詳細検索はこちら

椎野 顯彦

所属部署名神経難病研究センター
職名准教授
 
 
更新日: 18/07/17 16:47

研究者基本情報

氏名

    椎野 顯彦

所属(マスタ)

  • 神経難病研究センター 准教授

学歴

  • - 1983年滋賀医科大学 医学部 医学

学位

  • 医学博士(滋賀医科大学)

所属学協会

    日本再生医療学会 , 日本認知症学会 , 国際磁気共鳴学会(International Society for Magnetic Resonance in Medicine) , 日本脳神経外科学会 , 日本脳神経CI学会 , 国際脳循環代謝学会(International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism) , 日本脳神経外科コングレス , 日本磁気共鳴医学会 , 日本脳循環代謝学会

委員歴

  • 1989年日本脳神経外科学会 評議員

経歴

  • 2016年04月- 現在滋賀医科大学(准教授)
  • 2014年04月- 2016年03月滋賀医科大学(准教授)
  • 2010年10月- 2014年03月滋賀医科大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

研究キーワード

    脳神経外科 , 再生医療 , 認知症 , 磁気共鳴 , 神経科学

論文

  • Sex-related difference in human white matter volumes studied: Inspection of the corpus callosum and other white matter by VBM.
    Sci Rep. 2017年01月 [査読有り]
  • Associations of serum LDL particle concentration with carotid intima-media thickness and coronary artery calcification.
    J Clin Lipidol.  10(5) 1195-1202 2016年09月 [査読有り]
  • Smoking, Smoking Cessation, and Measures of Subclinical Atherosclerosis in Multiple Vascular Beds in Japanese Men.
    J Am Heart Assoc 5(9) 2016年08月 [査読有り]
  • Taste detection and recognition thresholds in Japanese patients with Alzheimer-type dementia.
    Auris Nasus Larynx. 2016年07月 [査読有り]
  • Serum level of LOX-1 ligand containing ApoB is associated with increased carotid intima-media thickness in Japanese community-dwelling men, especially those with hypercholesterolemia LOX-1 ligand and IMT in Japanese.
    Ohkubo T., Kadowaki T., Nakamura Y., Murakami Y., Ueshima H., Okamura T., Sawamura T., Miura K., Hisamatsu T., Kadota A., Miyamatsu N., Fujiyoshi A., Miyagawa N., Takashima N.
    J Clin Lipidol 10(1) 172-180e1 2016年02月 [査読有り]
  • Correction: Arsenic Trioxide Sensitizes Glioblastoma to a Myc Inhibitor.
    PLoS One 11(2) 2016年02月 [査読有り]
  • Prediction of conversion from amnestic mild cognitive impairment to Alzheimer's disease using proton magnetic resonance spectroscopy.
    Watanabe T, Shiino A, Akiguchi I.
    Rinsho Shinkeigaku. 55(10) 709-715 2015年10月
  • Arsenic trioxide sensitizes glioblastoma to a myc inhibitor.
    Onishi N., Miyamoto S., Inubushi T., Saya H., Tanigaki K., Nozaki K., Yoshimura Y., Muraki K., Shiino A., Yamada S., Fukami T., Fukuda M., Satow T., Hojo M., Saiki M.
    PLoS One. 10(6) 2015年06月
  • Synthesis, Characterization, and Magnetic Resonance Evaluation of Polyglycerol-Functionalized Detonation Nanodiamond Conjugated with Gadolinium(III) Complex.
    ZHAO Li, SHIINO Akihiko, QIN Hongmei, KIMURA Takahide, KOMATSU Naoki
    J Nanosci Nanotechnol. 15(2) 1076-1082 2015年02月
  • MRI features of Binswanger's disease predict prognosis and associated pathology.
    Ann Clin Transl Neurol. 1(10) 813-821 2014年10月
  • Disproportionate subarachnoid space hydrocephalus-outcome and perivascular space.
    Ann Clin Transl Neurol 1(8) 562-569 2014年08月
  • Preferred features of a fluorine-19 MRI probe for amyloid detection in the brain.
    Yanagisawa D, Taguchi H, Ibrahim NF, Morikawa S, Shiino A, Inubushi T, Hirao K, Shirai N, Sogabe T, Tooyama I
    J Alzheimers Dis 39(3) 617-631 2014年
  • Foix-Chavany-Marie syndrome after unilateral anterior opercular contusion: a case report
    Nitta N, Shiino A, Sakaue Y, Nozaki K.
    Clin Neurol Neurosurg. 115(8) 1539-1541 2013年08月 [査読有り]
  • [Principles of voxel-based morphometry and availability of integrated software BAAD].
    椎野顯彦
    Rinsho Shinkeigaku. 53(11) 1091-1093 2013年
  • [Buccofacial apraxia without limb apraxia or aphasia after right premotor area contusion: a case report].
     40(11) 985-990 2012年11月
  • Hippocampal metabolites and memory performances in patients with amnestic mild cognitive impairment and Alzheimer's disease
    WATANABE Toshiyuki, WATANABE Toshiyuki, SHIINO Akihiko, AKIGUCHI Ichiro, AKIGUCHI Ichiro
    Neurobiol Learn Mem 97(3) 289-293 2012年03月
  • The profile of hippocampal metabolites differs between Alzheimer's disease and subcortical ischemic vascular dementia, as measured by proton magnetic resonance spectroscopy.
    Shiino A., Shirakashi Y., Watanabe T., Yoshimura M., Kotani E., Inubushi T., Morikawa S., Akiguchi I.
    J Cereb Blood Flow Metab 32(5) 805-815 2012年02月
  • A simple way to acquire T(1)-weighted MR images of rat liver with respiratory triggering.
    MORIKAWA Shigehiro, MURAYAMA Hiroyuki, FUJIMOTO Sakae, SHIINO Akihiko, INUBUSHI Toshiro
    Magn Reson Imaging 30(3) 453-458 2012年01月
  • Mapping of cerebral metabolic rate of oxygen using DSC and BOLD MR imaging: a preliminary study.
    SHIINO Akihiko, YAMAUCHI Hiroshi, MORIKAWA Shigehiro, INUBUSHI Toshiro
    Magn Reson Med Sci.  11(2) 109-115 2012年
  • .Morphometric characterization of Binswanger's disease: comparison with Alzheimer's disease.
    Shiino A., Watanabe T., Akiguchi I., Nozaki K., Shirakashi Y., Inubushi T., Tooyama I.
    Eur J Radiol 81(9) 2375-2379 2011年05月
  • Tentorial schwannoma in a 64-year-old female: case report.
    NITTA Naoki, SHIINO Akihiko, ISHIDA Mitsuaki, OKABE Hidetoshi, NOZAKI Kazuhiko
    Neurol Med Chir (Tokyo) 51(3) 239-243 2011年
  • In vivo detection of amyloid β deposition using (19)F magnetic resonance imaging with a (19)F-containing curcumin derivative in a mouse model of Alzheimer's disease.
    Yanagisawa D, Amatsubo T, Morikawa S, Taguchi H, Urushitani M, Shirai N, Hirao K, Shiino A, Inubushi T, Tooyama I.
    Neuroscience. 2011 Jun 16;184:120-7. Epub 2011 Apr 12. 184 120-1277 2011年
  • Absolute quantification in proton magnetic resonance spectroscopy is useful to differentiate amnesic mild cognitive impairment from Alzheimer's disease and healthy aging
    AKIGUCHI I, SHIINO A, WATANABE T
    Dement Geriatr Cogn Disord 30(1) 71-77 2010年
  • Four subgroups of Alzheimer's disease based on patterns of atrophy using VBM and a unique pattern for early onset disease
    Shiino A, Watanabe T, Maeda K, Kotani E, Akiguchi I, Matsuda M
    Neuroimage 33(1) 17-26 2006年
  • 特集 脳画像の新たな展開. プロトンMRスペクトロスコピーの臨床応用
    椎野顯彦
    最新医学 60(5) 116-122 2005年
  • MRIによる脳血流測定法の開発 定量値に影響する不確定因子とその補正法の検討
    椎野顯彦
    インナービジョン 19(1) 31-32 2004年
  • 特発性水頭症の新しい診断法
    椎野顯彦
    Clinical Neuroscience 22(7) 860-861 2004年
  • Magnetic resonance spectroscopic determination of a neuronal and axonal marker in white matter predicts reversibility of deficits in secondary normal pressure hydrocephalus
    Shiino A, Nishida Y, Hasuda H, Suzuki M, Matsuda M, Inubushi T
    J Neurol Neurosurg Psychiatry 75(8) 1141-1148 2004年
  • Open MR装置
    椎野顯彦
    Clinical Neuroscience 21 588-590 2003年
  • Estimation of cerebral perfusion reserve by blood oxygenation level-dependent imaging: comparison with single-photon emission computed tomography
    Shiino A, Morita Y, Tsuji A, Maeda K, Ito R, Furukawa A, Matsuda M, Inubushi T
    J Cereb Blood Flow Metab. 23(1) 121-135 2003年
  • Overheating of Midas Rex MRIV motor by induced current
    Shiino A, Matsuda M, Morikawa S
    Neurosurgery 52(2) 479-479 2003年
  • リアルタイムMR画像ガイド下手術へのカスタマイズしたナビゲーションソフトウェアの統合
    森川茂廣, 犬伏俊郎, 来見良誠, 仲 成幸, 佐藤浩一郎, 椎野顯彦, 波多伸彦, Seshan Viswanathan, Hasnine A. Haque
    J JSCAS 4(1) 27-33 2002年
  • Cortical Activation Patterns in Functional Magnetic Resonance Images Following Monaural Pure Tone Stimulation
    Suzuki M, Kouzaki H, Ito R, Shiino A, Nishida Y, Kitano H
    Neurosci Res Commun 30(3) 197-206 2002年
  • Proton magnetic resonance spectroscopy and white matter hyperintensities on magnetic resonance imaging in patients with Alzheimer's disease
    Watanabe T, Akiguchi I, Yagi H, Onishi K, Kawasaki T, Shiino A, Inubushi T
    Ann N Y Acad Sci 977 423-429 2002年
  • Cortical representation of hearing restoration in patients with sudden deafness
    Suzuki M, Kouzaki H, Nishida Y, Shiino A, Ito R, Kitano H
    Neuroreport 13(14) 1829-1832 2002年
  • Three-dimensional redox imaging of frozen-quenched brain and other organs
    Shiino A, Matsuda M, Chance B
    Methods Enzymol 352 475-482 2002年
  • Common neural processing regions for dynamic and static stereopsis in human parieto-occipital cortices
    Iwami T, Nishida Y, Hayashi O, Kimura M, Sakai M, Kani K, Ito R, Shiino A, Suzuki M
    Neurosci Lett 327(1) 29-32 2002年
  • Overview of intraoperative MRI
    Shiino A, Matsuda M
    脳神経外科 30(1) 23-40 2002年
  • Cortical and subcortical activation with monaural monosyllabic stimulation by functional MRI
    Suzuki M, Kitano H, Kitanishi T, Itou R, Shiino A, Nishida Y, Yazawa Y, Ogawa F, Kitajima K
    Hear Res 163(1-2) 37-45 2002年
  • 蝶形骨洞に発生した軟骨脊索腫の1例.
    早川忍, 新田哲久, 大谷秀司, 金子昌信, 志柿泰弘, 廣瀬朋宏, 山本哲久, 井藤隆太, 高橋雅士, 村田喜代史, 福井潤, 北西剛, 鈴木幹男, 椎野顯彦, 福岡順也
    臨床MRI 12 0-0 2001年
  • Stereopsis-processing regions in the human parieto-occipital cortex
    Nishida Y, Hyashi O, Iwami T, Kimura M, Kani K, Ito R, Shiino A, Suzuki M
    NeuroReport 12 2259-2263 2001年
  • Cortical and subcortical vestibular response to caloric stimulation detected by functional magnetic resonance imaging
    Suzuki M, Kitano H, Ito R, Kitanishi T, Yazawa Y, Ogawa T, Shiino A, Kitajima K
    Brain Res Cogn Brain Res 12(3) 441-449 2001年
  • 機能的MRIによるヒト脳嗅覚中枢の検出
    椎野顯彦, 森田恭生, 井藤隆太, 鈴木幹男, 松田昌之, 半田讓二
    脳外 27 1105-1110 1999年
  • Three-dimensional redox image of the normal gerbil brain
    Shiino A, Haida M, Beauvoit B, Chance B
    Neuroscience 91(4) 1581-1585 1999年
  • Brain proton magnetic resonance spectroscopy and brain atrophy in myotonic dystrophy.
    Akiguchi I, Nakano S, Shiino A, Kimura R, Inubushi T, Handa J, Nakamura M, Tanaka M, Oka N, Kimura J
    Arch. Neurol. 56 325-330 1999年
  • Noninvasive evaluation of the malignant potential of intracranial meningiomas performed using proton magnetic resonance spectro
    Shiino A, Nakasu S, Matsuda M, Handa J, Morikawa S, Inubushi T
    J Neurosurg 91 928-934 1999年
  • Brain Hypoxia
    椎野顯彦, 松田昌之, 半田讓二
    にゅーろん社 12 59-64 1998年
  • Shock syndrome induced by bromocriptine test in a patient with prolactinoma. -Case report-
    Nakasu Y, Shiino A, Nakasu S, Handa J
    Neurol Med Chir(Tokyo) 38(10) 669-671 1998年
  • Metastatic adenocarcinoma presenting as a homogeneously high density mass on CT.
    Shiino A, Ito R, Nakasu S, Handa J
    J Comput Assist Tomogr 22(1) 130-132 1998年
  • Speech arrest caused by meningioma . -Two case reports-
    Shiino A, Matsuda M, Handa J
    Neurol Med Chir 38 475-477 1998年
  • Poor recovery of mitochondrial redox state in CA1 after transient forebrain ischemia in gerbils
    Shiino A, Matsuda M, Handa J, Chance B
    Stroke 29 2421-2425 1998年
  • 外傷モデルにおけるDiffusion強調画像-glutamatergic receptorを介した遠隔効果-
    木村亮之, 椎野顯彦, 松田昌之, 半田譲二, 森川茂広, 犬伏俊郎
    Brain hypoxia 11 61-65 1997年
  • 筋緊張性ジストロフィー症のMRSと脳萎縮の検討
    椎野顯彦, 木村亮之, 松田昌之, 森川茂廣, 犬伏俊郎, 半田讓二, 秋口一郎
    脳神経外科速報 7 649-653 1997年
  • 一過性前脳虚血前後のミトコンドリアredoxの変化
    椎野顯彦, 松田昌之, 半田讓二
    脳神経 49 987-992 1997年
  • クモ膜下出血で発症した中大脳動脈末梢部の紡錘状動脈瘤
    市川正春, 椎野顯彦, 半田讓二
    脳神経外科速報 7 753-758 1997年
  • 31P, 1H-NMRケミカルシフトイメージングによるラット中大脳動脈閉塞モデルの代謝マップ.
    森川茂広, 犬伏俊郎, 木村亮之, 椎野顯彦, 松田昌之, 半田譲二
    Brain hypoxia 10 29-37 1996年
  • 第4脳室経由による中小脳脚病変の手術
    椎野顯彦, 松村憲一
    脳神経外科速報 6 415-418 1996年
  • 髄膜腫の塞栓術による壊死化とMRSの有用性について
    椎野顯彦, 松村憲一
    脳神経外科速報 6 579-584 1996年
  • 蝶形骨縁髄膜腫(clinoidal type)の手術
    松村憲一, 椎野顯彦
    脳神経外科速報 6 495-500 1996年
  • 末梢性前大脳動脈瘤の手術
    松村憲一, 椎野顯彦
    脳神経外科速報 6 659-665 1996年
  • 特発性頸動脈海綿静脈洞瘻に対する塞栓術後に発症した網膜中心静脈閉塞症
    深見忠輝, 五十棲孝裕, 椎野顯彦, 中澤拓也, 松田昌之, 半田讓二
    脳外 24 749-753 1996年
  • Acute focal cerebral ischemia in rats studied by diffusion-weighted magnetic resonance imaging - an experimental study.
    Kimura R, Shiino A, Matsuda M, Handa J, Morikawa S, Inubushi T
    Surgical neurology 46(1) 67-74 1996年
  • 脳虚血および再開通後のミトコンドリアredoxの変化と神経細胞の脆弱性について
    椎野顯彦, 岡田達也, 木村亮之, 高山昌奎, 松田昌之, 半田讓二
    Brain Hypoxia 9 71-77 1995年
  • 非典型的なCT-MRI所見を呈した転移性脳腫瘍の3例
    椎野顯彦, 松村憲一, 中洲敏, 半田讓二, 井藤隆太
    臨床MRI 6 22-26 1995年
  • 前頭部髄膜腫を合併した原発性変性痴呆-proton MR spectroscopyの有用性について-
    椎野顯彦, 木村亮之, 半田讓二
    脳神経外科速報 4 927-930 1994年
  • Diffusion強調画像による反復虚血の検討
    木村亮之, 岡田達也, 椎野顯彦, 松田昌之, 半田讓二, 森川茂広, 犬伏俊郎
    Brain Hypoxia 7 63-66 1993年
  • Circumstances precipitating aneurysmal subarachnoid hemorrhage
    Matsuda M, Oohashi M, Shiino A, Matsumura K, Handa J
    Cerebrovasc Dis 3 285-288 1993年
  • Proton magnetic resonance spectroscopy with dementia
    Shiino A, Matsuda M, Morikawa S, Inubushi T, Akiguchi I, Handa J
    Surg Neurol 39 143-147 1993年
  • A method to estimate the ratio of absorption coefficients of two wavelengths using phase-modulated near infrared light spectrosc
    Haida M, Miwa M, Shiino A, Chance B
    Anal Biochem 208(2) 348-351 1993年
  • 133Xe SPECTによるrCBF測定値の評価
    松田昌之, 李英彦, 椎野顯彦, 半田讓二
    CI研究 14 465-473 1992年
  • Diffusion anisotropyおよび局所脳虚血急性期におけるDiffusion強調画像とT2強調画像の比較
    木村亮之, 岡田達也, 椎野顯彦, 松田昌之, 半田讓二, 森川茂広, 犬伏俊郎
    Brain Hypoxia 6 67-71 1992年
  • Colobomaを伴った眼窩内嚢胞の1例
    初田直樹, 椎野顯彦, 中洲 敏, 松田昌之
    脳神経外科速報 2 499-502 1992年

書籍等出版物

  • Effect of xenon gas inhalation on intracranial pressure during xenon CT CBF measurement
    Intracranial pressure IX 1994年
  • Studies in Alzheimer's Disease: Brain Imaging of Dementia. Proceeding of 5th NCNP International Symposium on Demintia 1993
    National Center for Neurology and Psychiatry 1993年

講演・口頭発表等

  • 人工知能を用いた脳形状画像解析
    椎野 顯彦
    第35回日本認知症学会学術集会 2016年12月
  • アルツハイマーの画像診断―VBMと人工知能によるADSの有用性
    椎野 顯彦
    第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016年11月
  • 発症前アルツハイマー病の画像バイオマーカー
    椎野 顯彦
    一般社団法人日本脳神経外科学会第75回学術総会 2016年09月
  • 人工知能を用いた脳形状画像解析:Alzheimer's disease scoreの開発
    椎野 顯彦
    第44回日本電気共鳴医学会大会 2016年09月
  • BAADソフトウェアによる脳形態解析
    椎野 顯彦
    第57回日本神経学会学術大会 2016年05月
  • アルツハイマー病における活性型星状細胞を標的とした新規治療薬の開発
    椎野 顯彦
    第15回日本再生医療学会総会 2016年03月
  • MCI due to ADにおけるconverterの予測検査
    椎野 顯彦
    第34回日本認知症学会学術集会 2015年10月
  • Comparison of validation between FDG PET and MRI volumentric analysis for prediction of AD converter
    椎野 顯彦
    第43回日本磁気共鳴医学会大会 2015年09月
  • エビデンスから考える認知症薬物治療
    椎野 顯彦
    認知症カンファレンス 2015年09月
  • Gender difference of the corpus callosum-subregional inspection 【脳梁の男女差の解析】
    椎野 顯彦
    XXVIIth International Symposium on Cerebral Blood Flow 2015年06月
  • 認知症診断におけるMRSの現状と役割
    椎野 顯彦
    第56回日本神経学会学術大会 2015年05月
  • 慢性疼痛における脳灰白質の体積の可塑性-VBMによる検証
    椎野 顯彦
    第14回日本再生医療学会総会 2015年03月
  • 認知症におけるドネペジルの海馬神経細胞の再生-MRSによる観察
    椎野 顯彦
    第14回日本再生医療学会総会 2015年03月
  • 認知症におけるドネペジルの海馬神経細胞の再生-MRSによる観察
    椎野 顯彦
    第14回日本再生医療学会総会 2015年03月
  • ヒト悪性神経膠腫特異的DDSプローブの開発
    椎野 顯彦
    第14回日本再生医療学会総会 2015年03月
  • 慢性疼痛における脳灰白質の体積の可塑性-VBMによる検証
    椎野 顯彦
    第14回日本再生医療学会総会 2015年03月
  • VBMの基礎とBAADソフトウェアによる脳形態解析
    椎野 顯彦
    第27回臨床MR脳機能研究会 2015年03月
  • 認知症の早期発見と最新の診断方法について
    椎野 顯彦
    認知症カンファレンス 2015年03月
  • MRI 画像によるアミロイドβ 陽性と陰性のMCI の鑑別
    椎野 顯彦
    第33回日本認知症学会学術集会 2014年12月
  • 悪性神経膠腫特異的ペプチドプローブの開発
    椎野 顯彦
    一般社団法人 日本脳神経外科学会 第73回学術総会 2014年11月
  • VBMによるアミロイド陽性と陰性MCIの鑑別
    椎野 顯彦
    第26回日本脳循環代謝学会総会 2014年11月
  • 認知症疾患の基礎・診断・治療
    椎野 顯彦
    MR研修会・エーザイ株式会社 滋賀コミュニケーションオフィス会議室 2014年10月
  • C-13標識を用いたHMQC法によるワールブルグ効果解析
    椎野 顯彦
    第42 回日本磁気共鳴医学会 2014年09月
  • Voxel Based Morphmetory(VBM)評価方法によるアルツハイマー病の早期診断
    椎野 顯彦
    第42 回日本磁気共鳴医学会 2014年09月

MISC

  • 治療に苦慮したクッシング病の1例
    本田亘、大村寧、近藤基之、長山浩二、卯木智、西尾善彦、前川聡、柏木厚典、深見忠輝、椎野顋彦、中洲敏、松田昌之、高木敬文
    第7回日本内分泌学会近畿支部学会プログラム・抄録集 14-14 2006年
  • Noninvasive evaluation of malignancy of meningioma with proton MR spectroscopy.
    Shiino A, Nakasu S, Inubushi T, Morikawa S, Matsuda M, Handa J
    International Society for Magnetic Resonance in Medicine 6 1624-1624 1998年
  • 中枢性過高熱の診断・治療
    椎野顯彦, 半田讓二
    日本医事新報 3762 113-114 1996年

競争的資金

  • MR Spectroscopy
  • 脳血管障害・脳循環・脳代謝

社会貢献活動情報

社会貢献活動