詳細検索はこちら

旦部 幸博

所属部署名病理学講座(微生物感染症学)
職名助教
 
 
更新日: 17/11/17 09:56

研究者基本情報

氏名

    旦部 幸博

所属(マスタ)

  • 病理学講座(微生物感染症学) 助教

学歴

  • - 1996年京都大学 薬学研究科 薬学

学位

  • 博士(医学)(滋賀医科大学)

所属学協会

    日本分子生物学会 , 日本癌学会 , 日本細菌学会

経歴

  • 1996年滋賀医科大学助手

研究活動情報

研究分野

  • 生活科学 / 食生活学
  • 腫瘍学 / 腫瘍生物学
  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学)

研究キーワード

    コーヒー , 癌抑制遺伝子 , 癌遺伝子

論文

  • The drs tumor suppressor regulates glucose metabolism via lactate dehydrogenase-B
    Mol Carcinog 55 52-63 2016年01月 [査読有り]
  • Female-specific rectal carcinogenesis in cyclin D1b transgenic mice
    Carcinogenesis 35(1) 227-236 2014年
  • Suppression of viral replication by drs tumor suppressor via mTOR dependent pathway.
    Cancer Letters 314 82-91 2012年
  • Opposite regulation of epithelial-to-mesenchymal transition and cell invasiveness by periostin between prostate and bladder cancer cells
    Int J Oncol 38 1759-1766 2011年
  • The Drs tumor suppressoris involved in the maturation process of autophagy induced by low serum
    Cancer Letters 283 74-83 2009年
  • Cyclin D1b variant promotes cell invasiveness independent of binding to CDK4 in human bladder cancer cells.
    Mol Carcinog  48 953-964 2009年
  • Role of alternative splicing of periostin in human bladder carcinogenesis.
    Int. J. Oncol.  32 161-169 2008年
  • Tumor prone phenotype of mice deficient in a novel apoptosis-inducing gene, drs.
    Carcinogenesis 28(4) 777-784 2007年
  • GADD34 inhibits mammalian target of rapamycin signaling via tuberous sclerosis complex and controls cell survival under bioenergetic stress.
    Int. J. Mol. Med. 19(3) 475-483 2007年
  • Down-regulation of drs mRNA is associated with the progression of adult T-cell leukemia/lymphoma.
    Int. J. Oncol. 30 1343-1348 2007年
  • Suppression of viral replication by stress-inducible GADD34 protein via the mammalian serine/threonine protein kinase mTOR pathway
    J. Virol.  81(20) 11106-11115 2007年
  • Periostin is down-regulated in high grade human bladder cancers and suppresses in vitro cell invasiveness and in vivo metastasis of cancer cells.
    Int. J. Cancer 117 51-58 2005年
  • A novel apoptotic pathway induced by the drs tumor suppressor gene.
    Oncogene 23 2977-2987 2004年
  • Influence of natural and synthetic compounds on cell surface expression of cell adhesion molecules, ICAM-1 and VCAM-1.
    Planta Medica 67 108-113 2001年
  • Escherichia coli との混合培養でのVibrio parahaemolyticus の急速な死滅は自発死
    医学と生物学 140(2) 27-32 2000年
  • 細菌性β-グルクロニダーゼに対するコーヒーの効果
    医学と生物学 140(6) 129-132 2000年
  • Volatile antiallergic principles from a traditional herbal prescription of Kampo medicine.
    Phytotherapy Research 10 238-241 1996年
  • Gastric cytoprotection of the non-steroidal anti-inflammatory sesquiterpene, b-caryophyllene
    Planta Medica 62 469-470 1996年
  • Anti-oncogenic activities of cyclin D1b siRNA on human bladder cancer cells via induction of apoptosis and suppression of cancer cell stemness and invasiveness.
    Kim, C. J., Terado, T., Tambe, Y., Mukaisho, K., Suguhara, H., Kawauchi, A., Inoue, H.
    International Journal of Oncology  In press [査読有り]

書籍等出版物

  • 珈琲の世界史
    旦部 幸博
    単著
    講談社現代新書 2017年10月
  • コーヒーの科学
    旦部 幸博
    単著
    講談社ブルーバックス 2016年02月
  • コーヒーおいしさの方程式
    NHK出版 2014年

MISC

  • コーヒーと健康
    コーヒー検定教本 128-145 2012年
  • コーヒーと健康
    コーヒー検定教本 155-171 2006年
  • 科学で味わうコーヒーの魅力
    日経サイエンス 32(9) 68-75 2002年
  • コーヒーと健康に関する最新研究動向(1)
    食の科学 276 67-73 2001年
  • コーヒーと健康に関する最新研究動向(2)
    食の科学 277 84-90 2001年
  • コーヒーと健康に関する最新研究動向
    コーヒー文化研究(7) 21-35 2000年
  • タンニンとクロロゲン酸類
    コーヒー文化研究(6) 51-61 1999年
  • コーヒーとフリーラジカル
    コーヒー文化研究(5) 86-94 1998年
  • アレルギー,がん,二日酔いの予防に,木の香り,β-カリオフィレンは有効か
    aromatopia 6(24) 23-25 1997年

競争的資金

  • Cyclin D1b遺伝子の機能解析
  • Drs遺伝子の機能解析