virchows Arch 440(4) 367-375 2002年 [査読有り]
  • Modes of silencing of p16 in development of esophageal squamous cell carcinoma
    Tokugawa T, Sugihara H, Tani T, Hattori T.
    Cancer Research 62(17) 4938-4944 2002年 [査読有り]
  • Enzyme histochemistry is useful to assess viability of tumor tissue after microwave coagulation therapy(MCT)
    Mukaisho Kenichi, Kurumi Yoshimasa, Sugihara Hiroyuki, Naka Shigeyuki, Kamitani Sumihiro, Tsubosa Yasuhiro, Moritani Suzuko, Endo Yoshihiro, Hanazawa Kazuyoshi, Morikawa Shigehiro, Inubushi Toshiro, Hattori Takanori, Tani Tohru
    Digestive Diseases and Sciences 47(11) 2441-2445 2002年
  • Effects of etodolac, a selective cyclooxygenase-2 inhibitor, on the expression of E-cadherin-catenin complexes in gastrointestinal cell lines.
    Noda M, Tatsumi Y, Tomizawa M, Takama T, Mitsufuji S, Sugihara H, Kashima K, Hattori T.
    Journal of Gastroenterology 37(11) 896-904 2002年
  • Promoter methylations of p16INK4a and p14ARF genes in early and advanced gastric cancer. Correlations of the modes of their occurrence with histologic type.
    Tsujimoto H, Hagiwara A, Sugihara H, Hattori T, Yamagishi H.
    Pathology Research and Practice 198(12) 785-794 2002年
  • A study of biological behavior of gastrointestinal neuroendocrine tumors based on the proliferative status.
    Sato H, Manabe R, Mitsufuji S, Kodama T, Sugihara H, Hattori T.
    World Congress of Gastroenterology 2002 (WCOG 2002) 135-135 2002年
  • 上行結腸原発悪性リンパ腫と直腸癌の同時重複の1例および文献からみた臨床的特徴
    青木孝文, 笹野満, 池内大介, 泉冬樹, 杉原洋行
    日本消化器外科学会雑誌 24(1) 54-58 2001年
  • 酵素組織化学染色を用いたマクロ波照射後の肝組織の評価
    向所賢一, 杉原洋行, 来見良誠, 神谷純広, 徳川奉樹, 仲成幸, 遠藤善裕, 花澤一芳, 森川茂廣, 犬伏俊郎, 服部隆則, 谷徹
    Journal of Microwave Surgery 19 39-42 2001年
  • 舌MALTomaの1例
    塚下しづき, 馬場正道, 中村悦子, 森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則, 北村静香, 坂部秀明
    診断病理 18(4) 372-375 2001年
  • Time-dependent expression of intestinal phenotype in signet ring cell carcinomas of the human stomach
    Bamba M, Sugihara H, Kushima R, Okada K, Tsukashita S, Horinouchi M, Hattori T
    Virchows Arch 438(1) 49-56 2001年 [査読有り]
  • Ovarian carcinoma recurring as carcinosarcoma : Report of a case
    Moritani S, Moriya T, Kushima R, Sugihara H, Hattori T
    Pathology International 51(5) 380-384 2001年
  • MUC gene expression and histogenesis of adenocarcinoma of the stomach.
    Tsukashita S, Kushima R, Bamba M, Sugihara H, Hattori T
    International Journal of Cancer 94(2) 166-170 2001年
  • Bromodeoxyuridine induces p53-dpendent and -independent cell cycle arrests in human gastric carcinoma cell lines.
    Peng DF, Sugihara H, Hattori T
    Pathobiology 69(2) 77-85 2001年 [査読有り]
  • Clonal analysis of esophageal squamous cell carcinoma with intraepithelial components.
    Tamura H, Sugihara H, Bamba M, Tani T, Hosokawa M, Kodama M, Hattori T
    Pathobiology 69(6) 289-296 2001年 [査読有り]
    DOI:64635
  • Ischemic hepatitis induced by mesenteric volvulus in a patient with chronic obstructive lung disease
    Nakajima T, Konishi H, Sakamoto Y, Tatsumi Y, Itoh Y, Tokita K, Katoh M, Yamane Y, Okanoue T, Kashima K, Amaike H, Sugihara H, Tsuchihashi Y.
    J Gastroenterol 35(2) 168-172 2000年
  • Role of p53 in growth suppression by bromodeoxyuridine in human gastric cancer cell lines
    Zhan GZ, Sugihara H, Peng DF, Ling ZQ, Yao XH, Yoshitake K, Hattori T
    Acta Histochem. Cyochem 33 429-437 2000年
  • Nerve contact with muscle component in neuromuscular hamartoma
    Kusuzaki K, Emoto K, Murata H, Katsura K, Sugihara H, Tsuchihashi Y, Hirasawa Y
    Anticancer Res 20(5C) 3807-3811 2000年
  • Sequential numerical changes of chromosomes 7 and 18 in diffuse-type stomach cancer cell lines: Combined comparative genomic hybridization, fluorescence in situ hybridization and ploidy analyses.
    Okada K, Sugihara H, Bamba M, Bamba T, Hattori T
    Cancer Genetics and Cytogenetics 118(2) 99-107 2000年 [査読有り]
  • Expression of fibroblast growth factor-2 transcripts in the healing of acetic acid-induced gastric ulcers
    Kimura T, Noda M, Sugihara H, Kashima K, Hattori T
    APMIS 107 767-772 1999年
  • 盲腸原発腫瘍の1例
    森谷鈴子, 馬場正道, 岡田勝治, 杉原洋行, 笹原正清, 九嶋亮治, 服部隆則, 布施建治, 赤松信
    病院病理 16(2) 87-87 1999年
  • Gastrointertinal Stromal Tumor (GIST) の4例
    馬場正道, 森谷鈴子, 岡田勝治, 杉原洋行, 服部隆則, 九嶋亮治
    病院病理 16(2) 86-86 1999年
  • 蛍光によるDNAの定量的解析:CGHとFISHからのin siu cytogeneticsへ
    杉原洋行
    電子顕微鏡 34(Supplement 2) 101-104 1999年
  • 再発を繰り返した頭部皮下腫瘤の1症例
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    病院病理 15 90-90 1998年
  • ヒトアンドロゲンレセプター遺伝子メチル化法を用いた表層拡大型低分化型胃癌のクローン解析
    馬場正道, 杉原洋行, 岡田勝治, 田村祐樹, 服部隆則
    消化器癌の発生と進展 10 87-89 1998年
  • Clonal analysis of superficial depressed-type gastric carcinoma in humans.
    Bamba M, Sugihara H, Okada K, Bamba T, Hattori T
    Cancer 83(5) 867-875 1998年 [査読有り]
  • Regulation of apoptotic cell death in the pyloric glands of the canine stomach
    Yao XH, Sugihara H, Hattori T, Katsura K, Takamatsu T
    Virchows Archiv 433(3) 275-280 1998年 [査読有り]
  • Microsatellite analysis and DNA ploidy pattern in signet-ring cell carcinoma and well differentiated adenocarcinoma of the stomach.
    Kimura T, Sugihara H, Mitsufuji S, Kodama T, Hattori T
    Cancer Journal 11 298-305 1998年
  • Cytologic features of granulomatous mastitis. Report of a case with fine needle aspiration cytology and immunocytochemical findings.
    Kobayashi TK, Sugihara H, Kato M, Watanabe S
    Acta cytologica 42(3) 716-720 1998年
  • Imprint cytology of Gaucher's disease presenting as a splenic mass. A case report with molecular approaches.
    Kobayashi TK, Tamagaki T, Yoneyama C, Watanabe S, Sugihara H, Ida H
    Acta cytologica 42(2) 419-424 1998年
  • 印環細胞癌におけるMicrosatellite解析とDNA ploidy patternの検討
    木村次宏, 佐藤仁美, 真鍋理絵, 小西英幸, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則, 児玉正, 加嶋敬
    癌と化学療法 24 273-278 1997年
  • 難治性腹水を呈し、急激な経過をとった原発性アミロイドーシスの1剖検例
    牧野 仁, 辻川 知之, 畑 和憲, 深野 美也, 小山 茂樹, 井上 久行, 藤山 佳秀, 馬場 忠雄, 馬場 正道, 杉原 洋行
    日本内科学会雑誌 86(8) 126-127 1997年
  • Microsatellite instability, DNA ploidy, and mutation of transforming growth factor-β receptor type II gene in sporadic gastric cancer.
    Tsujimoto H, Sugihara H, Hattori T, Hagiwara A
    Cancer Journal 10 211-216 1997年
  • Amplification of growth factor receptor genes and DNA ploidy pattern in the progression of gastric cancer.
    Tsujimoto H, Sugihara H, Hagiwara A, Hattori T
    Virchows Arch 431(6) 388-389 1997年
  • Identification of host and donor cells in porcine homograft heart valve explants by fluorescence in situ hybridizaion.
    Braun J, Hazekamp MG, Koolbergen DR, Sugihara H, Goffin YA, Huysmans HA, Cornelisse CJ
    Journal of Pathology 183(1) 99-104 1997年 [査読有り]
  • The pathological sequence in the development of gastric cancer : I
    Hattori T, Sugihara H
    Scandinavian Journal of Gastroenterology 31 34-35 1996年
  • Analysis of microsatellite regions and DNA ploidy pattern in signet ring cell carcinomas of the stomach
    Kimura T, Yokoyama K, Sato H, Manabe R, Kushima R, Sugihara H, Hattori T
    Recent advances in gastroenterological carcinogenesis I 1 337-341 1996年
  • Phenotypic characteristics of Epstein-Barr-virus-associated gastric carcinomas.
    Moritani S, Kushima R, Sugihara H, Hattori T
    Journal of Cancer Research and Clinical Oncology 122(12) 750-756 1996年
  • Relationship between alterations of microsatellites linked to the APC gene and differential mucin phenotypes of stomach carcinoma
    Kushima R, Borchard F, Molsberger G, Wu L-B, Moritani S, Sugihara H, Hattori T
    Recent advances in gastroenterological carcinogenesis 1 343-346 1996年
  • Alteration of numerical chromosomal aberrations during progression of colorectal tumors revealed by a combined fluorescence in situ hybridization and DNA ploidy analysis of intratumoral heterogeneity.
    Katsura K, Sugihara H, Nakai S, Fujita S
    Cancer Genetics and Cytogenetics 90(2) 146-153 1996年 [査読有り]
  • Ploidy heterogeneityとras mutationからみた大腸癌の進展
    杉原洋行, 桂奏, 横山慶一, 服部隆則, 藤田晢也
    癌と化学療法 22 140-144 1995年
  • Superficial spreading type of early gastric lymphomas.
    Kitamura K, Yamaguchi T, Okamoto K, Takahashi T, Sugihara H
    Anticancer Research 15(6B) 2829-2834 1995年
  • In situ hybridization : a new technique to determine the origin of fibroblasts in cryopreserved aortic homograft valve explants.
    Hazekamp MG, Koolbergen DR, Braun J, Sugihara H, Cornelisse CJ, Goffin YA, Huysmans HA
    Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 110(1) 248-257 1995年
  • Progression of signet ring cell carcinomas in the human stomach.
    Sugihara H, Hattori T, Fukuda M, Katsura K, Fujita S
    Cancer 71(6) 1938-1947 1993年 [査読有り]
  • Morphalogy and modes of cell proliferation in earliest signet-ring-carcinomas induced in canine stomachs by N-ethyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine
    Sugihara H, Hattori T, Imamura Y, Noriki S, Fukuda M, Katsura K, Tsuchihashi Y, Fujita S
    Jouranal of Cancer Research Clinical Oncology 117(3) 197-204 1991年
  • Regional ploidy variations in signet ring cell carcinomas of the stomach.
    Sugihara H, Hattori T, Fujita S, Hirose K, Fukuda M
    Cancer 65(1) 122-129 1990年 [査読有り]
  • Distribution of fibronectin and laminin in early and advanced signet-ring-cell carcinoma of the stomach.
    Sugihara H, Hattori T, Fujita S, Fukuda M
    International Journal of Cancer 43(2) 263-269 1989年
  • Cell proliferation and differentiation in intramucosal and advanced signet ring cell carcinomas of the human stomach.
    Sugihara H, Hattori T, Fukuda M, Fujita S
    Virchows Arch A Pathol Anat Histopathol 411(2) 117-127 1987年 [査読有り]
  • Immunohistochemical detection of bromodeoxyuridine in formalin-fixed tissues.
    Sugihara H, Hattori T, Fukuda M
    Histochemistry 85(3) 193-195 1986年
  • Cell proliferation and cell loss in intramucosal signet ring cell carcinoma of canine stomachs induced by N-ethyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine.
    Sugihara H, Tsuchihashi Y, Hattori T, Fukuda M, Fujita S
    Journal of Cancer Research and Clinical Oncology 110(2) 87-94 1985年
  • ヒト印環細胞癌の胃粘膜内での増殖と分化:”層構造”形成のメカニズム
    杉原洋行
    京都府立医科大学雑誌 93 591-605 1984年

書籍等出版物

  • ゲノムレベルと発現レベルの系譜解析-早期癌の進展リスク予測を例として (In: 組織細胞化学 2014)
    日本組織細胞化学会 2014年
  • Development of Columnar-Lined Esophagus with or without Goblet Cells in Rat Duodenogastroesophageal Reflux Models Through Gut Regenerative Cell Lineage (GRCL) 「Animal Models in Cancer Research and Human Disease: Applications, Outcomes and Controvers・・・
    Nova Science Publishers 2013年
    Development of Columnar-Lined Esophagus with or without Goblet Cells in Rat Duodenogastroesophageal Reflux Models Through Gut Regenerative Cell Lineage (GRCL) 「Animal Models in Cancer Research and Human Disease: Applications, Outcomes and Controversies」
  • (1)食道;第1項 誘発モデル:第1節 消化管 : 第3章 消化器系「がん ー 疾患モデルの作製と利用 」
    エル・アイ・シー 2012年
  • Integrin and E-Cadherin Expression Alterations as a Possible Reason of Undifferentiated-Type Gastric Carcinoma Diversity:「Gastric Carcinoma- Molecular Aspects and Current Advances」
    InTech 2011年
  • 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌
    文光堂 2009年
  • 5-印環細胞癌; II 悪性腫瘍:一般型 「胃癌」(腫瘍病理鑑別診断アトラス)
    文光堂 2009年
  • 5-印環細胞癌; II 悪性腫瘍:一般型「胃癌(腫瘍病理鑑別診断アトラス)」
    文光堂 2009年
  • 日本組織細胞化学 1999
    服部隆則, 杉原洋行
    学際企画 1999年
    Volume:/Number:/StartingPage:76/EndingPage:84
  • 組織細胞化学 1997
    学際企画 1997年
  • 新しい光学顕微鏡(2)共焦点レーザ顕微鏡の医学・生物学への応用
    学際企画 1995年

講演・口頭発表等

  • さざなみ病理ネットによる術中迅速診断の現状と課題
    杉原 洋行
    第6回地域ICT利活用連携事業シンポジウム 2017年02月
    招待有り
  • がんをどう理解し説明するか: 発がんメカニズムから考える
    杉原 洋行
    京都消化器医会学術講演会 2015年08月
    招待有り

MISC

  • Morphology of various cancer cells using the silicate fiber scaffold Cellbed in a novel three-dimensional cell culture system.
    Digestive Disease Week 2017 2017年05月
  • Intramucosal adenocarcinoma of the gastric lineage often arise de novo: Results from analysis focused on the retention of polsrities in cell differentiation and proliferation
    向所賢一、仲山貴永、服部隆則、杉原洋行
    2016年米国消化器病週間 2016年05月
  • Progression risk assessments of individual non-invasive gastric neoplasms by genomic copy-number profile.
    Vo Thi Nogc Diem, 仲山貴永、山本裕人、向所賢一、堀田兼蔵、大谷知之、杉原洋行
    2015NCRI癌会議 2015年11月
  • Pentose phosphate pathway is activated in esophageal squamous cell carcinoma cells with high malignant behaviour induced by continuous taurocholic acid exposure.
    向所賢一、仲山貴永、服部隆則、杉原洋行
    2015年米国消化器病週間 2015年05月
  • Inducing pancreatic acinar cell metaplasia by duodenal reflux in a novel animal model for cardiac-type mucosa
    Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H
    Digestive Disease Week 2014(2014年米国消化器病週間) 2014年
  • Development of columnar-lined esophagus with or without goblet cells in rat duodenogastroesophageal reflux models.
    Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H
    9th AACR-JCA Joint Confrence(第9回日米癌合同会議) 2013年
  • Roles of ezrin in tongue cancer progression.
    Saito S, Yamamoto H, Mukaisho Ki, Sato S, Hattori T, Yamamoto G, Sugihara H
    9th AACR-JCA Joint Confrence(第9回日米癌合同会議) 2013年
  • The Role of Continuous Taurocholic Acid Exposure in Esophageal Squamous Cell Carcinoma Progression
    Mukaisho K, Sato S, Yamamoto H, Saito S, Yamamoto G, Hattori T, Sugihara H
    Digestive Disease Week 2013(2013年米国消化器病週間) 2013年
  • Genetic lineages of early and advanced undifferentiated-type gastric carcinoma analyzed by clustering of genomic DNA microarray data
    Sugihara H, Sonoda A, Mukaisho K, Nakayama T, Vo Thi Ngoc Diem, Andoh Akira, Fujiyama Y, Hattori H
    The 4th JCA-AACR Special Joint Conference (第4回日米癌合同カンファレンス) 2013年
  • Pancreatic acinar cell metaplasia may be marker of duodenal contents reflux in esophago-gastric junction
    Mukaisho K, Yamamoto H, Araki Y, Hagiwara T, Nakayama T, Hattori T, Sugihara H
    The 4th JCA-AACR Special Joint Conference (第4回日米癌合同カンファレンス) 2013年
  • Lineage analysis of early and advanced tubular adenocarcinoma of the stomach based on array-CGH and TP53 muutatuion analysis
    Nakayama T, Yamamoto H, Vo Thi Ngoc Diem, Muakaisho K, Hattori T, Sugihara H
    The 4th JCA-AACR Special Joint Conference (第4回日米癌合同カンファレンス) 2013年
  • Long-term proton pump inhibitor administration worsens atrophic corpus gastritis leading to adenocarcinoma in Helicobacter pylori-infected mongolian gerbils
    Hagiwara T, Mukaisho K, Nakayama T, Hattori T, Sugihara H
    The 4th JCA-AACR Special Joint Conference (第4回日米癌合同カンファレンス) 2013年
  • Array CGH-based screening of genes carrying high-metastatic risk in tubular adenocarcinomas of the stomach
    Vo Thi Nogc Diem, Nakayama T, Mukaisho K, Sugihara H
    The 4th JCA-AACR Special Joint Conference (第4回日米癌合同カンファレンス) 2013年
  • GERDと歯牙酸蝕症候群
    肥後智樹、向所賢一、杉原洋行、服部隆則、山本 学
    呼吸器内科 21(5) 453-458 2012年
  • Rikkunshito exhibits high bile acid absorbance capacity and improves refractory gastroesophageal reflux desease associated with duodenogastric reflux in animal models
    Araki Y, Mukaisho K, Kubota K, Tsuchiya K, Hattori T, Hattori T, Sugihara H
    Digestive Disease Week 2012(2012年米国消化器病週間) 2012年
  • Barrett食道腺癌の成因と発癌のメカニズムはどこまで解明されているか
    向所賢一、服部隆則、荒木克夫、杉原洋行
    消化器の臨床 14(5) 449-454 2011年
  • Barrett食道の組織発生-人体病理と実験病理から
    向所賢一、九嶋亮治、竹村しづき、荒木克夫、Michael Vieth、杉原洋行、服部隆則
    胃と腸 46(12) 1861-1874 2011年
  • コピー数変化を使った早期胃癌の進展リスク評価
    杉原洋行、仲山貴永、向所賢一
    生体の科学 62(6) 541-545 2011年
  • Serch for an effective drug for refractory GERD using an originally developed duodenogastroesophageal reflux animal model.
    Mukaisho K, Kubota K, Araki Y, Tsuchiya K, Hattori T, Hattori T, Sugihara H
    Digestive Disease Week 2011(2011年米国消化器病週間) 2011年
  • Down-regulation of FXYD3 is induced by TGF-beta singnaling via ZEB in human mammary epithelial cells.
    Yamamoto H, Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T, Asano S.
    13th International ATPase Conference Na, K-ATPase and Related P-ATPase (第13回国際ATPase会議;Na, K-ATPaseとそれに関連するP-ATPase) 2011年
  • 病理医からみたBarrett粘膜とBarrett腺癌 ? 米国人に多いLSBEとわが国に多いSSBEの組織型の違いについて
    向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    G. I. Research 18(1) 13-18 2010年
  • 層構造〔第6章 胃〕「病理形態学キーワード」
    馬場正道、杉原洋行
    病理と臨床[臨時増刊号] 28 116-117 2010年
  • がんの進展とDNA ploidyの変化
    杉原 洋行
    Cytometry Research 20(1) 49-56 2010年
  • Initiation of malignancy by duodenal reflux and a role of ezrin in developing oesophageal squamous cell carcinoma.
    Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T
    8th Joint Conference of the American Association for Cancer Research and Japanese Cancer Association (8th AACR-JCA)(第8回日米合同会議) 2010年
  • Regurgitation of gastric acid induced dental erosion in gastro-esophageal reflux disease animal model.
    Mukaisho K, Higo T, Yamamoto G, Sugihara H, Hattori T
    Digestive Disease Week 2010(2010年米国消化器病週間) 2010年
  • Rikkunshito improves reflux esophagitis not responding to proton pump inhibitors in a novel duodenogastro-esophageal reflux animal model.
    Mukaisho K, Kubota K, Higo T, Araki Y, Tsuchiya K, Hattori T, Sugihara H, Hattori T
    OESO 10th World Congress (第10回国際食道会議) 2010年
  • Airway remodeling and development of bronchiolitis obliterans in gastroduodenal content reflux animals.
    Oue K, Mukaisho K, Sugihara H, Yamamoto G, Hattori T
    OESO 10th World Congress (第10回国際食道会議) 2010年
  • 胃食道逆流症の新しい動物モデルを用いたShort Segment Barrett Esophagusの組織発生。
    向所 賢一、杉原 洋行、服部 隆則
    第98回日本病理学会総会 213-213 2009年
  • 未分化型胃癌に進展する分化型胃癌の特徴。
    仲山 貴永、杉原 洋行、向所 賢一、凌 志強、服部 隆則
    第98回日本病理学会総会 262-262 2009年
  • PPI長期投与によりH. pylori感染スナネズミに認められた萎縮性胃炎の増悪と腺癌の発生。
    萩原 恭史、向所 賢一、杉原 洋行、服部 隆則
    第98回日本病理学会総会 263-263 2009年
  • 胃癌の進展過程で出現するMSIの解析。
    凌 志強、杉原 洋行、仲山 貴永、服部 隆則
    第98回日本病理学会総会 265-265 2009年
  • S状結腸絨毛癌の一例。
    馬場 正道、竹村 しづき、永田 啓明、福田 賢一郎、増山 守、重松 忠、小林 忠男、杉原 洋行、服部 隆則、九嶋 亮治
    第98回日本病理学会総会 284-284 2009年
  • 分化型および未分化型進行胃癌に進展する早期分化型胃癌の特徴。
    仲山貴永、杉原洋行、向所賢一、凌 志強、服部隆則
    第19回日本サイトメトリー学会学術集会 2009年
  • PPI長期投与ニよりHelicobacter pylori感染スナネズミに認めた萎縮性胃炎の増悪と腺癌発生の促進
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第15回日本ヘリコバクター学会学術集会 144-144 2009年
  • 胃・十二指腸液逆流モデルを用いて検討した六君子湯の効果。
    久保田訓世、土屋和明、服部智久、肥後智樹、向所賢一、山本 学、杉原洋行、服部隆則
    第37回日本潰瘍学会 2009年
  • がんの進展とDNA ploidyの変化
    杉原 洋行
    第19回日本サイトメトリー学会学術集会プログラム・抄録集 48-48 2009年
  • Integrins expression correlates with undifferentiated gastric carcinoma progression and tumor type.
    Natalia Yanchenko、杉原 洋行、服部 隆則
    第98回日本病理学会総会 266-266 2009年
  • Long-term administration of PPIa accelerates development of adenocarcinoma in H. pylori infected Mongolian gerbils.
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第68回日本癌学会学術総会) 198-198 2009年
  • Immunohistochemical properties of tubular early gastric carcinomas that can precede poorly/well differentiated carcinoma.
    仲山貴永、杉原洋行、向所賢一、凌 志強、服部隆則
    68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第68回日本癌学会学術総会) 198-198 2009年
  • Initiation of malignancy duodenal reflux and a role of ezrin in developing oesophageal squamous cell carcinoma.
    向所賢一、山本裕人、浅野真司、荒木克夫、杉原洋行、服部隆則
    68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第68回日本癌学会学術総会) 251-251 2009年
  • Correlation of EMT with mucin and integrin phenotype alterations in undifferentiated gastric carcinomas.
    Yanchenko N, Sugihara H, Hattori T
    68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第68回日本癌学会学術総会) 262-262 2009年
  • Characteristics of columnar-lined esophagus developed in a novel rat reflux model imitating human gastroesophageal reflux disease.
    Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T
    Digestive Disease Week 2009(2009年米国消化器病週間) 2009年
  • New strategy for the treatment of refractory gastroesophageal reflux disease based on the experimental results using a novel rat reflux model.
    Higo T, Mukaisho K, Oue K, Kubota K, Tsuchiya K, Hattori T, Yamamoto G, Sugihara H, Hattroi T
    Digestive Disease Week 2009(2009年米国消化器病週間) 2009年
  • Helicobacter pylori感染スナネズミPPI長期投与モデルに認めた萎縮性胃炎の憎悪と腫瘍様病変の発生促進。
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第80回日本胃癌学会総会 2008年
  • 高脂肪食摂取の食道ー胃接合部癌発生への関与。
    向所賢一、陳冠豪、杉原洋行、服部隆則
    第80回日本胃癌学会総会 2008年
  • 1病変にmutant E-cadherin発現を確認し得た多発胃印環細胞癌の1例。
    馬場正道、杉原洋行、服部隆則
    第80回日本胃癌学会総会 2008年
  • Barrett腺癌の発生-高脂肪食摂取の影響。
    向所賢一、陳 冠豪、杉原洋行、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • PPI長期投与によりH. pylori感染スナネズミに認められた萎縮性胃炎の憎悪と胃型粘液腺の発生。
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • 胃における未分化型進行癌に進展しうる早期分化型腺癌の染色体解析 -特に17番染色体を中心として-。
    仲山貴永、杉原洋行、Ling Zhi-Qiang、吉村彰伸、向所賢一、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • S状結腸combined adenocarcinoma and choriocarcinomaの一例。
    馬場正道、永田啓明、福田賢一郎、増山 守、小林忠男、杉原洋行、服部隆則、九嶋亮治
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • 乳腺原発印環細胞癌の1例
    辻 宗史、沖野 孝、龍見謙太郎、瀬戸山 博、岡本正吾、井田 健、杉原洋行
    乳癌の臨床 23(3) 227-231 2008年
  • Helicobacter pylori 感染スナネズミにおけるPPI長期投与による萎縮性胃炎の増悪と腺癌発生の促進。
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第14回日本ヘリコバクター学会 2008年
  • 未分化型胃癌に進展しうる分化型早期胃癌の染色体解析。
    仲山貴永、杉原洋行、凌 志強、吉村彰伸、向所賢一、服部隆則
    第18回日本サイトメトリー学会学術集会 2008年
  • 十二指腸液逆流が関与する発癌過程において可能性のある原因因子はN-ニトロソ胆汁酸である。
    向所賢一、荒木克夫、杉原洋行、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • エビジェネティックな装飾によりKYSE410細胞の遺伝子発現が染色体レベルで変化する。
    凌 志強、杉原洋行、向所賢一、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • 十二指腸液逆流により起こる喉頭炎は喉頭癌の発生を促進する可能性がある。
    肥後智樹、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • β-cateninの核内蓄積は腺管腺癌から脱分化した未分化型胃癌に多い。
    Natsagdorj Lkhamtsoo, 杉原洋行、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • 変異E-cadherin発現を示す未分化型胃癌における細胞解離。
    馬場正道、杉原洋行、中村悦子、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • Helicobacter pylori感染スナネズミにおけるPPI長期投与による腺癌発生の促進。
    萩原恭史、向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第67回日本癌学会学術総会 2008年
  • Short segment Barrett esophagus は、済生粘膜により構成される-新しい胃食道逆流症疾患モデルからの知見。
    向所賢一、杉原洋行、服部隆則
    第81回日本胃癌学会総会 2008年
  • A long-term PPI administration induces atrophic corpus gastritis and promotes development of atypical glands in Mongolian gerbils infected with Helicobacter pylori .
    Hagiwara T, Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T
    Digestive Disease Week 2008 : AGA  2008年
  • Characteristics of low-grade gastric adenoma: IHC, DNA ploidy and 5q-LOH analyses.
    Takemura S, Kushima R, Sugihara H, Hattori T
    第80回日本胃癌学会総会(Japan and Korea Joint Session)  2008年
  • Correlations of integrin expression with diffuse gastric carcinoma progression.
    Nataria Yanchenko、杉原洋行、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • Induction and loss of intestinal expression in undifferentiated-type gastric carcinomas.
    Natsagdorj Lkhamtsoo、杉原洋行、馬場正道、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • Large-scale alteration of gene expression in KYSE410 cells in response to epigenetic modification.
    凌 志強、杉原洋行、龍田 健、服部隆則
    第97回日本病理学会総会 2008年
  • Correlations of integrin expression with undifferentiated gastric carcinoma prefression and tumor type.
    Yanchenko N, Sugihara H, Hattori T
    67th Annual Meeting of Japanese Cancer Association,  2008年
  • 腺管腺癌に由来する未分化型胃癌の系譜解析
    杉原洋行、向所賢一、凌 志強、服部隆則
    Cytometry Research 17(2) 19-24 2007年
  • 未分化型化する腺管腺癌の特徴
    杉原洋行、凌 志強、仲山貴永、吉村彰伸、向所賢一、服部隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • 胃癌におけるmicrosatellite instabilityの腫瘍内多様性
    田中 愛子、凌 志強、李 沛、杉原 洋行、服部 隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • 免疫組織学的にmutant E-cadherin 発現を確認し得た多発胃印環細胞癌の一例
    馬場 正道、杉原 洋行、服部 隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • 動物性の高脂肪食摂取によるBarrett食道から食道腺癌の発生促進
    向所 賢一、陳 冠豪、杉原 洋行、服部 隆則
    第18回日本消化器癌発生学会総会 2007年
  • 胃癌におけるmicrosatellite instabilityの腫瘍内多様性
    田中 愛子、凌 志強、李 沛、杉原 洋行、服部 隆則
    第18回日本消化器癌発生学会総会 2007年
  • PPI長期投与によるHelicobacter pylori 感染スナネズミの萎縮性胃炎の悪化と腫瘍性病変の発生促進
    萩原 恭史、向所 賢一、杉原 洋行、服部 隆則
    第18回日本消化器癌発生学会総会 2007年
  • 未分化型混在早期胃癌の病理学的特徴と問題点「分子病理学的特徴」。
    馬場正道,杉原洋行,九嶋亮治,服部隆則
    胃と腸 42(11) 1589-1596 2007年
  • High serum bile acids cause hyperthyroidism and goiter in duodenal contents reflux model.
    Mukaisho K, Araki Y, Sugihara H, Chen KH, Hattori T
    Digestive Disease Week 2007 : AGA  2007年
  • High fat intake plays a crucial role in the development of Barrett's esophagus and esophageal adenocarcinoma through elevated bile acids in duodenal contents reflux.
    Chen KH, Mukaisho K, Araki Y, Sugihara H, Hattori T
    Digestive Disease Week 2007 : AGA  2007年
  • Alteration of integrin repertoire reflects progression in diffuse gastric carcinomas.
    Yanchenko Natalia 、杉原 洋行、服部 隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • How DNA copy number and tissue environment regulate gene expression in gastroesphageal carcinomas.
    凌 志強、杉原 洋行、龍田 健、服部 隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • Expression of Cdx2 in mucosal spreading and deep invasion of signet ring cell carcinomas of stomach.
    Natsagdorj Lkhamtsoo 、杉原 洋行、馬場 正道、服部 隆則
    第96回日本病理学会総会 2007年
  • Change in bile acid composition and development of Barrett's esophagus and adenocarcinoma by high fat intake
    Mukaisho K, Chen KH, Hagiwara T, Sugihara H, Hattori T
    第66回日本癌学会学術集会 2007年
  • Some aspects of epithelio-mesenchymal transition (EMT) in diffuse gastric carcinomas (DGC) progression.
    Yanchenko N, Sugihara H, Hattori T
    第66回日本癌学会学術集会 2007年
  • Comparative genomic and expressed sequence hybridization for global epigenetic profiling at chromosome level.
    Ling ZQ, Sugihara H, Hattori T
    第66回日本癌学会学術集会 2007年
  • Alterations of cellular phenotypes in mucosal spreading and deep invasion of signet ring cell carcinomas in the stomach
    Natsagdorj L, Sugihara H, Bamba M, Hattori T
    第66回日本癌学会学術集会 2007年
  • Analysis of chromosome 17p in tubular early gastric carcinomas that precede poorly differentiated advanced carcinomas.
    Nakayama T, Sugihara H, Ling ZQ, Yoshimura A, Mukaisho K, Hattori T
    第66回日本癌学会学術集会 2007年
  • 腺管腺癌に由来する未分化型胃癌の系譜解析
    杉原洋行、向所賢一、凌 志強、服部隆則
    Cytometry Research 16(Supplement) 47-47 2006年
  • 門脈腫瘍塞栓を伴った多発性肝細胞癌の1例
    今井 雄太、小山 大河、見島 裕之、南部 卓三、山本昌弘、辻岡俊幸、杉原 洋行
    公立甲賀病院紀要 9 25-31 2006年
  • 病理形態学からみた未分化型胃癌の特徴 ②発生学的に分化型胃癌とどこが異なるのか?
    服部 隆則、九嶋 亮治、杉原 洋行
    THE GI FOREFPONT 2(2) 23(119)-29(125) 2006年
  • Diffuse-type胃癌の細胞分化と進展におけるwild-type及びmutant E-cadherinの発現。
    馬場 正道、杉原 洋行、中村 悦子、服部 隆則
    第95回日本病理学会総会 2006年
  • Proton Pump Inhibitor 長期投与時における、Helicobacter pylori 除菌の必要性 - 新しい動物モデルからの知見。
    萩原 恭史、向所 賢一、竹村 しづき、杉原 洋行、服部 隆則
    第12回日本ヘリコバクター学会 2006年
  • 腺管腺癌に由来する未分化型胃癌の系譜解析。
    杉原 洋行、向所 賢一、凌 志強、服部 隆則
    第16回日本サイトメトリー学会学術集会 2006年
  • 腺管腺癌に由来する未分化型胃癌の系譜解析。
    杉原 洋行、向所 賢一、凌 志強、服部 隆則
    第65回日本癌学会総会 2006年
  • Global gene-expression and genomic copy-number profiling in esophageal squamous cell carcinomas.
    凌 志強、杉原 洋行、龍田 健、向所 賢一、服部 隆則
    第95回日本病理学会総会 2006年
  • Comparative expressed sequence hybridization (CESH) による染色体レベルでの網羅的遺伝子発現解析
    杉原洋行, 凌 志強, 龍田 健, 向所賢一, 服部隆則
    日本癌学会学術総会記事 64 447-447 2005年
  • 細胞分化と浸潤にともなうE-カドヘリン/カテニン複合体の変化は未分化型胃癌の由来によって異なる
    中村悦子, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本病理学会会誌 94(1) 261-261 2005年
  • 胃印環細胞癌における変異E-cadherin発現の変化と細胞分化・浸潤との関係
    馬場正道, 杉原洋行, 中村悦子, 服部隆則
    日本病理学会会誌 94(1) 261-261 2005年
  • 未分化型胃癌における腺管形成とp53
    吉村彰伸, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 94(1) 259-259 2005年
  • CESH studies of global gene expression in gastric cancer cells: a comparison with CGH analysis.
    凌 志強, 杉原洋行, 龍田 健, 向所賢一, 服部隆則
    日本病理学会会誌 94(1) 259-259 2005年
  • 未分化型胃癌の系譜解析
    杉原洋行
    Cytometery Research 15(1) 47-53 2005年
  • 未分化型胃癌における腺管形成とp53
    吉村彰伸, 杉原洋行, 服部隆則
    第94回日本病理学会総会 2005年
  • 胃印環細胞癌における変異E-cadherin発現の変化と細胞分化・浸潤との関係
    馬場正道, 杉原洋行, 中村悦子, 服部隆則
    第94回日本病理学会総会 2005年
  • Comparative expressed sequence hybridization (CESH) による染色体レベルでの網羅的遺伝子発現解析
    杉原洋行, 凌 志強, 龍田 健, 向所賢一, 服部隆則
    第64回日本癌学会学術総会 2005年
  • 胃印環細胞癌の粘膜内での細胞分化と粘膜外への浸潤におけるE-cadherinのドメイン構成の変化
    杉原洋行, 中村悦子, 服部隆則
    第46回日本組織細胞化学会・学術集会 2005年
  • Dynamic alteration in domain constitution of E-cadherin during intramucosal cell differentiation and extramucosal invasion in signet ring cell carcinoma of the stomach.
    Hiroyuki Sugihara, Etsuko Nakamura, Takanori Hattori
    Acta Histochemica et Cytochemica 38(6) S21-S21 2005年
  • Comparative analyses genomic DNA copy number and mRNA expression levels at chromosome level in gastric cancer cell lines.
    Ling ZQ, Sugihara H, Tatsuta T, Mukaisho K, Hattori T
    Cytometry Research 15(Supplement) 42-42 2005年
  • Comparative genomic hybridization (CGH)- based lineage analysis of undifferentiated-type gastric carcinomas.
    Sugihara H, Peng DF, Ling ZQ, Mukaisho K, Hattori T
    The proceeding of the 4th Asia-Pacific IAP (International Academy of Pathology) Congress 2005年
  • CESH studies of global gene expression in gastric cancer cells: a comparison with CGH analysis
    凌 志強, 杉原洋行, 龍田 健, 向所賢一, 服部隆則
    第94回日本病理学会総会 横浜 2005年
  • 腺管成分を含む未分化型胃癌の由来
    杉原洋行, 彭 敦發, 服部隆則
    日本癌学会学術総会記事 63 330-330 2004年
  • cDNA micriarray-based CGHを用いた新規胃癌増幅遺伝子の同定
    辻本洋行, 阪倉長平, 藤山准真, 萩原明於, 山岸久一, 向所賢一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会学術総会記事 63 162-162 2004年
  • 未分化型胃癌における17p欠失の生物学的意味
    吉村彰伸, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会学術総会記事 63 124-124 2004年
  • Global gene expression and genomic copy-number analyses at chromosome level in gastric cancer cells.
    凌 志強, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 93(1) 293-293 2004年
  • 未分化型胃癌の系譜解析
    杉原洋行
    Cytometry Research 14(Supplement) 38-38 2004年
  • Comparative Genomic Hybridization(CGH)、マイクロアレイを用いた食道扁平上皮がんの遺伝子変化の解析
    龍田 健, 杉原洋行, 凌 志強, 谷 徹, 服部隆則
    Cytometry Research 14(Supplement) 38-38 2004年
  • 未分化型胃癌における17p欠失の生物学的意味
    吉村彰伸, 杉原洋行, 服部隆則
    Cytometry Research 14(Supplement) 37-37 2004年
  • 未分化型胃癌における17p欠失の意味
    吉村彰伸, 杉原洋行, 彭 敦發, 服部隆則
    日本病理学会会誌 93(1) 263-263 2004年
  • 未分化型胃癌における17p欠失の意義
    吉村彰伸, 杉原洋行, 彭 敦発, 服部隆則
    第76回日本胃癌学会総会記事 215-215 2004年
  • 胃癌における粘膜のリモデリング
    杉原洋行
    日本医事新報 4160 98-99 2004年
  • 胃未分化型癌におけるE-cadherinの構造変化と細胞分化・浸潤との関係
    馬場正道, 杉原洋行, 中村悦子, 服部隆則
    第93回日本病理学会 93(1) 261 2004年
  • 十二指腸液逆流による GISTの発生及び細胞株GIST-DRの樹立
    向所賢一, 中村悦子, 三輪晃一, 杉原洋行, 服部隆則
    第93回日本病理学会(札幌) 93(1) 308 2004年
  • DOP-PCRとDNA 標識法のCGHの感度に与える影響:近4倍体腫瘍での1コピーの染色体増減を検出するための検討
    坪佐恭宏, 杉原洋行, 向所賢一, 彭敦発, 谷徹, 服部隆則
    第62回日本癌学会総会 2003年
  • 胃型分化型胃癌の分子生物学的特徴
    九嶋亮治, 向所賢一, 塚下しづき, 彭 敦發, 杉原洋行, Michael V, Manfred S, 服部隆則
    胃と腸 38(5) 707-721 2003年
  • 胃癌および腺腫の粘液形質およびマイクロサテライト
    塚下しづき, 向所賢一, 九嶋亮治, 杉原洋行, 馬場正道, 徳川奉樹, 服部隆則
    第75回日本胃癌学会総会記事 2003年
  • 胃分化型腺癌の形質・形態と染色体・遺伝子異常
    九嶋亮治, 向所賢一, 塚下しづき, 杉原洋行, 服部隆則
    第92回日本病理学会会誌 92(1) 149-149 2003年
  • 染色体・遺伝子変化の腫瘍内多様性からみた未分化型胃癌のtemporal analysis
    杉原洋行, 彭敦発, 服部隆則
    第92回日本病理学会会誌 92(1) 177-177 2003年
  • 胃癌および腺腫のMUC発現および5番染色体長腕APC遺伝子近傍マイクロサテライト解析
    塚下しづき, 九嶋亮治, 馬場正道, 向所賢一, 杉原洋行, 服部隆則
    第92回日本病理学会会誌 92(1) 377-377 2003年
  • Comparative CGH and histological analysis in diffuse-type gastric carcinomas
    彭敦発, 杉原洋行, 服部隆則
    第92回日本病理学会会誌 92(1) 382-382 2003年
  • CGH (comparative genomic hybridization) を用いて検討した胃型腺癌の染色体異常
    向所賢一, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    第14回日本消化器癌発生学会総会 プログラム・抄録集 126-126 2003年
  • 染色体構造異常とがんの進展-胃癌を中心として
    服部隆則, 杉原洋行
    日本癌学会総会記事 62 31-31 2003年
  • 食道扁平上皮癌の発生におけるp16不活性化様式
    徳川奉樹, 杉原洋行, 谷徹, 服部隆則
    第62回日本癌学会総会記事 62 343-343 2003年
  • Diffuse-type胃癌のCGH解析:腺管成分のある群とない群の比較
    彭敦発, 杉原洋行, 服部隆則
    第62回日本癌学会総会記事 62 401-401 2003年
  • 未分化型癌におけるE-カドヘリンの細胞内、外ドメインの発現解離についての検討
    中村悦子, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    第62回日本癌学会総会記事 62 401-401 2003年
  • Diffuse-type胃癌におけるE-cadherin遺伝子発現の変化と印環細胞化の解析
    馬場正道, 杉原洋行, 服部隆則
    第62回日本癌学会総会記事 62 401-401 2003年
  • DOP-PCRとDNA 標識法のCGHの感度に与える影響:近4倍体腫瘍での1コピーの染色体増減を検出するための検討
    坪佐恭宏, 杉原洋行, 向所賢一, 彭 敦發, 谷 徹, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 62 347-347 2003年
  • Adenocarcinomas arising in gastric hyperplastic polyps and their chromosomal copy number changes, different from intestinal type
    Mukaisho K, Kushima R, Sugihara H, Hattori T.
    5th International Gastric Cancer Congress (IGCA) 2003年
  • 胃癌の発生-Cytokeratin-7による胃癌と胃腺腫の形質発現の検討
    向所賢一, 九嶋亮治, 馬場正道, 塚下しづき, 谷 徹, 杉原洋行, 服部隆則
    第74回日本胃癌学会総会記事 117-117 2002年
  • CGH analysis of DOP-PCR amplified DNA from microdissected cells of diffuse-type gastric carcinoma
    彭 敦發, 杉原洋行, 坪佐恭宏, 服部隆則
    日本病理学会会誌 91(1) 2002年
  • 胃未分化型の深部浸潤に伴うE-cadherinとβ-cateninの変化
    中村悦子, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本病理学会会誌 91(1) 2002年
  • 胃粘膜内腫瘍におけるβ-cateninの発現
    塚下しづき, 九嶋亮治, 馬場正道, 中村悦子, 向所賢一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 91(1) 272-272 2002年
  • 新しい乳腺筋上皮細胞のマーカーとしてCD10免疫組織化学の有用性 - パラフィン切片における検討
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 馬場正道, 小林忠男, 服部隆則
    日本病理学会会誌 91(1) 289-289 2002年
  • 酵素組織科学を用いて判明したマイクロ波凝固療法の肝組織固定作用
    向所賢一, 来見良誠, 杉原洋行, 神谷純広, 徳川奉樹, 仲成幸, 遠藤善裕, 花澤一芳, 服部隆則, 谷徹
    第102回日本外科学会定期学術集会 2002年
  • CGH analysis of DOP-PCR amplified from maicrodissected cells of diffuse-type gastric carcinoma.
    彭敦発, 杉原洋行, 服部隆則
    Cytometry Research 12(Supplement) 41-41 2002年
  • Hela x fibroblast hybridにおけるH19遺伝子のnude mice造腫瘍性についての検討
    辻本洋行, 杉原洋行, 服部隆則, 萩原明於, 山岸久一, Stanbridge J
    日本癌学会総会記事 61 246-246 2002年
  • CGH及びCGHアレイ解析に対するDOP-PCRの影響
    坪佐恭宏, 杉原洋行, 向所賢一, 彭敦発, 神谷純広, 谷徹, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 61 229-229 2002年
  • 胃未分化型癌の深部浸潤に伴うE-cadherinとβ-cateninの変化
    中村悦子, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 61 367-368 2002年
  • 胃の腸型腺腫における5番染色体長腕マイクロサテライト解析
    塚下しづき, 九嶋亮治, 杉原洋行, 馬場正道, 徳川奉樹, 服部隆則
    第61回日本癌学会総会記事 61 368-368 2002年
  • EBV関連胃癌におけるp53の役割:同一組織型を示すEBV陰性胃癌との比較
    森谷鈴子, 杉原洋行, 九嶋亮治, 服部隆則
    第61回日本癌学会総会記事 61 369-369 2002年
  • 未分化型胃癌におけるDOP-PCR増幅後CGH及びarray CGH解析
    彭敦發, 杉原洋行, 服部隆則
    第61回日本癌学会総会記事 61 407-407 2002年
  • Earlier genomic changes in diffuse-type gastric carcinomas : CGH and genomic microarray analyses.
    Sugihara H, Peng DF, Hattori T.
    8th European Workshop on Cytogenetics and Molecular Genetics of Human Solid Tumours 2002年
  • MUC genes and beta-catenin expressions in intramucosal neoplastic lesions of the stomach.
    Tsukashita S, Kushima R, Bamba M, Nakamura E, Mukaisho K, Sugihara H, Hattori T
    24th International Congress of the International Academy of Pathology (IAP) 2002年
  • Die Analyse der Klonalit?t bei fr?en Magenkarzinomen des diffusen Typs.
    Bamba M, Sugihara H, Becker KF, Hattori T, Stolte M, H?fler H
    Endoskopie heute 15 31-31 2002年
  • Clonal analysis of diffuse-type gastric carcinomas using human androgen receptor gene assay and a mutation-specific E-cadherin antibody.
    Bamba M, Sugihara H, Bamba N, Nakamura E, Tsukashita S, Okada K, Kushima R, Hattori T
    4th International Gastric Cancer Congress 741-744 2001年
  • 変異E-cadheirn抗体による胃印環細胞癌のクローン解析
    馬場正道, 杉原洋行, 馬場史道, 岡田勝治, 九嶋亮治, 服部隆則
    日本病理学会会誌 90(1) 211-211 2001年
  • 胃粘膜内腺癌および腺腫のMUC発現と組織発生
    塚下しづき, 九嶋亮治, 杉原洋行, 馬場史道, 森谷鈴子, 中村悦子, 服部隆則
    日本病理学会会誌 90(1) 213-213 2001年
  • 低分化型胃癌からpureな腫瘍核DNAを抽出するための基礎的検討
    中村悦子, 杉原洋行, 神谷純広, 服部隆則
    日本病理学会会誌 90(1) 214-214 2001年
  • 食道扁平上皮癌を用いたDNAコピー数異常の腫瘍内多様性解析
    神谷純広, 杉原洋行, 塩見尚礼, 徳川奉樹, 向所賢一, 服部隆則
    日本病理学会会誌 90(1) 179-179 2001年
  • CGHにより食道扁平上皮癌で検出されるDNAコピー数異常の腫瘍内多様性の解析
    神谷純広, 杉原洋行, 塩見尚礼, 服部隆則
    Cytometry Research 11(Supplement) 83-83 2001年
  • 胃未分化型癌におけるE-cadherinとbeta-cateninの局在の腫瘍内多様性
    中村悦子, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 60 316-316 2001年
  • 食道癌におけるp16INK4aのメチル化とp15、p16、p19近傍サテライトマーカーのLOHの発癌、癌発育に及ぼす影響
    徳川奉樹, 坪佐恭宏, 谷 徹, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 60 329-329 2001年
  • 胃癌におけるp16INK4a、p14ARF遺伝子のpromoter領域methylation - MSI、p53、DNA ploidyとの関連について
    辻本洋行, 杉原洋行, 服部隆則, 萩原明於, 山岸久一
    日本癌学会総会記事 60 359-359 2001年
  • CGHの定量的解析:Interphase karyotypingへの試み
    杉原洋行
    Cytometry Research 11(1) 1-7 2001年
  • MUC gene expresson and histogenesis of intramucosal adenocarcinoma / adenoma in the stomach
    Tsukashita S, Kushima R, Sugihara H, Bamba M, Moritani S, Nakamura E, Hattori T
    4th International Gastric Cancer Congress 2001年
  • Diffuse type胃癌細胞株におけるDNA ploidy、CGH法及び FISH法による染色体コピー数解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    第72回日本胃癌学会総会記事 40-40 2000年
  • 胃印環細胞癌における腸型形質の発現
    馬場正道, 杉原洋行, 九嶋亮治, 塚下しづき, 岡田勝治, 服部隆則
    第72回日本胃癌学会総会記事 37-37 2000年
  • 胃癌細胞株におけるIntestinal trefoil factorのAPC-catenin複合体、E-cadherin複合体に対する影響について
    高間崇史, 野田昌男, 杉原洋行, 加嶋 敬, 服部隆則
    日本病理学会会誌 89(1) 235-235 2000年
  • 胃癌におけるp16遺伝子異常の検討
    小林紀明, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 89(1) 235-235 2000年
  • 胃印環細胞癌における腸型形質の発現と遺伝子産物の異常発現
    馬場正道, 杉原洋行, 九嶋亮治, 塚下しづき, 岡田勝治, 服部隆則
    日本病理学会会誌 89(1) 216-216 2000年
  • 胃癌細胞株におけるBrdUによる細胞死の誘発(2):同調培養での検討
    展 広智, 彭 敦発, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 89(1) 329-329 2000年
  • Effect of Bomodeoxyurideine(BrdU) on induction of apoptosis in human gasritc carcinoma cell lines
    Peng DF, Zhan GZ, Sugihara H, Hattori T
    第18回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 37-37 2000年
  • CGHの定量的解析
    杉原洋行
    第18回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 19-19 2000年
  • 食道扁平上皮癌の発生、進展における染色体異常の検出-核DNA量、FISH法、CGH法を用いて
    神谷純広, 杉原洋行, 塩見尚礼, 岡田勝治, 徳川奉樹, 谷 徹, 小玉正智, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 59 117-117 2000年
  • CGHにおけるG/R比の定量的解析
    杉原洋行, 岡田勝治, 中村悦子, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 59 118-118 2000年
  • 変異E-Cadherin抗体を用いた早期胃印環細胞癌クローン性の解析
    馬場正道, 杉原洋行, 馬場史道, 岡田勝治, 九嶋亮治, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 59 260-260 2000年
  • CGHとFISH による染色体コピー数変化の比較検討
    中村悦子, 杉原洋行, 岡田勝治, 服部隆則
    第18回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 13-13 2000年
  • 胃癌の分化と悪性度
    杉原洋行
    日本医事新報 3962 168-170 2000年
  • FISHによる癌ゲノムDNAの定量的解析
    杉原洋行
    日本臨床細胞学会近畿連合会会誌 8 27-42 2000年
  • Intestinal trefoil factor controls the expression of the E-cadherin-cateni complexes in human gastric caricnoma cells
    Takama T, Noda M, Morgan D, Mitsufuji S, Sugihara H, Cox H, Kashima K, Wright N, Hattori T
    Gastroenterology 118(Supplement) A51-A51 2000年
  • Effect of etodolac, a selective cyclooxygenase-2 inhibitor on the expression of the E-cadherin-catenin complexes in gastrointestinal cell lines.
    Noda M, Takama T, Kimura T, Tomizawa M, Mitsufuji S, Sugihara H, Kodama T, Kashima K, Hattori T
    Gastroenterology 118(Supplement) A51-A51 2000年
  • Immunoblot analysis of the E-cadherin-catenin and the adenomatous polyposis coli-catenin complexes in colonic cancer cell lines
    Tomizawa M, Noda M, Misufuji S, Sugihara H, Kodama T, Kashima K, Hattori T
    Gastroenterology 118(Supplement) A1414-A1414 2000年
  • Dynamic range and over- and under-estimations in analyses of chromosomal copy number by comparative genomic hybridization.
    Sugihara H, Okada K, Hattori T
    Chines J Histochem Cytochem. 9(Supplement) 29-29 2000年
  • Induction of apoptosis by bromodeoxyuridine (BrdU) in human gastric cancer cell lines.
    Zhan GZ, Peng DF, Sugihara H, Hattori T
    Chinese J Histochem Cytochem. 9(Supplement) 29-29 2000年
  • Estimation of absolute copy numbers of chromosomes and chromosomal parts by combined CGH and ploidy analyses
    Sugihara H, Okada K, Hattori T
    The Proceedings of the Royal Microscopical society 101-102 2000年
  • Expression of intestional phenotype in intramucosal and deeply invasive signet ring cell carcinomas of the stomach
    Bamba M, Sugihara H, Kushima R, Tsukashita S, Okada K, Hattori T
    Pathology 50(Supplement) A87-A87 2000年
  • Bromodeoxyuridine induces p53-dependent and -independent cell cycle arrests in human gastric carcinoma cell lines.
    Peng DF, Sugihara H, Hattori T
    Chinese Journal of Histochemistry and Cytochemistry 9(Supplement) 29-29 2000年
  • 胃癌細胞癌におけるAPC-catenin複合体、E-cadherin-catenin複合体の発現について
    野田昌男, 服部隆則, 呉 利波, 冨澤宗太, 光藤章二, 杉原洋行, 加嶋 敬
    Japanese Gastric Cancer Association 116-116 1999年
  • CGH法を用いた食道扁平上皮癌の発生、進展における染色体異常の検出
    塩見尚礼, 杉原洋行, 神谷純広, 田村祐樹, 内藤弘之, 川口 晃, 谷  徹, 服部隆則, 小玉正智
    日本消化器癌発生学会 1999年
  • Diffuse type胃癌細胞株のCGH法による染色体コピー数解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 中村悦子, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 58 353-353 1999年
  • 早期胃印環細胞癌におけるE-cadherin遺伝子変異の検討
    馬場正道, 杉原洋行, 岡田勝治, 馬場史道, 九嶋亮治, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 58 354-354 1999年
  • p21wafl1/Cip1蛋白の発現とp53蛋白過剰発現からみた大腸腫瘍における細胞増殖と細胞死の検討
    岩瀬 毅, 小西英幸, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 58 364-364 1999年
  • ヒト胃癌培養細胞株、早期胃癌におけるp16NK4aプロモーター領域のメチル化の検討
    小林紀明, 杉原洋行, 木村次宏, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 58 560-560 1999年
  • Helax fibroblast hybridにおけるnude mice造腫瘍性およびIAP発現調節遺伝子の同定
    辻本洋行, 杉原洋行, 服部隆則, 萩原明於, 山岸久一, Stanbrige EJ
    日本癌学会総会記事 58 572-572 1999年
  • 食道扁平上皮癌の発生、進展における染色体コピー数の変化
    塩見尚礼, 杉原洋行, 田村祐樹, 小玉正智, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 58 739-739 1999年
  • 胃型ならびに腸型腺癌の遺伝子変化-組織発生と進展を考慮して-
    服部隆則, 九嶋亮治, 杉原洋行, 馬場正道
    胃と腸 34 527-537 1999年
  • Clonal analysis of poorly differentiated gastric carcinomas with signet ring cells
    Bamba M, Sugihara H, Okada K, Kushima R, Hattori T
    Langenbeck s Archiv of Surgery 384 117-118 1999年
  • Expression of p21WAF1/CIP1 and p53 protein in colorectal tumors
    Iwase T, Konishi H, Mitsufuji S, Kodama T, Kashima K, Sugihara H, Hattori T
    Gastroenterology 116(Supplement) A427-A427 1999年
  • Immunoblot analysis of the adenomatous polyposis coli-catenin and the E-cadherin-catenin complexes in gastric cancer cell lines
    Noda M, Hattori T, Wu L, Tomizawa M, Mitsufuji S, Sugihara H, Kashima K
    Gastroenterology 116(Supplement) A475-A475 1999年
  • Copy number analysis of chromosomal regions by comparative genomic hybridization.
    Okada K, Sugihara H, Bamba M, Nakamura E, Bamba T, Hattori T
    Gut 45(Supplement 5) A80-A80 1999年
  • Dynamic range of Red/Green ration in comparative genomic hybridization
    Sugihara H, Hattori T
    Acta Histochem. Cytochem. 32(6) 541(A61)-541(A61) 1999年
  • 早期大腸癌におけるP21WAF1/Clip1蛋白の発現
    岩瀬 毅, 小西英幸, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 88(1) 225-225 1999年
  • comparative genomic hybridization法を用いた食道扁平上皮癌の染色体異常の検索
    塩見尚礼, 杉原洋行, 田村祐樹, 服部隆則
    日本病理学会会誌 88(1) 234-234 1999年
  • Diffuse type胃癌細胞株のCGH法とFISH法による染色体コピー数解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本病理学会会誌 88(1) 244-244 1999年
  • 胃未分化型癌における胃型及び腸型形質発現の検討
    馬場正道, 九嶋亮治, 杉原洋行, 岡田勝治, 森谷鈴子, 服部隆則
    日本病理学会会誌 88(1) 240-240 1999年
  • 食道癌におけるクローン性の解析
    田村祐樹, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 337-337 1998年
  • 初期印環細胞癌におけるBrdU誘発apoptosisの解析
    姚暁虹, 杉原洋行, 高松哲郎, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 338-338 1998年
  • 細胞動態とMHC発現からみたEpstein-Barr virus(EBV)陽性胃癌の特性
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 339-339 1998年
  • ヒト大腸内分泌細胞癌培養細胞株HTR-2の樹立とその性状ならびに増殖因子に関する検討
    佐藤仁美, 岩瀬毅, 真鍋理絵, 木村次宏, 小西英幸, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 347-347 1998年
  • 大腸癌の進展に伴う染色体異常の変化-FISHによる解析(3)
    桂奏, 杉原洋行, 高松哲郎
    日本病理学会会誌 87(1) 358-358 1998年
  • 胃癌細胞株におけるBrdUによる細胞死の誘発
    杉原洋行, 凌志強, 姚暁虹, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 418-418 1998年
  • CGH法による胃印環細胞癌の染色体変化の解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 456-456 1998年
  • ヒトアンドロゲンレセプター遺伝子メチル化法を用いた表層陥凹型低分化型胃癌におけるクローン性の解析
    馬場正道, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 87(1) 456-456 1998年
  • 印鑑細胞癌は単一腺管から発生する
    杉原洋行, 馬場正道, 岡田勝治, 服部隆則
    第70回日本胃癌学会総会記事 3-3 1998年
  • ヒトアンドロゲンレセプター遺伝子メチル化法を用いた表層拡大型低分化型胃癌におけるクローン解析
    馬場正道, 杉原洋行, 岡田勝治, 田村祐樹, 服部隆則
    第70回日本胃癌学会総会記事 205-205 1998年
  • 印環細胞癌のCGH法による染色体変化解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    第70回日本胃癌学会総会記事 116-116 1998年
  • 初期印環細胞癌におけるapoptosis誘発能の解析
    杉原洋行, 姚 暁虹, 服部隆則
    第70回日本胃癌学会総会記事 121-121 1998年
  • BrdUで胃癌細胞MKN45に誘発される細胞死
    杉原洋行, 凌 志強, 姚 暁虹, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 342-342 1998年
  • イヌ初期印環細胞癌におけるBrdU誘発apoptosisの解析
    姚 暁虹, 杉原洋行, 高松哲郎, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 343-343 1998年
  • 細胞動態お(GTC-4)の免疫能に与える影響
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 288-288 1998年
  • CGHによる未分化型胃癌の染色体コピー数の解析
    岡田勝治, 杉原洋行, 馬場正道, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 353-353 1998年
  • X染色体不活性化現象を用いた表層凹型低分化型胃癌におけるクローン性解析
    馬場正道, 杉原洋行, 岡田勝治, 田村祐樹, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 369-369 1998年
  • 食道癌におけるクローン性の検討
    田村祐樹, 小玉正智, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 57 370-370 1998年
  • Fluorescence in situ hybridization (FISH)法を用いた大腸腫瘍の進展に伴う染色体異常の検出
    桂 奏, 杉原洋行, 高松哲郎
    第16回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 23-23 1998年
  • Comparative genomic Hybridizationを用いた食道扁平上皮癌の染色体個ぴ数異常領域の解析
    塩見尚礼, 杉原洋行, 田村祐樹, 内藤弘之, 川口 晃, 柴田純祐, 岡田勝治, 小玉正智, 服部隆則
    第16回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 52-52 1998年
  • BrdUによるapoptosis誘発系を用いた細胞死の解析:初期実験胃癌と培養胃癌細胞との比較
    杉原洋行, 凌 志強, 姚暁虹, 服部隆則
    第16回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 54-54 1998年
  • Copy number analysis of chromosomal segments by comparative genomic hybridization in DNA-diploid signet ring cell carcinoma of the stomach.
    Sugihara H, Okada K, Bamba M, Hattori T
    J. Histochem Cytochem 46 A34-A34 1998年
  • Establishment and Characterization of a cell line from a human colon neuroendocrine cell carcinoma
    Sato H, Iwase T, Manabe R, Kimura T, Konishi H, Sugihara H, Hattori T
    World Congressess of Gastroenterology 1998年
  • 胃癌におけるmicrosatellite instability, DNA ploidy, TGF-βreceptor type II 遺伝子変異
    辻本洋行, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 191-191 1997年
  • Epstein-Barr virus関連胃癌の細胞増殖動態
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 268-268 1997年
  • オートステージを用いた顕微測光、FISHによる胃癌のerB-2 遺伝子増幅の検討
    岡田勝治, 杉原洋行, 辻本洋行, 関戸康友, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 270-270 1997年
  • 表層拡大型未分化型胃癌におけるクローン性の解析
    馬場正道, 辻本洋行, 岡田勝治, 田村祐樹, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 273-273 1997年
  • 胃高分化型腺癌におけるmicrosatellite解析とDNA ploidy
    木村次宏, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 160-160 1997年
  • Comapartive genomic hybridization(CGH)とFISHによる印環細胞癌の粘膜内病変の染色体変化
    杉原洋行, 岡田勝治, 関戸康友, 服部隆則
    日本病理学会会誌 86(1) 325-325 1997年
  • 胃印環細胞癌の粘膜病変における染色体変化のCGHによる解析
    杉原洋行, 岡田勝治, 馬場正道, 関戸康友, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 56 252-252 1997年
  • ヒト大腸内分泌細胞癌培養株(HTR-2)の樹立とその性状
    佐藤仁美, 真鍋理絵, 木村次宏, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 56 390-390 1997年
  • ヒトアンドロゲンレセプター遺伝子メチル化法を用いた表層拡大型低分化型胃癌におけるクローン性の解析
    馬場正道, 辻本洋行, 田村祐樹, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 56 548-548 1997年
  • EBV関連胃癌の細胞増殖動態-ISHと顕微蛍光測光法を組み合わせた検討-
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 56 549-549 1997年
  • 胃印環細胞癌と胃分化型腺癌におけるMicrosatellite解析とDNA ploidy patternの検討
    木村次宏, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 56 288-288 1997年
  • Establishment and characterization of a human gastric neuroendocrine cell carcinoma
    Sato H, Manabe R, Kimura T, Nakano K, Noda M, Konishi H, Kodama T, Kashima K, Sugihara H, Hattori T
    Gastroenterology 112 650-650 1997年
  • 胃癌の細胞分化と遺伝子異常
    九嶋亮治, 杉原洋行, 横山慶一, 服部隆則
    消化器癌 6 97-104 1996年
  • 未分化型胃癌の進展様式からみた表層拡大型早期胃癌
    杉原洋行, 服部隆則
    胃と腸 31 613-621 1996年
  • 共焦点レーザ顕微鏡による染色体変化のin situ検出(5) FISHシグナル数とシグナルサイズ多型の腫瘍組織局所でのmapping
    杉原洋行, 桂奏, 後藤高弘, 横山慶一, 高松哲郎, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 110-110 1996年
  • 若年者胃癌におけるGenetic instabilityの検討
    木村次宏, 横山慶一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 165-165 1996年
  • FISH(fluorescence in situ hybridization)法によるBarrett食道腺癌の染色体数的異常の検出
    中野克哉, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 290-290 1996年
  • Epstein-Barr virus関連胃癌、定型的組織像を示すEBV陰性胃癌との比較からみた検討
    森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 292-292 1996年
  • 早期胃癌におけるPCR法によるAPC関連microsatellite遺伝子異常の検索
    呉利波, 森谷鈴子, 九嶋亮治, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 295-259 1996年
  • 胃癌のprogressionと増殖因子受容体遺伝子増幅
    辻本洋行, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 295-295 1996年
  • Ki-67,p53,DNA ploidy pattern,FISH(florescence in situ hybridization)による直腸カルチノイドの細胞生物学的検討
    佐藤仁美, 中野克哉, 木村次宏, 横山慶一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 85(1) 305-305 1996年
  • ヒト胃内分泌細胞癌培養細胞株の樹立とその性状
    佐藤仁美, 木村次宏, 中野克哉, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 55 354-354 1996年
  • 胃癌組織における細胞分化と5q-LOHについて-APC遺伝子関連マイクロサテライトマーカーを用いた検討
    呉利波, 九嶋亮治, 森谷鈴子, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 55 543-543 1996年
  • 乳癌組織におけるcyclin D1 およびp16INK4 蛋白の発現と局在に関する検討
    梅田朋子, 内藤弘之, 寺田信國, 杉原洋行, 小玉正智, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 55 428-428 1996年
  • 胃印環細胞癌におけるmicrosatellite instability の検討
    木村次宏, 横山慶一, 佐藤仁美, 中野克哉, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 55 370-370 1996年
  • 染色体変化のin situ検出
    桂 奏, 杉原洋行
    病理と臨床 14(臨時増刊) 238-241 1996年
  • Chromosomal analysis in tissue section: Counting of FISH signals by CLSM
    Sugihara H
    Acta histochemica et cytochemica 29 333-334 1996年
  • Numerical chromosomal aberrations of colorectal tumors revealed by a comparative cytofluorometetric and FISH study
    Katsura K, Sugihara H, Gotoh T, Takamatsu T, Fujita S
    Acta histochemica et cytochemica 29 783-784 1996年
  • Kinetics of bromodeoxyuridine-labeled apoptosis in pyloric glands of canine stomach
    Yao XH, Sugihara H, Katsura K, Takamatsu T
    Acta histochemica et cytochemica 29 914-915 1996年
  • Biological characteristics of rectal carcinoid tumors
    Sato H, Nakano K, Kimura T, Noda M, Kodama T, Kashima K, Yokoyama K, Sugihara H, Hattori T
    Gastroenterology 110 587-587 1996年
  • Relationships between DNA ploidy patterns and numerical aberrations of chromosome 17 in human gastric cancers
    Yokoyama K, Kimura T, Sugihara H, Hattori T, Takamatsu T
    Acta histochemica et cytochemica 29 531-532 1996年
  • Mucin phenotype of epstein-barr virus-associated early gastric carcinomas in the cardiac region
    Moritani S, Sugihara H, Hattori T
    Acta histochemica et cytochemica 29 805-806 1996年
  • Localization of urokinase-type plasminogen activator,plasminogen activator inhibitor-1, and-2mRNA in mammary cancer
    Umeda T, Eguchi Y, Terada N, Sugihara H, Kodama M, Hattori T
    Acta histochemica et cytochemica 29 807-808 1996年
  • Relationship between alterations of microsatellies linked to the APC gene and different mucin phenotypes of stomach carcinomas
    Kushima R, Borchard F, Molsberger G, Wu LB, Moritani S, Sugihara H, Hattori T
    1st International conference gastroenterological carcinogenesis 1 192-192 1996年
  • 未分化型胃癌の遺伝子異常について-FISH法を用いた染色体数の変化-
    横山慶一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本病理学会会誌 84(1) 161-161 1995年
  • 胃印環細胞癌の進展と遺伝子異常-FISH法を用いた染色体数の変化-
    横山慶一, 木村次宏, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 54 514-514 1995年
  • 共焦点レーザ顕微鏡による染色体変化のin situ検出(4) CentromereのFISHシグナル数とCバンド多型の腫瘍組織内でのmapping
    杉原洋行, 桂 奏, 後藤高弘, 高松哲郎
    日本癌学会総会記事 54 173-173 1995年
  • 共焦点レーザ顕微鏡による染色体変化のin situ検出 (3) FISHによるセンロトメアシグナルのカウントとCバンド多型の検出
    杉原洋行, 桂 奏, 高松哲郎, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 84(1) 143-143 1995年
  • 胃癌の浸潤と接着分子
    服部隆則, 内藤弘之, 横山慶一, 杉原洋行
    病理と臨床 12 771-777 1994年
  • 顕微鏡トモグラフィによる間期染色体の3次元観察
    杉原洋行, 高松哲郎, 藤田晢也
    生体の科学 45(3) 221-225 1994年
  • Ploidy heterogeneiyとras mutationからみた大腸癌の進展
    杉原洋行, 桂 奏, 横山慶一, 服部隆則, 藤田晢也
    第12回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 1994年
  • 染色体とploidyのレベルからみたヒト固形癌の進展
    杉原洋行
    日本病理学会会誌 83(1) 115-115 1994年
  • Use of confocal microscopy for fluorescence in situ hybridization.
    Sugihara H., Fujita S
    Journal of Histochemistry and Cytochemistry 42(Proceeding) 990-990 1994年
  • 胃未分化型癌の増殖・進展とTGF-β
    横山慶一, 杉原洋行, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 52 507-507 1993年
  • 消化管上皮の細胞回転からみた癌の発生
    服部隆則, 杉原洋行
    病理と臨床 12 583-589 1993年
  • Fluorescence in situ hybridizationによる乳癌細胞株MCF-7の16番染色体変化の検出
    杉原洋行, Elna Moerland, Anne-Marie Cleton-Jansen, Peter Devilee, Cees J. Cornelisse, 土橋康成, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 52 207-207 1993年
  • 未分化型胃癌の発生と進展
    服部隆則, 杉原洋行
    日本外科学会雑誌 98 964-967 1992年
  • 印環細胞癌の進展におけるploidyの変化
    杉原洋行, 桂 奏, 藤田 晢也
    第10回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 1992年
  • 染色体の組織切片でのin situ counting (2) 共焦点レーザ顕微鏡による全染色体数のカウント
    杉原洋行, 真崎 武, 桂 奏, 高松哲郎, 土橋康成, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 81(1) 89-89 1992年
  • Counting of centromeres in interphase nuclei of tissue sections with confocal laser scanning microscopy.
    Sugihara H, Katsura K, Takamatsu T, Fujita S
    Histochemical Journal 24(8) 532-532 1992年
  • 微小癌から進行癌へ-ヒト癌プログレッションの自然史-
    藤田晢也, 桂 奏, 杉原洋行
    代謝 28(増刊号「癌'91) 291-297 1991年
  • セントロメアの核内分布の共焦点レーザ走査顕微鏡による観察
    杉原洋行, 桂 奏, 高松哲郎, 藤田晢也
    Acta Histochemica et Cytochemica 24(5) 533-533 1991年
  • 腫瘍内部位によるploidyの多様性からみたヒト大腸癌の進展
    杉原洋行, 桂 奏, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 49 308-308 1991年
  • 組織切片を用いた顕微蛍光測光で検出される多倍体細胞の癌進展における意義
    杉原洋行, 桂 奏, 藤田晢也
    第9回癌DNA研究会 プログラム・抄録集 1991年
  • 抗セントロメア抗体による染色体のin situ countingの試み
    杉原洋行, 桂 奏, 藤田晢也
    Cytometry Research 1(Suppl.) 1991年
  • 染色体のin situ countingの試み (1)凍結切片による固定条件の検討
    杉原洋行, 桂 奏, 高松哲郎, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 80(1) 289-289 1991年
  • 人胃癌のプログレッション
    杉原洋行, 服部隆則
    オンコロジア 23(1) 20-25 1990年
  • ENNGによって誘発したイヌ胃の微小印環細胞癌の増殖動態
    杉原洋行, 服部隆則, 桂奏, 土橋康成, 藤田晢也
    第2回日本消化器癌発生研究会 1990年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(XVI): 単一腺管萎縮と初期印環細胞癌の腺管内定着について
    杉原洋行, 藤田晢也, 桂奏, 服部隆則
    日本癌学会総会記事 49 72-72 1990年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(XV):実験イヌ印環細胞癌の単一腺管内病変から間質への初期浸潤の動態
    杉原洋行, 服部隆則, 福田優, 桂奏, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 79(1) 98-98 1990年
  • 胃スキルス癌のDNAプロイディ: 細胞単離法と切片法との比較
    杉原洋行, 服部隆則, 藤田晢也, 福田優
    日本病理学会会誌 78(1) 219-219 1989年
  • DNA synthetic time of the normal and carcinoma cells of canine stomachs as determined by a double labeling method with tritiated thymidine and bromodeoxyuridine.
    Sugihara H, Katsura K, Fujita S
    Acta Histochemica et Cytochemica 22(6) 736-736 1989年
  • 胃癌の発生と生長
    杉原洋行, 藤田晢也
    綜合臨床 37 17-28 1988年
  • 防御機構としての細胞回転
    杉原洋行, 服部隆則
    クリニカ 15 343-347 1988年
  • パラフィン切片を用いた分裂期細胞のDNA定量: 胃癌研究への応用
    杉原洋行
    医学のあゆみ 147 587-589 1988年
  • 印環細胞癌におけるfibronectinとlamininの分布: DNA ploidyとの関係
    杉原洋行, 服部隆則, 藤田晢也, 福田優
    日本癌学会総会記事 47 348-348 1988年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (XIV): 実験的イヌ印環細胞癌の初期像へのアプロ-チ
    杉原洋行, 服部隆則, 今村好章, 法木左近, 福田優, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 77(1) 585-585 1988年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (XIII): ENNGによる初期イヌ胃癌の細胞動態
    杉原洋行, 服部隆則, 藤田晢也, 福田優
    日本癌学会総会記事 46 65-65 1987年
  • 進行期印環細胞癌におけるヘテロプロイド細胞の分布
    杉原洋行, 服部隆則, 福田優, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 76(1) 224-224 1987年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (XII): 印環細胞癌の層構造形成とDNA量との関係
    杉原洋行, 服部隆則, 福田優, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 45 445-445 1986年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (XI): 印環細胞癌のDNA定量
    杉原洋行, 服部隆則, 細川洋平, 福田優, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 75(1) 366-367 1986年
  • The layered structure in early gastric carcinomas of diffuse type induced in dogs by N-ethyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine.
    Sugihara H, Tsuchihashi Y, Hattori T, Fukuda M, Fujita S
    14th International Cancer Congress 1986年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (X): 印環細胞癌におけるラミニンとフィブロネクチンの局在について
    杉原洋行, 服部隆則, 細川洋平, 福田優, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 44 387-387 1985年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(IX): 印環細胞癌における癌細胞と線維芽細胞とのcell to cell contact.
    杉原洋行, 服部隆則, 福田優, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 74(1) 349-350 1985年
  • 胃粘膜上皮細胞の動態と細胞性バリア機能
    杉原洋行, 服部隆則, 藤田晢也
    消化性潰瘍ー臨床と基礎 5 8-20 1984年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (VIII): ヒト印環細胞癌の粘膜病変の多様性と層構造
    杉原洋行, 伊藤良治, 服部隆則, 福田優, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 43 378-378 1984年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化 (VII): 増殖癌細胞から印環細胞への分化の動態
    杉原洋行, 伊藤良治, 依岡省三, 土橋康成, 服部隆則, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 73(1) 275-275 1984年
  • Cancer cell-stroma interaction in the progression of signet ring cell carcinooma.
    Sugihara H, Fujita S
    International Cell Biology 1984 549-549 1984年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(VI): 印環細胞癌の組織内進展に伴う増殖癌細胞の微細構造の変化
    杉原洋行, 土橋康成, 依岡省三, 北村忠久, 服部隆則, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 42 355-355 1983年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(V):印環細胞癌の粘液貯留と増殖能との関係
    杉原洋行, 土橋康成, 岡田勝弘, 北村忠久, 服部隆則, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 72(1) 263-263 1983年
  • Color image analysis of mucin distribution in intramucosal signet ring cell caricnoma.
    Sugihara H, Ito R, Fujita S
    Acta Histochemica et Cytochemica 16(6) 629-629 1983年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(IV):印環細胞癌の粘膜内層構造の電顕的観察
    杉原洋行, 土橋康成, 岡田勝弘, 北村忠久, 服部隆則, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 41 315-315 1982年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(III): 粘膜内印環細胞癌の電顕・光顕対応観察
    杉原洋行, 土橋康成, 岡田勝弘, 北村忠久, 服部隆則, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 71(1) 285-285 1982年
  • Comparative mucin histochemical and ultrastructural studies on the differentiation of diffuse gastric carcinoma.
    Sugihara H, Tsuchihashi Y, Kitamura T, Fujita S
    Journal of Histochemistry and Cytochemistry 30(Proceeding) 598-598 1982年
  • 胃癌の粘膜内での増殖と分化(II): Diffuse 型胃癌細胞の粘膜内部位による産生粘液および微細構造の違い
    杉原洋行, 越智雅晴, 土橋康成, 岡田勝弘, 北村忠久, 服部隆則, 藤田晢也
    日本癌学会総会記事 40 290-290 1981年
  • 細胞動態からみた胃癌細胞の分化能
    杉原洋行, 魚住玄通, 土橋康成, 岡田勝弘, 服部隆則, 藤田晢也
    日本病理学会会誌 70(1) 283-284 1981年
  • Enzyme histochemical studies on ALPase isozymes in human and dog carcinoma cells.
    Sugihara H, Tsuchihashi Y, Fujita S, Uozumi G
    Acta Histochemica et Cytochemica 14(1) 61-61 1981年

競争的資金

  • 遺伝子コピー数プロファイルによる非浸潤性乳腺・大腸腫瘍の進展リスク予知
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    代表者:杉原 洋行
  • 遺伝子コピー数変化による早期胃癌の進行期への進展リスク評価システムの構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    代表者:杉原 洋行
  • 未分化型胃癌の進展にエピジェネティックな発現調節がどのようにかかわっているか
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    代表者:杉原 洋行
  • 進行癌に進展しやすい分化型早期胃癌に特徴的なゲノム構成の解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    代表者:杉原 洋行