詳細検索はこちら

宮松 直美

所属部署名臨床看護学講座(成人)
職名教授
 
 
更新日: 17/11/17 09:57

研究者基本情報

氏名

    宮松 直美

所属(マスタ)

  • 臨床看護学講座(成人) 教授

学歴

  • - 2004年大阪大学 医学系研究科 保健学
  • - 1985年神戸大学 医療技術学部 看護学科

学位

  • 文学(心理学)修士1999年(立命館大学)、保健学博士2005年(大阪大学)(大阪大学)

経歴

  • 2004年- 2005年 滋賀医科大学臨床看護学講座 助教授
  • 2005年- 滋賀医科大学臨床看護学講座 教授
  • 2004年 滋賀医科大学福祉保健医学講座 リサーチレジデント

研究活動情報

論文

  • LOX-1 ligands containing apolipoprotein B and carotid intima-media thickness in middle-aged community-dwelling US Caucasian and Japanese men.
    Atherosclerosis 229(1) 240-245 2013年
  • Effects of public education by television on knowledge of early stroke symptoms among a Japanese population aged 40 to 74 years : a controlled study.
    Stroke 43((2)) 545-549 2012年
  • Drinking/smoking habits and knowledge regarding heavy drinking/ smoking as a risk factor of stroke among Japanese general population
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai Zasshi 45((5)) 411-419 2010年
  • Early detection of metachronous brain metastases by biannual brain MRI follow-up may provide patients with non-small cell lung cancer with more opportunities to have radiosurgery
     112((9)) 770-774 2010年
  • Preventive effect of aggressive blood pressure lowering on hematoma enlargement in patients with ultra-acute intracerebral hemorrhage
    Neurol Med Chir 50(11) 966-971 2010年
  • 内臓脂肪減少を目的とした軽負担の保健指導が男性工場従業員の食習慣に及ぼす変化
    日循予防誌  44 10-21 2009年
  • Cholesteryl ester transfer protein, coronary calcium, and intima-media thickness of the carotid artery in middle-age Japanese men.
    Am J Cardiol. 104(6) 818-822 2009年
  • Cerebral microbleeds predict first-ever symptomatic cerebrovascular events.
    Clin Neurol Neurosurg. 111(10) 825-828 2009年
  • Cerebral microbleeds in patients with intracerebral hemorrhage are associated with previous cerebrovascular diseases and white matter hyperintensity, but not with regular use of antiplatelet agents.
    Neurol Med Chir 49(8) 333-338 2009年
  • A priority treatment of the intraventricular hemorrhage (IVH) should be performed in the patients suffering intracerebral hemorrhage with large IVH.
    Clin Neurol Neurosurg 111(5) 450-453 2009年
  • Relationship Between BMI and All-cause Mortality in Japan: NIPPON DATA80.
    Obesity (Silver Spring) 16(7) 1714-1717 2008年
  • アルコールの循環器疾患への影響
    日本薬剤師会雑誌 59(4) 451-454 2007年
  • 滋賀医科大学医学部附属病院禁煙外来の活動報告
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 5(1) 117-120 2007年
  • 一事業所における運動習慣の実態分析と効果的な運動対策の検討
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 5(1) 87-92 2007年
  • 術後患者の寒さ感覚と低体温に関する要因の検討
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 5(1) 105-108 2007年
  • The relationship between serum total cholesterol and all-cause or cause-specific mortality in a 17.3-year study of a Japanese cohort.
    Atherosclerosis  190(1) 216-223 2007年
  • Fish consumption and early atherosclerosis in middle-aged men.
    Metabolism 56(8) 1060-1064 2007年
  • Relationship between dynamic balance and history of fall among patients with parkinson's disease in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • Reduced HDL-cholesterol levels associated with smoking.
    Nihon Rinsho 65(Suppl 7) 663-666 2007年
  • 一般病棟に勤務する看護師が行う終末期患者へのスピリチュアルケアの実態
    日本看護学会誌 16(1) 160-169 2006年
  • Are comprehensive environmental changes as effective as health education for smoking cessation?
    Tob Control 15(1) 26-29 2006年
  • Japanese men have larger areas of visceral adipose tissue than Caucasian men in the same levels of waist circumference in a population-based study.
    International Journal of Obesity (London) 30(7) 1163-1165 2006年
  • Alcohol consumption and coronary artery calcium in middle-aged Japanese men.
    Am J Cardiol  98(2) 141-144 2006年
  • Continuation of smoking cessation and following weight change after intervention in a healthy population with high smoking prevalence.
    J Occup Health 48(5) 402-406 2006年
  • 本態性高血圧患者におけるストレス認知過程の特徴
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 3(1) 70-74 2005年
  • 高ストレス状態の大学生における自律訓練法によるストレス過程の変化
    神戸大学医学部保健学科紀要  20 11-20 2005年
  • コントロール欲求尺度作成の試み-ストレスフルな状況下にある患者への効果的な看護介入のために-
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 3(1) 103-106 2005年
  • 大学生におけるストレスに関する諸要因の検討
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 3(1) 107-110 2005年
  • 成人期アトピー性皮膚炎患者におけるセルフケア意識の検討
    滋賀医科大学看護学ジャーナル 3(1) 75-79 2005年
  • 肥満度別・病型別、血圧と脳卒中死亡との関係 -NIPPON DATA80-
    血圧 12(7) 720-721 2005年
  • Different effects of blood pressure on mortality from stroke subtypes depending on BMI levels: a 19-year cohort study in the Japanese general population--NIPPON DATA80.
    J Hum Hypertens. 19(4) 285-91 2005年
  • ナイチンゲール誓詞斉唱の現況(第1報)-意識調査を実施して-
    日本看護学会論文集 第35回 178-180 2004年
  • 老人性白内障患者の手術時期に関する意思決定の要因
    日本看護学会論文集-成人看護I- 第35回 191-193 2004年
  • Effectiveness of Annual Interventions for Smoking Cessation in an Occupational Setting in Japan
    Environmental Health and Preventive Medicine 9 161-164 2004年
  • 肛門管癌によるストーマ造設患者への看護学生による介入と分析
    滋賀看護学術研究会誌 5(1) 34-40 2000年

書籍等出版物

  • NIPPON DATAからみた循環器疾患のエビデンス
    日本医事新報社 2008年

MISC

  • Relationship between alcohol intake and hypertension depending on the flushing response in Japan:NIPPON DATA2010
    J Epidemiol 25(Supple1) 105-105 2015年
  • LOX-1 ligand containing ApoB(LAB), waist circumference and body mass index in healthy Japanese:the KOBE study
    J of Epidemiol 25(Supple1) 114-114 2015年
  • HOME-IR values are associated with glycemic control in Japanese without diabetes or obesity:the KOBE Study
    J of Epidemiol 25(Supple1) 114-114 2015年
  • 都市部住民における血清ビタミンEとLOX-1系変性LDL指標:神戸トライアル
    J Epidemiol 24(Supple1) 88-88 2014年
  • 喫煙による低HDL血症 Reduced HDL-cholesterol levels associated with smoking
    日本臨床 65(supp17) 663-666 2007年
  • 企業従業員における健康関連QOLと血圧・脈拍の変化量との関連性の検討-HIPOP-OHP study-
    第17回日本疫学会学術総会 2007年
  • 脳卒中の予防と発症時の対処についての啓発活動に関する研究:一般市民の知識と情報源
    第32回日本脳卒中学会総会 2007年
  • 一般市民の飲酒習慣と生活習慣上の脳卒中危険因子の認識
    第42回日本アルコール・薬物医学会総会 42(4) 336-337 2007年
  • 脳卒中の予防および発症時の対処についての啓発活動に関する研究:脳卒中危険因子の理解に関する年代別検討
    第66回公衆衛生学会総会 2007年
  • 壮年期男性2型糖尿病患者における喫煙行動と血糖管理状況と肥満度との関連
    第17回日本疫学会総会 2007年
  • 40歳代および60歳代男性の中等度飲酒の潜在性動脈硬化予防効果
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 42(4) 352-353 2007年
  • Prevalence and risk factors of falls among patients with stroke in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • Relationship between dynamic balance and history of fall among patients with stroke in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • Relationship between static standing balance and history of fall among patients with parkinson's disease in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • Prevalence and risk factors of falls among patients with parkinson's disease in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • Relationship between static standing balance and history of fall among patients with stroke in Japan
    International Counsil of Nurses Conference 2007 2007年
  • アルコールの血圧・心血管疾患への影響-その功罪
    臨床栄養 109(1) 46-50 2006年
  • 乳癌術後リンパ浮腫患者における指尖血流量の特徴
     26 459 2006年
  • 脳卒中の予防および発症時の対処についての啓発活動に関する研究(第1報)
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65 361 2006年
  • 脳卒中の予防および発症時の対処についての啓発活動に関する研究(第2報)
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65 362 2006年
  • 脳卒中の予防および発症時の対処についての啓発活動に関する研究(第3報)
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65 362 2006年
  • 脳卒中の予防および発症時の対処についての啓発活動に関する研究(第4報)
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65 363 2006年
  • The effect of health related quality of life on blood pressure and pulse rate among healthy male workers in Japan. HIPOP-OHP study
    ISH2006: The 21th Sicentific Meeting of the International Society of Hypertension 2006年
  • NIPPON DATA-その後の研究の発展とエビデンスの構築
    The Lipid 16(4) 383-387 2005年
  • 肥満度別・病型別、血圧と脳卒中死亡との関連-NIPPON DATA80-
    血圧 12 720-721 2005年
  • 高齢者の日常生活動作に関する調査:安土町スダデイ(1)
    日本公衆衛生学雑誌 52(8) 787-787 2005年
  • 高齢者の手段的日常生活動作の維持に関連する要因の検討:安土町スタデイ(2)
    日本公衆衛生学雑誌 52(8) 787-787 2005年
  • 高齢者の認知機能と生活の質の維持との関連についての検討:安土町スタデイ(3)
    日本公衆衛生学雑誌 52(8) 788-788 2005年
  • Diffrent Associations of Coronary Calcification with Abdiminal Fat Distributions Among Caucasian,African-American,and Japanese
    Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention Abstracts(Washington DC) 34-34 2005年
  • Effects of Information Science Education in a Nursing School
    Fourth International Nursing Research Conference 2001 208-208 2001年
  • 災害看護に対する看護職の意識
    日本災害看護学会誌 2 72-72 2000年